上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

松鳳山、国技館で引退会見「すごいスッキリした」先代師匠と夫人サプライズ演出にも涙こらえ笑顔

サプライズで登場し引退会見を行った松鳳山(左)に激励の花束を贈呈する先代二所ノ関親方(現荒磯、元大関若嶋津)。右はみづえ夫人(撮影・小沢裕)

現役最年長関取として臨んだ5月の大相撲夏場所を最後に現役を引退した元小結の松鳳山(38=放駒、本名・松谷裕也)が28日、東京・両国国技館内で引退会見した。22日に引退届を提出し、日本相撲協会が受理していた。

5月の夏場所は東十両12枚目で3勝12敗と負け越し。7月の大相撲名古屋場所(7月10日初日、ドルフィンズアリーナ)は、11年夏場所以来の幕下となる西幕下5枚目が最終番付となった。

会見の第一声で松鳳山は今の気持ちを問われ「すごいスッキリした気持ちです」と口を開いた。引退を決意したのは、夏場所14日目の千代の国戦。長い相撲の末、突き落としで敗れた一番後に悟った。「スッキリと、やり切ったという気持ちで自分の相撲人生は終わったなと。最後、攻めきれずにコレで終わったなと思った」。千秋楽翌日に松鳳山と今後について話し合った師匠の放駒親方(元関脇玉乃島)は「7月(場所)も(幕下)1ケタの番付で、頑張れば(再十両)という気持ちもあったが、本人が相撲を取るのが怖くなったと。それを聞いて俺もそうだったなと思い出しました。その気持ちで相撲を取らすのはかわいそうだし、本人に失礼だと思った」と明かした。

16年間の現役人生を振り返り「お相撲さんでいるんだと、常に意識しながらの、すごくいい相撲人生、16年間でした。いろいろな人に支えられ、応援してもらい感謝しかありません」と感謝の念を言葉にした。悔いがあるとすれば、35歳ぐらいの時に立てた「40歳まで関取でいる」という目標を果たせなかったこと。「そこを達成できなかったことが心残り。40歳を過ぎて、そこから何年できるかと(いう目標は)なかなか難しかった」と話した。

「丈夫に産んでくれた親に感謝。先代にも」と松鳳山。先代の二所ノ関親方からは、たとえ負けても「前に出れば負けてもいいと言ってくれた。自分の相撲の中心でした」と言われ励みになった。突貫相撲で通した松鳳山らしく、思い出の一番を問われると「大阪で初めて前相撲で土俵に上がった時。相手は相撲経験のない中学生。負けられないという気持ちで一番ドキドキした」。もう一番は「相撲人生終わったなと思える一番が心に残っている」という、あの千代の国戦。金星5つも勲章だが「番付上の人には気持ちで負けない、引かないと思ってやってきた。必死すぎて(金星など)あまり印象に残る相撲はない」と松鳳山らしい言葉を並べた。

自分なりに貫いてきたこと-。それも自信を持って即答した。「継続は力なり、と思っている。稽古もずっと継続してやってきたし、食事もこうと決めたことは、ずっとやってきた。同じことを繰り返し出来る強さ。それが松鳳山です」。

協会に年寄(親方)として残ることは考えていなかったという。「あんまり自分は指導者に向いていないと思うしプレーヤーでいたいと思う。根気強く人に教えるのは、あんまり得意ではない。感覚で分かるでしょう? って思っちゃうタイプなんで、それならこれまで自分が苦労してきたことをサポートできたらと思います。自分がやってきたことを何か形になることはないかなと考えてきていました」と、30歳の頃から思い描いていたという道を歩む。「糖尿病で苦労してきて食事の大切さを勉強しながらやってきたので、そういう人の力になっていけたらなと。お相撲さんのサポート、他競技のアスリートのサポートとか」。具体的には栄養学や運動生理学などを学び資格の取得も視野に入れ「会社にしないといけないのなら、どうやって起業していくとか、これからあいさつ回りが終わって落ち着いたら、勉強しながら考えたい」という。さらに具体的に追及されると「あらためて皆さんに驚いてもらおうと思っているので」と笑みを浮かべながら、サプライズも腹案にあるようだ。

引退会見の最後には、恒例の花束贈呈。さらにサプライズとして、松鳳山には知らせていなかった弟弟子の一山本と島津海の両関取から花束が贈呈された。松鳳山といえば、こわもての顔に浮かぶ涙。ここまで来ても泣かない松鳳山に、司会の西岩親方(元関脇若の里)が「もう1つ、サプライズがあります」と、たたみかけた。入門時から長く師匠として支えてくれた先代二所ノ関親方と、みづえ夫人が花束を持って現れた。「おつかれさま」「ごくろうさん」「ありがとうございました」…。そんな会話が聞こえてきそうな感激のサプライズ演出にも、松鳳山は涙を寸前でこらえながら、笑顔で花束を受け取っていた。

◆松鳳山裕也(しょうほうざん・ゆうや)1984年(昭59)2月9日生まれ、福岡県築上町出身。本名・松谷裕也。駒大卒業後、元大関若嶋津が師匠を務める松ケ根部屋(当時)に入門。06年3月の春場所で初土俵を踏んだ。4年後の10年夏場所で新十両に昇進。11年九州場所では新入幕を果たした。突き、押しの闘志あふれる突貫相撲を身上に幕内上位で活躍。13年初場所では新三役の小結に昇進した。三役在位は5場所(いずれも小結)。各段優勝は序二段1、幕下2、十両で1回。金星は5個、三賞は4回(殊勲賞1、敢闘賞3)受賞した。通算成績は582勝605敗22休。幕内在位51場所。177センチ、132キロ。

引退会見に臨む松鳳山(撮影・小沢裕)
引退会見を行った松鳳山(左から2人目)はサプライズで登場した弟弟子の島津海(左)、一山本(左から3人目)から花束贈呈を受け笑顔を見せる。右は放駒親方(撮影・小沢裕)
サプライズで登場し引退会見を行った松鳳山(左)に花束を贈呈する弟弟子の島津海。右は一山本(撮影・小沢裕)
引退会見に臨む松鳳山。右は師匠の放駒親方(撮影・小沢裕)
サプライズで登場し引退会見を行った松鳳山(左)に激励の花束を贈呈する先代二所ノ関親方(現荒磯、元大関若嶋津)(撮影・小沢裕)
松鳳山引退会見で花束を手にサプライズで登場する先代二所ノ関親方(現荒磯、元大関若嶋津)。左はみづえ夫人(撮影・小沢裕)
サプライズで登場し引退会見を行った松鳳山(左)に激励の花束を贈呈する先代二所ノ関親方(現荒磯、元大関若嶋津)(撮影・小沢裕)
サプライズで登場し引退会見を行った松鳳山(左)に激励の花束を贈呈する先代二所ノ関親方(現荒磯、元大関若嶋津)。右奥はみづえ夫人(撮影・小沢裕)
【イラスト】相撲協会に残らなかった主な三役経験者

【K1】武尊「同じ時代に戦いの世界の中にいてくれて感謝しかない」那須川天心に/一問一答

会見で心境を話す武尊(撮影・菅敏)

K-1の3階級制覇王者で現スーパーフェザー級王者武尊(30)が27日、無期限休養を宣言した。

都内で緊急記者会見し、19日のRISEフェザー級王者那須川天心(23)との試合に判定負け後、初めて心境を語った。明かしたのは心身の苦悩。特に精神面ではパニック障害、うつ病と診断されていた。王座は返上して休養に入るが、格闘家としての現役続行には前向き。敗北の恐怖から救ってくれたファンへ、復活を誓った。

     ◇     ◇    ◇

<武尊と一問一答>

-那須川への思い

武尊 天心選手がいたから、苦しかったこともたくさんあったんですけど、いなかったらこの年まで格闘技をやれてない。同じ時代に戦いの世界の中にいてくれて感謝しかないです。(2人で会うのは)互いに引退してからじゃないかな。同じ格闘界にいるうちは仲良くはできないかな。(再戦は)直接的な戦いだけじゃない戦いもあると思う。

-症状を公表した理由

武尊 同じように苦しんでいる人はたくさんいる。心の問題だけでなく、ケガもそう。そういう人に、僕が克服して復活する姿をみせることが、まず次の1個目の戦いかなと思っている。

-王座返上

武尊 負けてしまった。僕はK-1を背負う資格はない。けじめとしてこのベルトは返上し、次の世代にバトンタッチしたい。K-1があったから今の僕の人生があるし、なかったら、こんなすてきな人生を歩んでなかった。感謝しているからこそ、中途半端にK-1を背負いたくない。

-今後

武尊 1回、心と体を最高な状態にして、その時に会見をさせていただこうと思う。その時にはまた皆がワクワクしてもらえるような、格闘技界が最高に盛り上がるようなお話ができれば良いなと思います。

◆武尊(たける)1991年(平3)7月29日、鳥取県生まれ。小2で空手を始める。11年9月にプロデビューを果たすと、15年4月に初代K-1スーパーバンタム級王座決定トーナメント、16年11月に初代K-1フェザー級王座決定トーナメント、18年3月に第4代K-1スーパーフェザー級王座決定トーナメントで優勝し、史上初の3階級制覇を達成。プロ通算成績は42戦40勝(24KO)2敗。鳥取県米子市首都圏観光大使、とっとりふるさと大使。20年3月に始めたユーチューブの登録者数は26・3万人。168センチ。

会見で心境を話す武尊(撮影・菅敏)
会見で心境を話す武尊(撮影・菅敏)
会見で心境を話す武尊(撮影・菅敏)
会見を前に手にしていたベルトをそっとテーブルの上に置く武尊(撮影・菅敏)
会見を終え、K-1中村プロデューサー(左)にベルトを返上する武尊(撮影・菅敏)

UFCアデサニヤがレジェンド撃破「なんて言えば」

シウバと正座して頭を下げ合うアデサニヤjeffBottari/ZuffaLLC/UFC

<UFC234大会>◇10日◇オーストラリア・メルボルン・ロッド・レーバー・アリーナ

15連勝を誇るミドル級の超新星で同級6位のイズラエル・アデサニヤ(29=ナイジェリア)が会場を熱狂に包みながらレジェンドを撃破した。

UFC歴代2位となる10回防衛を誇る元王者アンデウソン・シウバ(43=ブラジル)と同級5分3回で激突。ミドル級王座戦の中止で、メイン昇格となった新旧ミドル級対決は、予測不能な動きを見せる注目対決となった。

アデサニヤは積極的に手数を多く攻め込むと、2回にはシウバの逆襲に見舞われ、攻め手を失うシーンもあった。3回には長い手足を駆使した攻防が繰り広げられ、フルラウンドが終了。アデサニヤが3-0の判定勝ちを収めた。

自身が目標としていたあこがれの元王者に勝利した超新星は「彼と一緒に戦えたことは光栄。なんて言えばいいのか分からないぐらい。ファンの自分としては、本当に最高にクールだった」とシウバに感謝の言葉を贈った。

さらに「手を下げたり、飛び跳ねたり、自分がフェンスを背中にした状態でケージ際に呼びつけたり、他の人はそれでやられていたけれどオレは違う」とレジェンド撃破に自信を深めた様子。

王者ウィテカーの戦線離脱のアクシデントがあり、ベルト戦線は不透明な状態だが「長い目で見れば、あのベルトを次に取りにいくのは間違いなくオレ」と口にした。

試合後、シウバと抱き合ったアデサニヤJeffBottari/ZuffaLLC/UFC
シウバ(右)の前蹴りを受けるアデサニヤJeffBottari/ZuffaLLC/UFC

棚橋弘至がAEW暫定王座を逃す ジョン・モクスリーに敗れCMパンクとの統一戦に進めず

AEWヘビー級暫定王座を争ったジョン・モクスリー(左)に右手を挙げられる棚橋弘至(新日本プロレス提供)

<プロレス:新日本×AEW合同興行Fobidden Door(禁断の扉)>◇26日(日本時間27日)◇米イリノイ州シカゴ・ユナイテッドセンター

新日本のエース棚橋弘至はAEWヘビー級暫定王座獲得を逃した。メインイベントでジョン・モクスリーとの同級暫定王座決定戦に臨んだものの、18分14秒、デスライダー(ダブルアーム式DDT)に沈んだ。手術を受けて休養中となる元WWEスターで現AEW同級正規王者のCMパンクとの王座統一戦に進めなかった。

フライングボディーアタックで先制した棚橋はエルボー合戦で真っ向勝負。低空ドロップキック、ドラゴンスクリューと足殺しを開始。ラリアットを浴びて場外に落ちた棚橋はチョークスラムでテーブルにたたきつけられた。リングに戻ってもキック、腕ひしぎ逆十字固めでピンチに陥ったが、顔面への踏みつけからスリングブレイドで反撃。大流血したモクスリーに対し、ハイフライフロー、ツイスト&シャウトで攻め込んだ。

さらに飯伏幸太の得意技カミゴェも繰り出し、ハイフライフローを連発したが、決定打にはならなかった。するとモクスリーの逆襲を浴び、何度も強烈な裸絞めで捕獲されて苦しめられて体力を消耗。最後にデスライダーで仕留められてしまった。試合後、流血したモクスリーと抱き合った棚橋は右手を挙げられて敬意を表されていた。

オカダ・カズチカ、IWGP王座返り咲き逃すもAEWスターとの対決に意欲「いろいろ想像して」

4WAY形式IWGP世界ヘビー級王座戦でコール(右端)、ペイジ(中央)とにらみ合うオカダ(新日本プロレス提供)

<プロレス:新日本×AEW合同興行Fobidden Door(禁断の扉)>◇26日(日本時間27日)◇米イリノイ州シカゴ・ユナイテッドセンター

前IWGP世界ヘビー級王者オカダ・カズチカは、王座返り咲きを逃した。

王者ジェイ・ホワイトに対し、ハングマン・ペイジ、アダム・コールと挑戦者3人で4WAY形式IWGP世界ヘビー級王座に挑戦したが、ホワイトにコールの3カウントを許し、ベルトを奪うことはできなかった。

12日の大阪城ホール大会でホワイトに敗れて王座陥落したオカダにとって自身初の4WAY形式。「3WAYは昔やったことあるんですが。自分の思うようにいかなかったです」と振り返ったが、コールやホワイトに強烈なエルボーをさく裂させた。さらに強烈なドロップキックで圧倒。ホワイトも場外の鉄柵に貼り付け、強烈なフロントキックも見舞った。

米シカゴのファンから大歓声も浴びながらレインメーカーポーズも披露。コールに対してカウンターのドロップキックを成功させた後、開脚の墓石式脳天くい打ちで追い打ちをかけた。レインメーカーを回避されたところで、ホワイトにブレードランナーを浴びてダウン。動けなくなったコールを先にフォールされてホワイトの初防衛を許した形となった。オカダは「ジェイ・ホワイトにすべてもっていかれたんじゃないかと。ジェイのうまさ、強さが目立った試合だったのかな」と悔しそうに口にした。

既に米国では歓声が鳴り響いている。「これが日本のプロレスが目指していく方向だと思いますし。いろいろ日本はまだ制限が続いていますけれど、そこに向かってしっかりと、日本は日本のやり方があると思います。また声が出せるように、あれだけのお客さんが集まってもらえるように僕たちはしっかりと戦っていくだけかな」と強い責任感を示した。

新日本で名勝負を繰り広げたケニー・オメガをはじめ、元WWEスターのCMパンクやブライアン・ダニエルソンらが在籍する米人気団体AEWとの初めての合同興行だった。AEWトニー・カーン社長と並んだ記者会見ではAEWで対戦したい相手を問われ「トニー・カーン?」と冗談を飛ばして会場をわかせた上でこう言った。「僕が(名前を)出すよりもファンのみなさんにいろいろ想像してもらった方が、プロレスというのは楽しくなると思う。みなさんが何となく『オカダはこの人と闘いたいんじゃないかな』と思ってほしいですね。そっちの方が楽しいと思います」とAEWスター選手たちとの対決に含みを持たせた。

矢吹正道、再起戦は9・10三重・四日市市総合体育館に変更 地元から世界王座奪取へ再出発

矢吹正道(2018年9月29日撮影)

ボクシングの緑ジムは27日、前WBC世界ライトフライ級王者・矢吹正道(29)の再起戦の日程変更を発表した。

当初は8月11日に愛知・刈谷市産業振興あいおいホールで、WBO同級5位タノンサック・シムシー(タイ)と契約体重50キロの10回戦が予定されていた。対戦相手は変わらず、9月10日に三重・四日市市総合体育館に変更となる。地元の三重テレビが中継する。

三重・鈴鹿市出身の矢吹は、高校時代を四日市四郷高で過ごした。やんちゃした時期ではあるが、青春時代の思い出が詰まった地。緑ジムの松尾会長によると「本人も地元でやりたいと言ってきたので、変更することになった」と説明。地元から、世界王座奪取へ再出発することになった。

井上尚弥の野望「すごく理想なのかな」階級上げスーパーバンタムでの4団体統一王者同士の夢対決

報道陣の質問に答える井上尚弥(撮影・鈴木正人)

プロボクシングWBAスーパー、WBC、IBF世界バンタム級王者井上尚弥(29=大橋)が4団体統一後、1階級上のスーパーバンタム級4団体統一王者との夢対決を希望した。

27日、東京・千代田区の日本外国特派員協会で会見。WBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(33=英国)との年内の4団体統一戦交渉が進んでいることを明かした上で、来年に向けた理想プランを口にした。

井上は近い将来、1階級上のスーパーバンタム級への転級を目指している。同階級では、ムロジョン・アフマダリエフ(27=ウズベキスタン)がWBAスーパー、IBF王座を統一、スティーブ・フルトン(27=米国)がWBC、WBO王座を統一している。この2団体王座統一王者同士による4団体統一戦の待望論が挙がっている。

年内に4団体王座統一することを前提に、井上は「この両選手が(4団体王座)統一戦の流れになるのなら(自身が階級を上げて)4団体王者同士が戦うのがすごく理想なのかなと思います」との野望を口にしていた。

報道陣の質問に答える井上尚弥(撮影・鈴木正人)

【名古屋場所新番付】朝乃山、三段目で土俵復帰 高砂親方「顔つきも体も変わってきた」

朝乃山の番付変遷

日本相撲協会は27日、大相撲名古屋場所(7月10日初日、ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表し、新型コロナウイルス感染対策ガイドラインに違反し、6場所出場停止を受けた処分が今場所で解除される朝乃山(28=高砂)は、西三段目22枚目での土俵復帰となった。

朝乃山の近況について師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)は「どんどん動きもよくなってきている」と11日の取材で答えている。さらに出場停止期間について「長かったですけど、復活ということで頑張ってもらいたい」。関取時代の個室から今は2~3人の「幕下部屋」で生活。当初はつらそうだったが「半年ぐらいたって顔つきも体も変わってきた」といい「自分の相撲を忘れるな」というアドバイスも。「初日(1番相撲)に出て、いつもの感覚を戻せばいい」と話した。

11日、稽古に励む朝乃山(奥)
稽古に励む元大関の朝乃山(22年6月11日、代表撮影)

肥後嵐2度目の幕下V 十両昇進あと1歩

幕下優勝の肥後嵐(撮影・菊川光一)

<大相撲九州場所>◇13日目◇21日◇福岡国際センター

 幕下は、東49枚目の肥後嵐(25=木瀬)が西27枚目の千代栄(24=九重)をはたき込み、7戦全勝で優勝を飾った。

 1月の初場所以来となる2度目の幕下Vに「また別の意味でうれしい。いろんな人から優勝して終われ、と言われていた」と話した。

 9月の秋場所は、腰を痛めて途中休場。1週間ほど歩けず「終わったな」と思ったという。今場所前も満足な稽古ができず、回復は「8割くらい」という中で勝ち進んだ。

 3月の春場所では、幕下2枚目まで上がり、十両昇進まであと1歩。「来年は上を目指していきます」と意気込んだ。

「うおおお!」「心臓いたい」RIZIN観戦の中川翔子ツイート連発で反響

中川翔子(2021年6月撮影)

タレントで歌手の中川翔子(36)が自身の公式ツイッターでRIZINツイートを連発し、その反響の大きさに「TLおさわがせしました」とつづった。19日にさいたまスーパーアリーナで開催されたRIZIN30大会をリングサイドで観戦。「RIZIN」のキャップを被り、ユーチューブのコラボなどで交流の深い朝倉海(トライフォース赤坂)らに熱い声援を送った。

会場入りした写真とともに「うおおお!! さいたまスーパーアリーナ RIZIN30!! 来たーーめちゃくちゃ楽しみすぎる 全力応援」とつづったことを皮切りに「はじまるううう」「オープニングかっこよすぎて血湧き肉踊るんよ。。」と試合開始前からハイテンション。「うわあああああああ うおおおおおお」「(久保優太の妻)サラちゃんつよい」とつづった後に「勝敗にまつわることはつぶやきません」とおことわり。

その後も「打撃対寝技 見てると心臓痛くなる」「女性で強いって本当にかっこいいし憧れる 女子格闘技みんながんばれ!!!」「最初から全部の試合面白いもう最高」と大会途中の休憩前から気持ちが高揚した心境を明かした。大会も後半に入り、バンタム級トーナメントが始めると「うわああああああああああああびっくりした凄い!!!!うわあああ」「全然塩じゃない!!打ち合い面白い!」「塩対塩は案外糖、て本当にだ」「旋風から地獄のエンジェルに変わった」「カーフ、、、ううー」と次々と素直な心境を文字で伝えた。

交流の深い朝倉海が登場したメインイベントに入ると「!!!」「心臓いたい おおおおお」と絶叫に近い気持ちを吐露。興行終了後には「濃い1日、めちゃくちゃ近くて興奮しました!! RIZIN最高こんなにスリル、魂震える試合を選手の皆様ありがとうございます!次は大晦日ついに決勝!!!!!」と締めくくった。

試合結果なしの熱いRIZINツイート連発にファンから「しょこちんのお陰で格闘技好きになりましたー!! 書庫珍の選手一人一人の分析も凄いですね」などと数多くの好反応が届いたが、その反響の大きさに中川は「TLおさわがせしました」と最後に恐縮していた。

6月に東京ドームで開催されたRIZIN28大会ではリングアナウンサーを務め、さらにフジテレビ実況席にも出演するなど、RIZINファンとして知られる。また母桂子さんは大のボクシングファンとして知られ、母娘ともに格闘技を愛している。