上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

「キックの鬼」沢村忠さんが死去 肺がんで入院

沢村忠氏(右)は「キックの鬼」と呼ばれ国内では連戦連勝、キックボクシングが大ブームになった(1969年1月4日撮影)

「キックの鬼」の異名で一世を風靡(ふうび)した元キックボクサーの沢村忠さん(本名・白羽秀樹)が、3月26日に死去した。1日、親族が発表した。78歳だった。葬儀は近親者で行った。昨年から肺がんを患い、千葉県内の病院に入院していた。

目黒ジムで沢村さんの付け人も務めた後輩で、元WKBA世界ウエルター級王者でもある伊原道場の伊原信一会長は「今朝(1日)連絡を受けました。肺がんで闘病されているのは聞いていましたが、病気になって彼は人と会わなくなり、コロナ禍で見舞いにも行けなかった。本当に残念です」と語った。

日大3年の時に空手の全日本学生選手権で優勝した沢村さんは、キックボクシングを創設した野口修プロモーターにスカウトされ、66年にデビュー。「真空飛びひざ蹴り」を武器にKO勝利を重ね、67年に獲得した東洋ミドル級王座を14度、その後、同ライト級王座を20度防衛。昭和40年代に空前のキックボクシングブームを巻き起こした。

沢村さんの半生を描いたテレビアニメ「キックの鬼」(TBS系列)は視聴率30%を超え、映画やテレビドラマにも出演。73年にはプロ野球3冠王の巨人王貞治氏らを抑えて、日本プロスポーツ大賞を受賞した。

77年10月に232勝(228KO)5敗4分けという驚異的な戦績を残して、34歳で現役を引退。その後は格闘技界との関係をすべて断ち切り、かねて興味を持っていた自動車整備士の資格を取得。80年に独立して都内で整備工場を経営していた。関係者によると子どもたちを指導するなど後進の育成にもあたっていたという。

野口氏の継承者として新日本キックボクシング協会の代表も務める伊原会長は「沢村さんは人一倍の努力家で、気配りも一流だった。女性が列をつくるほどもてた。キックをやっている人間として、彼が作り上げてきたものに感謝の気持ちを持ち、一層頑張っていきたい」と思い出を語り、故人をしのんだ。

◆沢村忠(さわむら・ただし)本名は白羽秀樹。1943年1月5日、旧満州の新京生まれ。法大一-日大芸術学部映画科。大学3年の全日本学生選手権で優勝。66年にキックボクシングデビュー。2戦目にタイ人選手に16度のダウンを奪われて4回KO負けを喫したことで発奮。以降「真空飛びひざ蹴り」を武器に、東洋ミドル級と同ライト級王座を通算34度防衛。77年引退。現役時代は174センチ、61キロ。家族は妻と1男2女。次女の白羽玲子さんは元タレント。

沢村忠氏(2004年1月15日)
沢村忠氏は「キックの鬼」と呼ばれ国内では連戦連勝、キックボクシングが大ブームになった(1969年1月4日撮影)

白鵬、父の「52連勝」に王手/秋場所

豊真将を上手投げで破り51連勝の白鵬(撮影・岡本肇)

<大相撲秋場所>◇4日目◇15日◇両国国技館

 横綱白鵬(25=宮城野)が連勝を「51」に伸ばした。豊真将に押し込まれる場面もあったが、最後は1回転しながら上手投げ。モンゴル相撲の横綱だった父ムンフバトさん(69)の「52連勝」に王手をかけ、昭和以降2位となる千代の富士の「53」まで、マジック2とした。場所前には「キックの鬼」こと元キックボクサーの沢村忠(67)と会食。「鬼」に太鼓判を押された下半身の安定ぶりで、まずはオヤジ超えを狙う。嘉風(28)が平幕ただ1人の全勝を守り、無敗は大関琴欧洲(27)を加えた3人となった。

 今の白鵬は、少し押されただけで悲鳴が起きる。豊真将の右おっつけで、上体が起きた。両足が俵についた。ただそれも、盤石な下半身を伸ばして踏ん張っただけだ。連勝ストップを恐れたファンの声は「多少(聞こえた)ね」。右上手を強烈に引き付けた。盤石な下半身をうまく使い、体を預けるように投げた。悲鳴は拍手に変わり、無敵横綱は連勝を「51」とした。

 元横綱千代の富士の53連勝まで、あと2に迫った。昭和以降2番目の連勝記録で、その先には双葉山の「69」しかない。ただ、白鵬はその前の“記録”を意識している。「昨日思い出して。あらためてお父さんの偉大さを感じた」。父ムンフバトさんは年に1度の祭典「ナーダム」で、5連覇を含む6度の優勝経験を持つ。自分と同じ22歳で横綱になった父は、6年がかりで52連勝している。

 場所前には「鬼」のお墨付きをもらった。けいこ総見があった4日、東京・墨田区の宮城野部屋には来客があった。白鵬が「手の指で突くから(親指と小指以外の)3本の指が同じ長さだった」という男は、元キックボクサーの沢村忠氏。昭和40年代に「真空飛びひざ蹴り」を武器に活躍し、半生を描いた漫画「キックの鬼」の主人公。その沢村氏に「横綱は腰から下が強くて安定している。今、キックボクシングやっても、いい蹴りができるよ」と褒められた。「相撲と通じる部分もありますね」。勝負に臨む男の心構えなどを聞き、充実した時間を過ごした。

 大台「50」を突破し、硬さがほぐれてきた。「焦ったか」の質問に「遊んだってことにしておきましょう」。同時に「ちょっと相撲が大きすぎたかな」と反省も忘れなかった。4日目にして早くも全勝は3人だけ。「賜杯」レースは、またもや独走の雰囲気を漂わせている。まずは16日、白鵬はオヤジ超えに挑む。【近間康隆】

関連するニュースを読む