上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

大橋ジムのホープ、アマ8冠中垣龍汰郎が7・8プロ初王座戦

アマ8冠のスーパーフライ級ホープ中垣龍汰郎(大橋ジム提供)

大橋ボクシングジムは7日、7月8日に東京・後楽園ホールで開催するフェニックスバトル78大会(日刊スポーツ新聞社後援)の対戦カードを発表した。メインイベントは、アマ8冠のホープ中垣龍汰郎(21=大橋)が日本ユース・スーパーフライ級王座決定8回戦で花田歩夢(19=神拳阪神)と拳を交える。中垣は2勝(2KO)、花田も6勝(4KO)という無敗同士の新鋭対決となる。

セミファイナルは日本ユース・ウエルター級王者小畑武尊(22=ダッシュ東保)が近藤哲哉(24=横田スポーツ)とのノンタイトル戦が組まれた。また日本フェザー級10位溜田剛士(27=大橋)がそれいけ太一(29=湘南山神)とスーパーフェザー級8回戦、19年全日本ミニマム級新人王の森且貴(21=大橋)が20年西日本同級新人王の小島蓮(19=江見)と48キロ契約体重6回戦にそれぞれ臨む。

東日本新人王予選として、デビュー戦の厚地嶺(21=大橋)が梶谷有樹(22=八王子中屋)とのフライ級4回戦が決定。デビュー戦となる酒田吹雪(25=大橋)が小林英明(34=DANGAN郡山)との4回戦も決まった。

関連するニュースを読む

大橋ジム松本圭佑-ベジータ石川など対戦カード追加

松本圭佑(2020年8月24日撮影)

ボクシング大橋ジムのホープ2人が、来年1月14日に東京・後楽園ホールで第2戦に臨む。5日に対戦カードが発表された。

スーパーフライ級中垣龍汰郎(21)は興法裕二(27=新日本木村)、スーパーフェザー級松本圭佑(21)はベジータ石川(34=折尾)との6回戦となる。2人は東農大からプロ転向し、8月のデビュー戦でTKO勝ちしている。セミファイナルではスーパーフライ級桑原拓(25)が湊義生(22=JA加古川)と8回戦。メインは東洋太平洋バンタム級王者栗原慶太(27=一力)に、元世界王者の井上拓真(24)が挑戦する。

関連するニュースを読む