上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

小川直也がプロレスラーへ怒りの呼びかけ「早くしないと」猪木さん追悼大会いまだ参戦発表なし

のぼりを掲げる小川(撮影・勝部晃多)

10月1日に心不全のため79歳で死去した元プロレスラー、政治家のアントニオ猪木さんの弟子にあたる元プロレスラーで、格闘家としても活躍したバルセロナオリンピック(五輪)柔道男子95キロ超級銀メダリストの小川直也氏(54)が、プロレスラーへ怒りの呼びかけを行った。

9日、今月28日に東京・両国国技館で開催する「INOKI BOM-BA-YE×巌流島in両国」の第2弾対戦カード会見に「令和猪木軍」の総監督として登場。猪木さんの追悼イベントとして行われる同大会に、いまだにプロレスラーの参戦発表がないことに対して感情をむき出しにした。

先月の記者会見でも、RIZINファイターやプロレスラー参戦の発表がなかったことに立腹だった小川はこの日、RIZINファイターの矢地祐介、貴賢神の参戦に「感謝しかないです」と喜びを示した。

だが、会見後の囲み取材では、プロレスラーに対し「本当におかしい。早くしないと(枠が)なくなっちゃうよ。心配じゃないのかな。どんどん言ってきてほしい。なんかおかしいぞ、プロレスラーは」と、首をかしげた。そして「これは『協力』じゃなくて『お勤め』。そこだけははき違えないで欲しい」と強調。語気を荒らげて、早期の参戦表明を呼びかけていた。

同大会は元K-1プロデューサーの谷川貞治氏がプロデュース。スーパーバイザーをRIZINの榊原信行CEOが務めている。

RIZIN矢地祐介ら参戦決定「INOKI BOM-BA-YE×巌流島」第2弾3カードを発表

矢地祐介(2021年12月9日撮影)

格闘技イベント「INOKI BOM-BA-YE巌流島事務局」は9日、都内で記者会見を開き、今月28日に東京・両国国技館で開催する「INOKI BOM-BA-YE×巌流島in両国」の第2弾対戦カード3試合を正式に発表した。

RIZINから矢地祐介(32)の参戦が決定。ルール未決定ながら元K-1王者木村“フィリップ”ミノル(29)と対戦する。初代KNOCK OUTフェザー級王者でキック13戦全勝の龍聖(21)はダウサコン・モータッサナイ(32)と、岩崎大河(25)は元ベラトール世界王者のラファエル・ロバト・ジュニア(39)との対戦が決まった。

また、大相撲の元幕内で、昨年7月の名古屋場所中に大麻たばこを使用して日本相撲協会から解雇処分を受けた元貴源治こと貴賢神(25)の緊急参戦が決定。その他、オープニングファイトで猪木さんの愛弟子・中谷優我の参戦、リングアナウンサー田中ケロ氏の登場も決まった。

この日発表されたカードは以下の通り。

◆木村“フィリップ”ミノル-矢地祐介(ルール調整中)

◆ラファエル・ロバト・ジュニア-岩崎大河(MMAルール5分3回 88・5キロ)

◆龍聖-ダウサコン・モータッサナイ(巌流島ルール3分3回 58キロ)

【全日本】TAJIRI「新たな旅にでる」ジェイク・リー、イザナギ3人が契約満了のため退団

TAJIRI(2021年1月24日撮影)

全日本プロレスは8日、所属選手のジェイク・リー、TAJIRI、イザナギが契約満了のため12月31日付で退団すると発表した。

イザナギは21日の新木場大会、ジェイクとTAJIRIは25日後楽園大会が全日本ラストマッチとなる。

TAJIRIは団体を通じてコメントを発表。全文は以下の通り。

「本年度の契約満了を持ちまして、私TAJIRIは長年お世話になった全日本プロレスを離れ新たな旅にでることにいたしました。人生はすべて死ぬまでの途中経過です。そして人生はまだ続きそうです。そして、プロレス界はめぐりめぐります。またいつかどこかできっとめぐり会うこともあるかと。それでは皆さん、年内のあと2試合どうぞよろしくお付き合いくださいませ。ありがとうございます」

ジェイク・リー(2021年1月3日撮影)

関根シュレック秀樹、ぱんちゃん璃奈容疑者寄り添う声に異議「被害者感情に寄り添うべき」

ぱんちゃん璃奈

元刑事という異色の経歴を持ち、RIZINなどで活躍する格闘家、関根シュレック秀樹(48)が8日、ツイッターを更新。詐欺の疑いで逮捕された「ぱんちゃん璃奈」のリングネームで活動する人気キックボクサー岡本璃奈容疑者(28)に寄り添うような一部SNS上の声に異議を唱え、「先ずは被害者感情に寄り添うべきだろう」などと指摘した。

関根は岡本容疑者の逮捕が報じられた5日、「これはキツイ」とツイート。「ファンを裏切るというか騙す行為ですからね。自分もショックを受けました」と思いをつづり、岡本容疑者の今後については「初犯だと思われるので刑務所は行く可能性低いと思われます。余罪の数と金額によりますね」などと元警察官ならではの推測をしていた。

一方、ネット上では岡本容疑者を擁護する声や、救いの手を差し伸べたいとするユーチューバーらもおり、逮捕をめぐっては格闘家らからもさまざまな意見が出ている。

こうした状況を受け、関根は「犯罪とは犯意を持って行為したものでミスとは明らかに違う 犯意がないものは基本的に犯罪にならない」とした上で、「仲間として被疑者に寄り添うのも大事だが、先ずは被害者感情に寄り添うべきだろう」と私見を述べた。そして「今まさに被害者が傷つき苦しんでいる最中に罪を償い終わってもいない加害者に寄り添うのは立場上どうなのと思う」と疑問を呈した。

岡本容疑者は、人気格闘家の那須川天心と武尊のサイン入りポスターを偽造して、インターネットオークションで落札者から現金約9万をだまし取ったなどとしてで兵庫県警垂水署に5日、詐欺の疑いで逮捕された。

関根シュレック秀樹=2022年6月24日

【WWE】イヨ・スカイが挑戦者決定戦予選に乱入 リンチをテーブル葬

解説席にダコタ・カイ(左奥)と2人がかりでベッキー・リンチ(右)をダブルパワーボムでたたきつけたイヨ・スカイ(C)2022 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇5日(日本時間7日配信)◇米ワシントンD.C.・キャピタル・ワン・アリーナ

WWE女子タッグ王者のイヨ・スカイ(紫雷イオ)、ダコタ・カイが3WAY形式ロウ女子王座挑戦者決定戦の予選に乱入した。メインイベントで組まれたベッキー・リンチ、アレクサ・ブリス、ニッキー・クロスによる同予選が行われると、突然、スカイ、カイ組が乱入。チャンスを迎えていたリンチを場外に引きずり出し、2人がかりのダブルパワーボムで解説テーブルごと破壊した。

すると、その隙にブリスが倒れ込んだクロスにツイステッドブリス(旋回式ボディーアタック)を成功させてフォール勝ち。次週のロウ大会で予選を勝ち抜いたベイリー、ブリスによるロウ女子王座挑戦者決定戦が決まった。

またリンチの襲撃に成功したスカイはキャンディス・レラエとのシングル戦が発表されていた。

竹原慎二氏「クズだね」ぱんちゃん璃奈容疑者非難「生活費のためだったら働けよ。バイトしろよ」

竹原慎二氏(2022年11月11日撮影)

元プロボクサーで第20代WBA世界ミドル級王者の竹原慎二氏(50)が8日までにYouTubeチャンネルを更新。

「ぱんちゃん璃奈」のリングネームで活動する人気キックボクサー岡本璃奈容疑者(28)が詐欺容疑で逮捕されたことについて、「クズだね」と厳しく非難した。

竹原氏は、自身も駅などでよくサインを求められることがあり、そのサインが転売されているのを見つけたことがあるという。「こういう悪いことをするやつがいるんだと思ったら、もう書けないよね」と、転売目的でサインを要求する人がいることを嘆いた。

一方、人気格闘家の那須川天心と武尊のサイン入りポスターを偽造して、インターネットオークションで落札者から現金約9万をだまし取った疑いで兵庫県警に逮捕された岡本容疑者については「それ(転売する人)以下のクズだね。だめだよね、なんでわからないんだろうね、たとえ売れたとしたってバレたら逮捕されるってわからないのかね」とバッサリ。「生活費のためだったら働けよ。バイトしろよ。コンビニで働けよ」と切り捨てた。

また「今は格闘家にしてもスポンサーを見つけて楽してやりたいっていうやつが多い」とし、「でも、そういう楽してやるやつ、応援したい?」と疑問を投げかけた竹原氏。自身の下積み時代は生活費を稼ぐために練習の合間に肉体労働などに明け暮れたと振り返り「今はSNSが盛んだから、ちょっとカッコよかったりかわいかったり、キャラクターのある子たちはスポンサーが付きやすいけど、やっぱり一番は頑張ってる子を応援したい」と自身の思いを語った。

ぱんちゃん璃奈

2年以上実戦がない辰吉丈一郎の次男・寿以輝は、どうしているのか? 今の心境を語った

飛躍へ意気込む辰吉寿以輝(撮影・実藤健一)

元WBC世界バンタム級世界王者・辰吉丈一郎(52)の次男、寿以輝(26=大阪帝拳)が9日、大阪市内の大阪帝拳ジムで取材に応じ、2年以上遠ざかる実戦を熱望した。

寿以輝は、20年11月6日に今村和寛(本田F)とのスーパーバンタム級8回戦で負傷引き分け。その後は昨年9月に後楽園ホールで同級8回戦が組まれたが、寿以輝の負傷のため中止。以降、試合が組まれていない。

ジムの方針で寿以輝の負傷に関する具体的な情報は明かされていないが、「タイミングだと思う。自分としてはいつでも試合ができる状況にある」と言った。

当面の目標は長期休養で失った日本ランキングへの復帰。「あせりはあるけど、デビューするまでに18年のブランクがあったから。それを考えたら何てことはない。気持ちは全然、折れていないから」と言った。

現状、具体的な試合予定は見えない。コロナ禍で興行的に苦心が続く状況で、先は見えない。それでも寿以輝は前向き。

「(負傷前は)もう少しで日本タイトルに届くところだった。まず日本ランクに戻して、来年はタイトル戦を狙えるところまでいきたい」

大きな期待を背負う「辰吉Jr.」。プレッシャーも力に変えて、再び世界の山を目指していく。【実藤健一】

スーパーバンタム級8回戦での辰吉寿以輝の勝利に笑顔を見せる辰吉丈一郎(2018年4月30日撮影)
辰吉寿以輝(2019年12月17日撮影)

亀田和毅、円形脱毛症&39度の熱あった

帰国会見で円形脱毛症になった部分を報道陣に見せる亀田和毅(撮影・河野匠)

 WBO世界バンタム級王者・亀田和毅(22=亀田)が、激闘を物語る「傷痕」を明かした。4日、同級王者パウルス・アンブンダ(32=ナミビア)を判定で下したフィリピン・セブ市から、一家そろって帰国。関係者や居合わせた旅行客から、大拍手を浴びながら到着した。祝福ムードの中、和毅は試合2日前から39度の発熱を起こし、左こめかみ付近が円形脱毛症になっていたことを明かした。

 ゲートから出てきた時も、和毅は両目がくぼみ、顔色も悪いまま。先月30日の調印式前、体温を測ると39度を超えていたという。同31日の計量後は、医師の勧めで病院に行き、点滴を受けたほど。「今でも痛いが、喉がやられた。声が出なかったのはそのせい。40度近くまでいったけれど、オレの一番大事な試合。やらなあかんと思った」と試合翌日まで家族にも隠していた。この日も熱が下がらず、会見も早めに切り上げ、用意された豪華リムジン型ハマー車で帰宅した。

 WBA世界同級王者の長兄興毅(26)は「俺たちに心配させんように隠して戦ったんや」と感慨深げ。9月3日にIBF世界スーパーフライ級王座決定戦を控える次兄大毅(24)は「すごい重圧だと思う。俺が最後(末っ子)でなくて良かった。最高の形でバトンがきた」と気を引き締めた。

 和毅のV1戦は、19勝(11KO)無敗のWBO世界バンタム級1位ランディ・カバジェロ(22=米国)になる可能性がある。まだ本調子でないが「世界で亀田和毅の名前を売れるように。ラスベガスでビッグマッチがしたい」と強い志を口にした。【藤中栄二】

バトラーはロッキー?「井上に勝ったらロッキーの物語になる」下馬評覆す井上尚弥撃破に自信

サンドバッグ打ちするバトラー(大橋ジム提供)

ボクシングWBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(34=英国)が「ロッキー魂」で番狂わせを起こす。

8日、13日に東京・有明アリーナで行われるWBAスーパー、WBC、IBF世界同級王者井上尚弥(29=大橋)との4団体王座統一戦に向け、横浜市内で練習を公開。戦前予想の不利を覆す姿勢をみせた。同陣営のマネジャー兼トレーナーのジョー・ギャラガー氏は映画「ロッキー」の主人公ロッキー・バルボアや登場人物を挙げ、井上撃破に自信をみせた。

    ◇    ◇    ◇

海外ブックメーカー(賭け屋)の井上有利の戦前予想にも、バトラーは自信に満ちた顔をみせた。英大手ウィリアムヒルで井上の勝利に1・02倍、バトラーは15倍という大差オッズになっていることを問われても、「ブックメーカーが設定していること。前試合も予想は相手が有利だったが、私が勝った」と涼しい表情だった。

井上には敬意を表している。19年5月に英グラスゴーで行われた井上-ロドリゲス戦の興行に自らも出場。同戦を生観戦しており「本当に素晴らしい。(最強選手ランク)パウンド・フォー・パウンド1~2位で世界王者」と同級最強と認めた。その上で、自身の最大の強みも強調。「私の武器はボクシング脳。4団体統一王者は一生の目標。井上より上回る点? 非常に難しい質問だが、試合がその結果をみせてくれる」と静かに燃えていた。

多くの世界王者を育成してきた名指導者ギャラガー氏の言葉は熱かった。バトラー不利の戦前予想に対し、まず英地元紙でコメント。映画「ロッキー」で、主人公が下馬評を覆して世界王者アポロを倒したことになぞらえ、「井上に勝ったらロッキーの物語になる」とした。この日はさらに、「ポールは世界王者。彼はアポロだと思うし、今度は(ロッキー4の敵)ドラゴのような選手になるかも。見ている人たちに衝撃を与えるような試合になる」と太鼓判を押した。井上には隙があるとし「守りに弱点があると思う。ミスは逃さないように突きたい」と手応えを口にした。【藤中栄二】

◆ポール・バトラー 1988年11月11日、英エルズミアポート生まれ。アマ時代には英国選手権フライ級優勝。10年12月、アルファドリ(英国)戦に4回判定勝ちでプロデビュー。14年6月、IBF世界バンタム級王座を獲得。14年10月に同王座返上。スーパーフライ級に転向し、15年に当時のIBF王者テテ(南アフリカ)に挑戦も8回KO負け。16年10月からバンタム級復帰。同年にIBF同級王座決定戦でロドリゲス(プエルトリコ)に敗退。22年4月、WBO同級暫定王座決定戦でスルタン(フィリピン)に判定勝ち。後に正規王者昇格。身長168センチの右ボクサー。

〇…井上陣営の大橋会長、父真吾トレーナーがバトラーの練習を視察した。上半身裸の姿、この日で55・8キロと減量も順調だと確認。練習で右構えからサウスポーに替えるシーンがあり、大橋会長は「すごく小刻みに動いて、タイミング良くパンチが強い。左が特に強い。強く打ってくるパンチは『ある』と思うので気をつけたい」と警戒。真吾氏は「基本に忠実でガードもしっかりしている。崩すのは難しいとは思う。バトラーが出てきてくれれば流れが変わる」とした。

比較表
練習を公開したバトラー(大橋ジム提供)
公開練習前、取材に応じたWBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(大橋ジム提供)
マネジャー兼トレーナーのジョー・ギャラガー氏(右)とWBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(大橋ジム提供)
一緒に来日した陣営と写真撮影に応じたWBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(左から4番目))(大橋ジム提供)
バトラー(手前)の公開練習を視察した井上の父真吾トレーナー(大橋ジム提供)

バトラー最大の武器「ボクシングの脳」13日井上尚弥と激突「試合が結果をみせてくれる」一問一答

サンドバッグ打ちするバトラー(大橋ジム提供)

プロボクシングWBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(34=英国)が13日に東京・有明アリーナで控えるWBAスーパー、WBC、IBF世界同級王者井上尚弥(29=大橋)との4団体王座統一戦に向け、8日に横浜市内で練習を公開した。井上と4本のベルトを懸けて戦うバトラーの主な一問一答は次の通り。

    ◇    ◇    ◇

-観光したそうだが

「新幹線に乗ったり。あとは浅草に行きました」

-日本の印象は

「本当に素晴らしい国。みなさんが敬意を持って接してくれています。もちろんボクシングの試合のために来日したので、合間に散歩はしたい」

-英国から何か持ち込んだグッズは

「特にない。洋服、練習着など。必要なものは日本で調達している」

-現在のウエートは

「55・8キロです」

-ブックメーカーのオッズでは、井上が圧倒的有利となっているが

「ブックメーカーが設定していること。前回の試合も戦前予想は相手の方が有利だったが、私が勝ちました」

-井上選手の印象は?

「本当に素晴らしい選手。(階級超越した最強ボクサーランク)パウンド・フォー・パウンド1~2位。世界王者です」

-19年5月、英グラスゴーで井上選手と同じ興行に出場した。井上-ロドリゲス戦を見たか

「実際に座ってみました。第1ラウンドは相手が優勢だったが、第2ラウンドはうまく、井上のゲームプラン通りにできたのでは」

-最大の武器は

「ボクシングの脳だ」

-4団体統一王者とは?

「一生の目標であり、4団体統一王者になるというのは素晴らしいこと。それを目指している」

-4団体統一後のプランは「特に先は見ていない。この試合に集中している」

-スパーリングはどんな選手を相手にしてきたのか

「当然、井上のような選手を見つけるのは大変難しいこと。速いジャブを持つなど似た特徴を持った選手と実戦練習を重ねた」

-井上より優れている点

「非常に難しい質問だが、試合がその結果をみせてくれるでしょう。私にはゲームプランがあり、相手にもゲームプランがあると思う。その結果次第だ」

-カシメロ戦は相手の不手際が原因で2度中止となった。カシメロと戦いたいか

「ノー、対戦相手に値しない」(おわり)

バトラー(手前)の公開練習を視察した井上の父真吾トレーナー(大橋ジム提供)
練習を公開したバトラー(大橋ジム提供)
公開練習前、取材に応じたWBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(大橋ジム提供)
マネジャー兼トレーナーのジョー・ギャラガー氏(右)とWBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(大橋ジム提供)
一緒に来日した陣営と写真撮影に応じたWBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(左から4番目))(大橋ジム提供)