上へ戻る

au版ニッカン★バトル

推しメシ!!

大島親方も心休まる「華木綿」絶品ソルロンタン

「てんぷら」…まずはししとうのてんぷら、干しイカの和え物からスタート

 暑い名古屋といえば、ウナギ…と言いたいところだが、大島親方(元関脇旭天鵬)のイチオシは韓国料理だ。

大島親方

 愛知・海部郡にある「華木綿(はなもめん)」は、家庭料理を扱うアットホームなお店。外国料理が大好きな親方は、部屋の合併で大島部屋から友綱部屋に転籍した12年からの常連。今回の名古屋場所期間中には、なんと8回も訪れたという。「いつも量だけ言って、メニューはお任せ。何を食べてもおいしい」と、満面の笑みで教えてくれた。

「てんぷら」…まずはししとうのてんぷら、干しイカの和え物からスタート

 店主の固本貴子さん(53)は、大衆料理店で兄の手伝いをした後、00年に独立。気さくで人間味あふれる人柄もあって、特に週末は予約でいっぱいになることも少なくない。「定番もあるけど、季節によっては、その日にしかないメニューもあります」という隠れた人気店の秘密をのぞくべく、さっそく注文した。親方に従ってお任せメニューをお願いすると、シシトウのてんぷら、生センマイ(800円)、親方が好きなポテトチーズ(1000円)やネギ塩ホルモン(850円)などが次々と出てくる。食卓に出てきそうな、どこか安心できる母の味に箸が止まらない。

マグロのユッケ

大島親方が好きなメニュー。手前からネギじゃこサラダ、生センマイ、ポテトチーズ

ねぎ塩ホルモンはプリップリの食感

 ではそろそろ、王道の韓国料理へ。中でもオススメは「サムギョプサル」(小2200円~)だ。なんでも「名古屋で一番おいしいと言ってもらうこともあります」(固本さん)というから、期待は膨らむ。三元豚を使用しており、専用の鉄板で焼き上げるとジューシーで文句なし。サンチュ、エゴマの葉などで包んでいただくのだが、ここが違った。薬味みそが手作りで、しょっぱすぎず、甘すぎずの絶妙なうまさ。韓国料理に目がない記者も、思わず拍手してしまった。

名古屋で一番との呼び声もあるサムギョプサル。中央ではにんにくを揚げて香ばしく

みそベースのチゲ鍋。夏場でもペロリといただきました

 鍋類(1人前1200円~)はチゲ、部隊、モツなど種類によってしょうゆベース、みそベースを使い分け、冬はもちろん夏場もいける。韓国には「以熱治熱(熱をもって熱を治める)」という言葉もあり、暑いときこそ熱いものを食べて力をつけるのもアリだ。シメには「年に1、2回しか作らないんだけど、親方が来るからと思って」というソルロンタン。牛すね肉などを2日間も煮込んだスープは絶品だった。「親方が好きなものは、たくさん来てくれるから覚えちゃった」(固本さん)。味はもちろん、居心地の良さも愛される秘訣(ひけつ)。親方は現役引退した昨年も、この店で心を癒やしていたそうで「一番は、ママの心。こんな店はなかなかない。だから通っちゃうんだよなあ」と明かした。

海鮮チヂミ

絶品ソルロンタン。うま味が詰まってます

豚足

 もう一つ、この店とっておきの〝オススメ〟がある。固本さんは「うちは『日替わり看板娘』。かわいい子ばっかりいるよ。でも土日は人手が薄いので、アルバイト募集中です」と言う。この日、店内で笑顔を絶やさず働いていたのは大学生のシズカさん(20)。もしかすると今ごろ、もう新人さんが働いているかも…。毎日でも通いたくなる、魅力いっぱいのお店でした。【桑原亮】

この日の看板娘のシズカさん。はじける笑顔に癒やされました

外観

◆華木綿

住所:愛知県海部郡大治町東条砂島10 ホワイトスクエア1階

電話:052・446・2380

ママは顔出しNGとのことで、店内に張ってあるポスター。そっくりです!

閉じる

203キロ天風のおやつ「ブルオム・シチュー」

2年前に登場したぶるどっくのブルオム・シチュー。これぞ洋食屋の味!

 体重203キロを誇る関取2番目の重量力士、十両天風(24=尾車)が紹介してくれたのは、東京・両国国技館からも程近い、森下駅の近くにある創業43年の「キッチン ぶるどっく」。カウンター8席の奥には座敷もあり、王道の洋食メニューが並ぶ。天風が“おやつ代わり”に食べるのが「最高です。2つの味が絶妙にまとまる」という「ブルオム・シチュー」(1350円)だ。

2年前に登場したぶるどっくのブルオム・シチュー。これぞ洋食屋の味!

 ふわふわの卵でケチャップライスを包むと、仕上げに注がれるのはキラキラと輝くビーフシチュー。牛ばら肉に焼き目を付けたあと、ブイヨンで5時間、コトコト煮込んだ逸品だ。肉は柔らかく、口に入れた瞬間にほぐれる。ケチャップライスとも相性抜群で、酸味と甘みの加減が絶妙にマッチ。添えられたニンジングラッセの甘みも程よい。グルメでも知られる天風の言葉を思い返して、ただただ納得。「おいしい」を通り越して「ザ・洋食」の安心感で、おなかも心も満たされた。

フワフワの卵の下はケチャップライス

 店を仕切るのは、桑原秀子さん(63)。11年に亡くなった夫・幸彦さんの味を守り続けている。「最初は(病院から)戻ってくると思っていたけど、次第に『覚えなきゃ』と思って。調理の仕方はずっと見てたから、病院のベッドで答え合わせしてねえ」。冷凍食品を一切使用しないこだわりがあるが、その分、仕込みも重労働。「けんしょう炎になったこともあるよ」と笑顔で語る姿は、なんとも頼もしい。

 創業当時から変わらぬ味を守り、人気ナンバー1は「煮込みハンバーグ」(800円)。手ごねのハンバーグからは肉汁があふれ、手作りならではのおいしさを味わえる。ブルオム・シチューは、2年前に息子が考案した新メニュー。伝統を受け継ぎながら、新たな挑戦も忘れない。そんな努力もあって、特に昼時は大賑わいだ。

創業当時から変わらぬ鉄板メニュー、煮込みハンバーグは抜群の安定感

 現役では幕内栃煌山(29=春日野)、徳勝龍(29=木瀬)らも訪れるという。だがそこは、老舗。生前の元大関北天佑とは家族ぐるみの付き合いで、故・北の湖前理事長も平幕時代から足繁く通っていたという。「あっという間だね。時代は流れるものだよ」と秀子さん。往年の力士たちも愛した「懐かしの味」が、ここにある。【桑原亮】

店の外観。左上は天風

◆キッチン ぶるどっく

住所:東京都墨田区千歳3-1-11

電話:03・3633・1861

店の内観

閉じる

焼肉店持つ二子山親方が激賞!その場で手打ちの冷麺

店の外観。最寄りは千日前線の鶴橋駅。顔写真は二子山親方

 「肉は、大阪」-。そう話すのは、二子山親方(元大関雅山)だ。昨年に東京・江戸川区で自身の焼き肉店をオープンし「肉は大阪から仕入れる」というから、本場の味に早くも期待は高まる。

店の外観。最寄りは千日前線の鶴橋駅。顔写真は二子山親方

 そんな親方が現役時代から春場所では必ず通い、舌鼓を打つ名店が大阪・天王寺区にある「焼肉・冷麺 一龍」だ。生野区で創業して55年。現在の店舗は移転6年目で、現役時代は部屋宿舎の近かった武蔵丸(現武蔵川親方)、出島(現大鳴戸親方)や浜ノ嶋(現尾上親方)らも通っていたという。

希少部位のイチボとカイノミ。絶品

一緒にいただく野菜も厳選された新鮮なもの

 肉は厳選された黒毛和牛で、創業以来、手切りというこだわり。これだけでも味に差が出るという。カルビ(990円~)タン(部位により590円~)ハラミ(1290円~)など定番メニューもお手ごろで、どれも柔らかくてジューシー。希少部位も多く、盛り合わせ(2980円~)やコース(4000円~)もあり、気軽に本物の味を堪能できる。ホルモン類も上ミノ、ツラミ、しびれ、ウルテ……。しょうゆやぽん酢も良し、歴史に裏打ちされた特製ダレも良し。新鮮な野菜やご飯もの、自家製キムチなど一品(逸品)料理が豊富なのもうれしい。

カルビと中落ち壷漬けカルビ。伝統のタレに箸が止まらない

 だが、本当にすごいのはここからだ。店を出すほど肉好きの二子山親方が、こう言った。「ここは冷麺が、抜群にうまいんです。僕は今まで食べた中で、ここが一番おいしい」。店の肩書にもある冷麺。なんと、麺は注文が入り次第、その都度手打ちで提供するから驚きだ。今回は特別に厨房(ちゅうぼう)にお邪魔させていただき、名物の「手打ち冷麺(中、890円)」を作る行程を見せてもらった。

 店主の木村幸男さんは、まさに職人。そば粉や重曹などを独自の配合で、熱湯を注いで手早くこねていく。「ゴルフの飛距離が出る秘訣(ひけつ)」と笑いながら、腰を入れた熟練の手つきであっという間に生地を練り上げた。

慣れた手つきで一気に生地を作り上げていく店主の木村幸男さん。使用するのはそば粉、重曹、でんぷんのみ

あっという間に生地の完成

生地を機械にかけ、釜でゆでる

 こだわりは、これで終わらない。釜で手早くゆで上げると、キンキンに冷やした氷水の中で締めながら麺をまとめていく。「冷麺も伸びてしまうんです。だから、できるだけ手の熱が伝わらないように、触らない」(木村さん)。器に盛り付けると、麺に触れることなく具を乗せ、牛骨と鶏がらでダシを取った冷たいスープを注いで完成。ここまで、わずか3分ほどで仕上げてしまった。

氷水で一気にシメる。急いで器へ運ぶときには、もう麺はまとめられている

流れるような手つきで手打ち冷麺の完成

透き通ったスープはキレがある。手抜き一切なしの逸品

 親方は現役時代、これでもかと肉を平らげた後、シメで冷麺(大)を3杯食べていたんだとか。打ちたての麺はモチモチでコシがあり、記者も(中)をあっという間に完食。初めての手打ち冷麺は格別で、とりこになる味でした。次は3杯、食べます。

 ちなみに、親方の営む焼き肉店「焼肉 みやび山」の冷麺は「いたって普通です(笑い)」(親方)だそう。それでも現役時代に名古屋で通った店が閉店する際、特別におじやのレシピを教えてもらうなど、力士人生が詰まったメニューは魅力です。【桑原亮】

◆焼肉・冷麺 一龍

住所:大阪府大阪市天王寺区小橋町3-11

電話:06・6764・6646

自家製キムチも自慢の味

閉じる

松鳳山が週2で通う、安くて本物の火鍋「みやま」

漢方など18種類が調合された特製の火鍋スープ

 元気の源、ここにあり-。現役力士の幕内松鳳山(32=二所ノ関)は「安くてうまいが、本物でしょう!」と意気込みながら、自信満々に推しメシ! を紹介してくれた。

松鳳山

 部屋のある千葉・船橋市にある、京成船橋駅から程近い「船橋 四川火鍋専門店 みやま」。2年ほど前から通い始め、現在も週に最低2度は訪れる超常連。店内には力士や芸能人らのサインや写真が並ぶ。テーブル8組で1日1回転しかせず、北は青森、南は沖縄から訪れる人もいるという。今では1カ月先でも満席必至、完全予約制の隠れた名店だ。

漢方など18種類が調合された特製の火鍋スープ

 専門店だけあって、メニューは基本、火鍋のみ。スープは唐辛子やサンショウに漢方など18種類を調合し、約7時間かけて毎日じっくり仕込まれる。店主の宮間利男さん(47)は「お金(原価)は掛かるけど、スープでお金を取るのは日本人の感覚じゃない」と言い切り、こだわりのスープはなんと無料!。具材は400~600円の数十種類から好きなものを選ぶ。何を頼めばいいか迷う人は、火鍋セット(2000円)から好みの組み合わせを探していくのもアリだ。

松鳳山オススメの具材7種類

 常連・松鳳山の鉄板メニューは豚バラ、いかげそ、ホンビノス貝、もやし、干し椎茸、メンマ、トウガンの7種類。中でもイチオシは、船橋名産のホンビノス貝(600円)だ。卸業者いわく「火鍋で食べるのが一番うまい」んだとか。真っ赤なスープに投入し、貝が開けば食べごろ。特製の「塩にんにくごま油」にくぐらせていただくと、大ぶりでプリプリの身からうま味があふれ出す。うまい…。思わず追加して、ペロリと平らげてしまった。

イチオシのホンビノス貝。塩にんにくごま油(左)にくぐらせると極上の味

ダシの利いた白湯スープは松鳳山のこだわりの一品

 食べ方にも松鳳山流が光る。火鍋のサンショウはそのまま食べると舌がしびれてしまうため、落としてから食べるのがミソ。白湯スープはもやし、椎茸でうま味を引き出し、メンマと一緒に食べると辛さが和らぐ。最後は火鍋スープに麺でシメ。店主が5年間かけて試行錯誤した末にたどり着いた、現地取り寄せの熊本ラーメンだ。白湯スープを別の器に取っておけば、つけ麺のように食べて辛さも調節でき、2度おいしい。後を引く辛さに酒も進み、記者はビールを大ジョッキで5杯ほど飲んだ。これで1人あたり、5000円ほど。おなかいっぱい大満足でした。

熊本ラーメンでシメ

 火鍋は薬膳効果で便通にも良く、店主は「宿便も全部出ます。女性にもオススメですよ」と言う。そして最後に一言。「辛いのが苦手なら、来ないでください。好きなら、満足させます」。本物の味を、ぜひご賞味あれ。【桑原亮】

店の写真の中には琴奨菊の姿も。右が店主の宮間利男さん

◆船橋 四川火鍋専門店 みやま

住所:千葉県船橋市本町1-11-27

電話:047・433・0455

HP:http://sangoku359.jimdo.com/

スープが切れれば閉店。営業時間は午後5~9時

閉じる

伊勢ケ浜親方うなる!8席だけの「コックちゃん」

主人の井上寿晟さんは人生経験豊富でバリバリ現役の74歳!

伊勢ケ浜親方

 伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)のオススメは、ちょっぴりぜいたくな逸品だ。福岡の繁華街・中洲の那珂川沿いにある「自己流初代家元 すてーきはうす コックちゃん」。現役時代から九州場所のときには必ず立ち寄る名店で、創業48年のレトロな店内の壁には初代若乃花、輪島、プロ野球の清原和博、高橋由伸ら、豪華な顔ぶれの写真やサインが並ぶ。主人は帝国ホテルで修業した後、26歳で独立。席数はわずか8席で、完全予約制、1日1組限定というプレミア感からも、ワンランク上の雰囲気が伝わってくる。

主人の井上寿晟さんは人生経験豊富でバリバリ現役の74歳!

 食べ方には、主人のこだわりが詰まっている。食事のメニューは無く、厳選された九州の和牛と野菜(1万~1万5000円、仕入れ値によって異なる)を、赤白のワインといただくのが基本スタイル。主人が一貫して言うのは「食事とワインのマリアージュ(結婚)」だ。まずは5種類の野菜を使ったサラダ。こちらをほおばり、2、3口かんだところで白ワインをグイッ。口の中で絡めると、驚くほど野菜の甘みが引き立つ。

地元の野菜は味付けなしでも素材の甘みが存分に味わえる

 お次はいよいよ、肉の登場だ。親方のオススメは、細かく柔らかい肉質で、霜降りだが赤身の味がしっかりしている糸島牛のヒレ肉。「(主人が)自分で熟成させて、出してくれる。口の中で溶けるんだよ。本当においしいよ」と、普段は険しい表情も思わず緩んでしまうほど美味だという。最近はやりの「熟成肉」。それを創業当時から作っており、独自の技術でうま味を凝縮。軽く焼いて秘伝のしょうゆとワサビ、塩でいただくと、ジューシーなうまみが口いっぱいに広がる。こちらは赤ワインとマリアージュ。肉本来のうま味を堪能することができる。食材に適した調理が施された15種類ほどの野菜も添えられ、舌鼓を打つこと間違いなしだ。

キメが細かくサシが入った肉は、まさに絶品

秘伝のしょうゆにくぐらせて、わさびをたっぷりと

 シメのガーリックライスも見逃せない。「こここで食べたら、他のところじゃチャーハン食べられないよ」(親方)という味は、シンプルだが香ばしくて箸が止まらなくなる。ワインはすべてフランスワインで、価格は1本1万円から(要相談)。80~90年代の品ぞろえも豊富だ。主人の自宅地下にはワイン専用の貯蔵庫があり、さらに約5000本がストックされている。最古で1850年ごろのものもあるという。歯切れのいい主人のトークもさえ、大満足でした。

にんにくと肉の端切れだけで、癖になるガーリックライス

 「俺はグルメだから、おいしいところはたくさん知ってるよ」と言う伊勢ケ浜親方がまっさきに太鼓判を押した一品は、一度食べてみる価値あり。九州場所で優勝した横綱日馬富士も訪れたことがあり、過去には店内でプロポーズした人もいたとか。記念日や勝負時に一肌脱ぐなんて、どうでしょう?【桑原亮】

◆自己流初代家元 すてーきはうす コックちゃん

住所:福岡市博多区中洲4丁目1-9 ナイトプラザビル中洲2階

電話:092・281・5222

閉じる

高砂親方が全力で推す!福岡天神「ひょうたん寿司」

ひょうたん寿司の店内。円内顔写真は高砂親方

ひょうたん寿司の店内。円内顔写真は高砂親方

 1年の締めくくりの九州場所。角界関係者の土俵外の楽しみと言えば「食」だろう。水炊き、もつ鍋、豚骨ラーメン…。博多にはおいしい店が、たくさんある。そんな数多くの名店がひしめく中で、高砂親方(元大関朝潮、日刊スポーツ評論家)のオススメは、天神の「ひょうたん寿司」だ。

 「福岡に来ると何回かは必ず行くし、毎年千秋楽の夜は、家族も連れて大勢で行くんだ。もう10年近くになるかな。九州近海で取れた魚が、本当においしいんだよ。オススメのメニュー? みんなおいしい。とにかく魚を食べてほしいね」と高砂親方。ということで、早速突撃取材に出掛けてみた。

 博多では、有名な行列が絶えない人気店。詳細に料理を紹介してくれたのは、親方と親交のある山田幸嗣社長(42)だ。「うちの名物は、焼あなごのにぎり(1個200円)です。それと、活ひとくちアワビのおどりにぎり(1個380円)」と、まずは、すし屋らしく〝にぎり〟を勧めてくれた。

焼あなごにぎり

活ひとくちアワビのおどりにぎり。レモンをかける前(左)とかけた後

 「1日500個以上は出ます」という、焼あなごは、肉厚で柔らかく、口の中で美味が広がる。小ぶりなひめアワビも、絶品だ。「対馬の塩がかかっていて、レモンをかけると動きますよ」という山田社長の言葉通り、レモンを搾ってかけると、その名の通りアワビが踊り出した。口に入れると、こりこりの食感がたまらない。

人気のカニクリームコロッケ

 続けて勧めてくれたのは、ズワイガニを使ったカニクリームコロッケ(380円)と、ごまさば(580円)。「すし屋だけど、このコロッケは人気なんです。ごまさばは、活きのいいサバを特製の甘だれとゴマをあえて味付けしています」。高砂親方が言っていた通り、鮮度抜群のおいしい生魚に、ホオも緩みっぱなしだ。

 系列の回転寿司店には、プロ野球のソフトバンクを日本一へと導いた李大浩(イ・デホ)もシーズン中に姿を見せていたそうだ。博多に行った際は、ぜひ訪れてみてはいかが。【木村有三】

(料金はいずれも税別)

ひょうたん寿司の外観

◆ひょうたん寿司

住所:福岡市中央区天神2丁目10-20

電話:092・711・1951(2階)、092・713・1399(3階)

閉じる

お相撲さんは、食べることも仕事のうち。巡業などであちこちを渡り歩くこともあり、全国各地のおいしい店をよく知っている。「推しメシ!!」では、大相撲の力士、親方らが自信を持ってお勧めする料理店を、日刊スポーツの大相撲担当記者が実際に行ってみて紹介します。