上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

ハルク・ホーガン「歴史を築くぞ!」嵐のレッスルマニア開会宣言

レッスルマニア37大会のオープニングに登場したハルク・ホーガン(右)とタイタス・オニール(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第1日>◇10日(日本時間11日)◇米フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアム

強い雨と強風で大会スタートが大幅に遅れた年間最大の祭典レッスルマニアは、「超人」ハルク・ホーガン(67)による嵐の開会宣言で幕を開けた。

フロリダ州出身のタイタス・オニール(43)ともに第1試合前にMCとして登場。悪天候が収まらない中で「今夜、歴史を築くぞ! 明日夜も歴史を築くんだ!!」などと絶叫。昨年3月上旬のロウ大会以来、約1年ぶりの有観客となったスタジアムは大きな歓声に包まれた。

WWEは第1日となった10日の入場観客数を2万5675人、チケットはソールドアウトと発表した。オープニングで登場したWWEのビンス・マクマホン会長は「もっとも大切なのはファンのみなさんです。パンデミックの中で来場していただいたこと、WWEファミリーを代表し、御礼申し上げます。レッスルマニアへ、ようこそ」と感謝の言葉を口にした。

当初は7万5000枚のチケット販売を計画していたものの、新型コロナウイルス感染拡大が続くこともあり、NFLスーパーボウルの観客数を参考に2万5000人前後に決めたとみられる。WWEは「地域の健康ガイドラインに沿い、レッスルマニアでは限られた人数のチケットが販売された。観客は社会的距離を保ち、座っていた」との声明も発表。追加の安全対策としてスタジアム入場前に健康診断と体温チェック、マスク着用義務、モバイルチケット、会場全体の消毒強化も強調していた。

関連するニュースを読む

昨年レッスルマニア出場カイリ・セインが入門指南/WWEの世界(1)

WWEの「アンバサダー」を務めるカイリ・セイン(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米プロレスWWEには現在、中邑真輔(41)、アスカ(39)、紫雷イオ(30)らが在籍し、第一線で活躍している。

10日(日本時間11日)からは2日間にわたり、米タンパで年間最大の祭典レッスルマニア37大会が開催。世界中のプロレスファンが注目している。日刊スポーツ・コムでは「WWEの世界」と題し、米最大規模マットの話題を届ける。第1回はWWEの「アンバサダー」として活動するカイリ・セイン(32)が登場。レッスルマニアからのWWE入門を勧めた。【取材・構成=藤中栄二】

 ◇   ◇   ◇

85年3月、米ニューヨーク・マディソン・スクエア・ガーデンで開催された第1回大会から数え、今年で37回目を迎えるレッスルマニア。ハルク・ホーガンの登場で全米のプロレス熱が一気に高まり、レッスルマニアが始まった。レッスルと、ホーガンのキャッチフレーズ「ハルカマニア(ハルク狂)」をミックスさせた名称のイベントは現在、10万人規模のスタジアムで開催されている。

カイリは「レッスルマニアはWWE入門にうってつけです。見始めるにはベストタイミングだと思います。いろいろな試合が詰め込まれている。戦国で言うと天下分け目の戦。さまざまな国の将軍が集まって一騎打ちするイメージですね」と口調を強める。WWEはライバル団体だったWCW、AWA、ECWなどの米プロレスの歴史を受け継ぎ、各選手のキャラクターが際立つ試合や因縁が生まれている。

「感動する試合もあれば、本当に面白い試合、選手に火をつけてしまうような奇想天外な展開もあったり、女子の試合もある。バラエティーに富んでいる。こんな面白い団体なんだと分かります。WWEを見ようかと迷っている方、少しWWEが気になっている方に伝えたい。『今ですよ』と」

今年のレッスルマニアで注目の女子試合は王者アスカ-リア・リプリーのロウ女子王座戦、王者サーシャ・バンクス-ビアンカ・ブレアのスマックダウン女子王座戦の2カードだ。カイリは「(シングル戦としては)4人しか出られない狭き門。実力だけでなく、運も必要で、いろいろな流れが重なり、選ばれた。すごいと思いますし、プロ意識として出られずに悔しいと感じる選手もいると思います」と明かす。

特にアスカ-リプリー戦について、カイリは「入門編として言うと、アスカさんは、もう横綱。心技体が整い、誰もが認める存在です。リア選手は私のほぼ同期ですが、1~2年ほどチャンスをもらえなかった。本当に悔しい思いをしながら、ここまで上がり詰めてきた。同期として誇り」と喜ぶ。

リプリーとはWWE時代、同じマンションに住み、仲も良かったという。日本マットに参戦経験もあり、日本好きな一面も。昨年のレッスルマニア36大会でドラゴンボールのベジータのコスチュームで試合をしていたという。カイリは「2人ともレベルの高い選手。リア選手は未来を担う存在だと思いますし、すごい戦いになる」と分析した。

昨年のレッスルマニア36大会で、カイリはアスカとWWE女子タッグ王者として防衛戦に臨んだ。挑戦者のアレクサ・ブリス、ニッキー・クロス組に敗れはしたものの、反響は大きく、現在の自らのSNSの総フォロワー数は110万人近くに増えたそうだ。カイリは「PPVは世界配信されています。私にも中国語、スペイン語、インド語、多くの言語のメッセージを頂きました。そうやって世界中の方に応援していただけるのは本当にうれしいです」と注目度の大きさが世界規模になっている現状を明かした。

レッスルマニア37大会はWWEイベントとしても1年以上ぶりに有観客で開催する舞台。カイリは「観客の声援は選手の何よりの特効薬です。それだけで本当にうれしいし、いつも以上の力を出せる、限界を超えられる。最高の舞台になります」と締めくくった。1年間続いたストーリーの終幕であり、新たなストーリーの幕開けとなる年に1度の祭典。米国、日本、欧州だけでなく、世界各国に多くのファンを持つWWEワールドへの入門として最高のタイミングとなる。

○…WWEのプロモーションとしてカイリ・セインがレッスルマニアのゲスト解説を務める。14日にJ SPORTSスポーツ・オンデマンド他で放送される日本語実況版に登場するカイリは「プロレスを知らない方、WWEの大ファンの方も聞いてうれしいような、私しか知らないバックステージのエピソードなどを伝えたい。選手の人間性や人柄をプラスし、試合をどうやって見たらいいのかを分かりやすく伝えることができたら。私の解説でも、ぜひ」とPRした。

レッスルマニア37大会からのWWE入門を勧めたカイリ・セイン(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

ホーガン、WWE殿堂入り「nWoは永遠だ」往年の仲間とともにあいさつ

21年WWE殿堂入り式典に出席したnWoメンバーを代表し、あいさつするハルク・ホーガン(左から2番目)(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米プロレスWWEの20年、21年殿堂入り式典が6日(日本時間7日)、米フロリダ州で開催され、90年代を席巻した人気ユニットnWoとして20年殿堂入りを果たしたハルク・ホーガンが往年の仲間とともにあいさつした。ホーガンは「20年WWE殿堂入りを果たした。nWoは永遠だ。なぜならメンバーたちがToo Sweetだからだ」とスピーチ。式典を締めくくる一言で、多くのファンがリモート観戦する会場を盛り上げた。

21年WWE殿堂入りしたロブ・ヴァン・ダム、モーリー・ホーリー、エリック・ビショフ、ザ・グレート・カリ、オジー・オズボーン、リッチ・ヘリング(ウォリアー賞)が登壇や映像で受賞のあいさつに臨んだ。トリを務めたケインは家族、妻、WWEスタッフ、ファン、アンダーテイカーやポール・ベアラーらに感謝の言葉を述べた上で「こんなオレがWWE殿堂入りすることができるのだから、皆さんも何ができるか想像してみてください」とあいさつした。

また20年殿堂入りもnWoメンバーのほか、新日本プロレスの獣神サンダー・ライガーをはじめ、ジョン“ブラッドショー”レイフィールド、故デイビーボーイ・スミスさんの息子スミスJr.ら家族、ベラ・ツインズ、ウィリアム・シャトナー、タイタス・オニール(ウォリアー賞)も登壇や映像で受賞の喜びを口にしていた。

20年WWE殿堂入り式典に映像で登場した新日本プロレスの獣神サンダー・ライガー(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
獣神サンダー・ライガーが受け取ったWWE殿堂入りの表彰盾とリング(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

ハルク・ホーガンが4月のレッスルマニアでホスト

4月のレッスルマニア37大会で大会ホストと務めるハルク・ホーガン(左)とタイタス・オニール(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米プロレス界レジェンドのハルク・ホーガン(67)が年間最大の祭典レッスルマニア37大会(4月10、11日・米タンパ)でホストを務める。

タイタス・オニールと一緒にホストに就任するという。新日本プロレスなどでも活躍するなど世界的にも有名なホーガンは85年のレッスルマニア1大会で俳優のミスターTとタッグを組んで出場。世代やスポーツエンターテインメントの枠を超え、世界中の「ハルカマニア」を熱狂させている。

一方のオニールは今回のレッスルマニアの舞台となるフロリダ州タンパの出身。地元で幅広く社会貢献活動を続けている。大学時代は近隣のフロリダ大で全米屈指のアメリカンフットボールチームのディフエンスエンドとして活躍した。レッスルマニア37大会の会場も今年のスーパーボウルの舞台となったレイモンド・ジェームズ・スタジアムで開催される。

関連するニュースを読む

WWEビッグショーがAEWへ電撃移籍「興奮!」

米プロレスWWEで活躍したビッグショー(49=本名ポール・ワイト)がライバル団体のオール・エリート・レスリング(AEW)に移籍したと24日(日本時間25日)、発表された。米メディアによるとWWEとの契約交渉が合意に至らず、先月いっぱいで契約切れとなっていたという。AEWとは複数年契約を結び、レスラーだけでなく、解説者としても期待されている。同団体にはケニー・オメガ、クリス・ジェリコ、ジョン・モクスリー、コーディ・ローデス(Cody)らが在籍している。移籍発表後、ビッグショーは自身のSNSを通じ「信じられないほど興奮している!!!」とコメントした。

95年にハルク・ホーガンにスカウトされ、WCW入りしたビッグショーは当時、身長213センチの巨人ぶりに「ザ・ジャイアント」のリングネームで活躍。WCWヘビー級王座を2度獲得した。99年2月からWWEに参戦し、WWE世界ヘビー級王座などシングル王座を次々と獲得。05年のレッスルマニア21大会では格闘家に転向した曙と相撲マッチで対戦し、日本でも話題となった。

関連するニュースを読む

里村明衣子がWWEと日本人初のコーチ兼選手契約

ボディービルコンテスト ともにベストパフォーマンス賞を受賞した里村明衣子と岩田美香(2016年8月28日撮影)

センダイガールズプロレスリング(仙女)の里村明衣子(41)が、世界最大のプロレス団体、米WWEとコーチ兼選手として契約したことが28日、明らかになった。

新潟県出身で仙女の社長兼看板選手の里村は「女子プロレス界の横綱」の愛称で親しまれる。40歳を超えてもストイックに体を鍛え上げ、彫刻のような肉体を維持し続けるトップレスラー。コーチ兼選手としての契約は日本人選手初の快挙になる。

里村は19年にイギリス最大の団体プログレスに初参戦するなど、海外でも実績を積んできた。現在はWWE UKに参加中で、今月6日から同団体のトレーニングセンターがあるロンドンに滞在。試合に向けて準備を進めている。

WWEはハルク・ホーガン、ザ・ロックら世界的スター選手も参戦した老舗団体だ。過去には国内公演が開催されるなど日本でも人気があり、新日本プロレスでエースだった中邑真輔や女子レスラーのSareeeとも契約している。里村は今後も仙女の社長を続け、同団体に変わらず参戦する。女子プロレス界の大物が、日本と仙女を背負い、世界最大の舞台で異彩を放つ。

里村明衣子(2019年3月11日撮影)
橋本千紘(右下)にデスバレーボムをかける里村明衣子(2017年9月24日撮影)

関連するニュースを読む

ホーガン14年ぶりWWE試合出場なし、王者にゲキ

WWEヘビー級王者マッキンタイア(左端)をゲキを飛ばすハルク・ホーガン(右端)。中央はシェイマス(C)2021WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:ロウ大会レジェンズ・ナイト>◇4日(日本時間5日)米フロリダ州セントピーターズバーグ

レジェンドのハルク・ホーガン(67)は約14年ぶりとなるWWEでの試合出場はなかったものの、バックステージで「躍動」した。

オープニングからiPhoneならぬ黄色いスマートフォン「hPhone」を通じて声であいさつし、最後にiPhoneを両手で手に取り、姿をみせてレジェンズ・ナイトをスタートさせた。さらに「レジェンド」のヒール・マネジャー、ジミー・ハート(77)とともに防衛戦を控えていたWWEヘビー級王者ドリュー・マッキンタイア(35)を激励。一緒に「ワイルドにやるぜ」とメインイベントで対戦する挑戦者のキース・リーを挑発した。

ホーガンの猛ゲキが通じたのか、メインでは王者ドリュー・マッキンタイアが必殺のクレイモアをリーの顔面にたたき込んで王座防衛に成功していた。

関連するニュースを読む

ハルク・ホーガンが15年ぶりWWEマット復帰!?

WWEロウ大会のレジェンズ・ナイトに出場するホーガン。時計回りにブッカーT、フレアー、ビッグ・ショー、ジェームス(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米プロレス界のレジェンドとなる「超人」ハルク・ホーガン(67)が15年ぶりにWWEで試合!?

4日(日本時間5日)、米フロリダ州セントピーターズバーグで開催されるWWEロウ大会で新旧レスラーが集結する「レジェンズ・ナイト」に登場する。大会前、英メディアのインタビューに応じたホーガンは「何を期待されているかは分からないが、ファンは注目すべきさ。リングに入る可能性がある。何が起こるか分からない。だからオレは、とても興奮しているんだ」と試合復帰を示唆した。

WWEマットでは06年の真夏の祭典となるPPV大会サマースラムでランディ・オートンとのシングル戦で勝利して以降、試合していない。21年最初のロウ大会はホーガンの他、リック・フレアー、ブッカーT、ビッグ・ショーらとの登場が予定。以前からWWEでのリング復帰を希望してきたホーガンは「オレは友人との楽しい時間をただ過ごすためにロウ大会に行くが、そこにはフレアーやビッグ・ショーがいる。リングで何でもやることが可能だよ」とやる気満々だ。

長年のレスラー生活で、背中痛に悩まされており、過去に何度も同部の手術を受けている。昨年7月には病院でMRI検査を受ける写真を公開するなど、背中に大きな「爆弾」を抱えている。WWEで試合するには同団体の医療スタッフの許可が必要となるとみられるが、21年最初のロウ大会でビッグサプライズを起こすかもしれない。

関連するニュースを読む

オートンがガソリンかぶったブリスの前でマッチ点火

ガソリンをかぶったブリス(右)と向き合うランディ・オートン(C)2020WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:ロウ大会>◇28日(日本時間29日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

「毒蛇」ランディ・オートンが、ガソリンをかぶった「小悪魔」アレクサ・ブリスの前でマッチに火をつけた。20日のPPV大会TLCで「ザ・フィーンド(悪霊)」ブレイ・ワイアットに火を放ったが、今度はワイアットに洗脳されたブリスにも火を向けた。

先にブランコに乗りながら姿を現したブリスが「『彼』が戻ってくるの楽しみ。『彼』はハルク・ホーガンが登場する次週のレジェンドナイトか、それともオートンがプレイグラウンドに来るのを待ってるのかな?」とワイアットの復帰を待ちわびていると、オートンが仕掛けた。

会場ビジョンに映し出されたワイアットの世界「ファイアフライ・ファンハウス」に姿を現したオートンは「本当にフィーンドが戻ってくると思っているのか? 戻ってきたとしてもお前以外に何も残ってないぞ」と言いながら次々と破壊行為に及んだ。怒って宣戦布告してきたブリスにリングへと呼び出されたオートン。目の前でギフト箱から取り出したガソリンをリングにまいたブリスから「『彼』にしたことと同じことをして」と要求。さらにガソリンをかぶった小悪魔に「ガッツがないのね。クソ野郎」とののしられた。

すると、オートンは覚悟を決めたように「俺は人が苦しむ姿が見たいんだ。フィーンドに会いたいなら火を付けてやる」と宣言。直後に会場が暗転すると、オートンはマッチに火をつけていた。

関連するニュースを読む

ホーガンらが集結!WWEがレジェンズナイトを開催

21年1月4日に開催されるレジェンズ・ナイト。時計回りに上からホーガン、ブッカーT、フレアー、ビッグ・ショー、ジェームス(C)2020WWE,Inc.AllRightsReserved.

米プロレス団体WWEは21日(日本時間22日)、ニューイヤーイベントとして21年1月4日(同5日)のロウ大会(米フロリダ州)でWWE殿堂入りレスラーらが集う「レジェンズ・ナイト」を開催すると発表した。

ハルク・ホーガンをはじめ、リック・フレアー、ブッカーT、ミッキー・ジェームス、ビッグ・ショーらが登場する予定。WWEの歴史を彩ってきた偉大なレジェンドたちと現在のスーパースターが共演するお祭りイベントとなる。新日本プロレスの東京ドーム2連戦期間中、WWEも話題十分の“祭典”を準備してきた。

関連するニュースを読む

ホーガン「兄弟よ、愛している」ウォリアーさん追悼

名物リングアナの“ミーン”ジーン・オーカーランドさんを追悼したホーガン(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

日米プロレス界で人気を博したタッグチーム「ロード・ウォリアーズ」のアニマル・ウォリアーさんが60歳で死去したことを受け、「超人」ハルク・ホーガン(67)が年下レスラーの早すぎる死を悲しんだ。22日に自らのツイッターを更新し「安らかに眠れ、アニマル。わが兄弟よ、愛している。あなたと(パートナーの)ホークには、まだ未完成のビジネスがたくさんあったのに…あなたのご家族に祝福と幸運を」などと投稿した。

また全日本プロレス、新日本プロレスでも活躍した「ネーチャー・ボーイ」リック・フレアー(71)も「私の良き友人であり、偉大な敵だったロウリネイティス(アニマルさんの本名)の喪失は悲しみ以上のものがある。彼ら(ロード・ウォリアーズ)は象徴的なレスラーだ! 世界中で最高レベルの人気とファンを持っていた。安らかに眠ってください」と同日に公式ツイッターを通じ、哀悼の意を表した。

関連するニュースを読む

ジャイアント・キマラさん死去 コロナ合併症か

89年2月、全日本プロレスで谷津(手前)の首をロープに押しつけ後頭部へキックを浴びせる初代ジャイアント・キマラ

全日本プロレスなどに参戦した元WWEレスラーのジャイアント・キマラ(本名ジェームス・ハリス)さんが9日、心肺停止で死去した。70歳だった。キマラさんは5日にコロナウイルス検査で陽性反応を示し、そのまま入院。10年から高血圧と糖尿病に苦しみ、両足切断に追い込まれていた。コロナウイルスとの合併症が死因と報じる米英メディアもある。

78年にデビューしたアフリカ系米国人のキマラさんは82年からウガンダの部族をモチーフとしたフェースペイント、ボディーペイントを施し、怪奇派の巨漢レスラーとして活躍した。84年からWWF(現在WWE)に参戦。85年にはジャパンプロレスで初来日を果たした。89年には全日本プロレスにも登場し、ブッチャーとも共闘した。95年にはハルク・ホーガンの誘いでWCWとも契約した。

WWFではアンダーテイカー、アンドレ・ザ・ジャイアントらとも対戦。ホーガンは「キマラの死去はとても悲しい。親切心の塊だった。安らかに眠れ、ビッグブラザー」などとSNSを通じて悲しみをつづった。

初代ジャイアント・キマラ(1989年2月26日)
全日本プロレス ジャイアント・キマラ、アブドーラ・ザ・ブッチャー組対田上明、谷津嘉章組 谷津嘉章(下)を踏みつける初代ジャイアント・キマラ(1989年2月26日)

関連するニュースを読む

WWE名物リングアナ「ザ・フィンク」死去、69歳

米プロレス団体WWE殿堂入りの名物リングアナウンサー、ハワード・フィンケル氏が16日、死去した。69歳だった。同日にWWEが発表した。

「ザ・フィンク」の愛称で親しまれ、77年にWWEの前身WWWFのマディソンスクエアガーデン大会でリングアナとしてデビュー。02年までメインアナとしてマイクを握っていた。

70~80年代、WWEの前身WWFが提携していた新日本プロレスのアントニオ猪木、藤波辰爾、タイガーマスクらがWWFニューヨーク大会に参戦した際もリングでコールを担当していた。90年代後半にはタキシードマッチに臨むなどリングで戦う活躍もみせていた。

09年にWWE殿堂入りを果たしたフィンケル氏に向け、ハルク・ホーガンは「ハワード・フィンケル氏は良い時も悪い時も『チーム・ホーガン』にいました。私の良き友人よ、安らかに眠ってください。あなたを愛している」と自らのツイッターでつづれば、WWEビンス・マクマホン会長も「WWE初期からのスタッフだったフィンケル氏の死を知って悲しみました。彼の象徴的な声のおかげで、スポーツエンターテインメントの歴史の中での偉大な瞬間は、よりグレートになりました」と追悼していた。

関連するニュースを読む

蝶野正洋と組んだホーガン「nWo」WWE殿堂入り

20年WWE殿堂入りは決まったバティスタ(左)とホーガン(右から4番目)らnWoメンバー(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

WWEは9日(日本時間10日)、「野獣」バティスタ(50)と人気ユニットnWoが20年WWE殿堂入りしたと発表した。

20年殿堂者の第1号となったバティスタはジョン・シナ、トリプルH、ジ・アンダーテイカーらWWEの歴史に残るスーパースターと激闘を展開。WWEヘビー級王座は2回、世界ヘビー級王座は4回も戴冠。リック・フレアー、トリプルH、ランディ・オートンとともに改革派のユニット「エボリューション」のメンバーとしても活躍した。昨年4月のレッスルマニア35大会ではトリプルHとノー・ホールズ・バード戦で激突。試合後には引退を表明していた。現在はハリウッド俳優としての成功を収めている。

nWo(ニュー・ワールド・オーダー)は「超人」ハルクホーガン、スコット・ホール、ケビン・ナッシュ、ショーン・ウォルトマンが率いた革新的なユニットとして人気を博した。また新日本プロレス蝶野正洋が合体し、nWoジャパンが立ち上がったことで日本での知名度が高まったユニットだった。WGWのスティング、ダイヤモンド・ダラス・ペイジ、レックス・ルーガーなどのライバルとしても躍動し、世界的なムーブメントを起こした。なお20年殿堂入りセレモニーは来年4月2日、米フロリダ州タンパベイのアマリー・アリーナで開催される。

nWo軍の蝶野正洋(中央)のセコンドとしてリングに上がったプロ野球横浜鈴木尚典(後列左)と三浦大輔(同右)は天山広吉(左端)とヒロ斎藤らと雄たけびを上げる(1998年1月4日撮影)

関連するニュースを読む

毒蛇オートン乱入しリコシェ沈める、中東決戦へ勢い

リコシェ(手前)をRKOで沈めるオートン(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:ロウ大会>◇28日(日本時間29日)◇米ミズーリ州セントルイス・エンタープライズ・センター

「毒蛇」ランディ・オートンが“中東決戦”に向けて勢いづいた。リック・フレアー率いる「チームフレアー」のキャプテンに就任。

サウジアラビアに乗り込み、10月31日のPPV大会クラウン・ジュエルで組まれたハルク・ホーガン率いる「チーム・ホーガン」との5対5タッグ戦に臨むことになっている。

リングでは「チーム・ホーガン」のリコシェと「チーム・フレアー」のドリュー・マッキンタイアが前哨シングル戦で激突。得意技のクレイモアを狙うマッキンタイアにカウンターキックを成功させ、トドメを刺そうとしたリコシェの前に突然、オートンが登場。得意のRKOでマットに沈めてしまった。反則裁定でマッキンタイアの負けとなったものの「チーム・フレアー」の勢いが増した形となった。

なお5対5対抗戦メンバーは次の通り。

★チーム・フレアー ランディ・オートン(C)、中邑真輔、キング・コービン、ボビー・ラシュリー、ドリュー・マッキンタイア

★チーム・ホーガン ローマン・レインズ(C)、ショーティーG、ルセフ、リコシェ

※(C)はキャプテン 

関連するニュースを読む

チーム・ホーガンPPV前哨戦勝利、中邑真輔ら下す

勝利を喜ぶチーム・ホーガン。左からショーティーG、ホーガン、レインズ、アリ(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇25日(日本時間26日)◇ミズーリ州カンザスシティー・スプリント・センター

ハルク・ホーガン率いるチーム・ホーガンがPPV前哨戦で勝利した。10月31日のPPV大会クラウンジュエル(サウジアラビア)でリック・フレアー率いるチーム・フレアーとの5対5タッグマッチを控え、ザ・ミズがMCのコーナー「ミズTV」で両チームが出演し、顔を合わせた。

ホーガンがフレアーと舌戦を展開すれば、フレアー組に入る中邑真輔のスポークスマン、サミ・ゼインからショーティGが侮辱され、さらなる口論が続いた。ホーガンの提案でPPV前哨戦として提案された3対3の6人タッグマッチが急きょメインイベントで開催された。

試合はチーム・ホーガンからはローマン・レインズ、ショーティG、アリが出場し、チーム・フレアーから選出された中邑、キング・コービン、緊急参戦のセザーロと対戦。ゴング直後、チーム・フレアーの奇襲を受け、ショーティGが中邑と関節技の取り合いを披露。アリも中邑のスピンキックやニー・ドロップを浴びた。しかしレインズがスーパーマンパンチからスピアーをセザーロにたたき込んだ後、アリが450度スプラッシュを成功させて3カウントを奪った。

5対5対抗戦メンバーは次の通り。

★チーム・フレアー ランディ・オートン(C)、中邑真輔、キング・コービン、ボビー・ラシュリー、ドリュー・マッキンタイア

★チーム・ホーガン ローマン・レインズ(C)、ショーティーG、ルセフ、リコシェ

※(C)はキャプテン 

関連するニュースを読む

フレアー最終メンバーにマッキンタイア指名 WWE

マッキンタイア(左)をホーガンとのチーム戦の最終メンバーに選んだリック・フレアー(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ロウ大会>◇21日(日本時間22日)◇オハイオ州クリーブランド・ロケット・モーゲージ・フィールドハウス

リック・フレアーが、ハルク・ホーガンのチーム戦に向けた最終メンバーにドリュー・マッキンタイアを指名した。

10月31日にサウジアラビア(キング・ファハド国際スタジアム)で開催されるPPV大会クラウン・ジュエルでハルク・ホーガン率いる「チーム・ホーガン」と5対5タッグ戦で激突するフレアーが登場。「チーム・フレアーがチーム・ホーガンを打ちのめす」と勝利を宣言した後、残り1枠だった最終メンバーとしてドリュー・マッキンタイアを紹介した。マッキンタイアは「クラウン・ジュエルの予告を見せてやる」と自信を見せて「チーム・ホーガン」に加入発表済みのリコシェと前哨戦で激突した。

フレアーが見守る中、パワーと体格に勝るマッキンタイアはリコシェを場外に投げ飛ばし、バリケードにたたきつけて先制。コーナーポストやターンバックルに投げて圧倒した。リコシェのドロップキックのカウンター攻撃を浴び、その場飛びシューティングスターやスプリングボード月面水爆でをたたき込まれた。さらに豪快なシューティング・スタープレスまで食らったものの、何とかフォールを逃れた。

場外戦で痛めつけた後、リコシェをリングに戻すと得意のクレイモアでリコシェを蹴りつけて3カウントを奪った。試合後も倒れ込んだリコシェを攻撃し、アラバマスラムでリコシェを場外の鉄製ステップにたたきつけると、フレアー拍手を送られていた。なお出そろった5対5対抗戦メンバーは次の通り。

★チーム・フレアー ランディ・オートン(C)、中邑真輔、キング・コービン、ボビー・ラシュリー、ドリュー・マッキンタイア

★チーム・ホーガン ローマン・レインズ(C)、ショーティー・ゲイブル、アリ、ルセフ、リコシェ

リコシェ(左)にクレイモアを見舞うマッキンタイア(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

関連するニュースを読む

中邑真輔、サウジPPV大会はフレアーチームで参戦

31日のWWEサウジアラビア大会のホーガンVSフレアーのチーム対抗戦で、フレアーチームに入る中邑(右端)(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

WWEインターコンチネンタル王者中邑真輔が今月末のサウジアラビア大会でリック・フレアー率いるチームの一員として戦うことになった。

10月31日、サウジアラビア・リヤドのキング・ファハド国立スタジアムで開催されるPPV大会クラウン・ジュエルで組まれたハルク・ホーガンVSフレアーのチーム対抗5対5タッグ戦に出場することが14日(日本時間15日)、発表された。中邑はボビー・ラシュリーとともにチーム・フレアー、チーム・ホーガンにはリコシェが加入する。 これでチーム・フレアーはキャプテンのランディ・オートンとキング・コービンを加えたメンバー4人が決定し、チーム・ホーガンはキャプテンのWWEユニバーサル王者セス・ロリンズとルセフに加えたメンバー3人が固まった。残りメンバーは後日、発表される。

関連するニュースを読む

ホーガン組とフレアー組がサウジPPV大会で対戦

リング上でにらみ合うホーガン(右)とフレアー(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇9月30日(日本時間1日)◇アリゾナ州フェニックス・トーキング・スティック・リゾート・アリーナ

中東の地で「超人」ハルク・ホーガン・チームVS「ネーチャー・ボーイ」リック・フレアー・チームの対戦が決まった。

ザ・ミズがMCを務めるコーナー「ミズTV」にゲストとしてホーガン、フレアーが登場。両者は舌戦を展開してヒートアップすると、マイクを握るミズの口から31日のPPV大会クラウン・ジュエル(サウジアラビア・リヤド・キング・ファハド国際スタジアム)で、ホーガン・チームVSフレアー・チームによる5対5マッチが発表された。

さらにホーガン・チームの主将には現ユニバーサル王者セス・ロリンズ、フレアー・チームの主将はランディ・オートンに決定したことも発表。そのまま両者がリングに立った。オートンから主将同士の試合を提案され、ロリンズも受諾したものの、バロン・コービンの乱入とルセフの救出によって試合できずじまい。両者の対戦は中東まで持ち越しとなったようだ。

関連するニュースを読む

ハーリー・レイスさん死去 猪木、馬場らと激闘

NWA世界ヘビー級王座を奪い特別立会人のハーリー・レイス氏(右)と喜び合う小島(2014年1月4日撮影)

「ミスタープロレス」「ミスターNWA」と呼ばれたハーリー・レイスさんが1日(日本時間2日)、肺がんによる合併症のために死去した。76歳だった。同日、WWEなどが発表した。3月に肺がんを告白し、先月にはイベント出席の移動中に病状が悪化して入院していたという。

60年代から本格的にプロレス界に進出したレイスさんは68年2月、日本プロレスで初来日。ディック・ザ・ブルーザーと組み、ジャイアント馬場、アントニオ猪木組が保持したインターナショナル・タッグ王座に挑戦した。70年にも猪木、吉村道明組が保持したアジアタッグにも挑戦。72年には坂口征二のUNヘビー級王座にも挑戦した。

73年にドリー・ファンクJr.を下し、NWA世界ヘビー級王座を獲得。同年から全日本プロレスを主戦場とし、馬場、ジャンボ鶴田、アブドーラ・ザ・ブッチャー、ミル・マスカラスを挑戦者に迎え、防衛戦も行った。またWWEの前身WWF王者とのダブルタイトル戦にも臨んだ。また82年には鶴田を下し、UNヘビー級王座、馬場からPWFヘビー級王座を奪取していた。

83年にはリック・フレアーを下し、7度目のNWA王座を獲得。80年代初頭までNWAの象徴として存在感を示し、通算8回のNWA王座獲得もあってNWAベルトは通称「レイスモデル」と言われ、本人が所持していた。

86年にはWWFに移籍し、ハルク・ホーガンのWWFヘビー級王座にも挑戦。WWFではアンドレ・ザ・ジャイアントとも共闘した。

95年の引退後にはプロレス団体のWLWを主宰し、後進の育成に尽力。日本とのつながりも深く、05年には小橋建太の訪問も受けた。10年11月からはプロレスリング・ノアのGHC管理委員長に就任。米国でノアの選手の育成を受け入れていた。04年にはWWE殿堂入り。13年には9年ぶりに来日し、ノアの有明大会で立会人を務め、14年には新日本プロレス東京ドーム大会で開催されたNWA世界ヘビー級選手権の特別立会人を務めていた。

関連するニュースを読む