上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

中野たむ組3度目の防衛 2冠王者でなつぽい戦へ

スターダム後楽園大会 アーティスト・オブ・スターダム選手権で3度目の防衛に成功した、左からウナギ・サヤカ、中野たむ、白川未奈(撮影・松熊洋介)

<スターダム後楽園大会>◇26日◇後楽園ホール

アーティスト・オブ・スターダム選手権は王者・中野たむ、白川未奈、ウナギ・サヤカ組が、上谷、渡辺、AZM組を破り、3度目の防衛に成功した。

中野は自分が立ち上げたユニット「COSMIC ANGELS」のリーダーとして、2人の前で3カウントを奪われるわけにはいかなかった。終盤、若い相手の速い連係技に苦しみ、集中攻撃を浴びた。それでも苦労してやっとつかんだ3人のベルトを簡単に渡すわけにはいかなかった。相手の攻撃をかわし、タイガー・スープレックス・ホールドを2度目で成功させ、渡辺をリングに沈めた。中野は「ギリギリのところで防衛できた」と胸をなで下ろした。

4月4日の横浜武道館大会では、なつぽいとワンダー・オブ・スターダム(WOS)の初防衛戦を行う。試合後、リング上に呼び出し「死に物狂いで地獄の底を、はいつくばってやっとやっとつかんだベルト。まだ渡すわけにはいかない」とにらみ付けた。以前は仲の良かった2人。24日の調印式では、なつぽい自ら2人の笑顔の写真を持ち込み、ビリビリに破くなど一触即発。さらに「いつも自己中心的で欲しいものを無理やり手に入れてきた」と挑発された。中野も、かわいさで売っている、なつぽいの振る舞いがずっと気にくわなかった。「いつもいい子ぶっている。どろどろに汚い精神を隠してる」と応戦。対戦が決まってから、両者の激しい口論が続いてきたが、あとはリングの上でぶつかり合い、決着をつけるだけだ。

昨年ユニットを結成し、同12月に岩谷らのSTARSから独立。今年3月3日の日本武道館大会では、メインでジュリアと髪切りマッチに挑み、WOSのベルトを獲得した。ウナギは22選手によるオールスターランブルを制し、白川も同試合で最後まで優勝争いに絡むなど、2人の活躍も目立った。

次の対戦について聞かれた中野は「全ユニットから防衛してみんなが欲しくなるベルトにしたい」と防衛回数を増やし、価値を上げていくつもりだ。昨年12月の初戴冠から白川、ウナギも発言が力強くなってきた。3人だけではあるが、強い絆で結ばれた「COSMIC ANGELS」が、勝利を重ね、最強ユニットを完成させる。

関連するニュースを読む

奇跡訪れた!なつぽいが涙の初戴冠「リングで夢を」

新王者になったなつぽい(撮影・滝沢徹郎)

<スターダム:日本武道館大会>◇3日◇東京・日本武道館

10周年記念のオープニングマッチとなったハイスピード選手権試合は挑戦者なつぽい(25)が、AZM(18)を破って、悲願の初タイトルを手にした。

エンドレスワルツも、ジャーマンスープレックスも返されたが諦めなかった。クロスアーム式スープレックスホールドで3カウントが決まった瞬間、右手を高々と上げ、涙を見せた。その後コーナーに上り、ベルトを掲げた。初めての日本武道館で初めての景色に「奇跡は、信じて続けるヤツだけに訪れる」と叫んだ。「このリングで夢を見させてあげる。もっともっと上に駆け上がってやる」。

昨年からスターダムに参戦。アイドルとの両立から、今年はプロレス中心に活動していくことを決め、1月17日に正式に入団した。「ベルトを取るのが目標」と意気込んで21年のスタートを切ったが、同30日の大会で、ひめかとゴッデス・オブ・スターダムに挑戦して敗戦。パートナーを解消される屈辱を味わった。「夢を見るのはもうおしまい」と罵倒されたこともあったが、150センチ、47キロの小さなファイターがついに大きな夢を手にした。「このリングで夢を見させてあげる。もっともっと上に駆け上がってやる」。初めてのベルトを手にしたなつぽいはすでに初の防衛戦を見据えていた。

AZM(左)をジャーマンスープレックスで投げつけるなつぽい(撮影・滝沢徹郎)
AZM(下)を攻めるなつぽい(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

なつぽい初ベルトお預け「目標は諦めていない」

小波(下)に技をかけるなつぽい(右)とひめか(撮影・鈴木みどり)

<スターダム:日本武道館大前夜祭>◇30日◇東京・ベルサール高田馬場

初のベルトはお預けとなった。ゴッデス・オブ・スターダム選手権で、なつぽい(25)が、ひめか(23)とタッグを組み、初のタイトルマッチに挑むも、小波、プレストリー組に敗戦。終盤、プレストリーに椅子でたたかれ、小波にアームロックを食らい、ギブアップ。エンドレスワルツやダイビング・ボディープレスで小波をあと1歩のところまで追い詰めたが、終始劣勢の展開に「本当に悔しい」と肩を落とした。

試合後小波からは「夢を見るのはもうおしまい。ジ・エンド」と罵倒された。さらにパートナーのひめかが「私にはもう1人パートナーがいる」と舞華を引き連れ、再挑戦を表明。自分のふがいなさで招いた結果になつぽいは「仕方ない」と受け入れるしかなかった。

昨年からスターダムに参戦。アイドルとの両立から、今年はプロレス中心に活動していくことをきめた。今月17日に正式に入団。「頂点を取るために来た。命をかけて全力で打ち込む」と意気込んでいたが、実力者がそろうスターダムの厚い壁に跳ね返された。

所属ユニットのドンナ・デル・モンド(DDM)は、今年の目標を「タイトル総なめ」と位置付ける。昨年女子プロレス大賞を受賞したジュリアを筆頭に、この日SWAを防衛した朱里と勢いのある選手がいる中、取り残されるわけにはいかない。「目標は諦めていない。気持ちを切り替えてハイスピードで頑張っていきたい」。150センチ、47キロのなつぽいが大きなタイトルをつかむため、挑戦を続ける。【松熊洋介】

ビー・プレストリー(中央)から椅子で殴られるなつぽい(右)。左は小波(撮影・鈴木みどり)
小波(右)とビー・プレストリー(左)から蹴りを食らうなつぽい(撮影・鈴木みどり)

関連するニュースを読む

タレントから正式入団 なつぽいが小波に反則勝ち

リングインし華麗な動きを見せるなつぽい(撮影・滝沢徹郎)

<スターダム:10周年記念日大会>◇17日◇東京・後楽園ホール

試合前に正式にスターダム入団が発表されたなつぽい(25)が、小波に反則勝ちで勝利した。

終始攻め続けられた中で、小波がレフェリーを押しのけ、パイプ椅子を持ち出して試合終了。勝利したなつぽいはそのままリングに倒れ込み、仲間に抱えながらの退場となった。「こんな勝ち方、納得がいかない」と悔しさをにじませた。ゴッデス・オブ・スターダムのベルトを持つ相手。「(同ユニットの)ひめかと2人でかっさらってやりたい」と闘志を燃やした。

昨年まではタレント活動と両立していたが、今年からプロレスに重点を置くことを決断。17日付でスターダム正式入団となった。「頂点を取るためにここに来た。このリングで命をかけて全力でプロレスに打ち込む」と意気込んだ。

5日には新日本東京ドーム大会のオープニングマッチにも出場。プロレスを始めて6年目で目指していた舞台にたどりつくなど、スターダムでの活躍に手応えを感じている。

「スーパースターの夢をかなえられるのはここしかない」

試合後はハイスピード選手権のベルトを防衛したAZMに挑戦を表明した。1度は「帰れ」と言われたが、引き下がらず「3月3日、日本武道館でそのベルトに挑戦するのにふさわしいのは私しかいないでしょ」とファンを味方に付け、再度対戦を要求した。

「小さくてもヘビー級のような試合をしていきたい」

150センチ、47キロのなつぽいが、大きな夢に向かって進み始めた。

スターダムに正式に所属したなつぽいはポーズを決める(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

DDMなつぽい勝利「新しい自分を」5日東京ドーム

小波にえび固めでフォール勝ちしたなつぽい(中央)の腕を上げるジュリア(左)とひめか(撮影・滝沢徹郎)

<スターダム:新木場大会>◇3日◇新木場1stRING

6人タッグで行われた「ドンナ・デル・モンド(DDM)」対「大江戸隊」のユニット対決は、DDMのなつぽい(25)が、小波のトライアングル・ランサーを切り返して体を入れ替え、エビ固めで勝利した。

前日2日も8人タッグで大江戸隊に勝利し、連勝スタートとなった。勝利後には「ゴッデス・オブ・スターダム選手権」のベルトを持つ小波、ビー・プレストリー組にひめかとともに挑戦状をたたきつけ、17日の後楽園大会でタイトルマッチを要求した。「DDM全員がベルトに挑戦することになると思う。自分もしっかり取って、総なめにしたい」と意欲を見せた。

昨年まではタレント活動と両立していたが、今年からプロレスに重点を置くことを決断。5日の新日本東京ドーム大会のオープニングマッチ初出場も決定した。プロレスを始めて6年目で目指していた舞台にたどりついた。「夢のまた夢。めちゃくちゃうれしい」と目を細めた。DDMに加入したのはわずか2カ月前だが、浮かれてはいない。「DDMのメンバーに便乗しているだけ、と言われたくない」と昨年の1年間で成長した姿を見せる。

これまではかわいらしいイメージが先行していた。「(東京ドームでは)女子プロレスを見たことない人も多い。強くて格好いい、新しい自分を見せたい」と意気込む。5日東京ドームで「なつぽい」の名をアピール。新しいファンを獲得し、17日の後楽園大会で「ゴッデス・オブ・スターダム」のベルトを巻く姿をみせる。【松熊洋介】

試合後、ポーズを決めるなつぽい(左)とひめか(撮影・滝沢徹郎)
試合後マイクパフォーマンスするなつぽい(撮影・滝沢徹郎)
小波(手前)にえび固めでフォール勝ちしたなつぽい(撮影・滝沢徹郎)
小波(手前)にえび固めでフォール勝ちしたなつぽい(撮影・滝沢徹郎)
小波(手前)に蹴りを見舞うなつぽい(撮影・滝沢徹郎)
ビー・プレストリー(下)を攻める、上左からひめか、ジュリア、なつぽい(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

新日ドーム大会に岩谷ら出場「温かく迎えてくれた」

今年最後の大会を終え、ファンにあいさつをする岩谷麻優(中央)(撮影:松熊洋介)

来年1月5日に行われる新日本プロレス東京ドーム大会「WRESTLE KINGDOM」のダークマッチで行われる、女子プロレス団体スターダムの対戦カードが決まった。

同団体の出場は、今年の1月4日に続き、2年連続で、今年は2試合が行われる。カードは以下の通り。

▽第0-1試合 AZM、上谷沙弥、林下詩美組-なつぽい、ひめか、舞華組

▽第0-2試合 中野たむ、岩谷麻優組-朱里、ジュリア組

2年連続の出場となる岩谷は「男子の団体のファンだから、アウェーだと思っていたけど、温かく迎えてくれた。今年は10人も出るので、みんなに知ってもらえるようなプロレスを見せたい」と話した。また、初出場となる林下は「もともと好きで東京ドームに見に行っていた。その会場でベルトを持って戦えるのがうれしい」と喜んだ。

今年最後の大会を終え、ファンにあいさつをするスターダムの選手たち。中央は岩谷麻優(撮影:松熊洋介)

関連するニュースを読む