上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

ジャガー横田「わが子のように育ててきた」愛弟子の伊藤薫タッグ結成

ストロングスタイルプロレス後楽園大会の記者会見に出席した左から伊藤薫、ジャガー横田、雪妃真矢、安納サオリ(撮影・松熊洋介)

「ジャガーのプロレス」を見せつける。今月22日に行われるストロングスタイルプロレス(後楽園ホール)に出場するジャガー横田(59)が16日、都内で会見し、意気込みを語った。

「わが子のように育ててきた」という愛弟子の伊藤薫(49)と組み、雪妃真矢、安納サオリ組と対決。「伊藤と第一線の戦いで組めるのは師匠としてもうれしい」と語った。女子プロレスで人気と実力のある若手との対戦。「勝負として戦う以上、後輩には負けてはいけない。常にそういう気持ちで挑んでいる」と経験の差を生かし、容赦なくリングに沈めるつもりだ。

伊藤にはデビュー時から指導をしてきた。「柔道上がりで何でもそつなくこなしていて、覚えるのも早かった。新人王も取っているし、実力として申し分ない」と太鼓判を押した。さらに相手2人には「伊藤の攻撃に耐えられる体を持っているかを試させるつもりで組んだ。今は勢いで進んでいるが、負けない体を持っているか」と怖さを植え付けた。ジャガーの魂を継承する伊藤も「プロレス界の母として思っている。(ジャガーさんと)対戦する時はいつも超えるつもりでやってきた。今回も全面に出して戦いたい」と闘志を見せた。

今大会は初代タイガーマスクデビュー40周年記念大会第1弾として行われる。当日は佐山サトルも来場する。ジャガーは昨年12月から3大会連続で出場。若い頃から体格やパワーの違う男子の試合は見なかったが、タイガーマスクの試合は「スピードや技術など学ぶところがあった」とよく見ていたという。「自分との勝負。自分に勝てなければ相手にも勝てない。ストロングスタイルを見せたい」と偉大なレジェンドの前での勝利を誓った。【松熊洋介】

関連するニュースを読む

スターダムで“開幕”!岩谷、星輝組が美女対決制す

木村(下)にムーンサルトプレスを決める岩谷(撮影・滝沢徹郎)

<新日本:東京ドーム大会>◇4日◇東京ドーム

女子プロレスのスターダムが、東京ドーム大会の“開幕”を飾った。本大会前のダークマッチ第0試合の第1戦は、岩谷麻優、星輝ありさ組対木村花、ジュリア組が激突。

東京ドーム大会では、02年5月大会で組まれた全日本女子の堀田祐美子、豊田真奈美組対中西百恵、伊藤薫組戦以来、18年ぶりの女子レスラーの登場に、大勢のファンが声援を送った。

岩谷はスターダムを象徴するワールド・オブ・スターダム王者で、昨年の女子プロレス大賞を受賞した女子プロレス界の第一人者。その岩谷を中心とした激しい攻防に、会場もスタートから盛り上がった。終盤、岩谷を捕まえた木村へ、トップコーナーからジュリアがドロップキックを誤爆。流れをつかんだ岩谷が、飛龍原爆固めから、ムーンサルトプレスの大技連発で木村を沈め勝利した。

岩谷は「東京ドームという舞台で、ムーンサルトとドラゴンを両方やることができて最高。プロレス人生で貴重な思い出です」と感激した。昨年4月には米ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン(MSG)で試合をしたこともある岩谷は「MSGより4倍緊張した」と女子プロレス界を背負っての戦いを終え、ほっとした様子だった。

10月に新日本の親会社ブシロードがスターダムを買収して実現した一戦。前代表の小川宏氏は「感無量です。思ったより歓迎ムードだった。これが1日で終わらないようにしないと。これからです」と笑顔で話していた。

星輝、岩谷優組対ジュリア、木村組 勝ち名乗りを受ける星輝と岩谷(左)(撮影・滝沢徹郎)
星輝(左)に蹴りを放つジュリア(撮影・河田真司)
星輝、岩谷優組対ジュリア、木村組 星輝(中央)を攻める木村(左)とジュリア(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

豊田真奈美、伝説51戦引退試合/全対戦相手と結果

豊田真奈美(右)と対戦した藤本つかさ

<豊田真奈美30周年記念興行~飛翔天女~>◇3日◇横浜大さん橋ホール

 女子プロレス界のレジェンド、豊田真奈美(46)が、引退試合で前代未聞の51試合を敢行した。

 デビュー30周年記念興行で第1試合からリングに立ち続け、約4時間で49組54人を相手。最後は愛弟子藤本つかさと3試合を行い、現役生活に別れを告げた。華麗な空中戦から「飛翔天女」と呼ばれ、90年代の全日本女子を中心にプロレス界を引っ張った。

<全対戦相手と結果>

(1)正危軍(尾崎魔弓ら)×

(2)テキーラ沙弥○

(3)らぶりーぶっちゃーず×

(4)里村明衣子△

(5)さくらえみ○

(6)山下りな△

(7)倉垣翼△

(8)AKINO△

(9)世羅りさ△

(10)ドレイク森松△

(11)チェリー△

(12)希月あおい△

(13)宮崎有紀△

(14)ボリショイキッド×

(15)豊田真奈美&豊田真奈美△

(16)米山香織○

(17)加藤園子△

(18)Leon△

(19)山県優△

(20)朱崇花△

(21)小林香萌○

(22)志田光△

(23)松本浩代△

(24)浜田文子△

(25)永島千佳世×

(26)日高郁人△

(27)パピヨン朱美△

(28)がばいじいちゃん×

(29)松山勘十郎△

(30)キッド○

(31)アントニオ小猪木△

(32)男盛○

(33)木高イサミ○

(34)伊東竜二×

(35)カルロス天野△

(36)下田美馬△

(37)山崎五紀△

(38)ブル中野○

(39)長与千種○

(40)ジャガー横田△

(41)吉田万里子△

(42)高橋奈七永×

(43)KAORU△

(44)伊藤薫×

(45)渡辺智子△

(46)井上貴子△

(47)堀田祐美子×

(48)井上京子△

(49)藤本つかさ○

(50)藤本つかさ○

(51)藤本つかさ×

※○=勝ち、△=引き分け、×=負け

正危軍と対戦する豊田真奈美(中央)
長与千種(右)と対戦した豊田真奈美
ジャガー横田(左)と対戦する豊田真奈美
井上京子(右)と対戦する豊田真奈美

関連するニュースを読む

京子「悔しい」新団体旗揚げ/ディアナ

目に涙を浮かべ挨拶する井上京子

<ディアナ:東京大会>◇17日◇東京・ディファ有明◇794人

 井上京子(41)の女子プロレス新団体「ディアナ」が旗揚げした。東日本大震災の影響で3月21日から延期となったが、会場にはほぼ満員のファンが集まり、新団体の船出を見守った。88年に全日本女子でデビューし、4団体目で初の社長となった京子は、大会前の挨拶で客席を見渡し嬉し涙を見せたが、試合では悔し涙。メーンで勇気彩(29)と組み、伊藤薫(39)佐藤綾子(25)組と対戦するも、佐藤の丸め込みで決勝のフォールを自身が許し、3本勝負を2-1で敗れた。試合後は「悔しい」を連発。「興行は合格点だけど、井上京子は10点」と肩を落とした。しかし、今後については「みんな厳しい時だけど、とにかく練習とプロレス繋いでいくこと。やれることで社会貢献していきたい」と語った。

関連するニュースを読む