上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

アスカ王座返り咲きに暗雲 王者リプリーとの前哨戦で3カウント許す

ロウ女子王者リプリー(手前)を絞めるアスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇10日(日本時間11日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

前ロウ女子王者アスカ(39)が王座挑戦前最後の前哨戦で現王者リア・リプリー(24)に敗れ、王座返り咲きに暗雲が垂れ込めた。16日(日本時間17日)のPPV大会レッスルマニア・バックラッシュで3WAY形式(もう1人の挑戦者はシャーロット・フレアー)の王座挑戦を控え、1日2試合に臨んだものの、急きょ組まれた2試合目のリプリーとのノンタイトル戦で王者得意のリップタイドを浴び、3カウントを許してしまった。

ゴング後、飛びつき式腕ひしぎ逆十字固めを仕掛けたアスカは、ゲスト解説として現れた黒ずくめのフレアーを横目に、リプリーに裏拳を放って試合を優勢に進めた。場外でフレアーとにらみ合ったリプリーに対し、解説席上からのヒップアタックやミサイルキックをさく裂させた。試合を優位に進めているように見えたが、2試合目のアスカには疲労も見え始め、最後は王者のリップタイドを食らってフォール負けした。

第1試合でアスカはマンディ・ローズ、デイナ・ブルックと組み、フレアー、シェイナ・ベイズラー、ナイア・ジャックス組との6人タッグ戦に臨んだ。試合途中にブランコに乗った「小悪魔」アレクサ・ブリスが「邪魔してごめんね。ただある人が気になって来ただけ」と意味深発言でステージに登場。試合は急に左足を痛めたベイズラーを狙い、アスカがシャイニング・ウィザードを成功させて3カウントを奪った。試合後、アスカがフレアーのビッグブーツを浴びるとブリスの不敵な笑いが響いた。バックステージで、アスカは王者リプリーと鉢合わせになると、何者かに助言されたWWEオフィシャルのソーニャ・デビルから両者のノンタイトル戦が提案され、アスカが「すでに1試合してるけどやってやる。ワシはリアに勝つ準備ができている」と豪語。2連戦を受け入れるとリプリーも「いいわよ。レッスルマニアのように倒してあげる」と受諾し、急きょ、両者による前哨戦が決定していた。

ロウ女子王者リプリー(左)を打撃で攻め込むアスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
ベイズラー(右端)、ジャックス(左から5番目)、フレアー(同4番目)とにらみ合うアスカ(同2番目)(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

WWEアスカがフレアーと6人タッグ対決 16日ロウ女子王座前哨戦

10日のロウ大会でシャーロット・フレアーと王座前哨戦に臨むアスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEの前ロウ女子王者アスカ(39)が、10日(日本時間11日)に米フロリダ州タンパで開催予定のロウ大会でシャーロット・フレアー(35)と6人タッグ対決でロウ女子王座前哨戦に臨む。

9日(同10日)にWWEから発表されたもので、アスカはマンディ・ローズ、デイナ・ブルックと組み、フレアー、シェイナ・ベイズラー、ナイア・ジャックス組と対戦する。16日のPPV大会レッスルマニア・バックラッシュで現ロウ女子王者リア・リプリー(24)に3WAY形式で挑戦する両者にとっては激しい戦いになりそうだ。

3日に今回の3WAY形式による王座戦が正式決定すると、アスカは「私が王者になるんじゃ! この野郎」と雄たけびをあげ、王座返り咲きへの意欲を示していた。

関連するニュースを読む

アスカ16日ロウ女子王者戦は3WAY形式に フレアーの強引な横やり入る

「ワシが王者になるんや」と3WAY形式ロウ女子王座戦に向けて雄たけびをあげたアスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇3日(日本時間4日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

前ロウ女子王者アスカ(39)が16日のPPV大会レッスルマニア・バックラッシュでシャーロット・フレアー(35)とともに3WAY形式で現王者リア・リプリー(24)に挑戦することが決まった。

当初はアスカがリプリーに挑戦する王座戦が発表されていたものの、フレアーの強引な横やりが入った。

先にデイナ・ブルックとシングル戦に臨んだフレアーは必殺のフィギュアエイトで絞めて快勝すると、その場に登場したWWEオフィシャルのソーニャ・デビルに対し「アスカの連勝記録を止めたのは私だし、今年のレッスルマニアではリアが私の機会を奪ったのよ。女子部門やWWEファンは私を必要としている。私をPPV大会の王座戦に加えて」と主張。フレアーのプレッシャーに負け、突然、ロウ女子王座戦を3WAY形式に変更を決めてしまった。すると、納得いかない王者リプリーが姿をみせて猛抗議。続いて、満を持してアスカがリングに入った。

アスカは「ワシが2人を倒してロウ女子王者になるから問題なし」と自信を示した。デビルに猛抗議を続けるリプリーがフレアーに襲撃されると、アスカも黙っていない。フレアーを襲い、場外に一蹴してみせると「私が王者になるんじゃ! この野郎」と雄たけびをあげ、王座返り咲きへの意欲を示した。

デビル(左から3番目)とフレアー(右端)の前に登場したアスカ(左端)と王者リプリー(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
16日のPPV大会で3WAY形式ロウ女子王座戦に挑むアスカ(右端)中央は王者リプリー。左端は挑戦者フレアー(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

アスカが6人タッグ戦で敗れる 王者リプリーへの挑戦実現へ痛い黒星

ベイズラー(右)と戦うアスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇26日(日本時間27日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

前ロウ女子王者アスカ(39)が現王者リア・リプリー(24)との6人タッグ戦に敗れた。

ナオミ、ラナと組み、リプリー、WWE女子タッグ王者シェイナ・ベイズラー、ナイア・ジャックス組と対戦。アスカはポップアップ・ニー・ストライクでリプリーに攻め込むと、試合途中にマンディ・ローズ、デイナ・ブルックの介入で、因縁のジャックス、ベイズラー組に水をぶっかける“アシスト”を受けた。中盤にはアスカがリプリーとベイズラーの両者にヒップアタックを成功させた。

ピンチもありながも持ち前の粘り強さで裏拳やスピンキックを放って奮闘していたが、場外でジャックスに突き飛ばされて大ダメージ。ラナが捕まり、リプリーのリップタイド、ジャックスのレッグドロップを連続で浴びて3カウントを許してしまった。5月16日に開催が発表されているPPV大会レッスルマニア・バックラッシュでリプリーへの挑戦を実現させたいアスカにとっては痛い黒星となった。

関連するニュースを読む

WWE、アスカ戦で暴行のフレアーに罰金10万ドルと無期限出場停止処分

レフェリーに暴行を加えたシャーロット・フレアー(中央)(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米プロレスWWEは20日(日本時間21日)、19日のロウ大会メインのアスカ戦でレフェリーに暴行を加えたシャーロット・フレアー(35)に対し、罰金10万ドル(約1100万円)と無期限出場停止処分を科したと発表した。

WWEの番組「ロウ・トーク」に登場したWWEオフィシャルのアダム・ピアースもフレアーに対して罰金と出場停止処分を下したと明かした。

フレアーは19日のロウ大会メインで前ロウ女子王者アスカ(39)とシングル戦で対決。試合終盤に得意のフィギュア・エイトでアスカの両足を絞りあげていたところで、レフェリーの目が届かない位置から現王者リア・リプリー(24)の試合介入で腕を引っ張られて得意技を外されてしまった。怒ったフレアーが隙をみせたところで、アスカに丸め込まれて3カウントを許して敗戦。怒りが収まらず、レフェリーに暴行を加えて暴れていた。

関連するニュースを読む

アスカが「クソ女」とフレアー罵倒!リプリー介入の隙を突き撃破

シャーロット・フレアーをののしるアスカ(C )2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇19日(日本時間20日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

前ロウ女子王者アスカ(39)が現王者リア・リプリー(24)による試合介入の隙を突き、シャーロット・フレアー(35)を撃破した。

メインイベントで激突を控えた両者は試合前から臨戦態勢。先にリングに立ったフレアーから「アスカをリスペクトしているけれど、好きじゃないわ。今日の試合でなぜ私が『女王』と呼ばれているかを証明する」と上から目線の態度。するとアスカ、リプリーが姿をみせた。

さらにフレアーから「アスカを倒すからリアはメモでもしたら」と挑発を受けると、リプリーに「アスカがアンタを倒すことになる」と“アシスト”を受けたアスカは「お前を倒してやるぞ! クソ女」と堂々と罵倒した。

リプリーが試合視察した両者のシングル戦も序盤からヒートアップ。アスカは「こいや! おら」と挑発しながらミサイルキックやヒップアタックを放った。スピアーやロープを使ったニー・バーで反撃されると、得意のアスカロックを繰り出した。逆にフィギュア・エイトで両足を絞めあげられるピンチに陥ると、場外にいたリプリーによるレフェリーの死角を突いた介入があり、フレアーの腕を引っ張って妨害。その隙を狙い、アスカが丸め込みに成功し、3カウントを奪ってみせた。

接戦を制し、安堵(あんど)の表情を浮かべたアスカとは対照的に、リプリーとレフェリーに怒り心頭のフレアーはレフェリーに暴行を加え、怒りを爆発させていた。

リア・リプリー(右端)の介入でシャーロット・フレアー(中央)と交錯するアスカ(C )2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
レフェリーに暴行を加えたシャーロット・フレアー(中央)(C )2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
シャーロット・フレアー(右)に挑発を受けるアスカ(C )2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

WWEアスカがフレアーに勝利、フレアーはレフェリー襲撃の暴挙

シャーロット・フレアーにメイン戦で勝利を飾ったアスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇19日(日本時間20日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

前ロウ女子王者アスカ(39)が現王者リア・リプリー(24)の試合介入をチャンスに変え、シャーロット・フレアー(35)に勝利した。ロウ女子王座ベルトを巻いたリプリーが試合視察で見守る中、WWE女子タッグ王座を一緒に獲得した元パートナーのフレアーとメインイベントで激突。フレアー得意のフィギュアエイトで両足を絞めあげられた後、視察していたはずのリプリーの介入で何とか回避。現王者の邪魔に怒り狂ったフレアーの隙を突いて丸め込み、3カウントを奪った。5月16日のPPV大会レッスルマニア・バックラッシュに向けて三つどもえの王座争いが繰り広げられそうで、王座返り咲きを狙うアスカは、大事な試合で白星を挙げた。

一方、フレアーは試合後も怒りが収まらず、レフェリーを襲撃するなど暴走を続けていた。

関連するニュースを読む

前ロウ女子王者アスカがフレアーと対決 王座返り咲きへサバイバルマッチ

19日(日本時間20日)のロウ大会でシャーロット・フレアーと対戦するアスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEロウ大会は19日(日本時間20日)、米フロリダ州タンパで開催される。メインイベントでは、前ロウ女子王者アスカ(39)がメインイベントでWWE女子タッグ王座を一緒に獲得した元パートナーのシャーロット・フレアー(35)とのシングル戦に臨む。11日のレッスルマニア37大会第2日にリア・リプリー(24)に敗れて王座陥落したアスカは、12日のロウ大会で王者リプリーとの即再戦で王座挑戦したものの、試合途中にフレアーの襲撃に見舞われて無効試合になっていた。

5月16日のPPV大会レッスルマニア・バックラッシュに向けて三つどもえの王座争いが繰り広げられそうだが、アスカにとっては王座返り咲きに向け、絶対に負けられないフレアーとの一騎打ちになりそうだ。

アスカは昨年12月のPPV大会TLCでフレアーとコンビを組み、WWE女子タッグ王座を獲得。今年1月のPPV大会ロイヤルランブルで前王者ナイア・ジャックス、シェイナ・ベイズラー組に敗れて王座陥落した。今年に入ってフレアーの父リック&レイシー・エバンスの陽動作戦が続き、その影響でフレアーとも別離していた。

一方、フレアーは3月に新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けて欠場。当時の王者アスカへの挑戦を表明していたが、復帰が間に合わなかった。

関連するニュースを読む

NXT女子新王者ゴンザレス前王者に敬意 「紫雷イオは素晴らしい王者」

新女子王者3人がNXT大会に集結。左からNXT女子王者ゴンザレス、スマックダウン女子王者ブレア、ロウ女子王者リプリー(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:NXT大会>◇15日配信◇米フロリダ州オーランド

前週のレッスルマニアウイークにベルト奪取に成功したNXT女子王者ラケル・ゴンザレス、ロウ女子王者リア・リプリー、スマックダウン女子王者ビアンカ・ブレアが出身リングとなるNXT大会に集結した。

紫雷イオを倒し、NXT女子王者となったゴンザレスは「紫雷イオは素晴らしい王者だ。でも私の時代が始まった」と前王者に敬意を表しつつ、新王者としての風格を漂わせた。その後、「明日の女帝」アスカを撃破して新ロウ女子王者リア・リプリーがリングインし、ゴンザレスと抱擁。続けて「ボス」ことサーシャ・バンクスを下して新スマックダウン女子王者となったビアンカ・ブレアも登場。それぞれが自身のベルトを掲げて王座戴冠を祝福し合っていた。

関連するニュースを読む

アスカ「もう1度、ロウ女子王者に」意気込み再戦もリプリー戦無効試合に

ロウ女子王者リプリー(左)にアスカロックを仕掛けようとする前王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

WWEロウ大会は12日(日本時間13日)、米タンパで開かれ、前ロウ女子王者アスカ(39)が王座奪回のチャンスをシャーロット・フレアーに邪魔された。11日のレッスルマニア37大会でリア・リプリーに敗れ、王座陥落したが、同日に再戦の王座挑戦が決定。「今度は私の番。昨日のワシとちゃいまんねん。もう1度、ロウ女子王者になる」と意気込んで王者リプリーに挑んだが、場外戦に入るとフレアーの襲撃に見舞われて無効試合に。5月16日のPPV大会に向け、三つどもえの抗争が始まった。

関連するニュースを読む

アスカ王座奪回狙うも元盟友フレアーに邪魔された 三つどもえ抗争の恐れ

ロウ女子王者リプリー(左)にアスカロックを仕掛けようとする前王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇12日(日本時間13日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

前ロウ女子王者アスカが王座奪回の好機を元盟友に邪魔された。

11日のレッスルマニア37大会第2日の防衛戦でリア・リプリーに敗れ、王座陥落したアスカは第3試合でダイレクトリマッチでの王座挑戦が決定すると気合十分。「今度は私の番。昨日のワシとちゃいまんねん! もう1度、ロウ女子王者になる」と意気込んでリングに立った。

「もう1度、アスカを倒すことができることを証明するだけだ」と王者としての風格をみせた新王者リプリーに対し、ミサイルキックやヒップアタックで猛攻を仕掛けた。ドロップキックやクローズライン(ラリアット)を浴びながらもアスカがアスカロックで絞めるなど大技の攻防を展開したが、場外戦に入ると、シャーロット・フレアーの介入に見舞われた。鉄製ステップにたたきつけられる襲撃を受けた。さらに防護壁にたたきつけられ、リプリーもビックブーツで沈められていた。

リプリー-アスカ戦前、先にフレアーはリングに立ち「(先に)私が王座挑戦を表明したのにアスカは返答せずにリアの挑戦を受諾した」と自らの新型コロナウイルス感染による欠場のことを触れずに一方的にアスカを批判。さらにリプリーに対して「私はチャンスを盗んだりしない。私が戦うべきだった王座戦を楽しむといい」などと皮肉交じりに横取りされたような主張を展開。5月16日に開催が発表されているPPV大会レッスルマニア・バックラッシュに向け、アスカ、リプリー、フレアーによる三つどもえの抗争が始まりそうな気配だった。

フレアー(左端)に襲撃されたロウ女子王者リプリー(右前)とアスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

王座陥落アスカ、リプリーとの王座戦翌日リマッチもフレアー乱入で無効試合

王座陥落翌日にロウ女子王座に挑戦したアスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇12日(日本時間13日)◇米フロリダ州タンパ・ユエンリンセンター

前ロウ女子王者アスカ(39)が元盟友に王座返り咲きのチャンスをぶち壊された。11日(日本時間12日)の祭典レッスルマニア37大会第2日に挑戦者リア・リプリー(24)に敗れて王座陥落したが、一夜明けたロウ大会第3試合でロウ女子王座戦のダイレクトリマッチが組まれた。

試合開始後、パワフルな新王者に何度も投げられながらも腕ひしぎ逆十字などの関節技で反撃。場外乱闘に入ると、WWE女子タッグ王座を一緒に奪取したパートナーのシャーロット・フレアー(35)に乱入され、突き飛ばされた。そのままノーコンテスト(無効試合)裁定に。終了ゴング後もフレアーによる暴走行為は収まらず、アスカはリプリーとともに襲われ続け、王座奪回することはできなかった。

リプリー-アスカ戦前、フレアーはリングに登場し、先にレッスルマニアでロウ女子王者アスカに挑戦表明しながら、自身の新型コロナウイルス感染によって欠場中にNXTから昇格したばかりのリプリーに王座挑戦権利を奪われていた。それを「横取り」と主張。ロウ女子王座戦乱入時には大きなブーイングも浴びていた。5月16日に開催が発表されているPPV大会レッスルマニア・バックラッシュに向け、アスカ、リプリー、フレアーの三つどもえの抗争が始まりそうだ。

関連するニュースを読む

アスカ、4回目祭典出場「すべてに感謝」王座陥落でベルトを失い「くそー」

挑戦者リプリー(右)のトラースキックを浴びるロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第2日>◇11日(日本時間12日)◇米フロリダ州タンパ・レイモンド・ジェームス・スタジアム

ロウ女子王者アスカ(39)が祭典で王座陥落した。

成長著しい挑戦者リア・リプリー(24)を迎え撃ったものの、相手必殺のリップタイド(変形ストレッチボム)を食らってフォール負けを喫した。試合後には自らのSNSを英語で更新。4回目のレッスルマニア出場に「すべてに感謝」とした上で、ベルトを失い「くそー」と投稿した。

序盤から「やってみろ!コラ」と挑発しながらドロップキック2発で攻め込んだアスカは、「チャンピオンだろ!オラ」と挑戦者に馬乗り状態で殴られた。ミサイルキックからスピンキック、ヒップアタックと連続攻撃をヒット。チャンスにコーナートップに向かうとミサイルキックを浴びて場外に吹き飛ばされた。

負けられないアスカはエプロンでリプリーを捕獲し、場外DDTを放って脳天から地面に突き刺した。

ストンプ連打からプリズムトラップを浴びながらもアスカも腕ひしぎ逆十字固めからアスカロックと関節技を続けたが逃げられ、胸板への強烈キックをかわされると、リプリーに担ぎ上げられて最後は相手必殺技に沈んだ。

昨年5月11日から335日間、保持し続けていた同王座から陥落。日本勢がレッスルマニアでWWEシングル王座の防衛戦に臨むのは98年の第14回大会でTAKAみちのくがWWFライトヘビー級王座の防衛に成功して以来23年ぶりだったが、アスカは王座を死守できなかった。

関連するニュースを読む

WWE祭典でアスカ王座陥落、リプリーの必殺技リップタイドに沈む

4回目のレッスルマニア出場となったロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第2日>◇11日(日本時間12日)◇米フロリダ州タンパ・レイモンド・ジェームス・スタジアム

4回目の祭典出場となったロウ女子王者アスカ(39)が防衛に失敗した。挑戦者リア・リプリー(24)に蹴りを止められた後、腕をクラッチしながら担ぎあげられ、リップタイド(変形ストレッチボム)でマットにたたきつけられ、フォール負け。昨年5月11日から335日間、保持し続けていた同王座から陥落してしまった。

「やってみろや、コリャー」とビンタとエルボー連打で先制したアスカはピンチに陥ると1年1カ月ぶりにWWEの会場に戻ってきた2万人以上のファンから「レッツゴー、アスカ!」の声援を受けた。大観衆からの応援を背に受け、足首固め、投げっぱなしジャーマン、ヒップアタックで応戦した。

ドロップキックでコーナートップから落とされたアスカはエプロンへのフェイスバスターも浴びた。すると同じエプロンから旋回式DDTでリプリーを脳天から場外へとたたき落とした。リングに戻り、再びアンクルホールドで右足を痛めつけたものの、コーナーへ投げ飛ばされ、スワンダイブ式ブレーンバスターで投げられた。腕ひしぎ逆十字固め、アスカロックでリプリーの動きを止めた。ロープの反動を生かし、胸板に強烈なキックを浴びせるとかわされ、そのままリプリーに担ぎ上げられて必殺リップタイドで沈められた。

アスカにとってカイリ・セイン(32)と保持したWWE女子タッグ王座に続く2年連続の防衛戦だったが、いずれも防衛失敗となった。日本勢がレッスルマニアでWWEシングル王座の防衛戦に臨むのは98年のレッスルマニア14大会でTAKAみちのくがWWFライトヘビー級王座の防衛に成功して以来23年ぶりだったが、アスカは王座を死守することができなかった。

関連するニュースを読む

女子RRを制したビアンカ・ブレア王座初奪取 レッスルマニアメインを飾る

結んだ長い髪を王者サーシャ・バンクス(右端)に引っ張られたビアンカ・ブレア(左端)(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:レッスルマニア37大会第1日>◇10日(日本時間11日)◇米フロリダ州タンパのレイモンド・ジェームス・スタジアム

今年1月の女子ロイヤルランブル(RR)戦を制したビアンカ・ブレア(32)が勢いそのままにスマックダウン女子王座の初奪取に成功した。

女子RR戦を制して得た王座挑戦権で自ら指名した同王者サーシャ・バンクス(29)を必殺技キス・オブ・デス(KOD)で撃破。祭典のメインイベントで新王者となった。

バンクスの豪快なトペ・スイシーダに対し、ブレアは細身に似合わない怪力を生かし、そのまま捕獲して放り投げた。さらにランニング・ダブルニーを防護壁に誤爆したバンクスにバーティカル・スープレックスやスタンディング式シューティングスターから450度スプラッシュを放ったが、ヒザの剣山で迎撃されてダメージを負った。

逆に王者のトルネードDDTやフロッグスプラッシュ、得意のバンク・ステートメントで絞められた。何とかロープ回避すると、バンクスの攻撃がターンバックルに誤爆したチャンスを逃さなかった。450度スプラッシュから、引っ張られた自らの髪の毛を逆に生かしてムチ攻撃。最後はバンクスを担ぎあげ、KODを決めてフォール勝ちした。家族も観戦する中、メイン戦で王座初戴冠という偉業を成し遂げた。

試合後、自らのSNSを通じ「やったよ! スマックダウン女子王者だ」と喜びをつづったブレアは16年5月にWWEと契約。同年9月、NXTデビュー。女子トーナメントのメイ・ヤングクラシック2回戦ではカイリ・セイン(宝城カイリ)とも対戦した。今年1月には30人出場時差式バトルロイヤルとなる女子ロイヤルランブル戦で、最後にリア・リプリーを排除して初制覇していた。

王者サーシャ・バンクス(右下)を下し、スマックダウン女子王座を初戴冠したビアンカ・ブレア(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

昨年レッスルマニア出場カイリ・セインが入門指南/WWEの世界(1)

WWEの「アンバサダー」を務めるカイリ・セイン(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米プロレスWWEには現在、中邑真輔(41)、アスカ(39)、紫雷イオ(30)らが在籍し、第一線で活躍している。

10日(日本時間11日)からは2日間にわたり、米タンパで年間最大の祭典レッスルマニア37大会が開催。世界中のプロレスファンが注目している。日刊スポーツ・コムでは「WWEの世界」と題し、米最大規模マットの話題を届ける。第1回はWWEの「アンバサダー」として活動するカイリ・セイン(32)が登場。レッスルマニアからのWWE入門を勧めた。【取材・構成=藤中栄二】

 ◇   ◇   ◇

85年3月、米ニューヨーク・マディソン・スクエア・ガーデンで開催された第1回大会から数え、今年で37回目を迎えるレッスルマニア。ハルク・ホーガンの登場で全米のプロレス熱が一気に高まり、レッスルマニアが始まった。レッスルと、ホーガンのキャッチフレーズ「ハルカマニア(ハルク狂)」をミックスさせた名称のイベントは現在、10万人規模のスタジアムで開催されている。

カイリは「レッスルマニアはWWE入門にうってつけです。見始めるにはベストタイミングだと思います。いろいろな試合が詰め込まれている。戦国で言うと天下分け目の戦。さまざまな国の将軍が集まって一騎打ちするイメージですね」と口調を強める。WWEはライバル団体だったWCW、AWA、ECWなどの米プロレスの歴史を受け継ぎ、各選手のキャラクターが際立つ試合や因縁が生まれている。

「感動する試合もあれば、本当に面白い試合、選手に火をつけてしまうような奇想天外な展開もあったり、女子の試合もある。バラエティーに富んでいる。こんな面白い団体なんだと分かります。WWEを見ようかと迷っている方、少しWWEが気になっている方に伝えたい。『今ですよ』と」

今年のレッスルマニアで注目の女子試合は王者アスカ-リア・リプリーのロウ女子王座戦、王者サーシャ・バンクス-ビアンカ・ブレアのスマックダウン女子王座戦の2カードだ。カイリは「(シングル戦としては)4人しか出られない狭き門。実力だけでなく、運も必要で、いろいろな流れが重なり、選ばれた。すごいと思いますし、プロ意識として出られずに悔しいと感じる選手もいると思います」と明かす。

特にアスカ-リプリー戦について、カイリは「入門編として言うと、アスカさんは、もう横綱。心技体が整い、誰もが認める存在です。リア選手は私のほぼ同期ですが、1~2年ほどチャンスをもらえなかった。本当に悔しい思いをしながら、ここまで上がり詰めてきた。同期として誇り」と喜ぶ。

リプリーとはWWE時代、同じマンションに住み、仲も良かったという。日本マットに参戦経験もあり、日本好きな一面も。昨年のレッスルマニア36大会でドラゴンボールのベジータのコスチュームで試合をしていたという。カイリは「2人ともレベルの高い選手。リア選手は未来を担う存在だと思いますし、すごい戦いになる」と分析した。

昨年のレッスルマニア36大会で、カイリはアスカとWWE女子タッグ王者として防衛戦に臨んだ。挑戦者のアレクサ・ブリス、ニッキー・クロス組に敗れはしたものの、反響は大きく、現在の自らのSNSの総フォロワー数は110万人近くに増えたそうだ。カイリは「PPVは世界配信されています。私にも中国語、スペイン語、インド語、多くの言語のメッセージを頂きました。そうやって世界中の方に応援していただけるのは本当にうれしいです」と注目度の大きさが世界規模になっている現状を明かした。

レッスルマニア37大会はWWEイベントとしても1年以上ぶりに有観客で開催する舞台。カイリは「観客の声援は選手の何よりの特効薬です。それだけで本当にうれしいし、いつも以上の力を出せる、限界を超えられる。最高の舞台になります」と締めくくった。1年間続いたストーリーの終幕であり、新たなストーリーの幕開けとなる年に1度の祭典。米国、日本、欧州だけでなく、世界各国に多くのファンを持つWWEワールドへの入門として最高のタイミングとなる。

○…WWEのプロモーションとしてカイリ・セインがレッスルマニアのゲスト解説を務める。14日にJ SPORTSスポーツ・オンデマンド他で放送される日本語実況版に登場するカイリは「プロレスを知らない方、WWEの大ファンの方も聞いてうれしいような、私しか知らないバックステージのエピソードなどを伝えたい。選手の人間性や人柄をプラスし、試合をどうやって見たらいいのかを分かりやすく伝えることができたら。私の解説でも、ぜひ」とPRした。

レッスルマニア37大会からのWWE入門を勧めたカイリ・セイン(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

王者アスカが完全復活宣言「私の強みはタフさ」防衛戦直前インタビュー

前歯破折、脳しんとうからリング復帰後初の防衛戦に臨むロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米プロレスWWEのロウ女子王者アスカ(39)が前歯負傷と脳振とうからの完全復活を宣言した。10、11日(日本時間11、12日)に米フロリダ州タンパで年間最大の祭典レッスルマニア37大会が開催。第2日となる11日にリア・リプリー(24)との防衛戦を控える。

2月22日のロウ大会でのタッグ戦でシェイナ・ベイズラー(40)に顔面を蹴られた際に前歯を破折。軽度の脳振とうの症状も見られたが、3週間ほどでリング復帰。カムバック後初の防衛戦を控えるアスカが日刊スポーツのインタビューに応じた。

 ◇   ◇   ◇

米セントピーターズバーグで開催された2月22日のロウ大会だった。シャーロット・フレアーと組み、WWE女子タッグ王者ナイア・ジャックス、ベイズラー組とノンタイトル戦に臨んだ際、マットに倒れたところで顔面にベイズラーの強烈キックを浴び、前歯が折れた。意識はあったものの、検査結果は重傷だった。

アスカ 脳振とうの検査があってチェックして、少しあると。(医療)スタッフと連絡を取りながらで。リングの上でどれぐらい動けるかのチェックもあって、ようやくクリアになって復帰できました。

米メディアには、リング復帰まで1カ月以上と報じられていたが、3週間後となる3月15日のロウ大会からカムバックした。しかし前歯の破折も深刻だった。

アスカ 結局、4カ所のクリニックに行きました。レントゲンを何回撮影したことか。1週間後に手術を受けて。全身麻酔で記憶もない大掛かりな手術でした。完治まで6カ月かかるそうです。治療費用も多分、ベンツのSクラスぐらい(約1500万円)かかると思います。試合の負傷なので私が払うことはないと思いますけれど(苦笑)。

WWEにも負傷欠場が少ない「鉄人」ぶりを認められている存在だけに長期離脱はアスカ自身も驚いたという。

アスカ 本当にビックリしました。(WWEの)プロデューサーたちも私を「タフ」と言ってくれるようなイメージだったので。だから選手、プロデューサー、スタッフから心配するメッセージが届きましたが、私の強みはタフさ。経験、技術面もリビング・レジェンド(生ける伝説)なんですけど、強みはタフというところなのです。

アスカの強靱(きょうじん)さを証明する米メディア調査の記録がある。WWEの歴代女子王座(ロウ女子、スマックダウン女子、NXT女子、NXT UK女子、ディーバス、WWE女子王座、WWE女子タッグ)の総戴冠日数が昨年12月8日に通算1000日間を突破した。

現役女子で首位を独走中で、歴代でも2位(歴代1位はファビュラス・ムーアの1万775日とされる)。2位フレアーの989日、3位ベイリーの951日を大きく上回る。昨年12月20日から今年1月31日までフレアーと女子タッグ王座も保持した2冠王者の時期もあるため、リプリー戦当日の総戴冠日数は1166日となる。

アスカ ちょっと米国行く前に想像した以上のことが起きている。信じられないですね。でも、いつも私はWWEのトップ、世界のトップだという気持ちで戦っています。

挑戦者のリプリーは身長171センチ、体重62キロの大型選手。身長160センチ、体重62キロのアスカにとって難敵なのは間違いない。

今回の相手は背が高くて、技術もある選手。経験は私の方がありますが、どんなに攻撃を受けても、私のタフさをみせたい。立ち向かっていく気持ち、プロレスで立ち向かっていくところを見てほしい。日常で嫌なことがあっても戦いを見て、生きるパワーにしてほしいです。レッスルマニアは4回目ですが、プロレスイベントの頂点ですし、レスラーのあこがれ。私にとっても特別な舞台。ロウ女子王者として防衛戦できるのは夢のようです。

顔面の大ダメージから復帰したアスカが、最大の祭典でタフネスな防衛成功をみせつける構えだ。

◆アスカ 1981年(昭56)9月26日、大阪市生まれ。本名・浦井佳奈子。04年6月、華名(かな)のリングネームでプロレスデビュー。AtoZで活動後、06年3月、慢性肝炎による体調不良で一時引退。07年9月に現役復帰。フリー選手として活動後、15年10月にNXTでWWEデビュー。連勝記録を続け、17年5月にはWWE史上最長記録となる174連勝に到達。同年10月にロウに昇格。昨年5月にロウ女子王座を獲得し、女子グランドスラム(ロウ、スマックダウン、NXT、女子タッグ)を成し遂げた。160センチ、62キロ。

レッスルマニア37大会で開催されるロウ女子王座戦の調印式に臨んだ王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
レッスルマニア37大会でリア・リプリー(右)の挑戦を受けるロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

紫雷15周年、ゴンザレス戦ヤマ場 インタビュー下

300日以上保持するNXT女子王座ベルトを手に笑顔をみせる王者紫雷イオ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米プロレスWWEのNXT女子王者紫雷イオ(30)が7日(日本時間8日)、PPV大会テイクオーバー第1日のメインイベントで、ラケル・ゴンザレス(30=米国)との防衛戦に臨む。WWE年間最大の祭典レッスルマニア37大会(10、11日・米タンパ)を控える「レッスルマニアウイーク」に開催されるPPV大会もNXTにとって大きなイベント。今年3月にプロデビュー15年目に入った紫雷が日刊スポーツのインタビューに応じ、注目の防衛戦に向けて意気込みを示した。その後半となる。【取材・構成=藤中栄二】

16歳だった07年3月4日にプロデビューし、今年でレスラー生活15年目に突入した。スターダムで活躍した上でWWEに加入。NXT女子王座も戴冠し、着実に夢を実現している。

「20歳前に漠然とWWEを見た時、いつか米国で試合したいと思っていました。ただ20歳を過ぎ、スターダムに入って、団体を背負う責任感がありました。年齢を含めて大人になる時にそれは難しいというか、遠のいていたかなと。私は日本で背負っているものがあると思って、1度、自分の頭からそのビジョンはかき消しました。ただ深層心理に多分あった中、(WWE加入の)チャンスが巡ってきた。だから想定と半々ですかね。ふと思い返すと、自分がやろうと思っていたり、若い頃に思い描いてビジョンは、大体全部やっているなという感じです」

リング外の夢の実現も紫雷の頭にある。それは意外にも東京タワー付近のマンションに住むことだという。

「思い描いた夢で、やっていないことあるかなと思ったのが、東京タワーが目の前に見える1室に住むということです。東京タワーが好きという謎の私の趣味なんですが。やっぱり都会といえば東京タワー。東京タワーがめちゃめちゃキレイに夜景で見えるマンションの1室を手に入れること。この謎の野望があります(笑い)」

紫雷のアメリカンドリーム実現の前に立ちはだかるのが、身長183センチ、体重80キロという大きな挑戦者ゴンザレスとなる。身長差27センチ、体重差33キロと体格で大きく劣る。パワー差は歴然となる。

「日本人とは全然筋力が違います。見た目では分からないかもしれないですが、思っているよりも何倍も人種のパワーが強いんです。でも私も(元WWEヘビー級王者)レイ・ミステリオJr.を見てワクワクしたように、小さい選手が大きい選手を倒すことは勇気を与えられるマッチアップだと思う。それが今回、分かりやすく出ているカード。みなさんが内容と結果でワクワクするような試合を、と意気込んでいます」

ゴンザレスとの因縁は深い。昨年12月のNXTテイクオーバー大会で開催された女子ウォーゲームズ(2つのリングで争われるチーム戦)では、王者の立場ながらゴンザレスにパワーボムを浴びてフォール負けを喫している。PPV大会直前のNXT大会では、ゴンザレスとの乱闘の中で3度も背中を大ダメージを負っている。

「最後(の前哨戦)だけで3回やられました。箱にぶち込まれ、バリケード(防護壁)に投げられ、最後は壁をぶち抜かれるほど飛ばされました。後できちんと仕返しはしましたが、今も背中はヤバイです。その前週は解説テーブルにたたきつけられています。昨年12月もラダーが真っ二つになるほどに投げつけられてフォールされました。1カ月ぐらいずっと痛かったですが、どんなにやられても私は負けないです」

完全なるヒールとして暴れ続けるゴンザレスに対し、紫雷は王者に君臨するうちに黒の「ヒロイン」として地位を確立しつつある。ゴンザレスは自ら指名した挑戦者でもある。

「次に対戦するラケルは完全なヒールなので、私はベビーフェースの立場で王者として迎え撃つ形になります。今の自分は『ダークベビー』みたいな感じですね。レッスルマニアへと続くテイクオーバー大会は、とても注目が高いイベントです。文字通り、山のように大きい対戦相手で、私のチャンピオンロードの中でもヤマ場だなと。王座戴冠1年の実現に向け、試合結果も含めてハッピーな情報を届けられるように。日の丸を背負って山を登ってきます」

(終わり)

◆紫雷(しらい)イオ 1990年(平2)5月8日、神奈川・鎌倉市出身。16歳だった07年3月4日、姉美央とともにプロデビュー。姉とともに「紫雷姉妹」として活動し、10年にメキシコ修業。11年8月にスターダムへ初参戦。15年にはスターダムの5大王座を制覇。18年にスターダムを退団し、WWEに正式加入。同年8月のWWE女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック」で準優勝。19年6月、NXT女子初の金網戦で王者シェイナ・ベイズラーに敗れ、ヒール転向。20年6月にシャーロット・フレアー、リア・リプリーとの3WAY形式NXT女子王座戦で勝利し、WWE王座初戴冠。156センチ、47キロ。血液型はA。

ヘアカラーに合わせたドレスでオンラインインタビューに応じたNXT女子王者紫雷イオ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
NXTテイクオーバー大会のメインでNXT女子王座の防衛に自信を示した王者紫雷イオ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

アスカ、挑戦者と異色タッグも…裏切られ屈辱の敗戦

タッグを組んでいたリア・リプリー(右)に襲撃を受けたロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇5日(日本時間6日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

ロウ女子王者アスカがタッグパートナーに裏切られ、年間最大の祭典前最後の大会で屈辱のフォール負けを喫した。

レッスルマニア37大会(10、11日・米タンパ)で臨む防衛戦の相手リア・リプリーと組む異色タッグで、WWE女子タッグ王者シェイナ・ベイズラー、ナイア・ジャックス組とのノンタイトル戦に臨んだ。

リプリーらが勝手に受諾して組まれたカードだったものの、アスカはショルダータックルでベイズラーを攻め込んだ。しかしリプリーから交代拒否という心理戦を展開されて険悪ムードに。リプリーが捕まってピンチに陥ると交代したアスカが奮闘し、ヒップアタックを敵2人に決めて反撃すると、ハイキックからジャーマン・スープレックス、ランニングニーでベイズラーを追い詰めた。

しかしアスカはリプリーに裏切られ、コーナーから落とされた。そのまま場外で襲撃を受けて大ダメージを負った。リングに放り込まれると、ベイズラーのランニングニーを浴び、フォール負けを喫した。試合後、挑戦者リプリーから「私には敵わないってもう一度言ってみろ」とツイッター経由で挑発されると、アスカはふざけたイラストや動画を添えながら「私には適わない」と投稿。挑発合戦を展開していた。なお王者アスカ-挑戦者リプリーのロウ女子王座戦は第2日の11日(日本時間12日)に開催される。

シェイナ・ベイズラー(右)を捕獲したロウ女子王者アスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

紫雷「自分ほめてもいいかな」大一番インタビュー上

PPV大会メインでの王座防衛に自信を示したWWEのNXT女子王者紫雷イオ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

米プロレスWWEのNXT女子王者紫雷イオ(30)が7日(日本時間8日)、PPV大会テイクオーバー第1日のメインイベントで、身長183センチ、体重80キロのパワーファイター、ラケル・ゴンザレス(30=米国)との防衛戦に臨む。WWE年間最大の祭典レッスルマニア37大会(10、11日・米タンパ)を控える「レッスルマニアウイーク」に開催されるテイクオーバー大会もNXTにとって年間最大の大会。昨年6月7日のNXT女子王座戴冠から保持期間は300日を経過。今後を占う大一番を控え、日刊スポーツのインタビューに応じた。【取材・構成=藤中栄二】

◇ ◇ ◇

18年6月にWWEと契約した紫雷は、昨年6月7日にNXT女子王座を獲得。今月3日には王座在位期間が300日を超えた。

「300日ですか。どうせなら365日(1年間)、ベルトを巻きたいという気持ちがあります。次の4月7日のテイクオーバーはヤマ場だなと思います。2日間あるうちとはいえ、PPV大会でメインイベントで女子の試合があるのはすごいことで、そこは素直に胸を張りたいと思います。時代というものに後押しされているかもしれないけれど、私自身が王者として結果を残していなければ、こうはなっていないと。300日という日数あるからこそ、少し自分をほめてもいいかなと思います」

3年連続の女子プロレス大賞に輝き、満を持してひそかな夢だったWWE入りを実現させた。世界中から能力の高いレスラーが集まることもあり、何より強い個性が不可欠な団体。19年6月からヒールに転向し、コスチュームも風貌もダークスタイルに変更した。

「最初の頃はちょっと難しかったけれど、軌道に乗ったら自分の体が勝手に動いていましたね。パフォーマンスしているうちに自分の中の『イオ・シライ』が憑依(ひょうい)している感じがあったので。最初はヒールだったのですが、結構、それでファンの心をつかんでしまったみたいで。(新型)コロナウイルス以前の会場での人気もすごく高かったです。間違いなくWWEで生み出したスタイル。でもバチッと米国ファンにはまっているので。変わって良かったし、変わらなかったらベルトを取ることはできなかったと思っています」

コロナウイルスの影響で、昨年はWWE日本大会も延期となった。WWEの「イオ・シライ」として凱旋(がいせん)試合ができていない。日本のファンにもWWE仕様のチェックを希望。7日のNXTテイクオーバー大会メインイベントに組まれたゴンザレスとの防衛戦を見てほしいという気持ちが強い。

「凱旋試合はやりたかったですが、タイミングが合わず、コロナのためにより遠のいてしまいました。試合の動き自体は変わっていないですけれど、日本にいる時と今の『イオ・シライ』の風貌、ルックス、コスチューム、メークとか、ものすごく変えました。そこが受け入れてもらえるかなと。(スターダム時代は)写真集も出しているのに、今はダークな感じになっているので(笑い)。それで(米国で)人気が出ているのですが、きっと日本の今までの紫雷イオを思い浮かべている人にはギャップがすごいかなと。本当は早く(現在の姿を)上書きしたいです。その機会が空けば空くほどギャップが大きくなりますし。ファンの方に(NXTを)ちょこちょこ見てギャップを埋めておいてください、とお願いしたいです。びっくりしないでください(笑い)」。

(後半に続く)

◆紫雷(しらい)イオ 1990年(平2)5月8日、神奈川・鎌倉市出身。16歳だった07年3月4日、姉美央とともにプロデビュー。姉とともに「紫雷姉妹」として活動し、10年にメキシコ修業。11年8月にスターダムへ初参戦。15年にはスターダムの5大王座を制覇。18年にスターダムを退団し、WWEに正式加入。同年8月のWWE女子トーナメント「メイ・ヤング・クラシック」で準優勝。19年6月、NXT女子初の金網戦で王者シェイナ・ベイズラーに敗れ、ヒール転向。20年6月にシャーロット・フレアー、リア・リプリーとの3WAY形式NXT女子王座戦で勝利し、WWE王座初戴冠。156センチ、47キロ。血液型はA。

7日のPPV大会NXTテイクオーバーでラケル・ゴンザレス(右)との防衛戦に臨むNXT女子王者紫雷イオ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む