上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

元大善の富士ケ根親方「お母さん元気になる」と角界誘われ 恩人麒麟児悼む

富士ケ根親方(元大善)

元関脇麒麟児の先代北陣親方(本名・垂沢和春)が67歳で死去し、富士ケ根親方(56=元小結大善)が13日、恩人を悼んだ。

幼少時から家族ぐるみで麒麟児を応援していた縁があり、高1の時にスカウトされた。麒麟児は当時27歳。富士ケ根親方は、本名の高橋徳夫にちなんで「徳(とく)」と呼ばれていた。「おふくろはすごく体が弱くて、30代半ばで総入れ歯に近かった。麒麟児さんに『徳が相撲取りになったら、お母さんは喜ぶぞ、元気になるぞ』と言ってくれて…。もちろん、相撲界に興味はあったけど、力士になろうと思わせる言葉でした」。

二所ノ関部屋に入門すると、師匠(元関脇金剛)はもちろん、兄弟子の大徹(現在の湊川親方)が胸を出してくれて、麒麟児が指導をしてくれた。23歳で関取になった。母明代さんは、家から徒歩10分の春場所会場まで毎年応援に駆けつけてくれた。病気と闘いながら、70すぎまで生き抜いた。麒麟児が入門時に言ってくれた通りだった。

「親方(元麒麟児)は、いてくれるだけで周囲が明るくなる、太陽のような人でした」と富士ケ根親方。先代北陣親方は、NHKの大相撲中継やサンデースポーツの解説でファンから親しまれた。富士ケ根親方が大相撲中継で解説を務めた日、放送を終えるといつも先代北陣親方から留守電が入っていたという。

「『徳、聞いたよ~。もうちょっとゆっくりしゃべれよ』などと、言っていただきました。聞いてくれているんだなと思うと、それがうれしくてね。アドバイスをいただいたのですが、親方の域には達しませんでした。でも、声を聞くだけで童心に戻れました」

先代北陣親方の葬儀は家族葬として執り行われた。最期には立ち会えなかったが、富士ケ根親方は恩を忘れない。「(師匠だった)金剛さんは『井戸を掘った人を大事にしろ』と、つまり導いてくれた人を大事にするんだぞとよく言っていました。感謝してもしきれません。協会も苦しい時期ですけど、しっかり自分もまっとうできるようにしっかりしていきたいです」。【佐々木一郎】

麒麟児
断髪式を終えタキシード姿になった元関脇麒麟児の北陣親方=1989年1月29日

関連するニュースを読む

親方衆PCR陰性で復帰へ「何もなくて良かった」

大相撲初場所初日 協会あいさつが執り行われる両国国技館(2021年1月10日撮影)

<大相撲春場所>◇4日目◇17日◇東京・両国国技館

新型コロナウイルスに感染した小野川親方(元前頭北太樹)、音羽山親方(元前頭天鎧鵬)と接触の可能性があるとして初日から休場していた親方衆17人が17日にPCR検査を受け、全員が陰性だった。電話取材に応じた日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)が明らかにした。

山響部屋付きの小野川親方と尾上部屋付きの音羽山親方は11日に陽性が診断され、今場所は2部屋に所属する計28人の力士が全休となっている。この日検査を受けた親方衆は、小野川親方らと同じ社会貢献部に所属していた15人の親方と、場所前に協会公式YouTubeチャンネルに出演した際に感染した親方と接触した可能性がある富士ケ根親方(元小結大善)と武隈親方(元大関豪栄道)の2人で、計17人。社会貢献部所属の15人の親方は経過観察として4日目まで休場し、陰性が確認された場合は5日目から復帰する予定だったが、芝田山広報部長によると一部の親方は「今日から順次、配置に戻っています」と、4日目から復帰するという。

感染した小野川親方と音羽山親方もこの日の検査で陰性で「2人も仕事に順次戻ります」と説明した。協会内での感染拡大を回避し、同広報部長は「用心して様子を見て、何もなくて良かった。一番大事なのはこうやって(日程的な)区切りを付けてやっていくこと」と胸をなで下ろした。

社会貢献部所属の親方衆らが出演している協会公式YouTubeチャンネルについては「再開に向けて調整中」とした。

関連するニュースを読む

ユーチューブの宣伝が…富士ケ根、武隈親方も全休

富士ケ根親方(左)と武隈親方

日本相撲協会は13日、1日に新型コロナウイルス感染が判明した山響部屋付きの小野川親方(元前頭北太樹)と尾上部屋付きの音羽山親方(元前頭天鎧鵬)と濃厚接触者の可能性があるとして、2部屋に所属する計28人の力士が春場所を全休すると発表した。富士ケ根親方(元小結大善)と武隈親方(元大関豪栄道)の大阪出身の両親方も全休。芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、両親方は公式ユーチューブチャンネルで、陽性と診断された親方2人と共演していた。

また、感染した2人の親方は各部屋の稽古場にてまわし姿で力士に胸を出すなどして指導していたという。小野川親方らと同じ社会貢献部に所属していた15人の親方衆は検査で陰性だったものの、経過観察として4日目の17日まで休場する。

関連するニュースを読む

感染禍の相撲協会 春場所休場の協会員を発表/一覧

両国国技館の外観(2020年5月4日撮影)

日本相撲協会は13日、春場所(14日初日、東京・両国国技館)を休場する協会員を発表した。

15日間を全休する協会員は以下の通り。

山響部屋:力士全員(13人)、山響親方(元前頭巌雄)、小野川親方(元前頭北太樹)、床朝(床山)、大将(呼び出し)

尾上部屋:力士全員(15人)、尾上親方(元小結浜ノ嶋)、佐ノ山親方(元前頭里山)、音羽山親方(元前頭天鎧鵬)、床浜(床山)

富士ケ根親方(元小結大善)、武隈親方(元大関豪栄道)

11日に新型コロナウイルス感染が判明した山響部屋付きの小野川親方、尾上部屋付きの音羽山親方に加えて、濃厚接触の可能性があるそれぞれの部屋の協会員が15日間を休場することになった。山響部屋、尾上部屋の協会員の他には、協会の公式ユーチューブチャンネルで小野川親方や音羽山親方と共演した富士ケ根親方、武隈親方も濃厚接触の可能性があるとして休場することが決まった。

また、小野川親方と音羽山親方と同じく協会の社会貢献部に所属する以下の親方衆は、経過観察期間として4日目まで休場する。

竹縄親方(元関脇栃乃洋)、高崎親方(元前頭金開山)、三保ケ関親方(元前頭栃栄)、岩友親方(元前頭木村山)、不知火親方(元小結若荒雄)、阿武松親方(元前頭大道)、熊ケ谷親方(元前頭玉飛鳥)、押尾川親方(元関脇豪風)、秀ノ山親方(元大関琴奨菊)、楯山親方(元前頭誉富士)、荒汐親方(元前頭蒼国来)、清見潟親方(元関脇栃煌山)、春日山親方(元前頭武州山)、北陣親方(元前頭翔天狼)、井筒親方(元関脇豊ノ島)

報道陣の電話取材に応じた芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、濃厚接触の可能性がある上記の親方衆は13日にPCR検査を受け、全員が陰性だった。

関連するニュースを読む

大阪も稀勢フィーバーや!春場所2時間16分で完売

前売り券が完売し、購入できなかったファンにクリアファイルを配る富士ケ根親方(左)と、頭を下げる高崎親方(右)

 大阪も稀勢フィーバーや!! 大相撲春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)の前売り券が即日完売した。5日に販売開始され、2時間16分後には約7400人収容のうち、各日の当日券約200枚を残して15日間の入場券が売り切れた。

 若貴フィーバーをほうふつさせる異例の事態だった。会場の先発事務所前には午前8時に徹夜組を含む約100人が行列。9時から300枚以上の整理券が配られた。10時からネットなどで販売が始まると、空席数があっという間に減った。事務所での販売は12時からだったが、16分後には残席ゼロに。整理券をもらいながら購入できなかったファンには特製クリアファイルが配られ、担当親方衆が「申し訳ありません」と平謝りした。

 春場所担当13年目の富士ケ根親方(元小結大善)は「今年が一番すごい」と仰天した。昨年は発売2日目で土日5日分が売り切れたが「比にならない」と、慌ただしく対応に追われた。新たに担当部長に就任した伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は「短時間で売り切れて、感謝の思いだけです。稀勢の里の横綱昇進もあったし、みんないい相撲を取り続けていることが、つながっているのでは」と分析。待望の日本出身横綱を迎える「浪速の春」は、早くも熱く盛り上がっている。【木村有三】

関連するニュースを読む

前二所ノ関親方の告別式 故郷のお墓に

 12日に死去した先代二所ノ関親方(元関脇金剛)の北村正裕氏(享年65)の告別式が20日、東京・町屋の斎場で営まれた。日本相撲協会の八角事業部長(元横綱北勝海)や富士ケ根親方(元小結大善)らが参列し、鳩山由紀夫元総理らからの弔電が読まれた。

 戒名は裕岳剛道居士。故郷の北海道深川市の墓に入ることも決まった。

関連するニュースを読む

「ほら吹き金剛」元二所ノ関親方が死去

死去した元二所ノ関親方の北村正裕氏(共同)

 大相撲の元関脇金剛で、日本相撲協会理事を務めた元二所ノ関親方の北村正裕(きたむら・まさひろ)氏が死去したことが14日、日本相撲協会関係者の話で分かった。65歳。北海道深川市出身。

 2年前に脳疾患で倒れ、闘病中だった。現役時代は軽妙な話術から「ほら吹き金剛」の異名で親しまれた。1975年名古屋場所で13勝を挙げ平幕優勝。76年9月に27歳で引退して二所ノ関部屋を継承し、小結大善(現富士ケ根親方)らを育てた。

 日本相撲協会では2008年から理事になり、11年の八百長問題の際には要職の広報部長として事態の対応にあたった。

 12年11月の九州場所前に発病して入院生活に入った。二所ノ関部屋を閉じ、昨年1月には松ケ根部屋へ転属。定年前の同6月に協会を退職した。

関連するニュースを読む

二所ノ関部屋が閉鎖 所属3力士は引退

 日本相撲協会は28日、二所ノ関部屋が同日付で閉鎖され、二所ノ関親方(元関脇金剛)や部屋付きの北陣親方(元関脇麒麟児)湊川親方(元小結大徹)と行司、床山の計5人が同じ二所ノ関一門の松ケ根部屋に転属すると発表した。

 富士ケ根親方(元小結大善)は出羽海一門の春日野部屋に移り、所属していた3力士は、同日付で引退届を提出した。

 二所ノ関部屋は横綱大鵬らを輩出した名門だったが、二所ノ関親方が昨秋から頭部の疾患により長期入院中で、部屋の運営が困難になっていた。

関連するニュースを読む

富士ケ根親方は貴乃花部屋転属

 二所ノ関部屋の北陣親方(59=元関脇麒麟児)と湊川親方(56=元小結大徹)が10日、部屋の閉鎖にともなって転属する千葉・船橋市の松ケ根部屋へ、行司の式守慎之助(39)、床山の床平(54)とともにあいさつに出向いた。北陣親方によると、3人の力士は初場所限りで引退の予定。富士ケ根親方(48=元小結大善)は貴乃花部屋へ転属する見通しとなった。

 頭部の疾患で入院中の二所ノ関親方(64=元関脇金剛)について、北陣親方は「症状は芳しくない。今回の件を理解しているかどうか、分からない」と説明。一方、富士ケ根親方は出張先の大阪で今後について「話せるときがくれば話します」とした。部屋の閉鎖に伴い、二所ノ関一門の新名称は、初場所9日目の一門会で検討する。場所後に、転属が正式決定するため、松ケ根親方(55=元大関若嶋津)は「その時まで、コメントは控えたい」と話した。

関連するニュースを読む

二所ノ関部屋消滅 横綱大鵬を生んだ名門

59年9月、二所ノ関部屋前で犬を抱く大鵬

 大相撲史上最多の優勝32回を誇る横綱大鵬ら数々の強豪力士を生んだ二所ノ関部屋が初場所(13日初日、両国国技館)を最後に閉鎖されることが9日、日本相撲協会関係者の話で分かった。師匠の二所ノ関親方(64=元関脇金剛)が昨秋から頭部の疾患により長期入院中。部屋の運営が困難になり、今年11月18日の定年を待たずに看板を下ろすことになった。

 二所ノ関親方や、北陣親方(元関脇麒麟児)ら部屋付き親方3人は初場所後に二所ノ関一門の松ケ根部屋などへ転籍する予定。当初は、部屋付き親方の中から後継者を探したが、話がまとまらなかった。二所ノ関部屋には行司と床山が1人ずつのほか、三段目以下の力士3人が在籍。力士は部屋の消滅をきっかけに、初場所限りで引退する可能性もある。

 二所ノ関部屋は大鵬のほか、戦前の土俵に君臨した横綱玉錦や、佐賀ノ花と大麒麟の両大関、後にプロレスラーとして大活躍した関脇力道山や幕内天龍らを輩出。「土俵の鬼」と呼ばれた横綱初代若乃花、横綱玉の海、大関琴ケ浜も入門からしばらく在籍した。現在の二所ノ関親方は1976年9月に部屋を継承し、小結大善(現富士ケ根親方)らを育てた。

 師匠の入院、手術にともない、早期復帰が困難になったため、最近は3人の部屋付き親方を中心とした話し合いがもたれ、結論が出た。部屋の土地は借地のため、現在の建物を使用しての部屋再興は、事実上不可能。大鵬らが育った土俵は、初場所限りで役目を終えることになる。

関連するニュースを読む

大鵬生んだ名門 二所ノ関部屋が消滅へ

 大相撲で史上最多の優勝32回を誇る横綱大鵬ら数々の強豪力士を生んだ二所ノ関部屋が初場所(13日初日・両国国技館)を最後に閉鎖されることが9日、日本相撲協会関係者の話で分かった。師匠の二所ノ関親方(64)=元関脇金剛、本名北村正裕、北海道出身=が昨秋から頭部の疾患により長期入院中で、部屋の運営が困難になっていたという。後継者も見つからず、角界屈指の名門部屋が消滅に追い込まれた。

 ことし11月の九州場所を最後に定年退職する二所ノ関親方や、北陣親方(元関脇麒麟児)ら部屋付き親方3人は初場所後に二所ノ関一門の松ケ根部屋などへ転籍する予定。二所ノ関部屋には三段目以下の力士3人、行司と床山が1人ずつ在籍している。

 二所ノ関部屋は大鵬のほか、戦前の土俵に君臨した横綱玉錦や、佐賀ノ花と琴ケ浜、大麒麟の3大関、後にプロレスラーとして大活躍した関脇力道山や幕内天龍らを輩出。「土俵の鬼」と呼ばれた元横綱初代若乃花も入門から約6年間在籍した。

 現在の二所ノ関親方は1976年9月に部屋を継承し、小結大善(現富士ケ根親方)らを育てた。

関連するニュースを読む

富士ケ根親方が左足手術で休場

 大相撲の富士ケ根親方(45=元小結大善)が夏場所初日の9日、「左外反母趾(ぼし)により5月8日の手術後は2カ月間の加療が必要」との診断書を提出して休場した。

 また幕内格行司の木村玉治郎(49=立浪)も「椎間板(ついかんばん)ヘルニアによる腰痛、歩行困難で約1カ月の加療を要す」との診断書を提出して休場した。

関連するニュースを読む

朝青引退騒動で春場所のチケット不振

 元横綱朝青龍関(29=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ)の引退騒動は、春場所の観客動員にも影響を与え始めた。大阪府立体育会館のチケット売り場には「元横綱朝青龍関は引退となり、出場しません」の掲示。初日のチケットは、一部の升席も含めて売れ残った。1月の初場所初日は前売りが完売していた。春場所担当の富士ケ根親方(元小結大善)は「千秋楽が終わって、初めて去年と比較できる」と話していた。

関連するニュースを読む