上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

WWEベイリーがPPVでSD王者ブレアに挑戦決定

スマックダウン女子王者ビアンカ・ブレア(右)と舌戦を展開した挑戦者のベイリー(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇23日(日本時間24日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

WWE女子初のグランドスラム(NXT女子、スマックダウン女子、ロウ女子、WWE女子タッグの全王座を1度以上獲得)を達成したベイリー(31)が、5月16日のPPV大会レッスルマニア・バックラッシュでスマックダウン女子王者ビアンカ・ブレア(32)に挑戦することが発表された。

バックステージでベイリーは「私の対戦相手になった新鋭の王者ビアンカはとても失礼でわがまま。親切に世話してやったのに、感謝の言葉もないし。私のタイトルをPPVで取り戻して後悔させてやる」と毒舌を履いていると、ブレアの夫モンテス・フォードの耳に入り、ブレアに電話連絡を入れられた。

その後、ベイリーは王者ブレアと顔を合わせた。先に王者から「何か私に言いたいなら直接言って」と詰め寄られると、ベイリーは急にあらたまり「レッスルマニアで歴史をつくったわね。おめでとう。初の挑戦者になれて、とても光栄だわ」とわざとらしく優等生発言を連発。最後は戸惑うブレアを笑い飛ばしながら立ち去っていた。

関連するニュースを読む

新王者ブレアが夫と公開祝勝会 バンクスはいら立ち、ベイリーも挑戦を要求

スマックダウン女子王座獲得を喜ぶ同王者ビアンカ・ブレア(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇16日(日本時間17日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

スマックダウン女子王者ビアンカ・ブレアが夫モンテス・フォードとリング上で公開祝勝会を開いた。

レッスルマニア37大会でサーシャ・バンクスを下し、新王者となったブレアは夫のユニットストリート・プロフィッツに呼び込まれてリングイン。「挫折や苦しいこともあったけど、この状況がかなうと信じてたわ。1年前はレッスルマニアのメインイベントでスマックダウン女子王座を獲得するなんて想像もできなかったけど。みんなそれぞれ『EST』(最大級)を持っている。夢があるならかなえることができる。レッスルマニアは魔法のようだったけど、私はまだ歴史をつくり始めたばかりよ」とファンに報告。ストリート・プロフィッツと3人で抱擁をを交わしていた。

ブレアの祝勝ムードとは正反対に、前王者バンクスはバックステージでブレアのロングヘアーショットの傷痕を見せながらいら立ちをみせた。さらに元王者ベイリーも「ビアンカはみんなの望む王者じゃない。私がチャレンジしてタイトルを取り戻す」と王座挑戦を要求していた。

夫フォード(右端)とリングに立ったスマックダウン女子王者ブレア(左端)中央はドーキンス(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

NXT女子新王者ゴンザレス前王者に敬意 「紫雷イオは素晴らしい王者」

新女子王者3人がNXT大会に集結。左からNXT女子王者ゴンザレス、スマックダウン女子王者ブレア、ロウ女子王者リプリー(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:NXT大会>◇15日配信◇米フロリダ州オーランド

前週のレッスルマニアウイークにベルト奪取に成功したNXT女子王者ラケル・ゴンザレス、ロウ女子王者リア・リプリー、スマックダウン女子王者ビアンカ・ブレアが出身リングとなるNXT大会に集結した。

紫雷イオを倒し、NXT女子王者となったゴンザレスは「紫雷イオは素晴らしい王者だ。でも私の時代が始まった」と前王者に敬意を表しつつ、新王者としての風格を漂わせた。その後、「明日の女帝」アスカを撃破して新ロウ女子王者リア・リプリーがリングインし、ゴンザレスと抱擁。続けて「ボス」ことサーシャ・バンクスを下して新スマックダウン女子王者となったビアンカ・ブレアも登場。それぞれが自身のベルトを掲げて王座戴冠を祝福し合っていた。

関連するニュースを読む

女子RRを制したビアンカ・ブレア王座初奪取 レッスルマニアメインを飾る

結んだ長い髪を王者サーシャ・バンクス(右端)に引っ張られたビアンカ・ブレア(左端)(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第1日>◇10日(日本時間11日)◇米フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアム

今年1月の女子ロイヤルランブル(RR)戦を制したビアンカ・ブレア(32)が勢いそのままにスマックダウン女子王座の初奪取に成功した。

女子RR戦を制して得た王座挑戦権で自ら指名した同王者サーシャ・バンクス(29)を必殺技キス・オブ・デス(KOD)で撃破。祭典のメインイベントで新王者となった。

バンクスの豪快なトペ・スイシーダに対し、ブレアは細身に似合わない怪力を生かし、そのまま捕獲して放り投げた。さらにランニング・ダブルニーを防護壁に誤爆したバンクスにバーティカル・スープレックスやスタンディング式シューティングスターから450度スプラッシュを放ったが、ヒザの剣山で迎撃されてダメージを負った。

逆に王者のトルネードDDTやフロッグスプラッシュ、得意のバンク・ステートメントで絞められた。何とかロープ回避すると、バンクスの攻撃がターンバックルに誤爆したチャンスを逃さなかった。450度スプラッシュから、引っ張られた自らの髪の毛を逆に生かしてムチ攻撃。最後はバンクスを担ぎあげ、KODを決めてフォール勝ちした。家族も観戦する中、メイン戦で王座初戴冠という偉業を成し遂げた。

試合後、自らのSNSを通じ「やったよ! スマックダウン女子王者だ」と喜びをつづったブレアは16年5月にWWEと契約。同年9月、NXTデビュー。女子トーナメントのメイ・ヤングクラシック2回戦ではカイリ・セイン(宝城カイリ)とも対戦した。今年1月には30人出場時差式バトルロイヤルとなる女子ロイヤルランブル戦で、最後にリア・リプリーを排除して初制覇していた。

王者サーシャ・バンクス(右下)を下し、スマックダウン女子王座を初戴冠したビアンカ・ブレア(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

昨年レッスルマニア出場カイリ・セインが入門指南/WWEの世界(1)

WWEの「アンバサダー」を務めるカイリ・セイン(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米プロレスWWEには現在、中邑真輔(41)、アスカ(39)、紫雷イオ(30)らが在籍し、第一線で活躍している。

10日(日本時間11日)からは2日間にわたり、米タンパで年間最大の祭典レッスルマニア37大会が開催。世界中のプロレスファンが注目している。日刊スポーツ・コムでは「WWEの世界」と題し、米最大規模マットの話題を届ける。第1回はWWEの「アンバサダー」として活動するカイリ・セイン(32)が登場。レッスルマニアからのWWE入門を勧めた。【取材・構成=藤中栄二】

 ◇   ◇   ◇

85年3月、米ニューヨーク・マディソン・スクエア・ガーデンで開催された第1回大会から数え、今年で37回目を迎えるレッスルマニア。ハルク・ホーガンの登場で全米のプロレス熱が一気に高まり、レッスルマニアが始まった。レッスルと、ホーガンのキャッチフレーズ「ハルカマニア(ハルク狂)」をミックスさせた名称のイベントは現在、10万人規模のスタジアムで開催されている。

カイリは「レッスルマニアはWWE入門にうってつけです。見始めるにはベストタイミングだと思います。いろいろな試合が詰め込まれている。戦国で言うと天下分け目の戦。さまざまな国の将軍が集まって一騎打ちするイメージですね」と口調を強める。WWEはライバル団体だったWCW、AWA、ECWなどの米プロレスの歴史を受け継ぎ、各選手のキャラクターが際立つ試合や因縁が生まれている。

「感動する試合もあれば、本当に面白い試合、選手に火をつけてしまうような奇想天外な展開もあったり、女子の試合もある。バラエティーに富んでいる。こんな面白い団体なんだと分かります。WWEを見ようかと迷っている方、少しWWEが気になっている方に伝えたい。『今ですよ』と」

今年のレッスルマニアで注目の女子試合は王者アスカ-リア・リプリーのロウ女子王座戦、王者サーシャ・バンクス-ビアンカ・ブレアのスマックダウン女子王座戦の2カードだ。カイリは「(シングル戦としては)4人しか出られない狭き門。実力だけでなく、運も必要で、いろいろな流れが重なり、選ばれた。すごいと思いますし、プロ意識として出られずに悔しいと感じる選手もいると思います」と明かす。

特にアスカ-リプリー戦について、カイリは「入門編として言うと、アスカさんは、もう横綱。心技体が整い、誰もが認める存在です。リア選手は私のほぼ同期ですが、1~2年ほどチャンスをもらえなかった。本当に悔しい思いをしながら、ここまで上がり詰めてきた。同期として誇り」と喜ぶ。

リプリーとはWWE時代、同じマンションに住み、仲も良かったという。日本マットに参戦経験もあり、日本好きな一面も。昨年のレッスルマニア36大会でドラゴンボールのベジータのコスチュームで試合をしていたという。カイリは「2人ともレベルの高い選手。リア選手は未来を担う存在だと思いますし、すごい戦いになる」と分析した。

昨年のレッスルマニア36大会で、カイリはアスカとWWE女子タッグ王者として防衛戦に臨んだ。挑戦者のアレクサ・ブリス、ニッキー・クロス組に敗れはしたものの、反響は大きく、現在の自らのSNSの総フォロワー数は110万人近くに増えたそうだ。カイリは「PPVは世界配信されています。私にも中国語、スペイン語、インド語、多くの言語のメッセージを頂きました。そうやって世界中の方に応援していただけるのは本当にうれしいです」と注目度の大きさが世界規模になっている現状を明かした。

レッスルマニア37大会はWWEイベントとしても1年以上ぶりに有観客で開催する舞台。カイリは「観客の声援は選手の何よりの特効薬です。それだけで本当にうれしいし、いつも以上の力を出せる、限界を超えられる。最高の舞台になります」と締めくくった。1年間続いたストーリーの終幕であり、新たなストーリーの幕開けとなる年に1度の祭典。米国、日本、欧州だけでなく、世界各国に多くのファンを持つWWEワールドへの入門として最高のタイミングとなる。

○…WWEのプロモーションとしてカイリ・セインがレッスルマニアのゲスト解説を務める。14日にJ SPORTSスポーツ・オンデマンド他で放送される日本語実況版に登場するカイリは「プロレスを知らない方、WWEの大ファンの方も聞いてうれしいような、私しか知らないバックステージのエピソードなどを伝えたい。選手の人間性や人柄をプラスし、試合をどうやって見たらいいのかを分かりやすく伝えることができたら。私の解説でも、ぜひ」とPRした。

レッスルマニア37大会からのWWE入門を勧めたカイリ・セイン(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

WWEレッスルマニア37、対戦カードが次々決定

レッスルマニア37大会のロゴマーク(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

4月10、11日に米フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアムで開催されるWWE年間最大の祭典レッスルマニア37大会の対戦カードが次々と確定している。決定済みカードは次の通り。

★第1日(4月10日)★

<1>WWEヘビー級王座戦=王者ボビー・ラシュリー-挑戦者ドリュー・マッキンタイア

<2>スマックダウン女子王座戦=王者サーシャ・バンクス-挑戦者ビアンカ・ブレア(女子ロイヤルランブル戦覇者)

<3>ロウ・タッグ王座戦=王者コフィ・キングストン、エグゼビア・ウッズ組-挑戦者AJスタイルズ、オモス組

<4>シングル戦=バッド・バニー-ザ・ミズ

<5>シングル戦=セス・ロリンズ-セザーロ

<6>スチールケージ戦=ブラウン・ストローマン-シェイン・マクマホン

★第2日(4月11日)★

<1>3WAY形式WWEユニバーサル王座戦=王者ローマン・レインズ-挑戦者エッジ(男子ロイヤルランブル戦覇者)-挑戦者ダニエル・ブライアン

<2>ロウ女子王座戦=王者アスカ-挑戦者リア・リプリー

<3>シングル戦=「ザ・フィーンド(悪霊)」ブレイ・ワイアット-ランディ・オートン

<4>WWEインターコンチネンタル王座戦=王者ビックE-挑戦者アポロ・クルーズ

<5>WWE・USヘビー級王座戦=王者リドル-挑戦者シェイマス

<6>シングル戦=ケビン・オーエンズ-サミ・ゼイン

※両日とも試合順は未定

関連するニュースを読む

王者バンクス、ブレアと仲間割れでタッグ王座を逃す

タッグを組むブレア(左端)と言い争うバンクス(中央)(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:PPV大会ファストレーン>◇21日(日本時間22日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

スマックダウン女子王者サーシャ・バンクスが、女子ロイヤルランブル戦覇者ビアンカ・ブレアとの仲間割れからWWE女子タッグ王座を取り逃がした。

WWE女子タッグ王者シェイナ・ベイズラー、ナイア・ジャックス組に挑むとブレアがショルダー・タックル、バンクスもダブル・ニーをベイズラーに成功させた。ジャックスのエルボー・ドロップ、ベイズラーのランニング・ニーを食らったブレアだが、代わりにバンクスが串刺しメテオラ2連打を敵2人を蹴散らした。

さらにブレアが450スプラッシュをベイズラーに成功させてフォールを狙うと、敵セコンドのレジナルドによる邪魔が入った。続けてバンクスがブレアとの連係攻撃からバンク・ステートメントでベイズラーを捕獲したが、ジャックスのカットで回避されてしまった。なかなか仕留められない挑戦者組。するとバンクスはブレアと口論を開始して仲間割れ。その隙を突かれ、バンクスがベイズラーに背後から丸め込まれ、フォール負けした。試合後、バンクスはブレアと舌戦を続け、我慢が限界に達して強烈なビンタを浴びせた。 既に王者バンクス-挑戦者ブレアによるスマックダウン女子王座戦はレッスルマニア37大会(4月10、11日・米タンパ)で開催されることが決定済み。仲良く女子タッグ王座獲得はできない関係だったのかもしれない。

ブレアにビンタを浴びせるバンクス(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

王者バンクスが「大女」制圧!ジャックナイフで撃破

ジャックス(左)にバンク・ステートメントで追い詰めるWWEスマックダウン女子王者バンクス(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇19日(日本時間20日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

WWE女子の「ボス」ことスマックダウン女子王者サーシャ・バンクスが防衛成功で21日のPPV大会ファストレーンでのタッグ王座挑戦にはずみをつけた。

WWE女子タッグ王者となる「大女」ナイア・ジャックスの挑戦を受け、ジャックナイフ(ジャックナイフ式エビ固め)で抑え込み、貫禄の勝利をみせつけた。

序盤からいきなりミリオラからの得意のバンク・ステートメントを狙ったバンクスは、味方セコンドにPPV大会でタッグを組むビアンカ・ブレアもついて勢いづいた。DDTから再びバンク・ステートメントでジャックスを絞めて追い打ち。乱入した敵セコンドのシェイナ・ベイスラーの蹴りが、ジャックスに誤爆し、ブレアによってベイズラーも排除された。すかさずバンクスがジャックナイフで3カウントを奪い、王座防衛に成功した。

その後、ブレアもベイズラーと対戦したが、すぐに敵セコンドのジャックスとベイズラーにチーム不和が発生。さらにナタリア、タミーナ組の襲撃もあって試合はノーコンテストとなった。21日のPPV大会でベイズラー、ジャックスの保持するWWE女子タッグ王座に挑むバンクス、ブレアにとっては大きな追い風となる展開となった。

関連するニュースを読む

ブレアが前哨戦で快勝 バンクスと異色のタッグ

シェイナ・ベイズラー(手前)にキス・オブ・デスを決めたビアンカ・ブレア(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇5日(日本時間6日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

21日(日本時間22日)のPPV大会ファストレーンでWWE女子タッグ王座に挑むビアンカ・ブレアが「前哨戦」に快勝した。レッスルマニア37大会(4月10、11日・米タンパ)で挑戦するスマックダウン女子王者サーシャ・バンクスと異色のタッグを結成し、WWE女子タッグ王者シェイナ・ベイズラー、ナイア・ジャックス組に挑戦するブレアは第4試合でベイズラーとシングル激突。必殺技のキス・オブ・デス(KOD)で沈めた。

1月の女子ロイヤルランブル戦を初制覇したブレアの勢いは止まらない。バンクスと、ソムリエのレジナルドをセコンドにつけ、ベイズラー(セコンドにジャックス)と対戦。先に腕関節への攻撃からランニング・ニーを食らったブレアだが、持ち前のパワーでショルダータックルやジャーマンスープレックスで攻め込んだ。場外でブレアが邪魔になったレジナルドを突き飛ばすとジャックスに直撃。イラついたジャックスにレジナルドが襲われ、今度はバンクスに激突し、セコンド陣も混乱した。

その隙にベイズラーに背後からキリフダ・クラッチを狙われたブレアは、ベイズラーを持ち上げ、そのまま必殺のKODでベイズラーをマットにたたきつけて3カウントを奪った。前哨戦に勝利したブレアは「出ていけ」とレジナルドに注意すると、バンクスも「邪魔をするなって言っただろ」と強烈なビンタを放って怒り心頭。PPV大会での女子タッグ王座挑戦時も、レジナルドの存在が勝敗を左右しそうなムードが漂っていた。

関連するニュースを読む

ブレアが女王バンクスに挑戦決定、威圧に屈さず表明

スマックダウン女子王者バンクス(左)に挑戦すること表明したブレア(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇26日(日本時間27日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

WWE内の王座挑戦権が与えられる1月の女子ロイヤルランブル戦覇者ビアンカ・ブレアが、年間最大の祭典レッスルマニア37大会(4月10、11日、米タンパ)でスマックダウン女子王者サーシャ・バンクスに挑戦することを表明した。

リングに姿を見せたブレアはマイクを握り「人生は選択よ。私の選択は…」と発表を試みると、邪魔が入った。バンクスのしもべ、レジナルドの登場で話を遮られ「サーシャを選ぶと悪夢になるぞ」と忠告されると、さらにバンクス本人もリングイン。「歴史に名前を刻みたいなら私を選ぶわよね。でもビアンカは『EST(最も)』なんかじゃないわ。私がベストでナンバーワンだから」と王者の風格を誇示された。

目の前でスマックダウン女子王座ベルトまで掲げられ、威圧されたブレアだが、女子ロイヤルランブル戦を初制覇した自信は揺るぎなかった。

ブレアは「王座を奪取してやる! 私が『EST』として最も強く、最も早く、最もすごいことを証明する。勝負だ」と豪語。会場に掲げられているレッスルマニアのロゴを指さし、両者の王座戦が正式決定した。

スマックダウン女子王者バンクス(左)への挑戦を表明し、会場に掲げられたレッスルマニアのロゴを指さすブレア(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

アスカがエバンスと防衛戦 ブレアとも火花散らす

21日のPPV大会でレイシー・エバンス(右)との防衛戦が発表されたロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇8日(日本時間9日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

ロウ女子王者アスカが21日(日本時間22日)のPPV大会エリミネーション・チェンバーでレイシー・エバンスとの防衛戦に臨むことが発表された。

昨年12月のPPV大会でWWE女子タッグ王座奪取後、パートナーのシャーロットフレアーの父リックと「恋人」エバンスに妨害行為を受けてきた。1月のPPV大会で同王座陥落の要因はエバンスとリック・フレアーの邪魔だったこともあり、アスカは怒り心頭。「やったるわ! エリミネーション・チャンバーでレイシーと戦ったろやんけ。取れるもんなら取ってみろや! あ~お前らのせいでタッグタイトルを失った。それも含めてやったるわ」と挑発した。

またアスカは1月のPPV大会で開催された女子ロイヤルランブル(RR)戦覇者ビアンカ・ブレアのインタビューに割り込んだ。バックステージで対峙(たいじ)し「すごいよ! おめでとう! RR優勝したんだ。でもそれはアスカに勝てるということではないわよ」と自信たっぷりに踊り出した。しかしブレアから「私は準備できてるわよ。でもレイシーはアスカに敵わないわね」と反撃され、意識し合う笑顔をみせながら、火花を散らした。

ブレア(左)とバックステージでインタビューを受けたロウ女子王者アスカ(右端)(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

王者バンクスが忠告&アスカ挑発「私を選んだら…」

ブレア(中央)にスマックダウン女子王座ベルトを誇示する王者バンクス(左端)。右端はカーメラ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇5日(日本時間6日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

スマックダウン女子王者サーシャ・バンクスが、今年の女子ロイヤルランブル戦で初優勝を飾ったビアンカ・ブレアにロウ女子王者アスカに挑戦するよう忠告した。

女子RR戦を制してレッスルマニア37大会(4月10、11日、米タンパ)での王座挑戦権を獲得したブレアが先にリングに立ち「RR優勝で、私の人生は変わったわ。ロウ女子王者アスカ、スマックダウン女子王者サーシャ・バンクス、対戦する王者を決めるのは興奮する」と話し始めると、そこに姿をみせたカーメラが「私はサーシャを倒している。アンタにも同じことができる?」と挑発。言い争いが始まろうとした時、満を持してバンクスが登場。「ビアンカは強いけどベストではないわね。私を選んだら王座は手に入らないわよ」と言い放つと高々とスマックダウン女子王座ベルトを誇示していた。

関連するニュースを読む

アスカがタッグ王座初防衛、3組形式の脱落戦を制す

WWE女子タッグ王座防衛を喜ぶシャーロット・フレアー(左)とアスカ(C)2020WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇25日(日本時間26日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

WWE女子タッグ王者アスカがスマックダウンに乗り込み、初防衛に成功した。パートナーのシャーロット・フレアーとともにリングイン。マイクを握って「誰でもかかってこいや! われらがチャンピオンじゃ」とベルトを誇示した。するとリング上にベイリー、サーシャ・バンクス、ビアンカ・ブレア、カーメラが次々に現れて舌戦を展開。ベイリー、カーメラ組、ブレア、バンクス組との3組形式エリミネーション・タッグ王座戦が決まった。

王座戦に入ると、アスカはフレアーと連係した蹴りをベイリーに放ち、カーメラにはヒップアタックで攻め込んだ。バンクスの策略で、ベイリーがフロッグスプラッシュに沈んでベイリー、カーメラ組が最初に脱落。残ったブレア、バンクス組との一騎打ちとなると、フレアーは得意のフィギュア・エイト、アスカはヒップアタックを放つなど激しい攻防を展開した。最後はアスカのダブル・ニーからフレアーがナチュラルセレクションでブレアを追い詰め、3カウントを奪った。アスカ、シャーロット組が強豪2チームとのエリミネーション戦を制し、スマックダウンでタッグ王座の初防衛に成功した。

リング上でシャーロット・フレアー(左)とともにマイクアピールを展開したアスカ(C)2020WWE,Inc.AllRightsReserved.

関連するニュースを読む

紫雷イオ、初開催ウォーゲームズ参戦も逆転負け喫す

女子ウォーゲームズに出場した紫雷イオ(上)(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:NXTテイクオーバー・ウォーゲームズ>◇23日(日本時間24日)◇米イリノイ州シカゴ・オールステートアリーナ

ヒール転向した「黒い」紫雷イオが初開催の女子ウォーゲームズ戦に参戦した。NXT女子王者シェイナ・ベイズラー率いるチーム・ベイズラーの一員として出場し、元盟友で因縁のキャンディス・レラエとの対決でスタート。

激しい殴り合いから紫雷がレラエのトペ・スイシーダも迎撃した。さらに619を2発成功させると、ダブルニーやスプリングボード式ミサイルキックで圧倒。その後も味方のビアンカ・ブレアやケイ・リー・レイ、リア・リプリーが加わって激しい攻防を展開した。

相手チームのダコタ・カイが裏切り、止めに来たウィリアム・リーガルGMへの攻撃で退場処分。キャプテンのベイズラーも加わってチームとして4対2と優勢な状況となった紫雷はケージ上からの月面水爆をレラエに成功させるなど大暴れした。しかし試合はベイズラーがリプリーのリップタイドをパイプいす上に決められて3カウントを許し、数的有利にもかかわらず、逆転負けを喫していた。

また大会後、24日(日本時間25日)に組まれたPPV大会サバイバー・シリーズの5対5女子エリミネーション戦のNXTメンバーが発表され、紫雷の出場が決定。チームキャプテンとなったリプリーの指名を受け、ブレア、トニー・ストーム、レラエとともにロウ、スマックダウンとの3ブランドが対抗するエリミネーション戦に挑む。これで紫雷はチーム・ロウで出場するカイリ・セイン、アスカとブランドの威信をかけて激突する。

ケージの上から月面水爆を仕掛ける紫雷(上)(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved
PPV大会の女子エリミネーション戦に、チームNXTとして出場する紫雷(最前列左から3番目))(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

関連するニュースを読む

「黒い」紫雷イオ、因縁の相手に王者挑戦権奪われる

キャンディス・レラエ(右)を関節技で締め上げる紫雷イオ(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:NXT大会>◇20日配信◇米フロリダ州ウインターパーク・フルセイル大学

ヒール転向した「黒い」紫雷イオが、NXT女子王座挑戦権を逃した。ミヤ・イム、ビアンカ・ブレア、キャンディス・レラエとの4WAY形式のNXT女子王座挑戦者決定戦に出場したものの、因縁の続くレラエに奪われてしまった。

ゴングと同時に、紫雷は泥沼の抗争を展開する元盟友レラエと殴り合いを展開。イムに619、ブレアにスプリングボード式ドロップキックを決めて勢いづいた。さらにコーナートップから場外への月面水爆でレラエとブレアを追い込んだ。

4人が入り乱れる激しい攻防の中、紫雷がレラエを串刺しダブル・ニーからの月面水爆を狙ったが、イムに妨害された。するとレラエがイムを捕獲し、リバース・ハリケーン・ラナからスプリングボード式月面水爆を成功させ、あっという間に3カウントを奪取。紫雷は、あと1歩のところでレラエに王座挑戦権を持っていかれた。

関連するニュースを読む

ヒール転向WWE紫雷イオが4人形式挑戦者決定戦

18日のNXTでNXT女子王座挑戦者決定戦に臨む4選手。左からミア、レラエ、紫雷、ビアブレア(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:NXT大会>◇12日配信◇米フロリダ州ウインターパーク・フルセイル大学

ヒール転向した「黒い」紫雷イオが18日のNXT大会で4人形式によるNXT女子王座第1挑戦者決定戦に臨む。

5日配信のウインターパーク大会後ウィリアム・リーガルGMから紫雷がビアンカ・ブレア、ミア・イムとの三つどもえでの挑戦者決定戦に臨むことが発表された。その発表前、紫雷はNXTの会場駐車場でキャンディス・レラエを襲撃。キャミ・フィールド戦で妨害された腹いせに暗闇の中でめった打ちにしていた。

遺恨を激化させたレラエから紫雷の闇討ちとその後の対応を追及されたリーガルGMに裁定で、レラエを含めた4人形式の挑戦者決定戦に変更された。NXT女子王座挑戦を巡るカードは、紫雷-レラエの遺恨を含めて混沌(こんとん)としてきた。なお18日のNXT大会からUSAネットワークでのライブ放送がスタート。新たな船出の大会となる。

関連するニュースを読む

紫雷イオ「あきらめない」NTX女子ベルト奪取逃す

紫雷(左端)のアシストで、場外のブレア(手前右)ベイズラー(同左)にインセイン・エルボーを見舞うセイン(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:NXTテイクオーバー大会>◇5日(日本時間6日)◇米ニューヨーク・バークレイズセンター

「天空の逸女」紫雷イオ(28)がNXT女子ベルト奪取を逃した。4WAY形式で同王座に初挑戦し、王者シェイナ・ベイズラー、前王者の「NXTの海賊姫」カイリ・セイン、ビアンカ・ブレアと王座を争ったが、必殺技キリフダ・クラッチでブレアからギブアップを奪ったベイズラーに王座防衛を許した。

NXT「スカイパイレーツ」と呼ばれる紫雷、セインは試合後、自らのツイッターを更新。紫雷が「あきらめない。サポートに感謝します」とつづれば、セインも「いつも応援してくれてありがとう。なめらかな海は能力の高い船員を作らないから」と再起を誓った。

紫雷はセインともにダブルドロップキックなどでブレアとベイズラーを追い込み、場外へと排除。紫雷が連係して飛び上がるセインのインセインエルボー、続けて紫雷自らも月面水爆で場外の2人にさく裂させた。リングに戻ると紫雷が月面水爆2連発でベイズラーからフォールを狙うと、セインにカットされた。そのセインがインセイン・エルボーで王者をフォールすると、今度は紫雷が阻止。火花を散らす盟友同士の攻防はエスカレートし、紫雷がドロップキック、エルボー連打を繰り出せば、セインからもお返しのDDTで応戦。そんな白熱した展開にブレアの邪魔が入った。

2人同時にブレアの豪快な得意技KODを浴び、顔面をマットに強打。その隙にベイズラーがブレアをキリフダクラッチで捕獲し、ギブアップさせた。善戦むなしく、紫雷は悲願の王座、セインも王座返り咲きを逃してしまった。

王者ベイズラー(左)に同時低空ドロップキックを決める紫雷(奥)とセイン (C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved.

関連するニュースを読む

WWE紫雷イオ、王座奪取ならず ベイズラーが防衛

初挑戦でNXT女子王座を獲得できなかった紫雷(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:NXTテイクオーバー大会>◇5日(日本時間6日)◇米ニューヨーク・バークレイズセンター

「天空の逸女」紫雷イオ(28)がNXT女子ベルト奪取を逃した。

4WAY形式で同王座に初挑戦し、王者シェイナ・ベイスラー、盟友の前王者カイリ・セイン、ビアンカ・ブレアと王座を争ったが、必殺技キリフダ・クラッチでブレアからギブアップを奪ったベイズラーに王座防衛を許した。

紫雷はセインとのダブルドロップキックなどでブレアとベイズラーをリング外に排除。1対1の場面ではフランケンシュタイナーなどテクニックの攻防をみせ、会場をわかせた。場外にいたブレア、ベイズラーに対し、紫雷はセインの得意技インセインエルボーをアシスト。自らも月面水爆を繰り出し、ダメージを与えた。

「スカイパイレーツ」とのタッグ名も付く日本人同士による一騎打ちとなっていたが、2人同時にブレアに持ち上げられ、必殺のKODを浴びてマットに顔面をたたきつけられてしまった。大ダメージを負い、リングで大の字になっていると、場外から戻ってきたベイズラーがブレアを捕獲。そのままキリフダクラッチで絞めあげ、ギブアップに追い込んだ。試合後、紫雷は花道に戻ってベルトを掲げるベイズラーに向け、鋭い視線を送っていた。

関連するニュースを読む

紫雷イオ 波乱のNXT女子王座戦か/WWE展望

4WAY形式でNXT女子王座に初挑戦する紫雷(左端)。右からセイン、ブレア、王者ベイズラー(C)2019WWE, Inc. All Rights Reserved

WWEの最大の祭典となるレッスルマニア35大会(米ニュージャージー州イーストラザフォード・メットライフスタジアム)4月7日(日本時間8日)に迫った。

“レッスルマニアウイーク”と呼ばれる週。5日(同6日)にはWWE傘下のNXTテイクオーバー大会、6日にはWWE殿堂入り式典(ともに会場は米ニューヨーク・バークレイズセンター)も開催される。NXTでは日本勢の先陣を切って紫雷イオ(28)がNXT女子王座に初めて挑戦。前王者カイリ・セイン、ビアンカ・ブレアとともに4WAV形式で王者シェイナ・ベイズラーに挑む。

18年6月にWWE入団を果たした紫雷は着実に王座挑戦ロードを突き進んできた。18年秋、女子トーナメントのメイ・ヤング・クラシックで準優勝し、NXTでも必殺の月面水爆を武器にWWEファンを味方につけた。スターダム時代からの盟友でもある前王者カイリ・セインのピンチには何度も救出に登場。2月のNXTウインターパーク大会では、6人タッグ戦ながらベイズラーからフォールも奪った。

「私こそが次期王者にふさわしいし、王者になるのは私の運命。イオ・シライ、1番!」と自信を口にしたことがある。王座返り咲きを狙うセインともベルトを争うことになるものの、インタビューで「王座戦で2人の友情は大丈夫?」との質問を受けると、紫雷は「私たちの友情は固い。試合はベストが勝つだけ」と言えば、セインも「その通り。2人とも王座を狙っている。必要なら戦うわ」と正々堂々と勝負する姿勢もみせた。王者ベイズラーと一緒に行動するMMAフォー・フォース・ウィメン(マリナ・シェファー、ジェサミン・デューク)が暗躍しており、波乱のNXT女子王座戦になりそうな予感もあるが、紫雷、セインにはレッスルマニアでスマックダウンタッグ王座に挑む中邑真輔、女子バトルロイヤル戦に臨むアスカにバトンをつなげる王座奪取を期待したいところだ。

★NXTテイクオーバー大会の主要カード(試合順は当日決定)

(1)NXT王座決定戦3本勝負=ジョニー・ガルガノVSアダム・コール

(2)NXTタッグ王座戦=王者ウォー・レイダーズVS挑戦者リコシェ、アリスター・ブラック組

(3)NXT北米王座戦=王者ベルべティーン・ドリームVSマット・リドル

(4)WWE UK王座戦=王者ピート・ダンVS挑戦者ウォルター

(5)4WAY形式NXT女子王座戦=王者シェイナ・ベイズラーVS紫雷イオVSカイリ・セインVSビアンカ・ブレア

関連するニュースを読む

WWE紫雷イオが初王座挑戦へ存在感「とても興奮」

乱闘に発展した場外の選手たちに向かい、月面水爆を仕掛ける紫雷イオ(上)(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

WWE傘下のNXT大会(米フロリダ州ウインターパーク)は4日、WWEネットワークで配信され、紫雷イオが初王座挑戦に向けて存在感を示した。

5日(日本時間6日)に米ニューヨークで開催されるNXTテイクオーバーの4WAY形式NXT女子王座戦を前に大混乱を沈めた。会場からの「イオコール」を浴びながら、リングでNTX女子王座のベルトを高々と掲げた。試合後に自らのツイッターを更新し「とても興奮しています。紫雷イオが次のNXT女子王者です!」とつづった。

大会では、同じく同王座戦に臨む前NXTカイリ・セイン、ビアンカ・ブレアのシングル戦が組まれた。セインがスピアーからのスライディングD、さらにフライング・カブキ・エルボーやイカリ(変形逆エビ固め)と怒とうの攻撃を仕掛ければ、ブレアもスーパープレックスからのスタンディング式月面水爆を仕掛けた。両者が互角の攻防を展開する中、王者シェイナ・ベイズラー、マリナ・シェファー、ジェサミン・デュークの3人組ユニット、MMAフォー・フォース・ウィメンの乱入を受けた。ビアンカがベイズラー、セインもシェファーとデュークに襲われてしまった。

そのまま無効試合の裁定になると、セインの盟友となる紫雷が救出に駆け付け、さらにレフェリーやバックステージにいたNXT女子選手たちも乱闘を止めに入る事態に発展。リング内外が大混乱に陥ると、紫雷はコーナートップから場外に向けて得意の月面水爆を仕掛け、混乱を鎮めた。最後はNXT女子王座のベルトを掲げ、存在感をアピールしてみせた。

ビアンカ・ブレア(右)の顔面を絞めるカイリ・セイン(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

関連するニュースを読む