上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

京太郎にヘビー級の洗礼「パンチ重い…」

公開練習で初めて顔を合わせた藤本京太郎とチャウンシー・ウエリバー

 東洋太平洋ヘビー級8位の藤本京太郎(26=角海老宝石)が、日本人同級ボクサーとして初めて挑む世界ランカーから“洗礼”を浴びた。15日に都内の所属ジムで、19日に対戦するWBC同級15位チャウンシー・ウエリバー(29=米国)とともに練習を公開。113キロの巨体からサンドバッグを破かんばかりの強打を放つ相手に、度肝を抜かれた。京太郎は「体重差(約13キロ)があるのでパンチが重い。あのラッシュさえ食らわなければ…大丈夫です」と顔をひきつらせた。

関連するニュースを読む

京太郎、日本人初の世界ランク入りへ闘志

初めて顔を合わせた藤本京太郎(右)とウエリバー(撮影・山下健二郎)

 K-1ヘビー級王座を返上してボクシングに転向した、東洋太平洋ヘビー級8位の藤本京太郎(26=角海老宝石)が15日、世界ランク入りへの闘志を燃やした。この日、都内の所属ジムで、19日に行われる角海老宝石ジム興行(東京・後楽園ホール)で対戦するWBC同級15位チャウンシー・ウエリバー(29=米国)と初対面。2選手ともにサンドバッグを打ち込むなど、練習を一部公開した。

 京太郎はプロボクシング転向後、4連勝中(3KO)。今回が5戦目で、日本人ヘビー級ボクサーとして初めて世界ランカーと拳を交える。相手は113キロの巨体で、体重差で約13キロのハンディを負うが、京太郎は「勝てば日本人として初めて(ヘビー級で)世界ランクに入るチャンス。やるべきことをやって、勝てればと思う」と気合を入れた。

 対するウエリバーは、サウスポーの強打者で、数々の地域タイトルを手にしている。「京太郎はいい選手。イージーな試合ではないが、左のパンチで倒す」と自信を口にした。

関連するニュースを読む

京太郎、村田流ボディーで世界ランク奪う

ヘビー級世界ランカー戦に挑む京太郎

 元K-1王者で東洋太平洋ヘビー級8位の藤本京太郎(26=角海老宝石)が村田流ボディーで世界ランクを奪う。WBC同級15位チャウンシー・ウエリバー戦(9月19日、東京・後楽園ホール)に向け17日、都内で会見。村田の五輪金メダルに「バチバチの打ち合いに、強い気持ちを見た」と大きな刺激を受けたことを明かした。日本人として初のヘビー級世界ランカーへの挑戦。序盤から村田のように勇気を持ってボディーを攻め続け、相手のスタミナを奪い、後半に勝負を懸ける決意だ。プロデュースする萩森氏は「この試合を見逃したら一生後悔、見たら一生の自慢になります」と、最重量級の京太郎のファイトに期待を込めた。

関連するニュースを読む

京太郎「勝てば世界挑戦見えてくる」

京太郎が「村田流ボディー」で日本人初のヘビー級世界ランカー戦に挑む

 元K-1王者で東洋太平洋ヘビー級8位の藤本京太郎(26=角海老宝石)が、WBC同級15位チャウンシー・ウエリバー戦(9月19日、東京・後楽園ホール)に向け17日、都内で会見した。日本人初のヘビー級世界ランカーへ向け「勝てば世界挑戦も見えてくる」と意気込んだ。五輪をテレビ観戦し、世界で堂々と戦う日本人選手に勇気をもらった。京太郎をプロデュースする萩村氏によると、勝って世界ランクを獲得すれば、WBC世界ヘビー級王者ビタリ・クリチコ(ウクライナ)に挑戦オファーを出すという。

関連するニュースを読む

京太郎9・19WBCヘビー級16位と対戦

 東洋太平洋ヘビー級7位の藤本京太郎(角海老宝石)が9月19日、東京・後楽園ホールで、WBC同級16位チャウンシー・ウエリバー(米国)と対戦することが3日、発表された。

関連するニュースを読む