上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

貴景勝「熱いお風呂ダメ」ダチョウ倶楽部の勧誘断る

ゲストのダチョウ倶楽部のメンバーと写真に納まる貴景勝(撮影・丹羽敏通)

大相撲の大関貴景勝(23=千賀ノ浦)が「ヤクルト1000」の新CMキャラクターに決まり、19日、都内のヤクルトホールで行われた発表会に出席した。

新CMは来年1月下旬から放送予定で、千賀ノ浦部屋での稽古や、まげを結う様子などが収められている。貴景勝は「いつもの稽古通りです。『いつも自分がやっていることをやって』と言われたので、普通にできました。逆にカメラが回っているところで、まげを結うことはないので、まげを結ってもらっている時の方が緊張しました。表でやることはないので普段と違いましたね」と振り返った。

発表会では、朱色に近い赤の新たな化粧まわしも贈呈された。「色合いもすばらしいし、ますます気が引き締まる。来年はしっかりと精進します。赤は初めてなので楽しみ」と喜んだ。贈呈したヤクルト本社取締役専務執行役員の成田裕氏は「早くこの化粧まわしを着けて、土俵に上がったところを見てみたい」と話し、同じく取締役常務執行役員の林田哲哉氏も「たしかに強そう」と、化粧まわし姿の貴景勝のパネルにうなった。

さらに「ヤクルト1000」1年分も贈呈された。貴景勝は「ストレス、睡眠にいいという商品なので、プロの世界でやっている自分としてはありがたいです。次の日のやる気も変わってくる。睡眠でいい筋肉がつくられるので、睡眠は稽古と同じぐらい大事」と感謝した。

その後「ヤクルト1000応援隊」として、タレントのダチョウ倶楽部の3人も発表会に加わった。貴景勝は3人とは初対面だったが「大好きで、昔から見ていたのでうれしい」と喜んだ。最初に肥後克広、寺門ジモンの2人が登場し、貴景勝に「今日限りで新ダチョウ倶楽部。名前もどすこい倶楽部にする」と、メンバー入りを勧誘。だが貴景勝は「自分、熱いお風呂ダメなんで」と、笑顔で断っていた。

上島竜兵も加わり、3人になったダチョウ倶楽部は、ストレス緩和の効果があるとされるヤクルト1000にちなんだ新ギャグを披露。「フランス語で」と言いつつ、日本語の発音で新ギャグ「ストレスがトレ、トレ、トレビア~ン」とポーズを決めたが、審査員役の貴景勝は「×」の札を出してダメ出し。ヤクルト公認ギャグへの採用とはならなかった。

最後は上島竜兵と腕相撲対決。上島は両腕、貴景勝は左腕のみ、しかも大幅に傾けた状態から始めるハンディを与えたが、一瞬で逆転。お約束の展開となり、最後はすっかりダチョウ倶楽部と打ち解けていた。

Yakult1000を試飲する貴景勝(撮影・丹羽敏通)
貴景勝と腕相撲のハンデ戦を行うダチョウ倶楽部の上島竜兵(左)(撮影・丹羽敏通)
即興でネタを披露したダチョウ倶楽部にダメ出しをする貴景勝(撮影・丹羽敏通)
ヤクルトから贈られた化粧まわしを締めた貴景勝のパネル(撮影・丹羽敏通)

関連するニュースを読む

大仁田厚「電流爆破」芸人ハチミツ二郎とデスマッチ

誓約書を手に闘志を燃やすハチミツ二郎(左)と大仁田厚(右)。中央は橋本友彦(撮影・小谷野俊哉)

 10月31日の試合を最後に7回目の引退を予定しているプロレスラー大仁田厚(59)が18日、都内で、お笑いコンビ、東京ダイナマイトのハチミツ二郎(42)と、10月7日のプロレスリングAチームの神奈川・鶴見青果市場大会で「ノーロープ有刺鉄線電流爆破&有刺鉄線電流爆破バットデスマッチ」で戦うと発表した。

 2年前から大仁田に対戦要求をし続けてきたハチミツは「20年前にテレビの企画で、大仁田さんの所にターザン山本週刊プロレス元編集長のウンコ付きパンツを持って行くのがあった。自分はついて行っただけなんだけど、大仁田さんが『責任者は誰だ』って激怒して、思わず『俺です』って名乗り出たら、殴る蹴るでボコボコにされた。大仁田厚を一発ぶん殴りたい。邪道なら、この毒を飲んでくれ」。

 大仁田は「OKとは言ってない。今日は、お断りしようかと思ってきた。あれこれ言われているが、俺は死にかけたこともある。大体、ハチミツという名前が甘い! 名前変えろよ、唐辛子二郎だ」と拒否した。

 それでも、長州小力、アントニオ小猪木らとともに、芸人らのプロレス団体、西口プロレスで戦ってきたハチミツは「20年前にターザンのウンコ付きのパンツを被らされて『七福神に似てる』って言われた恨みをはらしたい。私の覚悟を受け止めてください」と懇願。大仁田は「西口プロレスで基本的なことはやってるだろうけど、爆発で俺は20日間危篤状態になったこともある。プロレスが好きなのは分かるけど、危険だ」と、なおも拒否の姿勢。

 ここでハチミツが「1つだけ訂正させてください。西口プロレスでは、基本的なことはやっていません。ただ、私の覚悟だけは本当」と、真面目なのか不真面目なのか分からないことを口走った。大仁田は、スタッフに紙とペンを用意させ、ハチミツに誓約書を要求。ハチミツが「負傷、及び生死にかかわらず自己責任」としたため、母印を押したことで、試合が決定した。

 ハチミツは「3年前にバイクで事故ってからはプロレスの試合はしていない。でも、大仁田が10月で引退するから、今やらないと間に合わないと思った。20年の恨みがあるので、大仁田をぶん投げて、オカヤマン・ラリアットをぶち込みたい。その後は爆死してもいい」。その後の写真撮影で大仁田にビンタを食らわされると、すかさず張り返す気の強さを見せた。

 憤然とした大仁田が退場した後、ハチミツはさらに大仁田を糾弾。「俺のことを『プロレスをなめてる』みたいに言うけど、大仁田は07年にM-1に出たことがある。(プロレスラー)二瓶組長たちと組んで、ドンずべりをしたらしい。あの人こそ、漫才をなめている。その意味でも、もう一発、殴らなきゃ」とほえた。さらに「近頃の芸人は体を張らなくなった。この戦いは『21世紀のお笑いウルトラクイズ』なんだ」と、ダチョウ倶楽部、出川哲朗が体を張りまくったリアクション芸で笑いを取った、日本テレビの伝説的バラエティーを挙げた。さらに「芸人はむちゃと思ってもやらなきゃいけない。マネジャーには止められたけど、自分はCMもないし、好感度も高くないから」と二股不倫疑惑の雨上がり決死隊の宮迫博之を例に挙げてほえた。

 そして、電流爆破対策を聞かれると、真剣な表情で「電池をなめたり、ぬれた手でコンセントを触ったりしたい」と真面目な表情で答えて、取材陣の笑いを誘った。

関連するニュースを読む

逸ノ城「普段と全然違うっす」ダチョウと“花相撲”

逸ノ城(左)と対戦するダチョウ俱楽部。右から上島竜兵、肥後克広、寺門ジモン

<大相撲超会議場所>◇最終日◇26日◇千葉・幕張メッセ

 インターネット動画サイト「ニコニコ動画」と連動した大相撲超会議場所が行われ、幕内逸ノ城(22=湊)は、お笑いトリオのダチョウ倶楽部と対戦するなど独特の雰囲気を楽しみ、夏場所(5月10日初日、東京・両国国技館)へ向けてリフレッシュした。

 土俵脇の大型スクリーンにはネット視聴者のコメントが随時流れ、逸ノ城が画面に現れると「イッチ」「いっちゃん」「かわいい」などの反応が即座にあった。今年初参加の逸ノ城は「いいっすね。普段と全然違うっすよ。うしろで、プロレスやってますね」と、会場にある100以上のブースでさまざまなイベントが行われている状況を楽しんだ。春巡業はこの日で終了。27日は番付発表があり、いよいよ夏場所モードに入る。

関連するニュースを読む

ダチョウ倶楽部、逸ノ城に立ち向かうも3人一投げ

逸ノ城に3人で挑戦するもあっけなく倒されるダチョウ俱楽部(撮影・江口和貴)

<大相撲超会議場所>◇最終日◇26日◇千葉・幕張メッセ

 力士や親方のトークショーなど、趣向を凝らしたファンサービスのコーナーの1つ「わんばく土俵祭り」に、お笑いトリオのダチョウ倶楽部が登場した。

 関取衆から稽古をつけてもらう場面では、お約束の「どうぞどうぞ」の振りから、上島竜兵(54)が土俵に登場。大砂嵐に挑んだが、ネタを披露する間もなく敗北。さらに今度は3人で逸ノ城に立ち向かったが、一投げでそろって3人とも転がされてしまった。

 短い時間の中でも、ジャンプ芸、キスなど、定番のネタを披露。出番を終えた上島は「感動しました。バラエティー番組で力士の方とお会いすることはありましたが、あんな感じでガッチリと、それも土俵に一緒に上がったのは初めて。しかも今、話題の逸ノ城さんですからね」と感激しきりの様子。

 心残りが一つあるようで「ケガで来られず残念でしたが、出来れば遠藤関にお姫様抱っこをしてもらいたかったなぁ~」と笑いながら話していた。

関連するニュースを読む

臥牙丸体重サバ読み ニコ動中継でバレちゃった

 インターネット動画サイト「ニコニコ動画」と連動した春巡業「超会議場所」(25、26日、幕張メッセ)の概要発表が16日、幕内豊ノ島(31=時津風)と臥牙丸(28=木瀬)らが出席し、都内で動画生中継で行われた。

 公称199キロを約6年間も続けている臥牙丸は「実際は215キロ」と打ち明け、視聴者から「乙女w」「サバよみすぎ」などの声が上がった。芸人ダチョウ倶楽部らの参加も発表。幕内トーナメントの取組では、視聴者のアンケート結果で豪栄道-妙義龍戦などが決まった。豊ノ島は、俳優平泉成のものまねで観戦を呼びかけた。

関連するニュースを読む

ニコ動超会議場所、白鵬の相手は逸ノ城に投票で決定

臥牙丸(前列右)と千田川親方(同左)。後列は右から山根千佳、マービンJr.(撮影・今村健人)

 インターネット動画サイト「ニコニコ動画」などが開催するイベント、ニコニコ超会議2015内の春巡業「大相撲超会議場所」(4月25、26日、千葉・幕張メッセ)の概要発表が16日、都内でネット中継で行われ、幕内豊ノ島(31=時津風)と臥牙丸(28=木瀬)らが出演した。

 超会議場所は昨年に続いて2回目。わんぱく土俵祭りに芸人のダチョウ倶楽部らが参加することや、力士の取組にCG演出を加えた「リアル SUMOU」などが行われることが明かされた。

 また、2日目に行われる幕内トーナメント戦で、横綱白鵬ら上位の初戦の取組相手をネット視聴者のアンケートで決定。投票の結果、白鵬の相手は逸ノ城、横綱日馬富士は豊ノ島、大関稀勢の里には勢、そして急きょ加わった大関豪栄道は、同部屋の妙義龍に決まった。

 豊ノ島は最後に、視聴者からの要望で俳優平泉成のものまねを披露。「地球を壊さないようにするので、見に来てください」と呼びかけた。

関連するニュースを読む

大地「父親の名に恥じない戦いを」

 新日本の来年1月4日の東京ドーム大会の決起集会が12日、都内で行われた。橋本大地、棚橋弘至、天山広吉、小島聡、真壁刀義が登場して、ダチョウ倶楽部、神奈月、原口あきまさらレスラーに扮(ふん)したタレントとトークを繰り広げた。武藤敬司と組み、天山、小島組と対戦する橋本は「父親(故真也さん)がメーンを張った場所。父親の名に恥じない戦いを見せる」と話した。

関連するニュースを読む

新日本1・4東京D大会の決起集会

 新日本の来年1月4日の東京ドーム大会の決起集会が12日、都内で行われた。棚橋弘至(36)天山広吉(41)小島聡(42)真壁刀義(40)橋本大地(20)が登場して、ダチョウ倶楽部、神奈月、原口あきまさらレスラーに扮(ふん)したタレントとトークを繰り広げた。

 新日本の木谷高明会長(52)は、1・4の見どころについて、王者中邑真輔(32)に桜庭和志(43)が挑戦するIWGPインターコンチネンタル選手権を挙げた。「桜庭選手のキャリアと、中邑選手のクネクネがどんな風にぶつかるかドキドキしています。楽しみです」と話した。

関連するニュースを読む

大森対征矢9・19ワイルド称号かけ対決

史上初めてワイルドの称号を賭けて戦う征矢学(左)と大森隆男

 全日本は30日、都内で会見して、大森隆男(41)と征矢学(26)が、ワイルドの称号を賭け、史上初のワイルド・コントラ・ワイルドのシングルマッチを、9月19日の東京・後楽園大会で行うことを発表した。ワイルド・ハートのニックネームを持つ大森に対して、征矢が「おれの方がワイルドだ」と主張して、決定した。

 タンクトップに短パン、サンダル姿で会見に臨んだ征矢に、大森は「彼は、がさつとワイルドをはき違えている。ワイルドとは生き方だ」と「ワイルド5カ条」をボードにして提示。<1>野生を一途に愛せ<2>人生は直感で動け<3>常に熱中して動け<4>己に厳しくレディーに優しく<5>言葉はいらない、背中で語れ、と教え込んだ。

 あこがれのワイルドについて、征矢が「寺門ジモン、山に入って生活している」とダチョウ倶楽部のメンバーをあげると、大森は「藤岡弘。探検家ですね」と初代仮面ライダー俳優をあげるなど、ヒートアップ。最後に「負けた方は今後、ワイルドを名乗ってはならない」というルールが決定した。

関連するニュースを読む

サップがゲイをカミングアウト/DDT

<DDT:両国ピーターパン>◇24日◇東京・両国国技館◇8660人

 野獣ボブ・サップ(36)が、ゲイであることをカミングアウトした。この日、ゲイキャラの男色ディーノ(34)と、3分30ラウンド方式で対戦。

 「黒くて、大きいサップは絶対にゲイ。カミングアウトさせてやる」と意気込むディーノに、サップは力量差を見せつけて圧倒。だが、2回に入ると、ディーノの股間攻めにもん絶。その後も、唇を奪われ、トランクスを脱がされそうになり、最後はディーノの必殺技ゲイ道クラッチで、3回2分58秒にフォールを奪われた。

 試合後のリングで、ディーノが「この結果をもってサップがゲイであることが証明されました」と宣言。サップは「ゲイじゃな~い」と絶叫。だが、ダチョウ倶楽部方式で出場レスラー、観客が次々に「じゃあ、おれがゲイになる」と宣言。あせったサップが「じゃあ、おれもちょっとゲイになる」と発言。すると、超満員の観客が一斉に「どうぞ、どうぞ~」とお約束ネタで、サップのゲイが“決定”した。

 ディーノは「うそみたいなことだけど、リングで起こったことは、すべて本当。これがプロレス」と勝利の余韻にひたっていた。

関連するニュースを読む