上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

井上尚弥が練習打ち上げ「1年ぶり試合…暴れます」

現地テレビ局のインタビューを受ける井上尚弥(大橋ジム提供)

ボクシングのWBA、IBF世界バンタム級統一王者井上尚弥(27=大橋)が27日(日本時間28日)、米ラスベガスで31日(同11月1日)に行われるWBA同級2位ジェーソン・モロニー(オーストラリア)との防衛戦に向けた練習を打ち上げた。

滞在中のホテル内でミット打ちなどを行うと、自身のSNSで「全ての準備が整った! 今日で試合前の練習は終了。後は計量まで疲れを抜くだけ。1年ぶりの試合…暴れます」と思いをつづった。

練習前には現地テレビ局ESPNによるインタビューとイメージカット撮影が行われた。2時間近くの長丁場となったが「海外では当たり前のことだと聞いているので、仕方ないのかなと。慣れていくしかない」とした。大橋秀行会長によると、撮影時にはモニターに映った自分の体を見て、計量を3日後に控えたコンディションに満足そうな様子を浮かべていたという。

また、井上の前座でノンタイトル戦に臨む日本スーパーライト級1位の平岡アンディー(24=大橋)は同日、契約する米プロモート大手のトップランク社のジムで約1時間の調整。大橋会長は「仕上がってます」と太鼓判を押した。

◆テレビ放送 WOWOWは11月1日午前10時半からWOWOWプライムで生中継。

徳勝龍“妹”に会いたい、夫人も認めるそっくり芸人

徳勝龍(2020年9月27日撮影)

大相撲の東前頭9枚目徳勝龍(34=木瀬)が、初場所の幕尻優勝で現れた“妹”との対面を熱望した。28日の稽古後、電話取材に対応。

お笑いトリオ「3時のヒロイン」かなで(28)が、テレビで自身の優勝インタビュー時のものまねを披露していることについて「メチャクチャ似てるっすよね。自分でも思う」と絶賛した。

自身とそっくりな顔で「自分なんかが優勝していいんでしょうか」などの“名言”を使い、千恵夫人も「似てる」と口をそろえる。クオリティーの高いものまねに「勝手に妹ができた感じ。お兄ちゃんみたいな感じで見てます」と親近感は強まった。奈良県出身でお笑い好き。バラエティー番組で活躍中の“妹”に「会ってみたいっすね。でもほんと、自分でも似てるなと思います」と繰り返した。

3時のヒロイン・かなで(2019年12月9日撮影)

辰吉寿以輝「久しぶり東京で暴れる」次戦決定初の左

プロ14戦目が決まった辰吉寿以輝(提供:大阪帝拳)

元WBC世界バンタム級王者辰吉丈一郎の次男、寿以輝(24=大阪帝拳)の14戦目となる次戦が28日、発表された。

11月6日、後楽園ホールで今村和寛(28=本田フィットネス)とスーパーバンタム級8回戦。寿以輝にとって初めて、サウスポーとの対戦になる。

寿以輝は「このコロナ騒動の中、試合ができることに感謝します。世界戦の前座という舞台でもやらせてもらえるので、盛り上がるので応援よろしくお願いします。久しぶりの東京で思いっきり暴れますので、ぜひ楽しみにしてください」とコメント。

大阪帝拳の吉井寛会長は「コロナ禍の中、試合ができることに感謝いたしております。辰吉には初のサウスポー選手との試合ですので、しっかりクリアしてもらい来年につなげていってもらいたい」と先につなげる一戦として期待した。

プロ14戦目が決まり練習に励む辰吉寿以輝(提供:大阪帝拳)

78歳グレート小鹿組が王座陥落 ギネスあきらめぬ

グレート小鹿(2019年11月4日撮影)

<新潟&大日本合同興行:新潟大会>◇25日◇新潟市西川多目的ホール

新潟プロレスと大日本プロレスの合同興行が25日、新潟市西川多目的ホールで行われ、メインで行われた新潟タッグ選手権で、王者組のグレート小鹿、シマ重野組は、挑戦者の河上隆一、菊田一美組に敗れ、6度目の防衛はならなかった。

78歳の小鹿は、国内最年長現役レスラーで、これまで5度の防衛に成功。最年長ベルト保持者としてギネス申請も視野に、6度目の防衛に臨んだ。試合は、20分を超す激戦。小鹿も奮闘したが、最後は小鹿が菊田にフォールされ21分34秒に敗れ防衛に失敗した。

試合後、小鹿は「負けました。命を半分持っていかれたような気分です。自分にはギネス申請という目標もあるから、まだまだあきらめない。次のチャンスを期待しながら、またねらいます」と話していた。

イケメン小兵の翔猿 番付も上がり「わくわく感が」

すり足で下半身を鍛える翔猿

大相撲秋場所で新入幕ながら11勝を挙げた西前頭4枚目翔猿(28=追手風)が28日、自己最高位を更新する11月場所(8日初日、東京・両国国技館)に向けて気持ちを高ぶらせた。

埼玉県内の部屋で関取衆と申し合いなどを行って調整し、稽古後に電話取材に対応した。

上位との戦いも予想される11月場所へ「思ったより(番付が)上がっていてうれしかったのもあるけど、やっぱり上位とも当たるかなという期待や心配があります。まあわくわく感が強いですね」と心境を明かした。

先場所、千秋楽まで優勝を争った反響は大きく「結構名前も覚えてもらって、いろんな人に声をかけられるようになりました」と声を弾ませた。

11月場所は観客の上限が2500人から5000人へと引き上げられる。人気上昇中のイケメン小兵は「歓声が大きくなると思う。やっぱり(会場に)来た時に楽しんでもらいたいと思ってます」と話した。

関取衆と稽古する翔猿(左)
関取衆と稽古する翔猿(左)

関取復帰の宇良は「生きる活力」闘病中女性との交流

11月場所に向けて稽古する宇良

大相撲11月場所(8日初日、東京・両国国技館)で約3年ぶりに関取復帰を果たした東十両13枚目宇良(28=木瀬)が“恩返し”の化粧まわしを締める。

28日、電話取材に対応。関取復帰が決まり、新たな化粧まわしが贈られることを明かした。

贈り主は福岡県行橋市の女性で、酒井佐津恵さん(88)。18年の春ごろ、酒井さんが宇良に「宇良関の相撲を見て元気をもらってます」という励ましの手紙を送ったことがきっかけだった。

酒井さんは異常たんぱく質が全身のさまざまな機器に沈着し、機能障害を起こす「アミロイドーシス」で闘病中。右膝の負傷で休場が続く宇良と、病気と闘う自身の姿を重ね合わせるように応援し始めた。18年12月に行橋市で開催された冬巡業の勧進元で「行橋未来塾」代表理事の江本満さん(49)に、酒井さんが宇良の出場を問い合わせ、江本さんが知人を介して宇良の師匠、木瀬親方(元前頭肥後ノ海)に相談。同年の九州場所後には宇良と酒井さんの対面も実現した。

当時から「(関取に)上がったら贈らせて下さい」と言われており、宇良の関取復帰が目前に迫った今年9月に化粧まわしの製作を発注した。制作費の約150万円は全て酒井さんが用意。デザインは宇良の希望で「技」という字がピンク色で大きく書かれている。

関取復帰となる11月場所は、本来の九州開催ではなく東京開催となった。対面や化粧まわし製作などに尽力した「行橋未来塾」代表理事の江本さんによると「(酒井さんは)相当残念がっていた。『九州場所に来たら会いに行きたい』と言っていたので。ただ次に会ったときには『残念だったけど来年の九州場所まで私は頑張って生きるから、江本さん一緒に九州場所に連れて行ってください。生きる活力にします』と言っていましたよ」。

酒井さんは入退院を繰り返す日々を送っており、年々入院の期間も長引いているという。11月場所で新しい化粧まわしを着用する予定の宇良は「僕の相撲で元気づけられる人がいるのは自覚するきっかけにもなるし、頑張る糧にもなる。元気に土俵に上がる姿を見ていただきたい」と意気込んだ。

関取衆を相手に稽古する宇良(右)
関取衆を相手に稽古する宇良
福岡県行橋市在住の女性、酒井佐津恵さんから宇良に贈られる化粧まわしのデザイン

朝乃山が定年迎える師匠高砂親方に感謝「おおらか」

朝乃山

大相撲の大関朝乃山(26=高砂)が、11月場所(8日初日、東京・両国国技館)後に定年を迎える師匠の高砂親方(元大関朝汐)へ感謝の思いを口にした。28日の稽古後、報道陣の電話取材に対応。入門から5年近く指導を受けた師匠について「おおらかな親方。(指導では)あまりごちゃごちゃ言われないので、自分で気付いて勉強させられる」と振り返った。

初優勝を果たした昨年夏場所、大関昇進を決めた3月の春場所の千秋楽で「おめでとう」と声をかけられ、握手を交わしたことが印象に残っているという。「負けたときは厳しかった。(厳しかったときの思い出は)指導しかない」。厳しい指導で大関まで導いてくれた師匠のためにも、11月場所に込める思いは強く「最後の場所。結果は後からついてくる」と、淡々と調整を重ねている。

この日は四股やすり足などの基礎運動に加えて、部屋の幕下力士を相手に計20番相撲を取った。同じ学生相撲出身の正代が大関昇進。「負けたくない気持ちも出てくる。切磋琢磨(せっさたくま)して頑張っていきたい」と気持ちを高めた。