上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

八角理事長「再びお目にかかる日を待ち望んで」

日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)が11日、この日で発生から10年たった東日本大震災について、協会を通してコメントを発表した。コメントは以下の通り。

「東日本大震災の発生から10年を迎えました。震災でお亡くなりになられた多くの方々のご冥福を心からお祈りするとともに、ご遺族の方々や、今もなお避難生活を余儀なくされ、ご不自由な生活を送られている皆さまに、心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。東北地方は相撲どころとして、巡業でも何度も訪問いたしましたが、震災後も毎年、復興を祈る奉納土俵入りや慰問などで被災者の皆さまとふれあってまいりました。残念ながら今は、コロナ禍でお伺いすることはできませんが、再びお目にかかる日を待ち望んでおります。古来から力士の四股は、邪悪なものを土の下に踏み固める力があると言われてきました。横綱の土俵入りは、五穀豊穣と世の中の平安を祈願するためのものです。協会員一同、1日も早い復興を心より祈念しております。三月場所も力士一同、力強い取組を披露する所存であります」

関連するニュースを読む

武藤敬司「プライベートで交流」ウォリアーさん追悼

武藤敬司

日米プロレス界で人気を博したタッグチーム「ロード・ウォリアーズ」のアニマル・ウォリアーさんが60歳で死去したことを受け、ゆかりのある日本人レスラーたちも23日夜から24日にかけて次々と自身の公式ツイッターを通じ、追悼コメントをつづった。

武藤敬司は「プロレス界で一世を風靡(ふうび)した、ロード・ウォリアーズのアニマル・ウォリアーが亡くなった。何度も戦った経験があるが、実はプライベートでも交流があったんだ。天国に旅立ったホーク・ウォリアーが、きっと待っているぜ!ご冥福をお祈り致します」と投稿した。全日本プロレスの秋山準は「1999年のドーム大会で1度対戦させて頂きました。入場してきた時の迫力は今でも覚えている。謹んでお悔やみ申し上げます」などと記した。

新日本プロレスの小島聡は「私がまだ20代の頃、ロード・ウォリアーズと対戦させてもらえた。本当に格好良くて、怖くて、強かった。2002年にアメリカで大会があった時のプロモーターがアニマルさんで、その時にハンセンさんからラリアットを教わったのでした。試合以外はいつも笑顔で、大好きな人でした」と思い出を明かした。

ノアの丸藤正道は「ロード・ウォリアーズがいなければ僕はプロレスを好きになっていなかっただろう。全日本のドーム大会でおふたりにお会いできたがペーペーだった僕はただ見る事しかできなかった。そしてプロレスラーになりご縁を頂きアニマルさんと仕事をさせて頂いた。二人ともいなくなっちゃったけど永遠の憧れです」と天国に旅立った自らのスーパースターに哀悼の意を表した。

また米プロレスのWWE時代に対戦経験のあるTAJIRIは「RIPアニマル オレ、SMAKDOWN!で1度だけアニマルと闘ったことがある歴史の証言者だぜ」と独特の表現でアニマルさんの死去を悲しんでいた。

関連するニュースを読む

悪役演じ…本当は優しい/木村花さん訃報反応まとめ

木村花さん(2020年1月13日撮影)

恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演する女子プロレスラー木村花さん(享年22)が23日に亡くなった。

死因など詳細については明かされていない。同番組への出演に関し、木村さんのSNSには誹謗(ひぼう)中傷のコメントが多く寄せられていたとされており、多くのプロレスラーや著名人がツイッターなどで、木村さんへの思いをつづった。

以下は主な著名人のコメント(ツイッターなどから。敬称略)

◇プロレス・格闘技

▼ロッシー小川(スターダムエグゼクティブ・プロデューサー)花は勝ち気そうで実はナイーブな女の子でした。きっともっともっとプロレスをやりたかったのだろう。ジュリアとの対決はまだまだ見せたかった。私の誕生日には「まだまだ自粛が続くので、今度小川さん邸でご飯作らせてください!一緒に食べたいです」というLINEをくれた。合掌!

▼星輝ありさ(24=元スターダム)今までごめんね。ありがとう。生きてね。がほとんど会話しない私に来た最後の言葉だった。謝るならちゃんと直接言ってほしかった。ありがとうも直接言ってもらいたかった。私はあなたこそ生きたほうがいいよと返したけどもう既読付くことはない。でも本当に気持ちは分かるんだ。死ぬという覚悟が決まると怖くなくなるものだよ。やった側の人間は「ちょっと」かもしれないけど、やられた側の感覚は「もの凄く」だからね。生きてる意味も分からなくなる。自分がやったことは大きく自分に返ってくる。この件も含めて本当に相手への言動や行動をまじで改めて欲しい。全部狂ってる。

▼岩谷麻優(27=スターダム)最後の試合になっちゃった。もう1回やろうって言ったのに

▼長与千種(55=マーベラス)SNS書き込みは言葉で人を殺める事が出来るツールではないはず。顔隠し言論の自由として狂気のナイフを振り飾した奴って絶対的に人事にするはず。言っておく!! これからの選手、これからのプロレスラーだった。悪役を演じただけ。本当の彼女は礼儀も優しさも兼ね備えた後輩でプロレスラーだったから。

いまいちどだけ。殺め言霊の主人公の方々様へ 消すくらいなら 書くな 知らぬ存ぜぬは するな。これは歴とした事件です。ツイッターが悪いのではない。道徳心無き言霊の綴りで追い込んだ主人公の問題 逃げても 真実に時効無くついて回るはず。皆悲しんで心の憤りしかないんだよ!

▼紫雷イオ(30=WWE)やりきれない気持ちです。美しく才能あふれていたあの子の、輝かしい未来が消えてしまった。22歳、これからもっと輝くべき人でした。その選択だけはして欲しくなかったと思うけど、そうせざるを得ないほどに辛かったのだと思うと心が痛みます

今となっては、彼女が苦しむ理由も相談も、誰もきいてあげられない。自分を愛してくれてる人のために生きてほしかった。せめて今度こそ、彼女を愛してくれる人の想いが届いてほしい。どうか、どうか安らかに

▼カイリ・セイン(31=WWE)心にぽっかりと穴があき、この現実を受け入れることが今は難しい

▼永田裕志(52=新日本)明るくて礼儀正しい選手でした。本当に残念です。ご冥福をお祈りいたします

▼中西学(53=元新日本)言葉にならない、信じられない。まだ22歳やぞ、ご冥福を心よりお祈り致します

▼天山広吉(49=新日本)本当に残念です。まだこれからという時に……心よりご冥福をお祈り致します

▼スペル・デルフィン(52=プロレスラー、大阪・和泉市議。自身が社長を務める沖縄プロレスに冠テレビ番組が誕生した際、当時中学生だった木村さんが、アイドルグループの一員に)花ちゃんとプロレスしたかった。合掌(ツイッターには、木村さんが「花 ママはプロレスラー」と自己紹介文を記したアイドルグループ時代のCDジャケットを掲載)

◇芸能・文化人

▼クロちゃん(43=安田大サーカス)木村花さんが22歳という若さで亡くなるなんて。ジムで一緒にトレーニングしてた花ちゃんが夢だったプロレスラーになり活躍してるのを良かったな、凄いなーって思ってたのに。早すぎるよ、トップレスラーになるの楽しみにしてたのに。もう会えなくなるなんて。御冥福をお祈りいたします

▼前澤友作(44=実業家)まだ22歳。。悲しすぎる。(合掌の絵文字)

▼乙武洋匡氏(44=作家)知り合いだったらなあ。相談してもらえてたらなあ。心から、そう思う。お会いしたこともないけれど、とてもつらいです。あなたがいないことが、とてもつらいです。あなたのことを大切に想ってきた方々は、どんなにつらい思いをされていることでしょう。そのことを思うだけで、胸が張り裂けそうです

◇テラスハウスのスタジオキャスト

▼山里亮太(43=南海キャンディーズ)謹んでお悔やみ申し上げます。突然のことに、どう言葉を発してよいか分からず、時間が過ぎてしまいました。それは木村さんのことを考えると、直ぐに言葉の整理ができませんでした。そのような不安定な状態で、自身の発した言葉がどのように解釈されるのかが分からず、しばらく言葉を発することに躊躇をしてしまいました。今、現実を受け止めて、なぜ画面の中で力強く立ち振る舞っているその姿の裏にある苦悩に気づけなかったのか、何かできることはなかったのかと強く感じています。ご冥福を心よりお祈り申し上げます

▼トリンドル玲奈(28)花ちゃんの訃報に関して、何らかの方法で花ちゃんを守ってあげることができたのではないかと、心を痛めております

▼葉山奨之(24)あまりに突然のことでいまだ信じられず、言葉が見つかりません。花さんの純粋で優しく仲間思いで真っ直ぐな部分と、プロレスに命を懸けて闘ってる姿がとても印象的でした。まだ気持ちの整理がついていませんが、このようなことがあってはいけないという悔しい気持ちでいっぱいです。心よりご冥福をお祈り申し上げます

◇テラスハウスのキャスト

▼新野俊幸(30=会社経営)ただただ悔しい。俺が袋だたきにされた時、真っ先に心配してくれた花の優しさを絶対に忘れない

▼水越愛華(22=出演時は大学生)あの日の夜中、たまたま遅くまで起きていて 彼女がストーリーを更新していて 何気なくDMを送りました。彼女からの返信はいつもと様子が違くて、途中から返信も来なくなって、気になってTwitterの投稿を見て異変に気づき、すぐに自宅を飛び出し彼女の家に向かいました。病院に着いたら、変わり果てた彼女が居ました。向かっている最中、私はどこかで生きてるだろうと思い込んでいました。そして、何事もなかったとしても抱きしめようと思っていました。“あなたが、こういう状況になったらいつでも駆けつける仲間がいるんだよ”って、“あなたが自分に傷を付けてもいいのはリングの上だけだよ”って伝えようと思っていました。プロレスの試合中のあなたはほんとうにかっこよかった。でも、恋愛をしている姿は本当に可愛かった。もう、あなたに会えないと思うと辛くてたまりません。どうか、どうか安らかに眠ってください。ゆっくり、休んでね。もうあなたを傷付ける人はいないよ。出会ってくれて、ありがとう。助けられなくて、ごめんなさい

▼田渡凌(26=バスケットボール選手)もっと寄り添えれば良かった。お互い意地を張らず仲良くしておけば良かった。自分の思いを伝え彼女の思いも聞いてまた仲良くできれば良かった(深夜に8ツイートを連続投稿)

▼鈴木志遠(23=モデル)花ちゃんはいつも僕が落ち込んでいたらすぐ心配してくれたね。『大丈夫?』とか『元気ないね、どうしたの?』など人の変化にすぐ気づける優しい女性だね。僕は花ちゃんが苦しんでいる状態から救えなかった。本当に悔しい。本当にごめんなさい。正直まだ信じられないよ。東京ドームで見た景色のこともっと話してよ。夜食で餃子食べようよ。みんなでマリカーやろうよ。1週間前にコロナ落ち着いたらタコパするって約束したじゃん。前に進まなければならないことはわかってる。花ちゃんに言われた『一生懸命やらないと恥ずかしい』『自信を持って努力しろ』とかが勇気付けてくれている。もっともっと頑張るから見ててね。これからもずっと友達だよ

▼金尾玲生氏(27=プロサーファー)何も整理がつかないよ。花… 今日は信じたくなくて携帯をあまり見たくなくて放置してました。何も考えることができず、ぼーっとしてました…起きてしまった事実は残念ながら変えることはできないので、花のトレードカラーのピンク色の花束をささげてきました。花は海も好きだったので海にも来てるかなーって思って。この事を無駄にはしない。絶対。ご冥福をお祈りします。ありがとう。花(ピンク色のカーネーションやカスミソウの花束を海に手向ける数枚の写真を添え)

▼ロン・モンロウ(25=タレント)昨日昼までラインをしてたけど、もう返信できないことに気付きました。辛いけど今伝えなければならないから。どうしても信じたくなかったんです、ハナがどうしてあの世界へ行ってしまったのか、ということを。最近、また新しい料理レシピを作ったんです、その料理で6人で一緒に食事したかったから。ハナはどんな激辛でも平気な人だった。本当にびっくりでしたよ。見た目は気が強いハナは、私がかわいいねとほめる時には、シャイな表情が見えて、そんな感じがすてきでしたよ。ハナが教えてくれた日本語、今もこうやって使っているんだから、わたしは一生忘れないから。もっとあなたに早く好きな気持ちをしっかりはっきり伝えたかった。それもできない私、悔しくて泣いていました。あの世界へ行っても、たくさんの人々に愛されていることを、信じてください

▼田辺莉咲子(22=トレーナー、共演なし)誰かが傷つけられた昨日の涙は、今日誰かがまたそれを笑っている。今日笑われた心の傷はまた明日誰かに傷つけられる。優しさで周りがかけてくれる言葉も追い込まれる気持ちになる。そうやって毎日が続いていく。毎秒涙を堪えるのに必死で生きている。苦しい、刺さるほど気持ちが伝わって涙が溢れてくる。でもそれを越えたら、楽しいことがたくさんある。その経験をする前よりもっと楽しくてキラキラしてる大きい世界がたくさんある。それを知って欲しかった。同じ場所にいた同じ歳の女の子にそれを伝えたかった。そんな思いをしている人を守れる人になりたい。そんな思いをさせてしまっている人に幸せを教えてあげたい。誰も傷つけず戦ったかっこいい女性へ。ご冥福をお祈りします

関連するニュースを読む

夏場所中止に理事長「現況の終息願う」コメント全文

3月22日、大相撲春場所千秋楽で協会挨拶を行う八角理事長

日本相撲協会は4日、臨時理事会を開き、2週間延期して24日に初日を予定していた大相撲夏場所(東京・両国国技館)の中止を決定した。同時に7月の名古屋場所(7月19日初日)は会場を名古屋市のドルフィンズアリーナから東京・両国国技館に変更し、無観客開催を目指す方針も決めた。9月の秋場所後に予定していた秋巡業は中止する。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、政府発令の6日期限の緊急事態宣言が、31日まで延長。これを受けて、通常開催を断念した。

    ◇    ◇    ◇

日本相撲協会が発表した八角理事長(元横綱北勝海)のコメントは以下の通り。

このたび、緊急事態宣言の延長が発令されたことを鑑み、ファンの皆様並びに関係者の皆様の健康と安全を確保するため、五月場所の開催中止を決定いたしました。

また、秋巡業につきましても、開催は10月ではございますが、開催できるかどうかの目処が立たない中で準備を進めさせていただくことは、主催者である勧進元様に多大なるご迷惑となることと判断し、中止を決定いたしました。

なお、夏巡業につきましては、東京オリンピックが予定されていたこともあり、すでに中止を決定しております。

一方で、七月の名古屋場所につきましては、大人数による東京から名古屋への移動・長期滞在を避けるために、特別開催としまして、7月19日から8月2日、東京で行うこととし、両国国技館での無観客開催を目指す所存です。

相撲観戦を楽しみにしていらっしゃるファンの皆様には、大相撲をお見せ出来る日が先になってしまい、大変残念に思いますが、力士を初めとする協会員一同、今後も国民の皆様と同様に、一生懸命、新型コロナウィルス感染症の感染予防に努めて参ります。そして、開催できた暁には、精一杯の迫力ある相撲をご覧いただけますよう、これからも取り組んで参ります。

一刻も早く現況が終息することを願うとともに、感染症により亡くなられた方とそのご遺族に心よりお悔やみを申し上げます。また、現在治療中の患者の皆様、ご家族の皆様に心よりお見舞いを申し上げます。そして、全国各地で感染症の治療・ケアにあたられている医療関係者の皆様に心から感謝するとともにエールを送らせていただきます。

関連するニュースを読む

フォアマン氏悲痛、元プロボクサーの娘の死自ら確認

ボクシングの68年メキシコ五輪金メダリストで元WBA、IBF統一ヘビー級王者ジョージ・フォアマン氏(70=米国)の娘で元プロボクサーのフリーダ・フォアマンさんが9日に死去していたことが分かった。

10日(日本時間11日)に米メディアが報じたもので、死因は不明。44歳だった。報道によれば、フォアマン氏が10日夜、愛娘の死を確認したという。

米サウスカロライナで生まれ育ったフリーダさんは00年にボクシングを開始し、01年11月にデビュー。プロ戦績は5勝(3KO)1敗だった。プロモート大手トップランク社のボブ・アラムCEOは「トップランク社の全員がフリーダさんの早すぎる死について、我々の友人、フォアマン氏に心からお悔やみを申し上げます」とコメント。WBCのマウリシオ・スライマン会長も「WBC全体がフリーダさんの家族、多くの友人とともに悲しみを感じています」との声明を出した。

関連するニュースを読む

日テレもデストロイヤーさん悼む「勇姿忘れません」

全日本横浜大会 試合後、抱き合い健闘をたたえ合うザ・デストロイヤー(左)とジャイアント馬場 (1993年7月28日撮影)

覆面プロレスラー、ザ・デストロイヤー(本名リチャード・ベイヤー)さんが7日(日本時間8日)に88歳で亡くなったことを受け、全日本プロレスの中継を行っていた日本テレビが8日、追悼のコメントを発表した。

同局は「ザ・デストロイヤーさんの訃報に接し心よりお悔やみ申し上げます。足4の字固めを武器に力道山やジャイアント馬場などと死闘を繰り広げるとともに、プロレスの枠にとどまらずテレビ番組などで活躍し、日本国民に愛された『白覆面の魔王』の勇姿を私たちは忘れません。どうぞ安らかに」と故人をしのんだ。

デストロイヤーさんは、日本テレビ系で放送された全日本プロレスのスターとして活躍。また63年放送された力道山戦は、同局歴代最高の視聴率64%を記録した。73~79年に放送されたバラエティー「金曜10時!うわさのチャンネル!!」にも出演。ゲストに、足4の字固めをかけるのが名物だった。

関連するニュースを読む

ミスター・ポーゴさん死去 大仁田と流血デスマッチ

94年9月、FMW札幌大会で、大仁田(手前)に火炎噴射を浴びせるミスター・ポーゴさん

 顔面にペイントを施し「極悪王」「デスマッチの帝王」の異名を取った元悪役レスラーのミスター・ポーゴさん(本名・関川哲夫)が23日、群馬県内の病院で死去した。66歳。関係者によると、ポーゴさんは22日に腰の手術を受けた際、脳梗塞を発症。別の病院に搬送されたが、息を引き取った。

 群馬・伊勢崎市出身のポーゴさんは中大を中退し、71年に大相撲の二所ノ関部屋に入門。序ノ口優勝したが、1年もたたずに新日本プロレス入りした。主に米国マットで活躍し、90年の帰国後は大仁田厚のライバルとして、FMWに登場。数々の流血デスマッチを繰り広げ、話題となった。96年に首のケガで引退したが、97年に再起。大日本、IWAなどの団体のリングに上がり、00年5月には自身の団体WWSを旗揚げした。03年には伊勢崎市議選に立候補して、落選した。

 死闘を繰り広げてきた大仁田はツイッターで「ポーゴさんとの長いプロレスの歴史が俺の頭を駆け巡った…。昨夜ポーゴさんから着信あったが出られなかったことが悔やまれる…。今は盟友ミスター・ポーゴさんの死に心からお悔やみ申し上げます」とつぶやいた。

関連するニュースを読む

猪木氏、永源氏悼む「寂しさ禁じ得ません」全文コメ

アントニオ猪木(写真は2016年10月1日)

 アントニオ猪木参院議員(73)が29日、元プロレスラーで急死した永源遥さんを悼んだ。

 この日マスコミ各社にファクスで追悼の意を表した。コメントは以下の通り。

 永源遥様の突然の訃報に接し、心からお悔やみ申し上げます。

 また1人、先に旅立っていくことに、寂しさを禁じ得ません。

 お疲れ様でした。

 安らかにお眠り下さい。

 アントニオ猪木(原文まま)

 66年に大相撲立浪部屋から東京プロレスに入門し、新日本など主要6団体を渡り歩いた永源さんは、アントニオ猪木氏らと密接に関わり、プロレス界で一時代を築いた。

関連するニュースを読む

アントニオ猪木氏「非常につらい」アリ氏悼む

76年6月、15回を戦い健闘をたたえ合う猪木(右)とアリ氏

 ムハマド・アリ氏の死去を受け、1976年6月26日に、ムハマド・アリ氏と異種格闘技戦に臨んだ、参院議員のアントニオ猪木氏が4日、事務所を通じ、追悼コメントを発表した。

  ◆  ◆  ◆

 逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。

最近では、体調を崩されているということを聞いて心配しておりましたが、こうして、かつてのライバルたちを見送ることは非常につらいものです。

あの戦いから今年で40年。

6月26日が『世界格闘技の日』と制定された矢先の訃報でしたので残念です。

関連するニュースを読む

日馬富士が久々V「1日1番、全身全霊で」一問一答

八角理事長代理から優勝賜杯を受ける日馬富士(撮影・今浪浩三)

<大相撲九州場所>◇千秋楽◇22日◇福岡国際センター

 横綱日馬富士が2年ぶり7度目の優勝を飾った。

 この日、大関稀勢の里に寄り切られて13勝2敗となったものの、横綱白鵬が結びの一番で横綱鶴竜に敗れて3敗目、日馬富士が12場所ぶりの優勝となった。

 表彰式での日馬富士のインタビューは以下の通り。

 -2年ぶり優勝

 日馬富士 ありがとうございます。

 -久々の賜杯の感触は

 日馬富士 勝って決めたかったけど、皆さんの期待に応えることができてよかった。

 -2年間、けがで苦しんできた

 日馬富士 本当にしのぶ2年間でした。親方、おかみさんの温かい励ましがあって、そして、講演会の方たちに本当に温かく見守っていただいた。ファンの皆さんが温かい拍手をしていただいたおかげで、この日を迎えることが出来ました。ありがとうございました。

 -15日間自分の相撲を取りきった

 日馬富士 1日1番、全身全霊で取ることが出来ました。

 -北の湖理事長が亡くなられた

 日馬富士 心から本当にお悔やみ申し上げたい。

 -理事長はこの姿を見てどう思うか

 (無言のまま一礼)

 -今後に向けて

 日馬富士 けがもだいぶ良くなってきた。稽古に精進し皆さんに勇気と希望を与える相撲をとり続けます。

関連するニュースを読む

猪木 ローデスさん訃報「見送るのつらい」

 WWEは11日(日本時間12日)、WWE殿堂入りの名レスラーで「アメリカンドリーム」の異名を持つダスティ・ローデスさん(米国)が、米フロリダ州オーランドで亡くなったと発表した。69歳だった。

 アントニオ猪木のコメント 突然の逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。私がWWE殿堂入りした際の式典でお会いしたのが最後になってしまいました。激闘を繰り広げた、かつてのライバルたちを見送ることは非常につらいものです。心からご冥福をお祈り致します。

関連するニュースを読む

イスラム教徒の大砂嵐、人質事件に悲しみ

人質事件に悲しみを示した大砂嵐(写真は2015年1月19日)

 イスラム教徒初の大相撲力士として知られる幕内大砂嵐(22)が2日、過激派「イスラム国」を名乗る組織が人質にしていた湯川遥菜さん(42)とフリージャーナリスト後藤健二さん(47)を殺害したとされている件について、ツイッターで悲しみを示した。

 大砂嵐は、「このたびは、湯川陽菜さん、後藤健二さんのご不幸に際し、謹んでお悔やみ申しあげます」とつづる。そして、「一人のイスラム圏出身者として、また、一人の日本の相撲取りとして、このようなことが起きてしまったことは、本当に心が痛むばかりです」と遺憾の意を示した。

 大砂嵐は、エジブト出身。イスラム教徒で、12年には場所中にイスラム教の戒律であるラマダン(断食月)を迎え、一切の飲食を断ち場所に臨むなど敬虔(けいけん)な教徒としても知られる。

関連するニュースを読む

「人間風車」ビル・ロビンソン氏死去

死去したビル・ロビンソン氏

 日本で長く活躍した往年の名レスラー、ビル・ロビンソン氏が米アーカンソー州で死去していたことが4日、分かった。74歳だった。

 英国出身のロビンソン氏はダブルアーム・スープレックスやワンハンド・バックブリーカーなどを武器とし、「人間風車」との異名を取った。68年に国際プロレスに初来日し、当時の外国人では珍しく正統派レスラーとして人気を得た。その後、新日本ではアントニオ猪木、全日本では故ジャイアント馬場、故ジャンボ鶴田らとも名勝負を繰り広げた。

 75年NWFヘビー級戦でロビンソン氏と戦ったアントニオ猪木氏は「我々と激戦を繰り広げた選手の旅立ちを見送るのは大変つらいものです。75年の試合は今でも思い出に残っております。故人の冥福をお祈りするとともに、謹んでお悔やみ申し上げます」とのコメントを出した。

関連するニュースを読む

シン国際電話で馬之助さん夫人にお悔やみ

上田馬之助さんの祭壇。リングも飾り、名レスラーをしのんだ(撮影・多田篤)

 21日に亡くなった元プロレスラーの上田馬之助さん(本名・上田裕司、享年71)の通夜が23日、自宅のある大分・臼杵市内の斎場で行われた。喪主を務めた恵美子夫人(72)によると、新日本などで凶悪タッグを組んだタイガー・ジェット・シンからこの日朝、国際電話があった。「ママ元気? タイガーも元気。上田はNO・1の親友だった。(今月)28日に日本に行く予定」と励ましの言葉をかけられたという。

 斎場にはシンをはじめ、数々の名勝負を繰り広げたアントニオ猪木や、名誉顧問を務めていた大分のローカル団体FTOからの献花が多数飾られていた。亡くなった時、あまりのショックで足から崩れたという恵美子夫人は、祭壇の上田さんの現役時代のパネルを前に「満足していると思います」と親族を代表してあいさつ。人柄に触れ「お人よしで優しい人でした」と振り返った。今日24日に告別式が行われる。【菊川光一】

関連するニュースを読む

猪木、金正日総書記死去に「驚いている」

北朝鮮の金正日総書記死去の報を受けて会見するIGFのアントニオ猪木会長

 朝鮮中央通信は19日、北朝鮮の最高指導者で国防委員会委員長の金正日(キム・ジョンイル)総書記が17日午前8時半、現地指導に向かう列車の中で急性心筋梗塞で死去したと報じた。69歳だった。

 北朝鮮の金正日総書記の死去について、IGFのアントニオ猪木会長(68)が、都内で会見した。猪木会長は「9月に訪朝したとき、お立ち台に立つなど健康を回復していたけど、爆弾を抱えていたんだと思う。驚いている。謹んでお悔やみ申し上げます」と話した。猪木会長は、新日本プロレス時代の95年に「平和のための平壌国際体育・文化の祝典」で北朝鮮初のプロレス大会を開催。2日間で38万人を集め、今までに22回訪朝している。

 今後の北朝鮮については「来年4月15日の故金日成国家主席生誕100周年を目標に精力的に動いていたが、すでに後継者の金正恩氏がいて、さしあたっての混乱はないだろう。実質は(金総書記の)義弟の張成沢国防委員会副委員長が国を動かしていた。人はいつかは旅立つもの。万が一に備えて準備はしていたと思う」と独自の分析をした。

 猪木会長が力を入れる拉致問題の解決の見通しについては、「時代は常に変わっていく。拉致も大切だが、極東のアジアの平和に目を向けることも大切。日本側が、どう変われるかが大切。総書記が亡くなったからといって、あちらが変わるとは思えない」と日本政府の柔軟かつ積極的な対応を求めた。

関連するニュースを読む

桃ら女王3人集結!震災で延期も調整順調

 WBC女子トリプル世界戦(8日、東京・後楽園ホール)に出場する王者3人が3日、報道陣に練習を公開した。同フライ級王者の富樫直美(35=ワタナベ)、アトム級王者の小関桃(28=青木ジム)、ミニフライ級王者のアナベル・オルティス(24=メキシコ)がこの日、都内の青木ジムに集結。ミットボクシングやスパーリングなどをこなし、それぞれ順調な調整ぶりを披露した。

 トリプル世界戦は3月12日に開催予定だったが、東日本大震災の発生で延期。富樫が「この1カ月半は複雑な心境だった。1人でも多くの人を勇気づけられれば」と話せば、小関も「心も体もリセットして自分自身を追い込み、ボクシングに集中した」という。震災直後に帰国、前日2日に再来日したオルティスも「震災に遭われた方に、心からお悔やみ申し上げます。トリプル世界戦で元気を与えられるように、立派な試合をします」と誓った。

関連するニュースを読む

長谷川らトリプル世界戦の3挑戦者来日

打倒長谷川を誓ったジョニー・ゴンサレス(左)とベリスタイントレーナー

 4月8日のボクシング・トリプル世界戦(神戸ワールド記念ホール)に出場する外国出身の挑戦者3人が30日、来日して神戸市内で会見した。WBCフェザー級王者・長谷川穂積(30=真正)に挑む同級1位ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)は「地震で亡くなった方にお悔やみ申し上げたい」と話した。WBCスーパーバンタム級王者・西岡利晃(34=帝拳)と対戦する同級6位マウリシオ・ムニョス(25=アルゼンチン)は「日本文化が好きで、日本に来るのが夢だった」。WBCスーパーフェザー級王者・粟生隆寛(26=帝拳)が初防衛戦で迎える同級3位ウンベルト・グチェレス(22=メキシコ)は「勝利を確信している」と自信満々だった。

関連するニュースを読む