上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

鳴戸親方に戻った「いいひざ」遠くない関取1号誕生

へそ付近から脂肪細胞を採取される鳴戸親方

11月13日は「いいひざの日」。力士は一般的に膝に負担がかかるため、持病を抱えていることが多い。元大関琴欧洲の鳴戸親方もその1人。両膝とも靱帯を痛め、特に右膝蓋(しつがい)骨脱臼は、引退の一因になった。引退後も階段の昇降も苦労するほど膝に痛みが残り、さまざまな治療に取り組んできた。それでも痛みはおさまらず、引退から約5年半たった今年9月、最先端の再生医療「幹細胞治療」に踏み切った。

関係者に東京・千代田区の「お茶の水セルクリニック」を紹介され、治療を始めた。まずは、へそ付近の皮膚を5ミリ切開し、少量の脂肪細胞を採取。約1カ月かけて治療の必要な数まで幹細胞を培養した。その後、増やした幹細胞を膝の関節に注入してもらった。鳴戸親方は「以前より痛みがだいぶやわらいだ。おかげで弟子たちの稽古も順調。今場所もまわしを締めて土俵に上がっています。順調に回復すれば、現役復帰もできそうなくらい」と手応えを口にしている。幹細胞治療は、幹細胞独特の動きにより、人間が持っている正常の機能に再生させるよう促す治療法。自身の体内から取り出した幹細胞を使用するため、リスクも少ないという。

鳴戸親方は17年4月に独立して鳴戸部屋を興して以来、自ら胸を出して弟子を育ててきた。稽古をつける時に膝を亜脱臼することが多かったが、今はその苦しみから脱出しつつある。部屋頭の三段目元林は、九州場所5日目を終えた時点で3勝0敗。序ノ口デビューから17連勝中でもある。近大出身の逸材は、スピード出世の真っただ中だ。

師匠が「いいひざ」を取り戻せば、さらに効果的に稽古をつけることができる。関取1号が誕生するのも、そう遠くはないかもしれない。【佐々木一郎】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

高安、体ごとぶつかって行く相撲を/大ちゃん大分析

玉鷲(手前)を突き倒しで破る高安(撮影・清水貴仁)

<大相撲九州場所>◇7日目◇16日◇福岡国際センター

3連敗でどうなることかと思った高安が、必死に白星をもぎ取った。玉鷲の突き放しを、下からあてがいながら必死に残した。その気持ちが、玉鷲の腰砕けのような自滅を誘った。辛抱して我慢すれば、勝機は必ずやってくる。15日間、一方的に勝つだけが相撲じゃない。しのいで勝つことも大切で、苦しい時こそ自分を信じてガムシャラに取ること。精神論ではないが、一生懸命にやっている姿は必ず誰かが見ているし、力を貸してくれるものだ。

初日の大栄翔戦はいい相撲だったが、以後は腰も高く力の出し方が相撲とかみ合わなかった。差しに行くような立ち合いも、本来の威力が半減して勢いがなかった。やはり全休明けで相撲勘が戻っていないのだろう。この日のような体ごとぶつかって行く相撲を重ねれば徐々に取り戻せる。白鵬に黒星をつけるぐらいの気持ちで、大関の重責を果たしてほしい。(高砂浦五郎=元大関朝潮・日刊スポーツ評論家)

高安と玉鷲の攻防(撮影・今浪浩三)

自身の取組ナニで見る!?アプリ、アベマ、テレビ?

納谷(2019年3月20日撮影)

日本相撲協会公式アプリ「大相撲」の“進化”が、ネット上で話題を呼んでいる。今場所から幕下上位5番と十両の取組ムービーを視聴できるようになったからだ。対象は有料会員だが、これまで視聴できる取組は幕内に限定されていた。日本相撲協会の広報部は「お客さんにより良いサービスを届けられれば」と説明。NHKがネットで幕内の取組を配信する中、特色を出す形となった。

しかし、協会公式アプリの動画拡大はまだあまり知られていない様子。今場所幕下上位5番以内の取組に入ることが多い元横綱大鵬の孫、東幕下7枚目納谷は、自身の取組が協会公式アプリに上がっていることに話題が及ぶと「そうなんですか?」と目を丸くした。

力士が自身の取組を振り返る手段はさまざま。十両若元春は「母親から送られた動画を見てます」という。最近はスマホが主流だが、NHKの大相撲中継を録画し、部屋宿舎に戻ってから見返す関取もまだまだ多い。十両水戸龍は「アベマの録画機能で見てます」と、ネット中継を駆使。ただ「帰りの車で見ると頭の中が一日中相撲になるので、帰ってから見ます。気が張り詰めちゃうので」。関取の戦いは15日間。帰路くらいは少し、気を休めたい。【佐藤礼征】

(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

デストロイヤー杯は引退試合相手の井上雅央が制覇

ザ・デストロイヤー氏の追悼セレモニーでリングに上がった、左からドリー・ファンク・ジュニア氏、和田アキ子、長男カート・ベイヤー氏、妻ウィルマ・ベイヤー氏、スタン・ハンセン氏、徳光和夫ら関係者(撮影・加藤諒)

<ザ・デストロイヤーメモリアル・ナイト~白覆面の魔王よ永遠に>◇15日◇東京・大田区総合体育館

今年3月に88歳で亡くなった覆面人気レスラー、ザ・デストロイヤーさんの追悼興行が行われた。

第1試合は「第2回デストロイヤー杯争奪スペシャルバトルロイヤル」。参戦20人が次々脱落していく中、残ったのは力道山の息子百田光雄(71)、孫の百田力(38)、93年デストロイヤーさんの引退試合で最後に4の字を決められた井上雅央(49)の3人。百田親子が協力して井上を攻撃したかと思えば、力が父を裏切って3カウント奪取。最後は井上が力にかけられた足4の字固めを返して、6分22秒で勝利した。

井上は「極力じっとしていた」と勝因を語り、「いつも夏に来て、2、3日にいっぺん試合をさせてもらった。プロレスを教わった」とデストロイヤーさんとの思い出を話した。リング上でデストロイヤーさんの息子カート・ベイヤー氏から、故人が使用していたマスクを贈呈されたが、残念ながら入らず。「被りたくても、頭でかくて被れないんですよね」と嘆いた。

ザ・デストロイヤー氏の追悼セレモニーでリングに上がった、スタン・ハンセン氏(撮影・加藤諒)

貴景勝、秒殺相撲で復活のろし 再び大関の覚悟示す

貴景勝対妙義龍 妙義龍(奥)を押し出しで破る貴景勝(撮影・清水貴仁)

大関に復帰した貴景勝(23=千賀ノ浦)が、秒殺相撲で復活ののろしを上げた。今場所の自身最速となる2秒で東前頭2枚目妙義龍(33=境川)を押し出し、4勝3敗と白星を先行させた。先場所千秋楽で負傷した左大胸筋の状態が不安視され序盤戦は波に乗れなかったが、ようやく本来の強さを発揮した。小結朝乃山ら5人の2敗勢が、1敗の横綱白鵬を追う。

   ◇   ◇   ◇

貴景勝の電車道が、ようやく出た。立ち合いで突き放すと、頭から当たった。今場所の白星で最速となる2・0秒の完勝。初日から支度部屋で報道陣に背を向け緊張感を漂わせていたが、この日は報道陣に応対。「集中して毎日毎日、自分の中で後悔しないようにやっていた」と平常心を強調した。

場所前の稽古では左胸の影響について「的確な押しをしたら大丈夫」と話していたが、2日目の朝乃山戦、6日目の玉鷲戦と左からのいなしが不発。この日の朝、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は「消極的な部分がある」と指摘したが、連敗中の一番で迷いのない一直線の踏み込みを披露した。八角理事長(元横綱北勝海)も「貴景勝はいくしかないから」と、攻撃的な姿勢を評価した。

再び大関の看板を背負い、覚悟を示す場所だ。新大関だった5月の夏場所では、4日目に負傷した右膝の影響で休場。大関としての責任を果たせなかった。「その再スタートというのはある。7月(名古屋場所)まで引きずってしまったので」。幕内最年少の若き大関は「今年はありがたい圧(プレッシャー)がある。大関に戻ったからには成績をあげないといけない」と地位の重みに感謝した。

単独トップの白鵬とは2差だが、場所は半分も終わっていない。「今の成績で『優勝したい』は顔じゃないけど、諦めずにやれば優勝以上のものがつかめるかもしれない。毎日毎日、いい準備をするだけ」と言葉に力を込める。会心の勝利で、表情にも生気が戻ってきた。【佐藤礼征】

妙義龍を下し、土俵から降りる貴景勝(撮影・河田真司)
取組後、記者の質問に答える貴景勝(撮影・河田真司)

和田アキ子ら笑顔でデストロイヤーさんの思い出語る

ザ・デストロイヤー氏の追悼セレモニーでリングに上った和田アキ子(中央)。右は長男カート・ベイヤー氏、左はドリー・ファンク・ジュニア氏(撮影・加藤諒)

<プロレス:ザ・デストロイヤー・メモリアルナイト~白覆面よ永遠に~>◇15日◇東京・大田区総合体育館

3月7日に88歳で死去した元プロレスラーの「白覆面の魔王」ザ・デストロイヤーさん(本名リチャード・ベイヤー)の追悼セレモニーには縁のある選手、著名人たちが出席した。

スタン・ハンセン、ドリー・ファンクJr.、ザ・グレート・カブキらプロレスラーをはじめ、日本テレビのバラエティー番組「金曜10時! うわさのチャンネル!!」で共演した和田アキ子、せんだみつお、徳光和夫アナウンサーが出席。リング上で故人の妻ウィルマさん、長男カート氏、長女モナさんとともに10カウントゴングで追悼した。和田、徳光、せんだの主な一問一答は次の通り。

-思い出は

徳光 付き合いが本当に長い。何から話していいか、思い出が鮮明に残っています。銀座で偶然あった時、トクミツと言われ、最初分からなかったんです。なぜか分かりますか? マスクを脱いでいたからなんです。

和田 やっぱり息子さん、お嬢様と久しぶりにお会いして。小さい頃から知っているので。当時、デス(トロイヤー)のおうちが麻布にあって。ハーイと出迎えてくれて、明るいおじちゃんが出てきて。デスのお父さんかと思って「どこにデスはいますか」と聞いたら「イッツ、ミー!」と言われてエーッと驚くほど、マスクを取ると分からなかった。今から11年前、ニューヨークのアポロシアターで日本人で初めてコンサートしたのですけれど、デスが花束を持って来てくれまして、それを思い出しました。

徳光 力道山と試合した人なんですよ。その人が今年まで存命でいらしたことがすごいことだと。素晴らしいなと思います。大きい拍手で送りたいですね。

-せんださんは

せんだ 振り返るとおふたりがいないと全国区になっていない。そしてデストロイヤーさんがいないと有名になっていない。アッコさんは歌手として有名でしたけれど、ボクはコメディアンとして有名になれた。アナウンサーから初めてコメディアンになれたのは徳光さん。これもやっぱりデストロイヤーのおかげ。おかげさまなんです。

和田 こうやって笑って話せるのもいいし、10カウントゴングも(胸に)きますね。日本で頑張ってヒーローになれた。本当に日本のことを1番よく分かっている米国人だと思います。本当にすてきな人でした。

-最後に

徳光アナ 最後に会ったのは3年前なんですけれど、最初のあいさつが「アッコは元気か? ボスは元気か?」でしたからね。

和田 ボスでしたよね。ブスじゃなかったですよね?

徳光アナ ブスのつもりでボスと言っていたかもしれませんが(笑い)。

和田 マスクを取った時は普通のおじちゃんだもんね。

徳光アナ オバQに似ていたもんね。

せんだ 天国から「よく3人がやってくれているな」と見守ってくれているんじゃないですか。

ザ・デストロイヤー氏の追悼セレモニーで、リングに上がった長男カート・ベイヤー氏(中央)、スタン・ハンセン氏(前列右から4人目)、徳光和夫(同3人目)、和田アキ子(同7人目)、せんだみつお(同9人目)ら関係者(撮影・加藤諒)

新日本ドーム追加カード発表、1・5の2冠戦決定

内藤哲也(19年8月撮影)

新日本プロレスは5日、都内で会見を行い、来年1・4、5日に東京ドームで開催する「WRESTLE KINGDOM14」の第2弾カードを発表した。

1月4日に、IWGPインターコンチネンタル選手権で王者ジェイ・ホワイトに内藤哲也が挑戦。IWGPジュニアヘビー級選手権で王者ウィル・オスプレイに首の負傷から復帰した高橋ヒロムが挑む。

さらに1月5日のIWGPヘビー級、IWGPインターコンチネンタルのダブル選手権試合も決定。既に決定している1・4のIWGPヘビー級選手権王者オカダ・カズチカ対飯伏幸太の勝者、IWGPインターコンチネンタル選手権王者ジェイ・ホワイト対内藤哲也の勝者が2冠をかけて対戦する。また、両タイトル戦の敗者がスペシャルシングルマッチを行うことも決まった。

また、棚橋弘至がスペシャルマッチでクリス・ジェリコと激突。IWGPジュニアタッグ選手権で王者石森太二、エル・ファンタズモ組とSHO、YOH組みが対戦する。

「黒い」紫雷イオ、王者レイの介入でラダー戦制す

アドバンテージ獲得を示すブリーフケースをゲットした紫雷イオ(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:NXT大会>◇15日配信◇米フロリダ州ウインターパーク・フルセイル大学

ヒール転向した「黒い」紫雷イオが激闘のラダー(はしご)戦を制した。NXTテイクオーバー・ウォーゲームズ大会(11月23日、イリノイ州オールステートアリーナ)で初開催される女子ウォーゲームズ戦に向け、自ら所属するチーム・ベイズラーのアドバンテージ権を懸けてチーム・リプリーに所属するミヤ・イムと対戦した。

ドロップキックからのトペ・スイシーダで先制した紫雷だが、ブレーンバスターやベリー・トゥ・ベリーで強くラダーにたたきつけられた。イムの反撃に耐えながらも白熱の攻防を展開。スプリングボード式ミサイルキック、串刺しダブルニーでミヤを追い込んだ。ダコタ・カイの邪魔が入ると、カイとミヤに場外月面水爆を成功させて蹴散らし、ラダーを登った。

立ち上がってきたカイのファルコンアローを浴びて好機を逃した後、今度は突然、姿を現したNXT・UK女子王者ケイリー・レイによってラダーを登るミアも転倒。そのまま場外の落ちてラダーに激しく衝突して動けなくなった。それを横目に、紫雷はラダーの頂上に到達し、天井のブリーフケースを奪って掲げ、激戦のピリオドを打った。

ミヤ・イム(左)をはしごで挟む紫雷イオ(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved

御嶽海、北勝富士ら「花のヨン組」が盛り上げる

 若武者が名古屋の土俵を盛り上げている。初日に横綱を倒した24歳の御嶽海と大関初挑戦で初勝利を挙げた24歳の北勝富士、自己最高位の東前頭4枚目で2連勝の25歳宇良は、いずれも平成4年生まれで、しかも15年春場所に初土俵を踏んだ同期だ。

 「花の○○組」といえば「ロクサン組」を思い浮かべる方は少なくないだろう。昭和63年春場所で初土俵を踏んで活躍した力士たちの総称だ。元横綱の曙、3代目若乃花、貴乃花、元大関魁皇らを中心に一時代を築いた。他にも昭和28年生まれの元横綱の北の湖、2代目若乃花、関脇麒麟児らの「花のニッパチ組」なども知られている。

 今まさに「花のヨン組」が盛り上げている。2日目には、御嶽海と北勝富士の元学生横綱同士の対決が組まれた。勝った関脇御嶽海は「(北勝富士は)強いです。(対戦は)うれしい。いい方向に気合が入っている」とうなずいた。自己最高位の西前頭2枚目の北勝富士は「意識しないようにしたけど」と唇をかんだ。

 平成4年生まれには、新十両翔猿や十両大奄美ら他にも有望株がいる。20代半ばで脂が乗ってきた彼らが、近い将来の相撲界を引っ張っていくような気がしている。【佐々木隆史】

元貴公俊の貴ノ富士、同じ過ちはしない精神面が成長

春場所8日目、水戸龍を寄り倒しで破る貴ノ富士(撮影・上田博志)

「付け人とのコミュニケーションで、去年と同じ間違いはしたくなかった」。今場所の初日を出した3日目の支度部屋。西十両13枚目貴ノ富士(21=千賀ノ浦)は、間を置きながら、淡々と決意を語った。付け人は、もともと千賀ノ浦部屋に在籍していた幕下舛東欧、1年前に入門した序二段貴正樹らがつき、サポートに徹している。貴ノ富士は「初めてついてくれたけど、ちゃんとついてくれている」と感謝した。

あれから1年がたった。昨年初場所で新十両を決めながら、この日と同じ春場所8日目の同年3月18日に付け人を暴行。謹慎処分を受け、幕下に陥落した。貴公俊(たかよしとし)から改名した1月の初場所で再十両を決めた。1年ぶりとなる十両の舞台は、ここまで3勝5敗。「全ての力を使ってもいいくらい、相撲だけに集中したい」と意気込んでいる。

場所前の2月23日には双子の弟、十両貴源治との「貴源治・貴ノ富士双子後援会」の発起会が行われるなど、背負うものが増えた。「自分のことよりも、応援してくれるいろんな人の思いも背負っている」。21歳。1年前より、精神面の成長を実感している。【佐藤礼征】

双子の弟・貴源治(左)と貴公俊時代の貴ノ富士(2017年4月30日撮影)