上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

ホワイトが7カ月ぶり王座奪回 連打で4回TKO

ボクシング前WBC世界ヘビー級暫定王者の同級6位ディリアン・ホワイト(32=英国)が、雪辱での王座奪回に成功した。

27日に英国領ジブラルタルで、同級王者アレクサンデル・ポベトキン(41=ロシア)と昨年8月以来の直接再戦。右からの連打でダウンを奪って4回2分39秒TKO勝ち。7カ月ぶりで王座に返り咲いた。

前回は2度ダウンを奪いながら、5回に左アッパー一発で王座を失った。雪辱を期した今回は体を5・8 キロ も絞ってきた。初回から積極的に攻めて、右のクリーンヒットでロープを背負わせて優位に立った。ポペドキンが詰めてくると足も使ってかわし、左リードからの右を打ち込んだ。

4回にワンツーでロープまで吹っ飛ばす。さらにワンツーでよろめかせ、最後は左フックを浴びせてダウンを奪った。ポペドキンは立ち上がったもののレフェリーが試合を止め、同時にコーナーからもタオルが投げ込まれた。

「相手はメダリスト(アテネ五輪金)でタフ。打ち合いは危なかったので避けた」。前回の反省から慎重な試合運びだった。次戦は夏に米国を希望した。

WBC正規王者タイソン・フューリー(32=英国)は、WBAスーパー、IBF、WBOの3冠王者アンソニー・ジョシュア(31=同)と統一戦が発表目前と言われる。マッチルームのエディ・ハーン・プロモーターは、ホワイトを前WBC王者ディオンテイ・ワイルダー(35=米国)と対戦させたい意向を示した。

関連するニュースを読む

ポベトキンvsホワイト8月以来の再戦 暫定王座戦

ボクシングWBC世界ヘビー級暫定王座戦の前日計量が26日、英国領ジブラルタルで行われた。

王者アレクサンデル・ポベトキン(41=ロシア)は103・5 キロ 、前王者で同級6位ディリアン・ホワイト(32=英国)は112・5 キロ だった。この試合は昨年8月から直接再戦となる。前回はホワイトが2度ダウンを奪ったが、ポベトキンが5回に左アッパー一発で逆転勝ち。WBA陥落以来7年ぶりの王座返り咲きだった。ポベトキンが新型コロナウイルスに感染し、昨年11月から延期となっていた。

関連するニュースを読む

ポベトキン、ベルチェルトも 欧米でも世界王者感染

ミゲル・ベルチェルト(17年7月撮影)

欧米でもボクシング世界王者の新型コロナウイルス感染が相次いだ。WBC世界ヘビー級暫定王者アレクサンデル・ポベトキン(41=ロシア)に、WBC世界スーパーフェザー級王者ミゲル・ベルチェルト(28=メキシコ)が感染し、試合を中止または延期する。3日に米メディアが報じた。

ポベトキンは発熱して検査で陽性が判明し、モスクワ市内の病院に入院しているという。21日にロンドンで予定していた同級5位ディリアン・ホワイト(32=英国)との直接再戦は中止となった。

2人は8月に対戦し、ポベトキンが4回に2度ダウンを喫するも左アッパー1発で5回TKO勝ち。13年のWBA世界同級王座陥落以来、7年ぶりの王座に返り咲いていた。

エディ・ハーン・プロモーターは「まずは早い回復を祈る。来年1月の戦いを楽しみにしたい」と、来年1月30日に再設定での開催を示唆した。一方でホワイトが、12月5日に次戦を予定するWBC世界同級王者タイソン・フューリー(32=英国)の相手となる可能性も報じられた。

ベルチェルトは陽性反応が確認され、現在は医療機関の監視下にあるという。12月12日に米ラスベガスで、同級1位の元WBO世界フェザー級王者オスカル・バルデス(29=メキシコ)と指名防衛戦の予定だったが延期された。11日に英国で予定されていた欧州バンタム級王座戦も選手の陽性判明で延期となっている。

関連するニュースを読む

ポベトキン、逆転TKOで7年ぶりヘビー級王座奪回

ボクシングのWBC世界ヘビー級9位アレクサンデル・ポベトキン(40=ロシア)が22日、逆転TKOで王者に返り咲いた。

WBC世界同級暫定&ダイヤモンド王座決定戦が22日にロンドン近郊であり、暫定王者ディリアン・ホワイト(32=英国)の初防衛戦で対戦。4回に2度ダウンを喫するも、左アッパー1発で5回30秒TKO勝ち。13年のWBA世界同級王座陥落以来、7年ぶりの王座奪回となった。

ポペドキンはホワイトにジャブでペースをつかまれ、4回には左フックに右ひざをついえて先制のダウンを奪われた。ダメージは少なくプレスをかけて反撃も、終了間際に左アッパーで2度目のダウンを喫した。立ち上がったところでゴング。続く5回開始早々、今度はポベトキンが左アッパーをさく裂させてバッタリあおむけにした。レフェリーは即座に試合を止めた。

ポペドキンは「キャリアで最高のパンチだったと思う。あれで終わるとは思わなかったが」と振り返った。2度ダウンをはねのけての逆転勝利にも「ダウンしたが自信はあった。左右のアッパーは効果があると練習していた」と冷静に話した。

04年アテネ・オリンピック(五輪)で金メダルを獲得し、05年にドイツでプロデビューした。11年にWBA世界同級王座を獲得。13年にはWBA・IBF・WBO世界同級スーパー王者ウラジミール・クリチコ(44=ウクライナ)との統一戦で判定負けして陥落。18年には同世界3団体王者アンソニー・ジョシュア(30=英国)に7回TKO負け。黒星はこの2つだけ。ヘビー級戦線に再び浮上も、次戦は再戦の可能性が高いようだ。

また、女子世界ライト級4団体王座戦は、統一王者ケイティ・テイラー(33=アイルランド)が初防衛した。昨年統一戦となった前WBC同級王者デルフィーヌ・ペルスーン(35=ベルギー)との再戦。2~6ポイント差の3-0で判定勝ちし、16戦全勝(6KO)とした。

この興行は英マッチ・ルーム社エディ・ハーン・プロモーターが、ファイト・キャンプと題したシリーズの最終日としてブレントウッドで開催された。同本社がある約6万平方メートルあるハーン氏の生家の庭園に、リング、スタジオなどが設置された。無観客での開催も、入場前には数十発の花火が打ち上げられるなどの演出でショーアップされた。

関連するニュースを読む

東京Dより広い英国庭園でボクシング興行プラン浮上

英国で庭園でのボクシング興行プランが浮上した。マッチルーム社のエディ・ハーン・プロモーターが15日に英メディアに明かしている。

ロンドン近郊ブレントウッドにある本社敷地内の庭園でファイト・キャンプと題し、7月中旬から4週連続で開催するという。

この敷地はハーン氏の生家で、15エーカー(約6万平方メートル)と東京ドームよりも広い。その屋敷の庭園にテントを張ったリング、控室、スタジオを設置するという。観客は入れない。

8月にはWBC世界ヘビー級暫定王者ディリアン・ホワイト(英国)に、元WBA世界同級王者アレクサンデル・ポベトキン(ロシア)が挑むタイトル戦が計画されている。

関連するニュースを読む