上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

ボクシング最終予選中止決定を日本連盟が受け入れ

日本ボクシング連盟は27日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった東京五輪の世界最終予選について、運営する国際オリンピック委員会(IOC)の特別作業部会の決定を受け入れると発表した。15日に中止が発表された翌16日に、実施を求める嘆願書を作業部会に提出していた。

作業部会は最終予選で決める予定だった男女計53枠について、17年からの国際大会の結果を含めた独自のランキングで選考する方針を示した。嘆願書ではランキングが古く、公平性を欠くことなどを訴えていた。最終予選には、日本勢は男子フェザー級の堤駿斗(東洋大)ら男女5選手が最終予選に出場予定だったが、一同に国際大会の成績が乏しく、ランキング方式での出場権獲得が難しかった。

日本連盟は書面で説明した経緯は以下。

「2月24日に、日連とBTF(特別作業部会)で意見交換を行いました。その結果、日連として、BTFの提案である、COVID19の感染拡大が世界で問題となっている状況を盛り込んだ内容を理解し、受け入れることとしました。また、今後はオリンピックホスト国の国内競技団体として、BTFとの連携を強化し、オリンピックでのボクシング競技の成功に向けて、協力していくことを改めて確認しあいました。日連としては、選手のために最大限の努力を行いました。BTFもまた、アスリートのことを第一に考えての判断だという事実もあります。主催と参加国の立場の違いでもありました。今後も日本のアスリートのために努力をしてまいります」。

関連するニュースを読む

ボクシング世界最終予選中止に日本連盟代替案提出も

堤駿斗(19年3月30日撮影)

6月に予定される東京オリンピック(五輪)のボクシング世界最終予選が新型コロナウイルスの影響で中止の見通しであることを受け、日本ボクシング連盟が15日に代替案の要望書を提出した。同五輪でボクシングの運営を担う特別タスクフォース宛てで、日本選手の五輪出場の可能性を残すために動いた。

タスクフォースは、4月にロンドンで予定されていた欧州予選がコロナ禍のため6月開催に変更するため、世界最終予選の実施が難しくなったとしているという。各大陸予選で出場権を獲得できなかった選手のラストチャンスとなる場を設けず、独自に定めるランキングで出場選手を決める方針を取る。各大陸のランクを元に出場権を割り振るが、その場合は日本で最終予選に出場予定だった男女5人はランク下位のため、選ばれない可能性が高い。

日本連盟は15日に行われたタスクフォースのオンライン会議で異議を唱えたが、各国の同調は少なかった。会議後に、代替案として「欧州予選と世界最終予選の平行開催」を要望した文書をタスクフォースに送ったが、17日にIOCによる承認を得て最終予選の中止が最終決定する見込みという。

日本からは男子がフェザー級の堤駿斗(東洋大)、ライトヘビー級の梅村錬(岩手県体協)、女子はライト級の浜本紗也(日本大)、ウエルター級の鬼頭茉衣(中京大大学院)、ミドル級の津端ありさ(西埼玉中央病院)が最終予選に臨む予定だった。

関連するニュースを読む

ボクシング日本代表に朗報 ヨルダン入国制限せず

マスク姿で成田空港に姿を見せたボクシングの東京五輪アジア・オセアニア予選に出場する男子フェザー級の堤

ボクシングの東京五輪アジア・オセアニア予選(3月3~11日)に出場する日本代表が26日、開催地のヨルダン・アンマンに向かう成田空港で取材に応じた。同国が新型コロナウイルスによる影響で、日本を含めた感染者の多い国の入国制限を行う恐れが出てきたため、当初は28日に出発予定だったが、急きょ航空券などを手配して前倒しした。

朗報が届いたのは空港到着の1時間前ほど。日本連盟が在日ヨルダン大使館に問い合わせていたところ、「現在のところ、入国制限はありません」という返信をもらったという。内田貞信会長は「ひとまず良かった。安心して行けます」と安堵(あんど)の表情を見せた。

予選では上位4~6人が得る枠を目指し、獲得者が代表に内定する。予選は当初は2月に新型ウイルスの発生源である中国・武漢で開催される日程だったが、3月にヨルダンの首都アンマンでの開催に変更になっていた。

男子フェザー級代表の堤駿斗(21=東洋大)は「環境に合わせて練習できれば。ちょっと(出発が)早いなあとは思いますが、いつ行ってもいいような調整はしてきた」と力強かった。

関連するニュースを読む

笑わない稲垣が認めた堤駿斗が新型ウイルス余波歓迎

練習でシャドーボクシングを行う堤

ボクシングの金メダル候補に「笑わない男」の太鼓判!? 東京オリンピック(五輪)出場を目指すボクシングのアジア・オセアニア予選の日本代表が28日、都内で練習を公開。新型コロナウイルスの影響により、来月上旬に中国・武漢で予定されていた予選が、3月にヨルダン・アンマンに変更になったが、フェザー級の堤駿斗(20=東洋大)は「怖いウイルスにかかるリスクを負わなくて良かった。あと1カ月、しっかり作り直せる。強くなる期間ができた」と歓迎した。

この数カ月でも「強く」なってきた自信がある。昨夏から下半身強化、瞬発力アップのために都内のジムに通う回数を増やしたが、12月上旬、「良いスクワットしてるね」と声をかけてきた大男がいた。ラグビーワールドカップ(W杯)日本代表プロップ稲垣啓太(29=パナソニック)。「笑わない男」として流行語にもなった19年の「顔」に褒めてもらった。ボクシング選手と自己紹介すると「応援しているよ」と激励され、「ふくらはぎの筋肉がすごかった。クールで格好良かった」と気持ちが高ぶった。

習志野高では高校6冠。アマチュア界の「怪物」として名をはせたが、東洋大に入学後は減量の失敗など苦しい時期も過ごした。「がむしゃらだった」という高校時代のスタイルから、体格差を技術で補う足を使う「大人の」スタイルに移行時期でもあった。下半身の強化はその新たな武器を手にするための最善策で、「踏み込みの速さがすごいですよね」と敬う稲垣と同系統のメニューで鍛え、復活ののろしをあげた。

昨年末の全日本選手権を制し、アジア・オセアニア予選で6人が東京五輪出場枠をつかむ。日本連盟は枠獲得者を代表に内定するため、3月のアンマンが金メダルに近づく好機になる。

これまで2団体(WBAスーパー、IBF)統一バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)とは5回ほどスパーリング経験を持つ。プロでもうやりたくないと心を折られる選手がいる中、「毎回、毎回、楽しいです。やれるなら週に1回」と力強い。“モンスター”からもその実力を認められる。今月行われたカザフスタンへの遠征でも、練習で世界選手権金メダル通算3個のラサロ・アルバレス(キューバ)と手合わせし、肉体面の成長を感じられたという。

「東京五輪の金メダルは以前は夢でしたが、あと半年でここまでこれている」。夢から現実へ。ラグビー、プロボクシングとトップ選手からのお墨付きを背に、8月、両国国技館で笑顔で頂点に立つ。

関連するニュースを読む

村田諒太「頑張って」ボクシング五輪代表候補へ激励

公開練習で、リングにヒモを張り練習する村田(撮影・狩俣裕三)

12年ロンドンオリンピック(五輪)ボクシング金メダリストの村田諒太が、ボクシング東京五輪代表候補にエールを送った。

24日に閉幕した全日本選手権で五輪出場権を目指すアジア・オセアニア予選(2月、中国)、世界最終予選(5月、フランス)の男子6階級代表が決定。母校・東洋大に所属する57キロ級覇者堤駿斗らに期待を寄せ「五輪は最高の舞台。みんなが出るとの思いで頑張ってほしい。予選で2枠を取れば(開催国4枠含め)6階級全員が出られるから」と期待した。

公開練習で力強いボディーを打ち込む村田(撮影・狩俣裕三)

関連するニュースを読む

東京五輪メダル獲得へ、男女イチ押しボクサーを紹介

3月、ボクシング16年世界ユース王者堤駿斗(右)は井上尚弥とスパーリングに臨んだことも

国際オリンピック委員会(IOC)が22日、スイスのローザンヌで理事会を開催した。20年東京オリンピック(五輪)の実施競技から除外も含めて検討してきたボクシングを存続させる方針を決めた。

   ◇   ◇   ◇

紆余(うよ)曲折と長い時間を要して、ようやくアマチュアボクシングの東京五輪での実施が決定した。

国際協会(AIBA)の会長の素性や、ガバナンス(統治能力)の欠如、リオデジャネイロ五輪での不正審判疑惑など、種々さまざまな問題がクリアになるかが焦点だったが、選手が犠牲になるような最悪の事態は回避された。

では、母国開催の五輪でメダルを狙える有力選手はいるのか。世界における日本の現在の戦力を考え、イチ押し選手を紹介する。

なお100年以上五輪で実施されてきた同競技でメダル獲得した日本人は5人。60年ローマ五輪フライ級銅メダルの田辺清、64年東京五輪のバンタム級金メダルの桜井孝雄、68年メキシコシティー大会同級銅メダルの森岡栄治、12年ロンドン五輪同級銅メダルの清水聡、同五輪ミドル級金メダルの村田諒太となる。

【男子】モンスターが認める逸材がいる。

堤駿斗(19=東洋大)。習志野高2年だった16年に日本人史上初のユース五輪で金メダルを獲得し、一躍東京五輪でのメダル獲得候補として注目された。

昨年はけがなどが重なり、思うような結果は残せなかったが、今年に入り復調傾向にある。今月上旬にロシアで行われた国際大会でも金メダル、さらに大会最優秀選手を獲得した。

その実力は、先週末にスコットランド・グラスゴーで行われた世界戦で2回衝撃のTKO勝ちを収めたWBA世界バンタム級王者井上尚弥も認める。IBFの対抗王者エマヌエル・ロドリゲス戦へ向けたスパーリングで堤と複数回手を合わせ、「緊張感がありましたね。反応が早いので、どちらに集中力があるか、ミスしないのかの勝負でした」と話している。

いわば「アマチュア界のモンスター」候補として、期待が高まる。

【女子】ロンドン五輪から採用された女子にあっては、いまだ五輪出場者はいない。ロンドン時にはお笑いコンビ南海キャンディーズのしずちゃんこと山崎静代の挑戦で話題になったが、五輪の壁は高かったのが現実だった。だが、東京五輪を来年に見据え、関係者が男子よりメダル獲得の好機があると見通すほど、人材はそろっている。

昨年の世界選手権では男子がメダルなしに終わる中、2人の獲得者を輩出した。

1人目は和田まどか(24=福井県職)。極真空手で日本一となり、神奈川・田奈高2年でボクシングに転向。14年も含め、世界選手権2度の銅メダルを手にし、現在は日本の「顔」と言える。転向した理由は08年北京五輪で柔道、レスリングの格闘技で女子選手が躍動する姿を見たから。五輪のためだけに拳を振ってきて、その最高の舞台が母国で待つ。

2人目は並木月海(20=自衛隊)。同じく昨年の世界選手権銅メダリストは、五輪階級のフライ級で表彰台を射とめた新鋭で、競技歴は8年。3歳で始めた空手は、初出場した千葉県の幼年大会決勝の相手がキックボクシング界の神童、那須川天心だった。「思い切り蹴られた記憶が。衝撃ですよね!」と明るく振り返り、以降も親交は厚く、「負けてられない」と燃える。低身長を補う踏み込みの速さと強打は日本人離れし、「海外の選手とやっても通用する」と自信はある。男子の堤が優勝した今月のロシアでの国際大会でも頂点に立っているなど、一発の強さを武器に地位を築きつつある。

リオ五輪までは3階級で、しかも各12人しか出場できない激戦に苦しんだ。東京五輪は5階級に増える計画で、今度こそオリンピアン1号、そしてメダル1号の機運が高まる。【阿部健吾】

関連するニュースを読む

井上尚弥がメダル最有力候補とスパー「反応が早い」

ボクシング16年世界ユース王者堤駿斗(右)とのスパーリングに臨んだ井上

WBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が、トップ級アマボクサーとのピリピリムード十分のスパーリングを消化した。

30日に横浜市の所属ジムで、16年に日本ボクシング史上初めて世界ユースを制した堤駿斗(19=東洋大1年)と4回のスパーリングを消化。20年東京五輪(オリンピック)でボクシングが正式採用された場合、メダル最有力候補と言われる堤に対し、距離を詰めて的確なパンチをヒットさせた。

5月18日に英グラスゴーで控えるIBF世界同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)とのワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)準決勝を控え、井上が調子のギアを1段階上げた。「緊張感がありましたね。反応が早いので、どちらに集中力があるか、ミスしないのかの勝負でした。(堤の)右カウンターもロドリゲスのイメージができます」と収穫を口にした。

2月上旬、3月中旬に続き、3回目となる井上とのスパーリングだった堤からも「尚弥さんの仕上がり、キレが良くなってます。プレッシャーがすごかったです。試合以上の緊張感がありました」と驚かれた。ボクシング発祥の地で迎えるWBSS準決勝に向け、井上は「テクニックの練習にもなりました」と充実の笑みを浮かべていた。【藤中栄二】

世界ユース王者堤駿斗(右)と4回のスパーリングに臨んだ井上

関連するニュースを読む

ボクシング堤駿斗が村田諒太の母校・東洋大に入学

東洋大の入学式に出席したボクシングの堤駿斗(左)と陸上の宮本大輔(撮影・上田悠太)

 ボクシング男子で千葉・習志野高時代に選抜、高校総体、国体をそれぞれ2度ずつ制覇した堤駿斗(18)が6日、東京都内で行われた東洋大の入学式に出席した。

 ロンドンオリンピック金メダリストで、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(32=帝拳)が憧れの存在という。東洋大は村田の母校。入学の理由を「金メダルを取った先輩と、自分も同じ大学、環境で練習してみたかった。いい環境の中で自分がどれだけ強くなれるか、楽しみで東洋大学にしました」と説明した。

 その偉大な先輩のように大きなプランがある。「(2020年の)東京オリンピックで金メダルを取って、ボクシングをもっともっと有名にするのが今の目標」と言う。大舞台まで残り2年半。「全体的に強くなっていかないといけない。体が出来てくれば、自分ができるボクシングの幅も広がる」と話した。

関連するニュースを読む

高校6冠の堤ら東京五輪ボクシング除外問題に困惑

日本ボクシング連盟の年間表彰式に出席した(左から)荒本一成、堤駿斗、中垣龍汰朗、今永虎雅(撮影・加藤裕一)

 日本ボクシング連盟は11日、大阪市内で17年度優秀選手の表彰を行い、2年連続最優秀選手賞に輝いた千葉・習志野高の堤駿斗(3年)らが出席。20年東京五輪でボクシングが実施競技から除外される可能性が浮上した問題について、多くの選手が困惑の表情を浮かべた。

 堤はバンタム級で高校6冠に加え、全日本選手権にも優勝するなど「東京五輪金メダル」を狙う。除外問題はツイッターで知ったといい「衝撃的過ぎて、どう言えばいいか…。(東京五輪は)高校に入った時からの目標ですから」と戸惑いを隠せなかった。

 今春から東洋大に進学する。WBA世界ミドル級王者でロンドン五輪金メダリストの村田諒太の母校という事が決め手の1つだった。この日は表彰選手を代表し「東京五輪で金メダルを取れるように頑張ります」と宣言。競技実施を信じて腕を磨いていく。

 また史上初の高校8冠を成し遂げ、技能賞に選ばれたウエルター級荒本一成(奈良・王寺工3年)とライト級今永虎雅(同3年)や、アジアユース選手権優勝などで敢闘賞となったフライ級中垣龍汰朗(宮崎・日章学園高3年)も「話が大きすぎて、あぜんとした」(中垣)など、堤と同じ反応を見せた。荒本は日大、今永は東洋大、中垣は東農大に進学。東京五輪代表の座を狙っていく。

関連するニュースを読む

堤駿斗が高校6冠!全日本選手権Vで東京五輪金照準

海外の世界ユース、アジアユース2連覇に加え、国内で高校6冠を達成した千葉・習志野高の堤駿斗(撮影・加藤裕一)

<国体ボクシング少年の部>◇9日◇決勝◇愛媛・松前公園体育館

 昨年11月世界ユース金メダリストで、アジアユースも2連覇した堤駿斗(はやと、千葉・習志野高3年)が兵庫・西宮香風高の完山隼輔に判定勝ちし、高校6冠を達成した。

 「今大会を通じて、試合後の体調の良さに収穫があります。今までは減量に苦しんだり、力みすぎて筋肉痛がひどかったのに、今回はそれがない。うまくリラックスしながら、試合ができたと思う」。実は準々決勝で右手首を痛めていたといい、この日も左中心の組み立て。推薦出場する全日本選手権(11月22日から、福井)を見据え、無理のない試合運びを心掛けた。

 「1年のインターハイは決勝で負けて、2年の国体は体調不良で出場できなかった。いいことばかりじゃなかったので、すごく意味のある高校時代を送れました」

 夢は東京五輪金メダルで、東洋大に進学予定。そこに向けてのステップが、11月の全日本選手権となる。尊敬するボクサーは「ボクシングスタイルが大好き。技術もすごいし、パンチもすごい」というWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥。その井上が高校時代に優勝した全日本選手権で「優勝を狙いたい。それができれば、東京五輪も見えてくると思います」と力強い抱負を口にした。

関連するニュースを読む

堤駿斗「力でひねりつぶす戦いしたい」高校6冠王手

昨秋のボクシング世界ユース覇者で高校6冠に王手をかけた千葉・習志野の堤(撮影・加藤裕一)

<国体ボクシング少年の部>◇8日◇準決勝◇愛媛・松前公園体育館

 昨年11月の世界ユース金メダリストで、アジアユースも2連覇したバンタム級の堤駿斗(はやと、千葉・習志野3年)が岡山・関西の松井斗輝を5-0判定で破り、高校6冠に王手をかけた。オーソドックススタイルから、ほぼ左ジャブのみで着実にポイントを重ねた。

 「今日は全部左でいいつもりで、やりました。3ラウンド戦うことに慣れたかったし、相手のパンチを見切って戦いたかった」。初戦の2回戦は1回40秒KO勝ち、準々決勝は1回1分37秒RSC勝ち。早期決着が続いたことを踏まえ、予定通りフルラウンドを戦った勝利に満足そうだ。

 高校8冠に挑む今永虎雅、荒本一成の王子工コンビもすごいが、堤は、世界2階級王者のWBOスーパーフライ級王者井上尚弥もなし得なかった世界ユースのタイトルを手にした“怪物候補生”だ。「最後は倒して終わりたい。力でひねりつぶす戦いがしたいですね」。9日の決勝でのポテンシャル全開を予告した。

関連するニュースを読む

堤駿斗に最優秀選手賞 世界ユースフライ級で優勝

 日本ボクシング連盟は12日、大阪市内で2016年度の表彰式を行い、最優秀選手賞に輝いた堤駿斗(千葉・習志野高)は「感謝の気持ちを忘れず、自分の夢に向かってこれからも精進したい」とあいさつした。堤は昨年11月に行われた世界ユース選手権男子フライ級で優勝した。

 リオデジャネイロ五輪に出場した成松大介(自衛隊)と森坂嵐(東農大)には優秀選手賞が贈られた。

関連するニュースを読む