上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

ひめかが舞華とタッグでスターダム加入後初タイトル

ゴッデス・オブ・スターダム選手権 タイトルを奪取して喜ぶ舞華(左)とひめか(撮影・丹羽敏通)

<スターダム後楽園大会>◇14日◇後楽園ホール

ひめか(23)が舞華とのタッグでゴッデス・オブ・スターダム選手権を制し、団体加入後、初のタイトルを手にした。

「デカいやつの倒し方はデカい私が一番知っている」。172センチのひめかは終盤、意識もうろうの中、170センチのプレストリーのカミゴェをかわし、丸め込んで逆転の3カウント。「とっさに出た判断が当たった。自分の弱点が丸め込みなので、本当に危ない時には出そうと思っていた」と体が自然と反応した。勝利の瞬間、雄たけびを上げながら大きなガッツポーズ。3度目の挑戦でようやく手にした悲願のベルトに涙があふれた。「やっと取れた。ファンからもそろそろ取ってよ、と言われていた」とホッとした表情を見せた。

多くの人に勇気や喜びを届けたベルトとなった。岩手出身のひめか。13日夜に東北地方を中心に発生した地震に心を痛めた。現在家族は住んでいないが、高校時代の友人たちから無事の報告を受け、一安心。「初めてのベルトを届けることができて良かった」と目を細めた。

さらにこの日は「バレンタインスペシャルデー」と題して行われた。コロナ禍でチョコを配ることはできない分、試合前から「(ファンに)この甘いベルトをプレゼントしたい」と発信していた。メインの試合で勝利し、締めのマイクパフォーマンスを任されたが、まさかのスルー。「興奮しすぎて忘れちゃいましたね」とおどけた。

昨年6月の移籍後、周りのプロ意識の高さに驚いた。「責任感を持たないと」とジュリアに付き添ってもらうなどして体重を10キロ以上落とし肉体改造。今年1月には新日本の前座として、東京ドームのリングにも立った。それでもベルトは遠く、後から入ってきた白川・ウナギに先に奪われる屈辱を味わった。

ようやく目標だったベルトに届いたが、3月の日本武道館大会での挑戦を表明した刀羅と鹿島から「(肉体改造が)中途半端」と挑発され激高。「豚とモヤシには言われたくねえよ。あと2週間でやってやる」と言い返し、苦手な筋力トレーニングに取り組むことを誓った。2週間で強靱(きょうじん)な肉体を作り上げ、王者として日本武道館で迎え撃つ。【松熊洋介】

ゴッデス・オブ・スターダム選手権 チャンピオンチームのビー・プレストリー(上)をバックブリーカーで攻める挑戦者チームのひめか(撮影・丹羽敏通)

関連するニュースを読む

なつぽい初ベルトお預け「目標は諦めていない」

小波(下)に技をかけるなつぽい(右)とひめか(撮影・鈴木みどり)

<スターダム:日本武道館大前夜祭>◇30日◇東京・ベルサール高田馬場

初のベルトはお預けとなった。ゴッデス・オブ・スターダム選手権で、なつぽい(25)が、ひめか(23)とタッグを組み、初のタイトルマッチに挑むも、小波、プレストリー組に敗戦。終盤、プレストリーに椅子でたたかれ、小波にアームロックを食らい、ギブアップ。エンドレスワルツやダイビング・ボディープレスで小波をあと1歩のところまで追い詰めたが、終始劣勢の展開に「本当に悔しい」と肩を落とした。

試合後小波からは「夢を見るのはもうおしまい。ジ・エンド」と罵倒された。さらにパートナーのひめかが「私にはもう1人パートナーがいる」と舞華を引き連れ、再挑戦を表明。自分のふがいなさで招いた結果になつぽいは「仕方ない」と受け入れるしかなかった。

昨年からスターダムに参戦。アイドルとの両立から、今年はプロレス中心に活動していくことをきめた。今月17日に正式に入団。「頂点を取るために来た。命をかけて全力で打ち込む」と意気込んでいたが、実力者がそろうスターダムの厚い壁に跳ね返された。

所属ユニットのドンナ・デル・モンド(DDM)は、今年の目標を「タイトル総なめ」と位置付ける。昨年女子プロレス大賞を受賞したジュリアを筆頭に、この日SWAを防衛した朱里と勢いのある選手がいる中、取り残されるわけにはいかない。「目標は諦めていない。気持ちを切り替えてハイスピードで頑張っていきたい」。150センチ、47キロのなつぽいが大きなタイトルをつかむため、挑戦を続ける。【松熊洋介】

ビー・プレストリー(中央)から椅子で殴られるなつぽい(右)。左は小波(撮影・鈴木みどり)
小波(右)とビー・プレストリー(左)から蹴りを食らうなつぽい(撮影・鈴木みどり)

関連するニュースを読む

DDMなつぽい勝利「新しい自分を」5日東京ドーム

小波にえび固めでフォール勝ちしたなつぽい(中央)の腕を上げるジュリア(左)とひめか(撮影・滝沢徹郎)

<スターダム:新木場大会>◇3日◇新木場1stRING

6人タッグで行われた「ドンナ・デル・モンド(DDM)」対「大江戸隊」のユニット対決は、DDMのなつぽい(25)が、小波のトライアングル・ランサーを切り返して体を入れ替え、エビ固めで勝利した。

前日2日も8人タッグで大江戸隊に勝利し、連勝スタートとなった。勝利後には「ゴッデス・オブ・スターダム選手権」のベルトを持つ小波、ビー・プレストリー組にひめかとともに挑戦状をたたきつけ、17日の後楽園大会でタイトルマッチを要求した。「DDM全員がベルトに挑戦することになると思う。自分もしっかり取って、総なめにしたい」と意欲を見せた。

昨年まではタレント活動と両立していたが、今年からプロレスに重点を置くことを決断。5日の新日本東京ドーム大会のオープニングマッチ初出場も決定した。プロレスを始めて6年目で目指していた舞台にたどりついた。「夢のまた夢。めちゃくちゃうれしい」と目を細めた。DDMに加入したのはわずか2カ月前だが、浮かれてはいない。「DDMのメンバーに便乗しているだけ、と言われたくない」と昨年の1年間で成長した姿を見せる。

これまではかわいらしいイメージが先行していた。「(東京ドームでは)女子プロレスを見たことない人も多い。強くて格好いい、新しい自分を見せたい」と意気込む。5日東京ドームで「なつぽい」の名をアピール。新しいファンを獲得し、17日の後楽園大会で「ゴッデス・オブ・スターダム」のベルトを巻く姿をみせる。【松熊洋介】

試合後、ポーズを決めるなつぽい(左)とひめか(撮影・滝沢徹郎)
試合後マイクパフォーマンスするなつぽい(撮影・滝沢徹郎)
小波(手前)にえび固めでフォール勝ちしたなつぽい(撮影・滝沢徹郎)
小波(手前)にえび固めでフォール勝ちしたなつぽい(撮影・滝沢徹郎)
小波(手前)に蹴りを見舞うなつぽい(撮影・滝沢徹郎)
ビー・プレストリー(下)を攻める、上左からひめか、ジュリア、なつぽい(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

小波、プレストリー組が新王者に「負けていたかも」

ゴッデス・オブ・スターダム選手権を制し、インタビューに応じる小波(左)とビー・プレストリー(撮影:松熊洋介)

<スターダム:後楽園大会>◇26日◇東京・後楽園ホール

ゴッデス・オブ・スターダム選手権は挑戦者の小波(24)、ビー・プレストリー(24)組が、上谷沙弥、林下詩美組に勝利し、第19代王者となった。

序盤は2人で集中的に上谷の左腕を攻め、ダメージを与え続けた。セコンドに付いた同じユニット「大江戸隊」の鹿島沙希、刀羅ナツコも“参戦”。レフェリーの気を引きながら味方の技をアシストし、相手セコンドとの場外戦も演じた。最後は16分4秒、小波のアームロックに上谷がギブアップし、勝利。小波は「上谷は想像以上に成長していた。最後の技が決まっていたら負けていたかもしれない」と、ホッとした表情で話した。

小波は1月にベルトを失ってから約1年ぶりに頂点に返り咲いたが、前回奪われた相手は、別の選手とタッグを組んでいたプレストリーだった。「ビー(プレストリー)の助けがあったから勝つことができた」と新しい相棒に感謝し、プレストリーも「小波、ありがとう。大江戸隊、イチバン」と相方をたたえた。今年最後の試合で勝利し、21年に弾みを付けた。小波は「来年もいろんなタイトルを取って大暴れしたい」と躍進を誓った。

関連するニュースを読む

ビッグダディ三女の詩美がタッグ戦で2度目防衛成功

ゴッデス・オブ・スターダム選手権で2度目の防衛に成功し、インタビューに応じる林下詩美(右)と上谷沙弥(撮影:松熊洋介)

<スターダム後楽園大会>◇14日◇東京・後楽園ホール

ゴッデス・オブ・スターダム選手権試合は、ビッグダディこと林下清志氏の三女・詩美(22)が上谷沙弥(23)とのタッグで、ANM(18)、渡辺桃(20)の挑戦を退け、2度目の防衛に成功した。

20分を過ぎ、林下とAZMの一騎打ちの戦いが続いていた。林下は何度もAZMに苦しめられ、窮地に追い込まれたが、跳ね返し続け、流れを引き寄せて逆転。最後はリング中央で両手を挙げ、観客の手拍子に後押しを受けたあと、豪快にジャーマン・スープレックス・ホールドを決めた。「今年のタッグリーグ優勝チームなので、簡単にはいかなかったけど、最後は自分たちのタッグ力が勝った。チャンピオンとして結果を残せて安心した」とホッとした表情を見せた。

デビューから3年目。「体も大きくなったし、技も増えてパワーもついてきた」。タイトルも取れるようになり、引っ張る自覚も出てきた。明日15日には2冠をかけ、ワールド王者の岩谷麻優(27)に挑戦する。「簡単に倒せる相手ではない。何をされても最後まで立っている選手。今は世界の岩谷麻優だと思う」と敬意を払うほどの絶対的存在に立ち向かう。「誰がベルトを奪うのかと考えたら、自分が行くしかない。今年に入ってずっと成長しているので、1000%の私で挑める」と普段はあまり感情を表に出さない林下が熱く語った。

力強い“応援団”が勝利を後押しする。父・清志氏からは「ベルト取っても取れなくても全力で挑め」と激励を受けた。15日の岩谷との大一番には仙台まで駆けつけるという。約1年ぶりの応援に「自分から言うくらいなので、期待してくれているんだと思う。久しぶりなので、お父さんの前でいいところを見せられたら」と声を弾ませた。

家族のグループラインは10人以上。多くの励ましに加え、前夜には試合連絡を、当日には結果を“誰か”が教えてくれる。「家族大好きっ子なのですごく力になる。うちは他の人の何倍もいるので」と笑顔を見せた。誰よりも大きな力をもらい、2冠王者に輝いて、スターダムの新しい時代を築く。【松熊洋介】

ゴッデス・オブ・スターダム選手権で2度目の防衛に成功した林下詩美(右)と上谷沙弥(撮影:松熊洋介)

関連するニュースを読む

V3の渡辺桃、林下詩美組、次期挑戦者に叫女指名

ゴッデス・オブ・スターダム選手権で岩谷、星輝組を下し3度目の防衛を果たした渡辺桃(右)、林下詩美(左)の王者組

<スターダム:後楽園大会>◇17日◇後楽園ホール

メインでゴッデス・オブ・スターダム選手権が行われ、渡辺桃、林下詩美の王者組が、挑戦者の岩谷麻優、星輝ありさ組を下し3度目の防衛を果たした。

序盤は、星輝の強烈な蹴りと、岩谷との絶妙なコンビに渡辺が捕まり苦戦した。しかし、キック力で上回る渡辺が、徐々に盛り返し、星輝を攻め立てる。

林下も、岩谷をうまく抑えサポートすると、最後は渡辺が星輝にピーチ・サンライズを決め勝利した。試合後、渡辺は自らが保持するワンダー・オブ・スターダム王座について「次の防衛で、防衛回数の新記録(11回)になるんですよ。その相手、私はもう決めています。ジャングル叫女。私はあなたに最初の防衛戦で勝ちました。その後、あなたも成長しているんじゃないかと思うので、次の防衛戦であなたに勝って新記録をつくりたい」と、次期挑戦者にジャングル叫女を指名。

叫女の地元名古屋で防衛戦を行うことを宣言した。同じクイーンズ・クエスト(QQ)の小波が、岩谷のアーティスト・オブ・スターダム王座への挑戦を表明。一方、林下は「これからQQはベルト総取りを目指す。自分たちもどんどん防衛していく」と話していた。

関連するニュースを読む

花月、木村花組が6度目防衛「強い相手とやりたい」

<スターダム:後楽園大会>◇18日◇後楽園ホール

 ゴッデス・オブ・スターダム選手権は、王者で大江戸隊の花月、木村花組が、挑戦者で正規軍の岩谷麻優、中野たむ組を破り、6度目の防衛を果たした。

 大江戸隊を脱退した中野が、大江戸隊からベルト奪取なるかが注目された一戦。試合開始からいきなり、岩谷、中野が木村を襲撃。中野は、木村にバックドロップの連発やバックスピンキックなどで3度もカウント2まで追い詰めた。しかし、大江戸隊が態勢を整えると、徐々に流れは大江戸隊に。最後は大江戸隊のリーダー花月が、中野に大江戸コースターを決め勝利した。

 試合後花月は「岩谷、中野、そんなもんか。10分ちょっとで終わっちまったよ。うちらはもっと強い相手とやりたいんだよ」と、挑戦者組に厳しい言葉を投げかけた。敗れた中野は「絶対、大江戸隊からそのベルトを取ることをあきらめません」と悔しさいっぱいに話した。

関連するニュースを読む

ゆずポン防衛宣言「ベルト持って地元へ」

タッグ王座をかけて対戦する(左から)愛川ゆず季、美闘陽子、夏樹☆たいよう、世IV虎

 女子プロレス団体スターダムは17日、ゴッデス・オブ・スターダム選手権(3月20日、後楽園ホール)の公開調印式を行い、王者組の愛川ゆず季(28)、美闘陽子(25)と挑戦者組の夏樹☆たいよう(27)、世IV虎(よしこ=18)が舌戦を繰り広げた。夏樹が「タッグの醍醐味を伝えられるのはうちらだけ」と言えば、世IV虎は「お前は愛川の引き立て役」とライバル美闘を罵った。美闘は「一匹狼的な存在のゆずポンだったが、今は力強いパートナー」と言い返し、愛川も「スーパーアスリートの美闘陽子がいる。自信を持っていく」と絆の強さを強調。「必ず地元がい旋興行(4月8日、愛媛・銅夢にいはま)にベルトを持って帰る」と必勝を誓った。

関連するニュースを読む

ゆずポン「おばさん」にプライドむき出し

大阪で対戦する岩谷(左上)星輝(左下)と美闘(右上)愛川

 女子プロレス団体スターダムは2日、都内で記者会見を行った。7日の大阪ミナミ・ムーブ・オン・アリーナ大会のメーンで、グラレスラー愛川ゆず季(28)は美闘陽子(24)とのチーム「BY砲(仮)」で、星輝ありさ(15)岩谷麻優(18)の「女-AMA-」と、「スーパーアイドル・サミット」とタイトルが付けられたタッグマッチで対戦する。10代タッグから「おばさんチームに負けない」と挑発されると、美闘は「クソガキを倒す」と怒り心頭。愛川は「若さを売りにしてるみたいだけどコメントが面白くない。本物なので負けられない」と若い2人を斬り捨て、本物のアイドルとしてプライドを見せた。

 スターダムではタッグ王座「ゴッデス・オブ・スターダム選手権」を新設し、10月10日から王者決定リーグ戦を開催する。旗揚げ当初からスターダムマットを席巻している夏樹☆たいよう(27)世IV虎(よしこ=18)の「川崎葛飾最強伝説」のほか、8月14日からレギュラー参戦する紫雷イオ(21=フリー)は高橋奈苗(32)とタッグを結成。秋のベルト創設を前に、夏からタッグ戦線が激しくなってきた。

関連するニュースを読む