上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

K1林健太1年足らずでスーパーライト級制覇狙う 課題は脆いディフェンス

会見で2本目のK-1ベルト獲得を誓う林健太(撮影・吉池彰)

K-1スーパー・ライト級の林健太(26)が31日、1年足らずでの同級制覇を宣言した。

前ライト級王者から転向して迎えた前日のK-1横浜武道館大会(日刊スポーツ新聞社後援)での再起戦を、逆転KO勝利で飾った。この日の一夜明け会見では、笑顔で2つ目のベルトに照準を合わせた。

前日はヴィトー・トファネリ(35=ブラジル)から先に2度のダウンを奪われながらも、2回に3度のダウンを奪い返し、2分35秒にKO勝ちした。「2回目のダウンは効いて、めちゃやばいと思ったが、セコンドの声に助けられた」。

昨年12月の両国大会でゴンナパー・ウィラサクレック(タイ)に敗れ、ライト級王座を陥落した。しかし、今回の再起戦勝利では、相手トファネリも認めるパワーを見せた。その攻撃力で2階級制覇を目指す林だが、課題はディフェンス。尊敬する現同級王者・山崎秀晃(34)の名前を挙げ、「ヒデさんのパワーは半端ない。僕のディフェンスはヒデさんに対しては、まだ脆い。もっと強化して、1年とは言わず、早くベルトまで行きたい」と気を引き締めていた。

試合一夜明け会見にラフなスタイルで現れた林健太(撮影・吉池彰)

関連するニュースを読む

有言実行!林健太が転向再起戦で逆転KO勝利「必死にやってきた結果出た」

<K-1:横浜大会>◇30日◇横浜武道館◇日刊スポーツ新聞社後援

前K-1ライト級王者林健太(26)が、スーパー・ライト級に転向しての再起戦を逆転KO勝利で飾った。

ヴィトー・トファネリ(35=ブラジル)とスーパーファイトを行い、先にダウンを奪われながらも、2回2分35秒、得意のパンチでマットに沈めた。

前日計量をリミットまで100グラムの64・9キロでパスし、「万全の状態。KOされたことのない相手をKOして、アピールしたい」と話してした林。きっちりと有言実行した。

リング上でマイクを持った林は「1年半も勝てていなくて、去年は骨折れまくって、ボロボロで練習も試合もできなくて、情けなくてしょうがなかった」と振り返った。それでも、応援に支えられ、逆転KO。「トレーナーも全力で向き合ってくれて、倒されちゃったんですけど、必死にやってきた結果が出たかなと思います」と笑顔を見せた。

昨年12月の両国大会でゴンナパー・ウィラサクレック(タイ)に敗れ、ライト級王座を陥落した。今回の再起戦勝利でパワーの違いを見せた林が、2階級制覇に向け、再始動した。

関連するニュースを読む

前ライト級王者・林健太「1発KOでアピールしたい」再起改めて誓う

64・9キロで計量をパスした林健太(撮影・吉池彰)

前K-1ライト級王者林健太(26)が29日、再起を改めて誓った。横浜武道館で30日開催の日刊スポーツ新聞社後援「K-1 WORLD GP 2021」で、ヴィトー・トファネリ(35=ブラジル)とスーパー・ライト級スーパーファイトを行う。64・9キロで計量をパスし、仕上がりの良さをアピールした。

林はスーパー・ライト級転向後、初の試合となる。昨年12月の両国大会で挑戦者ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ)に敗れて王座陥落。今回が再起戦でもある。相手のトファネリは過去の敗戦は判定しかないタフガイ。林は「1年半近く勝てていないので、しっかり練習した。KOされたことのないトファネリ選手を1発でKOして、アピールしたい」と会見で意欲を見せた。

スーパー・ライト級での自分について、林は「栄養を取りながら減量できたので万全の状態。キレキレのパンチでTKOもあると思う」と相手を挑発した。トファネリが「明日は蹴りとパンチの戦いになる。空手のキックで良い勝ち方をする」と言えば、「回し蹴りを気合で耐えれば、パンチの距離になるのでKOできる」と自信たっぷりだった。

林の相手トファネリは64・8キロで計量をパス(撮影・吉池彰)

関連するニュースを読む

K1林健太「KOできれば」スーパーライト級転向初戦の相手はトファネリ

スーパーライト級転向後初試合に臨む前K-1ライト級王者林健太(左)と対戦相手のヴィトー・トファネリ

前K-1ライト級王者林健太(26)が5月23日、東京・大田区総合体育館で開催されるK-1大田区大会(日刊スポーツ新聞社後援)でスーパーライト級転向後初試合に臨むことが19日、発表された。

対戦相手は3月のケイズフェスタ4大会Day1でK-1初勝利を挙げたヴィトー・トファネリ(35=ブラジル)に決まった。昨年12月のK-1両国大会で挑戦者ゴンナパー・ウィラサクレック(タイ)に敗れて王座陥落。今回が再起戦でもある。

同日に都内で会見に出席した林は「(階級転向は)減量が少し厳しく上げようと。トファネリ選手がKO負けしたことないということ。なのでスーパーライト級でKO負けのない相手にKOできれば一番のアピールになると思う」と意欲満々。現K-1同級王者山崎秀晃は「アニキ」と慕い、もともと所属先も一緒だった尊敬する先輩。林は「昔からヒデ(山崎)さんの背中を追いかけて格闘技してきた。ヒデさんのベルトを取れれば」と再び頂点を目指す覚悟を示していた。

ヴィトー・トファネリ(右)とのスーパーライト級3分3回に臨む前K-1ライト級王者林健太

関連するニュースを読む

K1野杁正明2階級制覇に決意「早くベルト欲しい」

K-1福岡大会から一夜明け会見に臨む野杁(C)K-1

元K-1スーパーライト級王者で、ウエルター級に転向した野杁正明(27)がポジティブ思考で2階級制覇に挑む決意を口にした。

3日のK-1福岡大会でヴィトー・トファネリ(34=ブラジル)に判定勝ちを収めた野杁は4日、福岡市内で会見。2回に右ストレートでダウンを奪いながら倒し切れず、約束したKO勝ちをファンに届けられなかったことを受け「満足いく内容でもなかったですし、反省点が残る試合だったなと。勝って反省できるのはよいことだと思うので、昨日の内容を次の試合に生かせたら」とポジティブに前を向いた。

今後、K-1・2階級制覇となるウエルター級ベルト獲得に向けて突き進んでいく姿勢をあらためて強調。「早くベルトが欲しい。ベルトを持たないと意味ないと思う。僕はウエルターのベルトを取るためにスーパーライトのベルトも返上しましたし、早くチャンスが欲しいなっていう感じ」と素直な心境も口にした。

王座挑戦への近道はKOで勝つことが求められている。野杁は「次は期待していてほしいなと。(KOという)有言実行ができていなくて、K-1はKOで勝つことが1番だと思うので、それを体現できるようにしっかりエネルギーをため、次に爆発させたいなと思う」と決意を新たにしていた。

関連するニュースを読む

K1野杁正明、判定勝ちも2つ目の王座獲得へ課題

今回もKO勝ちとはいかなかった野杁正明〓(C)K-1

<K-1:WGP 2020>◇3日◇福岡国際センター

K-1ウエルター級の野杁正明(27)が3日、ヴィトー・トファネリ(34=ブラジル)に判定勝ちした。福岡国際センターで開催された「K-1 WORLD GP 2020」の同級スーパーファイトで対戦し、3-0で退けた。

3月にISKA世界ウエルター級王者ダビド・メヒア(25=スペイン)に判定勝ちして以来の試合となった野杁は、KO宣言してこの試合に臨んだが、約束は果たせなかった。1回から鋭いパンチでプレッシャーをかけ、2回に右ストレートでダウンを奪った。しかし、その後に距離を詰めて連打を放つも、攻めきれなかった。

「倒すことが最低条件だと思う。判定で勝って喜んでいるようじゃお客さんにも伝わらないし、そんな男はチャンピオンになる器じゃない」と試合前に話していた野杁。有言実行とはいかず、スーパー・ライト級に続く2つ目のK-1王座獲得に向け、課題と反省が残った。

関連するニュースを読む