上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

WWEベイリーがPPVでSD王者ブレアに挑戦決定

スマックダウン女子王者ビアンカ・ブレア(右)と舌戦を展開した挑戦者のベイリー(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇23日(日本時間24日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

WWE女子初のグランドスラム(NXT女子、スマックダウン女子、ロウ女子、WWE女子タッグの全王座を1度以上獲得)を達成したベイリー(31)が、5月16日のPPV大会レッスルマニア・バックラッシュでスマックダウン女子王者ビアンカ・ブレア(32)に挑戦することが発表された。

バックステージでベイリーは「私の対戦相手になった新鋭の王者ビアンカはとても失礼でわがまま。親切に世話してやったのに、感謝の言葉もないし。私のタイトルをPPVで取り戻して後悔させてやる」と毒舌を履いていると、ブレアの夫モンテス・フォードの耳に入り、ブレアに電話連絡を入れられた。

その後、ベイリーは王者ブレアと顔を合わせた。先に王者から「何か私に言いたいなら直接言って」と詰め寄られると、ベイリーは急にあらたまり「レッスルマニアで歴史をつくったわね。おめでとう。初の挑戦者になれて、とても光栄だわ」とわざとらしく優等生発言を連発。最後は戸惑うブレアを笑い飛ばしながら立ち去っていた。

関連するニュースを読む

新王者ブレアが夫と公開祝勝会 バンクスはいら立ち、ベイリーも挑戦を要求

スマックダウン女子王座獲得を喜ぶ同王者ビアンカ・ブレア(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇16日(日本時間17日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

スマックダウン女子王者ビアンカ・ブレアが夫モンテス・フォードとリング上で公開祝勝会を開いた。

レッスルマニア37大会でサーシャ・バンクスを下し、新王者となったブレアは夫のユニットストリート・プロフィッツに呼び込まれてリングイン。「挫折や苦しいこともあったけど、この状況がかなうと信じてたわ。1年前はレッスルマニアのメインイベントでスマックダウン女子王座を獲得するなんて想像もできなかったけど。みんなそれぞれ『EST』(最大級)を持っている。夢があるならかなえることができる。レッスルマニアは魔法のようだったけど、私はまだ歴史をつくり始めたばかりよ」とファンに報告。ストリート・プロフィッツと3人で抱擁をを交わしていた。

ブレアの祝勝ムードとは正反対に、前王者バンクスはバックステージでブレアのロングヘアーショットの傷痕を見せながらいら立ちをみせた。さらに元王者ベイリーも「ビアンカはみんなの望む王者じゃない。私がチャレンジしてタイトルを取り戻す」と王座挑戦を要求していた。

夫フォード(右端)とリングに立ったスマックダウン女子王者ブレア(左端)中央はドーキンス(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

王者アスカが完全復活宣言「私の強みはタフさ」防衛戦直前インタビュー

前歯破折、脳しんとうからリング復帰後初の防衛戦に臨むロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米プロレスWWEのロウ女子王者アスカ(39)が前歯負傷と脳振とうからの完全復活を宣言した。10、11日(日本時間11、12日)に米フロリダ州タンパで年間最大の祭典レッスルマニア37大会が開催。第2日となる11日にリア・リプリー(24)との防衛戦を控える。

2月22日のロウ大会でのタッグ戦でシェイナ・ベイズラー(40)に顔面を蹴られた際に前歯を破折。軽度の脳振とうの症状も見られたが、3週間ほどでリング復帰。カムバック後初の防衛戦を控えるアスカが日刊スポーツのインタビューに応じた。

 ◇   ◇   ◇

米セントピーターズバーグで開催された2月22日のロウ大会だった。シャーロット・フレアーと組み、WWE女子タッグ王者ナイア・ジャックス、ベイズラー組とノンタイトル戦に臨んだ際、マットに倒れたところで顔面にベイズラーの強烈キックを浴び、前歯が折れた。意識はあったものの、検査結果は重傷だった。

アスカ 脳振とうの検査があってチェックして、少しあると。(医療)スタッフと連絡を取りながらで。リングの上でどれぐらい動けるかのチェックもあって、ようやくクリアになって復帰できました。

米メディアには、リング復帰まで1カ月以上と報じられていたが、3週間後となる3月15日のロウ大会からカムバックした。しかし前歯の破折も深刻だった。

アスカ 結局、4カ所のクリニックに行きました。レントゲンを何回撮影したことか。1週間後に手術を受けて。全身麻酔で記憶もない大掛かりな手術でした。完治まで6カ月かかるそうです。治療費用も多分、ベンツのSクラスぐらい(約1500万円)かかると思います。試合の負傷なので私が払うことはないと思いますけれど(苦笑)。

WWEにも負傷欠場が少ない「鉄人」ぶりを認められている存在だけに長期離脱はアスカ自身も驚いたという。

アスカ 本当にビックリしました。(WWEの)プロデューサーたちも私を「タフ」と言ってくれるようなイメージだったので。だから選手、プロデューサー、スタッフから心配するメッセージが届きましたが、私の強みはタフさ。経験、技術面もリビング・レジェンド(生ける伝説)なんですけど、強みはタフというところなのです。

アスカの強靱(きょうじん)さを証明する米メディア調査の記録がある。WWEの歴代女子王座(ロウ女子、スマックダウン女子、NXT女子、NXT UK女子、ディーバス、WWE女子王座、WWE女子タッグ)の総戴冠日数が昨年12月8日に通算1000日間を突破した。

現役女子で首位を独走中で、歴代でも2位(歴代1位はファビュラス・ムーアの1万775日とされる)。2位フレアーの989日、3位ベイリーの951日を大きく上回る。昨年12月20日から今年1月31日までフレアーと女子タッグ王座も保持した2冠王者の時期もあるため、リプリー戦当日の総戴冠日数は1166日となる。

アスカ ちょっと米国行く前に想像した以上のことが起きている。信じられないですね。でも、いつも私はWWEのトップ、世界のトップだという気持ちで戦っています。

挑戦者のリプリーは身長171センチ、体重62キロの大型選手。身長160センチ、体重62キロのアスカにとって難敵なのは間違いない。

今回の相手は背が高くて、技術もある選手。経験は私の方がありますが、どんなに攻撃を受けても、私のタフさをみせたい。立ち向かっていく気持ち、プロレスで立ち向かっていくところを見てほしい。日常で嫌なことがあっても戦いを見て、生きるパワーにしてほしいです。レッスルマニアは4回目ですが、プロレスイベントの頂点ですし、レスラーのあこがれ。私にとっても特別な舞台。ロウ女子王者として防衛戦できるのは夢のようです。

顔面の大ダメージから復帰したアスカが、最大の祭典でタフネスな防衛成功をみせつける構えだ。

◆アスカ 1981年(昭56)9月26日、大阪市生まれ。本名・浦井佳奈子。04年6月、華名(かな)のリングネームでプロレスデビュー。AtoZで活動後、06年3月、慢性肝炎による体調不良で一時引退。07年9月に現役復帰。フリー選手として活動後、15年10月にNXTでWWEデビュー。連勝記録を続け、17年5月にはWWE史上最長記録となる174連勝に到達。同年10月にロウに昇格。昨年5月にロウ女子王座を獲得し、女子グランドスラム(ロウ、スマックダウン、NXT、女子タッグ)を成し遂げた。160センチ、62キロ。

レッスルマニア37大会で開催されるロウ女子王座戦の調印式に臨んだ王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
レッスルマニア37大会でリア・リプリー(右)の挑戦を受けるロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

アスカがタッグ王座初防衛、3組形式の脱落戦を制す

WWE女子タッグ王座防衛を喜ぶシャーロット・フレアー(左)とアスカ(C)2020WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇25日(日本時間26日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

WWE女子タッグ王者アスカがスマックダウンに乗り込み、初防衛に成功した。パートナーのシャーロット・フレアーとともにリングイン。マイクを握って「誰でもかかってこいや! われらがチャンピオンじゃ」とベルトを誇示した。するとリング上にベイリー、サーシャ・バンクス、ビアンカ・ブレア、カーメラが次々に現れて舌戦を展開。ベイリー、カーメラ組、ブレア、バンクス組との3組形式エリミネーション・タッグ王座戦が決まった。

王座戦に入ると、アスカはフレアーと連係した蹴りをベイリーに放ち、カーメラにはヒップアタックで攻め込んだ。バンクスの策略で、ベイリーがフロッグスプラッシュに沈んでベイリー、カーメラ組が最初に脱落。残ったブレア、バンクス組との一騎打ちとなると、フレアーは得意のフィギュア・エイト、アスカはヒップアタックを放つなど激しい攻防を展開した。最後はアスカのダブル・ニーからフレアーがナチュラルセレクションでブレアを追い詰め、3カウントを奪った。アスカ、シャーロット組が強豪2チームとのエリミネーション戦を制し、スマックダウンでタッグ王座の初防衛に成功した。

リング上でシャーロット・フレアー(左)とともにマイクアピールを展開したアスカ(C)2020WWE,Inc.AllRightsReserved.

関連するニュースを読む

新ヒールキャラ「悪女」カーメラ、女王バンクス襲撃

スマックダウン女子王者バンクス(手前)を襲撃したカーメラ(C)2020WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:スマックダウン大会>◇6日(日本時間7日)◇米フロリダ州オーランド

新ヒールキャラとなってカムバックした「悪女」カーメラが、スマックダウン女子王者サーシャ・バンクスの襲撃に成功した。第1試合で元盟友ベイリーとのリマッチによる防衛戦を制したバンクスを襲ってKOに追い込んだ。

ベイリーが勢い余ってコーナーポストに誤爆したところを捕獲し、得意のバンク・ステートメントで絞めるあげてギブアップを奪ったバンクスが勝利の余韻に浸った直後だった。赤いコスチュームに身を包んだカーメラが登場し、ベルトを掲げて勝ち誇りながらステージに戻っているバンクスを背後から攻撃し、スーパーキックからのXファクターでステージにたたきつけた。バンクスKO劇で、新たな遺恨が生まれた形となった。

22日のPPV大会サバイバーシリーズではロウ女子王者アスカとの「王者対決」も控えるバンクスに、早くも試練がやってきた。

関連するニュースを読む

WWE“女帝”アスカ2冠ならずもロウ王者返り咲き

「サマースラム」でロウ女子王座に返り咲いたアスカ(C)2020WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:サマースラム>◇23日◇米フロリダ州オーランド・アムウェイ・センター

PPV大会「サマースラム」で“女帝”アスカ(38)がスマックダウン、ロウ両王座に挑戦した。

1日に女子2大王座に挑戦するのは史上初めて。スマックダウン女子王座戦で王者ベイリーに敗れ、2冠はならなかったが、ロウ女子王座戦で王者サーシャ・バンクス(28)を破り、王者に返り咲いた。

まず、第1試合でスマックダウン女子王者ベイリーに挑戦。激闘の末、ヒップアタックをかわされ、そのまま丸め込んで3カウントを奪われた。

少しおいて、第5試合で今度はロウ女子王者サーシャと対戦。場外でサーシャの強烈なサンセットフリップ・パワーボムを浴び大ダメージを負ったが、フェイスバスターやアンクルロックで反撃。最後はアスカロックで捕まえて、タップ勝ち。7月に奪われたベルトを、わずか1カ月で取り戻した。

関連するニュースを読む

WWEロウ女子王者アスカが疑惑のゴングで王座陥落

ロウ女子王座選手権でサーシャ・バンクス(下)に敗れ陥落したアスカ  (C)2020WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ>◇19日◇米フロリダ州オーランド・WWEパフォーマンスセンター

PPV大会「ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ」で、ロウ女子王者アスカ(38)が女子タッグ王者で挑戦者のサーシャ・バンクス(28)に疑惑のゴングで敗れ、王座陥落した。

アスカはパートナーのカイリ・セイン、サーシャはスマックダウン女子王者ベイリーをセコンドに連れて登場。序盤からサーシャが必殺のバンク・ステートメントを決めるなど積極的に攻めるが、アスカもアーム・バーやヒップアタックで応戦。激しい攻防が続く中、アスカがアスカロックでサーシャを捕まえると、セコンドのベイリーがリングに乱入。だが、アスカはすかさずベイリーをハイキックで蹴散らした。

介入に怒ったアスカは緑の毒霧をサーシャに向けて噴射するが、サーシャがとっさに避けたため背後にいたレフェリーに直撃。するとすかさずベイリーがリングに乱入し、ベルトでアスカを殴打。さらにレフェリーのシャツを奪い、そのまま着用。サーシャが倒れたアスカを押さえ込み、“偽レフェリー”となったベイリーが3カウント。本来ならば反則だが、ベイリーがスタッフに無理矢理ゴングを鳴らさせ、そのままサーシャの勝利が決まった。

まさかの結果にアスカはぼうぜん。ベルトを手にリングを去るサーシャとベイリーを見ながら、「ベルトはワシのやろ! ワシがチャンピンだ!」と主張した。

関連するニュースを読む

アスカ女子グランドスラム達成、ベッキー妊娠で返上

妊娠を発表したベッキー・リンチ(右)からロウ女子王座ベルトを受け取るアスカ (C)2020WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ロウ大会>◇10日◇米フロリダ州オーランド・WWEパフォーマンスセンター

アスカ(38)がベイリーに続く史上2人目の女子グランドスラムを達成した。11日のロウ大会で、現ロウ女子王者ベッキー・リンチ(33)が自身の妊娠と王座返上を発表。前日のマネー・イン・ザ・バンク女子ラダー戦で王座挑戦権を得たアスカが、戦わずして新王者となった。

この日ベッキーは、なぜか前日アスカが取ったはずのブリーフケースを持って登場。そして、「話さなければならないことがある。いま、喜びと悲しみを感じている。2013年にWWEの扉を開いてから、ファンのサポートでここまで来られた。でもしばらく離れなければならない」と涙をこらえながら、あいさつした。そこにアスカが登場。アスカはベッキーが持ってきたブリーフケースを指さし、「こら! これはワシのだ。この野郎」と主張。それに対し、ベッキーは「確かにあなたのよ。アスカは私を倒した最高のレスラーだ」と話しながら、ブリーフケースを空ける。そこには、権利証ではなく、ロウ女子王座ベルトが入っていた。「昨日の試合は、ロウ女子王座戦でもあったのよ。私はもう戦えないけど、あなたはできる。アスカ、あなたが王者よ。アスカは戦士として、私は母としてやっていくわ」と自身の妊娠とともに、アスカへの王座譲渡を発表した。アスカは一瞬、驚きながらも「やったー」とベルトを掲げて大喜び。「おめでとう」と抱き合って、ベッキーを祝福した。

ロウ、スマックダウン、NXT、タッグと女子部門全王座戴冠を達成したアスカは、バックステージで「ベッキーおめでとう!しかも私も王者になったぞ! マジでマジで。これでまさか…、グランドスラムですよ」と興奮気味にファンに報告した。

関連するニュースを読む

アスカ「誰やと思ってんねん」ハンデ戦で余裕の勝利

フレアーとの2対1ハンディキャップ戦で余裕の勝利を挙げたアスカ(左)、セイン組(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ロウ大会>◇2日(日本時間3日)◇米テネシー州ナッシュビル・ブリヂストン・アリーナ

WWE女子タッグ王者のアスカ、カイリ・セイン組によるユニット「カブキ・ウォリアーズ」がハンディキャップ戦で余裕の勝利を挙げた。「女王」ことシャーロット・フレアーとの2対1マッチで激突した。

試合前からアスカは「誰やと思ってんねん。うちら全然勝てるし、アホか。無理無理無理無理!!」と余裕を見せてリングイン。数的優位を生かし、アスカがヒップアタック、セインもスライディングDで攻め込み、当然のごとく主導権を握った。

負けじとスライディングキックやダブル・スピアーで反撃してきたがフレアーにアスカが捕まり、フィギュア・エイトで絞めあげられた時、交代していたセインがコーナートップからインセイン・エルボーをさく裂させ、フォール勝ち。最近、アスカの定番となっていた毒霧を吐くことなく、巧みなチームワークでフレアーを撃破した。

前日2日の伝統的な大会スターケードではアスカ、セイン組がベッキー・リンチ、シャーロット・フレアー組、ベイリー、サーシャ・バンクス組、アレクサ・ブリス、ニッキー・クロス組との4WAY防衛戦に臨み、アスカがクロスからアスカロックでギブアップを奪って防衛に成功。その後、フレアーとのハンディキャップ戦は発表されていた。

アスカにフィギュア・エイトをきめるフレアー(下)にインセイン・エルボーを狙うセイン(上)(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

関連するニュースを読む

アスカ、セイン組、WWE伝統大会で4WAY防衛戦

1日のWWEスターケード大会で4WAY形式の防衛戦が決まったWWE女子タッグ王者のセイン(後列左端)とアスカ(同2番目)(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

WWE女子タッグ王者となるアスカ、カイリ・セイン組のユニット「カブキ・ウォリアーズ」が12月1日、米ジョージア州ダルースで開催されるWWE伝統の大会スターケードで防衛戦に臨むことが28日(日本時間29日)、発表された。4WAY防衛戦となり、アスカ、セイン組がベッキー・リンチ、シャーロット・フレアー組、ベイリー、サーシャ・バンクス組、アレクサ・ブリス、ニッキー・クロス組の挑戦を受ける。

他カードとして妻ラナを巡って遺恨が生じた夫ルセフ-ラシュリーがラストマン・スタンディング戦で激突。またケビン・オーエンズが司会を務める「KOショー」のゲストにリック・フレアーが登場する。

関連するニュースを読む

アスカ組が防衛、現王者&前王者の強力タッグ撃破

歌舞伎度を増したコスチュームで入場するアスカ(左)とセインのカブキ・ウォリアーズ(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reservedd

<WWE:ロウ大会>◇11日◇英イングランド・マンチェスター・マンチェスター・アリーナ

WWE女子タッグ王者となるカブキ・ウォリアーズ(アスカ、カイリ・セイン組)が豪華コンビの挑戦者を下し、英国ファンの前で王座防衛に成功した。ロウ女子王者ベッキー・リンチ、前スマックダウン女子王者シャーロット・フレアー組の挑戦を受けた。

序盤から王者組がリンチを捕まえた。アスカが互角以上の攻防を繰り広げ、お互いに顔面を激しく蹴り合った。セインはフレアーのパワーに押されながらも裸絞めで応戦。交代したアスカはフレアーを捕まえ、セインのドロップキックをアイストした。さらに2人でダブルブレーンバスターまで成功させた。さらにアスカがアスカロックから腕ひしぎ逆十字固めで絞めたが、勢いづいたところでセインとともにリンチのダブルドロップキックを浴びしまった。

ピンチに陥った王者組だったが、試合観戦していたNXT女子王者のシェイナ・ベイズラーの挑発でリンチの気が散った。さらにスマックダウン女子王者ベイリーも姿をみせて乱闘に発展。リング内外の混乱を生かし、アスカが油断したリンチを強引に丸め込んで3カウントを奪った。

アスカ(右端)が抑えたフレアー(中央)にキックを見舞うセイン(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved

関連するニュースを読む

中邑真輔、次期PPV大会で3WAY王者対決に参戦

3WAYマッチで対戦することが決まった中邑真輔(右)。左はAJスタイルズ、中央はロデリック・ストロング(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇11日◇英イングランド・マンチェスター・マンチェスター・アリーナ

WWEインターコンチネンタル(IC)王者中邑真輔が次期PPV大会で3王者よる3WAYマッチに臨むことが決まった。

11月24日にイリノイ州シカコのオールステート・アリーナで開催されるPPV大会サバイバー・シリーズでUS王者AJスタイルズ、NXT北米王者ロデリック・ストロングとのノンタイトル戦が決定。同PPV大会にはロウ、スマックダウン、そしてNXTも初参戦。WWE3大ブランドが対抗戦で激突するカードが組まれる中、今回、中邑はスマックダウン代表として王者対決が組まれた。

同PPV大会では、3ブランド対抗戦としてロウ女子王者ベッキー・リンチ、スマックダウン女子王者ベイリー、NXT女子王者シェイナ・ベイズラーによる女子王者対決、ロウタッグ王者ザ・バイキング・レイダーズ、スマックダウンタッグ王者ニュー・デイ、NXTタッグ王者ジ・アンディスピューテッド・エラが激突するタッグ王者対決も決定。なお3ブランドの男子5対5エリミネーション戦も予定されている。またWWEヘビー級王者ブロック・レスナーがレイ・ミステリオJr.を挑戦者に迎えた防衛戦も決まっている。

関連するニュースを読む

ニッキー・クロス女子王座挑戦権をゲット WWE

場外にいた4選手に向けてボディープレスを仕掛けたクロス(上)(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:スマックダウン大会>◇18日◇インディアナ州インディアナポリス・バンカーズ・ライフ・フィールドハウス

前WWE女子タッグ王者ニッキー・クロス(30)がスマックダウン女子王座挑戦権をゲットした。

ザ・ミズがMCを務める「ミズTV」に、盟友サーシャ・バンクスとともに同女子王者ベイリーがゲスト出演していると、クロスが姿をみせてベイリーを挑発した。続いてデイナ・ブルック、レイシー・エバンスも登場したことから、マンディ・ローズ、ソーニャ・デビル、カーメラを加えた6人で、6人形式の挑戦者決定戦に突入した。

大混戦の中、クロスが鮮やかにスピニング・ネックブリーカーでローズを沈めてフォール勝ち。挑戦権を獲得すると、女子王座ベルトを掲げたベイリーをにらみつけて一触即発ムードを漂わせていた。

関連するニュースを読む

中邑真輔はスマックダウン WWEドラフト2日目

WWEドラフトでスマックダウンに指名された中邑を紹介するステファニー・マクマホン(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ロウ大会>◇14日(日本時間15日)◇コロラド州デンバー・ペプシ・センター

11日のスマックダウン大会に続き、WWEドラフト2日目が開催され、インターコンチネンタル王者中邑真輔はスマックダウン、WWE女子タッグ王者アスカ、カイリ・セイン組と戸沢陽がロウ所属に決定した。

選択順を懸けたロウ代表のロウ女子王者ベッキー・リンチとスマックダウン代表のシャーロット・フレアーが対戦し、リンチが丸め込んで勝利。選択順はロウが先となった。ステファニー・マクマホンが各ブランドの指名選手を発表した。

ドラフト1巡目で、ロウはWWEユニバーサル王者セス・ロリンズ、フレアー、アンドラデ、スマックダウンはWWEヘビー級王者ブロック・レスナー、ニュー・デイ(ビッグE、コフィ・キングストン、エグゼビア・ウッズを指名。2巡目にロウはアスカ、セイン、3巡目にスマックダウンが中邑、5巡目でロウが戸沢を指名した。なお指名から外れた選手は即時FA宣言をすることが可能で、自ら希望ブランドと契約を結べる。なおドラフト2巡目の結果は次の通り。

◆WWEドラフト結果

★ロウ:ロリンズ、フレアー、アンドラデ、アスカ、セイン、ルセフ、アリスター・ブラック、セドリック・アレクサンダー、ウンベルト・カリーヨ、エリック・ローワン、バディ・マーフィー、ジンダー・マハル、Rトゥルース、サモア・ジョー、戸沢、シェルトン・ベンジャミン

★スマックダウン:レスナー、ニュー・デイ、ブライアン、ベイリー、中邑、サミ・ゼイン、アリ、ドルフ・ジグラー、ロバート・ルード、カーメラ、ザ・ミズ、バロン・コービン

関連するニュースを読む

70人以上参加WWEロウ、SDのドラフト詳細発表

11日スマックダウン大会、14日のロウ大会でWWEドラフトが開催(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved

WWEは10日(日本時間11日)、2ブランドとなるロウ、スマックダウンの所属選手を選択式で入れ替える「WWEドラフト」の詳細を発表した。

11日(同12日)のスマックダウン大会、14日(同15日)のロウ大会で開催。スマックダウン大会を放送するFOX、ロウ大会を放送するUSAネットワークの各代表パーソナリティーが登場し、順番に希望する選手をリストから選択する仕組み。10日のスマックダウン大会の冒頭でスマックダウン所属のローマン・レインズ、ロウ所属のWWEユニバーサル王者セス・ロリンズが対戦し、勝者が所属するブランドから先に選択権を得る。なおルール詳細は次の通り。

(1)70人以上の選手が「WWEドラフト」に参加。

(2)スマックダウン(放送局FOX)は30人、ロウ(放送局USAネットワーク)は41人の選手を選択できる。

(3)2時間放送のスマックダウンは1回につき2人ずつ、3時間放送のロウは3人ずつ選択。

(4)基本的にタッグチームは1つ(1人)の選択としてみなされるが、FOXおよびUSAネットワーク側が2人のうち1人のみを選択することも可能。

(5)選択されなかった選手は即時FA宣言をすることが可能で、自ら希望ブランドと契約を結べる。

★選手選択リストは次の通り。

◆スマックダウン ロウ女子王者ベッキー・リンチ、ローマン・レインズ、The OC(US王者AJスタイルズ、ルーク・ギャローズ、カール・アンダーソン)、ブレイ・ワイアット、ドリュー・マッキンタイア、ランディ・オートン、サーシャ・バンクス、リコシェ、ブラウン・ストローマン、ボビー・ラシュリー、アレクサ・ブリス、ニッキー・クロス組、レイシー・エバンス、バイキング・レイダース(エリック、アイバー)、スマックダウン・タッグ王者ザ・リバイバル(スコット・ドーソン、ダッシュ・ワイルダー)、ナタリア、ストリート・プロフィッツ(モンテス・フォード、アンジェロ・ドーキンス)、ルチャ・ハウス・パーティー(カリスト、グラン・メタリック、リンセ・ドラド)、セザーロ、ケビン・オーエンズ、ウンベルト・カリーヨ、戸沢陽、シン・カラ、エリック・ヤング、EC3、チャド・ゲイブル、ヒース・スレーター、ドリュー・グラック、Bチーム(ボー・ダラス、カーティス・アクセル)、タミーナ

◆ロウ WWEユニバーサル王者セス・ロリンズ、WWEヘビー級王者ブロック・レスナー、スマックダウン女子王者シャーロット・フレアー、タイタス・オニール、インターコンチネンタル王者中邑真輔(スポーツクスマンのサミ・ゼイン)、アリスター・ブラック、ニュー・デイ(コフィ・キングストン、ビッグE、エグゼビア・ウッズ)、ダニエル・ブライアン、ベイリー、ルーク・ハーパー、エリック・ローワン、ザ・ミズ、アリ、バロン・コービン、アライアス、ロウタッグ王者ドルフ・ジグラー、ボビー・ルード組、サモア・ジョー、WWE女子タッグ王者カブキ・ウォリアーズ(アスカ、カイリ・セイン)、ルセフ、セドリック・アレクサンダー、レイ・ミステリオ、Rトゥルース、カーメラ、AOP(アカム、レーザー)、ヘビー・マシナリー(タッカー、オーティス)、アポロ・クルーズ、アンドラデ、リブ・モーガン、ジンダー・マハル、バディ・マーフィー、モジョ・ローリー、ノー・ウェイ・ホゼ、デイナ・ブルック、シェルトン・ベンジャミン、カーティス・ホーキンズ、ザック・ライダー組、ザ・アイコニックス(ビリー・ケイ、ペイトン・ロイス)、サラ・ローガン、ファイアー&デザイアー(マンディー・ローズ、ソーニャ・デビル)、ドレイク・マーベリック

関連するニュースを読む

ついにロック様がWWEに帰ってくる4日SD登場へ

4日のスマックダウン大会に登場することが発表されたザ・ロック(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved

あの「ロック様」がWWEに戻ってくる。ハリウッド俳優のドウェイン・ジョンソンことザ・ロックが4日のスマックダウン大会に登場することが9月30日(日本時間1日)、発表された。

米地上波テレビ局FOXでの初回放送でもある4日のスマックダウン大会への登場が決まり、ロックは自らのツイッターで「ついにWWEユニバースのもとへ帰る。今週の金曜夜、スマックダウンに出演する! ピープルズ・チャンピオンよりもすばらしい肩書はないし、ホームに勝る場所はない」とつづった。

なお同大会では王者コフィ・キングストンVS挑戦者ブロック・レスナーのWWEヘビー級王座戦、ベッキー・リンチ、シャーロット・フレアーVSサーシャ・バンクス、ベイリーのタッグ戦、さらにシェイン・マクマホンVSケビン・オーエンスのシングル戦、ローマン・レインズVSエリック・ローワンの遺恨シングル戦などが組まれている。

関連するニュースを読む

女子王者リンチが挑戦者バンクス組との前哨戦制す

15日のPPV大会に向けた前哨タッグ戦を制したロウ女子王者リンチ(左端)とフレアー(右端)(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved

<WWE:ロウ大会>◇9日(日本時間10日)◇米ニューヨーク市マディソン・スクエア・ガーデン

ロウ女子王者ベッキー・リンチが、スマックダウン(SD)女子王座次期挑戦者シャーロット・フレアーと組み、前哨タッグ戦を制した。15日のPPV大会クラッシュ・オブ・チャンピオンズ(ノースカロライナ州シャーロット)で王座戦を控える王者リンチはフレアーとコンビを結成。SD女子王者ベイリー、ロウ女子王座次期挑戦者サーシャ・バンクスと激突した。

2日のボルティモア大会でパイプいす攻撃を受けたリンチ、フレアー組は試合開始前からベイリー、バンクス組を襲撃し、フレアーはパイプいすを持ち出して報復を狙った。ゴング後は激しい攻防を展開し、バンクスのバンクステイトメントで絞められたフレアーがフィギュア・エイトで反撃。リンチがレッグドロップ、フレアーが月面水爆を繰り出してベイリーを追い込んだ。続けてリンチが鉄製ステップにたたき付けたバンクスをディスアーマーでとらえるなど大技の攻防が展開された。

最後はダイビング・エルボーを狙ったベイリーをヒザで迎撃したフレアーが、そのままナチュラル・セレクションで倒して3カウントを奪取。フレアーがSD女子王者ベイリーから勝利を挙げ、王座戦に向けてはずみをつけた。

関連するニュースを読む

「超雄」リンチ15日PPV大会でバンクスと防衛戦

スマックダウン女子王者ベイリー(前方左)にパイプいすでめった打ちにされるロウ女子王者リンチ(同右下)(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:ロウ大会>◇2日(日本時間3日)◇米メリーランド州ボルティモア・ロイヤル・ファームズ・アリーナ

「超雄」ことロウ女子王者ベッキー・リンチが15日のPPV大会クラッシュ・オブ・チャンピオンズ(ノースカロライナ州シャーロット)で「ボス」ことサーシャ・バンクスとの防衛戦に臨むことが決まった。

リングに上がったリンチは「サーシャはどこだ? 私がWWEの顔になってショックなんだろ。1対1で私と勝負してみろよ」と挑発し、バンクスを呼び寄せた。「お金にならないのに試合なんかしないわよ。次に会うのはクラッシュ・オブ・チャンピオンズのロウ女子王座戦よ」とバンクスからPPVでの王座挑戦を表明されるとリンチが承諾した。

同日のメインイベントでは「チャンピオンズ・ショーケース」と題し、リンチがスマックダウン女子王者ベイリーと組み、WWE女子タッグ王者アレクサ・ブリス&ニッキー・クロスとタッグマッチに出場。試合途中に姿をみせた次期挑戦者バンクスも見守る中、リンチがベクスプロイダー(エクスプロイダー)でクロスを追い込んだ。すると背後からバンクスに襲われ、バックスタバーを決められると、パイプいすでの追撃も浴びた。さらに1度はバンクスを制止したはずのベイリーからも予想外のパイプいす攻撃を食らい、めった打ちにされてしまった。PPV大会での超雄VSボスの王座戦は、スマックダウン女子王者も加わり、さらにヒートアップしてきた。

バンクス(後方左)とスマックダウン女子王者ベイリー(同左)に襲われたロウ女子王者リンチ(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved.

関連するニュースを読む

ブリス、自身のトークコーナーに王者迎え舌戦&乱闘

スマックダウン女子王者ベイリー(左)と舌戦を繰り広げた挑戦者ブリス(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:スマックダウン大会>◇18日◇米カリフォルニア州オンタリオ・シチズン・ビジネス・バンク・アリーナ

元ロウ女子王者の「小悪魔」アレクサ・ブリスが、スマックダウン女子王者ベイリーと舌戦&乱闘を展開した。

23日のPPV大会ストンピング・グラウンズ(米ワシントン州タコマドーム)でベイリーに挑むブリスは盟友ニッキー・クロスとともに自ら司会を務めるコーナー「モーメント・オブ・ブリス」に登場し、王者をゲストに迎えた。

まずコーヒーを飲みながら登場したベイリーからクロスに向けて「アレクサはあなたを利用しているだけよ」と陽動作戦を開始。さらにブリスには「あなたの陰口はもう十分。文句があるなら直接言って」と挑発してきた。

女子王座返り咲きへ、勝ち気なブリスも負けていない。「本当のベイリーはただの嘘つきよ。あなたは(WWE傘下)NXT(時代)がピークで王座は一時的なものよ」と激しい口調で反撃した。怒りのベイリーから殴り掛かられると、クロスの仲裁で引き離されたが、最後はブリスが強烈なエルボーでベイリーを沈めて立ち去った。前日のロウ大会に続き、両者はヒートアップするばかりだ。

関連するニュースを読む

ブリスがSD女子王者ベイリーと早くも一触即発

試合視察したスマックダウン女子王者ベイリー(右)とにらみ合うアレクサ・ブリス(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:ロウ大会>◇17日◇カリフォルニア州ロサンゼルス・ステイプルズ・センター

元ロウ女子王者の「小悪魔」アレクサ・ブリスが23日のPPV大会ストンピング・グラウンズ(米ワシントン州タコマドーム)で挑戦するスマックダウン女子王者ベイリーと一触即発ムードとなった。

ベイリーが試合視察する中、ニッキー・クロスと組み、WWE女子タッグ王者アイコニックス(ビリー・ケイ、ペイトン・ロイス)に挑戦した。試合途中、場外に突き飛ばされた際、何度もベルトを持って視察中のベイリーと交錯。ブリスは王者を突き飛ばし、バチバチと火花を散らした。クロスがケイに丸め込まれて3カウントを奪われて王座奪取を逃した後には逆にベイリーから突き飛ばされた。試合後、ベイリーの介入を敗因に挙げたクロスから味方セコンドに入ることを確約されたブリス。17年4月以来のスマックダウン女子王座返り咲きに向け、力強い援軍を得た。

関連するニュースを読む