上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

安藤が判定勝ち2階級制覇/ボクシング

勝利をおさめ、ベルトを巻き笑顔を見せる安藤(撮影・田崎高広)

<プロボクシング:WBC世界女子ミニフライ級王座決定戦10回戦>◇14日◇大阪市・アゼリア大正ホール

 WBC世界女子ミニフライ級3位の安藤麻里(26=フュチュール)は同級4位のハセス・ノリエガ(メキシコ)に2-1で判定勝ちした。3回にダウンを喫するなど劣勢だったが、ひるまずに攻めて打ち合いを制し、WBA世界女子ライトミニマム級に続いて2階級制覇を達成した。安藤の戦績は17戦11勝(5KO)6敗。

関連するニュースを読む

安藤、判定Vで2階級制覇/ボクシング

勝利をおさめ、ベルトを巻き笑顔を見せる安藤(撮影・田崎高広)

<プロボクシング:WBC女子ミニフライ級王座決定戦10回戦>◇14日◇大阪市・アゼリア大正ホール

 同級3位の安藤麻里(26=フュチュール)は同級4位のハセス・ノリエガ(メキシコ)に2-1で判定勝ちした。WBA女子ライトミニマム級前王者の安藤は2階級制覇を達成した。

 安藤は3回にダウンを喫するなど劣勢だったが、ひるまずに攻めて打ち合いを制した。

 安藤の戦績は17戦11勝(5KO)6敗。

関連するニュースを読む

安藤が12月にノリエガと王座決定戦

 ボクシングのフュチュールジムは4日、世界ボクシング評議会(WBC)女子ミニフライ級3位の安藤麻里(25)が、12月14日に大阪市のアゼリア大正ホールで同級4位のハセス・ノリエガ(メキシコ)と王座決定戦を行うと発表した。

 同級王座はチャンピオンの藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則ジム)がタイトルを返上し空位となっている。安藤は世界ボクシング協会(WBA)女子ライトミニマム級前王者で、1度防衛に成功している。

関連するニュースを読む