上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

照ノ富士が2場所連続V! 貴景勝との優勝決定戦制す/千秋楽写真特集

<大相撲夏場所>◇千秋楽◇23日◇東京・両国国技館

照ノ富士(29=伊勢ケ浜)が、昭和以降では初めてとなる大関復帰場所での優勝を果たした。優勝に王手をかけた千秋楽の結びで大関貴景勝に敗れ、12勝3敗と並ばれた。しかし。貴景勝との決定戦を制して、2場所連続4度目の優勝を決めた。

師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)によると、場所前の稽古では古傷である膝の状態が上向かず「稽古はちょっと足りてない」と明かしていたが、不安を感じさせない15日間だった。

大関として初めての優勝を果たし、7月の名古屋場所(4日初日、ドルフィンズアリーナ)で綱とりに挑戦する。春場所限りで鶴竜が引退したため、横綱は白鵬ただ1人。その白鵬は、来場所に進退を懸けて臨む意向を示している。注目必至の名古屋で、不屈の男は最高位を射止める。

千秋楽の取組を写真で振り返ります。

八角理事長(手前)から総理大臣杯を受け取る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

伊勢ケ浜審判部長(手前)から優勝旗を受け取る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

幕内

大相撲夏場所千秋楽の幕内土俵入り(撮影・河田真司)

琴ノ若(7勝8敗)下手捻り石浦(7勝8敗)

☆石浦 流れでいいところがとれたので自分の相撲になった。(東前頭16枚目で7勝目)大きいと思うが、それより今日はいい相撲をとろうと。それだけで臨めたのがいい結果につながったと思う。

石浦(左)は下手ひねりで琴ノ若を破る(撮影・小沢裕)

琴ノ若(上)を下手ひねりで破る石浦(撮影・鈴木正人)

琴ノ若(下)を下手ひねりで破る石浦(撮影・鈴木正人)

大奄美(7勝8敗)突き落とし輝(6勝9敗)

★輝 あせりすぎですね。もっとゆっくり体をぶつけながら出たらよかった。全体的に攻めの甘い相撲が多かった。一から自分の相撲を見直して、また来場所に向けて頑張りたいです。

大奄美(手前)は突き落としで輝を破る(撮影・小沢裕)

志摩ノ海(7勝8敗)寄り切り千代翔馬(8勝7敗)

☆千代翔馬 (立ち合い変化で勝ち越し)今日はどうしても勝ちたかった。土俵に上がる前は突っ張っていこうと思ったが、最後の仕切りで決めました。

★志摩ノ海 (相手が立ち合い変化)何でもしてくるタイプだったので、悔いの残らないように当たっていこうと思っていた。

千代翔馬(左)は志摩ノ海を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)

千代丸(8勝7敗)押し出し宝富士(7勝8敗)

☆宝富士 あわてたら相手の思うツボなんで、しっかり相撲をとって勝てたのでよかった。(7勝8敗に)少しでも来場所に向けて番付が落ちないようにと思っていたんで、結果としてよかった。

宝富士(手前)に押し出しで敗れる千代丸(撮影・河田真司)

栃ノ心(5勝10敗)寄り切り魁聖(9勝6敗)

☆魁聖 立ち合いが遅れた分、向こうがまわし取れなかったのがよかった。勝ち越せるかヒヤヒヤしたが、何とか勝ち越せてよかったです。

魁聖(左)は寄り切りで栃ノ心を破る(撮影・小沢裕)

英乃海(5勝10敗)掛け投げ天空海(5勝10敗)

☆天空海 (掛け投げは)前に圧力かけながら、相手が出てきてくれたんでうまく投げられた。(今場所は)下半身がバタバタで内容が悪かった。どう対処するか勉強しないと。

★英乃海 (自己最高位の場所を終えて、スタミナ面は)余力なしでした。ゼロです。途中で足も痛めましたし、いつも以上に疲れた。連敗グセと気持ちの切り替えがうまくできるようになりたい。自分の足りないところも分かったし、そこも稽古して補っていきたい。

英乃海(左)を掛け投げで破る天空海(撮影・鈴木正人)

千代大龍(10勝5敗)はたき込み阿武咲(7勝8敗)

☆千代大龍 (立ち合い変化で17年名古屋場所以来の2桁白星到達)あの内容だと「ふざけんな」と言われるかもしれないけど、1桁と2桁は差がすごい。さっき聞いたら4年ぶり。それに関しては驚いている。本当にうれしい。周りの応援してくれる後援者の皆様にも喜んでいただけると思う。

★阿武咲 (立ち合い)変化は頭に入ってなかったですね。自分が弱かっただけ。また出直します。

阿武咲(左)をはたき込みで破る千代大龍(撮影・河田真司)

霧馬山(6勝9敗)寄り切り剣翔(4勝11敗)

★剣翔 体調が悪い中、15日間取り切れた。腰は慢性のものだが、場所中に脇腹を肉離れ。言い訳になりませんが、今日もひどくならなくてよかったと思う。

剣翔(左)を寄り切りで破る霧馬山(撮影・河田真司)

碧山(4勝3敗8休)下手投げ照強(7勝8敗)

照強(右)は碧山を下手投げで破る(撮影・小沢裕)

幕内取組前半を終え、新型コロナウイルス感染拡大防止を呼びかける懸賞旗スタイルの告知旗が土俵を回る(撮影・河田真司)

豊昇龍(7勝8敗)寄り倒し翔猿(5勝10敗)

★翔猿 苦しかったですね。稽古が足りなかったんだと思います。前に出る力をもっとつけて頑張ります。

豊昇龍(左)は翔猿を寄り倒しで破る(撮影・小沢裕)

明生(8勝7敗)小手投げ隠岐の海(9勝6敗)

明生(左)を小手投げで破る隠岐の海(撮影・河田真司)

玉鷲(7勝8敗)押し出し北勝富士(6勝9敗)

★北勝富士 首に電気が走って力が入らなかった。負け越した(6勝9敗)が、最初の6連敗からここまで星を伸ばせたのは自信になります。

北勝富士(右)を押し出しで破る玉鷲(撮影・河田真司)

若隆景(9勝6敗)引き落とし琴恵光(9勝6敗)

☆若隆景 (技能賞を獲得し)うれしいですね。自分でも力がついていると自信がついた。この番付で勝ち越せたのは手応えにつながった。(来場所に向けて)今日もだけど足が出ずに負ける相撲が何番かあった。足が出る相撲をできるようにしたい。

若隆景(手前)を引き落としで破る琴恵光(撮影・鈴木正人)

妙義龍(6勝9敗)突き出し大栄翔(6勝9敗)

☆大栄翔 最後に自分の相撲がとれたんでよかったと思う。まだまだ弱い部分がたくさんある。稽古が足りないんで、もっと稽古していきたい。

大栄翔(左)は突き落としで妙義龍を破る(撮影・小沢裕)

御嶽海(10勝5敗)押し出し逸ノ城(9勝6敗)

逸ノ城(右)を押し出しで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)

三役そろい踏みする、左から高安、照ノ富士、正代(撮影・河田真司)

三役そろい踏みする、左から貴景勝、隆の勝、遠藤(撮影・河田真司)

高安(10勝5敗)はたき込み隆の勝(5勝10敗)

☆隆の勝 最後に勝てて終われた。いろいろ反省というか勉強になった場所。(原因は)稽古不足。膝をけがして十分な稽古ができなかった。来場所は成績(今場所5勝10敗)が逆になるようにしたい。

高安(右)をはたき込みで破る隆の勝(撮影・河田真司)

正代(9勝6敗)押し出し遠藤(11勝4敗)

正代(右)に押し出しで敗れる遠藤(撮影・鈴木正人)

照ノ富士(12勝3敗)突き落とし貴景勝(12勝3敗)

照ノ富士(左)を突き落としで破る貴景勝(撮影・鈴木正人)

照ノ富士(下)を突き落としで破った貴景勝(撮影・鈴木正人)

優勝決定戦

照ノ富士はたき込み貴景勝

優勝決定戦で貴景勝(手前)をはたき込みで破る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

優勝決定戦で貴景勝(左)をはたき込みで破った照ノ富士(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

遠藤が軍配差し違えで照ノ富士破る 碧山がつきひざで勝利/14日目写真特集

<大相撲夏場所>◇14日目◇22日◇東京・両国国技館

優勝争い

【2敗】照ノ富士

【3敗】貴景勝、遠藤

幕内優勝の行方は、千秋楽に持ち越された。 13日目まで1敗で優勝争いのトップに立っていた大関照ノ富士が、平幕の遠藤に敗れた。土俵際で投げの打ち合いとなり、軍配は照ノ富士。しかし物言いがつき、協議の末、行司軍配差し違えで遠藤の勝ちとなった。 結びでは、大関貴景勝が大関正代に勝って2敗を死守した。 これで照ノ富士が2敗、3敗で貴景勝と遠藤が追う展開となった。

14日目の取組を写真で振り返ります。

幕内

大奄美(6勝8敗)はたき込み千代翔馬(7勝7敗)

大奄美(左)をはたき込みで破る千代翔馬(撮影・鈴木正人)


魁聖(8勝6敗)寄り切り照強(6勝8敗)

照強(左)を寄り切りで破る魁聖(撮影・河田真司)


志摩ノ海(7勝7敗)押し出し琴恵光(8勝6敗)

☆琴恵光「自分から攻めることを意識して土俵に上がった。(勝ち越しは)自分の相撲で勝つことができたんでうれしいですね。」

志摩ノ海(右)を押し出しで破る琴恵光(撮影・鈴木正人)

志摩ノ海(下)を押し出しで破る琴恵光(撮影・河田真司)


剣翔(4勝10敗)上手投げ石浦(6勝8敗)

☆石浦「(立ち合い変化は)決めてました。今場所はまっすぐいく立ち合いの感覚がよくない。自分なりに工夫してやってます。」

剣翔(手前)を上手投げで破る石浦(撮影・鈴木正人)


栃ノ心(5勝9敗)寄り切り千代丸(8勝6敗)

☆千代丸「最初のもろ手がすっぽ抜けて、それでもろ差しになられた感じですね。(千秋楽は)1番でも多く勝って、少しでも上にいけるようにしたい。」

千代丸(左)を寄り切りで破る栃ノ心(撮影・河田真司)


霧馬山(5勝9敗)寄り切り千代大龍(9勝5敗)

★千代大龍「はじいて突いていこうと思ったら、すぐまわしとられて。何やってんだって感じですね。」

千代大龍(左)を寄り切りで破る霧馬山(撮影・河田真司)


琴ノ若(7勝7敗)寄り切り妙義龍(6勝8敗)

琴ノ若(右)を寄り切りで破る妙義龍(撮影・鈴木正人)


碧山(4勝2敗8休)つきひざ天空海(4勝10敗)

☆碧山「(天空海が)立ち合い変化してくると思って左上手を取りにいった。その後は落ち着いて相撲が取れた。(9日目から途中出場で)毎日、少しずつ痛めた所(腰)が良くなっている。それが結果につながっている。」

天空海(左)のつき膝で碧山の白星(撮影・鈴木正人)


明生(8勝6敗)寄り切り玉鷲(6勝8敗)

☆明生「土俵際で落ちたのが悪い所だったけど前に攻められたのは良かった。(東前頭2枚目で勝ち越し)苦しい展開が多かったので勝ち越せてよかった。」

明生(右)は寄り切りで玉鷲を破る(撮影・小沢裕)

物言いがつき軍配差し違えに

明生と玉鷲の一番で物言いがつき協議する審判団(撮影・小沢裕)


輝(6勝8敗)押し出し翔猿(5勝9敗)

輝(右)を押し出しで破る翔猿(撮影・鈴木正人)


若隆景(9勝5敗)押し出し隠岐の海(8勝6敗)

☆若隆景「下からおっつけて前に出ていったのが良かったと思います。内容はよかった。」

隠岐の海(右)を押し出しで破る若隆景(撮影・鈴木正人)


英乃海(5勝9敗)押し出し北勝富士(6勝8敗)

☆北勝富士「ちょっと緊張していた。(理由は)よく分からないけど、英乃海関と(の対戦)は十両以来であまりいい印象がなかった。」

英乃海(左)を押し出しで破る北勝富士(撮影・鈴木正人)


御嶽海(9勝5敗)寄り切り宝富士(6勝8敗)

☆御嶽海「いい立ち合いが終盤の14日目にできたのが良かった。角度と出足がよかった。あと1番勝つ、勝たないでは大きい。気を引き締めていきたい。」

宝富士(右)を寄り切りで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)


阿武咲(7勝7敗)寄り切り大栄翔(5勝9敗)

★大栄翔「攻められてしまったのでダメ。当たってどんどん出ていきたかったけど、先に攻められた。」

大栄翔(右)を寄り切りで破る阿武咲(撮影・河田真司)


高安(10勝4敗)はたき込み豊昇龍(6勝8敗)

高安は豊昇龍(手前)をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)

豊昇龍(右)をはたき込みで破る高安(撮影・河田真司)


逸ノ城(9勝5敗)はたき込み隆の勝(4勝10敗)

逸ノ城は隆の勝(手前)をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)

隆の勝(右)をはたき込みで破る逸ノ城(撮影・河田真司)


遠藤(11勝3敗)下手投げ照ノ富士(12勝2敗)

遠藤(左)が照ノ富士を下手投げで破る(撮影・河田真司)

遠藤(右)に下手投げで敗れる照ノ富士(撮影・鈴木正人)

物言いがつき協議の結果、遠藤(左)が照ノ富士を下手投げで破った(撮影・河田真司)

物言いがつき軍配差し違えに

照ノ富士と遠藤の一番で物言いが付き協議する審判団(撮影・鈴木正人)

遠藤に下手投げで敗れ険しい表情を見せる照ノ富士(撮影・鈴木正人)


正代(8勝6敗)突き落とし貴景勝(11勝3敗)

正代(手前)を突き落としで破る貴景勝(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

貴景勝痛恨3敗目 照ノ富士1敗堅守 正代かど番脱出/13日目写真特集

<大相撲夏場所>◇13日目◇21日◇東京・両国国技館

優勝争い

【1敗】照ノ富士

【3敗】貴景勝、遠藤

大関照ノ富士が1敗を守り、2場所連続の優勝に王手をかけた。13日目は逸ノ城と対戦。右四つに組み止めて、圧力をかけながら左上手を引くと圧倒的な力差で寄り切った。1差で追っていた大関貴景勝は平幕の遠藤に土俵際、逆転の突き落としを食らって3敗目。14日目、照ノ富士が遠藤に勝てば、優勝が決まる。大関正代は、宝富士を寄り切って勝ち越しを決め、2度目のかど番脱出を果たした。東前頭筆頭の若隆景が北勝富士を突き落として勝ち越し、来場所の新三役を濃厚にした。

13日目の取組を写真で振り返ります。

注意喚起のボードを手に館内を回る鶴竜親方

注意喚起のボードを手に館内を回る鶴竜親方(撮影・鈴木正人)

幕内

魁聖(7勝6敗)寄り切り千代翔馬(6勝7敗)

☆魁聖「よく動く相手だから早くつかまえていこうと思った。何とか落ち着いて前に出てよかったです。」

魁聖(右)は寄り切りで千代翔馬を破る(撮影・小沢裕)


琴ノ若(7勝6敗)寄り切り千代丸(8勝5敗)

千代丸(左)は琴ノ若を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)


天空海(4勝9敗)寄り倒し照強(6勝7敗)

★天空海「引いちゃったッスね。相手の術中にはまったというか、引かせる相撲だったんで。(残り2日)来場所につながる相撲をとりたい。」

恒例の

豪快に塩をまく照強(撮影・鈴木正人)

天空海(手前)を寄り倒しで破る照強(撮影・鈴木正人)


玉鷲(6勝7敗)突き倒し千代大龍(9勝4敗)

☆千代大龍「左固めて当たると決めていた。今場所一番いい相撲だったと思いますね。昨日おかげさまで勝ち越すことができて、何も気負うことなく、らしい相撲が残り2日取れるんじゃないかと思う。」

玉鷲(左)を突き倒しで破る千代大龍(撮影・河田真司)


石浦(5勝8敗)はたき込み輝(6勝7敗)

★石浦「立ち合い当たって差せても、持っていかれることは頭に入っていた。残せたのはよかったが、そこからがむしゃらにいきすぎた。負けている時はそんなものかもしれない。」

石浦(左)をはたき込みで破る輝(撮影・河田真司)


志摩ノ海(7勝6敗)寄り切り隠岐の海(8勝5敗)

☆志摩ノ海「しつこくしつこくが自分の持ち味と思っている。今日も下から下からでいけたと思う。自分の相撲であと2日、けがなくとりきれたらと思う。」

隠岐の海(後方)を寄り切りで破る志摩ノ海(撮影・鈴木正人)


霧馬山(4勝9敗)寄り倒し琴恵光(7勝6敗)

☆霧馬山「中に入られて危なかったが、我慢して勝ててよかった。」

琴恵光(右)を寄り倒しで破る霧馬山(撮影・河田真司)


碧山(3勝2敗8休)はたき込み大奄美(7勝6敗)

☆碧山「下がると危ないから、前に出ることしか考えてなかった。相手の動きを見ていけてよかったです。」

大奄美(手前)をはたき込みで破る碧山(撮影・鈴木正人)

大奄美(左)をはたき込みで破る碧山(撮影・河田真司)


栃ノ心(4勝9敗)寄り切り翔猿(4勝9敗)

栃ノ心(右)を攻める翔猿(撮影・鈴木正人)

翔猿(右)は栃ノ心を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)

栃ノ心(右)を寄り切りで破る翔猿(撮影・鈴木正人)

勢いつきすぎて

栃ノ心を寄り切りで破り溜席に飛び込む翔猿(撮影・鈴木正人)


明生(7勝6敗)押し出し剣翔(4勝9敗)

剣翔(左)を押し出しで破る明生(撮影・鈴木正人)


若隆景(8勝5敗)突き落とし北勝富士(5勝8敗)

☆若隆景「立ち合いでしっかり当たって圧力をかけられた。(今場所は)下からの攻めがいい。(勝ち越しは)うれしいけど、まだ2日あるので、しっかり相撲を取りたい。」

北勝富士(手前)を突き落としで破る若隆景(撮影・鈴木正人)

北勝富士(手前)を突き落としで破る若隆景(撮影・鈴木正人)


英乃海(5勝8敗)押し出し大栄翔(5勝8敗)

☆大栄翔「途中差してしまったりまだまだ甘さがある。徹底して突き押し相撲にならないとダメ。立ち合いも、もっともっと厳しくしないといけない。」

英乃海(右)を押し出しで破る大栄翔(撮影・鈴木正人)


御嶽海(8勝5敗)寄り切り阿武咲(6勝7敗)

☆御嶽海「勝ち越すことができて良かった。2桁勝つためには今日勝つしかないと思っていた。残り2日もしっかり自分の相撲を取って白星をつなげたい。」

御嶽海(右)は寄り切りで阿武咲を破る(撮影・小沢裕)


豊昇龍(6勝7敗)上手投げ隆の勝(4勝9敗)

隆の勝(左)を上手投げで破る豊昇龍(撮影・河田真司)


高安(9勝4敗)下手出し投げ妙義龍(5勝8敗)

1分相撲の末

高安(右)は下手出し投げで妙義龍を破る(撮影・小沢裕)


逸ノ城(8勝5敗)寄り切り照ノ富士(12勝1敗)

照ノ富士(左)は逸ノ城を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)

懸賞金の束を受け取る照ノ富士(撮影・鈴木正人)


正代(8勝5敗)寄り切り宝富士(6勝7敗)

宝富士(右)を寄り切りで破る正代(撮影・鈴木正人)


遠藤(10勝3敗)突き落とし貴景勝(10勝3敗)

☆貴景勝「明日に向かって集中してやっていきたいです。自分に原因があるので、しっかり考えてまた明日やっていきたい。」

貴景勝(右)を突き落としで破る遠藤(撮影・河田真司)

遠藤(右)に突き落としで敗れる貴景勝(撮影・鈴木正人)

遠藤(右)に突き落としで敗れる貴景勝(撮影・鈴木正人)

貴景勝(右)を突き落としで破る遠藤(撮影・河田真司)

遠藤に突き落としで敗れ険しい表情を見せる貴景勝(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

豊昇龍が頭から落ちしばらくうつぶせ、剣翔おでこ出血/12日目写真特集

<大相撲夏場所>◇12日目◇20日◇東京・両国国技館

大関照ノ富士が過去1勝4敗だった阿武咲を寄り切り、単独トップを守った。前日11日目にまげつかみの反則で初黒星。引きずることなく、厳しい攻めで苦手を一蹴した。 追う大関貴景勝は1差の2敗を守った。逸ノ城と激しい張り合いもまじえ、最後は押し出した。 かど番の大関正代は関脇隆の勝に攻め込まれたが、土俵際のすくい投げで7勝目。勝ち越しとかど番脱出に王手をかけた。一方、4場所連続関脇の隆の勝は昨年初場所以来の負け越しとなった。 大関朝乃山の休場により、関脇高安は不戦勝で勝ち越しを決めた。 西前頭8枚目の遠藤は琴恵光に寄り切られて3敗目を喫し、1歩後退した。

12日目の取組を写真で振り返ります。

幕内

石浦(5勝7敗)押し出し徳勝龍(8勝4敗)

石浦(後方)を押し出しで破る徳勝龍(撮影・鈴木正人)

石浦(左から2人目)を押し出しで破り、勢い余って土俵から落ちる徳勝龍(撮影・狩俣裕三)


千代大龍(8勝4敗)引き落とし隠岐の海(8勝4敗)

☆千代大龍 7勝2敗から連敗してあと1番が遠かった。不細工な相撲になったけど勝てて良かった。

隠岐の海(手前)を引き落としで破る千代大龍(撮影・鈴木正人)


玉鷲(6勝6敗)押し出し魁聖(6勝6敗)

☆魁聖 立ち合いしっかり当たれて、手も足も前に出られた。よかったと思う。

玉鷲(右)を押し出しで破る魁聖(撮影・鈴木正人)


大奄美(6勝6敗)寄り切り照強(5勝7敗)

照強(右)を激しく攻める大奄美(撮影・鈴木正人)

豪快に塩をまく照強(撮影・鈴木正人)

大量の塩をまく照強(撮影・狩俣裕三)


志摩ノ海(6勝6敗)押し出し天空海(4勝8敗)

★天空海 押したかったけど、引いちゃったッスね。(負け越しが決まり)下げ幅を最小限にして終えられたら。あと3連勝、したいですよね。

天空海(右)を押し出しで破る志摩ノ海(撮影・狩俣裕三)


琴ノ若(7勝5敗)下手出し投げ輝(5勝7敗)

☆琴ノ若 体勢を崩したけど、落ち着いて対応していくことだけを考えていた。体が反応してよかった。

輝(手前)を下手出し投げで破る琴ノ若(撮影・狩俣裕三)


剣翔(4勝8敗)突き落とし千代丸(7勝5敗)

☆千代丸 自分の右四つになれたんで、落ち着いていけた感じです。自分の相撲で勝てているんで、調子はいい方と思う。

剣翔(右)を突き落としで破る千代丸(撮影・鈴木正人)

千代丸に突き落としで敗れ、おでこを出血する剣翔(撮影・狩俣裕三)


琴恵光(7勝5敗)寄り切り遠藤(9勝3敗)

遠藤(右)は琴恵光に寄り切りで敗れる(撮影・小沢裕)


千代翔馬(6勝6敗)押し倒し宝富士(6勝6敗)

☆宝富士 (千代翔馬は)立ち合い、いろいろやってくる相手なんで、どっしりいけば大丈夫かなと。あわてずいけたのでよかったです。

千代翔馬(左)の攻めを耐える宝富士(撮影・鈴木正人)


豊昇龍(5勝7敗)寄り倒し栃ノ心(4勝8敗)

☆栃ノ心 (豊昇龍とは)初めてだったが負けたくない気持ちはあった。若い子に負けたくないんで。おじさん(元横綱朝青龍)とも相撲とってますね。(不思議な感じか聞かれ)そうですね。

栃ノ心は寄り倒しで豊昇龍を破る(撮影・小沢裕)

豊昇龍(左)を寄り倒しで破る栃ノ心(撮影・狩俣裕三)

栃ノ心(右)に寄り倒しで敗れた際に頭から落ち、しばらく土俵にうつぶせになる豊昇龍(撮影・狩俣裕三)


碧山(2勝2敗8休)叩き込み妙義龍(5勝7敗)

妙義龍(下)をはたき込みで破る碧山(撮影・鈴木正人)


霧馬山(3勝9敗)送り出し翔猿(3勝9敗)

☆翔猿 (兄の英乃海に力水をつける)幕内でできることはすごくうれしいことだと思う。

霧馬山(左)を送り出しで破る翔猿(撮影・狩俣裕三)


若隆景(7勝5敗)叩き込み英乃海(5勝7敗)

☆英乃海 (弟の翔猿に力水をつけてもらう)今までもそういうことがあったので、特別なものはない。良かったなくらい。特にないっすね。

若隆景(手前)をはたき込みで破る英乃海(撮影・鈴木正人)


御嶽海(7勝5敗)寄り切り明生(6勝6敗)

激しくぶつかり合う明生(左)と御嶽海(撮影・狩俣裕三)


北勝富士(5勝7敗)叩き込み大栄翔(4勝8敗)

★大栄翔 踏み込みとか悪いので(はたきを)食ってしまう。ダメですね。(残り3日は)自分の相撲を心掛けて、来場所につながるような相撲を取りたい。

北勝富士は大栄翔(左)をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)


正代(7勝5敗)すくい投げ隆の勝(4勝8敗)

隆の勝(手前)をすくい投げで破る正代(撮影・狩俣裕三)


逸ノ城(8勝4敗)押し出し貴景勝(10勝2敗)

☆貴景勝 あまり良くなかったですけど、しっかり準備できたかなと思う。なかなか(毎回)思い通りにいける部分はないので、我慢して明日も一生懸命やっていきたい。(逸ノ城は)大きいし力もあるので、気持ちをしっかりやっていこうとは思っていた。

逸ノ城(左)を攻める貴景勝(撮影・鈴木正人)


朝乃山(7勝5敗)不戦勝高安(8勝4敗)

朝乃山の休場により高安の不戦勝を告げる幕が掲げられる(撮影・小沢裕)


阿武咲(6勝6敗)寄り切り照ノ富士(11勝1敗)

☆照ノ富士 (11日目の初黒星からの切り替え)1日一番で、ずっとやってますから。昨日のことは昨日で、今日は今日でという感じでした。(まげに手がかかって反則負けとなった)昨日は、そういう相撲だった自分が悪い。気持ち切り替えて頑張ろうと思っています。

阿武咲(右)を寄り切りで破る照ノ富士(撮影・狩俣裕三)

十両

千代の海(4勝8敗)押し出し宇良(9勝3敗)

千代の海(後方)を押し出しで破る宇良(撮影・狩俣裕三)

宇良(右)は押し出しで千代の海を破る(撮影・小沢裕)

照ノ富士(左)は阿武咲を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

照ノ富士がまげをつかみ、反則で1敗/11日目写真特集

<大相撲夏場所>◇11日目◇19日◇東京・両国国技館

【1敗】照ノ富士

【2敗】貴景勝、遠藤

大関照ノ富士が、まさかの反則負けで初黒星を喫した。もろ差しを許した妙義龍に土俵際、小手投げにいった際、頭を押さえようとした右手でまげをつかんでしまった。1度は軍配を受けたが物言いがつき、協議の末に「まげつかみ」の反則と判断された。大関貴景勝は関脇高安との激しい相撲を制して2敗を守った。突き放しにきた相手を下からの攻めで最後は後ろ向きにして送り出した。西前頭8枚目の遠藤は千代大龍を押し出して7日目から5連勝。遠藤も2敗を守った。大関朝乃山は関脇隆の勝をすくい投げで勝ち越しに王手。隆の勝は7敗目と後がなくなった。かど番の大関正代は阿武咲を押し出し、6勝目をあげた。

11日目の取組を写真で振り返ります。

幕内

炎鵬(4勝7敗)寄り切り千代丸(6勝5敗)

千代丸(手前)を寄り切りで破る炎鵬(撮影・菅敏)

千代丸(手前)を寄り切りで破る炎鵬(撮影・菅敏)


琴ノ若(6勝5敗)上手出し投げ魁聖(5勝6敗)

☆琴ノ若 しっかり当たって先手先手でいこうと思っていた。流れ的にはよかったと思います。(残り4日間も)余計なことを考えずいい相撲をとれれば。

魁聖(右)を上手出し投げで破る琴ノ若(撮影・菅敏)


玉鷲(6勝5敗)引き落とし隠岐の海(8勝3敗)

玉鷲(左)を引き落としで破る隠岐の海(撮影・菅敏)


千代翔馬(6勝5敗)寄り倒し輝(5勝6敗)

千代翔馬(左)を寄り倒しで破る輝(撮影・菅敏)

千代翔馬(左)を寄り倒しで破る輝(撮影・菅敏)


志摩ノ海(5勝6敗)押し出し石浦(5勝6敗)

☆志摩ノ海 しっかり踏み込めた。前に出ながら相撲とれたんでいいと思います。下がって相撲とるタイプじゃないんで、今日はいい相撲がとれたかなと思う。

★石浦 しっかり(相手の圧力を)止めて相撲を取ろうと思っていたけど、受け止められなかったのは自分の力不足。いなしとか横の動きに強い相手だが、相手に押されて相手のペースで取られてしまった。あと4日、気持ちを切らさずに1日一番大事にやっていきたい。

石浦(右)を押し出しで破る志摩ノ海(撮影・菅敏)


千代大龍(7勝4敗)押し出し遠藤(9勝2敗)

遠藤(左)は押し出しで千代大龍を破る(撮影・小沢裕)


剣翔(4勝7敗)浴びせ倒し天空海(4勝7敗)

☆剣翔 右からでも左からでもすくって前に出ようと思っていた。作戦通りといえば作戦通り。(7敗で踏ん張り)まだ負け越したわけじゃないんで、4連勝できるよう頑張りたい。

天空海(右)を浴びせ倒しで破る剣翔(撮影・菅敏)


大奄美(5勝6敗)すくい投げ宝富士(5勝6敗)

☆宝富士 差し負けないように、我慢して良かったです。(長い相撲となり体力面の不安は)それは大丈夫。しっかり稽古したので。スタミナ面は大丈夫ですけど、調子が上がっていなかったので慎重になった部分はある。

宝富士(手前)はすくい投げで大奄美を破る(撮影・小沢裕)


琴恵光(6勝5敗)押し出し逸ノ城(8勝3敗)

☆逸ノ城 (相手の)動きに反応できた。(12日目は大関貴景勝戦)上位に戻るには残り大事。自分の相撲を取りたい。

逸ノ城(右)は琴恵光を押し出しで破る(撮影・小沢裕)


英乃海(4勝7敗)上手出し投げ照強(5勝6敗)

英乃海(中央)を上手出し投げで破る照強(撮影・菅敏)


霧馬山(3勝8敗)上手出し投げ栃ノ心(3勝8敗)

栃ノ心(右)を上手出し投げで破る霧馬山(撮影・菅敏)


碧山(1勝2敗8休)引き落とし翔猿(2勝9敗)

☆翔猿 (8連敗を抜け出す2勝目)こんな相撲だったけど沼は抜けられました。

翔猿(左)は碧山を引き落としで破る(撮影・小沢裕)


若隆景(7勝4敗)突き出し豊昇龍(5勝6敗)

★豊昇龍 調子は悪くないんですけどね。相手(若隆景)の方が低かった。下から押された。この一番を気にせずに、次の相撲に集中したい。

若隆景(手前)は豊昇龍を突き出しで破る(撮影・小沢裕)


明生(5勝6敗)寄り切り大栄翔(4勝7敗)

大栄翔(右)を土俵際へ攻め込む明生(撮影・小沢裕)


御嶽海(7勝4敗)寄り切り北勝富士(4勝7敗)

御嶽海(左)を寄り切りで破る北勝富士(撮影・菅敏)


高安(7勝4敗)送り出し貴景勝(9勝2敗)

☆貴景勝 (意識したのは)気持ちで負けないこと。(照ノ富士が敗れて1差となったが)とにかく1日一番集中してやるしかないので、また明日の相撲に集中してやりたいと思います。

貴景勝は高安(手前)を送り出しで破る(撮影・小沢裕)

高安との取り組みを前に気合を入れる貴景勝(撮影・菅敏)


朝乃山(7勝4敗)すくい投げ隆の勝(4勝7敗)

隆の勝(右)をすくい投げで破る朝乃山(撮影・菅敏)

隆の勝をすくい投げで破り、懸賞金を受け取る朝乃山(撮影・菅敏)


妙義龍(5勝6敗)反則照ノ富士(10勝1敗)

照ノ富士は妙義龍(右)のまげをつかんだとして反則負けとなる(撮影・小沢裕)

照ノ富士は妙義龍(右)のまげをつかんだとして反則負けとなる(撮影・小沢裕)

照ノ富士は妙義龍(下)のまげをつかんだとして反則負けとなる(撮影・小沢裕)

照ノ富士は妙義龍(下)のまげをつかんだとして反則負けとなる(撮影・小沢裕)


正代(6勝5敗)押し出し阿武咲(6勝5敗)

阿武咲(左)を押し出しで破る正代(撮影・菅敏)

関連するニュースを読む

照ノ富士が無傷10連勝 照強が鮮やか下手ひねりで勝利/10日目写真特集

<大相撲夏場所>◇10日目◇18日◇東京・両国国技館

優勝争い

【0敗】照ノ富士

【2敗】貴景勝、遠藤

大関照ノ富士は霧馬山を寄せ付けず。万全の形で寄り切り、ただ1人勝ちっぱなしの10連勝。西前頭8枚目の遠藤が2敗を守って勝ち越しを決めた。大関貴景勝も阿武咲を押し出して、勝ち越しを決めた。2敗は2人だけとなった。かど番の大関正代は、関脇高安に寄り切られ、5勝5敗の五分となった。

10日目の取組を写真で振り返ります。

幕内

天空海(4勝6敗)押し出し東龍(3勝7敗)

東龍(左)を押し出しで破る天空海(撮影・河田真司)


石浦(5勝5敗)押し出し隠岐の海(7勝3敗)

☆隠岐の海「あまり考えていなかったが前に前に出る気持ちだった。(勝ち越し王手も)一番一番ですね。」

石浦(右)を攻める隠岐の海(撮影・鈴木正人)


千代丸(6勝4敗)下手ひねり照強(4勝6敗)

恒例の

豪快に塩をまく照強(撮影・菅敏)

千代丸(左)を下手ひねりで破る照強(撮影・河田真司)

千代丸(下)を下手ひねりで破る照強(撮影・菅敏)


志摩ノ海(4勝6敗)寄り切り魁聖(5勝5敗)

☆魁聖「強く当たって前に出ようと思って、何とかうまくいきました。膝の調子よくなかったが昨日、久々に治療して調子よくなった。」

志摩ノ海(右)を寄り切りで破る魁聖(撮影・河田真司)


琴恵光(6勝4敗)寄り切り輝(4勝6敗)

輝(右)を寄り切りで破る琴恵光(撮影・菅敏)


剣翔(3勝7敗)小手投げ千代大龍(7勝3敗)

千代大龍(右)を小手投げで破る剣翔(撮影・鈴木正人)

千代大龍(右)を小手投げで破る剣翔(撮影・鈴木正人)


琴ノ若(5勝5敗)押し出し遠藤(8勝2敗)

☆遠藤「よかったです。しっかり見て、落ち着いてすもう取れました。(10日目以内の勝ち越しはいつ以来か?)興味ないです。」

琴ノ若(右)を押し出しで破る遠藤(撮影・鈴木正人)

懸賞金の束を手に土俵を引き揚げる遠藤(撮影・鈴木正人)


栃ノ心(3勝7敗)突き落とし大奄美(5勝5敗)

大奄美(手前)を突き落としで破る栃ノ心(撮影・鈴木正人)


英乃海(4勝6敗)押し出し玉鷲(6勝4敗)

英乃海(右)を押し出しで破る玉鷲(撮影・鈴木正人)


千代翔馬(6勝4敗)送り出し逸ノ城(7勝3敗)

逸ノ城(右)を送り出しで破る千代翔馬(撮影・鈴木正人)

逸ノ城(右)を送り出しで破る千代翔馬(撮影・鈴木正人)


碧山(1勝1敗8休)突き落とし宝富士(4勝6敗)

碧山(左)を突き落としで破る宝富士(撮影・菅敏)

碧山(左)を突き落としで破る宝富士(撮影・菅敏)


妙義龍(4勝6敗)押し出し翔猿(1勝9敗)

翔猿(右)を押し出しで破る妙義龍(撮影・河田真司)

翔猿(右)に押し出しで破る妙義龍(撮影・菅敏)

枡席まで吹っ飛ぶ

妙義龍に押し出しで敗れ、悔しそうな表情を見せる翔猿(撮影・菅敏)


豊昇龍(5勝5敗)送り出し北勝富士(3勝7敗)

北勝富士(右)を送り出しで破る豊昇龍(撮影・河田真司)


若隆景(6勝4敗)寄り倒し大栄翔(4勝6敗)

大栄翔(右)を寄り倒しで破る若隆景(撮影・鈴木正人)


明生(4勝6敗)突き出し隆の勝(4勝6敗)

☆隆の勝「(5連敗を止め)抜け出せると思っていた。苦しかったけど、これからもう1回仕切り直して1日一番頑張りたい。」

物言いがつくも

明生(右)を突き出しで破る隆の勝(撮影・河田真司)


朝乃山(6勝4敗)寄り切り御嶽海(7勝3敗)

御嶽海(右)を寄り切りで破る朝乃山(撮影・河田真司)


霧馬山(2勝8敗)寄り切り照ノ富士(10勝0敗)

☆照ノ富士「(初日から10連勝)良かったと思います。(後続とは2差あるが)まだ5日間あるので何とも思っていない。必死にやっているだけです。」

霧馬山(右)を寄り切りで破る照ノ富士。土俵下左は正代(撮影・河田真司)

霧馬山を寄り切りで破り懸賞金を受け取る照ノ富士(撮影・菅敏)

霧馬山を寄り切りで破り、懸賞金の束を手に土俵から引き揚げる照ノ富士(撮影・河田真司)


正代(5勝5敗)寄り切り高安(7勝3敗)

正代(左)を寄り切りで破る高安(撮影・菅敏)


阿武咲(6勝4敗)押し出し貴景勝(8勝2敗)

☆貴景勝「集中してやれたかなと思う。(前日9日目に2敗目を喫したが)相手も違うので、1日その日の相手に集中してやるだけ。一生懸命やることが、一番最初にやるべきこと。」

阿武咲(左)を押し出しで破る貴景勝(撮影・菅敏)

阿武咲を押し出しで破り、懸賞金の束を手に土俵から引き揚げる貴景勝(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

翔猿勢い余ってマス席付近まで、宇良は久々の懸賞金に…/8日目写真特集

<大相撲夏場所>◇8日目◇16日◇東京・両国国技館

元横綱朝青龍のおい、東前頭5枚目の豊昇龍が大関戦初勝利をあげた。

朝乃山得意の右四つとなったが、引きつけながら右からの内掛けを鮮やかに決めた。朝乃山は4勝4敗の五分となった。

大関照ノ富士が大栄翔を押し出し、ストレートで勝ち越しを決めた。追いかける大関貴景勝は1敗を守った。過去12戦全勝と合口のいい妙義龍を立ち合いで押し込み、タイミングよくはたき込んだ。

かど番の大関正代は3敗目を喫した。小結御嶽海との一番で立ち合い負け。左を差し込むが上体が起き上がり、圧力をかけられて押し出された。御嶽海は2敗を守った。

8日目の取組を写真で振り返ります。

幕内

魁聖(4勝4敗)すくい投げ宇良(7勝1敗)

魁聖(右)をすくい投げで破る宇良(撮影・鈴木正人)

懸賞金を手に土俵を引き揚げる宇良(撮影・鈴木正人)


明瀬山(1勝7敗)不戦天空海(2勝6敗)

明瀬山の休場により不戦勝の勝ち名乗りを受ける天空海(撮影・小沢裕)


琴恵光(5勝3敗)寄り切り大奄美(4勝4敗)

琴恵光(右)は大奄美を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)


千代丸(5勝3敗)寄り切り隠岐の海(6勝2敗)

☆隠岐の海(相撲内容は)「あまり分からないけど、勝ててよかったですね。思い切っていければと思ってやりました。」

千代丸(右)と攻め合う隠岐の海(撮影・鈴木正人)


石浦(4勝4敗)すくい投げ照強(2勝6敗)

照強はすくい投げで石浦(手前)を破る(撮影・小沢裕)

照強はすくい投げで石浦(左)を破る(撮影・小沢裕)


千代大龍(6勝2敗)突き落とし輝(3勝5敗)

千代大龍(右)は輝を突き落としで破る(撮影・小沢裕)


剣翔(2勝6敗)上手出し投げ琴ノ若(4勝4敗)

☆琴ノ若「しっかり自分の流れで相撲をとることだけ考えていけた。反応もしっかりできたし、先に動けたのでよかった」

琴ノ若は剣翔(右)を上手出し投げで破る(撮影・小沢裕)


栃ノ心(2勝6敗)押し出し千代翔馬(5勝3敗)

☆千代翔馬「胸を合わせたら相手が上なんで、相手に合わせず前みつをとって頭をつけていこうと。(最後の)投げは流れです」

栃ノ心(左)を上手投げで破る千代翔馬(撮影・鈴木正人)


玉鷲(5勝3敗)押し出し宝富士(3勝5敗)

☆宝富士(連敗を4で止め)「気持ちも落ちていろいろ考えたりもしたが、自分の相撲をとるといけたのがよかった。やはり気持ちの部分じゃないですかね」

玉鷲(右)の攻めを耐える宝富士(撮影・鈴木正人)


英乃海(4勝4敗)上手出し投げ遠藤(6勝2敗)

英乃海(左)を上手出し投げで破る遠藤(撮影・鈴木正人)


志摩ノ海(4勝4敗)押し出し逸ノ城(6勝2敗)

志摩ノ海(左)と攻め合う逸ノ城(撮影・鈴木正人)


明生(3勝5敗)突き落とし阿武咲(6勝2敗)

☆阿武咲「自分の立ち合いができた。(相手の明生は)小学校のころからやっている相手。普段からも高めあっている相手。終始冷静にいけたので、この冷静さを保ちつつ明日からもいけたら。」

明生(手前)を突き落としで破る阿武咲(撮影・鈴木正人)


翔猿(1勝7敗)押し出し北勝富士(2勝6敗)

翔猿(左)を押し出しで破る北勝富士(撮影・鈴木正人)

翔猿(手前)を押し出しで破る北勝富士(撮影・鈴木正人)

北勝富士に押し出しで敗れた翔猿は勢い余ってマス席付近まで達し観客を喜ばせる(撮影・小沢裕)


高安(6勝2敗)送り倒し霧馬山(2勝6敗)

☆高安「左まわしを取られたけどじっくり攻めようかなと。少し受け身になったけど残す自信はあった。(明日の照ノ富士戦に向けて)自分の相撲を心がけて気を引き締めていきたい。」

霧馬山(右下)を攻める高安(撮影・鈴木正人)


若隆景(5勝3敗)押し出し隆の勝(3勝5敗)

若隆景(右)は隆の勝を押し出しで破る(撮影・小沢裕)


正代(5勝3敗)押し出し御嶽海(6勝2敗)

☆御嶽海「しっかり自分の相撲を取れた。気持ちが乗っているので、それがいいんじゃないか。押し相撲は気持ちだと思うので、その辺がいい流れではまっている。」

★正代「差して前傾姿勢で攻めたかったけどのけ反ってしまった。投げを打ちに行ってそこを寄られた。もう少し立ち合いを徹底したい。」

正代(右)を押し出しで破った御嶽海(撮影・鈴木正人)

懸賞金の束を手に土俵を引き揚げる御嶽海(撮影・鈴木正人)


妙義龍(2勝6敗)はたき込み貴景勝(7勝1敗)

☆貴景勝「自分の相撲に集中することだけやりました。(後半戦に向けて)明日の相撲に集中して、どれだけ(白星を)積み重ねられるかだと思っている」

妙義龍(右)を攻める貴景勝(撮影・鈴木正人)


朝乃山(4勝4敗)内掛け豊昇龍(3勝5敗)

☆豊昇龍(内掛けは)「狙っていなかった。集中していたのは立ち合い。立ち合い起こせば、何とかなると思っていた。昨日(貴景勝戦)までずっと勝ちたい、勝ちたいと思っていたので、自分の相撲を取り切れていないと思っていた。楽しみたいと思ってやりました」

朝乃山(右)を攻める豊昇龍(撮影・鈴木正人)

朝乃山(右)を内掛けで破る豊昇龍(撮影・鈴木正人)

朝乃山(左)は豊昇龍に内がけで敗れる(撮影・小沢裕)


大栄翔(3勝5敗)押し出し照ノ富士(8勝0敗)

☆照ノ富士「足がよく動いてくれた。(勝ち越しは)別に意識していないので。(前回中日での勝ち越しを決めた15年秋場所と比較して感じることはあるか)いや、分からないです。一生懸命やるだけなので」

大栄翔(右)を攻める照ノ富士(撮影・鈴木正人)

照ノ富士は大栄翔(右)を押し出しで破り8日目で勝ち越しを決める。左は難を逃れた行司の式守伊之助(撮影・小沢裕)

照ノ富士は大栄翔(右)を押し出しで破り8日目で勝ち越しを決める。左は難を逃れた行司の式守伊之助(撮影・小沢裕)

大栄翔(左)を押し出しで破る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

大栄翔(手前)を押し出しで破った照ノ富士(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

剣翔顔面から落ち流血 翔猿押し出しで吹っ飛ぶ/7日目写真特集

<大相撲夏場所>◇7日目◇15日◇東京・両国国技館

照ノ富士が7連勝とし、優勝争いの単独トップを守った。

6日目まで1敗だった2人は明暗を分けた。大関貴景勝は、初顔合わせだった東前頭5枚目の豊昇龍をはたき込み。関脇高安は西前頭筆頭の北勝富士に突き落とされ、1歩後退した。 これで優勝争いは、勝ちっ放しの照ノ富士を、1敗の貴景勝が追い、2敗で大関正代ら10人が続く展開となった。

7日目の取組を写真で振り返ります。

幕内

石浦(4勝3敗)寄り切り千代ノ皇(5勝2敗)

石浦(左)を寄り切りで破る千代ノ皇(撮影・鈴木正人)


明瀬山(1勝6敗)押し出し千代丸(5勝2敗)

☆千代丸 休まず一気に攻めようと思った。止まって四つになると重たいんで。(5勝2敗に)調子いいかなと思います。

★明瀬山 相手がいい相撲でしたね。相手も考えてきてますからね。(自分は)もともと、こんな力がある力士でもないですからね。

明瀬山(左)を押し出しで破る千代丸(撮影・江口和貴)


魁聖(4勝3敗)はたき込み隠岐の海(5勝2敗)

★魁聖 巻き替えた時に落ち着いてまわしをつかめばよかった。最近なかなか早く勝ち越せていないんで、できるかなと思ったら、ダメでしたね。

魁聖(手前)をはたき込みで破る隠岐の海(撮影・江口和貴)


琴恵光(4勝3敗)寄り切り千代大龍(5勝2敗)

☆千代大龍 四つは自分の相撲じゃないけれど、相手のいやなことができて自分の相撲をとることができた。自分でも分からないですけど、5勝2敗。ここ最近にないぐらい、星が上がってますね。

琴恵光(後方)を寄り切りで破る千代大龍(撮影・鈴木正人)


天空海(1勝6敗)上手投げ千代翔馬(4勝3敗)

★天空海 (膝にたまった水を)今日抜きました。今日は調子が良さげな感じがして、いきすぎましたね。

天空海(手前)を上手投げで破る千代翔馬(撮影・鈴木正人)

天空海(手前)を上手投げで破る千代翔馬(撮影・鈴木正人)


琴ノ若(3勝4敗)寄り切り大奄美(4勝3敗)

大奄美(右)に寄り切りで敗れる琴ノ若(撮影・江口和貴)


志摩ノ海(4勝3敗)押し出し照強(1勝6敗)

☆志摩ノ海 ちょっと脇が甘いんですが、修正できて、前でさばけてよかったんじゃないかと思います。日に日に体も動いてきたし、緊張感も取れてきた。

取組前に大量の塩をまく照強(撮影・江口和貴)

照強(左)を押し出しで破る志摩ノ海(撮影・鈴木正人)


剣翔(2勝5敗)上手投げ玉鷲(5勝2敗)

☆玉鷲 よかったです。必死で残したんで、圧力かけないとと思いました。

★剣翔 上手と下手では分が悪いので仕方ない。思い切り相撲が取れました。(額は)擦りむいた感じ。ハゲてしまった。また明日から、体は動いているんで、気合を入れていきます。

剣翔(左)を上手投げで破る玉鷲(撮影・江口和貴)

剣翔(左)を上手投げで破った玉鷲(撮影・江口和貴)

玉鷲に上手投げで敗れた剣翔(撮影・江口和貴)


輝(3勝4敗)押し出し宝富士(2勝5敗)

輝(手前)は宝富士を押し出しで破る(撮影・柴田隆二)


栃ノ心(2勝5敗)寄り切り遠藤(5勝2敗)

遠藤(手前)は栃ノ心を寄り切りで破る(撮影・柴田隆二)


英乃海(4勝3敗)寄り切り逸ノ城(5勝2敗)

☆逸ノ城 我慢して前に出られた。(外四つになっても)問題なかった。(5勝2敗に)昨日、今日みたいな相撲をとりたい。

英乃海(右)を寄り切りで破る逸ノ城(撮影・鈴木正人)


阿武咲(5勝2敗)押し出し翔猿(1勝6敗)

★翔猿 (最初の取組は)いい体勢になりすぎて、ちょっとあせったッスね。(同体取り直しの一番は)動いていたけど、引いてしまった。勝ち急ぎました。

阿武咲(左)と翔猿との取組は同体となる(撮影・江口和貴)

阿武咲と翔猿の一番で物言いが付き協議する審判団(撮影・鈴木正人)

物言いがつき取り直し

同体取り直しの一番で、阿武咲(右)は翔猿を押し出しで破る(撮影・柴田隆二)

翔猿(手前)を押し出しで破る阿武咲(撮影・鈴木正人)

阿武咲に押し出しで敗れた翔猿(撮影・江口和貴)

同体取り直しの一番で、阿武咲の押し出しに客席まで飛んだ翔猿(撮影・柴田隆二)


若隆景(4勝3敗)はたき込み明生(3勝4敗)

☆明生 落ち着いてとることができました。今まで通り、1日集中して相撲をとっていきたい。(体の調子は)上がってきてます。

若隆景(右)をはたき込みで破る明生(撮影・江口和貴)


御嶽海(5勝2敗)寄り切り大栄翔(3勝4敗)

☆御嶽海 しっかりと当たって前に出られたので良かったと思います。(大栄翔には4場所連続黒星で)もう負けられないと思って臨みました。今場所は自分が前に出られたのかなと思います。

大栄翔(左)を寄り切りで破る御嶽海(撮影・江口和貴)


高安(5勝2敗)突き落とし北勝富士(1勝6敗)

☆北勝富士 (今場所の初日)なかなか勝ち星も伸びなかったが、やっととることができて少し安心しました。相手は気にしないように、自分の前に出る相撲をとるだけでした。

高安(手前)を突き落としで破る北勝富士(撮影・鈴木正人)


豊昇龍(2勝5敗)はたき込み貴景勝(6勝1敗)

☆貴景勝 自分の攻めをしっかりしようと思った。(初対戦の豊昇龍は)元気あるし、自分も気持ちで負けないようにいきました。

★豊昇龍 正面からいったら勝てないと思った。まわしを取って止めないといけないと思って、上手を取ったけど足が滑ってしまった。(大関戦は)やっぱり勉強になりますね。今度こそ負けたくないですね。

豊昇龍(左)をはたき込みで破る貴景勝(撮影・鈴木正人)


朝乃山(4勝3敗)すくい投げ妙義龍(2勝5敗)

妙義龍(右)をすくい投げで破る朝乃山(撮影・鈴木正人)


隆の勝(3勝4敗)はたき込み照ノ富士(7勝0敗)

☆照ノ富士 よかったと思います。(集中できたか)そうですね。やることは変わらない。精いっぱいやってるだけです。

照ノ富士(上)は隆の勝をはたき込みで破る(撮影・柴田隆二)


正代(5勝2敗)寄り切り霧馬山(2勝5敗)

霧馬山(手前)を寄り切りで破る正代(撮影・江口和貴)

十両

琴勝峰(4勝3敗)肩すかし宇良(6勝1敗)

琴勝峰(右)を肩すかしで破る宇良(撮影・鈴木正人)

宇良(上)は琴勝峰を肩透かしで破る(撮影・柴田隆二)

関連するニュースを読む

照ノ富士7連勝でV争い単独トップ守る 1敗は貴景勝、高安は2敗に後退

隆の勝(右)をはたき込みで破る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇7日日◇15日◇東京・両国国技館

大関照ノ富士が7連勝とし、優勝争いの単独トップを守った。関脇隆の勝をはたき込みで下した。

6日目まで1敗だった2人は明暗を分けた。大関貴景勝は、初顔合わせだった東前頭5枚目の豊昇龍をはたき込み。立ち合いから右に動いてきた相手を落ち着いて裁いた。関脇高安は西前頭筆頭の北勝富士に突き落とされ、1歩後退した。

これで優勝争いは、勝ちっ放しの照ノ富士を、1敗の貴景勝が追い、2敗で大関正代ら10人が続く展開となった。

豊昇龍(左)をはたき込みで破る貴景勝(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

照ノ富士6連勝 朝乃山は霧馬山に投げられ土俵に仰向け/6日目写真特集

<大相撲夏場所>◇6日目◇14日◇東京・両国国技館

関脇高安が小結御嶽海との好調な“1敗対決”を制した。もろ差しを許して攻め込まれたが、うまく土俵を回り込みながら、最後は下がりながら左上手を取っての投げを決めた。際どい勝負だったが、物言いもつかず5勝1敗と優勝争いの圏内に踏みとどまった。

大関照ノ富士は初対戦の豊昇龍を相手にせず、立ち合いで左上手をつかむと、右を差す万全の形で寄り切り、6連勝とした。貴景勝は翔猿を突き出し、1敗を守った。

大関朝乃山は霧馬山と投げの打ち合いで、左からの上手投げに屈して3勝3敗の五分となった。かど番の正代も妙義龍に電車道で押し出されて2敗目を喫した。

6日目の取組を写真で振り返ります。


徳勝龍押し出し千代丸

千代丸(左)は徳勝龍を押し出しで破る(撮影・柴田隆二)

☆千代丸 もろ手でいって自分の間合いで相撲がとれている。まだ疲れとかもなく、いい感じできている。

魁聖押し出し天空海

魁聖(左)は天空海を押し出しで破る(撮影・柴田隆二)

石浦上手出し投げ大奄美

石浦(右)は上手出し投げで大奄美を破る(撮影・小沢裕)

石浦(右)は上手出し投げで大奄美を破る(撮影・小沢裕)

☆石浦  しっかり攻められたいい相撲だった。左からおっつけていこうと思っていた。(4勝2敗とし)気持ちも乗っているので明日も気持ちよく相撲を取りたい。

琴ノ若押し出し千代大龍

千代大龍は琴ノ若(左)を押し出しで破る(撮影・小沢裕)

☆千代大龍 (琴ノ若に)初顔から2連敗してたんで勝ちたい欲が出て頑張れました。自分でもあんなに残れるとは思っていなかった。

明瀬山はたき込み千代翔馬

明瀬山(下)をはたき込みで破る千代翔馬(撮影・滝沢徹郎)

☆千代翔馬 中に入られないようにいった。上手を取りたかったが全然取れなくて、あとは流れだった。

玉鷲押し出し琴恵光

琴恵光(手前)は玉鷲を押し出しで破る(撮影・柴田隆二)

隠岐の海あびせ倒し照強

隠岐の海(上)は照強を浴びせ倒しで破る(撮影・柴田隆二)

隠岐の海(上)は照強を浴びせ倒しで破る(撮影・柴田隆二)

隠岐の海(上)は照強を浴びせ倒しで破る(撮影・滝沢徹郎)

栃ノ心寄り切り

輝(左)を攻める栃ノ心(撮影・滝沢徹郎)

栃ノ心(左)は輝を寄り切りで破る(撮影・柴田隆二)

志摩ノ海送り出し宝富士

志摩ノ海(左)は宝富士を送り出しで破る(撮影・柴田隆二)

英乃海きめ出し剣翔

剣翔(左)は英乃海をきめ出しで破る(撮影・柴田隆二)

☆剣翔 立ち合い、2本入られてやばいかと思ったが、浅かったんでうまくきめられてよかった。この6日間、元気のいい相撲がとれていないんで、元気のいい相撲をとっていきたい。

遠藤押し出し逸ノ城

逸ノ城(右)は遠藤を押し出しで破る(撮影・小沢裕)

若隆景はたき込み阿武咲

若隆景(右)は阿武咲をはたき込みで破る(撮影・柴田隆二)

明生押し出し北勝富士

明生(左)は北勝富士を押し出しで破る(撮影・柴田隆二)

高安上手投げ御嶽海

高安(左)は御嶽海を上手投げで破る(撮影・柴田隆二)

高安(左)は御嶽海を上手投げで破る(撮影・柴田隆二)

☆高安 何回か中に入られたけど前向きに相撲が取れてよかった。腰を落として我慢できた。最後は際どかったけど形になってよかった。好調の相手だったので勝てたのは明日につながる。

大栄翔押し出し隆の勝

大栄翔(左)は隆の勝を押し出しで破る(撮影・小沢裕)

朝乃山上手投げ霧馬山

朝乃山は霧馬山(左)に上手投げで敗れる(撮影・小沢裕)

霧馬山(右)は朝乃山を上手投げで破る(撮影・柴田隆二)

朝乃山は霧馬山(左)に上手投げで敗れる(撮影・小沢裕)

☆霧馬山 まわし取らせないように我慢して、自分から先にまわしを取ろうと思っていた。最後(千秋楽)まで今日みたいな相撲を取っていきたい。

★朝乃山 自分の形の左上手が外れて、そこから攻められた。攻めがバラバラになった。明日からまた自分の相撲を取っていきたい。

豊昇龍寄り切り照ノ富士

豊昇龍(左)を攻める照ノ富士(撮影・滝沢徹郎)

照ノ富士(左)豊昇龍を寄り切りで破る(撮影・柴田隆二)

☆照ノ富士 落ち着いて(相手を)正面において、前に出ることしか考えてなかった。(全勝は)意識していない。

★豊昇龍 大関と初めて相撲を取った。自分のペースになれなくて先に手を着いてしまった。今日は左を差されないように左脇を締めて、しっかり当たっていったけどダメだった。

正代押し出し妙義龍

正代(手前)を攻める妙義龍(撮影・滝沢徹郎)

正代(左)は妙義龍に押し出しで敗れる(撮影・小沢裕)

★正代 立ち合いで踏み込まれて本来の立ち合いができなかった。連敗しないように切り替えていきたい。

翔猿突き出し貴景勝

翔猿(左)を攻める貴景勝(撮影・滝沢徹郎)

貴景勝は翔猿(左)を突き出しで破る。右は正代(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

北勝富士が顔面流血の熱闘、業師宇良鮮やか足取り/夏場所5日目写真特集

<大相撲夏場所>◇5日目◇13日◇東京・両国国技館

大関に復帰した照ノ富士が、勢いに乗る東前頭筆頭の若隆景を下して、ただ1人の5連勝を飾った。

4大関は2日連続でそろっての白星となった。かど番の正代は明生を破り、貴景勝は霧馬山を圧倒した。 朝乃山は翔猿と微妙な勝負となったが、3勝2敗と白星を先行させた。

5日目の取組を写真で振り返ります。

幕内

天空海突き落とし炎鵬

天空海(左)を突き落としで破る炎鵬(撮影・滝沢徹郎)


石浦送り出し千代大龍

千代大龍(右)を送り出しで破る石浦(撮影・滝沢徹郎)

☆石浦 左が入ったんで。一発でもっていかれないようにしっかり当たっていきました。


千代丸押し出し大奄美

千代丸(左)の足が先に出て大奄美が押し出しで勝利した。行司差し違いで大奄美が勝利した(撮影・柴田隆二)

☆大奄美 (土俵際の攻防で行司軍配差し違えで勝利)勝てて良かった。ラッキーですね。勝ち越さないといけないので頑張ります。

★千代丸 (最後の勝負は)微妙な感じだったと思う。ここまで3勝2敗で白星先行してるんで、体は動けていると思う。


明瀬山突き落とし魁聖

明瀬山(下)を突き落としで破る魁聖(撮影・滝沢徹郎)

☆魁聖 先場所はもろ差しになられて負けている。今場所はもろ差しにならないようにという立ち合いだった。最後は突き落とせて良かった。


琴恵光押し出し隠岐の海

隠岐の海(左)を押し出しで破る琴恵光(撮影・滝沢徹郎)

☆琴恵光 まわしを取られず、自分から攻めることができてよかったです。


玉鷲押し出し千代翔馬

千代翔馬(右)を攻める玉鷲(撮影・滝沢徹郎)


志摩ノ海引き落とし琴ノ若

志摩ノ海(左)を攻める琴ノ若(撮影・滝沢徹郎)

☆琴ノ若 下からあてがわれても落ち着いて取れた。苦しい体勢になっても慌てずに対応できるというか、そういうのもできるようになってきた。


照強押し出し遠藤

照強(手前)を押し出しで破る遠藤(撮影・滝沢徹郎)


剣翔引き落とし

輝(左)は剣翔を引き落としで破る(撮影・柴田隆二)

☆輝 しっかりと落ち着いて冷静に相撲が取れた。内容自体はそれほど悪くはないと思う。この調子で明日からも頑張るだけです。(兄弟子の勝武士さんが亡くなって1年)もう1年たってしまったのかという気持ちと、それだけに今日は負けたくない気持ちだった。(勝武士さんは)兄のような存在でした。

★剣翔 立ち合いは悪くなかったが、足が流れてしまった。あとは気持ちの問題ですね。切り替えていきたい。


英乃海引き落とし宝富士

宝富士(右)を引き落としで破る英乃海(撮影・滝沢徹郎)

☆英乃海 けんか四つなんで立ち合い迷った。体は動いていると思います。


栃ノ心引き落とし阿武咲

阿武咲(上)は栃ノ心を引き落としで破る(撮影・柴田隆二)


豊昇龍寄り切り逸ノ城

逸ノ城(奥)を寄り切りで破った豊昇龍(撮影・滝沢徹郎)

☆豊昇龍 怖がらずに真っすぐ当たることが出来て良かった。(明日の照ノ富士戦は)楽しみ。勝ち負けはどうでもいいので、胸を借りて勉強と思ってぶつかりたい。


妙義龍小手投げ北勝富士

妙義龍(左)は北勝富士を小手投げで破る(撮影・柴田隆二)

妙義龍との取り組みで流血した北勝富士(撮影・滝沢徹郎)

☆妙義龍 今日はなんやかんやで勝ったので自分らしさは出ていない。明日は大関戦を組んでもらったので、切り替えて、集中して頑張ります。


御嶽海押し出し隆の勝

隆の勝(奥)を押し出しで破る御嶽海(撮影・滝沢徹郎)


高安押し倒し大栄翔

高安(右)は大栄翔を押し倒しで破る(撮影・柴田隆二)

☆高安 今日は前向きな相撲を取ろうと思った。昨日はふがいない相撲を取ったけど、明日につなげたい。(今場所は)家族に癒やされながらメリハリつけて臨めている。明日からも励みに頑張りたい。


若隆景寄り切り照ノ富士

若隆景(手前)を攻める照ノ富士(撮影・滝沢徹郎)

☆照ノ富士 土俵に上がってから迷いが出てしまったので、相撲もじっくり見ていこうと思っていました。(若隆景は)何でもしてくる相手ですから、いろいろ考えちゃった。


正代寄り倒し明生

明生(右)を寄り倒しで破った正代は勢い余って転ぶ(撮影・滝沢徹郎)


霧馬山はたき込み貴景勝

霧馬山(左)を攻める貴景勝(撮影・滝沢徹郎)

☆貴景勝 (2日連続の4大関安泰)自分が集中しきることがそういうことにつながる。とにかく一番一番に集中して明日もやっていく。場所中は夢中でやるしかない。とにかく明日の相撲に集中してやるだけです。


朝乃山上手投げ翔猿

朝乃山(奥)は翔猿を上手投げで破る(撮影・柴田隆二)

朝乃山(左)は上手投げで翔猿を破る(撮影・小沢裕)

翔猿(下)は朝乃山に上手投げで敗れる(撮影・滝沢徹郎)

翔猿(右)は朝乃山に上手投げで敗れる(撮影・滝沢徹郎)

5日目の幕内土俵入り(撮影・柴田隆二)

十両

白鷹山足取り宇良

宇良(右)は白鷹山を足取りで破る(撮影・柴田隆二)

宇良(右)は白鷹山を足取りで破る(撮影・柴田隆二)

宇良(右)は白鷹山を足取りで破る(撮影・柴田隆二)

関連するニュースを読む

照ノ富士4連勝 天空海は取り直しで大銀杏ほどける熱戦/4日目写真特集

<大相撲夏場所>◇4日目◇12日◇東京・両国国技館

東前頭筆頭の若隆景が勢いに乗って、初日から3連勝だった高安も撃破した。低い立ち合いで右からおっつけ、最後は両はずで前に出て押し出した。大関連破に続き、大関経験の実力者にも完勝し、2日目から3連勝と今場所の主役候補に躍り出た。

4大関は初日以来のそろっての白星となった。照ノ富士は御嶽海との“全勝対決”。立ち合いで左上手を引いた照ノ富士が、一気に圧力をかけて、相手に何もさせずに寄り切った。 

連敗中だった朝乃山は、北勝富士に攻め込まれながら、差した右からすくって体勢を逆転して寄り切り、星を五分に戻した。かど番の大関正代は、翔猿を寄り切った。貴景勝は明生を立ち合いから圧倒して、ともに3勝1敗とした。

4日目の取組を写真で振り返ります。

幕内

魁聖寄り切り千代大龍

千代大龍(右)を寄り切りで破る魁聖(撮影・鈴木正人)

☆魁聖 お客さんがいるのは全然違う。拍手があるだけでうれしい。土俵入りの時に(観客席に)知り合いがいるのが見えると気合が入る。今日はいませんでしたけど。

明瀬山下手投げ石浦

明瀬山(手前)を下手投げで破る石浦(撮影・河田真司)

天空海肩透かし大奄美

大奄美(左)と天空海の取り組みは同体となり取り直しとなる(撮影・滝沢徹郎) 

天空海(右)を肩透かしで破る大奄美(撮影・滝沢徹郎) 

大奄美に敗れた天空海(撮影・滝沢徹郎) 

取り直しの一番で大奄美に肩すかしで敗れ、大銀杏が崩れた状態で引き揚げる天空海(撮影・河田真司)

琴恵光突き落とし千代丸

琴恵光(右)を突き落としで破る千代丸(撮影・鈴木正人)

千代丸(右)に突き落としで敗れる琴恵光(撮影・河田真司)

☆千代丸 立ち合いから攻めきれなかったが、右がいいところに入った。お客さん入った方が気合入ります。調子いい感じです。

隠岐の海上手投げ千代翔馬

隠岐の海(右)を上手投げで破る千代翔馬(撮影・滝沢徹郎) 

☆千代翔馬 立ち合いは一番ダメ。当たれなかった。

玉鷲押し出し琴ノ若

玉鷲(右)を押し出しで破る琴ノ若(撮影・滝沢徹郎) 

☆琴ノ若 昨日1つ勝ったが内容はよくなかった。お客さんが入ってくれて、そこを自分の流れになればと思います。

照強突き落とし

照強(下)を突き落としで破る輝(撮影・鈴木正人)

☆輝 しっかり我慢できて、いい流れになったと思う。体がちゃんと動いてくれた。

剣翔突き落とし志摩ノ海

剣翔(右)を突き落としで破る志摩ノ海(撮影・鈴木正人)

☆志摩ノ海 張り差しにいって(相手の)右が入ったんで、反応で突き落としにいったと思う。体は反応できている。もっと前に出る相撲がとれれば。

遠藤寄り切り宝富士

遠藤(手前)に寄り切りで敗れる宝富士(撮影・滝沢徹郎) 

英乃海寄り切り栃ノ心

栃ノ心(右)を寄り切りで破る英乃海(撮影・河田真司)

逸ノ城はたき込み阿武咲

阿武咲(左)をはたき込みで破る逸ノ城(撮影・鈴木正人)

霧馬山上手出し投げ豊昇龍

豊昇龍(左)を上手出し投げで破る霧馬山(撮影・河田真司)

千代の国不戦大栄翔

千代の国が欠場のため大栄翔の不戦勝となる(撮影・滝沢徹郎) 

高安押し出し若隆景

高安(左)を押し出しで破る若隆景(撮影・滝沢徹郎) 

☆若隆景 下から前に出られたのが良かった。下から差されないように攻められた。

妙義龍寄り切り隆の勝

妙義龍(左)を寄り切りで破る隆の勝(撮影・滝沢徹郎) 

☆隆の勝 落ち着いて相手を見ながら前に出られたので良かった。とにかく右を差されないように意識して相撲を取れたのかなと思う。

正代押し出し翔猿

翔猿(手前)を押し出しで破る正代(撮影・滝沢徹郎) 

明生押し倒し貴景勝

明生(手前)を押し倒しで破る貴景勝(撮影・滝沢徹郎) 

☆貴景勝 (この日から観客が入る)お客さんがいる方が盛り上がる。どっちにしろ力を出すことを最初にやっていかないといけない。拍手いただけるのはありがたいこと。プラスにして明日もやっていきたい。

朝乃山寄り切り北勝富士

北勝富士(手前)の攻めを土俵際で耐える朝乃山(撮影・滝沢徹郎) 

北勝富士(右)を寄り切りで破る朝乃山(撮影・河田真司)

御嶽海寄り切り照ノ富士

御嶽海(左)を攻める照ノ富士(撮影・河田真司)

御嶽海(左)を寄り切りで破る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

御嶽海(左)を寄り切りで破る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

御嶽海を寄り切りで破り、懸賞金の束を手に土俵から引き揚げる照ノ富士(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

大関連破の若隆景、好調高安も撃破 4大関はそろって白星 夏場所

高安(左)を押し出しで破る若隆景(撮影・滝沢徹郎) 

<大相撲夏場所>◇4日日◇12日◇東京・両国国技館

東前頭筆頭の若隆景が勢いに乗って、初日から3連勝だった高安も撃破した。低い立ち合いで右からおっつけ、最後は両はずで前に出て押し出した。大関連破に続き、大関経験の実力者にも完勝し、2日目から3連勝と今場所の主役候補に躍り出た。

4大関は初日以来のそろっての白星となった。照ノ富士は御嶽海との“全勝対決”。立ち合いで左上手を引いた照ノ富士が、一気に圧力をかけて、相手に何もさせずに寄り切った。

連敗中だった朝乃山は、北勝富士に攻め込まれながら、差した右からすくって体勢を逆転して寄り切り、星を五分に戻した。かど番の大関正代は、翔猿を寄り切った。貴景勝は明生を立ち合いから圧倒して、ともに3勝1敗とした。

高安(右)を押し出しで破る若隆景(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

若隆景流血も朝乃山に勝利 宇良肩すかしで3連勝/3日目写真特集

<大相撲夏場所>◇3日目◇11日◇東京・両国国技館

東前頭筆頭の若隆景が大関に連勝した。朝乃山と対戦。立ち合い変化を見せて大関得意の右四つを許しながら、土俵際で粘って、左上手を引きつけて寄り切った。若隆景は鼻の付近から出血する激闘だった。朝乃山は連敗となった。大関陣では照ノ富士がただ1人、3連勝とした。

三役以上では高安と御嶽海が力強い相撲で初日から3連勝を飾った。

3日目の取組を写真で振り返ります。

十両

宇良(3勝0敗)肩すかし千代ノ皇(1勝2敗)

千代ノ皇(左)を肩すかしで破る宇良(撮影・鈴木正人)

宇良(左)は肩すかしで千代ノ皇を破る(撮影・小沢裕)

千代ノ皇(左)を肩すかしで破り、ひっくり返る宇良(撮影・河田真司)


炎鵬(0勝3敗)押し出し徳勝龍(3勝0敗)

徳勝龍(右)に足で攻める炎鵬(撮影・鈴木正人)

徳勝龍(右)に足で攻める炎鵬(撮影・鈴木正人)

徳勝龍(手前)に押し出しで敗れる炎鵬(撮影・鈴木正人)

幕内

石浦(1勝2敗)押し出し天空海(1勝2敗)

石浦(左)を押し出しで破る天空海(撮影・河田真司)


魁聖(1勝2敗)送り倒し千代丸(2勝1敗)

★魁聖 立ち合い、まわしが取れなかった。足が滑ってダメでした。

魁聖(右)を送り倒しで破る千代丸(撮影・河田真司)


明瀬山(1勝2敗)寄り切り千代大龍(3勝0敗)

千代大龍(左)は寄り切りで明瀬山を破る(撮影・小沢裕)

明瀬山(下)を寄り切りで破った千代大龍(撮影・鈴木正人)


大奄美(1勝2敗)寄り切り隠岐の海(1勝2敗)

大奄美(右)を寄り切りで破る隠岐の海(撮影・河田真司)


琴ノ若(1勝2敗)小手投げ千代翔馬(1勝2敗)

☆琴ノ若 内容は悪かったけど、(初日が出て)気持ちの面でも変わってくると思う。バタバタせず、冷静に対応できた。いい内容で勝ちたい。

千代翔馬(右)を小手投げで破る琴ノ若(撮影・鈴木正人)


琴恵光(2勝1敗)はたき込み照強(1勝2敗)

琴恵光は照強(手前)をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)


志摩ノ海(1勝2敗)突き落とし輝(0勝3敗)

☆志摩ノ海 起こされたけどしっかり我慢して、土俵際で踏ん張れた。思い切りやっていたが硬さもあった。気負わないでやろうと思った結果。

志摩ノ海(右)は輝を突き落としで破る(撮影・小沢裕)


玉鷲(3勝0敗)小手投げ遠藤(2勝1敗)

遠藤(左)を小手投げで破る玉鷲(撮影・河田真司)


栃ノ心(1勝2敗)押し出し宝富士(2勝1敗)

☆宝富士 (この日まで無観客開催)静かだと集中できている気がする。明日からお客さんも入るので集中していきたい。自分らしい相撲を取れるように精いっぱい取りたい。

栃ノ心(奥)を押し出しで破る宝富士(撮影・河田真司)


剣翔(1勝2敗)寄り切り逸ノ城(2勝1敗)

☆剣翔 待ったがあってびっくりしたが、もろ手でいくのは決めていたので、うまくいってよかった。

逸ノ城(右)を寄り切りで破る剣翔(撮影・河田真司)


豊昇龍(1勝2敗)寄り切り阿武咲(3勝0敗)

豊昇龍(左)を寄り切りで破る阿武咲(撮影・鈴木正人)


英乃海(2勝1敗)寄り倒し妙義龍(0勝3敗)

☆英乃海 妙義龍関が早く前みつを取ってきたのでチャンスと思ってまわしを取った。(4日目から有観客開催となることいについて)僕は無観客よりお客さんが入った方が力が出る。

妙義龍(左)を寄り倒しで破る英乃海(撮影・鈴木正人)


御嶽海(3勝0敗)押し出し千代の国(0勝3敗)

☆御嶽海 前に出ることだけを意識したので、うまく中に入れたなと思います。(3連勝は)気持ちいいですね。この気持ちいいまま残りもいきたいですね。

千代の国(右)を押し出しで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)


霧馬山(0勝3敗)押し倒し隆の勝(2勝1敗)

霧馬山(右)を押し倒しで破る隆の勝(撮影・河田真司)


高安(3勝0敗)押し倒し明生(1勝2敗)

明生(手前)を押し倒しで破る高安(撮影・鈴木正人)


北勝富士(0勝3敗)押し出し貴景勝(2勝1敗)

貴景勝(手前)に押し出しで敗れる北勝富士(撮影・河田真司)


朝乃山(1勝2敗)寄り倒し若隆景(2勝1敗)

1分相撲の末

朝乃山(左)を寄り倒しで破る若隆景(撮影・河田真司)

若隆景(左)は寄り倒しで朝乃山を破る。右奥は正代(撮影・小沢裕)

朝乃山を寄り倒しで破り、鼻から流血させる若隆景(撮影・河田真司)

流血した顔で懸賞金を手にする若隆景(撮影・小沢裕)


翔猿(1勝2敗)上手投げ照ノ富士(3勝0敗)

翔猿(右)を上手投げで破る照ノ富士(撮影・河田真司)


正代(2勝1敗)突き落とし大栄翔(1勝2敗)

物言いがつくも協議の末軍配どおり

土俵際で堪える大栄翔(手前)と正代(撮影・河田真司)

大栄翔との結びの一番で物言いがつき、協議結果を待つ正代(後方右)(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

貴景勝2勝目、4日目以降有観客開催に「いい相撲を見せれば」

北勝富士(左)を攻める貴景勝(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇3日目◇11日◇東京・両国国技館

大関貴景勝(24=常盤山)は連敗を許さなかった。2連敗中の西前頭筆頭北勝富士(28=八角)を押し出して2勝目。立ち合いで相手を突き起こし、一気に押し込んだ。

白星を挙げた初日の若隆景戦と同様、回転の速い突っ張りが光った。「いろいろな突き押しのやり方がある。そういうものがプラスになるように、稽古したものが出ればなと思っています」と話した。

無観客開催の3日間が終わり、4日目以降は上限5000人で観客が入る。24歳の看板力士は「明日からお客さんにいい相撲を見せればなと思います。やれることを出し切るしかない。明日の相撲に集中して頑張りたいと思います」と意気込んだ。

北勝富士(左)と攻め合う貴景勝(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

炎鵬の右肘が…“業師対決”は宇良が極め出し/2日目写真特集

<大相撲夏場所>◇2日目◇10日◇東京・両国国技館

初日はそろって白星を飾った4大関が、2日目にして早くも崩れた。 朝乃山は明生押し出され、かど番の大関正代も、若隆景の低い攻めに防戦一方で寄り切られた。 結びで貴景勝も、幕内優勝2回の実力者、小結御嶽海に押し倒された。3大関に土がついた。 大関に復帰した照ノ富士だけが北勝富士を送り出し、初日から2連勝を飾った。 十両で注目の「業師対決」は宇良が炎鵬をきめ出し、初日から2連勝とした。

2日目の取組を写真で振り返ります。

十両

炎鵬(0勝2敗)極め出し宇良(2勝0敗)

宇良(左)はきめ出しで炎鵬を破る(撮影・小沢裕)

宇良(右)に右肘をきめられる炎鵬(撮影・河野匠)

宇良にきめ出しで敗れ腕を押さえ土俵を引き揚げる炎鵬(撮影・鈴木正人)

幕内

石浦(1勝1敗)送り出し千代丸(1勝1敗)

千代丸(右)を送り出しで破る石浦(撮影・鈴木正人)


天空海(0勝2敗)叩き込み千代大龍(2勝0敗)

天空海(手前)をはたき込む千代大龍(撮影・河野匠)


魁聖(1勝1敗)送り出し大奄美(1勝1敗)

☆大奄美 勝ててよかったッス。胸を合わせたらおしまいと思っていたんで。まずは勝ち越しが目標です。

魁聖(左)を送り出しで破る大奄美(撮影・鈴木正人)


琴恵光(1勝1敗)寄り切り明瀬山(1勝1敗)

☆明瀬山 (0勝2敗の琴恵光を寄り切り)変な突き落としとかあるが、我慢できたのがよかった。攻められたけど、残って1番とれたことはよかった。

琴恵光(左)を寄り切る明瀬山(撮影・河野匠)


琴ノ若(0勝2敗)上手投げ隠岐の海(2勝0敗)

琴ノ若(右)を上手投げで破る隠岐の海(撮影・河野匠)


千代翔馬(1勝1敗)押し出し照強(1勝1敗)

照強(左)を押し出しで破る千代翔馬(撮影・鈴木正人)


志摩ノ海(0勝2敗)押し出し玉鷲(2勝0敗)

志摩ノ海(右)を押し出しで破る玉鷲(撮影・鈴木正人)


輝(0勝2敗)叩き込み遠藤(2勝0敗)

輝(左)をはたき込みで破る遠藤(撮影・鈴木正人)

輝(左)をはたき込みで破る遠藤(撮影・鈴木正人)


栃ノ心(1勝1敗)寄り切り剣翔(0勝2敗)

剣翔(手前)を寄り切りで破る栃ノ心(撮影・鈴木正人)


宝富士(1勝1敗)下手出し投げ逸ノ城(2勝0敗)

☆逸ノ城 我慢しようと思っていた。我慢できてよかったです。自分の形ではなくて残すことしかできなかったが、最後にうまく決まった。

宝富士(下)を下手出し投げで破った逸ノ城(撮影・河野匠)


豊昇龍(1勝1敗)押し出し英乃海(1勝1敗)

☆英乃海 今日は良かったと思う。勝っても負けても自分の形になれるように取れればなと思います。

豊昇龍(左)を押し出しで破る英乃海(撮影・鈴木正人)


阿武咲(2勝0敗)引き落とし妙義龍(0勝2敗)

妙義龍(手前)を引き落とす阿武咲(撮影・河野匠)


霧馬山(0勝2敗)寄り倒し大栄翔(1勝1敗)

☆大栄翔 (四つに組む展開となり)内容は本当に悪いので、修正していかないとダメ。突き押し相撲なので、しっかり突いていかないといけない。(初土俵から連続700回出場)知らなかった。そう聞くとそんなに長い回数なんだなと思いますし、これからもケガなく取っていきたい。

大栄翔(手前)に寄り倒される霧馬山(撮影・河野匠)


高安(2勝0敗)突き倒し千代の国(0勝2敗)

☆高安 押したり引いたりだったので内容はボチボチ。いい相撲内容を目指して明日からも取り組みたい。内容にこだわれば結果もついてくると思うので。

千代の国(左)を突き倒す高安(撮影・河野匠)

千代の国(左)を突き倒す高安(撮影・河野匠)


翔猿(1勝1敗)押し出し隆の勝(1勝1敗)

隆の勝(右)を押し出しで破る翔猿(撮影・鈴木正人)

隆の勝(手前)を押し出す翔猿(撮影・河野匠)


朝乃山(1勝1敗)押し出し明生(1勝1敗)

★朝乃山 踏み込んでいったんだけど押した時に両脇が空いて、体が伸びきったので投げを食らってしまった。明日から切り替えて、今日みたいな前に出る相撲で土俵際をしっかり決めたい。

明生(左)に押し出される朝乃山(撮影・河野匠)

明生(左)に押し出される朝乃山(撮影・河野匠)

明生に敗れがっくりと引き揚げる朝乃山(撮影・河野匠)


北勝富士(0勝2敗)送り出し照ノ富士(2勝0敗)

北勝富士(手前)を送り出す照ノ富士(撮影・河野匠)


正代(1勝1敗)寄り切り若隆景(1勝1敗)

☆若隆景 (大関正代を先場所に続いて破り)下から攻めようと思っていた。よかったと思う。連合(稽古)でも稽古をつけてもらった。そういう感触は持っていた。

若隆景(右)に寄り切られる正代(撮影・河野匠)


御嶽海(2勝0敗)押し倒し貴景勝(1勝1敗)

★貴景勝 (相撲内容は)あまり覚えていないが、明日から集中してやります。気持ちだと思うんで、(体調面は)どっちにしろやるしかないんで。一生懸命やるだけです。

貴景勝(左)を押し倒しで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)

御嶽海(左)に敗れぼうぜんとする貴景勝(撮影・河野匠)

懸賞金の束を手に土俵を引き揚げる御嶽海(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

初日安泰4大関で2連勝は照ノ富士のみ、早くも1敗の貴景勝「やるしか」

北勝富士(手前)を送り出す照ノ富士(撮影・河野匠)

<大相撲夏場所>◇2日目◇10日◇東京・両国国技館

初日にそろって安泰だった4大関の中で、2連勝したのは返り咲きの照ノ富士だけだった。北勝富士のおっつけに苦戦したが引かず、右を差して送り出した。集中力を高めるかのように、報道陣の取材には応じずに会場を後にした。

4大関で先陣を切った朝乃山は、明生にもろ差しを許して押し出された。照ノ富士の後に上がったかど番正代は、若隆景の得意のおっつけに屈した。おっつけは警戒していたが「動きの中で差せるかなと思っていたけど厳しかった」と想定外の強さだった。結びの一番に臨んだ貴景勝は、御嶽海を土俵際まで追い込むも押し切れなかった。早くも1敗を喫し「どっちにしろやるしかない。気持ちだと思う。一生懸命やるだけ」と自分に言い聞かせるように言った。

貴景勝(左)を押し倒しで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

北勝富士「悔しい」連敗 試練大関3連戦、正代に続き照ノ富士に粘り負け 

北勝富士(手前)を送り出す照ノ富士(撮影・河野匠)

<大相撲夏場所>◇2日目◇10日◇東京・両国国技館

西前頭筆頭の北勝富士(28=八角)が、大関照ノ富士に送り出され、初日から2連敗となった。立ち合い低くぶつかり、下からの低いおっつけですぐにはまわしを与えなかった。その後も、時折いなしながらの下からのおっつけで攻めたが決定打に欠け、粘り負けして右差しを許して送り出された。

足もよく動き、見応えのある一番となり「ガムシャラにやるだけだったので悔しい」と振り返った。初日は大関正代、2日目は大関照ノ富士、3日目には大関貴景勝との一番が組まれるなど、初日から試練の大関3連戦に。「早い段階で白星が欲しいけど大関戦が続くのはこの地位のさだめ。1日一番、しっかりやった結果が勝ち越しにつながってくると思う」と意気込んだ。

北勝富士(右)を送り出しで破る照ノ富士(撮影・鈴木正人)
照ノ富士(右)は北勝富士を送り出しで破る(撮影・小沢裕)
照ノ富士(右)は北勝富士を送り出しで破る(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

八角理事長、連勝照ノ富士を評価「冷静に取れている」

北勝富士(右)を攻める照ノ富士(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇2日目◇10日◇東京・両国国技館

初日は4大関がそろって白星スタート。「盛り上がる場所になりそうな感じがする」と八角理事長(元横綱北勝海)も期待していたが、一転して2日目は大関3人が黒星を喫した。

ただ1人、連勝スタートを切った照ノ富士(29=伊勢ケ浜)について、同理事長は「冷静に取れてますね」と評価した。同じ理事長の愛弟子でもある北勝富士(28=八角)を退けた一番を「(北勝富士は)圧力負けしている。抵抗はできるけど勝ちにつなげられない。押そうとしても圧力をかけられ、脇も甘いから下からおっつけられる。押しても効かない」と分析。それは、そのまま照ノ富士の勝因でもあり「照ノ富士は押し込んでいるから余裕がある。相手の右のかいなを、肘を上げて差されないようにしている」と、技術的にもすきがないことを評価。まだ2日目ではあるが「冷静に取れてますね」と精神面での充実ぶりも察した。

懸賞金の束を手に土俵を引き揚げる照ノ富士(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

照ノ富士が連勝 伊勢ケ浜親方も「慌てないで前に出ていた」と評価

北勝富士(手前)を送り出す照ノ富士(撮影・河野匠)

<大相撲夏場所>◇2日目◇10日◇東京・両国国技館

大関に返り咲いた照ノ富士(29=伊勢ケ浜)が、4大関で唯一の連勝発進を飾った。

三役経験者の西前頭筆頭北勝富士を送り出し。相手のおっつけ、のど輪に攻めあぐねたが、右が入ると照ノ富士の攻め。1回転しながら回り込もうとする北勝富士に反撃の隙を与えなかった。

幕内後半戦の審判長を務めた師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)も「慌てなかった。慌てないで前に出ていた。2連勝できたのはよかったんじゃないか」と評価。朝乃山、正代、貴景勝がそろって敗れる中、危なげない内容で白星をつかみ取った。

取組後はリモート取材に応じなかった。

▽八角理事長(元横綱北勝海) 照ノ富士は押し込んでいるから余裕がある。冷静に相撲を取れている。

北勝富士(右)を送り出しで破る照ノ富士(撮影・鈴木正人)
北勝富士(右)の攻めを耐える照ノ富士(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む