上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

愛鷹亮「家族パワー」大けが乗り越え1年ぶりリング

3・28ケイズフェスタ4大会Day2で約1年ぶりの復帰戦に臨むクルーザー級の愛鷹(左)。右は対戦相手のANIMAL☆KOJI

K-1クルーザー級の愛鷹亮(31)が3月28日、東京・日本武道館で開催されるケイズフェスタ4大会Day2(日刊スポーツ新聞社後援)でANIMAL☆KOJI(29)と対戦することが5日、発表された。

1月1日に元AKBのクリエーター佐藤すみれ(27)との結婚、今夏の第1子誕生を発表。両目の網膜剥離、右太もも筋断裂の大けがを乗り越え、約1年ぶりのリングに臨む愛鷹は「家族がパワーになり、めっちゃ強くなっている。いずれ必ず王座を」と意気込んだ。

関連するニュースを読む

愛鷹亮&元AKB佐藤すみれスピード婚、夏に第1子

交際約4カ月でスピード結婚したK-1クルーザー級の愛鷹亮(右)と元AKB佐藤すみれ(本人提供)

K-1クルーザー級で活躍する愛鷹亮(31)が、元AKBで現在はクリエーターの佐藤すみれ(27)と結婚した。1日、自らのSNSで発表した。現在、佐藤は妊娠中で夏頃には第1子が誕生予定。2人にとってダブルの幸せが到来している。昨年8月、都内でネット配信番組の関係者を通じて知り合って交際に発展。昨年12月22日に婚姻届を提出するという約4カ月でのスピード婚となった。

愛鷹は「出会った時からフィーリングが合っていました。付き合っていくうちに(結婚を)意識するようになった」と説明。佐藤の両親の理解を得た上で、交際1カ月で同居生活も開始。二人の距離は一気に縮まったという。佐藤は「ずっと一生いたいと思える存在。一緒に住んで、まったくストレスがないです。生活しているうちに一緒にいたいなと思っていました」と吐露。妊娠についても「20歳代後半なので子供が欲しいなと思っていました」と歓迎した。

両目の網膜剥離の手術を受けた愛鷹は交際開始時、全治3カ月という右太もも筋断裂を負うなどアスリートとして苦しい時期だったが、佐藤のサポートもあって乗り越えてきた。妊娠中の佐藤は、今後もクリエーターとしての活動は続けていく意向。愛鷹は「1人暮らしが長いので、自立しているから」と家事や育児に全面協力する姿勢だ。

愛鷹は19年6月、ノンタイトル戦ながら当時のK-1クルーザー級王者シナ・カリミアン(イラン)を右フック1発で撃破した実績を持つ。「家族ができたというのが自分の中で大きい。子供もいますし。ファンやスポンサーさんのために頑張らなくてはと思っていましたが、今の方がいろいろなことにもっとまじめに取り組める」とキッパリ。今年中にK-1王座の獲得を目標に掲げ「生まれてくる子供にベルトをみせたい」と気合十分だ。

一方、佐藤は現在、アスリートフードマイスターの資格取得に向けて猛勉強中。「21年中には試験に合格したい」とアスリートの妻として栄養面のサポートをしていくという。また「辛いこともポジティブに、一緒に楽しめる家庭をつくっていきたい」と幸せいっぱいの笑顔をみせていた。

関連するニュースを読む