上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

元王者カシメロ「爆発的なすごい試合」赤穂亮「最後の大勝負」3日両者激突へ計量クリア

スーパーバンタム級10回戦で拳を交えるWBO同級8位赤穂亮(左)と前WBO世界バンタム級王者ジョンリール・カシメロ(C)NAOKI FUKUDA 

プロボクシング前WBO世界バンタム級王者ジョンリール・カシメロ(32=フィリピン)とWBO世界スーパーバンタム級8位赤穂亮(36=横浜光)が世界戦線への再浮上を懸けた一戦に臨む。3日、韓国・仁川パラダイスシティでのスーパーバンタム級10回戦を控えた両者は2日、同地で前日計量に臨んだ。カシメロは300グラム少ない55・0キロでクリアし、対する赤穂は100グラム少ない55・2キロでパス。興行を運営する元WBO世界スーパーフェザー級王者伊藤雅雪氏ら立ち会いのもと、両者はフェースオフ(にらみ合い)にも応じた。

カシメロは「爆発的なすごい試合になる。(赤穂は)良いボクサーでパワーがある。接近戦で良い試合になると思う。良い試合をみせる」と気合十分。防衛戦直前の胃腸炎や、減量によるサウナ使用問題で2度も試合中止となって王座を剥奪された。実に21年8月のギジェルモ・リゴンドー戦以来、約1年4カ月ぶりのリングとなる。バンタム級の世界ランキングからも外れており、赤穂戦を再浮上のステップととらえる。

一方、プロ44戦目となる赤穂は「カシメロはキャリアで最高の選手なので、最後の大勝負になるのではないか」と設定する。現在、WBO世界スーパーバンタム級8位にランクされ、前王者カシメロを下せば、ランキング上昇が期待できる。3度目の世界挑戦のチャンスもみえそうな赤穂は「1番良い調整ができたと思います。勝ちに徹します。面白いか、面白くないかは抜きにして勝ちに徹します」と粘り強く勝利をつかむ覚悟を示した。

計量パス後、フェースオフする赤穂亮(左端)とジョンリール・カシメロ(右端)。左から2番目は興行を運営する元世界王者・伊藤雅雪氏(C)NAOKI FUKUDA 
赤穂亮とのスーパーバンタム級10回戦に向けて計量クリアしたジョンリール・カシメロ(C)NAOKI FUKUDA 
ジョンリール・カシメロとのスーパーバンタム級10回戦に向けて計量クリアした赤穂亮(C)NAOKI FUKUDA 

13日井上尚弥との4団体王座統一戦へ「最高のポール・バトラーで臨む」相手陣営仕上がりに自信

対戦相手ポール・バトラーの写真の前で写真に納まる井上(2022年10月13日撮影)

プロボクシングWBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(34=英国)のトレーナーを務めるジョー・ギャラガー氏が、13日に東京・有明アリーナで控えるWBAスーパー、WBC、IBF世界同級王者井上尚弥(29=大橋)との4団体王座統一戦に向け、仕上がりの良さを強調した。

英国の地元紙リバプール・エコー紙のインタビューに応じた同氏は「ポールが(IBF、WBOと)世界王座を2度戴冠した。それはリバプール出身者で初めてのことだった。(4月のWBO世界同級暫定王座決定戦の)ジョナス・スルタン戦は彼のキャリアの最高のパフォーマンスの1つだった」と太鼓判を押した。

井上について「私たちは非常に優れたファイターと対戦する。ノニト・ドネア戦で、井上は裂傷を負ったものの、カムバックして勝利した」と高く評価し、敬意を表している。バトラーの下馬評が高くないことも認識しつつ「試合当日、井上の調子が悪いかもしれない。試合中にカットするかもしれない」と何が起こるか分からない競技であることを強調。陣営として「私たちがしなければならないこと、そしてポールがしなければならないことは、そこに行き、彼が最高のポール・バトラーで臨むことだ。運が良ければ何が起こるのか分からない」と自信を示していた。

井上尚弥、13日バトラーと4団体王座統一戦「自分の気持ち、しっかり乗せていきたい」一問一答

所属ジムの松本好二トレーナー(左)とドラムミット打ちする井上尚弥

プロボクシングWBAスーパー、WBC、IBF世界バンタム級王者井上尚弥(29=大橋)が13日、東京・有明アリーナで臨むWBO世界同級王者ポール・バトラー(34=英国)との4団体王座統一戦に臨む。大一番まで2週間を切り、先月28日には元WBC世界同級暫定王者の弟拓真(26=大橋)とのスパーリングで実戦トレを打ち上げていた。現在のコンディションや最終調整など主な一問一答は次の通り。

◇  ◇  ◇  ◇

-11月28日にスパーリングを打ち上げ。弟拓真を最後のスパーリング相手に選んだのか

「自分の中で、やっぱり拓真も強くなっているし、日頃、一緒にトレーニングして高いレベルを感じるので。最後、拓真とスパーリングして自分の気持ち、4団体統一に向けてしっかり乗せていきたいと」

-拓真とのスパーリングの感想は

「拓真はやはりレベルが高い。当てさせてくれない。拓真の戦績をみれば分かりますが、拓真なりのうまさ、決してKO率は高くないけれど、ダメージを負わないで、しっかりポイントアウトするうまさを感じました」

-兄弟で刺激を与え合える

「同じ日に試合できるメリットであり、気持ちも同じだと思う」

-ここからの調整は

「今のメニューづくりは、ジムに来てから体重と自分がどれだけ動けるか踏まえ、決めています」

-コンディション最優先

「はい、もう実戦的なものはほぼないですね」

-サンドバッグ、ミットはただ打つだけでなく、時間をかけて考えながら打っているように見える

「1発1発、意味なく打ち込むのではなくて、突破口というか、こういう入り方、こういうパンチの出し方をしたら、より効果的にいけるのではないかと、考えながらやっています」

-所属ジム松本好二トレーナーとのドラムミットが多くなったように思うが

「試合前は頼みます。松本さんのトレーナーとしてのキャリアは長いですし、当を得たミットを持ってくれたり、うまくテンションを上げてくれます。自分のテンションを上げたい時期、ラスベガスの試合でもしてもらいましたし。日本に限らずにドラムミットを持ってもらっています」

-今後の調整ポイントは

「とにかく、風邪をひかないことですね。いくら体重を仕上げてトレーニングを最終までうまく詰めたとしても、風邪というのは自分の中で気を付けていてもかかってしまうもの。そこらへんは徹底していきたい。それで体調を崩してしまうのは、もったいないので。今まで試合前に風邪ひいたのは世界初挑戦時だけかな。そこはうまくできていると思います。今は免疫も下がってきますし、あと2週間弱ですが、細心の注意を払っていきたい」

-5日にバトラー来日予定。気持ちの高ぶりは

「ありますね。5日に来日だとどういう対策をしてきたのか。向こうでしっかり対策を練って(試合までの)残りの期間で時差ぼけは取れるのか。それは個人差でしょうけれど。より長く自分の慣れた土地でトレーニングを積んで調整を終えてくると思う。ドネアは比較的早く来日して日本で最終調整していた。バトラーは向こうで仕上げてくる。そういうことも考えながらやっています」

-今年2試合は世界王者との対戦になった

「本当にそうですね。しかも2つとも統一戦ですよ。自分の中では世界初挑戦の14年は2回、ライトフライ級、スーパーフライ級の王者に挑戦していますが、それ以来ですね。今、やりがいをすごく感じています」

大橋ジムの4階を貸し切り、最終調整した井上尚弥(中央)、弟拓真(左端)、父真吾トレーナー
ミット打ち途中、コーナーでインターバルを取る井上尚弥
入念にボクシングシューズのひもを結ぶ井上尚弥

亀田興毅氏「ボクシング界の基盤を築いてくれた先輩」来年1・6興行で大沢宏晋の引退試合を実施

亀田興毅ファウンダー(2022年7月22日撮影)

ボクシングの「3150FIGHT」を手がける元世界3階級制覇王者亀田興毅ファウンダー(36)が、功労者への花道を作る。

興毅氏は1日、来年1月6日にエディオンアリーナ大阪で行う世界戦2試合を含めた興行について、新たなプランを打ち出した。元東洋太平洋フェザー級王者大沢宏晋(37=オール)の引退試合を行い、10カウントを行う意向を明かした。

大沢は45戦36勝(21KO)4分け5敗のキャリアを誇る。世界挑戦もした功労者に対し、ふさわしい舞台を用意する。

対戦相手は11月27日の「SURVIVAL」に出場した樋口和輝(22=ARITOMI)と交渉予定。興毅氏は「これから伸びていく選手を育てていくのと同様、ボクシング界の基盤を築いてくれた先輩が、その道を引く時にはふさわしい道を作りたい。それも使命だと思っている」。ボクシング界全体を見据えて興毅氏は改革を進める。

「3150FIGHT」 1回、大沢宏晋(右)はジョー・サンティシマを攻め立てる(2022年8月14日撮影)

井上尚弥、8年ぶりの“1年間2王者撃破“へ気持ち高揚「やりがいをすごく感じています」

大橋ジムの4階を貸し切り、最終調整した井上尚弥(中央)、弟拓真(左端)、父真吾トレーナー

プロボクシングWBAスーパー、WBC、IBF世界バンタム級王者井上尚弥(29=大橋)が8年ぶりとなる1年間で2王者撃破へ、気持ちを高ぶらせた。13日に東京・有明アリーナでWBO世界同級王者ポール・バトラー(34=英国)との4団体王座統一戦を控え、横浜市内で最終調整。ミット打ちやドラムミット打ちで汗を流した。6月のノニト・ドネア(フィリピン)戦に続く、世界王者対決に向けて「今、やりがいをすごく感じています」と充実した表情を浮かべた。

14年には4月にWBC世界ライトフライ級王者アドリアン・エルナンデス(メキシコ)戦、12月にWBO世界スーパーフライ級王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)戦に勝利して2階級制覇している。8年ぶりの「1年間2王者撃破」を狙う井上は「しかも2試合とも王座統一戦ですからね」と強調。バトラー戦への気持ちを高揚させた。 11月28日には元WBC世界バンタム級暫定王者で現WBOアジア・パシフィック・スーパーバンタム級王者の弟拓真(26)とのスパーリングで実戦トレを打ち上げた。井上は「やっぱり拓真も強くなっているし、日頃、一緒にトレーニングして高いレベルを感じる。最後に拓真とスパーリングして4団体王座統一戦に向けてしっかり自分の気持ちを乗せていきたいと思った」と意図を明かした。試合日には拓真もジェイク・ボルネア(フィリピン)との55・5キロ契約体重10回戦を控えており、井上は「これが同じ日に試合できるメリット。気持ちも同じ」と手応えを示した。

試合が迫ったことを示すように、所属ジムの松本好二トレーナーのドラムミットを入念に打ち込んだ。井上は「松本さんのトレーナーのキャリアは長いですし、当を得たミットを持ってくれたり。自分のテンションを上げたい時期に持ってもらっている」と感謝。残り2週間を切り、体調管理を最優先するとし「細心の注意を払っていきたい」と神経を研ぎ澄ませていた。

所属ジムの松本好二トレーナー(左)とドラムミット打ちする井上尚弥
ミット打ち途中、コーナーでインターバルを取る井上尚弥
入念にボクシングシューズのひもを結ぶ井上尚弥

ソフトバンク柳田悠岐が来場! 下関ボートG1「競帝王決定戦」12月1日から開催/来社PR

下関ボートG1「開設68周年記念 競帝王決定戦」をPRするキャンペーンガール

下関ボートG1「開設68周年記念 競帝王決定戦」が12月1日から6日まで開催される。大会PRのため、下関市ボートレース企業局の田中康弘局長らが28日、キャンペーンガールらとともに、日刊スポーツ新聞西部本社を訪れた。

コロナ禍で自粛になっていた場内イベントが久々に再開される。3日目(土)にMr.シャチホコ、4日目(日)にSTU48、福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐が本場にやってくる。田中局長は「ステージイベントのほか、抽選会、キッチンカーなどもあり、ご家族で楽しめると思います。本場にぜひ足を運んでください」と話した。売り上げ目標は90億円。

フェザー級2冠王者阿部麗也が世界にらみ「上につながる試合をして倒す」3日初防衛戦

3日の初防衛戦に向けて計量クリアしたWBOアジア・パシフィック、日本フェザー級王者阿部麗也(左)と挑戦者の同級2位前田稔輝

プロボクシングWBOアジア・パシフィック、日本フェザー級王者阿部麗也(29=KG大和)が両王座の初防衛戦に臨む。

3日、東京・後楽園ホールで同級2位前田稔輝(26=グリーンツダ)の挑戦を受ける。2日には東京・文京区の日本ボクシングコミッションで前日計量に臨み、両者ともにリミットよりも100グラム少ない57・0キロでクリアした。今年5月、丸田陽七太(森岡)に判定勝ちして王座奪取に成功して以来約7カ月ぶりリングが王座奪取よりも難しいとされる初防衛戦となる。

計量を終えた阿部は「防衛戦という意識はあまりなかった。周りの環境と反応で(王者と)自覚しているだけ」と自然体を貫きつつ、世界を意識しながらリングに上がる。「上(世界)につながる試合をして、倒すでしょう」と自らに期待を寄せた。東洋太平洋スーパーバンタム級王者武居由樹(大橋)、東洋太平洋スーパーフェザー級王者力石政法(緑)ら「アジア王者」たちとスパーリングを重ねてきたこともあり「いろいろなサウスポーとやってきたのでスパーリングは良かった。自信になりますね」と手応えを示していた。

横綱照ノ富士が冬巡業休場、右足親指を痛めていた高安も

横綱照ノ富士(22年10月撮影)

日本相撲協会は2日、長崎市で3日から始まる冬巡業を横綱照ノ富士、高安ら幕内力士8人が休場すると発表した。

照ノ富士は両膝負傷で11月の九州場所を全休。同場所で三つどもえの優勝決定戦に出場した高安は右足親指を痛めていた。他の休場者は翠富士、北勝富士、宝富士、琴恵光、一山本、照強。冬巡業は14日まで九州、近畿地方などで8日間開催。

黒ビキニのラウンドガールがリング上を彩る 倭早希、ぽぽちゃん、波田妃奈がヒール姿で登場

水着姿で登場したラウンドガールの左からぽぽちゃん、波田妃奈(撮影・足立雅史)

<プロボクシング:LIFETIME BOXING FIGHTS9>◇13日◇東京・大田区総合体育館

セクシービキニのラウンドガールが、リング上を華やかに盛り上げる。

グラビアやタレントとして活動する倭早希(やまとさき)、ぽぽちゃん、波田妃奈(はだひな)の3人が、黒のビキニにヒール姿で登場。ラウンドボードを掲げ、リング上を華麗に歩いた。

この大会のメインで行われる、ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(33=志成)の5度目の防衛戦にも登場する予定だ。

会社員の一面を持つ波田は、3週間前から週7で朝夜とジムに通い、6キロの減量に成功したという。「同僚もテレビで見てくれている」と、笑顔で意気込みを話していた。

水着姿ラウンドガールの左から波田妃奈、倭早希(撮影・足立雅史)
水着姿で登場したラウンドガールの左から波田妃奈、倭早希(撮影・足立雅史)
水着姿で登場したラウンドガールの左からぽぽちゃん、波田妃奈(撮影・足立雅史)
リング下で出番を待つラウンドガール(撮影・足立雅史)
波田妃奈(22年7月13日撮影)
7月13日、スタンドに手を振るラウンドガールの倭早希
笑顔を見せるラウンドガールのぽぽちゃん(撮影・足立雅史)
スタンドに手を振るラウンドガールの波田妃奈(右)(2022年7月13日)
ラウンドガールを務めたぽぽちゃん(右)と倭早希(撮影・足立雅史)
7月13日、試合後、井岡(手前)を祝福するラウンドガールの、左からぽぽちゃん、波田妃奈、倭早希
ラウンドガールを務めた波田妃奈(撮影・足立雅史)
ビキニ姿でラウンドガールを務めた波田妃奈(撮影・足立雅史)
最終12回のラウンドガールを務める波田妃奈(左)と倭早希(撮影・足立雅史)
試合後、井岡を祝福するラウンドガールの、左からぽぽちゃん、波田妃奈、倭早希(撮影・足立雅史)
5度目の防衛に成功し、ラウンドガールと笑顔を見せる井岡(代表撮影)

【スターダム】フワちゃんがプロレスデビュー戦で敗れる 上谷沙弥に押さえ込まれ無念3カウント

デビュー戦で上谷沙弥(右)に卍固めを決めるフワちゃん(撮影・菅敏)

<女子プロレス:スターダム>◇23日◇アリーナ立川立飛

ほろ苦デビューとなったが、やりきった。タレントのフワちゃんが、葉月(25)と組み、タッグマッチに出場。

約半年の修行を積み「本気で魂をぶつける」と初めてプロレスのリングに挑んだが、14分29秒、上谷沙弥(25)に押さえ込まれ、無念の3カウントとなった。ワンダー・オブ・スターダム王者と女子高校生レスラーの妃南に屈し、初勝利はお預けとなった。

試合後は悔しい表情を見せたが「頭も首も肩も腰も全部痛い。痛すぎたけどプロレス、本当にプロレスめっちゃ好きかも。本当にあたしも本物のプロレスラーになりたいと思った」と興奮気味に話した。

試合前には「ボコボコにするのもボコボコにされるのも、生まれてはじめて! すごい人生だ! 最高の日にするぞ」とツイート。アザだらけの体で、堂々とリングに上がった。中学時代にはバスケット、高校では陸上部に所属していた運動センスをリング上で発揮。高い位置からのドロップキックや、素早い身のこなしで相手の蹴りをかわすなど、フットワークの良さを見せた。あわや3カウントのシーンが何度も訪れたが、ギリギリで返し、会場を盛り上げた。最後は王者・上谷のファイヤーバード・スプラッシュに屈したが、充実感にあふれた表情を見せた。

9・11横浜武道館大会で突然現れ、参戦を表明。その後日本テレビ「行列のできる相談所」の企画であることが番組内で発表された。親交のある、プロレス好きのくりぃむしちゅー有田哲平にも相談。レジェンドたちの試合を見ることを勧められ、知識を習得した。

忙しいタレント活動の合間を縫って、毎日筋トレを行い、準備をしてきた。自ら道場に行くだけでなく、仕事の合間に葉月にテレビ局まで来てもらい、マットを敷いて練習することもあったという。葉月は「言わなくても自主的にやってくれた」と成長に目を細めた。練習を重ねるにつれ、だんだん“本気”モードに。週1回程度だった練習回数は2~3回に増え、いつしかカメラが回っていることも忘れるほど真剣に向き合うようになっていた。

スターダムには、タレントやモデル出身のレスラーもたくさん在籍しているが、ネット上では賛否両論もあった今回の参戦。それを理解した上で思いを貫いた。アイドル活動の経験がある対戦相手の上谷は「フワちゃんは立派なプロレスラーだよ。スターダムからデビューしてくれてありがとう」とたたえた。

試合後は、敗れて悔しがるフワちゃんの姿に大歓声。「テレビの企画で、編集してもらって終わりじゃ、嫌です。大人たちに意見を仰いだりしないといけないけど、もう1回やらせてください」と再戦に燃えた。団体が起爆剤のために要請したわけではない。自らの強い意志でリングに上がったフワちゃん。結果は思い通りにはいかなかったが「プロレスラー・フワちゃん」のたくましい姿をファンの目に焼き付けたことは間違いない。【松熊洋介】

デビュー戦で上谷沙弥(右)に卍固めを決めるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷(右)に卍固めを決めるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷(手前)の顔面にキックを入れるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷(上)にブレーンバスターを決めるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷沙弥(右)に卍固めを決めるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷(右)にブレーンバスターを決めるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷(右)にブレーンバスターを決めるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷(右)の顔面にキックを入れるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷(手前)の顔面にキックを入れるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷沙弥(左)にドロップキックを決めるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷沙弥(左)にドロップキックを決めるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で妃南(下)にエビ固めを決めるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で妃南(下)を持ち上げるフワちゃん(撮影・菅敏)
スターダムアリーナ立川立飛大会 デビュー戦で妃南(左)にドロップキックを決めるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦でリングに上がるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦でリングに上がりポーズをとるフワちゃん。右は葉月(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷(左)、妃南(右)に攻撃されるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷(右)を攻めるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷沙弥(右)に卍固めを決めるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷沙弥(左)に攻められ、宙に舞うフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷(右)に攻められるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷(左)に顔面を蹴られるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷(左)に顔面を蹴られ、宙に舞うフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦で上谷(上)に敗れるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦を終え、上谷(右から2人目)、妃南(右端)、葉月(左端)に労われるフワちゃん(撮影・菅敏)
ビュー戦を終え、上谷(右から2人目)、妃南(右端)、葉月(左端)に労われるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦を終え、マイク・パフォーマンスをするフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦を終え、記者の質問に答えるフワちゃん(撮影・菅敏)
デビュー戦を終え、笑顔でポーズをとるフワちゃん(撮影・菅敏)