上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

元王者宮尾綾香が興行再開後の日本人海外世界戦1号

9月にベトナムで世界戦に臨む宮尾綾香

ボクシング元女子世界王者宮尾綾香(36=ワタナベ)がベトナムに乗り込み、王座返り咲きで2階級制覇を狙う。9月27日にホーチミン市で、ティ・トゥ・ニ・グエン(23=ベトナム)とWBO世界ミニマム級王座決定戦を争う。渡辺会長が13日に明かした。12日に興行再開後、日本人最初の海外世界戦となる。

海外も興行が徐々に再開したが、出入国制限でマッチメークが難しい状況にある。その中で日本とベトナムは6月に第1弾で緩和されて合意した。宮尾にとって国内未公認だった07年のタイ以来の海外戦。「こんな早く決まると思わなかった。どこでもやれるだけありがたい」と力が入る。

1月に多田(真正)との同王座戦で引き分け。勝者にグエンと対戦指令が出ていたが、多田が再戦を含めて辞退。今回も2度延期の末に決まった。この間に宮尾がインストラクターのジムも一時休業。逆に空きを利用し、梅津トレーナーに出張指導を受けていた。

8月には国内では原則定年の37歳となる。「私には時間がない。王座を取り戻し、多田さんとも決着をつけてすっきりしたい」。屋外開催の可能性もあるために暑さ対策に取り組み、敵地戦に備える。【河合香】

◆宮尾綾香(みやお・あやか)1983年(昭58)8月29日、長野・千曲市生まれ。未公認時代の04年プロデビュー。公認後の08年に大橋ジム入りし、12年にWBAアトム級王座獲得。5度防衛。16年にワタナベジムへ移籍し、18年に同暫定王座獲得。公認後19勝(6KO)3敗1分け。153センチの右ボクサーファイター。愛称はボクシング界の上戸彩。

9月の世界戦に向けてスパーリングする宮尾綾香(右)

関連するニュースを読む

荒磯親方が名演技 白戸家CMデビュー上戸彩ら共演

ソフトバンクのCMに出演した元横綱稀勢の里の荒磯親方(YouTubeより)

大相撲の荒磯親方(元横綱稀勢の里)がCMデビューを果たした。

8日公開のソフトバンク「白戸家『福引当たる』篇」で女優上戸彩らと共演した。荒磯親方は商店街の福引の店員として、堂々とした演技を披露。1等のニューヨーク家族旅行を当てた白戸家を「大当たり~」と笑顔で祝福した。

ソフトバンクは制作エピソードとして、荒磯親方を「初めてのCM撮影にもかかわらず、堂々とした演技で、白戸家の皆さんとのやりとりもとてもスムーズでした」と紹介している。

CMでは、福引の店員の荒磯親方が白戸家5人と犬1匹に対し「やってみませんか」と呼び掛け、「ありがとう平成くじ」を勧めている。見事に1等を当て、犬のお父さんは「ニューヨークとか行きたがるやつはろくなやつじゃない」と渋ったが、他の5人は「私はろくなやつじゃないです」と旅行を希望。荒磯親方が「じゃあ僕が代わりに」と代役を申し出たが、お父さんに「なに言っちゃってんの!」とほえられた。

関連するニュースを読む

朝乃山が高砂部屋から14年ぶり新入幕、発奮材料は

秋場所での新入幕を果たした朝乃山(右)は高砂親方と新しい番付表を手に笑顔を見せる(撮影・小沢裕)

 日本相撲協会は28日、大相撲秋場所(9月10日初日=両国国技館)の新番付を発表し、朝乃山(23)が新入幕を果たした。名門・高砂部屋からは朝赤龍(現錦島親方)以来、14年半ぶりの新入幕だ。初土俵から約1年半、負け越し知らずのスピード出世で同期入門ながら各段昇進で2場所の後れをとってきた豊山(時津風)をライバル視。一方、伝統のしこ名襲名には迷いもにじませた。

 朝起きて真っ先に、部屋に届けられた新番付に目を通す。「一番上の端っこに(しこ名が)あって文字も大きくなってうれしかった」。師匠の高砂親方(元大関朝潮)同席で臨んだ会見で朝乃山は幕内力士を実感した瞬間の喜びを口にした。名古屋場所は西十両5枚目で11勝。「上がれるか不安だった」の思いは吹き飛んだ。

 恵まれた体を生かした右四つからの寄りで三段目最下位格付け出しデビューから負け越しがない。大銀杏(おおいちょう)を結えないスピード出世は「ここまで(早く)上がれるとは思わなかった」と驚く。発奮材料は同じ地位から初土俵を踏んだ宿敵の存在。常に1歩先を行く豊山を「今場所で追い抜きたい。一番負けたくないライバル」と見据えた。

 師匠も「豊山君と競り合うのはいいこと。先場所も初日に勝って8連勝。勢いは大事にしたい」と切磋琢磨(せっさたくま)を願った。今年春場所、朝乃山が新十両昇進を果たしたことで、初めて平成生まれの関取が昭和生まれのそれを上回った。世代の旗頭としての期待も大きい。

 期待といえば、部屋から1横綱2大関を輩出した由緒あるしこ名「朝潮」の襲名にも夢が広がる。ただ今のしこ名には、出身地(富山市)や富山商高時代の恩師だった故浦山英樹さんの1字が入るなど「いろいろな思いが詰まって壊したくない」と否定的だ。それも「横綱になれば(考えてもいい)」と壮大な目標達成時には改名に含みを持たせた。今は「朝乃山」を全国区にするべく、白星を積み重ねるだけだ。【渡辺佳彦】

 ◆朝乃山英樹(あさのやま・ひでき)本名・石橋広暉。94年(平6)3月1日、富山市出身。富山商-近大を経て16年春場所で初土俵。新十両まで6場所、新入幕まで通算9場所連続勝ち越し中。通算成績は64勝23敗。身長189センチ、体重は最新で165キロ。好きな女性のタイプは磯山さやか、上戸彩、石原さとみ。趣味は欧州サッカー観戦や「プレステ4にはまっている」というゲーム。

朝乃山と豊山の出世比較

関連するニュースを読む

イケメンボクサー丸田陽七太のRガールにB88女優

ラウンドガールを務める森岡朋奈の写真を持つ丸田陽七太(撮影・木村有三)

 超イケメンボクサーに若手美人女優もメロメロ!? 俳優福士蒼汰似の丸田陽七太(ひなた、18=森岡)が22日、兵庫・川西市内で会見し、3月20日に池田市五月山体育館でタイ人選手とプロ2戦目を行うことを発表した。

 昨年11月のデビュー戦に続いて、上戸彩らが所属する大手芸能事務所オスカープロモーションの女優森岡朋奈(21)がラウンドガールを務めることが決定。バスト88センチの森岡から「次の試合も呼んでください」と“ラブコール”を受けていた丸田は「上下、内外へ打ち分けるテクニックを見せてKOしたい」と、デビュー2連勝を誓った。

関連するニュースを読む

富士東「テルマエ・ロマエ」出演

俳優デビューすることが分かった富士東

 大相撲の幕内力士、富士東(26=玉ノ井)が、俳優デビューすることが25日、分かった。映画「テルマエ・ロマエ2」で力士役として出演。主演の阿部寛や上戸彩と共演する。すでに長野・諏訪市に1泊2日で出向き、撮影は終了。富士東は「出演オファーは協会を通じてもらいました。普段はできないことですから、やれて光栄です。ずっと緊張しっぱなしでした」と話した。

 同作品は古代ローマ時代の浴場から、現代日本の風呂へのタイムスリップなどを描いたコメディー。昨年4月に公開され、約469万人の観客を動員した作品の第2弾。あんこ形の体形に加え、分かりやすい力士顔だったことが起用につながった。

 映画の中で、阿部寛が扮(ふん)する浴場設計技師ルシウスから、富士東は容姿を「顔は太っている」、大銀杏(おおいちょう)を「頭に黒いズッキーニ」、「平たい顔族のグラディエーター(剣闘士)なのか」などと形容される。ルシウスを銭湯から数人の力士らとまわし姿で担ぎ上げて運び出す場面もある。

 「セリフなどは見てのお楽しみです」と富士東。昨年のNHK大河ドラマ「平清盛」に幕内豊真将らが出演したが、現役力士の映画出演は異例。来年4月26日(よい風呂の日)から公開される。

関連するニュースを読む

ボクシング界の上戸彩、初防衛戦TV中継

挑戦者・秋田屋の写真にファイティングポーズをとる宮尾。右は大橋会長

 女子ボクシング界屈指のビジュアル対決にテレビ中継も決まった。“ボクシング界の上戸彩”と言われるWBA女子世界ライトミニマム級王者宮尾綾香(29=大橋)の初防衛戦が20日、横浜市の大橋ジムで発表された。相手は同級12位の秋田屋まさえ(34=ワイルドビート)で、来年2月26日に東京・後楽園ホールで行われる。

 大橋会長は「美人対決。今回はTBSさんに放送していただきます」と宣言した。TBSによると、中継放送は決定しているが現時点で深夜の地上波かCSかは未定。宮尾が「自分がかわいい系なら秋田屋さんはきれい系」というように、2人がリング上で殴り合うとは思えない対決だ。

 実は2人は今年2月に、同王座の挑戦権を懸けて対戦。宮尾が判定で勝利している。「テレビで見ている人にも、女子でもここまでできるということを見せたい」と宮尾は、見どころについて美しさ以上に技術をPRした。

 ◆宮尾綾香(みやお・あやか)1983年(昭58)8月29日、長野県千曲市生まれ。JBC認可前の07年4月にタイ刑務所で、WBC世界ライトフライ級王座決定戦に出場し判定負け。今年9月、5年ぶりの世界戦に勝ち王者に。154センチの右ボクサーファイター。

関連するニュースを読む

“上戸彩”女王「私も幸せ」/ボクシング

4回、宮尾(右)の右アッパーが安藤の顔面にヒットした(撮影・田崎高広)

<女子ボクシング:WBAダブル世界戦>◇16日◇大阪・よみうり文化ホール◇観衆1000人

 かわいらしさと強さを併せ持つボクシング界のアイドルの誕生だ。“ボクシング界の上戸彩”と言われる宮尾綾香(29=大橋)が、番狂わせで世界王座を奪取した。WBA女子世界ライトミニマム級王者の安藤麻里(24=フュチュール)を、華麗なフットワークで翻弄(ほんろう)。2~5ポイント差をつけて3-0の判定勝ちを収めた。

 「ニューチャンピオン・宮尾綾香」のコールがとどろくと、宮尾は一瞬グッと口を真一文字にしてこらえたあと、涙がこらえられなくなった。大橋会長に「きょうは泣いてもいいんだよ」と声をかけられると、また泣けてきた。「練習でもつらくて、涙ぐんでしまうと“泣くな”って言われてきたのに、きょうはいいなんて…」。

 前日会見で王者に「ぼこぼこにして、“上戸わやや”にしてやる」と言われたが、華麗なフットワークを駆使し「打たせずに打つ」戦法でフルラウンドを走り抜けた。5年前にタイ・バンコクの刑務所で、囚人に囲まれながら世界戦を戦った経験もある。アウェーの大阪でも冷静さを保った。

 ビジュアルとは違い、これまでの道のりは決して華やかではない。認知度の低い女子ボクサーは金銭的に恵まれない。宮尾も週5日、横浜市の区民プールのスタッフとして働く。時間もお金もないため、ジムワーク以外の練習場は自宅前の道路。通行人から不思議な顔をされながら、スクワット、ステップなどを毎日1時間以上繰り返し、持ち前のスピードを磨いた。

 美人の話題性もあり、世界戦の話は、数年前からたくさんオファーがあった。それでも、大橋会長は「実力が付くまでは」と安易な世界挑戦は許さなかった。ジムの男子選手と3分(女子は1回2分)、40秒の休憩というスパーリングをこなし、スタミナをつけた。2月、この日と同じアウェーの大阪で世界挑戦者決定戦を制し、自力で世界戦の舞台を勝ち取っていた。

 「(結婚した)本物の上戸彩さんも幸せでしょうけど、私も幸せです」。2年前に彼氏と別れて以来、ボクシング一筋に打ち込んできた。戦前は「ベルトを取って彼氏も見つけたい」と幸せのダブルゲットを宣言した。次はタイプでもあるプロレスラー佐々木健介似の彼氏を探す。【町野直人】

 ◆宮尾綾香(みやお・あやか)1983年(昭58)8月29日、長野県千曲市生まれ。信州短大卒業後にボクシングを始め、04年7月に実戦デビュー。06年4月に日本ミニフライ級王座決定戦出場も4回TKO負け。JBC認可前の07年4月にタイ刑務所で、WBC世界ライトフライ級王座決定戦に出場も判定負け。今年2月に秋田屋まさえを下し、WBA世界ライトミニマム級王座挑戦権を獲得。154センチの右ボクサーファイター。

関連するニュースを読む

日馬、師匠に並んだ24連勝/秋場所

日馬富士(上)は妙義龍を豪快な首投げで破り全勝を守った(撮影・小沢裕)

<大相撲秋場所>◇8日目◇16日◇東京・両国国技館

 綱とりの大関日馬富士(28=伊勢ケ浜)が、関脇妙義龍(25)を首投げで下した。もろ差しを許したが、逆転技で勝ち越し。3場所をまたいで24連勝とし、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)の記録に並んだ。来日してから丸12年の記念日に、横綱昇進へ大きな白星を挙げた。横綱白鵬(27)大関稀勢の里(26)平幕高安(22)旭天鵬(38)も8連勝とし、5人のストレート給金は、89年春場所以来23年ぶりとなった。

 今場所で最も危ない場面だった。立ち合いで低く当たった日馬富士は、相撲巧者の妙義龍にもろ差しを許した。絶体絶命。両手が万歳しかけた時、右腕を相手の首に巻き付け、捨て身の技を繰り出した。後退しながらの首投げで、相手を転がし、勢い余って土俵下へ落ちた。劣勢も勝ちきる、貴重な勝利になった。

 「ヒヤッとする余裕もなかった」。頭で考える間もない2秒7の取組。「体がよく反応したね。立ち合いから、自分のイメージ通りの相撲が取れなかった」と振り返った。土俵下で控えていた兄弟子の安美錦も「いい反応してるよね」とうなずいた。歴代13位となる師匠の連勝記録「24」に並ぶ白星になった。

 モンゴルから、関空に着いたのは00年9月16日。シドニー五輪の柔道で、田村亮子と野村忠宏が金メダルを取った日だった。新幹線で上京し、伊勢ケ浜部屋ですしを食べさせてもらった。道の狭さに驚いた。日本はスイッチを押せば、自動的に料理が出てくる国だと思っていた。希望と不安が交じった16歳の秋だった。

 あれから12年。当時180センチ、86キロだった細身の少年は、身長が6センチ、体重は47キロ増えた。日本になじみ、綱が見えてきた。この日の朝、高校生が平泳ぎで世界新記録を出した新聞を指さして「これ、すごいな」。上戸彩の結婚については「すごいカップルだな」とうなった。適度な余裕を持ちつつ、本場所で結果がついてきた。

 朝稽古は必ず15回、立ち合いの当たりを確認する。食事を取って体を休め、場所入りのため自室を出るのは午後3時。験担ぎはしていないものの、生活面の必勝パターンを確立している。「1日1番ですからね」。伊勢ケ浜親方も日馬富士も、まったく同じ言葉を口にした。昇進へ向け、やるべきことは分かっている。【佐々木一郎】

関連するニュースを読む

宮尾が新王者、多田V8達成/ボクシング

判定の末、安藤を破り新チャンピオンとなった宮尾(撮影・田崎高広)

<女子ボクシング:WBAダブル世界戦>◇16日◇大阪・よみうり文化ホール◇観衆1000人

 ボクシング界の上戸彩こと、宮尾綾香(29=大橋)が、華麗なフットワークで王者の安藤麻里(24=フュチュール)を圧倒、3-0の大差判定勝ちで、WBA女子世界ライトミニマム級の新チャンピオンの座に就いた。「ニューチャンピオン」のコールを聞くと涙があふれ出し「上戸彩さんも幸せでしょうが、私も幸せです」。大橋会長も「ボクシング界の新起爆剤」とほめちぎった。かわいらしさと強さを持つボクシング界の新アイドルの誕生だ。WBA女子世界ミニマム級戦は、王者の多田悦子(31=フュチュール)が、柴田直子(31=ワールドスポーツ)を激戦の末、1ポイント差1人、2ポイント差2人というきわどい判定で下し、国内最多タイの8度目の防衛に成功した。

関連するニュースを読む

安藤KO宣言「上戸わややにしてやる」

 今日16日ゴングの女子ボクシング・ダブル世界戦(大阪千里中央よみうり文化ホール)の前日計量が15日、大阪市内のホテルで行われ、出場4選手は一発でパスした。

 ボクシング界の上戸彩こと宮尾綾香(29=大橋)が敵地・大阪に乗り込んできた。「きのう、大阪でコーンロウの髪形にしたけど、気に入らなくて」と、この日の計量ではストレートヘアで登場した。一方、2度目の防衛を目指す安藤麻里(24=フュチュール)は「顔もそんなに負けてないし、8回でKOします」と堂々の“KO宣言”。「秘策があるんです。ぼこぼこにして“上戸わやや”にしてやります」と、早くも女の戦いがスタートしていた。

関連するニュースを読む

高見盛、上戸結婚に自虐ネタ/秋場所

<大相撲秋場所>◇7日目◇15日◇東京・両国国技館

 東十両8枚目の人気力士、高見盛(36=東関)が、西十両14枚目の荒鷲(26=峰崎)を引き落としで下した。これで3勝4敗。幕下陥落なら引退を覚悟しているだけに、連敗を「3」で止めて「少しはホッとしました」と話した。

 EXILEリーダーのHIRO(43)と女優上戸彩(27)が結婚した話題を振られると「うらやましいですね。いい相手を見つけられて」とポツリ。どちらがうらやましい? と問われると「両方です。お互い美男美女のカップルだから」と話した。独身の高見盛は「結婚は縁。こんなもん、なるようにしかならない。力士やめて行動範囲を広げた方がいいかも…」と自虐ネタで笑いを誘っていた。

関連するニュースを読む

ボクシング界の上戸彩が金ヘアで王座狙う

予備検診を終えファイティングポーズを取る宮尾(右)と柴田(撮影・宮川勝也)

 ボクシング界の上戸彩こと、WBA女子世界ライトミニマム級11位の宮尾綾香(29=大橋)が金メダルヘアで王座奪取を狙う。

 女子ダブル世界戦の予備検診は東京、大阪の2カ所で行われた。16日、大阪千里中央よみうり文化ホールで同級王者の安藤麻里(24)に挑む宮尾は予備検診を終え、大阪に移動後、ロンドン五輪女子レスリング金メダルの吉田、伊調らと同じコーンロウ(とうもろこし形)の髪形に変更。細かく編み込むため、髪形は乱れにくく、打ち合いになっても髪が邪魔にならない。「髪が乱れるとダメージがあるように思われる」と効果を説明した。

 試合はアウェー大阪だが、5年前にはタイ刑務所で世界戦を戦った経験もあるだけに「不安はない。囚人の前で戦ってますから」と頼もしかった。

関連するニュースを読む