上へ戻る

au版ニッカン★バトル

大相撲ニュース

1敗守った白鵬、12日目の栃ノ心戦「全て」を警戒

取組で痛めた目をタオルで押さえる白鵬(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館


 自身初の2場所連続休場明けの横綱白鵬が、正代を立ち合いから一気に寄り切って10勝目を挙げた。完勝したかに思えたが立ち合いで、正代のかち上げ気味にぶつけてきた右肩に右目を強打。取組後に何度も右目を気にするそぶりを見せた。しかし「最初は見えなかった。温かいものが流れてるから破裂したかと思った。でも見えるようになって良かった」と大事には至らなかったようだ。

 今日は1差で追いかける栃ノ心と対戦する。過去負けなしの合口のいい相手だが、ここまで全勝と絶好調で、警戒する部分を問われると「全て」と油断はない。「この3日間は流れがいい。明日もやれれば」と相手のことは考えずに、自分自身に集中する。

関連するニュースを読む

錦戸審判長、栃ノ心を「本当に強い」と高評価

栃ノ心(左)は琴奨菊を上手投げで下し全勝を守った(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館


 大関昇進を目指す関脇栃ノ心(30=春日野)が11連勝で、トップを守った。平幕の琴奨菊のがぶり寄りを受け止め、左上手まわしを引くと左手1本だけで投げ飛ばした。直近3場所の合計勝ち星は「35」となり、限りなく昇進に接近。

 幕内後半戦の錦戸審判長(元関脇水戸泉) 栃ノ心は膝の悪さを、上半身をうまく使うことでカバーしている。本当に強い。(大関昇進は)横綱戦でどんな相撲を取るかではないか。全部負けたら印象も悪い。13日目からという話もあったが早い方が面白くなる。

関連するニュースを読む

八角理事長、栃ノ心の昇進を「印象は皆さんと一緒」

琴奨菊(右)を上手投げで下す栃ノ心(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館


 大関昇進を目指す関脇栃ノ心(30=春日野)が11連勝で、トップを守った。平幕の琴奨菊のがぶり寄りを受け止め、左上手まわしを引くと左手1本だけで投げ飛ばした。直近3場所の合計勝ち星は「35」となり、限りなく昇進に接近。

 八角理事長(元横綱北勝海) (栃ノ心の大関昇進は)審判部(が推薦すること)でしょう。印象は皆さんと一緒で力強い。これまで白鵬は栃ノ心の良さを全部、消して力を出させないで勝ってきた。五分五分? そうはいかないのでは。全勝と1敗、最高の形で2人の対戦が見られる。

関連するニュースを読む

栃ノ心11連勝 過去25戦全敗の白鵬破って大関当確へ

全勝を守った栃ノ心は小雨が降るなか傘をさしながら引き揚げる(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館


 大関昇進を目指す関脇栃ノ心(30=春日野)が11連勝で、トップを守った。平幕の琴奨菊のがぶり寄りを受け止め、左上手まわしを引くと左手1本だけで投げ飛ばした。直近3場所の合計勝ち星は「35」となり、限りなく昇進に接近。今日12日目は、いよいよ横綱白鵬との大一番だ。過去25戦全敗の天敵を破れば、有無を言わせぬ“大関当確”になる。白鵬とともに、横綱鶴竜も1敗をキープした。

 栃ノ心が押し込まれた。立ち合いで琴奨菊に左前まわしをとられ、右を差され、がぶられた。そこから、強かった。元大関の代名詞を受け止める。右下手で投げを打って崩し、左上手でまわしをつかんだ。「左でつかまえたら、もう大丈夫だからね」。堂々と豪快な上手投げ。左腕だけで勝負を決めた。過去の合口は7勝24敗だが、今の栃ノ心はもう、昔の栃ノ心ではない。

 勝ちっ放しの11連勝。大関昇進の目安とされる「直近3場所を三役で計33勝以上」の勝ち星を、計35勝で2つも上回った。昇進をはかる審判部トップの阿武松審判部長(元関脇益荒雄)は前日「濃厚」と話し、この日は「昨日以上の言葉はありません」としながら、その勝ちっぷりに「強いね」とうなった。

 大関昇進、2場所ぶりの優勝ムードが高まる中、今日12日目はついに大一番。白鵬とぶつかる。10年前の08年九州場所の初顔合わせから、25戦全敗-。寄り切り14度、上手投げ8度、下手投げ1度、すくい投げ1度、はたき込み1度。全く歯が立たず、たたきのめされてきた。

 なぜ勝てない? 春場所中に問われると、首をかしげて話した。

 「優勝40回でしょ? 信じられないよ。どうやったら、そんなに勝てるのか? 横綱は力が強い。それでいて柔らかいんだよ。そんな筋肉に見えないのにね。低く当たられて、いつも先に引いちゃう。(次やるときは)勝っても負けても、先に攻めたいね」

 昨年名古屋場所の最後の対戦から、初場所の初優勝があった。「勝つイメージしかない」というほどの自信を手にした。「気合入ってますよ。(今までと)ちょっと違うかもしれない。やってやるっていう気持ちですね」。天敵を倒せば、有無を言わせぬ大関昇進。2度目の優勝へも加速する。【加藤裕一】

関連するニュースを読む

栃ノ心11連勝!過去25戦全敗の白鵬戦へ「気合」

琴奨菊(右)を上手投げで下す栃ノ心(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館


 関脇栃ノ心(30=春日野)が11連勝を飾り、大関昇進に限りなく近づいた。対戦成績7勝24敗と分の悪かった元大関の琴奨菊に左前まわしをとられ、がぶられたが、どっしり受け止め、左上手でまわしを引くと、豪快な投げを決めた。大関昇進の目安は「直近3場所を三役で、合計33勝以上」とされるが、初場所14勝、春場所10勝に11勝を加え、35勝となった。

 「立ち合いでちょっと迷った。差すか、まわしをとるか。でも、左(上手でまわし)を捕まえたら、もう大丈夫」。口調には絶対的な自信が漂う。12日目には、いよいよ横綱白鵬と激突。過去25戦全敗と1勝もしていない天敵だが、直近の対戦は昨年の名古屋場所。その後に初場所で初優勝を飾るなど、これまでと状況は違う。

 「今日はまだ考えたくない。明日のことは明日考える」と言いながら「気合入ってますよ。(今までの気合とは)ちょっと違うかもしれない。大事なのは“やってやる”という気持ちじゃないですか」と大一番への抱負を口にした。

関連するニュースを読む

栃ノ心は無傷11連勝、1敗で白鵬、鶴竜 夏場所

琴奨菊(右)を上手投げで下す栃ノ心(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館


 優勝争いの先頭を走る関脇栃ノ心(30=春日野)は、前頭5枚目琴奨菊(34=佐渡ケ嶽)を上手投げで下し11連勝と星を伸ばした。

 横綱白鵬(33=宮城野)は、前頭4枚目正代(26=時津風)を寄り切って2桁10勝目。12日目は全勝の栃ノ心と直接対決に臨む。

 横綱鶴竜(32=井筒)は、小結御嶽海(25=出羽海部)を土俵際の逆転ではたき込んで10勝1敗。

 前頭11枚目千代の国(27=九重)は前頭16枚目妙義龍(31=境川)に寄り切られ3敗目となった。

 人気力士の小結遠藤(27=追手風)は、前頭筆頭玉鷲(33=片男波)に突き出されて6敗目。

 元大関で十両8枚目の照ノ富士(26=伊勢ケ浜)は同12枚目朝弁慶(29=高砂)に押し出され0勝5敗6休となり十両残留が厳しい状況となった。

 11日目を終え、勝ちっ放しは栃ノ心。1敗で鶴竜、白鵬が追う展開となっている。

関連するニュースを読む

白鵬1敗死守「強い。力強い」12日目栃ノ心へ気合

正代(左)を寄り切りで下す白鵬(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館


 横綱白鵬(33=宮城野)が、西前頭4枚目正代(26=時津風)を下して10勝目を挙げた。

 右を差して左上手を取って一気に寄り切って完勝。しかし正代の右肩が右目を強打し「最初は見えなかった」と、土俵上や土俵下で気にするように目を閉じたり開いたりした。

 支度部屋に戻ると「見えるようになった。良かった」と一安心。明日は、1差で追いかける全勝の関脇栃ノ心と対戦する。「稽古もしてないしどんなものか分からないからね。強い。力強い」と、過去25戦負けなしの相手だが油断は一切ない。

取組後に右目を痛がる白鵬(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む

栃ノ心、12日目白鵬戦「早い方が面白い」錦戸説明

<大相撲夏場所>◇11日目◇23日◇両国国技館


 関脇栃ノ心(30=春日野)が無傷の11連勝で、いよいよ12日目は過去25戦全敗の横綱白鵬(33=宮城野)と対戦する。

 現在、出場している顔ぶれから、順当に番付順にあてはめると栃ノ心は13日目に白鵬、14日目に鶴竜の両横綱戦が順調に思われる。そこを1日、“前倒し”で組んだことを、審判部トップの阿武松審判部長(元関脇益荒雄)は「規定の組み方で何か意図があってのものではありません。この方が分かりやすいためです」と説明。休場している上位陣も加味しての「番付通りの」(同部長)取組編成となったようだ。

 また、幕内後半戦の審判長を務めた錦戸副部長(元関脇水戸泉)は「(白鵬-栃ノ心戦は)13日目に、という話もあったが(両横綱が)1敗でいるし、早い方が面白くなる」と意図を説明。星の差が僅差のうちに星のつぶし合いがあれば、最終盤の優勝争いがさらに盛り上がる、という狙いもありそうだ。

関連するニュースを読む

照ノ富士の幕下陥落が決定的、昭和以降の元大関で初

照ノ富士

<大相撲夏場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館


 元大関で十両8枚目の照ノ富士(26=伊勢ケ浜)の幕下陥落が決定的となった。十両12枚目朝弁慶(29=高砂)に押し出され0勝5敗6休。今場所は3連敗の後、左膝外側半月板損傷で4日目から休場し、この日から再出場したが白星はならなかった。

 関取の座を死守するのは5連勝が必須だった。これで十両残留は限りなく厳しい状況に。昭和以降では初となる大関経験者の幕下陥落が決定的となった。

 照ノ富士は昨年秋場所限りで14場所務めた大関から陥落。その後も左膝のけがや糖尿病で休場するなどし、先場所は大受、雅山、把瑠都に続き、元大関として4人目の十両落ちとなっていた。

関連するニュースを読む

千代の海、新十両昇進を見据え巨体力士対策を解説

<大相撲夏場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館


 西幕下筆頭の千代の海(25=九重)が、念願の関取の座を、さらに有力にした。

 既に勝ち越しを決めて臨んだこの日の6番相撲は、東幕下7枚目の村田(23=高砂)に上手出し投げで敗れ4勝2敗。白星の上積みはならなかったが、幕下15枚目以内でただ一人、全勝だった西幕下7枚目の極芯道(21=錦戸)が敗れ5勝1敗となった。幕下上位は残り1番を残すが、最後の7番相撲で千代の海が敗れても、昇進の優先順位で現状、1番手の千代の海を上回る力士は不在。来場所の新十両が確実視される。

 そんな状況から「それもあって今日は思い切り行こうと思いました。左から、かち上げてくるのは分かっているから、右をこうやって固めて」と身ぶり手ぶりで解説。大学(千代の海は日体大、村田は東洋大)時代とプロで通算1勝2敗だった相手に、押し込もうと飛び込んだ。だが、相手の四つ相撲に組まされ、左上手からの出し投げで土俵外へ放り出された。

 既に十両昇進を見据えた心の備えはある。「あれぐらい大きい(村田は約160キロ)人は、十両にいっぱいいる。そんな力士に、どう自分の力が伝わるか。来場所のためにもと思って」(千代の海)臨んだ一番だった。最後の7番相撲を締めくくり、昇進の吉報を待ちたいところだ。

関連するニュースを読む

豊ノ島連敗も「悔い残らない」悲願お預けも尾引かず

豊ノ島(2017年1月22日撮影)

<大相撲夏場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館


 関脇経験者で東幕下14枚目の豊ノ島(34=時津風)が、今場所の6番相撲に登場。同10枚目の若元春(24=荒汐)に突き落としで敗れ連敗。星を4勝2敗とした。

 残り3連勝なら関取復帰だった、2日前の全勝で迎えた5番相撲で敗れ、悲願はお預けとなっていた。気を取り直して臨んだこの日も、前に前にの相撲で左を差すと迷わず前進。最後の土俵際の詰めで「あと1歩、足を出せるか出せないかの差」(豊ノ島)が出て、逆転の突き落としを食らった。

 5番相撲の黒星は、相当のショックだったと思われるが、この日の一番を見る限り、尾を引かず切り替えて土俵に上がったようだ。負けたとはいえ「前に出ての負け。引いて負けるより、前に出ての負けの方が悔いは残らない。次につながらないわけじゃない」と前を見据えた。最後の7番相撲に勝って、来場所の番付を1枚でも多く上げたいところ。「4番と5番(4勝と5勝)では違いますからね。クヨクヨしないで最後、いい形で締めくくりたいですね」と、白星で今場所を飾るつもりだ。

関連するニュースを読む

元朝青龍のおい豊昇龍が6連勝 納谷との再戦は消滅

豊昇龍(左)は力斗を押し出しで下す(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館


 元横綱朝青龍のおいで、西序二段42枚目の豊昇龍(18=立浪)が、無傷の6連勝を飾った。東序二段17枚目の力斗(時津風)に低く当たると、頭をつけたまま鋭い出足でそのまま押し。自身も「よかったですね」と振り返る完勝だった。

 「相手は(元)幕下で、自分よりも長く相撲を取っている。あれやっちゃダメ、これやっちゃダメというのではなく、自分の相撲に集中した」と、前に出ることを心がけたと説明した。加えて「相手は小さいから低く、強く当たって、あとは中に入らせないようにした」と、事前準備もしっかりとしていたことを明かした。

 この日、自身よりも後に取組のあった、元横綱大鵬の孫の納谷には、初土俵の1月初場所、番付デビューの3月春場所と連敗しており「待ってます」と、全勝対決での雪辱を期していた。だがこの日、納谷が敗れ、豊昇龍は次も全勝の相手との対戦が組まれる見込みのため、今場所の再戦消滅が確実となった。

関連するニュースを読む

大鵬孫の納谷が初黒星「ちょっとよく分からない」

納谷(左)は寄り倒しで佐藤山に敗れ、デビューから続いていた連勝が止まり初黒星を喫した(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館


 元横綱大鵬の孫で、東序二段11枚目の納谷(18=大嶽)が初黒星を喫した。東三段目85枚目の佐藤山(八角)を立ち合いから押し込んだが、脇が甘くなったところで体勢を入れ替えられて寄られ、最後は土俵下までそろって倒れ込んだ。寄り倒しで敗れて5勝1敗。3月春場所の序ノ口デビューから続いていた連勝は「12」で止まった。

 取組後、初黒星についての感想を問われると「ちょっとよく分からない。負けたのは分かるけど…。悔しいような負けじゃない。悔しいような、いい相撲を取れていない」と、ため息交じりに話した。敗因については「脇が甘いのが1番の…。(立ち合いは)分からないけど、いいとは思ったけど…」と、静かに話した。

 勝ち越しを決めた中日、5勝目を挙げた9日目と、白星を挙げても反省しきりで、内容には不満を漏らし続けていた。気持ちも乗っていないことを明かしていた。この日は「だいぶ調子も戻っていた。気持ちとかは変わらないけど(4、5勝目のころは)力が出きらないのがずっとあった」と、心身ともに復調気配を感じていただけに、ショックは大きい様子だった。

 1月初場所の前相撲、3月春場所の序ノ口と、連勝していた、元横綱朝青龍のおいの豊昇龍(立浪)は、先に6連勝を決めていた。序二段優勝とともに、ライバルとの3度目の対決もなくなったが「まだこれから先もある。今回は縁がなかったということで」と、淡々と話した。連勝が止まったが「別に深くは考えていないけど、あと1番あるので、しっかりと立て直したい」と、今場所の残り1番へと切り替えていた。

納谷(下)は寄り倒しで佐藤山に敗れる。デビューから続いていた連勝が止まり、初黒星を喫した(撮影・小沢裕)
デビューから続いていた連勝が止まり初黒星を喫した納谷はぼうぜんとした表情で記者からの取材に臨む(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

北勝富士が休場 取組で負傷、頸椎椎間板ヘルニア

北勝富士

<大相撲夏場所>◇11日目◇23日◇東京・両国国技館


 西前頭9枚目北勝富士(25=八角)が、「頸椎(けいつい)椎間板ヘルニア、右大腿(だいたい)四頭筋肉離れにより5月場所の休場を要する」との診断書を提出して休場した。

 前日10日目の竜電戦で負傷。立ち合いで頭同士がぶつかった際に、「くらっときた」と膝から落ちるようにして尻もちをついていた。「首はもともと良くなかった。明日も頑張ります」と話していたが休場となった。

関連するニュースを読む

鶴竜は右に変わり9勝「やっちゃった」反省

立ち合いに変化し琴奨菊(右)をはたき込みで下す鶴竜(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇10日目◇22日◇東京・両国国技館


 鶴竜は変化で琴奨菊を破った。立ち合いで右に動くと相手は見事に1回転。はたき込みで9勝目を挙げたが、支度部屋では反省しきりだった。

 「(変化は)まったく考えていなかったけど、やっちゃった。絶対にやっちゃいけないと思っていたのに…。これだったら負けた方がよかった。せっかくのいい流れを台無しにした一番」。随所でため息を漏らし、無意識に反応した取り口を振り返った。

琴奨菊(左)をはたき込みで破る鶴竜(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

遠藤、再出場で白鵬に黒星 大声援には感謝

支度部屋でうつむく遠藤(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇10日目◇22日◇東京・両国国技館


 再出場初戦の遠藤は結びの一番で白鵬に敗れ、勝ち越しに後がなくなった。突き、押しで勝機を探ったが最後は送り出された。

 右上腕二頭筋遠位部を断裂し7日目から休場。手術の可能性もあったが、悪化の可能性が低いと判断し、右ひじよりも少し上にテーピングを施して4日ぶりに再出場した。場内の大声援には「すごいうれしいし励みになる。応えられればよかったけど…」と感謝した。

関連するニュースを読む

栃ノ心大関濃厚 師匠誕生日に10勝、託された思い

支度部屋で笑顔を見せる栃ノ心(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇10日目◇22日◇東京・両国国技館


 関脇栃ノ心(30=春日野)が大関昇進に大前進だ。平幕の千代大龍の両まわしをつかまえ、2度つり上げる怪力相撲で寄り切った。勝ちっ放しの10連勝で単独トップを守り、直近3場所の合計白星は34まで伸びた。昇進をはかる審判部トップの阿武松審判部長(元関脇益荒雄)からは「濃厚」の言葉まで飛び出した。残り5日、もう一押しで夢をつかみ取る。

 勝利の方程式は、揺るがない。千代大龍のかち上げを受け止めると、栃ノ心が右、左と両上手でまわしを引いた。190キロの巨体を固定した。周囲が右46センチ、左45センチ。丸太のような両腕でぐいっ、ぐいっと2度つり上げて寄り切った。大関を夢見て届かなかった師匠・春日野親方(元関脇栃乃和歌)の56歳の誕生日に決めた、自身初の10連勝。最高のプレゼントだ。「気持ちいいね」と照れくさそうに笑った。

 入門から12年過ぎても、師匠を「怖い」という。「ウチに調整なんてないよ」と言う師匠の率いる春日野部屋は、場所中も朝稽古の量がほとんど落ちない。師匠からゲキが飛ぶと背筋を伸ばし「ハイ」と返事をする。「オレは37歳まで(現役を)やったんだから、オマエは40歳までやれ」と言われる。それは「無理」と苦笑いするが、託された思いはわかっている。

 「直近3場所を三役で計33勝以上」とされる大関昇進の目安の白星数を計34勝で上回った。初場所14勝、春場所10勝に次ぎ3場所連続の2ケタ勝利という安定感。大関昇進について、阿武松審判部長の口から「濃厚ですね」という“お墨付き”も飛び出した。ただ初場所は平幕。両横綱との対戦を残す終盤5日間で、もう一押しが欲しい。

 初場所の初優勝で、何かが変わった。13年名古屋場所で右膝前十字、内側側副靱帯(じんたい)を断裂。「ケガする前は(大関なんて)全然思わなかった。今は、頑張ればできるんじゃないかって」-。取組後、花道を引き揚げる際、女性ファンから花束が渡された。「ビックリした。引退でも、優勝でもないのにね」。国技館を出ると、群衆から「大関!」「おめでとう!」と声が掛かった。「目標は2ケタ(白星)だったけどこれからもっと大事だね」。栃ノ心が目前に迫った夢を、つかみにいく。【加藤裕一】

関連するニュースを読む

白鵬「ついていくだけ」再出場遠藤下し栃ノ心に1差

遠藤(左)を送り出しで破る白鵬(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇10日目◇22日◇東京・両国国技館


 横綱白鵬(33=宮城野)が、この日から再出場した小結遠藤(27=追手風)を下して1敗を守った。

 立ち合いで一気に土俵際まで追い込んだ際にいなされたが、左に逃げる遠藤をさらに追いかけ、中に潜ってきたところをいなして送り出した。「いなされて離れた分、間をとりながらね」と余裕があった。

 相手は負傷した上腕二頭筋にテーピングをしていて、負傷相手にやりにくさがあったかを問われるも「まぁ、一番一番ですよ」と気にはとめず。自身初の2場所連続休場明けからの優勝に向けて、1差で関脇栃ノ心を追う展開に「今まで通りついていくだけです」と淡々と話した。

懸賞金の束を手にする白鵬(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

阿炎「体が自然に動いている」“借金”返済し星五分

阿炎

<大相撲夏場所>◇10日目◇22日◇東京・両国国技館


 西前頭2枚目の阿炎(24=錣山)は、玉鷲を上手投げで破り、5勝5敗とした。

 もろ手突きの立ち合いから、右に回り込み、相手がバランスを崩したところで上手投げ。初日から3連敗など、前日9日目までは常に黒星先行だったが、6日目に横綱白鵬から金星を挙げ、7日目に大関豪栄道を破るなど、徐々に“借金”を返済して終盤戦を迎えることになった。

 「体が自然に動いている感じ。しっかり当たることができている」と、手応えをつかんだ。自己最高位で中盤戦を終えたが「精神的に疲れたけど、楽しさはある」と、勝っても負けても明るく話すマイペースぶりを見せていた。

関連するニュースを読む

栃ノ心、親方誕生日に白星!大関&賜杯W吉報も視野

千代大龍(右)を寄り切りで下す栃ノ心(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇10日目◇22日◇東京・両国国技館


 関脇栃ノ心(30=春日野)が10連勝で単独トップをキープ、大関昇進に大きく前進した。

 体重190キロ、千代大龍の巨体を受け止め、両上手でまわしを引いて寄り切った。師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)の56歳の誕生日に白星を送り「昨年の誕生日も勝ってると思うよ」と笑顔を見せた。

 大関昇進の目安は「直近3場所を三役で、合計33勝以上」とされるが、初場所14勝、春場所10勝に10勝を上積みして、34勝に。大関昇進をはかる審判部トップの阿武松審判部長は「濃厚ですね。決定じゃないですよ。濃厚ですよ」と発言。残り5日での“ダメ押し”を求めたが、もう夢は目の前だ。栃ノ心は「目標は2ケタ(勝利)だったけど、これからが大事ですね」と気を抜く様子はない。初場所以来、2度目の賜杯まで見据えて、ラストスパートをかける。

支度部屋を引き揚げる栃ノ心(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

豊山「長かったですね」千代翔馬下し待望の初白星

千代翔馬を押し倒しで破り勝ち名乗りを受ける豊山(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇10日目◇22日◇東京・両国国技館


 西前頭3枚目の豊山(24=追手風)が、東前頭6枚目の千代翔馬(26=九重)を下して、今場所初白星を手にした。小手に振られながらも、強引に振りほどいて押し倒した。「長かったですね。勝つことの難しさというか」と、感慨にふけった。

 自己最高位の今場所は、横綱、大関ら上位陣との対戦が初日から続いていた。惜しい相撲が多かったが、あと1歩のところで勝ちを拾えず初日から9連敗。「あれだけ押し込んでも勝てなかったですから」と全敗もよぎったという。それでも「しっかり1日一番と思って」と腐らずに土俵に上がり続けた結果、待望の初日が出た。

千代翔馬(右)を押し倒しで破った豊山(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

栃ノ心、大関昇進へ王手 阿武松審判部長「濃厚」

支度部屋で笑顔を見せる栃ノ心(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇10日目◇22日◇両国国技館


 関脇栃ノ心(30=春日野)が東前頭4枚目の千代大龍(29=九重)を、万全の相撲で寄り切って無傷の10連勝。優勝争いで単独トップを守るとともに、場所後の大関昇進を濃厚にした。

 大関昇進をはかる審判部のトップで、この日の幕内後半戦で審判長を務めた阿武松審判部長(56=元関脇益荒雄)は、大関昇進について「相撲っぷりが安定していて大関相撲を取っている。濃厚でしょう」と話し「決定ではありません」とも付け加えた。

 「濃厚」の真意については、14勝1敗で優勝した先々場所が平幕だったことも1つの理由のようだ。仮に、残り5日を全敗でもしようものなら、3場所合計34勝を挙げたとはいえ印象も悪くなる。あと1つ、2つの白星の上積みを期待するように、現状を「王手をかけてますね」とも話した。

 それがクリアできれば、理事会の開催を要請するために、審判部で話し合い意見を統一する。「最後までみて、いずれかのタイミングで」と、千秋楽までには意見を取りまとめる手はずを整える。13日目は横綱白鵬戦が予想されるため、14日目のうちに意思統一されると思われる。

関連するニュースを読む

栃ノ心師匠が裏話、千代の富士映像で上手取り方指導

懸賞金を受け取る栃ノ心(撮影・中島郁夫)

<大相撲夏場所>◇10日目◇22日◇東京・両国国技館


 関脇栃ノ心(30=春日野)が東前頭4枚目の千代大龍(29=九重)を、万全の相撲で寄り切って無傷の10連勝。優勝争いで単独トップを守るとともに、場所後の大関昇進を濃厚にした。

 この日、56歳の誕生日を迎えた師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は打ち出し後、報道陣に囲まれると安堵(あんど)の笑みを浮かべた。「調子に乗ってるね。力が出てるみたいだ」と、愛弟子の快進撃を喜んだ。場所に入ったこともあり「出て行けよ、ぐらいは言っても具体的なことは何も言ってないよ」とアドバイスなどはしていない。それでも、これまでの指導方針や助言を思い出すように「両腕(の筋肉)を切っているからね。それは、むちゃな上手の取り方をしていたから。取る位置、取り方、押っつけ、絞り…。1つ1つ道理を教えた結果、今の取り方がある」と話した。横綱千代の富士(故先代九重親方)のビデオを見せ、上手の取り方を教えた裏話も明かした。

 場所後は、昇進準備で忙しくなりそう。それも、うれしい悲鳴だ。ただ、もう1つの目標が、残り5日間にかかる。「さて、こうなれば二匹目の何かがあるかな…」とニンマリ。初場所に続く2度目の優勝で、昇進に花を添えたいところだ。

関連するニュースを読む

栃ノ心2桁10勝目で大関決定的、1敗で白鵬、鶴竜

千代大龍(右)を寄り切りで破った栃ノ心(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇10日目◇22日◇東京・両国国技館


 単独トップの関脇栃ノ心(30=春日野)が前頭4枚目千代大龍(29=九重)をつりながら寄り切って無傷の10連勝を飾った。3場所合計34勝、昇進めどの2ケタ勝利を挙げ大関を決定的にした。

 1敗で追う3人は明暗が分かれた。2場所連続休場から復活を目指す横綱白鵬(33=宮城野)は、この日から再出場の小結遠藤(27=追手風)を送り出して1敗を守った。右上腕を負傷して休場していた遠藤は3勝5敗2休となった。

 初の2場所連続優勝を狙う横綱鶴竜(32=井筒)は右に変化して前頭5枚目琴奨菊(34=佐渡ケ嶽)をはたき込んで1敗を死守した。

 前頭11枚目千代の国(27=九重)は同17枚目錦木(27=伊勢ノ海)に押し出されて2敗目を喫した。

 関脇逸ノ城(25=湊)は前頭4枚目正代(26=時津風)を押し出して6勝目を挙げた。

 10日目を終わって全勝の栃ノ心を1敗で鶴竜、白鵬、2敗で千代の国が追っている。

関連するニュースを読む

栃ノ心3場所連続2桁の10連勝!大関取りへ前進

栃ノ心

<大相撲夏場所>◇10日目◇22日◇東京・両国国技館


 関脇栃ノ心(30=春日野)が無傷の10連勝で3場所連続の2桁勝利を挙げ、大関とりへ大きく前進した。

 千代大龍に立ち合い体当たりをかますと、最後はもろ差しを許しながらも両まわしを引きつけて危なげなく寄り切った。

 「直近3場所を三役で合計33勝以上」とされる大関昇進の目安で34勝目。優勝争いの先頭を走る怪力男が大関昇進と2場所ぶり2度目の優勝へ向けて加速した。

関連するニュースを読む

十両筆頭の阿武咲、幕内返り咲きへ勝ち越し王手

<大相撲夏場所>◇10日目◇22日◇東京・両国国技館


 幕内返り咲きを目指す西十両筆頭阿武咲(21=阿武松)が明瀬山を押し出して、7勝3敗。勝ち越しに王手をかけた。馬力がある相手に立ち合いから力負けせず、左手をとられて、とったりを狙われても落ち着いて対応した。

 「立ち合いで距離をとっていたし、何を考えてんのかな、と思ったけど…。しっかり対応できました」。星数について問われると「そうか、7勝か…」と確認するようにポツリ。「これ(7勝3敗)ぐらいがちょうどいい。考えて勝っていたら、横綱になっちゃいます」と笑顔で話していた。

関連するニュースを読む

照ノ富士が11日目再出場へ「できるだけのことを」

照ノ富士(2018年5月14日撮影)

<大相撲夏場所>◇10日目◇22日◇東京・両国国技館


 左膝外側半月板損傷で4日目から休場していた、元大関で東十両8枚目の照ノ富士(26=伊勢ケ浜)が、11日目から再出場することが決まった。

 照ノ富士は初日から3連敗を喫し、今場所はここまで未勝利。十両残留には少なくとも4勝は必要とみられており、元大関が幕下に陥落すれば昭和以降初となる。この日、都内の部屋で稽古を行った照ノ富士は「昨日(21日)親方と話して(決めた)。(十両残留の)可能性があるならと」と、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)との相談の上、再出場を決めたと説明した。

 現在は両膝、左ひじ、糖尿病など、数々の故障や病気を抱えている。「親方と話して出るので、できるだけのことをやりたい」。5勝すれば十両残留の可能性は高まるだけに、残り5番は全勝を目指す。

関連するニュースを読む

栃ノ心、手汗「パサパサ」で大関目安33勝クリア

大栄翔(手前)を激しく攻める栃ノ心(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇両国国技館


 関脇栃ノ心が万全の右四つ。土俵中央から大栄翔をつり上げ、豪快に寄り切った。「捕まえたら、もうね」と自信満々の9連勝。

 「直近3場所を三役で合計33勝以上」とされる大関昇進の目安で、33勝には到達した。場所入り時に聞こえる「大関、頑張れ」の声援が、この2日は「優勝、頑張れ」に変わったとか。初優勝の初場所は緊張で「手汗ビショビショ」だったが、今場所は「パサパサだよ」とニンマリしていた。

全勝を守り懸賞の束を手に引き揚げる栃ノ心(撮影・小沢裕)
全勝を守り支度部屋で笑顔を見せる栃ノ心(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

鶴竜の原動力、愛するわが子のため“パパっと”快勝

正代(右)を激しく攻める鶴竜(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇両国国技館


 自身初の2場所連続優勝を狙う横綱鶴竜(32=井筒)が1敗を守り、勝ち越しを決めた。対戦成績7戦全勝だった正代を早い相撲で押し出した。今日22日は長男アマルバイスガラン君の1歳の誕生日で、場所後の29日は長女アニルランちゃんの3歳の誕生日。愛するわが子の存在が、強いパパの原動力だ。横綱白鵬と平幕の千代の国も1敗を堅持。大関とりの関脇栃ノ心が9連勝で単独トップを守った。

 パパは強い。低く強く当たった鶴竜が、正代を後退させた。勢いあまって土俵外をのぞいたが、素早く体勢を整えなおし、体の崩れた正代を押し出した。「ヒヤッとした?」と問われて「それはなかった。しっかり(相手を)見ていたし、体も反応したので」と涼しげだ。自宅通勤ができる東京開催の夏場所は、しかも5月だけに、パワー倍増だ。

 今日22日は長男アマルバイスガラン君の誕生日だ。左足首負傷で5日目から休場した昨年夏場所9日目に生まれた。周囲が進退をささやく中、愛息の寝顔を見ると、闘志がわいた。

 千秋楽2日後の29日は長女アニルランちゃんの誕生日だ。左肩を痛めて全休した15年夏場所千秋楽の5日後に生まれた。鶴竜によると、モンゴルでは男なら2歳、女なら3歳になって初めて髪を切る。「頭は大事ですから、それを守るためでしょう」。家族、親類、親しい知人が少しずつハサミを入れ、最後はバリカンで頭を丸める。

 アニルランちゃんは、その3歳になる。インターナショナルの幼稚園に通い、物心もつき始めた。その女児が丸刈りに…。「そりゃ泣くでしょうね。でも、仕方ないでしょ? 1度刈った方が髪もきれいに伸びると思いますし」と、くすくす笑った。

 自身初の2場所連続優勝へ。「この子たちのためにも、と思ってきた。そういう思いがないと(相撲を)やってる意味がない」。当たり前のように言い切るパパが、頼もしい。トップを走る栃ノ心を1差で追う。鶴竜はもう負けるつもりはない。【加藤裕一】

関連するニュースを読む

白鵬なりふり構わず勝ち越し、立ち合いに物言いも

立ち合いで琴奨菊(右)を土俵際へ追い込む白鵬(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇両国国技館


 2場所連続休場明けの横綱白鵬が、琴奨菊を下して勝ち越しを決めた。1度目の立ち合いは嫌な雰囲気を感じて手をつかず。2度目の立ち合いは相手よりもかなり早く先に立って、上手投げで転がした。

 大相撲中継の解説をしていた鏡山親方(元関脇多賀竜)からは「フライング気味ですよ。ちゃんと両手をついて欲しい」と2度目の立ち合いに“物言い”をつけられた。だが白鵬は、勝ち越しについて「かど番脱出」と言うほど、なりふり構わず白星を取りにいっている証しでもあった。10日目の今日は、途中休場から再出場する遠藤と対戦する。やりにくさがあるかを問われるも「ないですよ」と即答。単独トップの栃ノ心と対戦するまで、是が非でも1敗を守りたい。

立ち合いで待ったを掛ける白鵬。右は琴奨菊(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

千代の国 自己最速で勝ち越し、初2桁白星へ頑張る

千代の国(右)は突き出しで豪風を下す(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇両国国技館


 前頭11枚目千代の国が豪風を下して、自己最速の9日目での勝ち越しを決めた。左で張って突き放し、右に逃げられたが焦らずに突き出した。

 両横綱に並び、平幕唯一の1敗をキープ。好調ぶりを「落ち着いている。速い相撲が取れている」と分析し、自身初の2桁白星に向けて「頑張りたいです」と控えめに意気込んだ。

関連するニュースを読む

豪栄道休場で59年ぶり大関不在、7度目のかど番へ

大関豪栄道(2017年9月20日撮影)

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇両国国技館


 大関豪栄道(32=境川)が夏場所9日目の21日、「左足関節離断性軟骨炎で約4週間の加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。

 前日の中日に3連敗を喫して3勝5敗。師匠の境川親方(元小結両国)は「足首に力が入らない。慢性的に悩まされている」と説明した。再出場について同親方は「ない。中途半端なことはしない」と断言。7月の名古屋場所は7度目のかど番となる。高安も初日から休場し、59年9月の秋場所で1人大関の琴ケ浜が途中休場して以来、59年ぶりの大関不在。休場による大関不在は3度目で、過去2度はともに翌場所で新大関が誕生している。

関連するニュースを読む

栃ノ心9連勝で計33勝、22日親方誕生日に2桁だ

全勝を守り支度部屋で笑顔を見せる栃ノ心(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇両国国技館


 大関とりの関脇栃ノ心(30=春日野)が豪快に9連勝を決めた。

 必殺の左上手でまわしを引き、万全の右四つになると、土俵中央から平幕の大栄翔を大きくつり上げ、土俵際まで持っていって寄り切った。「立ち合いがよかった。捕まえたら、もうね。負けないよ」。

 大関昇進の目安は「直近3場所を三役で、合計33勝以上」とされ、数字上「33勝以上」の部分だけはクリアした。「目標は2ケタ(白星)だったんでね。近づくのは気持ちいいよ。あと1丁やな」。10日目の22日は師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)の56歳の誕生日。「知ってるよ」と10連勝のプレゼントを贈るつもりだ。

大栄翔(手前)に激しく攻める栃ノ心(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

阿炎4勝目、自作はちみつレモン飲み体重維持

阿炎(右)は引き落としで魁聖を下し懸賞を手に引き揚げる(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇東京・両国国技館


 西前頭2枚目の阿炎(24=錣山)は、204キロの魁聖(友綱)を破り、4勝5敗とした。

 立ち合いから225キロに次いで幕内2番目に重い相手を押し込むと、相手が押し返してきたところで引き落とした。6日目に横綱白鵬から金星を挙げ、7日目に大関豪栄道を破ったものの、前日の中日は琴奨菊にいいところなく敗れていただけに「昨日は考えすぎちゃったから、今日は考えないようにした。(自分は)考えて相撲を取る人じゃないから」と、相手の動きをよく見て繰り出した、タイミングの良い引き技を振り返った。

 それでも、やはり204キロの相手は「重かった~」と、ただただ苦笑い。自身は140キロで、しかも以前までは「場所中は食欲が落ちて、10キロ減ったこともあった」と明かした。現在は体重維持に成功しているが、主に摂取しているのが自作のはちみつレモンを水で割った飲料だという。最後は何を聞かれても「はちみつレモンを飲んでるから大丈夫ッス」と答え、笑顔で引き揚げていった。

阿炎(右)は引き落としで魁聖を下す(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

鶴竜勝ち越し、前夜焼き肉で好物ハチノスも「力に」

正代(右)を激しく攻める鶴竜(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇両国国技館


 自身初の2場所連続優勝を狙う横綱鶴竜(32=井筒)が1敗を守って、勝ち越しを決めた。平幕の正代を低く強い立ち合いで後退させ、押し出した。正代は同じ時津風一門で、普段から稽古で何度も相撲を取っている。しかも、これで8戦全勝と合口抜群。「(稽古より本場所で力を出す)場所相撲だからね」と警戒していたが、完勝とあって「立ち合いが良かったですね。こういう相撲が毎日とれたら」と満足そうだ。

 4場所連続休場を乗り越え、初場所、優勝した春場所と15日間相撲を取りきってきた。体力的な問題解消は「初場所を終わった時点で、できています」と言い、後半戦に突入しても不安はない。この日、豪栄道も休場し、大関が2人ともいなくなった。角界の“顔”と呼べる存在が減る中で「僕も休んでいた時期がある。その分頑張ります」という。中日だった前日夜は、恒例の“焼き肉ディナー”を、付け人たちとともに楽しんだ。好物のハチノスもしっかり食べた。「それも力になってますかね」とご機嫌だった。

関連するニュースを読む

再入幕39歳 安美錦負け越しも「まだまだできる」

阿武咲(左)に押し出しで敗れる安美錦(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇東京・両国国技館


 史上最高齢の39歳6カ月で再入幕を果たした西前頭16枚目安美錦(39=伊勢ケ浜)が、西十両筆頭阿武咲(21=阿武松)に負けて負け越しが決まった。正面からぶつかるも耐えきれず、引いてしまい押し出された。

 負傷している膝の影響からか、今場所は思うような相撲が全く取れていない。それでも「しっかり当たってどんどん押していこうと思った」と言い訳はしない。両膝のテーピングの量が、負傷具合を物語っているが「やめることは簡単なこと。いつでもやめられる。しっかり向き合って今できることをやる。まだまだできることがあるから頑張ります」と、これからも土俵に上がり続ける。

関連するニュースを読む

栃ノ心が大関昇進目安33勝「申し分ない」理事長

大栄翔を担ぎ上げた栃ノ心はそのまま土俵際まで寄り切り全勝を守った(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇東京・両国国技館


 関脇栃ノ心(30=春日野)の快進撃が止まらない。小兵の押し相撲で、前日には大関豪栄道(境川)を破った東前頭3枚目の大栄翔(24=追手風)を右四つ、左上手の万全の体勢でつかまえると、一呼吸置いて、つり寄りでねじ伏せた。

 土俵下から目を光らせる幕内後半戦の藤島審判長(元大関武双山)も「立ち合いでスピードがあり、押っつけも強い大栄翔を問題にしなかった。つかまえた時点で(相手は)どうにもならないでしょう」と強さを評価した。大関昇進の目安とされる直近3場所合計33勝にも到達。昇進に関しては常々、話しているように「審判部長(阿武松親方=元関脇益荒雄)に聞いてください」と明言は避けたが「今場所(全力士を通して)一番、安定しているでしょう。ごまかしで勝っている相撲ではない。圧倒的に勝っている。誰が見ても強いと思うし(大関昇進の声も)説得力があるのでは」と話した。

 協会トップの八角理事長(54=元横綱北勝海)も、栃ノ心の力強さについて「つったというより、まわしを引きつけたら(大栄翔が)浮いたという感じだろう。引きつけられたら相手は何もできない」と説明。対戦相手の立場にたって「壁にぶち当たっている感じだろう。脚から力が伝わっている」と解説した。ここまでの相撲を「内容は申し分ない。2ケタ(勝利)というより(栃ノ心の目標は)優勝だろう」と読み取っていた。

関連するニュースを読む

栃ノ心9連勝、1敗で白鵬、鶴竜、千代の国 夏場所

白鵬

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇東京・両国国技館


 単独トップの関脇栃ノ心(30=春日野)は前頭3枚目大栄翔(24=追手風)をつりながら寄り切って初日から9連勝を飾り、大関昇進に王手をかけた。10日目は4勝5敗の前頭4枚目千代大龍(29=九重)と対戦する。

 1敗で追う3人もそろって勝った。2場所連続休場から復活を目指す横綱白鵬(33=宮城野)は前頭5枚目琴奨菊(34=佐渡ケ嶽)を右からの上手投げで下した。初の2場所連続優勝を狙う横綱鶴竜(32=井筒)は前頭4枚目正代(26=時津風)を押し出した。前頭11枚目千代の国(27=九重)は同14枚目豪風(38=尾車)を突き出した。

 3勝5敗だった大関豪栄道(32=境川)は左足首の負傷で休場した。関脇逸ノ城(25=湊)は不戦勝で5勝目を挙げた。

関連するニュースを読む

千代の海、念願関取の座が有力に「スタートライン」

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇東京・両国国技館


 西幕下筆頭の千代の海(25=九重)が、念願の関取切符に手をかけた。東幕下5枚目の一山本(二所ノ関)を、上手投げで破り4勝目(1敗)を挙げ勝ち越し決定。現状で、十両昇進の1番手となり関取の座を有力にした。

 高知・宿毛高から日体大を経て15年夏場所で初土俵を踏んだ。初土俵は違うが、学生時代に同学年だった御嶽海、北勝富士らが幕内で活躍。「同級生に、すごい差をつけられている。(昇進をしても)ある意味、スタートライン」と話した。

 序ノ口、序二段と1場所目で全勝優勝。三段目も2場所目で全勝優勝と順調に出世し、16年春場所には初の幕下まで上がった。だが、同年初場所後に痛めていた右肘を手術。治療とリハビリに専念するため3場所連続で全休。三段目下位まで番付を落としたが、再びはい上がって、今場所は自己最高位の西幕下筆頭で迎えていた。

 右肘の手術は、先代九重親方(元横綱千代の富士)に勧められてのものだったという。「あの時、無理をしていたらどうなったか。休んだから今、相撲が取れると思う」と、今はなき先代師匠に感謝した。新十両昇進は「もし上がっても、すぐに落ちないようにしたい。部屋に幕内の関取衆が多いので少しでも近づければ」と目標を語った。十両からの陥落力士との兼ね合いもあり「(新十両は)確定ではないので、あと2番しっかり取りたい」と気を緩めずに臨む。

関連するニュースを読む

豊ノ島の関取復帰お預け「力みすぎた」今場所初黒星

極芯道(左)に押し出しで敗れる豊ノ島(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇東京・両国国技館


 人気力士の関取復帰は、来場所以降にお預けとなった。

 関脇経験者で東幕下14枚目の豊ノ島(34=時津風)が、土つかずできた今場所の5番相撲に登場。全勝同士の一番で、西幕下7枚目の極芯道(21=錦戸)に敗れ今場所初黒星を喫した。幕下15枚目以内なら7戦全勝で十両へ昇進するが、その夢は消えた。

 「今場所一番、悪い立ち合いだった。力みすぎて踏み込めなかったのかな」。陥落から10場所目で、幕下生活から脱出するチャンスだっただけに、余計な意識が立ち合いを乱した。左は入ったが、こじ入れた窮屈な形のその左腕に頭を付けられ、左半身で右前まわしを許す苦しい体勢。ある意味、その形は長年の土俵生活で「この形でも取れる」と染みこんだ体勢だったが、相手も無用には出ずにジッと我慢。右を強引にこじ入れて出ようとしたが、2分半が経過したところで我慢しきれず、引いて相手を呼び込み土俵を割ってしまった。

 相手の極芯道とは初対戦。ただ、自分が関取の頃から「対戦したら嫌な相撲を取るなと見ていた」という。「攻めが遅いし思った通りの相撲を取られた。研究されてたかもしれない」と図らずも嫌な予感が的中してしまった。

 帰り際、ポツリと「また延びるな、幕下生活が…」と無念な思いを口にした。ただ、幕下に陥落してもケガで番付を落とすなど、何度も挫折を味わってきた。そのたびにはい上がり、今は幸い、ケガも癒え精神的にも引退を覚悟した後は、開き直れている。関取復帰は逃したが、まだ1敗。来場所につなげるためにも「あと2番も大事。6勝したら、いいところまで戻れるし、しっかり勝って来場所につなげたい」と切り替えを言い聞かせていた。

関連するニュースを読む

納谷5連勝も「全然ダメ」これじゃ豊昇龍に勝てない

飛■野(右)をきめ出しで破る納谷(撮影・鈴木正人)※■は〓馬ヘンに単の上の点3つが口2つ

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇東京・両国国技館


 元横綱大鵬の孫で、東序二段11枚目の納谷(18=大嶽)が5連勝を飾った。西三段目99枚目の飛騨野(荒汐)にもろ差しを許しながらも、両脇を締めてきめ出し。序ノ口デビューからの連勝を「12」に伸ばした。それでも「全然ダメでした。突いて出ようと思ったけど、脇が甘くて差されてしまった」と、勝ち越しを決めた前日の中日に続き、内容には不満を漏らした。

 1月初場所では前相撲で、3月春場所では序ノ口で対戦し、連勝した元横綱朝青龍のおいの豊昇龍が先に快勝した、この日の取組は見ていた。「体が動いているし、動きも速い。こんな相撲じゃ、豊昇龍と当たっても勝てない」と、豊昇龍を褒めつつ反省を繰り返した。ライバル心も隠さず「(豊昇龍とは)相撲を取るのが楽しみ。しっかり絶好調の時にやりたい」と、復調を誓った。

支度部屋に引き揚げる納谷(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

新小結遠藤が再出場へ 22日結びの一番で白鵬戦

遠藤

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇東京・両国国技館


 右上腕二頭筋遠位部断裂で、7日目から休場していた小結遠藤(27=追手風)が、10日目から再出場することが決まった。

 10日目は結びの一番で、横綱白鵬(宮城野)と対戦することになった。遠藤は6日目まで3勝3敗で、7日目からこの日まで3日間休場。6日目の御嶽海戦で右肘に近い部分を痛めていた。今場所は新三役で臨んでおり、10日目からの6日で5勝を挙げて勝ち越さなければ、三役から陥落するのは確実。正念場の戦いが続くことになる。

関連するニュースを読む

元朝青龍のおい豊昇龍が5連勝「思った通りの相撲」

光宗(下)を下手投げで破る豊昇龍(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇東京・両国国技館


 元横綱朝青龍のおいで、西序二段42枚目の豊昇龍(18=立浪)が5連勝を飾った。

 東序二段30枚目の光宗(阿武松)に、立ち合いで頭からぶつかると、右を差して下手投げ。「とりあえず当たろうと思っていた。思った通りの相撲を取れた。うれしいです」と笑顔を見せた。終始前に出る内容についても「だいぶいいんじゃないですか」と、納得の様子だった。

関連するニュースを読む

豪栄道休場で7月名古屋場所はかど番 蒼国来も休場

阿炎(左)にはたき込まれる豪栄道(2018年5月19日撮影)

<大相撲夏場所>◇9日目◇21日◇東京・両国国技館


 大関豪栄道(32=境川)と十両蒼国来(34=荒汐)が休場することが決まった。豪栄道は中日まで3勝5敗。中日は大栄翔に敗れて3連敗を喫していた。7月の名古屋場所はかど番となることが確実となった。初日から大関高安も休場しており、大関不在の事態となった。

 また蒼国来は、右楔状(けつじょう)骨骨折、右リスフラン関節骨折との診断書を提出した。

関連するニュースを読む

黒姫山孫が土俵「偉大さ感じた」新序出世力士発表

新序出世披露に臨む田中山(撮影・小沢裕)


 日本相撲協会は夏場所8日目の20日、元関脇黒姫山を祖父に持つ田中山(境川)ら、新序出世力士12人を発表した。

 新序出世披露で田中山は、祖父が現役時代に締めていた化粧まわしを締めて土俵に上がった。観客から祖父のしこ名を叫ばれて「祖父がどれだけ偉大だったかを感じた。自分もそれぐらい有名になりたい。あらためて頑張りたいと思った」と気持ちを新たにした。名古屋場所(7月8日初日、ドルフィンズアリーナ)から番付にしこ名が載る。

関連するニュースを読む

白鵬1敗守り折り返し、疲れは「ないね」と涼しい顔

白鵬は豊山(左)を寄り倒しで下す(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇8日目◇20日◇東京・両国国技館


 横綱白鵬が、初顔合わせの豊山を退けて1敗を守った。立ち合いから、豊山の激しい突き押しをのど元に何発ももらった。それに応えるように白鵬も突き押しで対抗。1度土俵際に追い込みながらも引いてしまいのど輪をもらったが、こらえてもろ差しになると、一気に土俵際まで運んで寄り倒した。めまぐるしい攻防戦を制して「いい相撲だったかな」と充実の表情を浮かべた。

 初顔合わせとなった6日目の阿炎戦で、今場所初黒星を喫した。「完全に見すぎた。守りすぎた」と警戒心が強かったと分析。だから「(今日は)受けてやる、という反省が多少出た。引きは中途半端だったけど前に出られた」と気持ちも体も攻めの姿勢を見せた。中日折り返しも、疲れは「ないね」と涼しい顔。自身初の2場所連続休場明けからの優勝へ、1差の栃ノ心を追う。

関連するニュースを読む

栃ノ心、夕食2度の暴食でパワー 逸ノ城も食べた

逸ノ城(手前)を寄り切りで破る栃ノ心(撮影・狩俣裕三)

<大相撲夏場所>◇8日目◇20日◇東京・両国国技館


 大関昇進を目指す関脇栃ノ心(30=春日野)が8戦全勝で勝ち越しを決めた。幕内最重量225キロの逸ノ城を寄り切りで仕留め、怪物対決に3連勝だ。ただ1人全勝を守り、V戦線でもトップを走る。初場所以来2場所ぶり2度目の優勝も視界に入ってきた。白鵬、鶴竜の両横綱と平幕の千代の国が1敗を守った。

 体が真っ赤になるほど全力で、栃ノ心が寄った。絶対的な武器の左上手を捨て、前みつを狙った左手が深く入り、もろ差しへ。1、2…5度と力を込め、逸ノ城の巨体を土俵の外へ持ち出した。対戦成績は3連勝。「前より重かったよ。もろ差しじゃないとダメだったね」。途中でつられて、両足が宙に浮いた。館内大熱狂の力勝負。だが、ガス欠の心配はなかった。

 遠藤休場で不戦勝となった前日夜は“暴食”した。「何でかわかんないけど、腹が減って、減って。それまでは(食欲がいまひとつで)頑張って食べてたのにな」。緊張がほぐれたのか。最初に出前のすしを3人前といくら丼を平らげたが、物足りない。午後10時から2度目のディナー。作り置きのジョージア料理と、納豆3パック+卵5個の卵焼きを作り、パンと一緒に食べた。この日の朝稽古後に「きょうは体が重かった」と苦笑いするほど、力はありあまっていた。

 初の8連勝で、中日の勝ち越しを決めた。絶好調の栃ノ心に、八角理事長は「優勝争いに加わるぐらいの気持ちで、それ(大関とり)は通過点ぐらいでやってほしい」と話した。大関昇進の目安は「直近3場所を三役で計33勝以上」とされ、栃ノ心は初場所14勝、春場所10勝。初場所が平幕のため「最低10勝以上」が必要になりそうだが、ペースはそれを軽く上回る。大関とりへ、2場所ぶり2度目の優勝へ、残り7日。何が大事か聞かれると「白星や、白星」と、関西弁でいたずらっぽく笑って見せた。【加藤裕一】

 ◆大関昇進前3場所での優勝 年6場所制が定着した58年(昭33)以降に昇進した大関59人中、達成者は19人いるが、優勝2度はない。初場所優勝の栃ノ心が今場所優勝で昇進を決めれば“3場所で優勝2度”という初のケースになる。

関連するニュースを読む

栃ノ心が中日勝ち越し「重かった」最重量逸ノ城下す

逸ノ城(手前)を寄り切りで破り、全勝を守った栃ノ心(撮影・狩俣裕三)

<大相撲夏場所>◇8日目◇20日◇東京・両国国技館


 大関とりの関脇栃ノ心(30=春日野)が関脇逸ノ城とのスーパーヘビー対決を制し、自身初の中日勝ち越しを決めた。

 立ち合いから幕内最重量225キロの相手とがっぷり右四つになり、先に攻められ、1度は両足が宙に浮いた。しかし、左上手から巻き返し、もろ差しの体勢に持ち込むと、こん身の力でじりじり相手を寄り切った。

 過去の合口は10勝5敗。この日の朝稽古後に「やりづらさはないけど、重たい」と苦笑いでこぼしていたが、取組後は「前より重かった。もろ差しじゃないとダメだったよ」と、朝から輪を掛けたような苦笑いを浮かべた。勝ち越しの感想を聞かれると「勝ち越しが目標じゃないからね」ときっぱり答えた。「今はうれしいけど、あと半分。これからが大事だからね」。白鵬、鶴竜の両横綱、大関豪栄道という上位陣との対戦を含む残り7番。大関昇進、そして2場所ぶり2度目の賜杯を目指す。「目標は1日1番です」とすぐに気を引き締め直していた。

逸ノ城を寄り切りで破り、全勝を守った栃ノ心(撮影・狩俣裕三)

関連するニュースを読む

阿炎5敗 前日豪栄道撃破も父へ電話「しなかった」

琴奨菊(手前)に寄り切りで敗れ、悔しがる阿炎(撮影・狩俣裕三)

<大相撲夏場所>◇8日目◇20日◇東京・両国国技館


 西前頭2枚目の阿炎(24=錣山)は、3連勝はならなかった。琴奨菊に見せ場なく寄り切られて3勝5敗。6日目は横綱白鵬に快勝して金星を獲得し、7日目は大関豪栄道から引き技ながら殊勲の星を挙げた。

 場内の声援は日に日に大きくなっているが「ダメでした。思い切り取れていない。考えずに思い切りいくのが自分のいいところなのに、考えすぎちゃった。足も出ていなかった」と、うつむきながら話した。

 それでも「もう2ケタは無理ッスか?」と、報道陣に逆質問してから、いつもの明るいトーンに戻った。残り全勝で、1月初場所の新入幕から3場所連続2ケタ白星という、ライバルであり親友でもある現在十両の阿武咲が持つ記録に追いつく可能性があると確認し「ヨッシャー、まだ夢はある!」と笑った。

 また、白鵬から金星を挙げた後、NHKのインタビューで「お母さんに早く報告したいので帰っていいですか」と答えた珍セリフに続き、7日目の豪栄道撃破後のインタビューでは「今日はお父さんに」と話していた。母早苗さんには、実際に連絡していたが、父俊和さんには「しなかったッス」と、笑って明かした。最後は「せっかく楽しんで取れているのに落ち込んでもしょうがない」と、足取り軽く引き揚げていった。

関連するニュースを読む

安美錦7敗「なんとかしないと」ため息交じりに反省

安美錦を押し出しで破る碧山(撮影・狩俣裕三)

<大相撲夏場所>◇8日目◇20日◇東京・両国国技館


 西前頭16枚目の安美錦(39=伊勢ケ浜)が、西前頭13枚目の碧山(31=春日野)に敗れて7敗で中日を折り返した。立ち合いで引き落としを狙って引いたが、冷静に見られて押し出された。「ちゃんと当たろうと思っているんだけどね。引く気なんてさらさらないんだけどね」とため息交じりに反省した。

 今場所で史上最高齢となる39歳6カ月での再入幕も、古傷の左膝の影響からなのか思うような相撲が取れていないのが現状。それでも「相撲を取っているわけだから、自分でなんとかしないといけない。しっかりともう1回思ったことをやれるように頑張ります」と気合を入れなおした。

関連するニュースを読む