上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

江畑佳代子が初防衛 営業マンと両立「証明したい」

WBO女子ミニフライ級王座の初防衛に成功した江畑はベルトを巻いて記念撮影する(撮影・松本俊)

<ボクシング:WBO世界女子ミニフライ級王座決定10回戦>◇8日◇東京・後楽園ホール

 王者江畑佳代子(42=ワタナベ)が初防衛に成功した。元IBFミニマム級王者のパク・ジヒョン(32=韓国)との対戦。前半は足を使いながらポイントをリードしたが、後半は前に出てくる相手に反撃された。判定はジャッジ1人がドロー、2人が2、4ポイント差で2-0での判定勝ちとなった。

 終盤追い上げられての判定になり、江畑は「怖かった」という。プロレス好きで「勝ってコーナーポストに登ろう」と考えていたが「忘れてしまった。勝ってホッとしたので」とあんどの表情だった。「もっと楽に勝てるかと思ったが、体の圧力やパンチもあり、強かった」と相手をほめた。

 初挑戦から7年目にして、昨年5月に6度目の挑戦で悲願の王座についた。広告代理店で化粧品担当のOLだが、担当が増えたり、立場もあり、仕事は忙しい。朝走ってから出社し、午後8時からの練習後に会社へ戻る日も多い。週末2日休みに仕事が入ることもある。

 「年齢もあるし、減量も大変。最大の課題は疲労回復」と、平日も1日は練習を休み、銭湯などで体を休め、無理をしないようにしている。1月に42歳になったが「営業マンとして誇りを持って、両立できることを証明したい。もう少し続けたい」。リング上では最後に「お局さまとして君臨していきます」と応援に来た後輩らに呼び掛け。応援に来た会社の仲間らに拍手喝采を浴びていた。

王者江畑(右)は挑戦者パク・ジヒョンと最終10回まで激しく打ち合った末に初防衛に成功する(撮影・松本俊)

関連するニュースを読む

江畑佳代子、挑戦者と一緒にイチゴのもぐもぐタイム

王者江畑佳代子(左)と挑戦者パク・ジヒョン

 女子ダブル世界戦の前日計量が7日に都内であり、4選手とも1回でパスした。

 8日に東京・後楽園ホールでV1戦のWBOミニフライ級王者江畑佳代子(ワタナベ)は大好きなイチゴを手に計量。挑戦者パク・ジヒョンにもおすそ分けし「減量で1週間だけ我慢した。もぐもぐタイムです」と平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)カーリング女子銅メダルのLS北見にあやかった。WBOライトフライ級王座決定戦のチャオズ箕輪(ワタナベ)は「9階級制覇の1本目をとる」と言えば、天海ツナミ(アルファ)は2階級制覇へ「倒して勝ちたい」と宣言した。

関連するニュースを読む

江畑佳代子「もぐもぐタイム」計量クリア後にイチゴ

王者江畑佳代子(左)と挑戦者パク・ジヒョン

 ボクシングの女子ダブル世界戦の前日計量が7日に都内で行われた。4選手とも1回でクリアした。初防衛戦となるWBOミニフライ級王者江畑佳代子(42=ワタナベ)は47・5キロ、パク・ジヒョン(32=韓国)は47・0キロ。ともにリミットの47・6キロを下回ってクリアし、8日に東京・後楽園ホールで対戦する。

 江畑は大好きというイチゴを一粒手にして計量器に乗った。ともに計量を終えると挑戦者パクにも一粒おすそ分けした。「1週間だけ減量で我慢していた。もぐもぐタイムです」と女性らしいパフォーマンスを見せた。初挑戦から7年目にして、昨年5月に6度目の挑戦で悲願の王座についた。広告代理店で化粧品などを担当するOLは1月42歳になったが「基本相手は年下なので、年齢は気にしない。最後まで落ちない相手なので、油断はできない」と気を引き締めていた。

関連するニュースを読む

チャオズ箕輪が天海ツナミ挑戦 3・8女子W世界戦

チャオズ箕輪(2016年9月21日撮影)

 ボクシングの女子ダブル世界戦が15日に発表された。3月8日に東京・後楽園ホールで、WBOライトフライ級王座決定戦ではチャオズ箕輪(ワタナベ)が6戦目で世界初挑戦し、2階級制覇を狙う天海ツナミ(アルファ)と対戦する。

 5度目の挑戦でWBOミニフライ級王者となった42歳の江畑佳代子(ワタナベ)は、パク・ジヒョン(韓国)との初防衛戦となる。

関連するニュースを読む

王者江畑佳代子は初防衛戦、3・8女子ダブル世界戦

江畑佳代子

 ボクシングの女子ダブル世界戦が15日に発表された。3月8日に東京・後楽園ホールで、WBOライトフライ級王座決定戦ではチャオズ箕輪(30=ワタナベ)と天海ツナミ(33=アルファ)が対戦する。WBOミニフライ級王者江畑佳代子(42=ワタナベ)は、パク・ジヒョン(32=韓国)との初防衛戦を迎える。

 チャオズは全日本7連覇の実績があり、16年プロデビューから6戦目での世界挑戦となる。天海は09年にWBAスパーフライ級に次いで階級制覇がかかる。この王座は5階級制覇した藤岡奈穂子(竹原慎二&畑山隆則)が返上したもの。

 メインの江畑は初挑戦から7年目にして、昨年5度目の挑戦で悲願の王座についた。この日は女子のみの興行となり、東洋太平洋1試合と日本王座戦3試合もあり、6大タイトル戦となった。

関連するニュースを読む