上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

RIZIN堀口W受賞 バトル大賞MVP&最高試合

キック&総合格闘技部門でMVPの堀口

読者が選ぶ第23回日刊バトル大賞の18年キック&総合格闘技部門は、RIZINで活躍する堀口恭司(28)が、年間最高試合と合わせてダブルの初受賞となった。18年は那須川天心とのキックボクシング対決(判定負け)が話題を呼び、大みそかのRIZIN14大会で初代バンタム級王座を獲得。その実力がファンに支持された。

「うれしいですね。昔は全然名前とか知られてなかったが、天心の試合で顔を覚えてもらった。大みそかは、格闘技の面白さを伝えられた」と1年を振り返った。年間最高試合にも選ばれたバンタム級王座決定戦は、米国王手ベラトールの現役バンタム級王者コールドウェルとの頂上決戦。1、2回と不利な展開を、最終3回の前方裸絞めで逆転勝ちした。

世界最高峰のUFCで最もタイトルに近い日本人と言われ8戦7勝1敗の成績を残しながら、17年2月にRIZINへ電撃参戦。同年バンタム級トーナメントを制したが、18年は文字通りRIZINの顔となった。19年に向けて「日本ではベルトを守って、米国でベラトールのベルトを取ること。それから、総合格闘技をもっともっと盛り上げて、PRIDEを超えたい」と、堀口は王者の野望を口にした。【桝田朗】(おわり)

年間最優秀選手
年間最高試合

関連するニュースを読む

動向注目のUFC王者・マクレガーが日刊大賞初受賞

17年キック&総合格闘技部門で大賞に選ばれたマクレガー(Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)

 読者が選ぶ「第22回日刊バトル大賞」の17年キック&総合格闘技部門は、UFCライト級王者コナー・マクレガー(29=アイルランド)が初受賞した。マクレガー本人に代わり、UFCは「大変、光栄に思っております。日本でも広く認知され、また多くのファンに支持されている証拠だと思います」とコメントした。

 16年にUFCの2階級王座(フェザー級、ライト級)を史上初めて同時に保持したマクレガーは17年、総合の試合をしていない。代わりに無敗を誇るボクシング元世界5階級王者フロイド・メイウェザー(40)とのメガファイト(ボクシングルール)で強烈なインパクトを残した。17年8月26日、米ラスベガスでメイウェザーを相手にデビュー戦ながらも序盤は互角に戦った。10回TKO負けとなったが、異色の対決は世界から注目を集めた。ファイトマネーは3000万ドル(約33億円)、PPV総売り上げも6億ドル超(660億円以上)にのぼった。

 マクレガー自身は4月以降のUFC復帰を計画中。一方でUFCデイナ・ホワイト社長から3月までに試合出場しない場合、王座剥奪の方針を示されており、今後も目が離せない。

日刊バトル大賞17年キック&総合格闘技部門

関連するニュースを読む