上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

王者ジョーンズ初防衛も「スミスには驚かされた」

挑戦者スミス(左)に右ストレートを打ち込むUFCライトヘビー級王者ジョーンズ(C)JeffBottari/ZuffaLLC/UFC

<総合格闘技:UFC235大会>◇2日(日本時間3日)◇米ネバダ州ラスベガス・T-モバイル・アリーナ

「宇宙人」とも呼ばれる強さを誇るUFCライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズ(31=米国)が初防衛に成功した。「ライオンハート」の愛称を持つ同級3位アンソニー・スミス(30=米国)の挑戦を受け、終始、圧倒。KOや一本は逃したものの、3-0の判定勝利で初防衛に成功した。

プロ45戦目で初めてUFC王座挑戦にたどり着いたスミスの粘りに、ジョーンズは手を焼いた。的確に回し蹴りをヒットさせ、徐々にボディー攻撃で追い込んだが、なかなかフィニッシュまで奪えなかった。4回途中には2点減点を科されたヒザ蹴りの反則をするなどイライラ感も募った。減点がありながらもジャッジ3人全員が4ポイント差をつける安定した勝利。それでも「MMA(総合格闘技)は簡単なスポーツではない。驚異的なパフォーマンスができる日もあれば、まったくうまくいかない日もある」と反省した。

13敗もしながら王座挑戦までたどり着いた苦労人の挑戦者のファイトに「アンソニー・スミスには驚かされたよ。この試合で『ライオンハート』と言われる理由が分かった。打撃を打たれながら話しかけてくる選手は今までいなかったし、何よりターミネーターのようにタフな男だった。彼のキャリアも本当に素晴らしいと思う。ここまで多くの逆境を乗り越えてきているし、俺も見習わないといけない男の1人だ」とほめたたえた。

今後、10年間は現役を続ける意欲をみせている王者ジョーンズ。「とにかく今はこの勝利を思いっきり楽しみたい。これからも精進するために作戦を練っていくよ。UFCには多くの若いファイターが所属しているからな。いつも本当に感心している」と、次期挑戦者の登場を待っている様子だった。

ケージ際に挑戦者スミス(左)を追い詰め、ヒジ攻撃を仕掛けるUFCライトヘビー級王者ジョーンズ(C)JeffBottari/ZuffaLLC/UFC
初防衛に成功し、ジャンプのパフォーマンスをみせたUFCライトヘビー級王者ジョーンズ(C)JeffBottari/ZuffaLLC/UFC

関連するニュースを読む

UFCジョーンズが王座返り咲き「腕を磨きたい」

UFCライトヘビー級王座決定戦を制し、ガッツポーズを作るジョン・ジョーンズ

<UFC232大会>◇29日(日本時間30日)◇米カリフォルニア州イングルウッド・ザ・フォーラム

元UFCライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズ(30=米国)が王座返り咲きで復活を証明した。

アレクサンダー・グスタフソン(31=スウェーデン)との同級王座決定戦に臨み、3回2分2秒、KO勝ちを収めた。同回にテークダウンを奪うと、グスタフソンを抑え込み、上からパウンドを浴びせ続けてトドメを刺した。

17年7月、UFC214大会で現ヘビー級王者ダニエル・コーミエ(米国)にKO勝ちしたものの、2度目の薬物検査で失格。無効試合となり、ライトヘビー級王座を剥奪され、15カ月間という長い出場停止処分を受けただけに喜びもひとしお。「総合格闘技の最高のチームの一員として、彼らの努力やハードワーク、献身には本当に感謝している。ずっともう一度チャンピオンになることを目指してきたし、相手がどうじゃなく、個人がどうとかでもない。ベルトを取れて本当にうれしい。今はジムに戻って腕を磨きたい」と満足顔。

UFCの18年ラスト興行のメインイベントを締めくくり、再びUFCの顔になるべく、復活の手応えをつかんでいた。

グスタフソン(右)に左ストレートを見舞うジョン・ジョーンズ

関連するニュースを読む

ジョーンズ王座返り咲き、2階級王者コーミエを挑発

UFCライトヘビー級王座決定戦を制し、ガッツポーズを作るジョン・ジョーンズJoshHedges/ZuffaLLC/UFC

元UFCライトヘビー級王者で同級1位のジョン・ジョーンズ(30=米国)が29日(日本時間30日)、同級王座決定戦を制し王座に返り咲いた。

ジョーンズは米カリフォルニア州イングルウッドで開催されたUFC232大会のメインに登場。同級2位のアレクサンダー・グスタフソン(31=スウェーデン)との5回5分の試合に臨んだ。

3回にひじうちからバックを取り、バックマウントから頭部にパウンドの連打を放つとレフェリーが止めた。3回2分2秒、ジョーンズのTKO勝ち。復活した新王者は敗者のほおにキスをして健闘をたたえた。

ジョーンズは「俺と戦って本当の王者を証明しろ。俺のベルトを取りに来い!」と、ライトヘビー級&ヘビー級の2階級同時制覇の王者で、現在はヘビー級王者のダニエル・コーミエを挑発した。(デーブ・レイブル通信員)

グスタフソン(右)に左ストレートを見舞うジョン・ジョーンズJoshHedges/ZuffaLLC/UFC

関連するニュースを読む

UFC王座戦、ジョーンズとグスタフソンが計量パス

UFC232大会で開催される2大王座戦。左上から時計回りにジョーンズ、グスタフソン、ヌネス、サイボーグ

UFCは28日(日本時間29日)、米カリフォルニア州イングルウッドで29日(日本時間30日)に開催されるUFC232大会の前日計量を行った。

メインでライトヘビー級王座決定戦が行われる。元同級王者で同級1位のジョン・ジョーンズ(31=米国)は204ポンド(約92・53キロ)でブーイングの中クリア。相手で同級2位のアレクサンダー・グスタフソン(31=スウェーデン)は204・5ポンド(約92・76キロ)でともにパスした。好試合が期待される。

両者は13年7月のUFC165大会で対戦し、ジョーンズが判定勝ち。当初この大会は同日に米ラスベガスで開催予定だったが、急きょ24日に米イングルウッドに会場を変更して開催することになった。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

薬物使用で処分のジョーンズが改心「圧倒したい」

UFC232大会で開催される2大王座戦。左上から時計回りにジョーンズ、グスタフソン、ヌネス、サイボーグ

2大王座戦が組まれた18年最後のUFCイベント、UFC232大会は29日(日本時間30日)、米カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催される。28日(同29日)には同地で前日計量が開かれ、UFCライトヘビー級王座決定戦(5分5回)に臨むジョン・ジョーンズ(米国)、アレクサンダー・グスタフソン(スウェーデン)が登場。元王者のジョーンズは92・53キロ、グスタフソンは92・76キロでクリアした。

17年7月、UFC214大会で現ヘビー級王者ダニエル・コーミエにKO勝ちしたものの、2度目の薬物検査で失格。無効試合となり、同級王座も剥奪され、15カ月間の出場停止処分を受けていたこともあり「自分にとって格闘技がどれだけ大きなモノかが分かった。自分は成長した」と改心したことを強調。13年7月のUFC165大会以来となるグスタフソンとの再戦を控え「入念なトレーニングを積んでいる」とキッパリ。接戦だった前回を振り返りながら「前回は準備不足。まったく違った戦略と試合をみせたい。圧倒したい」と口にしている。

23歳の史上最年少でUFCライトヘビー級王座を獲得。同王座の8度防衛、9年間無敗の王者だった。しかしひき逃げ事件、薬物違反で王座を剥奪され、周囲の信頼を失墜させてきた。一方のライバル、コーミエはヘビー級と合わせて2階級同時制覇王者に。対照的な格闘技人生を歩まざるを得なかっただけに、グスタフソン戦は大事なファイトとなる。

またセミファイナルでは女子王者対決(5分5回)が組まれた。UFC女子フェザー級王者クリス・サイボーグ-同バンタム級王者アマンダ・ヌネス(ともにブラジル)という「最強女子ファイター決定戦」だ。挑戦を受けるサイボーグは65・32キロで計量パス。05年から20連勝中のフェザー級王者は「1年前にアマンダがワタシの名を出して挑発したのに、準備に9カ月間も必要だと。名前を出して挑発するなら準備が済んでからにして」と怒りのコメント。一方、65・77キロで計量クリアしたヌネスはロンダ・ラウジー、ミーシャ・テイトと最強といわれた選手を下してきた。「私は失うものなど何もない。サイボーグに勝てば女子史上最強を名乗ることができる。最強の2冠王者となって殿堂入りを果たしたい」と気合十分だ。

関連するニュースを読む

王座剥奪の元UFC王者ジョーンズ、年末に復帰へ

ドーピング違反で王座剥奪されていた元UFCライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズ(31=米国)が12月29日に米ラスベガス・T-モバイルアリーナで開催されるUFC232大会で復帰することが12日(日本時間13日)、発表された。

同級1位アレクサンダー・グスタフソン(31=スウェーデン)とのライトヘビー級王座決定戦に臨む。13年9月の同165大会以来の再戦となる。

08年のデビューから約3年、23歳8カ月という史上最年少でUFC王座を獲得したジョーンズは、12年に飲酒運転事故を起こした。15年1月の同182大会では、ダニエル・コーミエ(米国)との防衛戦後にコカイン服用が発覚。15年には追突事故を起こして王座剥奪された。ライトヘビー級暫定王者だった16年にも薬物違反で王座を剥奪。17年7月の同214大会で当時のライトヘビー級王者だったコーミエに挑戦してKO勝利を挙げたものの、再び薬物違反で王座剥奪されるなど、お騒がせの連続だった。

関連するニュースを読む

コーミエ、TKOで3度目防衛「またUFC王者だ」

TKO勝利を決め、両手を挙げるコーミエPhoto by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images 

<UFC:220大会>◇20日◇米マサチューセッツ州ボストン・TDガーデン

 UFCライトヘビー級王者ダニエル・コーミエ(38=米国)が3度目の防衛に成功した。挑戦者で同級2位ヴォルカン・オーズデミア(28=スイス)を2分0秒、TKOで下した。

 1回は身長の低いコーミエは腰を下げ、殴りかかってきた挑戦者の動きを見極めた。打撃戦でもフックで応じ、至近距離からパンチでぐらつかせてテークダウンを奪った。続く2回、テークダウンに成功したコーミエが上になって拳をふり下ろし続けると、そのままレフェリーストップ。王者らしいTKO勝ちだった。

 15年5月の王座奪取から2度の防衛に成功後、昨年7月にジョン・ジョーンズ(米国)にKO負けを喫したコーミエ。ところがジョーンズの薬物違反でV3戦は無効試合となり、再びベルトを保持する形となった。コーミエは「ジョーンズに負けた。今回は空席となったタイトルを奪いにいく気持ちで挑んだ。しっかり仕事を果たせたから、またUFC王者だ」と安堵(あんど)の表情。その上で「自分が王者と呼ばれるにはふさわしいことを証明したが、ヴォルカンもすごい。手強かった」とたたえていた。

オーズデミア(右)と組み合うコーミエPhoto by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images 

関連するニュースを読む

8度防衛の前王者ジョーンズがTKO勝利で返り咲き

 前UFCライトヘビー級王者で同級1位のジョン・ジョーンズ(30=米国)が29日(日本時間30日)、同級王者ダニエル・コーミエを破り、王座返り咲きを果たした。

 ジョーンズは同日、米アナハイムで開催のUFC214大会のメインに登場。3回にハイキックから飛びヒザ蹴りをボディーに入れパンチの連打。レフェリーが試合をストップし、3回3分1秒、TKO勝ちした。ジョーンズは同王座8度の防衛後、15年4月に王座を剥奪されて以来の王座返り咲きとなった。(デーブ・レイブル通信員)

ジョーンズUFC王座返り咲き「みんなに感謝する」

UFCライトヘビー級王者コーミエ(右)と打撃戦を展開する挑戦者ジョーンズ(c)Zuffa,LLC

<米総合格闘技:UFC214>◇29日(日本時間30日)◇米カリフォルニア州アナハイム・ホンダセンター

 UFCライトヘビー級タイトルマッチ5分5回は、挑戦者で前王者のジョン・ジョーンズ(30=米国)が王座に返り咲いた。王者のダニエル・コーミエ(38=米国)を3回3分1秒、TKOで下した。

 再びUFCベルトを巻いたジョーンズは「信じられない。みんなに感謝する。ありがとう。俺のことを嫌いな人にも否定的な人にも、皆に感謝しているし、みんなのことを愛している」と感謝の言葉を口にした。

 過去、激しい口論や殴り合いも経験してきたライバルのコーミエに向け「この場を借りてダニエルに感謝を伝えたい。一番のライバルであり、俺のモチベーションを高めてくれる相手。彼は真の王者だった残念なことに、俺たちは敵同士だったけど、彼は彼の人生において一生涯、真の王者であり続ける」とエールを送った。

 ジョーンズは11年3月に史上最年少となる23歳8カ月でUFCベルトを獲得した。将来の看板スター選手として期待されながら、禁止薬物やひき逃げの交通事故などを起こし、15年と16年に2度も王座をはく奪され、出場停止処分を受けていた。

関連するニュースを読む

ジョン・ジョーンズ王座に返り咲き 3回TKO

ダニエル・コーミエにTKO勝ちしたジョン・ジョーンズ(AP)

<米総合格闘技:UFC214>◇29日(日本時間30日)◇米カリフォルニア州アナハイム・ホンダセンター

 メーンのUFCライトヘビー級タイトルマッチ5分5回は、挑戦者で前王者のジョン・ジョーンズ(30=米国)が3回TKOで王者のダニエル・コーミエ(38=米国)を下し、王座に返り咲いた。

 ジョーンズは3回、左ハイキックをヒットさせてコーミエを追い込んだ。ケージに追い詰めて左のヒザ蹴りでダウンを奪取。倒れ込んだ相手に右拳を連打し、そのままレフェリーストップで仕留めた。3回3分1秒、TKO勝利したジョーンズは「落ち込んだ時もあったけど、ここに戻ってこれた。みんなの愛情にありがとうを言いたい。コーミエのことは尊敬している」と安堵(あんど)の笑みで再びベルトを巻いた。

 さらに元UFCヘビー級王者で、WWEに復帰しているブロック・レスナーの名を挙げ「レスナー、オレに蹴られたかったら、オクタゴンに復帰しろ」と挑発していた。

王座に返り咲いたジョン・ジョーンズはベルトを巻かれる(AP)

関連するニュースを読む

王者ジョーンズが出場停止1年、薬物検査で陽性反応

 UFCは7日(日本時間8日)、ライトヘビー級暫定王者ジョン・ジョーンズ(29=米国)が、6月の米国反ドーピング機関(USADA)の薬物検査で陽性反応が出たため、1年間の出場停止処分を受けたと発表した。

 処分は来年7月6日に解けるという。ジョーンズは6月9日のUFC200大会で、同級正規王者コーミエと対戦予定だったが欠場し、試合は中止となっていた。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

ジョン・ジョーンズが薬物陽性 UFCメイン欠場

 UFCは6日(日本時間7日)、9日に米ラスベガスで開催のUFC200大会のメインに出場予定だった、ライトヘビー級暫定王者ジョン・ジョーンズ(28=米国)が、6月16日に受けた薬物検査で陽性反応が出たため、試合を欠場すると発表した。

 同級王者ダニエル・コーミエとの統一戦は中止となる。メインには、WWEから1試合限定で復帰するブロック・レスナーとマーク・ハント戦が繰り上がる。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

UFC前王者ジョーンズ違法改造車でレースし逮捕

ジョン・ジョーンズ

 UFCの前ライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズ(28=米国)が、24日(日本時間25日)に米ニューメキシコ州アルバカーキで違法改造車でドラッグレースを行った疑いで逮捕されたと、29日(同30日)に米メディアが報じた。

 ジョーンズは昨年4月にも当て逃げ事件で逮捕されて、UFCから王座を剥奪され、無期限の出場停止処分を受けていた。

 4月23日(同24日)のUFC197大会で同級王者コーミエに挑戦することが決まっていた。

関連するニュースを読む

ジョン・ジョーンズまた!無免許運転で御用

 4月23日のUFC197大会でライトヘビー級王座に挑戦する前王者ジョン・ジョーンズ(28=米国)がまたも警察のやっかいになった。9日(日本時間10日)、米メディアが報じた。

 ジョーンズは1月31日にアルバカーキ市で無免許運転をしたという。その際、保険証書なども所持していなかった。昨年4月には、レンタカーで当て逃げ事故を起こし、車からマリフアナの吸引器が発見され逮捕されていた。UFCからは王座剥奪と無期限試合停止処分を受け、その処分が解かれ、再起戦が決定したばかりだった。今回は、3日間のボランティア活動で、試合は予定通り行うという。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

当て逃げUFC王者は無期限出場停止

 UFCは28日(日本時間29日)、追突事故に加え当て逃げをして警察に出頭したUFC世界ライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズ(27=米国)の王座剥奪と、無期限出場停止処分を発表した。

 同時に、新王者決定戦を5月23日のUFC187大会(ラスベガス)のメーンで、同級1位アンソニー・ジョンソンと同級3位ダニエル・コーミエが行うことも発表。ジョーンズは、26日の朝に、ニューメキシコ州で、妊婦の車にぶつけて、そのまま逃げていた。また、車の中からマリフアナのパイプも見つかっていた。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

UFC Lヘビー級ジョーンズがV9戦

 UFCのデイナ・ホワイト社長は28日(日本時間29日)、ライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズ(27=米国)が、5月の米ラスベガス大会で同級1位アンソニー・ジョンソンと9度目の防衛戦を行うと示唆した。

 ジョーンズは今月3日のUFC182大会で、ダニエル・コーミエを破りV8を達成。ジョンソンは24日のスウェーデン大会で勝利し、王座挑戦権を獲得した。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

ジョン・ジョーンズが会見で大暴れ

 UFCライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズ(27=米国)が4日(日本時間5日)、公式会見で大乱闘を繰り広げた。9月27日の8度目の防衛戦で対戦する同級2位ダニエル・コーミエと、試合が行われる米ラスベガスで対面。胸を突かれると、会見場を破壊するほど暴れスタッフの制止により引き離された。その後も怒りは収まらず、「テークダウン、防御はどうした。お前の背中を6秒つけた」とツイッターでも舌戦を展開した。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

ジョーンズV8戦、相手はコーミエに

 UFCは23日(日本時間24日)、ライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズ(27=米国)の8度目防衛戦の相手が変更になったと発表した。9月27日に米ラスベガスでのUFC173大会で、挑戦予定だった同級1位のアレクサンダー・グスタフソンが練習中の負傷で欠場となり、代わりに同級2位ダニエル・コーミエと対戦する。また、同日、ミドル級王者クリス・ウィドマンがUFC181大会(12月8日、米ラスベガス)で同級2位のビクトール・ベウフォートと3度目の防衛戦を行うことも発表した。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

UFCが欧州6万人大会開催へ

 UFCのデイナ・ホワイト社長は28日(日本時間29日)、今年後半に欧州で6万人規模のスタジアム大会を行いたい意向を示した。ライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズ(26=米国)と同級1位グスタフソンのタイトル戦を予定しているという。両者は昨年9月のUFC165大会で対戦し、ジョーンズが判定勝利。13年最高試合にも選出された。(デーブ・レイブル通信員)

関連するニュースを読む

グスタフソンが再起戦でTKO勝利

<総合格闘技:UFC FIGHT NIGHT38大会>◇8日(日本時間9日)◇英ロンドン・02アリーナ

 ライトヘビー級5分5回で、同級1位アレクサンダー・グスタフソン(27=スウェーザン)が再起戦をTKO勝利で飾った。

 地元ファイターとなる同級11位ジミ・マヌワ(34=英国)に対し、2回、打撃で前に出ると右アッパーでケージ際に追い込み、右ヒザを放った。倒れそうなマヌワに再び右アッパーを打ち込んでダウンを奪取。そのままレフェリーストップとなり、2回1分18秒、TKO勝ちし、昨年9月21日、UFC165大会で同級王者ジョン・ジョーンズ(米国)に判定負け以来の再起戦で白星を挙げた。

 アウェーだった会場から大歓声を浴びたグスタフソンは、王者ジョーンズへの再挑戦をアピールした。

関連するニュースを読む