上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

木村ミノル自信たっぷり「秘策用意した方がいい」

木村”フィリップ”ミノル(左)とMIKE・JOE(撮影・吉池彰)

K-1スーパー・ウエルター級王者の木村”フィリップ”ミノル(27)が、ムエタイ系ファイター、MIKE・JOE(33=フィリピン)と対戦する。3月28日、日本武道館で開催の日刊スポーツ新聞社後援「ケイズフェスタ4」Day2でノンタイトルのスーパー・ファイトを行う。主催のK-1実行委員会が5日、都内で発表した。

木村は一昨年3月10日の「ケイズフェスタ2」の68キロ契約戦で和島大海(25)にKO勝ちした。そこから昨年12月まで10試合KO勝利を継続中。今回はその記録を11に伸ばせるか、注目が集まる。

相手のJOEはBigbangの第4代同級王者。昨年8月、Krushに初参戦し、藤村大輔から勝利を収めている。身長は172センチの木村より12センチ高い184センチ。長身から打ち下ろすパンチには威力がある。

前回の相手、185センチのアビラル・ヒマラヤン・チーター(21=ネパール)から、最初にダウンを奪われるなど、長身選手に手を焼いた木村。その悪いイメージはすでになく、「普通にやったら相手にならない。何か秘策を用意しておいた方がいい」と自信たっぷりに笑ってみせた。

対するJOEは「中途半端にはぶつかれない。それなりに考えている」と大番狂わせに闘志を燃やした。

昨年の王座決定トーナメントで優勝し、雄叫びを上げる木村”フィリップ”ミノル(2020年3月撮影)

関連するニュースを読む

木村ミノルが10戦連続KO!ダウン喫すも逆転勝利

1回、アビラル(右)にパンチを放つ木村(撮影・滝沢徹郎)

<K-1 WORLD GP 2020 JAPAN>◇13日◇東京・両国国技館◇日刊スポーツ新聞社後援

K-1スーパーウエルター級王者の木村”フィリップ”ミノル(27)が、10試合連続KO勝利を達成した。HEAT KICKミドル級王者アビラル・ヒマラヤン・チーター(21=ネパール)が木村のパンチで左眉付近をカットして試合続行不能となったため、2回2分50秒、TKO勝ちとなった。K-1ライト級王者の林健太(26)は、挑戦者ゴンナパー・ウィラサクレック(28=タイ)に0-2の判定で敗れた。

   ◇   ◇   ◇   ◇

木村は1回に右ストレートでダウンを奪われたが、すぐに左フックでダウンを奪い返した。その強打でアビラルは左眉の上をカットして流血。その後も試合は続行されたが、出血が止まらず、2回終了間際にドクターストップとなった。

昨年3月からの連続KO勝利を10に伸ばしたが「もっと派手にKOで仕留めたかったが、相手がタフでもつれた」と反省した。国籍はブラジル。母が日系ブラジル人で3歳のときに日本に移住。10歳でキックボクシングを始め、この試合がプロ46戦目(36勝=29KO=9敗1分け)。「日本で僕が一番パンチがある」と自慢する。

来年2月28日の「MEGA2021」(東京ドーム)に出場予定の元プロボクシング世界5階級王者フロイド・メイウェザー(43)の対戦相手に名乗りを上げた。「組まれたら見にきてほしい」。K-1関係者には正式に話をしていないが「ファミリーなので応援してくれると思う」と前向きだった。

1回、ダウンを奪ったアビラル(右)は笑みを浮かべ木村を見下ろす(撮影・滝沢徹郎)
試合後、観戦に訪れた新庄剛志氏(右)あいさつするに木村(撮影・滝沢徹郎)
1回、アビラル(左)にパンチを見舞う木村(撮影・滝沢徹郎)
1回、ダウンを奪い返した木村(左)はアビラルを見下ろす(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

木村ミノルKO勝ち メイウェザー戦をアピール

1回、アビラル(左)にパンチを見舞う木村(撮影・滝沢徹郎)

<K-1 WORLD GP 2020 JAPAN>◇13日◇東京・両国国技館◇日刊スポーツ新聞社後援

K-1スーパー・ウエルター級王者の木村”フィリップ”ミノル(27)が、同級ノンタイトル戦で10試合連続KO勝ちを果たした。

相手のHEAT KICKミドル級王者アビラル・ヒマラヤン・チーター(21=ネパール)が、木村のパンチで左眉付近をカット。試合続行不能となり、2回2分50秒、木村のTKO勝ちとなった。

木村は1回、右ストレートで最初にダウンを奪われた。しかし、すぐに反撃に転じ、カウンターの左フックでダウンを取り返すと、そこでアビラルが左目の上をカットした。その後も出血で試合が止まる場面が続き、最後はドクターストップとなった。

木村はアビラルの健闘をたたえ、相手の手を高く挙げた。そして、「もっと派手にきっちりKOで仕留めたかったが、相手がタフでもつれた」と反省した。それでも試合は「楽しかった」という。さらに、プロボクシング5階級制覇王者のフロイド・メイウェザーとのマッチメークに言及。「日本で僕が1番パンチがある。組まれたら見にきてほしい」とアピールしていた。

この試合前まで9連続KO勝利中だった9月9日生まれの木村。同じ9月9日生まれで10戦9勝1敗のアビラルを下し、節目の10連続KOを飾った。

1回、木村(左)にパンを見舞うアビラル(撮影・滝沢徹郎)
1回、アビラル・ヒマラヤン・チーター(手前)からダウンを奪う木村“フィリップ”ミノル(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

K1木村ミノル10戦連続KO約束「殴りがいある」

計量で互いに仕上がりの良さを見せた木村(左)とアビラル(撮影・吉池彰)

K-1スーパー・ウエルター級王者の木村”フィリップ”ミノル(27)が12日、10試合連続KO勝ちを約束した。

相手はHEAT KICKミドル級王者アビラル・ヒマラヤン・チーター(21=ネパール)。東京・両国国技館で13日に開催の「K-1 WORLD GP 2020」(日刊スポーツ新聞社後援)でノンタイトルのスーパーファイトを行う。この日、都内での公式計量をリミットの70キロでパスすると、その後の会見で木村節をさく裂させた。

「次に10連続KOできるとなれば、(プロボクシング27戦27KOで)尊敬するエドウィン・バレロ(ベネズエラ=2010年に28歳で死去)を超える28連続KOを目指したい」と、不可能とも思える目標をぶち上げた。木村はここ2年無敗で、9試合連続KO勝利中という戦績を誇る。3月22日のケイズフェスタ3ではトーナメント優勝で同級王座に就いた。今回の相手アビラルは185センチの長身。13センチ差があるが、「でかい方が殴りがいがある。KOを楽しみにしていてほしい。”KOキング”が9じゃ弱い。まだまだつっ走って行く」とやる気をみなぎらせた。

69・7キロで計量をパスしたアビラルは、振り下ろすパンチに加え、強烈な膝蹴りも武器。「木村選手はパワーだけでなくスピードもあるが、自分にもある。明日の試合で見せる」と番狂わせを狙う。

K-1王者の木村(左)と185センチのアビラル(撮影・吉池彰)

関連するニュースを読む

K1王者木村ミノル「油断せず」HEAT王者と対戦

K-1王者の木村”フィリップ”ミノル(左)と185センチの長身を誇るアビラル・ヒマラヤン・チーター(C)K-1

K-1スーパー・ウエルター級王者の木村”フィリップ”ミノル(27)が12月13日、HEAT KICKミドル級王者アビラル・ヒマラヤン・チーター(21=ネパール)と対戦する。

東京・両国国技館で開催の「K-1 WORLD GP 2020」でノンタイトルのスーパーファイトを行うもので、K-1実行委員会が28日、都内で発表した。

木村はここ2年無敗で、9試合連続KO勝利中という驚異の戦績を誇る。

3月22日の「ケイズフェスタ3」では、トーナメント優勝で同級王座に就き、乗りに乗っている。会見では「正直、ファンや自分が1番望むカードではないと思うが、誰が相手でも油断せず、自分の試合をする」と余裕を見せた。

一方のアビラルは185センチの長身からパンチを振り下ろし、強烈な膝蹴りも持つ。木村との13センチの身長差を生かし、勝機を見いだしたい。「木村選手のパワーはすごいと思うが、自分にもある。パワーとパワーがぶつかる素晴らしい試合になると思う」とアピールした。

木村”フィリップ”ミノル(左)とアビラル・ヒマラヤン・チーター(C)K-1

関連するニュースを読む