上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

RIZIN堀口W受賞 バトル大賞MVP&最高試合

キック&総合格闘技部門でMVPの堀口

読者が選ぶ第23回日刊バトル大賞の18年キック&総合格闘技部門は、RIZINで活躍する堀口恭司(28)が、年間最高試合と合わせてダブルの初受賞となった。18年は那須川天心とのキックボクシング対決(判定負け)が話題を呼び、大みそかのRIZIN14大会で初代バンタム級王座を獲得。その実力がファンに支持された。

「うれしいですね。昔は全然名前とか知られてなかったが、天心の試合で顔を覚えてもらった。大みそかは、格闘技の面白さを伝えられた」と1年を振り返った。年間最高試合にも選ばれたバンタム級王座決定戦は、米国王手ベラトールの現役バンタム級王者コールドウェルとの頂上決戦。1、2回と不利な展開を、最終3回の前方裸絞めで逆転勝ちした。

世界最高峰のUFCで最もタイトルに近い日本人と言われ8戦7勝1敗の成績を残しながら、17年2月にRIZINへ電撃参戦。同年バンタム級トーナメントを制したが、18年は文字通りRIZINの顔となった。19年に向けて「日本ではベルトを守って、米国でベラトールのベルトを取ること。それから、総合格闘技をもっともっと盛り上げて、PRIDEを超えたい」と、堀口は王者の野望を口にした。【桝田朗】(おわり)

年間最優秀選手
年間最高試合

関連するニュースを読む

山中慎介が2冠/バトル大賞

投票してくれた読者に「感謝」と色紙に記したWBC世界バンタム級王者・山中慎介

 読者が選ぶ「第18回日刊バトル大賞」ボクシング部門MVPは、WBC世界バンタム級王者・山中慎介(31=帝拳)が初受賞した。V4戦となった8月のニエベス戦で年間最高試合も初受賞し、2冠に輝いた。今年は4、8、11月の防衛戦を3連続KOで勝利し「すべてKOで終わらせ、すべてが日刊スポーツの1面を飾ったことが大きいのでは。トータルでインパクトを残せたと感じています。読者の方に選んでいただいたこともうれしいです」と、感謝の言葉を口にした。

 今年は同じバンタム級でWBA王座に興毅(今月6日に返上)、WBO王座に和毅と、亀田兄弟が就いていたことで、常に試合内容を比較された。2人のいずれかとの統一戦の話題も出たことで、山中の存在感は増した。「亀田君との統一戦が実現するかどうかは別にして、話題になったことは大きかったかもしれないですね」と自己分析した。

 世界王者となって以降は「メールや電話で反響が大きい」とスポーツ紙の1面を飾ることへの意識も高まった。来年1月には待望の米ラスベガス合宿も内定。「来年は米国でビッグマッチができれば。そのまま日刊スポーツの連続1面を続けたい」。米進出でも話題を提供する。【藤中栄二】

 ◆山中慎介(やまなか・しんすけ)1982年(昭57)10月11日、滋賀・湖南市生まれ。南京都高1年でボクシングを始める。専大ボクシング部を経て、帝拳ジムへ。06年1月にプロデビュー。10年6月、日本バンタム級王座を獲得。11年11月、エスキベル(メキシコ)とのWBC世界バンタム級王座決定戦に勝って王座獲得。身長171センチの左ボクサーファイター。

関連するニュースを読む

ジョーンズV6で初受賞/バトル大賞

日刊バトル大賞の格闘技部門MVPに選ばれたジョン・ジョーンズ

 読者が選ぶ「日刊バトル大賞」の格闘技部門MVPは、UFCライトヘビー級王者ジョン・ジョーンズ(26=米国)が初受賞した。新時代の旗手と呼ばれ、今年はビッグマッチ2連勝。UFCの歴史を塗り替える存在であることを強烈アピールした1年となった。

 4月のV5戦で人気ファイターのチェール・ソネン(米国)を完封し、1回TKO勝ちした。9月には同級1位の最強挑戦者アレクサンダー・グスタフソン(スウェーデン)に判定勝ちしてV6防衛成功。UFC同級ではUFC殿堂入りのティト・オーティズ(米国)がマークしたV5を超える記録を更新した。

 プロデビューからわずか3年の11年3月、当時の王者マウリシオ・ショーグン(ブラジル)に3回TKO勝ちし、史上最年少(23歳8カ月)のUFC王者に。昨年8月にはナイキと契約し、UFC内で同メーカーの象徴的存在となった。「(動画サイトの)ユーチューブを見て、独学で技を覚える」と防衛戦ごとに新技を見せる異色なスタイルも魅力。来年2月、同級2位グローバー・ティシェイラ(ブラジル)とのV7戦が決定済み。王座防衛が続けば、UFC最強王者と呼ばれる日も近い。

 ◆ジョン・ジョーンズ 1987年7月19日、米ニューヨーク州ロチェスター生まれ。高校時代にレスリングで同州大会優勝。08年に格闘家デビュー。3カ月で6勝し、同年8月にUFCと契約。09年にTUFに出場して知名度がアップ。11年3月にUFCライトヘビー級王座を奪取。リーチは215センチ。サイズは193センチ、93キロ。

関連するニュースを読む

オカダ「当たり前」MVP/バトル大賞

日刊バトル大賞プロレス部門のMVPを受賞したオカダ

 読者が選ぶ「第18回日刊バトル大賞」プロレス部門は、新日本のIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(26)が、2年連続で最優秀選手賞(MVP)に輝いた。ベストバウトを受賞し2位に付けた中邑真輔を振り切った新時代の王者が、13年のプロレス界を席巻した。

 ファンの支持を集めたこともオカダにとっては、「当たり前」の結果だった。それでも、接戦を繰り広げた相手が同門の中邑だったことには満足顔。「それだけ新日本がずばぬけているということ。結果に一番ジェラシー感じているのは棚橋さんじゃないですか」。

 「新日本にカネの雨を降らせる」と豪語するレインメーカーの勢いは、今年に入りさらに加速した。3月に「NEW JAPAN CUP」を制すると、4月には棚橋を破りIWGP王座2度目の戴冠に成功。以降、6度の防衛を果たした。「満足できる試合をもっとできたとも思います。僕からすればカネの雨はまだパラパラです。14年以降はもっといきますよ」とさらに上のレベルを見据えた。

 来年1月4日の東京ドーム大会で行われる内藤哲也とのV7戦は、試合順を決めるファン投票により、中邑-棚橋戦に大トリを奪われた。「米国(武者修行)から帰って初めて悔しい思いをしましたね。ただ僕は、ヘビー級王者として41年の歴史が詰まった試合をするだけです」。最後に本紙にも一言。「1面を用意しておいてください。日刊さんにもカネの雨を降らせますよ(笑い)」。14年も主役の座は譲らない。【奥山将志】

 ◆オカダ・カズチカ 1987年(昭62)11月8日、愛知県安城市生まれ。03年4月闘龍門に入門。04年8月29日にメキシコでデビュー。07年7月新日本入門。得意技はレインメーカー、墓石式脳天くい打ち、ドロップキック。191センチ、107キロ。血液型A。

<MVP得票率>(上位4人)

 (1)オカダ・カズチカ 35%

 (2)中邑真輔 28%

 (3)KENTA 23%

 (4)曙 8%

関連するニュースを読む

引退ゆずポン今後は芸能活動/スターダム

引退セレモニーでファンに投げ込まれた紙テープに囲まれてポーズを取る愛川

<スターダム>◇29日◇東京・両国国技館◇観衆5500人

 グラビアアイドルでプロレスラーの「グラレスラー」愛川ゆず季(29)が約2年半というプロレス人生の幕を閉じた。敵対関係にあった世IV虎(よしこ=19)との引退試合に臨んだ。ゆずポンキック、シャイニング・ゆザードなど得意技を駆使したが、最後は相手のパワーに押され、15分11秒、ダイビングセントーンを受けてフォール負け。10年10月に正式デビューし、シングル戦の戦績は23勝5敗3分けで現役生活を終えた。

 同団体のロッシー小川社長から、V7防衛した王座ワンダー・オブ・スターダムの白ベルトを永久保持として贈られた愛川は「私はもっともっと幸せになります。結婚ではありません。グラレスラーのシンデレラとして旅立ちます」と感慨に浸った。愛川は女子プロレス大賞とニッカン★バトル大賞の女子プロレス部門MVPを史上初めて2年連続で獲得。女子プロレス界をけん引してきたが、今後は芸能活動に専念する。

関連するニュースを読む

引退表明ゆずポン連続MVP/バトル大賞

2年連続で日刊バトル大賞女子プロレス部門MVPを獲得した愛川ゆず季

 スターダムの「ゆずポン」こと愛川ゆず季(29)が全体の31%の票を獲得し、12年の日刊バトル大賞女子プロレス部門MVPを2年連続で獲得した。WAVEなどで活躍するフリーの紫雷美央(24)との接戦を3ポイント上回った。来年4月29日のスターダム両国大会での引退を発表しており、現役選手としての受賞は今回が最後となる。

 全力で走り続け、数々の夢を実現したゆずポンの1年を、ファンは見ていた。1人ひとりの支持が集まっての2年連続MVPだ。「私はプロレスがうまいわけでも、運動が特別得意なわけじゃない。一生懸命、全力と意識してきた。それを見てくれたことがうれしい」と笑顔を見せた。

 「グラレスラー」という独自の分野を確立した昨年を、さらに進化させた1年だった。4月に故郷の愛媛・新居浜で凱旋(がいせん)興行「ゆずポン祭」を開催。家族や子どものころに世話になった人々に成長を見せることができた。リング上でもワンダー・オブ・スターダム王座の防衛回数を5回に伸ばし、シングル最強決定リーグ「5★STAR GP」でも初代女王となった。先輩として、夕陽ら新人レスラーのデビュー戦の相手も務めた。一方で自信が率いるユニット「全力女子」裏切った鹿島沙希を圧倒的な力で制裁するなど「殺気」を感じさせる闘いも見せた。

 順風満帆に見えた1年だが、大きな挫折も経験した。5月3日の後楽園大会を腰の負傷で欠場し、タッグパートナーだった美闘陽子(引退)とのワンダー・オブ・スターダム王座防衛戦が消滅した。ファンの期待を裏切る形になった。「人生で一番つらい経験だった」と振り返る。

 それでも現実から逃げることなくリングからファンに謝罪した。その後も関係者席に残り、悔しさで赤くした目でリング内の闘いを見つめ続けた。「申し訳ない気持ちを自分でファンに伝えないと、と思っていました。でも、あの悔しい経験があったから、もっと頑張れた。腰が痛かったら違う部分を鍛える。今までよりプロレスに割く時間が多くなりました」。挫折がプロレスラーとしての器を、さらに大きくした。

 プロレスラー愛川ゆず季が見られるのもあと4カ月となった。引退試合となる来年4月の両国大会でメーンを務めるために、直前に迫った24日の後楽園大会で高橋奈苗が保持する団体最高峰タイトル「ワールド・オブ・スターダム王座」を奪取するつもりだ。「これまでの応援に感謝しています。そういう方々への感謝の気持ちを込めて、全力で戦います」。最後まで代名詞の「全力」で走り抜ける。【来田岳彦】

 ◆愛川ゆず季(あいかわ・ゆずき)1983年(昭58)5月16日、愛媛県新居浜市生まれ。03年にタレントデビュー。バスト100センチの爆乳とクラシックバレエで鍛えたしなやかな肉体でグラビアを飾り人気アイドルとなる。10年5月からプロレス練習を始め10月31日、高橋奈苗戦でデビュー。テコンドーの経験を活かしたゆずポンキックで活躍する。11年1月のスターダム旗揚げに参加。同7月にはワンダー・オブ・スターダム王座を獲得。デビュー9カ月でシングル王者となる。同年11月には美闘陽子(引退)と組んでタッグ王座、今年9月にはシングル最強リーグ「5★STAR GP」を制し、初代女王となった。158センチ、50キロ。血液型B型。

◆MVPトップ3

(1)愛川ゆず季31%

(2)紫雷美央28%

(3)栗原あゆみ19%

関連するニュースを読む

オカダ3冠「普通のこと」/バトル大賞

MVP、殊勲賞、ベストバウトの3冠を受賞したオカダ・カズチカ

 読者が選ぶ「日刊バトル大賞」のプロレス部門MVPは、今年2月に史上2番目の若さの24歳3カ月でIWGPヘビー級王者となり、8月のG1クライマックスで史上最年少で初出場初優勝を果たした、新日本のオカダ・カズチカ(25)が受賞した。併せて殊勲賞、ベストバウトも受賞して、3冠に輝いた。

 「別に普通のことですよね」。圧倒的な支持を、オカダは当然のことと、クールにほほ笑んだ。

 今年の1・4東京ドーム大会。11度目の防衛を果たしたIWGP王者棚橋の前に現れ、挑戦を表明した。2年間の米国修業を積んだとはいえ、実績ゼロでの無謀な挑戦表明に会場は、戸惑いとブーイングに包まれた。

 だが、2・12大阪大会でベストバウトに選ばれた戦いを繰り広げて戴冠。191センチの長身、甘いマスクにクールな振る舞い。そして、ドロップキック、関節技から必殺のレインメーカー(短距離式ラリアット)へとつなぐシンプルで迫力満点の試合内容。若い世代を新日本の会場へと呼び寄せた。「あのドームで俺にブーイングを浴びせた人たちが、手のひらを返した。自分は当たり前のことをしてきた、当たり前の結果だ」と言い切る。

 2週間後の1・4東京ドーム大会で、再び棚橋を下し2度目のIWGP戴冠を狙う。

 「時代を変える。今年1年は、プロレスファンの心に響いただけ。来年は一般の人にもオカダ・カズチカを、そしてプロレスを響かせる。そのスタートが東京ドームだ」とさらなる高みを望んでいる。【小谷野俊哉】

 ◆オカダ・カズチカ 1987年(昭62)11月8日、愛知県安城市生まれ。03年4月闘龍門に入門。04年8月29日にメキシコ・アレナコリセオでネグロ・ナバーロ戦でデビュー。同年12月ヤングドラゴン杯優勝。07年7月新日本入門、08年4月12日石狩太一戦でデビュー。10年TNA参戦。得意技はレインメーカー、墓石式脳天くい打ち、ドロップキック。191センチ、107キロ。

<日刊バトル大賞プロレス部門>

MVP オカダ・カズチカ

殊勲賞 オカダ・カズチカ

 〃  K・アンダーソン

敢闘賞 永田裕志

技能賞 中邑真輔

タッグ 大森、征矢

最高試合 オカダ-棚橋

※最高試合は2月12日

関連するニュースを読む

強さ永遠!引退ヒョードル/バトル大賞

 読者が選ぶ「日刊バトル大賞」の格闘技部門MVPは、今年6月に引退したエメリヤーエンコ・ヒョードル(36=ロシア)が受賞した。格闘技界に大きな足跡を残した男に、ファンが敬意を表しての選出だ。

 柔道から総合格闘技に転向して00年5月にリングス・ロシアでマルティン・ラザロフに一本勝ちデビュー。それから10年6月にストライクフォースでファブリシオ・ヴェウドゥムに一本負けするまで、負傷判定以外は10年以上負けなし。全盛期のPRIDEで活躍して「人類最強」「60億分の1の男」と呼ばれた。

 スタイルでも魅了した。柔道、サンボをバックボーンにした組み技の強さに加え、打撃でも天性のスピードと強さを見せた。特に03年は6月にPRIDEで藤田和之を1回4分17秒に裸絞めで撃破、大みそかの猪木祭りでは永田裕志にパンチ連打で1回1分2秒にTKO勝ち。プロレス界最高峰の元IWGP王者2人に圧勝したことで、日本の格闘技は全盛期を迎えた。日本では昨年の大みそかの「元気ですか!! 大晦日!! 2011」(さいたまスーパーアリーナ)で、石井慧に1回2分34秒、KO勝ちが最後の雄姿となった。

 ラストマッチとなった今年6月21日のペドロ・ヒーゾ戦は、リングサイドでプーチン大統領も見守った。パウンド連打で1回1分24秒にTKO勝ちするとヒョードルは「ついにその時が来た。このスポーツから引退する」。リングから去っても、その強さは永遠に語り継がれる。【小谷野俊哉】

 ◆エメリヤーエンコ・ヒョードル 1976年9月28日、ロシア出身。柔道家から総合格闘技に転向。00年リングスでヘビー級、無差別級王者。02年6月PRIDE参戦、03年同ヘビー級王者。04年同級GP制覇。08年アフリクションに参戦、WAMMA王者。09年11月ストライクフォース参戦。今年6月21日、M-1グローバルでペドロ・ヒーゾにTKO勝ち後、引退表明。戦績は35勝4敗1無効試合。182センチ、106キロ。

<格闘技部門MVP>

 (1)ヒョードル、21%

 (2)アンデウソン・シウバ、18%

 (3)五味隆典、17%

 (4)J・ドス・サントス、16%

 (5)B・ヘンダーソン、10%

 (6)G・サンピエール、8%

 (7)J・ジョーンズ、7%

  その他、3%

※順位、選手名、得票率の順。

関連するニュースを読む

井岡3冠!次は2階級制覇だ/バトル大賞

2年連続で日刊バトル大賞を受賞した井岡一翔(撮影・木村有三)

 読者が選ぶ「日刊バトル大賞」のボクシング部門は、前WBA&WBC世界ミニマム級統一王者でWBA世界ライトフライ級2位の井岡一翔(23=井岡)が「3冠」に輝いた。MVPと敢闘賞は2年連続、さらに今年はベストバウト賞も獲得。日本人初の2団体統一王者となった6月の八重樫東戦が、ファンに大きなインパクトを与えた。

 MVPの栄冠は、ロンドン五輪金メダリストの村田諒太や、WBC世界バンタム級王座を2度防衛した山中慎介を抑えてつかんだ。「このメンバーは今年活躍された方々。恐縮な気持ちと、うれしい気持ちがあります」と、慎重に言葉を選びながら喜んだ。

 井岡の1日のルーティンには、本紙を熟読する時間が入っている。「毎朝バトル面は見てるので親近感があるし、そこで選んでもらえたのがうれしい」と、読者ファンにも感謝した。

 最近、刺激を受けた試合の1つが、元世界6階級王者パッキャオ(33)が、4階級制覇王者マルケス(39)にKO負けした一戦だ。ノンタイトル戦でかつ4度目の顔合わせながら2人合わせて約23億円のファイトマネーが飛び交ったビッグマッチ。「日ごろから節制をやっているからこそ、お互い一流をキープできる。尊敬します」と話した。

 大みそかには2階級制覇を懸けて、WBA世界ライトフライ級王座決定戦に臨む。「しっかり結果を残して『やっぱり最後は井岡一翔だな』と言われるように、すべてを持っていきたいですね」。史上最多となる1日5世界戦が行われる年の瀬も、主役は譲らない。【木村有三】

 ◆井岡一翔(いおか・かずと)1989年(平元)3月24日、大阪・堺市生まれ。元世界2階級王者井岡弘樹氏のおい。大阪・興国高では史上3人目の高校6冠。08年に東農大を中退してプロ転向。7戦目で世界王座を獲得し、国内最速記録を樹立。164センチの右ボクサーファイター。得意パンチは左フック。家族は両親と弟2人。

◆MVPトップ3

(1)井岡一翔49%

(2)村田諒太32%

(3)山中慎介15%

◆敢闘賞トップ3

(1)井岡一翔27%

(2)村田諒太22%

(3)西岡利晃15%

◆最高試合トップ3

(1)井岡vs八重樫53%

(2)ドネアvs西岡24%

(3)山中vsロハス14%

関連するニュースを読む