上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

壬生狼、K1新設のバンタム級日本最強Tへ「王者の風格見せ圧倒的に勝つ」

K-1バンタム級日本最強決定トーナメントの優勝候補とされるKrush同級王者壬生狼一輝(C)K-1

K-1傘下のKrushバンタム級王者壬生狼一輝(19=力道場静岡)が、K-1に新設された同級で日本最強を証明する。

23日に東京・大田区総合体育館で開催されるK-1大田区大会(日刊スポーツ新聞社後援)で8選手による同級日本最強決定トーナメントに出場。決勝まで1日3試合の過酷なトーナメントで、野田蒼(18=月心会チーム侍)との1回戦を控える。静岡・清水区の力道場で調整中の壬生狼は10戦全勝無敗の王者らしく「トーナメントに出る8人は1人1人が主人公。自分は王者の風格を見せて圧倒的に勝ちます」と力強く宣言した。

K-1中村拓己プロデビューサーから優勝候補の本命と期待された。今回のテーマは「圧倒」と掲げた壬生狼は「記者会見でも中村プロデューサーから優勝候補大本命と言っていただいて、僕自身も無敗のKrushチャンピオンとして王者の風格を見せて圧倒的に勝ちたいと思っています」と意気込む。現在はコロナ禍で新規外国人ファイターを日本に招聘(しょうへい)できないものの、将来的に開催の可能性がある世界最強決定トーナメントを見据えている。壬生狼は「日本最強を証明したら、次はK-1バンタム級のベルトを取りたい。いずれ世界トーナメント(初代王座決定トーナメント)を開催してもらい、初代K-1バンタム級王者になります」との青写真を描いた。

プロでは負けなしの壬生狼だが、1回戦で顔を合わせる野田にはアマチュア時代に負けている因縁の相手だ。壬生狼は「プロで10戦無敗ですが、K-1甲子園で野田選手に負けているので、リベンジはしたいです。ただアマとプロは別物だと思っているので、プロの世界では僕の方が上だよ、というのを見せたい」とリベンジも誓った。

昨年8月、出場選手の欠場を受けて大会4日前のオファーを受諾し、Krush-EXでK-1グループに初参戦したばかり。同11月にK-1福岡大会で元Krushバンタム級王者晃貴を下し、今年3月にKrushバンタム級王座を獲得した。短期間でバンタム級の中心選手となり「ホントに展開が早かったですね。『この試合に勝ったら次にこういう試合が組まれるかも』みたいなことは考えてたんですけど、そういう試合をどんどん勝っていって、ここまでテンポよくこれたのかな」と自らの勢いも実感していた。【藤中栄二】

関連するニュースを読む

K1松本日向「バンタム級ナメんなよ」新設階級王者に自信

同門の先輩、小沢(左)の持つミットに強烈な右ミドルキックを放った松本(C)K-1

K-1バンタム級の主役はオレ! 23日のK-1大田区大会(東京・大田区総合体育館・日刊スポーツ新聞社後援)で開催される新設階級バンタム級の日本最強決定トーナメントを控える松本日向(22=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が「軽い階級だから結構ナメられてるんで、バンタム級ナメんなよっていうところを見せたいですね。バンタム級おもしろいな、カッケーじゃんって思わせたい。俺たちがバンタム級を作ったんだよっていうのはしっかり見せたい」と主役の座を狙う。トーナメント1回戦では鵜沢悠也(25=K-1ジム五反田チームキングス)と対戦。同門の先輩で初代K-1フェザー級王座決定トーナメント準優勝の「ダイナマイトキッド」小沢海斗(28)にも太鼓判を押された。

◇  ◇  ◇

大学2年時の18年、K-1カレッジで優勝(55キロ以下)した松本は19年にABEMAで放送された格闘リアリティー番組「格闘代理戦争 4th season」で活躍し、19年に現所属ジムに入門。昨年は練習中の脳内出血で長期休養していたが、今年1月、約10カ月ぶりにリング復帰を果たした。復帰戦で初黒星を喫した壬生狼一輝(19=力道場静岡)も同トーナメントでエントリー。負けた悔しさとリベンジ魂を胸に秘め「ヘコんでるのがもったいない」と3~4日後には練習を再開したという。

1回戦で顔を合わせる鵜沢に対し「自分が全部主導権握るつもりでいます」と集中。その上で同じくトーナメントに出場する橋本実生(21=K-1ジムSAGAMI-ONO KREST)も強く意識している。プロデビューから2戦連続で戦って連勝しているものの、決勝での対戦を願っている。松本は「もう負ける気はしないですけど、勝ったからもういいやとも思わない。俺らが一番、盛り上げられるだろうって思うんで、やっぱりそうなるんじゃないかなって勝手に信じています。信じているから練習も頑張れるし、負けてたまるかってできる」と思い描いた。

3日の公開練習に同席した同門の先輩小沢は「日向の武器はステップなんですよ。止まらないんですよね、本当に。あとは永遠に打ち続けられるスタミナと蹴りがめっちゃ強え」と太鼓判を押しつつ「2位と1位は全然違うと思うんで、ここで必ず取ってつなげてほしいですね。今回は日本トーナメントみたいな感じなんですけど、ここで取ったら海外勢とになると思うんで、ここは必ず取ってほしい」とハッパもかけていた。

同門の先輩となる小沢(右)との公開練習に臨んだ松本(C)K-1
小沢(左)の持つミットに右ストレートを放った松本(C)K-1

関連するニュースを読む