上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

ジャガー横田「わが子のように育ててきた」愛弟子の伊藤薫タッグ結成

ストロングスタイルプロレス後楽園大会の記者会見に出席した左から伊藤薫、ジャガー横田、雪妃真矢、安納サオリ(撮影・松熊洋介)

「ジャガーのプロレス」を見せつける。今月22日に行われるストロングスタイルプロレス(後楽園ホール)に出場するジャガー横田(59)が16日、都内で会見し、意気込みを語った。

「わが子のように育ててきた」という愛弟子の伊藤薫(49)と組み、雪妃真矢、安納サオリ組と対決。「伊藤と第一線の戦いで組めるのは師匠としてもうれしい」と語った。女子プロレスで人気と実力のある若手との対戦。「勝負として戦う以上、後輩には負けてはいけない。常にそういう気持ちで挑んでいる」と経験の差を生かし、容赦なくリングに沈めるつもりだ。

伊藤にはデビュー時から指導をしてきた。「柔道上がりで何でもそつなくこなしていて、覚えるのも早かった。新人王も取っているし、実力として申し分ない」と太鼓判を押した。さらに相手2人には「伊藤の攻撃に耐えられる体を持っているかを試させるつもりで組んだ。今は勢いで進んでいるが、負けない体を持っているか」と怖さを植え付けた。ジャガーの魂を継承する伊藤も「プロレス界の母として思っている。(ジャガーさんと)対戦する時はいつも超えるつもりでやってきた。今回も全面に出して戦いたい」と闘志を見せた。

今大会は初代タイガーマスクデビュー40周年記念大会第1弾として行われる。当日は佐山サトルも来場する。ジャガーは昨年12月から3大会連続で出場。若い頃から体格やパワーの違う男子の試合は見なかったが、タイガーマスクの試合は「スピードや技術など学ぶところがあった」とよく見ていたという。「自分との勝負。自分に勝てなければ相手にも勝てない。ストロングスタイルを見せたい」と偉大なレジェンドの前での勝利を誓った。【松熊洋介】

関連するニュースを読む

女子レスラーSarrayが来週WWEデビューへ 猪木からも闘魂注入

米プロレス団体WWEは13日(日本時間14日)、女子のSarray(25)が、来週NXTでデビューすることを発表した。日本で「Sareee」の名で活躍していたSarrayは、昨年2月にWWEと契約していたが、コロナ禍で渡米が延期。その間はシードリングなど日本の団体に参戦しながらトレーニングを続けてきた。今年1月末の大会を最後に準備に入り、2月に渡米。3月18日に正式契約を結んだ。

158センチ、60キロと小柄ながら、メンタルの強さでは誰にも負けない。中学卒業後にプロレスの門をたたいた。周りからはやっていけるか不安の声も聞く中「変わることはなかった」と意志を貫いてきた。15歳でディアナでデビューし、女子プロレスを引っ張る立場となり、18年に初タイトルを獲得した。

WWE入団が決まってからは、多くのレジェンドからエールをもらった。昨年11月にチャリティ精神を受け継ぐ初代タイガーマスクの佐山サトルから特別マスクを伝承。さらにアントニオ猪木やジャガー横田らにも会って魂を注入された。「日本の女子プロレスのすごさを見せ、世界の頂点に立ちたい」という決意を胸にトレーニングを重ねてきた。自身のツイッターでは左ハンドルで運転する姿をアップするなど、生活にも徐々に慣れてきた。渡米して2カ月、Sarrayが満を持して夢のリングに立つ。

関連するニュースを読む

Sareee、「Sarray」でNXTデビューへ

米プロレス団体WWE は17日(日本時間18日)、女子のSareee(24)が、NXTでまもなくデビューすることを発表した。

具体的な日時は発表されていないが、WWEでの新しいリングネームは「Sarray(サレイ)」となる。

Sareeeは昨年2月にWWEと契約したが、コロナ禍で渡米が延期。その間はシードリングなど日本の団体に参戦しながらトレーニングを続けてきた。昨年11月にはチャリティー精神を受け継ぐ初代タイガーマスクの佐山サトルから特別マスクを伝承。さらにアントニオ猪木やジャガー横田など多くのレジェンドたちからエールをもらった。

今年1月末の大会を最後に準備に入り、2月に渡米。「日本の女子プロレスのすごさを見せたい」という決意を胸に渡米した「Sarray」が、いよいよWWEのリングに上がる。

関連するニュースを読む

WWE挑戦Sareee「大きくなって帰ってくる」

Sareee(右)は中島安里紗(左奥)にドロップキックを決め、気勢を上げる(撮影・浅見桂子)

<SEAdLINNNG新木場大会>◇21日◇新木場1stRING

来月から米WWEに挑戦する女子プロレスラーのSareee(24=WWE Count Down)が渡米前最後の試合に挑み、ファンに別れを告げた。BEYOND THE SEA TAGのベルトをかけ、2度目の防衛戦を行うも、パートナーの世志琥(27)が3カウントを奪われ、有終の美を飾ることはできなかった。リングサイドで終了のゴングを聞いたSareeeは顔を覆い、ぼうぜんとした表情を見せたが、その後立ち上がり「日本の女子プロレスを世界に見せつけたい。もっと大きくなって帰ってくるので、リングでまた会いましょう」と笑顔で活躍を誓った。

昨年2月に挑戦表明も、その後すぐに自粛期間となり、渡米は延期に。いろんな団体に参戦しながら調整を続けてきた。そんな中、世志琥とユニット「鬼に金棒」を結成し、7月にはタイトルを獲得。以前は仲の悪かった2人が最強のパートナーとなってリング上で躍動した。「大嫌い同士だったけど、一緒に組んで大好きになった。プロレスも普段の生活も楽しくて、もっとやりたかった。本来なら経験できなかった特別な時間だった」。試合では常に険しい表情の世志琥も珍しく号泣。「ベルトを奪えなかったけど、タッグ組んでくれてありがとう。今度シングルマッチやる時はもっと大きな会場で、最高のプロレスを見せよう」と感謝の言葉で送り出した。

初代タイガーマスクこと佐山サトルのチャリティー精神も米国で継承する。昨年11月には伝承特別マスクを贈呈され、今月19日には念願だったチャリティー活動を行った。20日には佐山から「プレッシャーに負けず、スーパースターになって欲しい」と直々にエールをもらった。

アントニオ猪木、ジャガー横田、アジャコングら多くの大先輩に背中を押してもらって実現した。来月上旬にも出発する。「どんなことがあってもやり遂げて、日本と世界の懸け橋になりたい」。夢舞台への挑戦がいよいよ始まる。【松熊洋介】

Sareee(右)は高橋奈七永(左)にドロップキックを決める(撮影・浅見桂子)
高橋奈七永(下)にフットスタンプを見舞うSareee(撮影・浅見桂子)

関連するニュースを読む

Sareee「やるしかない」1年待ったWWE挑戦

初代タイガーマスク後援会のイベントに参加し、犬と戯れ、笑顔を見せるSareee(撮影:松熊洋介)

米プロレス団体WWEに挑戦するSareee(24)が19日、渡米を目前に控え、心境を語った。

昨年2月に参戦を表明するもコロナ禍で実現できないまま、約1年が経過。ようやく出国のめどがついた。「後は行くだけ。やるしかない。しっかり頑張りたい」と誓った。

表明後、すぐに自粛期間となり、その後SEAdLINNNGなど、いろんな団体に参戦しながら調整を続けてきた。「不安で悩んだ時期もあったけど、貴重な経験をさせてもらったので自信を持って行きたい」。ジャガー横田、アジャコングなど相談していた大先輩にも渡米が決まったことを報告し「日本の女子プロのすごさを見せつけて来てほしい」とエールをもらったという。

初代タイガーマスクの佐山聡の魂が宿っている。昨年11月に精神伝承認証式を行い、伝承特別マスクを贈呈された。この日は同後援会が主催するイベントに参加し、犬や猫など動物の保護活動を行う、NPO一般社団法人「レスキュードアニマルネットワーク」に支援物資を届けた。同団体は病気や高齢などで殺処分の可能性がある譲渡不適正の動物を引き取り、新たな飼い主を探す活動を行っている。自分でも犬と猫を飼っており、愛情は深い。「かわいい」と笑顔を見せながら抱きかかえ、動物たちとの時間を楽しんだ。以前から佐山のチャリティー精神に共感していたSareeeは「動物を助けるというすばらしい活動。世界中でチャリティー活動をやりたいと思っていた中で実現できて光栄。今後もこのような機会を見つけてやっていきたい」と語った。

出国の日時は未定だが、関係者によると「時期が来ればすぐにでも渡米する」とのこと。尊敬するタイガーマスクはWWE前身のWWFでジュニアヘビー級王座に3度輝いた実績を持つ。米での目標を聞かれ「やるからにはベルトを巻きたい。レッスルマニアのイベントにも出場したい」と意欲を見せた。

国内では22日のSEAdLINNNG新木場大会が最後の試合となる。現在保持している世志琥とのBEYOND THE SEA Tagのベルトを守り、返上して終えるつもりだ。「女子のトップであることをしっかり見せたい」。世志琥とのユニット「鬼に金棒」は解散せずに残すつもりだ。「解散は寂しい。どこにいてもリングではつながっている。何十年後かに組むこともできる」。愛犬「チャンプ」の名の通り、日米でのベルトを巻くため、有終の美を飾り、夢の舞台へと向かう。【松熊洋介】

関連するニュースを読む

Sareee「やばい」59歳ジャガー横田に辛勝

ストロングスタイルプロレス後楽園大会 ジャガー横田、山下りな組に勝利し、疲れた表情を見せる世志琥(左)とSareee(撮影・松熊洋介)

<ストロングスタイル:後楽園大会>◇17日◇東京後楽園ホール

米プロレス団体WWEへの挑戦が決まっているSareee(24)が、ジャガー横田、山下りな組に勝利した。

世志琥とのタッグで挑んだSareeeは、いきなりジャガーと相対したが、59歳のパワーに圧倒された。「あの人やばい。スーパーサイヤ人かも」と思ったほどの強烈なパイルドライバーを食らい、一時立ち上がれなくなるなど、ピンチの連続。世志琥も「レジェンドであんなにやると思っていなかった。年齢関係ないんだと感じさせられた」と技を何度仕掛けても立ち上がる相手に脅威を感じた。

中盤、連係技を効果的に浴びせたが、最後までジャガーを沈めることはできず、最後は世志琥が山下から3カウントを奪い、何とか勝利した。

試合後、Sareeeはリング上でジャガーと熱い抱擁を交わし「ずっと応援してるから。やりたいようにやればいい」とエールをもらった。米挑戦の相談を持ち掛けたこともある師匠に勝利。「いつもいろんな言葉をかけてもらった。渡米前最後の対戦で、とても楽しかった」と余韻に浸った。

次戦は23日、SEAdLINNNGの「BEYOND THE SEA TAG」で初防衛戦に挑む。20年最後の試合を勝利で締め、来年の米挑戦に弾みを付ける。

ジャガー横田(2017年11月3日撮影)

関連するニュースを読む

王者Sareeeが「尊敬」ジャガー横田と対戦へ

ストロングスタイルプロレスVol.8の会見後、撮影に応じるSareee(撮影:松熊洋介)

初代タイガーマスクの佐山聡(62)が主宰するプロレス団体リアルジャパンは4日、都内で会見を開き、17日に行われるストロングスタイルプロレスVol.8(後楽園ホール)の概要を発表した。11月の神田明神大会で、約1年ぶりに元気な姿を見せていた佐山は、今大会にも参加する予定だという。

米プロレス団体WWEへの挑戦が決まり、11月の同大会で佐山から伝承特別マスクを贈呈されたSareee(24)は「世界に1つしかないマスクをいただいた。今の女子プロレスをしっかり見せたい」と意気込んだ。4試合目となる世志琥(27)とのタッグで、ジャガー横田、山下りな組と対戦。若いころから指導を受け、WWE挑戦の相談もしたというジャガー横田に対しては「10代のころからお世話になった。人としてもレスラーとしても尊敬している」と明かした。

11月27日にシードリングの「ビヨンド・ザ・シータッグ選手権」を制し、王者となった。ベルトを持って挑む戦いに「チャンピオンとなってリングに上がらせてもらえてうれしい」と笑顔を見せた。会見に欠席したジャガー横田は「どこに行っても、誰と戦っても負けない体と精神を持ったレスラー。最高のバトルができると確信している」とコメントを寄せた。

コロナ禍で、渡米時期は来年以降になる。胸を借りるつもりだが、勝利は譲らない。「渡米前に女子プロのトップとして、ジャガーさんに勝利して、リング上で何かを伝えたい」。お世話になった大先輩に成長した姿を認めてもらい、自信を得て、世界に挑戦する。

関連するニュースを読む

仙女15歳愛海“一本”宣言「日本一のレスラーに」

ジュニアベルトを掲げる愛海(撮影・山田愛斗)

プロレス番組を毎日のように見ていたオタク少女が、センダイガールズプロレスリング(仙女)第5代ジュニア王者まで上り詰めた。“中学生レスラー”の愛称で親しまれている愛海(15)は、中学を今月卒業。「(学業との)両立は今でも難しくて、高校ではもっと難しくなると考えたら、自分が好きな道を選んだ方がいい」。進学せずレスラー一本で勝負していく。

プロレスとの出会いは、初めて観戦に訪れた2歳のとき。以降、小3まで住んでいた大阪で何度も会場に通った。親の転勤があり小4で仙台へ引っ越し。仙女を見るようになり「女性でこんなに強い選手がいるのかと思い、憧れというか、こういう選手になりたい」と職業として意識し始めた。レスリング経験が少しある程度で、スポーツとは無縁だった。それでも選手がロープワークやマット運動を一般人に指導する「仙女サークル」で腕を磨き、徐々に頭角を現すと、プロ練習にも参加。小6でプレデビューを果たした。

12歳11カ月、中1で臨んだプロ初戦は、経験豊富なジャガー横田に屈して黒星スタート。「偉大な選手が相手でドキドキしていた。試合が始まったら目つきが変わってすごく怖かったが、『やってやるぞ』という気持ちだった。緊張してできない部分もあったけど、得意技のドロップキックを何発も打てたのは良かった」と振り返った。

昨年10月、神童ミコトに勝利し、プロ3年目で初めてベルトを巻いた。「何度も対戦し、バチバチのライバル関係もあったので楽しかった。ベルトを獲得したときは声援も大きくてうれしかった」。そして1、2月と2度防衛。次の防衛戦は未定だが「日本一の女子プロレスラーになりたい」。最強への道をコツコツ歩んでいく。【山田愛斗】

◆愛海(まなみ)2004年(平16)8月10日生まれ、大阪府出身。17年7月にプロデビュー。第5代センダイガールズワールドジュニアチャンピオン。得意技はドロップキック、羽根折り首固め。趣味は犬猫の動画を見ることや散歩。興味のあるスポーツは立ち技格闘技のK-1で、同じ大阪出身の皇治のファン。160センチ、57キロ。

ジュニアベルトを掲げる愛海(撮影・山田愛斗)

関連するニュースを読む

豊田真奈美、伝説51戦引退試合/全対戦相手と結果

豊田真奈美(右)と対戦した藤本つかさ

<豊田真奈美30周年記念興行~飛翔天女~>◇3日◇横浜大さん橋ホール

 女子プロレス界のレジェンド、豊田真奈美(46)が、引退試合で前代未聞の51試合を敢行した。

 デビュー30周年記念興行で第1試合からリングに立ち続け、約4時間で49組54人を相手。最後は愛弟子藤本つかさと3試合を行い、現役生活に別れを告げた。華麗な空中戦から「飛翔天女」と呼ばれ、90年代の全日本女子を中心にプロレス界を引っ張った。

<全対戦相手と結果>

(1)正危軍(尾崎魔弓ら)×

(2)テキーラ沙弥○

(3)らぶりーぶっちゃーず×

(4)里村明衣子△

(5)さくらえみ○

(6)山下りな△

(7)倉垣翼△

(8)AKINO△

(9)世羅りさ△

(10)ドレイク森松△

(11)チェリー△

(12)希月あおい△

(13)宮崎有紀△

(14)ボリショイキッド×

(15)豊田真奈美&豊田真奈美△

(16)米山香織○

(17)加藤園子△

(18)Leon△

(19)山県優△

(20)朱崇花△

(21)小林香萌○

(22)志田光△

(23)松本浩代△

(24)浜田文子△

(25)永島千佳世×

(26)日高郁人△

(27)パピヨン朱美△

(28)がばいじいちゃん×

(29)松山勘十郎△

(30)キッド○

(31)アントニオ小猪木△

(32)男盛○

(33)木高イサミ○

(34)伊東竜二×

(35)カルロス天野△

(36)下田美馬△

(37)山崎五紀△

(38)ブル中野○

(39)長与千種○

(40)ジャガー横田△

(41)吉田万里子△

(42)高橋奈七永×

(43)KAORU△

(44)伊藤薫×

(45)渡辺智子△

(46)井上貴子△

(47)堀田祐美子×

(48)井上京子△

(49)藤本つかさ○

(50)藤本つかさ○

(51)藤本つかさ×

※○=勝ち、△=引き分け、×=負け

正危軍と対戦する豊田真奈美(中央)
長与千種(右)と対戦した豊田真奈美
ジャガー横田(左)と対戦する豊田真奈美
井上京子(右)と対戦する豊田真奈美

関連するニュースを読む

奈苗「神様のような存在」ブル興行に参戦

会見に出席した(左から)栗原、世IV虎、ブル、奈苗、

 ブル中野(43)が8日、記者会見で引退興行「女帝」(12年1月8日、TDCホール)の全対戦カードを発表した。

 高橋奈苗(32=スターダム)は里村明衣子(32=仙台女子)、Xと組み、栗原あゆみ(27=フリー)世IV虎(18=スターダム)X組と対戦。奈苗は「ブルさんの試合は映像で何度も見て、すごさ、プロフェッショナルなところ、プロレスに対する取り組み方など尊敬している。神様のような存在だし、引退興行に出られて光栄。自分は全日本女子プロレスのWWWA王座の最後の王者として、すごかった歴史をつないでいくというか、使命を持っている。噛みしめながら戦いたい」と意気込み、ブルは「試合を見て、こんなにうまい選手は本当に久しぶりに見たなって思った。全女の誇り」と奈苗を称賛した。栗原は「当日は今の女子プロレスを見ていない人もブルさんの引退式を見に来ると思う。みんなを栗原あゆみのとりこにしたい」と語り、元ヤンキー世IV虎は「現役バリバリのブル中野さんとやりたかった」とヒールのレジェンドに憧れの目を向けた。

 ほか、愛川ゆず季-志田光、アジャ・コング-浜田文子、華名-花月、ジャガー横田&豊田真奈美&中川ともか&夏樹☆たいよう&X-ダンプ松本&井上京子&Leon&下野佐和子&つくし、春山香代子&水波綾-AKINO&成宮真希、バトルロイヤル、大谷晋二郎&日高郁人&橋本大地-白使&西村修&スペル・デルフィンと、神取忍の参戦が発表された。

関連するニュースを読む

ジャガー横田が井上京子団体に入団

ディアナ入団を発表したジャガー横田(左)と井上京子

 ジャガー横田(50=フリー)が27日、井上京子(42)率いるディアナへの入団を発表した。ディアナは今年4月に旗揚げするも、選手の解雇や退団、取締役の辞任、道場移転など、リング外のスキャンダルが話題を集め、団体としては苦しい状態が続いている。

 ジャガーは「京子は今後につなげていくために頑張っている。女子プロレスを愛してくれている。京子の志は私に似ているので協力したい」と語り、芸能活動や育児に関しては「優遇をきかせてもらうことになった」と明かした。京子は「ジャガーさんからは試合が大事と言っていただいたが、テレビなどで発信するのも大事だと思う」とジャガーの知名度に期待し「状況が整えば指導もお願いしたい」と自身も基礎を学んだ横田コーチの手腕にも期待していた。

関連するニュースを読む

興毅、34度炎天下の大手町で営業スパー

公開スパーリングで、相手をロープに追い詰めラッシュをかける亀田興毅

 WBA世界バンタム級王者亀田興毅(24=亀田)が、炎天下のビジネス街で「営業」スパーリングを敢行した。31日の無敗挑戦者の同級7位ダビド・デラモラ(23=メキシコ)との2度目の防衛戦に向けて17日、東京・大手町で練習を公開。集まった約750人に好調ぶりをアピールし、約1万人収容の日本武道館への来場を呼びかけた。

 気温34度の炎天下、高層ビルがそびえ立つ東京・大手町の広場に設置された特設リングで、興毅が躍動した。正午から亀田ジム所属のフィリピン人トレーナーとの2回のスパーリング。強烈なワンツー、右ボディーを繰り出し「暑いけど、いつもと違う雰囲気でテンションが上がる。ええ感じでできたな」と大粒の汗をぬぐった。

 大企業の本社が集まるビジネス街。ボクシングとは縁遠い土地だが約750人の人々が特設リングを囲んだ。ネクタイ姿のビジネスマンが何人も足を止めて興毅の動きを目で追った。女子プロレスラー・ジャガー横田の夫、木下博勝医師(43)も参加し、熱中症対策も万全。「もっともっとボクシングを広めていきたいし、みんなで相談して決めた」と興毅。約1万人収容の日本武道館を満員で埋め、無敗挑戦者を迎撃する…。そんな気持ちを込めて「面白いカードがあるから武道館に来てや」とリングから来場を強く呼びかけた。

 今月2日から1週間、フィリピン合宿から本格的なスパーリングを開始した。15日には最長10回をこなすなど、疲労もピークに達していたが、V2戦を盛り上げるためにあえて過酷なイベントを敢行した。「試合に似た雰囲気でできたし、良い経験だった。暑い中、みんなが集まってくれて、うれしかったな」。経済のにおいが漂うビジネス街でも、興毅らしくスタイルを変えずに亀田ワールドを展開した。【藤中栄二】

関連するニュースを読む

米山香織vsLeonがダブル王座戦に

JWP無差別級王者の米山(左)とハイスピード王者のLeon

 JWPは24日に都内で記者会見を行い、4月3日後楽園ホール大会の全対戦カードを発表した。メーンはJWP認定無差別級王者・米山香織(30)とハイスピード王者Leon(30)が両王座をかけて対戦する。米山は王者となってから「米山革命」を宣言し、JWPの名を広めるため団体内での防衛戦は行わず、これまで10回の防衛戦は他団体選手を相手に行ってきた。しかし、同じ日にアルシオン(解散)の入門オーディションを受けるなど、デビュー前からライバル関係にあるLeonが反発。王座戦はベルトのほかに革新と保守のイデオロギーをかけた戦いとなった。会見では調印式が行われ、米山は「今回(JWP選手の)挑戦を受けるのは日本のみなさんに元気を与えたいだけ。米山革命は今後も続いていく」と、Leonは「女子プロレス一のベルトだからこそ、私が獲ってJWPの中で防衛戦をやる」とそれぞれ意気込みを語った。

 同大会はJWP旗揚げ20年目に突入する記念大会となるため、過去に所属していた尾崎魔弓(42=OZアカデミー)ダイナマイト・関西(41=同)カルロス天野(35=同)輝優優(35=フリー)が参戦するほか、阿部幸江(36)はデビュー15周年記念試合でかつての師匠ジャガー横田(49=フリー)と組んで出場する。

関連するニュースを読む