上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

ルイス・ネリがプロ初黒星 フィゲロアに7回KO負け、王座統一に失敗

ルイス・ネリ(2018年3月1日撮影)

<ボクシング:WBA、WBC世界スーパーバンタム級王座統一12回戦>◇15日(日本時間16日)◇米カリフォルニア州カーソン

世界2階級制覇王者でWBC世界スーパーバンタム級王者のルイス・ネリ(26=メキシコ)がプロキャリア初黒星を喫し、王座陥落した。WBA世界同級正規王者ブランドン・フィゲロア(24=米国)に7回KO負けを喫し、王座統一に失敗した。初回からスピードとパンチの回転力で攻めたものの、中盤にさしかかるとともに、フィゲロアのパンチを浴び始め、左ボディーブローでダウンを喫し、7回2分17秒、KO負けとなった。

試合後、ネリは病院に直行し、精密検査を受けているという。フィゲロア戦に勝てば9月12日、19戦全勝のWBO世界同級王者ステファン・フルトン(26)との3団体統一戦が用意されていた王者対決だったが、ネリの王座統一の夢は絶たれた形となった。

ネリは17年8月に当時のWBC世界バンタム級王者山中慎介に4回TKO勝ちで世界王座獲得後、薬物違反を受けながら「故意ではない」としてWBCから山中との再戦指令を受けた。18年3月に山中との再戦が決まったが、前日計量で体重超過して王座を剥奪。試合は2回TKOで山中を下したものの、王座は空位となった。この体重超過でWBCから6カ月間の資格停止処分も受けた。

20年2月にはスーパーバンタム級に転向し、同年9月、WBC世界同級王座同級決定戦で王座を獲得し、今回が保持するWBC王座の初防衛戦でもあった。

関連するニュースを読む

ルイス・ネリ2階級制覇、アラメダとの全勝対決制す

<ボクシングWBC世界スーパーバンタム級王座決定12回戦>◇26日◇米コネティカット州アンキャスビル

悪童と呼ばれるWBC世界スーパーバンタム級1位ルイス・ネリ(25=メキシコ)が2階級制覇に成功した。

同級6位アーロン・アラメダ(27=同)との全勝対決で、ダウンも奪えなかったが手数で優位に。2~8ポイント差の3-0で判定勝ちを収めた。ネリは31戦全勝(24KO)となった。

ネリは17年にWBC世界バンタム級王者山中慎介から王座を奪ったが、18年の初防衛戦での再戦では体重超過で王座剥奪となった。WBCから6カ月資格停止処分後、19年の再起戦でも体重超過で試合が中止となり、スーパーバンタム級に上げた。

アラメダは25戦全勝(13KO)にもネリは「対戦相手のレベルが違う」と自信を見せての一戦。初回から前に出て手数で上回り、アラメダを下がらせたが、堅いガードを崩せずに決定打も奪えず。右パンチで浴びて目の下も腫らせ、10回には反撃のボディーに後退する場面もあった。

この興行ではWBC世界同級挑戦者決定戦もあり、元王者の同級3位ダニエル・ローマン(30=米国)がWBA世界バンタム級2位ファン・カルロス・パヤノ(26=ドミニカ共和国)に3-0で判定勝ち。WBA世界同級王者ブランドン・フィゲロア(23=米国)は10回TKOでV3に成功した。同級14位ダミアン・バスケス(23=同)にストップ勝ちした。

この結果、ローマンがネリの指名挑戦者となるが、早くもフィゲロアの名を挙げ、2団体統一を照準に置いている。さらに「来年はフェザー級で3階級制覇に挑戦する」と宣言している。

関連するニュースを読む

Sバンタムに上げて王座狙うネリ、計量一発クリア

ルイス・ネリ(18年3月撮影)

ボクシングWBC世界スーパーバンタム級1位ルイス・ネリ(25=メキシコ)が、前日計量を一発でクリアした。

26日に米コネティカット州アンキャスビルで、同級6位アーロン・アラメダ(27=同)と王座決定戦に出場する。25日に当地で前日計量があり、ネリはアラメダとともに55・1キロで、リミットを200グラム下回って1回でパスした。

ネリは17年にWBC世界バンタム級王者山中慎介から王座を奪ったが、18年の初防衛戦での再戦では体重超過で王座剥奪となった。WBCから6カ月資格停止処分後、19年の再起戦でも体重超過し、スーパーバンタム級に上げた。

ネリは30戦全勝(24KO)、アラメダは25戦全勝(13KO)。全勝のメキシコ人対決にも、ネリは「対戦相手のレベルが違う」と2階級制覇に自信満々。この興行ではWBA世界同級王者ブランドン・フィゲロア(米国)のV3戦もあり、「次はフィゲロアと戦いたい」と2団体統一を照準に置く。さらに「来年はフェザー級で3階級制覇に挑戦する」と宣言している。

他のカードでは世界バンタム級2冠王者井上尚弥と対戦予定だったWBO世界同級王者ジョリエル・カシメロ(フィリピン)、WBC世界ミドル級王者ジャモール・チャーロ(米国)の防衛戦、WBC世界スーパーウエルター級ジャーメル・チャーロ(同)とWBAジェイソン・ロサリオ(ドミニカ共和国)の王座統一戦などが開催される。

関連するニュースを読む