上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

天空海、立浪部屋が移転控え「治療院の先生に“寂しい”と言われて実感が」

英乃海(左)を掛け投げで破る天空海(撮影・鈴木正人)

<大相撲夏場所>◇千秋楽◇23日◇東京・両国国技館

立浪部屋は場所後、茨城・つくばみらい市から東京都台東区へ移転の予定。

所属する東前頭17枚目の天空海(30)は千秋楽、勝って5勝10敗で終えた。

移転に「10年以上いたんで寂しいですよね」。通っていた治療院の先生に「『寂しい』と言われて実感がわいた。寂しいけど、行ける距離なんでね」。部屋は移っても、今後もつながりを持ち続ける意向だ。

英乃海(左)を掛け投げで破った天空海(撮影・鈴木正人)
英乃海(右)を掛け投げで破った天空海(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

照ノ富士が2場所連続V! 貴景勝との優勝決定戦制す/千秋楽写真特集

<大相撲夏場所>◇千秋楽◇23日◇東京・両国国技館

照ノ富士(29=伊勢ケ浜)が、昭和以降では初めてとなる大関復帰場所での優勝を果たした。優勝に王手をかけた千秋楽の結びで大関貴景勝に敗れ、12勝3敗と並ばれた。しかし。貴景勝との決定戦を制して、2場所連続4度目の優勝を決めた。

師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)によると、場所前の稽古では古傷である膝の状態が上向かず「稽古はちょっと足りてない」と明かしていたが、不安を感じさせない15日間だった。

大関として初めての優勝を果たし、7月の名古屋場所(4日初日、ドルフィンズアリーナ)で綱とりに挑戦する。春場所限りで鶴竜が引退したため、横綱は白鵬ただ1人。その白鵬は、来場所に進退を懸けて臨む意向を示している。注目必至の名古屋で、不屈の男は最高位を射止める。

千秋楽の取組を写真で振り返ります。

八角理事長(手前)から総理大臣杯を受け取る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

伊勢ケ浜審判部長(手前)から優勝旗を受け取る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

幕内

大相撲夏場所千秋楽の幕内土俵入り(撮影・河田真司)

琴ノ若(7勝8敗)下手捻り石浦(7勝8敗)

☆石浦 流れでいいところがとれたので自分の相撲になった。(東前頭16枚目で7勝目)大きいと思うが、それより今日はいい相撲をとろうと。それだけで臨めたのがいい結果につながったと思う。

石浦(左)は下手ひねりで琴ノ若を破る(撮影・小沢裕)

琴ノ若(上)を下手ひねりで破る石浦(撮影・鈴木正人)

琴ノ若(下)を下手ひねりで破る石浦(撮影・鈴木正人)

大奄美(7勝8敗)突き落とし輝(6勝9敗)

★輝 あせりすぎですね。もっとゆっくり体をぶつけながら出たらよかった。全体的に攻めの甘い相撲が多かった。一から自分の相撲を見直して、また来場所に向けて頑張りたいです。

大奄美(手前)は突き落としで輝を破る(撮影・小沢裕)

志摩ノ海(7勝8敗)寄り切り千代翔馬(8勝7敗)

☆千代翔馬 (立ち合い変化で勝ち越し)今日はどうしても勝ちたかった。土俵に上がる前は突っ張っていこうと思ったが、最後の仕切りで決めました。

★志摩ノ海 (相手が立ち合い変化)何でもしてくるタイプだったので、悔いの残らないように当たっていこうと思っていた。

千代翔馬(左)は志摩ノ海を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)

千代丸(8勝7敗)押し出し宝富士(7勝8敗)

☆宝富士 あわてたら相手の思うツボなんで、しっかり相撲をとって勝てたのでよかった。(7勝8敗に)少しでも来場所に向けて番付が落ちないようにと思っていたんで、結果としてよかった。

宝富士(手前)に押し出しで敗れる千代丸(撮影・河田真司)

栃ノ心(5勝10敗)寄り切り魁聖(9勝6敗)

☆魁聖 立ち合いが遅れた分、向こうがまわし取れなかったのがよかった。勝ち越せるかヒヤヒヤしたが、何とか勝ち越せてよかったです。

魁聖(左)は寄り切りで栃ノ心を破る(撮影・小沢裕)

英乃海(5勝10敗)掛け投げ天空海(5勝10敗)

☆天空海 (掛け投げは)前に圧力かけながら、相手が出てきてくれたんでうまく投げられた。(今場所は)下半身がバタバタで内容が悪かった。どう対処するか勉強しないと。

★英乃海 (自己最高位の場所を終えて、スタミナ面は)余力なしでした。ゼロです。途中で足も痛めましたし、いつも以上に疲れた。連敗グセと気持ちの切り替えがうまくできるようになりたい。自分の足りないところも分かったし、そこも稽古して補っていきたい。

英乃海(左)を掛け投げで破る天空海(撮影・鈴木正人)

千代大龍(10勝5敗)はたき込み阿武咲(7勝8敗)

☆千代大龍 (立ち合い変化で17年名古屋場所以来の2桁白星到達)あの内容だと「ふざけんな」と言われるかもしれないけど、1桁と2桁は差がすごい。さっき聞いたら4年ぶり。それに関しては驚いている。本当にうれしい。周りの応援してくれる後援者の皆様にも喜んでいただけると思う。

★阿武咲 (立ち合い)変化は頭に入ってなかったですね。自分が弱かっただけ。また出直します。

阿武咲(左)をはたき込みで破る千代大龍(撮影・河田真司)

霧馬山(6勝9敗)寄り切り剣翔(4勝11敗)

★剣翔 体調が悪い中、15日間取り切れた。腰は慢性のものだが、場所中に脇腹を肉離れ。言い訳になりませんが、今日もひどくならなくてよかったと思う。

剣翔(左)を寄り切りで破る霧馬山(撮影・河田真司)

碧山(4勝3敗8休)下手投げ照強(7勝8敗)

照強(右)は碧山を下手投げで破る(撮影・小沢裕)

幕内取組前半を終え、新型コロナウイルス感染拡大防止を呼びかける懸賞旗スタイルの告知旗が土俵を回る(撮影・河田真司)

豊昇龍(7勝8敗)寄り倒し翔猿(5勝10敗)

★翔猿 苦しかったですね。稽古が足りなかったんだと思います。前に出る力をもっとつけて頑張ります。

豊昇龍(左)は翔猿を寄り倒しで破る(撮影・小沢裕)

明生(8勝7敗)小手投げ隠岐の海(9勝6敗)

明生(左)を小手投げで破る隠岐の海(撮影・河田真司)

玉鷲(7勝8敗)押し出し北勝富士(6勝9敗)

★北勝富士 首に電気が走って力が入らなかった。負け越した(6勝9敗)が、最初の6連敗からここまで星を伸ばせたのは自信になります。

北勝富士(右)を押し出しで破る玉鷲(撮影・河田真司)

若隆景(9勝6敗)引き落とし琴恵光(9勝6敗)

☆若隆景 (技能賞を獲得し)うれしいですね。自分でも力がついていると自信がついた。この番付で勝ち越せたのは手応えにつながった。(来場所に向けて)今日もだけど足が出ずに負ける相撲が何番かあった。足が出る相撲をできるようにしたい。

若隆景(手前)を引き落としで破る琴恵光(撮影・鈴木正人)

妙義龍(6勝9敗)突き出し大栄翔(6勝9敗)

☆大栄翔 最後に自分の相撲がとれたんでよかったと思う。まだまだ弱い部分がたくさんある。稽古が足りないんで、もっと稽古していきたい。

大栄翔(左)は突き落としで妙義龍を破る(撮影・小沢裕)

御嶽海(10勝5敗)押し出し逸ノ城(9勝6敗)

逸ノ城(右)を押し出しで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)

三役そろい踏みする、左から高安、照ノ富士、正代(撮影・河田真司)

三役そろい踏みする、左から貴景勝、隆の勝、遠藤(撮影・河田真司)

高安(10勝5敗)はたき込み隆の勝(5勝10敗)

☆隆の勝 最後に勝てて終われた。いろいろ反省というか勉強になった場所。(原因は)稽古不足。膝をけがして十分な稽古ができなかった。来場所は成績(今場所5勝10敗)が逆になるようにしたい。

高安(右)をはたき込みで破る隆の勝(撮影・河田真司)

正代(9勝6敗)押し出し遠藤(11勝4敗)

正代(右)に押し出しで敗れる遠藤(撮影・鈴木正人)

照ノ富士(12勝3敗)突き落とし貴景勝(12勝3敗)

照ノ富士(左)を突き落としで破る貴景勝(撮影・鈴木正人)

照ノ富士(下)を突き落としで破った貴景勝(撮影・鈴木正人)

優勝決定戦

照ノ富士はたき込み貴景勝

優勝決定戦で貴景勝(手前)をはたき込みで破る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

優勝決定戦で貴景勝(左)をはたき込みで破った照ノ富士(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

豊昇龍が頭から落ちしばらくうつぶせ、剣翔おでこ出血/12日目写真特集

<大相撲夏場所>◇12日目◇20日◇東京・両国国技館

大関照ノ富士が過去1勝4敗だった阿武咲を寄り切り、単独トップを守った。前日11日目にまげつかみの反則で初黒星。引きずることなく、厳しい攻めで苦手を一蹴した。 追う大関貴景勝は1差の2敗を守った。逸ノ城と激しい張り合いもまじえ、最後は押し出した。 かど番の大関正代は関脇隆の勝に攻め込まれたが、土俵際のすくい投げで7勝目。勝ち越しとかど番脱出に王手をかけた。一方、4場所連続関脇の隆の勝は昨年初場所以来の負け越しとなった。 大関朝乃山の休場により、関脇高安は不戦勝で勝ち越しを決めた。 西前頭8枚目の遠藤は琴恵光に寄り切られて3敗目を喫し、1歩後退した。

12日目の取組を写真で振り返ります。

幕内

石浦(5勝7敗)押し出し徳勝龍(8勝4敗)

石浦(後方)を押し出しで破る徳勝龍(撮影・鈴木正人)

石浦(左から2人目)を押し出しで破り、勢い余って土俵から落ちる徳勝龍(撮影・狩俣裕三)


千代大龍(8勝4敗)引き落とし隠岐の海(8勝4敗)

☆千代大龍 7勝2敗から連敗してあと1番が遠かった。不細工な相撲になったけど勝てて良かった。

隠岐の海(手前)を引き落としで破る千代大龍(撮影・鈴木正人)


玉鷲(6勝6敗)押し出し魁聖(6勝6敗)

☆魁聖 立ち合いしっかり当たれて、手も足も前に出られた。よかったと思う。

玉鷲(右)を押し出しで破る魁聖(撮影・鈴木正人)


大奄美(6勝6敗)寄り切り照強(5勝7敗)

照強(右)を激しく攻める大奄美(撮影・鈴木正人)

豪快に塩をまく照強(撮影・鈴木正人)

大量の塩をまく照強(撮影・狩俣裕三)


志摩ノ海(6勝6敗)押し出し天空海(4勝8敗)

★天空海 押したかったけど、引いちゃったッスね。(負け越しが決まり)下げ幅を最小限にして終えられたら。あと3連勝、したいですよね。

天空海(右)を押し出しで破る志摩ノ海(撮影・狩俣裕三)


琴ノ若(7勝5敗)下手出し投げ輝(5勝7敗)

☆琴ノ若 体勢を崩したけど、落ち着いて対応していくことだけを考えていた。体が反応してよかった。

輝(手前)を下手出し投げで破る琴ノ若(撮影・狩俣裕三)


剣翔(4勝8敗)突き落とし千代丸(7勝5敗)

☆千代丸 自分の右四つになれたんで、落ち着いていけた感じです。自分の相撲で勝てているんで、調子はいい方と思う。

剣翔(右)を突き落としで破る千代丸(撮影・鈴木正人)

千代丸に突き落としで敗れ、おでこを出血する剣翔(撮影・狩俣裕三)


琴恵光(7勝5敗)寄り切り遠藤(9勝3敗)

遠藤(右)は琴恵光に寄り切りで敗れる(撮影・小沢裕)


千代翔馬(6勝6敗)押し倒し宝富士(6勝6敗)

☆宝富士 (千代翔馬は)立ち合い、いろいろやってくる相手なんで、どっしりいけば大丈夫かなと。あわてずいけたのでよかったです。

千代翔馬(左)の攻めを耐える宝富士(撮影・鈴木正人)


豊昇龍(5勝7敗)寄り倒し栃ノ心(4勝8敗)

☆栃ノ心 (豊昇龍とは)初めてだったが負けたくない気持ちはあった。若い子に負けたくないんで。おじさん(元横綱朝青龍)とも相撲とってますね。(不思議な感じか聞かれ)そうですね。

栃ノ心は寄り倒しで豊昇龍を破る(撮影・小沢裕)

豊昇龍(左)を寄り倒しで破る栃ノ心(撮影・狩俣裕三)

栃ノ心(右)に寄り倒しで敗れた際に頭から落ち、しばらく土俵にうつぶせになる豊昇龍(撮影・狩俣裕三)


碧山(2勝2敗8休)叩き込み妙義龍(5勝7敗)

妙義龍(下)をはたき込みで破る碧山(撮影・鈴木正人)


霧馬山(3勝9敗)送り出し翔猿(3勝9敗)

☆翔猿 (兄の英乃海に力水をつける)幕内でできることはすごくうれしいことだと思う。

霧馬山(左)を送り出しで破る翔猿(撮影・狩俣裕三)


若隆景(7勝5敗)叩き込み英乃海(5勝7敗)

☆英乃海 (弟の翔猿に力水をつけてもらう)今までもそういうことがあったので、特別なものはない。良かったなくらい。特にないっすね。

若隆景(手前)をはたき込みで破る英乃海(撮影・鈴木正人)


御嶽海(7勝5敗)寄り切り明生(6勝6敗)

激しくぶつかり合う明生(左)と御嶽海(撮影・狩俣裕三)


北勝富士(5勝7敗)叩き込み大栄翔(4勝8敗)

★大栄翔 踏み込みとか悪いので(はたきを)食ってしまう。ダメですね。(残り3日は)自分の相撲を心掛けて、来場所につながるような相撲を取りたい。

北勝富士は大栄翔(左)をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)


正代(7勝5敗)すくい投げ隆の勝(4勝8敗)

隆の勝(手前)をすくい投げで破る正代(撮影・狩俣裕三)


逸ノ城(8勝4敗)押し出し貴景勝(10勝2敗)

☆貴景勝 あまり良くなかったですけど、しっかり準備できたかなと思う。なかなか(毎回)思い通りにいける部分はないので、我慢して明日も一生懸命やっていきたい。(逸ノ城は)大きいし力もあるので、気持ちをしっかりやっていこうとは思っていた。

逸ノ城(左)を攻める貴景勝(撮影・鈴木正人)


朝乃山(7勝5敗)不戦勝高安(8勝4敗)

朝乃山の休場により高安の不戦勝を告げる幕が掲げられる(撮影・小沢裕)


阿武咲(6勝6敗)寄り切り照ノ富士(11勝1敗)

☆照ノ富士 (11日目の初黒星からの切り替え)1日一番で、ずっとやってますから。昨日のことは昨日で、今日は今日でという感じでした。(まげに手がかかって反則負けとなった)昨日は、そういう相撲だった自分が悪い。気持ち切り替えて頑張ろうと思っています。

阿武咲(右)を寄り切りで破る照ノ富士(撮影・狩俣裕三)

十両

千代の海(4勝8敗)押し出し宇良(9勝3敗)

千代の海(後方)を押し出しで破る宇良(撮影・狩俣裕三)

宇良(右)は押し出しで千代の海を破る(撮影・小沢裕)

照ノ富士(左)は阿武咲を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

照ノ富士がまげをつかみ、反則で1敗/11日目写真特集

<大相撲夏場所>◇11日目◇19日◇東京・両国国技館

【1敗】照ノ富士

【2敗】貴景勝、遠藤

大関照ノ富士が、まさかの反則負けで初黒星を喫した。もろ差しを許した妙義龍に土俵際、小手投げにいった際、頭を押さえようとした右手でまげをつかんでしまった。1度は軍配を受けたが物言いがつき、協議の末に「まげつかみ」の反則と判断された。大関貴景勝は関脇高安との激しい相撲を制して2敗を守った。突き放しにきた相手を下からの攻めで最後は後ろ向きにして送り出した。西前頭8枚目の遠藤は千代大龍を押し出して7日目から5連勝。遠藤も2敗を守った。大関朝乃山は関脇隆の勝をすくい投げで勝ち越しに王手。隆の勝は7敗目と後がなくなった。かど番の大関正代は阿武咲を押し出し、6勝目をあげた。

11日目の取組を写真で振り返ります。

幕内

炎鵬(4勝7敗)寄り切り千代丸(6勝5敗)

千代丸(手前)を寄り切りで破る炎鵬(撮影・菅敏)

千代丸(手前)を寄り切りで破る炎鵬(撮影・菅敏)


琴ノ若(6勝5敗)上手出し投げ魁聖(5勝6敗)

☆琴ノ若 しっかり当たって先手先手でいこうと思っていた。流れ的にはよかったと思います。(残り4日間も)余計なことを考えずいい相撲をとれれば。

魁聖(右)を上手出し投げで破る琴ノ若(撮影・菅敏)


玉鷲(6勝5敗)引き落とし隠岐の海(8勝3敗)

玉鷲(左)を引き落としで破る隠岐の海(撮影・菅敏)


千代翔馬(6勝5敗)寄り倒し輝(5勝6敗)

千代翔馬(左)を寄り倒しで破る輝(撮影・菅敏)

千代翔馬(左)を寄り倒しで破る輝(撮影・菅敏)


志摩ノ海(5勝6敗)押し出し石浦(5勝6敗)

☆志摩ノ海 しっかり踏み込めた。前に出ながら相撲とれたんでいいと思います。下がって相撲とるタイプじゃないんで、今日はいい相撲がとれたかなと思う。

★石浦 しっかり(相手の圧力を)止めて相撲を取ろうと思っていたけど、受け止められなかったのは自分の力不足。いなしとか横の動きに強い相手だが、相手に押されて相手のペースで取られてしまった。あと4日、気持ちを切らさずに1日一番大事にやっていきたい。

石浦(右)を押し出しで破る志摩ノ海(撮影・菅敏)


千代大龍(7勝4敗)押し出し遠藤(9勝2敗)

遠藤(左)は押し出しで千代大龍を破る(撮影・小沢裕)


剣翔(4勝7敗)浴びせ倒し天空海(4勝7敗)

☆剣翔 右からでも左からでもすくって前に出ようと思っていた。作戦通りといえば作戦通り。(7敗で踏ん張り)まだ負け越したわけじゃないんで、4連勝できるよう頑張りたい。

天空海(右)を浴びせ倒しで破る剣翔(撮影・菅敏)


大奄美(5勝6敗)すくい投げ宝富士(5勝6敗)

☆宝富士 差し負けないように、我慢して良かったです。(長い相撲となり体力面の不安は)それは大丈夫。しっかり稽古したので。スタミナ面は大丈夫ですけど、調子が上がっていなかったので慎重になった部分はある。

宝富士(手前)はすくい投げで大奄美を破る(撮影・小沢裕)


琴恵光(6勝5敗)押し出し逸ノ城(8勝3敗)

☆逸ノ城 (相手の)動きに反応できた。(12日目は大関貴景勝戦)上位に戻るには残り大事。自分の相撲を取りたい。

逸ノ城(右)は琴恵光を押し出しで破る(撮影・小沢裕)


英乃海(4勝7敗)上手出し投げ照強(5勝6敗)

英乃海(中央)を上手出し投げで破る照強(撮影・菅敏)


霧馬山(3勝8敗)上手出し投げ栃ノ心(3勝8敗)

栃ノ心(右)を上手出し投げで破る霧馬山(撮影・菅敏)


碧山(1勝2敗8休)引き落とし翔猿(2勝9敗)

☆翔猿 (8連敗を抜け出す2勝目)こんな相撲だったけど沼は抜けられました。

翔猿(左)は碧山を引き落としで破る(撮影・小沢裕)


若隆景(7勝4敗)突き出し豊昇龍(5勝6敗)

★豊昇龍 調子は悪くないんですけどね。相手(若隆景)の方が低かった。下から押された。この一番を気にせずに、次の相撲に集中したい。

若隆景(手前)は豊昇龍を突き出しで破る(撮影・小沢裕)


明生(5勝6敗)寄り切り大栄翔(4勝7敗)

大栄翔(右)を土俵際へ攻め込む明生(撮影・小沢裕)


御嶽海(7勝4敗)寄り切り北勝富士(4勝7敗)

御嶽海(左)を寄り切りで破る北勝富士(撮影・菅敏)


高安(7勝4敗)送り出し貴景勝(9勝2敗)

☆貴景勝 (意識したのは)気持ちで負けないこと。(照ノ富士が敗れて1差となったが)とにかく1日一番集中してやるしかないので、また明日の相撲に集中してやりたいと思います。

貴景勝は高安(手前)を送り出しで破る(撮影・小沢裕)

高安との取り組みを前に気合を入れる貴景勝(撮影・菅敏)


朝乃山(7勝4敗)すくい投げ隆の勝(4勝7敗)

隆の勝(右)をすくい投げで破る朝乃山(撮影・菅敏)

隆の勝をすくい投げで破り、懸賞金を受け取る朝乃山(撮影・菅敏)


妙義龍(5勝6敗)反則照ノ富士(10勝1敗)

照ノ富士は妙義龍(右)のまげをつかんだとして反則負けとなる(撮影・小沢裕)

照ノ富士は妙義龍(右)のまげをつかんだとして反則負けとなる(撮影・小沢裕)

照ノ富士は妙義龍(下)のまげをつかんだとして反則負けとなる(撮影・小沢裕)

照ノ富士は妙義龍(下)のまげをつかんだとして反則負けとなる(撮影・小沢裕)


正代(6勝5敗)押し出し阿武咲(6勝5敗)

阿武咲(左)を押し出しで破る正代(撮影・菅敏)

関連するニュースを読む

天空海「自転車でこけた」右足首10針縫うけが告白 昨年11月にも事故

剣翔(右)は天空海を浴びせ倒しで破る(撮影・小沢裕)

<大相撲夏場所>◇11日目◇19日◇東京・両国国技館

東前頭17枚目天空海(あくあ、30=立浪)が前日18日の夜に自転車から転落し、右足首に10針を縫うけがを負っていたことを明かした。

「自転車でこけました」と苦笑い。天空海は昨年11月場所中と今年の春場所中の計2回、つくばみらい市の部屋から国技館に向かう道中で追突事故に巻き込まれており、再びアクシデントに見舞われる形となった。

この日の相撲は、東前頭8枚目剣翔に左四つから浴びせ倒しで敗れた。「踏み込めていたので。全然痛くはないので」と強調。幕尻で4勝7敗と後がない状況なだけに「心の痛みの方がひどい。残りの4番頑張ります」と、笑顔で気持ちを切り替えていた。

天空海(2021年5月12日)

関連するニュースを読む

照ノ富士が無傷10連勝 照強が鮮やか下手ひねりで勝利/10日目写真特集

<大相撲夏場所>◇10日目◇18日◇東京・両国国技館

優勝争い

【0敗】照ノ富士

【2敗】貴景勝、遠藤

大関照ノ富士は霧馬山を寄せ付けず。万全の形で寄り切り、ただ1人勝ちっぱなしの10連勝。西前頭8枚目の遠藤が2敗を守って勝ち越しを決めた。大関貴景勝も阿武咲を押し出して、勝ち越しを決めた。2敗は2人だけとなった。かど番の大関正代は、関脇高安に寄り切られ、5勝5敗の五分となった。

10日目の取組を写真で振り返ります。

幕内

天空海(4勝6敗)押し出し東龍(3勝7敗)

東龍(左)を押し出しで破る天空海(撮影・河田真司)


石浦(5勝5敗)押し出し隠岐の海(7勝3敗)

☆隠岐の海「あまり考えていなかったが前に前に出る気持ちだった。(勝ち越し王手も)一番一番ですね。」

石浦(右)を攻める隠岐の海(撮影・鈴木正人)


千代丸(6勝4敗)下手ひねり照強(4勝6敗)

恒例の

豪快に塩をまく照強(撮影・菅敏)

千代丸(左)を下手ひねりで破る照強(撮影・河田真司)

千代丸(下)を下手ひねりで破る照強(撮影・菅敏)


志摩ノ海(4勝6敗)寄り切り魁聖(5勝5敗)

☆魁聖「強く当たって前に出ようと思って、何とかうまくいきました。膝の調子よくなかったが昨日、久々に治療して調子よくなった。」

志摩ノ海(右)を寄り切りで破る魁聖(撮影・河田真司)


琴恵光(6勝4敗)寄り切り輝(4勝6敗)

輝(右)を寄り切りで破る琴恵光(撮影・菅敏)


剣翔(3勝7敗)小手投げ千代大龍(7勝3敗)

千代大龍(右)を小手投げで破る剣翔(撮影・鈴木正人)

千代大龍(右)を小手投げで破る剣翔(撮影・鈴木正人)


琴ノ若(5勝5敗)押し出し遠藤(8勝2敗)

☆遠藤「よかったです。しっかり見て、落ち着いてすもう取れました。(10日目以内の勝ち越しはいつ以来か?)興味ないです。」

琴ノ若(右)を押し出しで破る遠藤(撮影・鈴木正人)

懸賞金の束を手に土俵を引き揚げる遠藤(撮影・鈴木正人)


栃ノ心(3勝7敗)突き落とし大奄美(5勝5敗)

大奄美(手前)を突き落としで破る栃ノ心(撮影・鈴木正人)


英乃海(4勝6敗)押し出し玉鷲(6勝4敗)

英乃海(右)を押し出しで破る玉鷲(撮影・鈴木正人)


千代翔馬(6勝4敗)送り出し逸ノ城(7勝3敗)

逸ノ城(右)を送り出しで破る千代翔馬(撮影・鈴木正人)

逸ノ城(右)を送り出しで破る千代翔馬(撮影・鈴木正人)


碧山(1勝1敗8休)突き落とし宝富士(4勝6敗)

碧山(左)を突き落としで破る宝富士(撮影・菅敏)

碧山(左)を突き落としで破る宝富士(撮影・菅敏)


妙義龍(4勝6敗)押し出し翔猿(1勝9敗)

翔猿(右)を押し出しで破る妙義龍(撮影・河田真司)

翔猿(右)に押し出しで破る妙義龍(撮影・菅敏)

枡席まで吹っ飛ぶ

妙義龍に押し出しで敗れ、悔しそうな表情を見せる翔猿(撮影・菅敏)


豊昇龍(5勝5敗)送り出し北勝富士(3勝7敗)

北勝富士(右)を送り出しで破る豊昇龍(撮影・河田真司)


若隆景(6勝4敗)寄り倒し大栄翔(4勝6敗)

大栄翔(右)を寄り倒しで破る若隆景(撮影・鈴木正人)


明生(4勝6敗)突き出し隆の勝(4勝6敗)

☆隆の勝「(5連敗を止め)抜け出せると思っていた。苦しかったけど、これからもう1回仕切り直して1日一番頑張りたい。」

物言いがつくも

明生(右)を突き出しで破る隆の勝(撮影・河田真司)


朝乃山(6勝4敗)寄り切り御嶽海(7勝3敗)

御嶽海(右)を寄り切りで破る朝乃山(撮影・河田真司)


霧馬山(2勝8敗)寄り切り照ノ富士(10勝0敗)

☆照ノ富士「(初日から10連勝)良かったと思います。(後続とは2差あるが)まだ5日間あるので何とも思っていない。必死にやっているだけです。」

霧馬山(右)を寄り切りで破る照ノ富士。土俵下左は正代(撮影・河田真司)

霧馬山を寄り切りで破り懸賞金を受け取る照ノ富士(撮影・菅敏)

霧馬山を寄り切りで破り、懸賞金の束を手に土俵から引き揚げる照ノ富士(撮影・河田真司)


正代(5勝5敗)寄り切り高安(7勝3敗)

正代(左)を寄り切りで破る高安(撮影・菅敏)


阿武咲(6勝4敗)押し出し貴景勝(8勝2敗)

☆貴景勝「集中してやれたかなと思う。(前日9日目に2敗目を喫したが)相手も違うので、1日その日の相手に集中してやるだけ。一生懸命やることが、一番最初にやるべきこと。」

阿武咲(左)を押し出しで破る貴景勝(撮影・菅敏)

阿武咲を押し出しで破り、懸賞金の束を手に土俵から引き揚げる貴景勝(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

翔猿勢い余ってマス席付近まで、宇良は久々の懸賞金に…/8日目写真特集

<大相撲夏場所>◇8日目◇16日◇東京・両国国技館

元横綱朝青龍のおい、東前頭5枚目の豊昇龍が大関戦初勝利をあげた。

朝乃山得意の右四つとなったが、引きつけながら右からの内掛けを鮮やかに決めた。朝乃山は4勝4敗の五分となった。

大関照ノ富士が大栄翔を押し出し、ストレートで勝ち越しを決めた。追いかける大関貴景勝は1敗を守った。過去12戦全勝と合口のいい妙義龍を立ち合いで押し込み、タイミングよくはたき込んだ。

かど番の大関正代は3敗目を喫した。小結御嶽海との一番で立ち合い負け。左を差し込むが上体が起き上がり、圧力をかけられて押し出された。御嶽海は2敗を守った。

8日目の取組を写真で振り返ります。

幕内

魁聖(4勝4敗)すくい投げ宇良(7勝1敗)

魁聖(右)をすくい投げで破る宇良(撮影・鈴木正人)

懸賞金を手に土俵を引き揚げる宇良(撮影・鈴木正人)


明瀬山(1勝7敗)不戦天空海(2勝6敗)

明瀬山の休場により不戦勝の勝ち名乗りを受ける天空海(撮影・小沢裕)


琴恵光(5勝3敗)寄り切り大奄美(4勝4敗)

琴恵光(右)は大奄美を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)


千代丸(5勝3敗)寄り切り隠岐の海(6勝2敗)

☆隠岐の海(相撲内容は)「あまり分からないけど、勝ててよかったですね。思い切っていければと思ってやりました。」

千代丸(右)と攻め合う隠岐の海(撮影・鈴木正人)


石浦(4勝4敗)すくい投げ照強(2勝6敗)

照強はすくい投げで石浦(手前)を破る(撮影・小沢裕)

照強はすくい投げで石浦(左)を破る(撮影・小沢裕)


千代大龍(6勝2敗)突き落とし輝(3勝5敗)

千代大龍(右)は輝を突き落としで破る(撮影・小沢裕)


剣翔(2勝6敗)上手出し投げ琴ノ若(4勝4敗)

☆琴ノ若「しっかり自分の流れで相撲をとることだけ考えていけた。反応もしっかりできたし、先に動けたのでよかった」

琴ノ若は剣翔(右)を上手出し投げで破る(撮影・小沢裕)


栃ノ心(2勝6敗)押し出し千代翔馬(5勝3敗)

☆千代翔馬「胸を合わせたら相手が上なんで、相手に合わせず前みつをとって頭をつけていこうと。(最後の)投げは流れです」

栃ノ心(左)を上手投げで破る千代翔馬(撮影・鈴木正人)


玉鷲(5勝3敗)押し出し宝富士(3勝5敗)

☆宝富士(連敗を4で止め)「気持ちも落ちていろいろ考えたりもしたが、自分の相撲をとるといけたのがよかった。やはり気持ちの部分じゃないですかね」

玉鷲(右)の攻めを耐える宝富士(撮影・鈴木正人)


英乃海(4勝4敗)上手出し投げ遠藤(6勝2敗)

英乃海(左)を上手出し投げで破る遠藤(撮影・鈴木正人)


志摩ノ海(4勝4敗)押し出し逸ノ城(6勝2敗)

志摩ノ海(左)と攻め合う逸ノ城(撮影・鈴木正人)


明生(3勝5敗)突き落とし阿武咲(6勝2敗)

☆阿武咲「自分の立ち合いができた。(相手の明生は)小学校のころからやっている相手。普段からも高めあっている相手。終始冷静にいけたので、この冷静さを保ちつつ明日からもいけたら。」

明生(手前)を突き落としで破る阿武咲(撮影・鈴木正人)


翔猿(1勝7敗)押し出し北勝富士(2勝6敗)

翔猿(左)を押し出しで破る北勝富士(撮影・鈴木正人)

翔猿(手前)を押し出しで破る北勝富士(撮影・鈴木正人)

北勝富士に押し出しで敗れた翔猿は勢い余ってマス席付近まで達し観客を喜ばせる(撮影・小沢裕)


高安(6勝2敗)送り倒し霧馬山(2勝6敗)

☆高安「左まわしを取られたけどじっくり攻めようかなと。少し受け身になったけど残す自信はあった。(明日の照ノ富士戦に向けて)自分の相撲を心がけて気を引き締めていきたい。」

霧馬山(右下)を攻める高安(撮影・鈴木正人)


若隆景(5勝3敗)押し出し隆の勝(3勝5敗)

若隆景(右)は隆の勝を押し出しで破る(撮影・小沢裕)


正代(5勝3敗)押し出し御嶽海(6勝2敗)

☆御嶽海「しっかり自分の相撲を取れた。気持ちが乗っているので、それがいいんじゃないか。押し相撲は気持ちだと思うので、その辺がいい流れではまっている。」

★正代「差して前傾姿勢で攻めたかったけどのけ反ってしまった。投げを打ちに行ってそこを寄られた。もう少し立ち合いを徹底したい。」

正代(右)を押し出しで破った御嶽海(撮影・鈴木正人)

懸賞金の束を手に土俵を引き揚げる御嶽海(撮影・鈴木正人)


妙義龍(2勝6敗)はたき込み貴景勝(7勝1敗)

☆貴景勝「自分の相撲に集中することだけやりました。(後半戦に向けて)明日の相撲に集中して、どれだけ(白星を)積み重ねられるかだと思っている」

妙義龍(右)を攻める貴景勝(撮影・鈴木正人)


朝乃山(4勝4敗)内掛け豊昇龍(3勝5敗)

☆豊昇龍(内掛けは)「狙っていなかった。集中していたのは立ち合い。立ち合い起こせば、何とかなると思っていた。昨日(貴景勝戦)までずっと勝ちたい、勝ちたいと思っていたので、自分の相撲を取り切れていないと思っていた。楽しみたいと思ってやりました」

朝乃山(右)を攻める豊昇龍(撮影・鈴木正人)

朝乃山(右)を内掛けで破る豊昇龍(撮影・鈴木正人)

朝乃山(左)は豊昇龍に内がけで敗れる(撮影・小沢裕)


大栄翔(3勝5敗)押し出し照ノ富士(8勝0敗)

☆照ノ富士「足がよく動いてくれた。(勝ち越しは)別に意識していないので。(前回中日での勝ち越しを決めた15年秋場所と比較して感じることはあるか)いや、分からないです。一生懸命やるだけなので」

大栄翔(右)を攻める照ノ富士(撮影・鈴木正人)

照ノ富士は大栄翔(右)を押し出しで破り8日目で勝ち越しを決める。左は難を逃れた行司の式守伊之助(撮影・小沢裕)

照ノ富士は大栄翔(右)を押し出しで破り8日目で勝ち越しを決める。左は難を逃れた行司の式守伊之助(撮影・小沢裕)

大栄翔(左)を押し出しで破る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

大栄翔(手前)を押し出しで破った照ノ富士(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

剣翔顔面から落ち流血 翔猿押し出しで吹っ飛ぶ/7日目写真特集

<大相撲夏場所>◇7日目◇15日◇東京・両国国技館

照ノ富士が7連勝とし、優勝争いの単独トップを守った。

6日目まで1敗だった2人は明暗を分けた。大関貴景勝は、初顔合わせだった東前頭5枚目の豊昇龍をはたき込み。関脇高安は西前頭筆頭の北勝富士に突き落とされ、1歩後退した。 これで優勝争いは、勝ちっ放しの照ノ富士を、1敗の貴景勝が追い、2敗で大関正代ら10人が続く展開となった。

7日目の取組を写真で振り返ります。

幕内

石浦(4勝3敗)寄り切り千代ノ皇(5勝2敗)

石浦(左)を寄り切りで破る千代ノ皇(撮影・鈴木正人)


明瀬山(1勝6敗)押し出し千代丸(5勝2敗)

☆千代丸 休まず一気に攻めようと思った。止まって四つになると重たいんで。(5勝2敗に)調子いいかなと思います。

★明瀬山 相手がいい相撲でしたね。相手も考えてきてますからね。(自分は)もともと、こんな力がある力士でもないですからね。

明瀬山(左)を押し出しで破る千代丸(撮影・江口和貴)


魁聖(4勝3敗)はたき込み隠岐の海(5勝2敗)

★魁聖 巻き替えた時に落ち着いてまわしをつかめばよかった。最近なかなか早く勝ち越せていないんで、できるかなと思ったら、ダメでしたね。

魁聖(手前)をはたき込みで破る隠岐の海(撮影・江口和貴)


琴恵光(4勝3敗)寄り切り千代大龍(5勝2敗)

☆千代大龍 四つは自分の相撲じゃないけれど、相手のいやなことができて自分の相撲をとることができた。自分でも分からないですけど、5勝2敗。ここ最近にないぐらい、星が上がってますね。

琴恵光(後方)を寄り切りで破る千代大龍(撮影・鈴木正人)


天空海(1勝6敗)上手投げ千代翔馬(4勝3敗)

★天空海 (膝にたまった水を)今日抜きました。今日は調子が良さげな感じがして、いきすぎましたね。

天空海(手前)を上手投げで破る千代翔馬(撮影・鈴木正人)

天空海(手前)を上手投げで破る千代翔馬(撮影・鈴木正人)


琴ノ若(3勝4敗)寄り切り大奄美(4勝3敗)

大奄美(右)に寄り切りで敗れる琴ノ若(撮影・江口和貴)


志摩ノ海(4勝3敗)押し出し照強(1勝6敗)

☆志摩ノ海 ちょっと脇が甘いんですが、修正できて、前でさばけてよかったんじゃないかと思います。日に日に体も動いてきたし、緊張感も取れてきた。

取組前に大量の塩をまく照強(撮影・江口和貴)

照強(左)を押し出しで破る志摩ノ海(撮影・鈴木正人)


剣翔(2勝5敗)上手投げ玉鷲(5勝2敗)

☆玉鷲 よかったです。必死で残したんで、圧力かけないとと思いました。

★剣翔 上手と下手では分が悪いので仕方ない。思い切り相撲が取れました。(額は)擦りむいた感じ。ハゲてしまった。また明日から、体は動いているんで、気合を入れていきます。

剣翔(左)を上手投げで破る玉鷲(撮影・江口和貴)

剣翔(左)を上手投げで破った玉鷲(撮影・江口和貴)

玉鷲に上手投げで敗れた剣翔(撮影・江口和貴)


輝(3勝4敗)押し出し宝富士(2勝5敗)

輝(手前)は宝富士を押し出しで破る(撮影・柴田隆二)


栃ノ心(2勝5敗)寄り切り遠藤(5勝2敗)

遠藤(手前)は栃ノ心を寄り切りで破る(撮影・柴田隆二)


英乃海(4勝3敗)寄り切り逸ノ城(5勝2敗)

☆逸ノ城 我慢して前に出られた。(外四つになっても)問題なかった。(5勝2敗に)昨日、今日みたいな相撲をとりたい。

英乃海(右)を寄り切りで破る逸ノ城(撮影・鈴木正人)


阿武咲(5勝2敗)押し出し翔猿(1勝6敗)

★翔猿 (最初の取組は)いい体勢になりすぎて、ちょっとあせったッスね。(同体取り直しの一番は)動いていたけど、引いてしまった。勝ち急ぎました。

阿武咲(左)と翔猿との取組は同体となる(撮影・江口和貴)

阿武咲と翔猿の一番で物言いが付き協議する審判団(撮影・鈴木正人)

物言いがつき取り直し

同体取り直しの一番で、阿武咲(右)は翔猿を押し出しで破る(撮影・柴田隆二)

翔猿(手前)を押し出しで破る阿武咲(撮影・鈴木正人)

阿武咲に押し出しで敗れた翔猿(撮影・江口和貴)

同体取り直しの一番で、阿武咲の押し出しに客席まで飛んだ翔猿(撮影・柴田隆二)


若隆景(4勝3敗)はたき込み明生(3勝4敗)

☆明生 落ち着いてとることができました。今まで通り、1日集中して相撲をとっていきたい。(体の調子は)上がってきてます。

若隆景(右)をはたき込みで破る明生(撮影・江口和貴)


御嶽海(5勝2敗)寄り切り大栄翔(3勝4敗)

☆御嶽海 しっかりと当たって前に出られたので良かったと思います。(大栄翔には4場所連続黒星で)もう負けられないと思って臨みました。今場所は自分が前に出られたのかなと思います。

大栄翔(左)を寄り切りで破る御嶽海(撮影・江口和貴)


高安(5勝2敗)突き落とし北勝富士(1勝6敗)

☆北勝富士 (今場所の初日)なかなか勝ち星も伸びなかったが、やっととることができて少し安心しました。相手は気にしないように、自分の前に出る相撲をとるだけでした。

高安(手前)を突き落としで破る北勝富士(撮影・鈴木正人)


豊昇龍(2勝5敗)はたき込み貴景勝(6勝1敗)

☆貴景勝 自分の攻めをしっかりしようと思った。(初対戦の豊昇龍は)元気あるし、自分も気持ちで負けないようにいきました。

★豊昇龍 正面からいったら勝てないと思った。まわしを取って止めないといけないと思って、上手を取ったけど足が滑ってしまった。(大関戦は)やっぱり勉強になりますね。今度こそ負けたくないですね。

豊昇龍(左)をはたき込みで破る貴景勝(撮影・鈴木正人)


朝乃山(4勝3敗)すくい投げ妙義龍(2勝5敗)

妙義龍(右)をすくい投げで破る朝乃山(撮影・鈴木正人)


隆の勝(3勝4敗)はたき込み照ノ富士(7勝0敗)

☆照ノ富士 よかったと思います。(集中できたか)そうですね。やることは変わらない。精いっぱいやってるだけです。

照ノ富士(上)は隆の勝をはたき込みで破る(撮影・柴田隆二)


正代(5勝2敗)寄り切り霧馬山(2勝5敗)

霧馬山(手前)を寄り切りで破る正代(撮影・江口和貴)

十両

琴勝峰(4勝3敗)肩すかし宇良(6勝1敗)

琴勝峰(右)を肩すかしで破る宇良(撮影・鈴木正人)

宇良(上)は琴勝峰を肩透かしで破る(撮影・柴田隆二)

関連するニュースを読む

若隆景流血も朝乃山に勝利 宇良肩すかしで3連勝/3日目写真特集

<大相撲夏場所>◇3日目◇11日◇東京・両国国技館

東前頭筆頭の若隆景が大関に連勝した。朝乃山と対戦。立ち合い変化を見せて大関得意の右四つを許しながら、土俵際で粘って、左上手を引きつけて寄り切った。若隆景は鼻の付近から出血する激闘だった。朝乃山は連敗となった。大関陣では照ノ富士がただ1人、3連勝とした。

三役以上では高安と御嶽海が力強い相撲で初日から3連勝を飾った。

3日目の取組を写真で振り返ります。

十両

宇良(3勝0敗)肩すかし千代ノ皇(1勝2敗)

千代ノ皇(左)を肩すかしで破る宇良(撮影・鈴木正人)

宇良(左)は肩すかしで千代ノ皇を破る(撮影・小沢裕)

千代ノ皇(左)を肩すかしで破り、ひっくり返る宇良(撮影・河田真司)


炎鵬(0勝3敗)押し出し徳勝龍(3勝0敗)

徳勝龍(右)に足で攻める炎鵬(撮影・鈴木正人)

徳勝龍(右)に足で攻める炎鵬(撮影・鈴木正人)

徳勝龍(手前)に押し出しで敗れる炎鵬(撮影・鈴木正人)

幕内

石浦(1勝2敗)押し出し天空海(1勝2敗)

石浦(左)を押し出しで破る天空海(撮影・河田真司)


魁聖(1勝2敗)送り倒し千代丸(2勝1敗)

★魁聖 立ち合い、まわしが取れなかった。足が滑ってダメでした。

魁聖(右)を送り倒しで破る千代丸(撮影・河田真司)


明瀬山(1勝2敗)寄り切り千代大龍(3勝0敗)

千代大龍(左)は寄り切りで明瀬山を破る(撮影・小沢裕)

明瀬山(下)を寄り切りで破った千代大龍(撮影・鈴木正人)


大奄美(1勝2敗)寄り切り隠岐の海(1勝2敗)

大奄美(右)を寄り切りで破る隠岐の海(撮影・河田真司)


琴ノ若(1勝2敗)小手投げ千代翔馬(1勝2敗)

☆琴ノ若 内容は悪かったけど、(初日が出て)気持ちの面でも変わってくると思う。バタバタせず、冷静に対応できた。いい内容で勝ちたい。

千代翔馬(右)を小手投げで破る琴ノ若(撮影・鈴木正人)


琴恵光(2勝1敗)はたき込み照強(1勝2敗)

琴恵光は照強(手前)をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)


志摩ノ海(1勝2敗)突き落とし輝(0勝3敗)

☆志摩ノ海 起こされたけどしっかり我慢して、土俵際で踏ん張れた。思い切りやっていたが硬さもあった。気負わないでやろうと思った結果。

志摩ノ海(右)は輝を突き落としで破る(撮影・小沢裕)


玉鷲(3勝0敗)小手投げ遠藤(2勝1敗)

遠藤(左)を小手投げで破る玉鷲(撮影・河田真司)


栃ノ心(1勝2敗)押し出し宝富士(2勝1敗)

☆宝富士 (この日まで無観客開催)静かだと集中できている気がする。明日からお客さんも入るので集中していきたい。自分らしい相撲を取れるように精いっぱい取りたい。

栃ノ心(奥)を押し出しで破る宝富士(撮影・河田真司)


剣翔(1勝2敗)寄り切り逸ノ城(2勝1敗)

☆剣翔 待ったがあってびっくりしたが、もろ手でいくのは決めていたので、うまくいってよかった。

逸ノ城(右)を寄り切りで破る剣翔(撮影・河田真司)


豊昇龍(1勝2敗)寄り切り阿武咲(3勝0敗)

豊昇龍(左)を寄り切りで破る阿武咲(撮影・鈴木正人)


英乃海(2勝1敗)寄り倒し妙義龍(0勝3敗)

☆英乃海 妙義龍関が早く前みつを取ってきたのでチャンスと思ってまわしを取った。(4日目から有観客開催となることいについて)僕は無観客よりお客さんが入った方が力が出る。

妙義龍(左)を寄り倒しで破る英乃海(撮影・鈴木正人)


御嶽海(3勝0敗)押し出し千代の国(0勝3敗)

☆御嶽海 前に出ることだけを意識したので、うまく中に入れたなと思います。(3連勝は)気持ちいいですね。この気持ちいいまま残りもいきたいですね。

千代の国(右)を押し出しで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)


霧馬山(0勝3敗)押し倒し隆の勝(2勝1敗)

霧馬山(右)を押し倒しで破る隆の勝(撮影・河田真司)


高安(3勝0敗)押し倒し明生(1勝2敗)

明生(手前)を押し倒しで破る高安(撮影・鈴木正人)


北勝富士(0勝3敗)押し出し貴景勝(2勝1敗)

貴景勝(手前)に押し出しで敗れる北勝富士(撮影・河田真司)


朝乃山(1勝2敗)寄り倒し若隆景(2勝1敗)

1分相撲の末

朝乃山(左)を寄り倒しで破る若隆景(撮影・河田真司)

若隆景(左)は寄り倒しで朝乃山を破る。右奥は正代(撮影・小沢裕)

朝乃山を寄り倒しで破り、鼻から流血させる若隆景(撮影・河田真司)

流血した顔で懸賞金を手にする若隆景(撮影・小沢裕)


翔猿(1勝2敗)上手投げ照ノ富士(3勝0敗)

翔猿(右)を上手投げで破る照ノ富士(撮影・河田真司)


正代(2勝1敗)突き落とし大栄翔(1勝2敗)

物言いがつくも協議の末軍配どおり

土俵際で堪える大栄翔(手前)と正代(撮影・河田真司)

大栄翔との結びの一番で物言いがつき、協議結果を待つ正代(後方右)(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

炎鵬の右肘が…“業師対決”は宇良が極め出し/2日目写真特集

<大相撲夏場所>◇2日目◇10日◇東京・両国国技館

初日はそろって白星を飾った4大関が、2日目にして早くも崩れた。 朝乃山は明生押し出され、かど番の大関正代も、若隆景の低い攻めに防戦一方で寄り切られた。 結びで貴景勝も、幕内優勝2回の実力者、小結御嶽海に押し倒された。3大関に土がついた。 大関に復帰した照ノ富士だけが北勝富士を送り出し、初日から2連勝を飾った。 十両で注目の「業師対決」は宇良が炎鵬をきめ出し、初日から2連勝とした。

2日目の取組を写真で振り返ります。

十両

炎鵬(0勝2敗)極め出し宇良(2勝0敗)

宇良(左)はきめ出しで炎鵬を破る(撮影・小沢裕)

宇良(右)に右肘をきめられる炎鵬(撮影・河野匠)

宇良にきめ出しで敗れ腕を押さえ土俵を引き揚げる炎鵬(撮影・鈴木正人)

幕内

石浦(1勝1敗)送り出し千代丸(1勝1敗)

千代丸(右)を送り出しで破る石浦(撮影・鈴木正人)


天空海(0勝2敗)叩き込み千代大龍(2勝0敗)

天空海(手前)をはたき込む千代大龍(撮影・河野匠)


魁聖(1勝1敗)送り出し大奄美(1勝1敗)

☆大奄美 勝ててよかったッス。胸を合わせたらおしまいと思っていたんで。まずは勝ち越しが目標です。

魁聖(左)を送り出しで破る大奄美(撮影・鈴木正人)


琴恵光(1勝1敗)寄り切り明瀬山(1勝1敗)

☆明瀬山 (0勝2敗の琴恵光を寄り切り)変な突き落としとかあるが、我慢できたのがよかった。攻められたけど、残って1番とれたことはよかった。

琴恵光(左)を寄り切る明瀬山(撮影・河野匠)


琴ノ若(0勝2敗)上手投げ隠岐の海(2勝0敗)

琴ノ若(右)を上手投げで破る隠岐の海(撮影・河野匠)


千代翔馬(1勝1敗)押し出し照強(1勝1敗)

照強(左)を押し出しで破る千代翔馬(撮影・鈴木正人)


志摩ノ海(0勝2敗)押し出し玉鷲(2勝0敗)

志摩ノ海(右)を押し出しで破る玉鷲(撮影・鈴木正人)


輝(0勝2敗)叩き込み遠藤(2勝0敗)

輝(左)をはたき込みで破る遠藤(撮影・鈴木正人)

輝(左)をはたき込みで破る遠藤(撮影・鈴木正人)


栃ノ心(1勝1敗)寄り切り剣翔(0勝2敗)

剣翔(手前)を寄り切りで破る栃ノ心(撮影・鈴木正人)


宝富士(1勝1敗)下手出し投げ逸ノ城(2勝0敗)

☆逸ノ城 我慢しようと思っていた。我慢できてよかったです。自分の形ではなくて残すことしかできなかったが、最後にうまく決まった。

宝富士(下)を下手出し投げで破った逸ノ城(撮影・河野匠)


豊昇龍(1勝1敗)押し出し英乃海(1勝1敗)

☆英乃海 今日は良かったと思う。勝っても負けても自分の形になれるように取れればなと思います。

豊昇龍(左)を押し出しで破る英乃海(撮影・鈴木正人)


阿武咲(2勝0敗)引き落とし妙義龍(0勝2敗)

妙義龍(手前)を引き落とす阿武咲(撮影・河野匠)


霧馬山(0勝2敗)寄り倒し大栄翔(1勝1敗)

☆大栄翔 (四つに組む展開となり)内容は本当に悪いので、修正していかないとダメ。突き押し相撲なので、しっかり突いていかないといけない。(初土俵から連続700回出場)知らなかった。そう聞くとそんなに長い回数なんだなと思いますし、これからもケガなく取っていきたい。

大栄翔(手前)に寄り倒される霧馬山(撮影・河野匠)


高安(2勝0敗)突き倒し千代の国(0勝2敗)

☆高安 押したり引いたりだったので内容はボチボチ。いい相撲内容を目指して明日からも取り組みたい。内容にこだわれば結果もついてくると思うので。

千代の国(左)を突き倒す高安(撮影・河野匠)

千代の国(左)を突き倒す高安(撮影・河野匠)


翔猿(1勝1敗)押し出し隆の勝(1勝1敗)

隆の勝(右)を押し出しで破る翔猿(撮影・鈴木正人)

隆の勝(手前)を押し出す翔猿(撮影・河野匠)


朝乃山(1勝1敗)押し出し明生(1勝1敗)

★朝乃山 踏み込んでいったんだけど押した時に両脇が空いて、体が伸びきったので投げを食らってしまった。明日から切り替えて、今日みたいな前に出る相撲で土俵際をしっかり決めたい。

明生(左)に押し出される朝乃山(撮影・河野匠)

明生(左)に押し出される朝乃山(撮影・河野匠)

明生に敗れがっくりと引き揚げる朝乃山(撮影・河野匠)


北勝富士(0勝2敗)送り出し照ノ富士(2勝0敗)

北勝富士(手前)を送り出す照ノ富士(撮影・河野匠)


正代(1勝1敗)寄り切り若隆景(1勝1敗)

☆若隆景 (大関正代を先場所に続いて破り)下から攻めようと思っていた。よかったと思う。連合(稽古)でも稽古をつけてもらった。そういう感触は持っていた。

若隆景(右)に寄り切られる正代(撮影・河野匠)


御嶽海(2勝0敗)押し倒し貴景勝(1勝1敗)

★貴景勝 (相撲内容は)あまり覚えていないが、明日から集中してやります。気持ちだと思うんで、(体調面は)どっちにしろやるしかないんで。一生懸命やるだけです。

貴景勝(左)を押し倒しで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)

御嶽海(左)に敗れぼうぜんとする貴景勝(撮影・河野匠)

懸賞金の束を手に土俵を引き揚げる御嶽海(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

天空海 春場所中また追突事故遭っても勝ち越し 自分の“超人”ぶりに驚き

夏場所に向けて稽古に励む天空海(左)(日本相撲協会提供)

大相撲夏場所(9日初日、東京・両国国技館)で2場所ぶりの幕内復帰を果たした東前頭17枚目天空海(30=立浪)が5日、春場所中に再び追突事故に巻き込まれていたことを明かした。

茨城・つくばみらい市の部屋での稽古後、報道陣の電話取材に応じ「(春場所)2日目ですね。びっくりですよ。ぎりぎり(土俵入りに)間に合ったから良かったけど」と当時の心境を明かした。

天空海は場所中、つくばみらい市の部屋から父の送迎で国技館まで移動している。所要時間は約1時間、渋滞時は約1時間半という。

昨年11月場所中も部屋から両国国技館に移動している最中、高速道路を下りて出入り口で信号待ちしているところで、後方からダンプカーに追突された。当時乗っていた車の後方部はへこみ、自身は大事には至らなかったものの病院でむち打ちの診断を受けた。

春場所で巻き込まれた2度目の追突事故は、高速道路の料金所を出たところで「左後ろから突っ込まれた」と説明。「本線に入った後ですね。本線入って、あっちは一番左の料金所から入ってきて、急いでたんじゃないですかね。しかも向こうは無保険、無車検だったんですよ。やんなっちゃいますよ、踏んだり蹴ったり(笑い)。勘弁して欲しいですよ。(昨年11月場所で追突事故に巻き込まれた)前の車から買い替えたばっかで、事故車になっちゃいました、すぐに」。車の修理費は約60万円で、現状は自腹。「(向こうは)保険も入ってないから。(修理費は)自分の保険を減らすしかない」と嘆いた。

自身は後部座席で追突の衝撃をもろに受けた。事故時は頸椎(けいつい)を捻挫したというが、痛みを抱えながらも8勝7敗で勝ち越し。「がむしゃらに出ようと思って出たりしていたら、勝ちがどんどん重なってって感じですね。当てられた場所は勝ち越しているんですよね。当たりがいいのかもしれないですね」と自身の“超人”ぶりに驚いていた。

自動車保険に加入していたことも幸い。保険会社からの懸賞を期待したいかと問われると「自分は日新火災なので日新火災が希望です」と笑った。

再入幕の夏場所まで残り4日。同部屋の明生と豊昇龍は幕内上位に就いただけに「早く追いつけるように大勝ちして。追いついて抜かしたいですね」と意気込んだ。

関連するニュースを読む

10勝若隆景&明生は新三役ならず、先場所三役全員勝ち越し/夏場所新番付

若隆景(左)と明生

日本相撲協会は26日、大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。

先場所は三役が全員、勝ち越し。西前頭2枚目で10勝した若隆景(26=荒汐)、東前頭3枚目でやはり10勝を挙げた明生(25=立浪)は番付運に泣かされる格好で、それぞれ東前頭筆頭と同2枚目にとどまった。この夏場所で新三役昇進に挑戦する。同じく東前頭2枚目で9勝を挙げた北勝富士(28=八角)も西前頭筆頭で、昨年春場所以来の三役復帰を目指す。

今場所も入幕の新顔はなく、返り入幕は3人。石浦(31=宮城野)は4場所ぶり、千代丸(30=九重)は5場所ぶり、天空海(30=立浪)は2場所ぶりの、それぞれ返り入幕を果たした。

初めて関取の座をつかむ新十両昇進も不在。大翔鵬(26=追手風)が4場所ぶり、元横綱大鵬の孫にあたる王鵬(21=大嶽)は2場所ぶりに十両復帰となった。昨年九州場所以来の幕内復帰を目指す炎鵬(26=宮城野)は東十両筆頭、17年九州場所以来の返り入幕を狙う宇良(28=木瀬)は西十両2枚目につけた。

大相撲夏場所は、5月7日予定の取組編成会議で初日と2日目の対戦相手が決定。9日の初日を迎える。

関連するニュースを読む

立浪部屋、5月の夏場所後に旧常盤山部屋に移転

茨城県つくばみらい市に拠点を構える立浪部屋が、大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)後に、東京都台東区にある旧常盤山部屋へ移転することが4日、分かった。2月中旬に東京都板橋区へ移転した旧常盤山部屋を改装し、新たに部屋を構える。

旧常盤山部屋は現在、3階に所有者である千賀ノ浦親方(元関脇舛田山)が住んでいる。9日に70歳の誕生日を迎え、日本相撲協会の再雇用制度が切れ退職となるが、今年10月いっぱいまでは居住。11月に予定される九州場所後に完全譲渡される。それまでは立浪親方(元小結旭豊)と力士らは1、2階に居住する。

建物の1、2階部分を改修するため、移転時期について立浪親方は「工事が間に合わないので5月場所後になると思う」と話した。移転話は昨年末あたりから進められ、今年に入って決まったという。最寄り駅の「みらい平」(つくばエクスプレス)から両国まで1時間ほどかかるが、台東区橋場に構える新しい部屋からは、車で15分ほどに短縮される。新型コロナウイルスの影響で現在は出稽古が禁止されているが、解禁されれば稽古環境も改善される。

地域密着で応援してくれた、つくばみらい市に対する恩もあり「残念がっている」と感じつつ「やっぱり力士のためを思って。出世していけばいくほど、力士のことを考えてやらないといけない」と立浪親方。3月の春場所では明生(25)が待望の三賞を初受賞し、三役も目前。元横綱朝青龍をおじに持つ豊昇龍(21)や十両天空海(30)らの、さらなる出世に思いを込めた移転となる。

移転した高砂部屋の後を受け、現在の台東区橋場に部屋を新設した千賀ノ浦親方も「ここに部屋を構えて21年になるかな。自分がここを離れる時は、その後は相撲部屋として引き継いでもらいたいと常に思っていた。一門とか縁はなくても、引き続き相撲部屋として存続してくれるのはうれしい」と話した。

関連するニュースを読む

悔しい黒星…土俵下で拳つく朝乃山/2日目写真特集

<大相撲春場所>◇2日目◇15日◇東京・両国国技館

4場所連続休場明けの横綱白鵬が、平幕の宝富士を小手投げで下して初日から2連勝とした。

立ち合いで、左手を相手の顔の前に出してけん制。互いに右を差す形になると、土俵中央で静止した。一呼吸置き、宝富士が前に出てきた瞬間に、タイミングよく体を開いて小手投げで転がした。

昨年11月場所後に横綱審議委員会(横審)から「注意」の決議を下されたが、新型コロナウイルスに感染して1月の初場所を休場。厳しい状況に立たされながらも、史上最多44度の優勝を誇る第一人者が奮闘している。昨年春場所以来となる45度目の優勝に向けて、残り13日間土俵に上がる。

大関復帰に挑む関脇照ノ富士は、若隆景を押し出しで下して2連勝した。立ち合いは、左で張って捕まえた。まわしが取れず、若隆景に右差しを許したが慌てなかった。差された右腕を抱えると、力強く振って若隆景の体勢を崩して押し出した。大関昇進の目安となる「三役で3場所33勝」まで残り7勝とした。

かど番の大関貴景勝は、先場所優勝の小結大栄翔を突き落としで下して2連勝した。立ち合いからしつこく何度も、下から低くぶつかりながら腕を伸ばして攻めた。大栄翔に突き押しで対抗されたが力勝ちし、体勢を崩した相手を左の突き落としで土俵にはわせた。

初日黒星を喫した大関正代は、阿武咲を下して初日を出した。立ち合いこそ阿武咲の突き押しに押されて後退したが、土俵際で我慢。阿武咲の引きに反応して、きっちりと足を運んだ。

大関朝乃山は、小結高安に寄り倒しで敗れて1勝1敗とした。立ち合いから後手に回り、まわしが取れず。先に高安に左上手を取られると防戦一方となった。何とか右でまわしを取ろうとするも、取らせてもらえず。じりじりと土俵際に寄られて寄り倒された。

2日目の取組模様を写真で振り返ります。

幕内

白鵬(2勝0敗)小手投げ宝富士(0勝2敗)

宝富士(右)を小手投げで下す白鵬(撮影・河田真司)

宝富士を小手投げで下し、勝ち名乗りを受ける白鵬(撮影・河田真司)


高安(1勝1敗)寄り倒し朝乃山(1勝1敗)

朝乃山(下)を寄り倒しで破る高安(撮影・河田真司)

高安に寄り倒しで敗れ、土俵下に拳をつく朝乃山(撮影・河田真司)


貴景勝(2勝0敗)突き落とし大栄翔(0勝2敗)

☆貴景勝(相手が先場所優勝の大栄翔)「実力があるので、自分も向かっていく気持ちでやった。(3日目以降に向けて)毎日初日だと思って明日から頑張っていく。(場所前は部屋の引っ越しもあり)新しい環境で、いい環境でできているので、感謝しながら明日からもやっていきたい」

★大栄翔「自分から先に攻めたかったが、大関の相撲をとられてしまった。立ち合いもよくないんで、しっかり切り替えてやっていかないといけない」

大栄翔(右)の攻めに耐える貴景勝(撮影・河田真司)

大栄翔に勝利した貴景勝に声援を送る子どもたち(撮影・鈴木みどり)


正代(1勝1敗)押し出し阿武咲(0勝2敗)

☆正代「とりあえず今日は初日が出て、連敗しないのが良かった。このまま落ち込んだままいくよりは、早い段階で初日を迎えて、そこから星をつなげられたらなと思っていた。まだ硬さは抜けていないけど、土俵際までしっかり寄れたんじゃないかと思う」

★阿武咲「最後まで小さくなりきれず、伸びてしまった。(調子は)悪くないと思う。意識することは、相手に集中するだけです」

阿武咲(右)の攻めに耐える正代(撮影・河田真司)

阿武咲(右)を押し出しで破る正代(撮影・鈴木みどり)


北勝富士(1勝1敗)はたき込み隆の勝(1勝1敗)

☆北勝富士「土俵際を気をつけた。(最後の場面は)相手が足そろっているのが見えた。先手先手でいって、相手が引いてきてくれた。冷静に取れた」

隆の勝(右)をはたき込みで破る北勝富士(撮影・鈴木正人)


照ノ富士(2勝0敗)押し出し若隆景(0勝2敗)

☆照ノ富士(若隆景は)「小さい相手。動きがいいから、右手をつかまえる、取りたいと思っていた。(大関とりの重圧)プレッシャーとか感じていない。1日一番思い切ってやるだけと思っている」

若隆景(左)を攻める照ノ富士(撮影・鈴木正人)


明生(1勝1敗)押し出し御嶽海(2勝0敗)

☆御嶽海「前に出れば負けないと思ってやっている。(圧力が)相手にしっかり伝わっているんで、よかったと思う」

明生(手前)を攻める御嶽海(撮影・鈴木正人)


妙義龍(2勝0敗)寄り切り志摩ノ海(1勝1敗)

☆妙義龍(昨年秋場所以来の連勝発進)「いつも通りまた明日、集中して頑張ります。(目標は)15日間、けがなく乗り切ること」

★志摩ノ海「頭が浮いたんで。頭が浮くとダメなんで。頭を上げないで、自分の相撲をとりきりたい」

志摩ノ海(左)を攻める破る妙義龍(撮影・鈴木みどり)


霧馬山(1勝1敗)すくい投げ遠藤(0勝2敗)

霧馬山(右)の攻めに耐える遠藤(撮影・河田真司)


逸ノ城(2勝0敗)極め出し隠岐の海(1勝1敗)

隠岐の海(左)を極め出しで破る逸ノ城(撮影・鈴木みどり)


玉鷲(1勝1敗)叩き込み栃ノ心(0勝2敗)

玉鷲(左)の攻めに耐える栃ノ心(撮影・河田真司)

栃ノ心(奥)をはたき込みで破る玉鷲(撮影・河田真司)


翔猿(0勝2敗)送り倒し輝(2勝0敗)

☆輝「しっかり中に入れないよう、落ち着いて対処できたと思う」

翔猿(左)を送り倒しで破る輝(撮影・河田真司)


琴ノ若(1勝1敗)叩き込み千代の国(1勝1敗)

千代の国(左)を叩き込みで破る琴ノ若(撮影・鈴木みどり)


竜電(0勝2敗)浴びせ倒し豊昇龍(1勝1敗)

☆豊昇龍「自分の思った相撲はとれなかったが、今場所初の白星なんで緊張した。(相撲の)いい悪いとか考えてなかったんでよかったです」

竜電(後方)を浴びせ倒しで破る豊昇龍(撮影・鈴木正人)


翠富士(2勝0敗)押し出し千代大龍(1勝1敗)

千代大龍(右)を押し出しで破る翠富士(撮影・河田真司)

千代大龍と翠富士の一番で物言いがつき協議する審判団(撮影・鈴木みどり)


碧山(2勝0敗)突き出し琴勝峰(0勝2敗)

☆碧山「当たって前に出る相撲を目指している。(初日から2連勝は)久しぶりなのでいい感じです。(締め込みの色を青色から緑色に変更したことについて)もともと古くなっていた。今まで作ってくださった方に色を自分で決めてと言われて、私の字(しこ名)は「あお」とも読めるし、「みどり」とも読めるので妻と考えて決めた」

琴勝峰(左)を突き出しで破る碧山(撮影・鈴木みどり)


明瀬山(2勝0敗)送り出し照強(0勝2敗)

照強(左)を送り出しで破る明瀬山(撮影・鈴木正人)


剣翔(0勝2敗)寄り切り千代翔馬(1勝1敗)

剣翔(左)を寄り切りで破る千代翔馬(撮影・鈴木みどり)


琴恵光(2勝0敗)突き落とし豊山(1勝1敗)

☆琴恵光「中に入って攻めることだけを意識しました。先手を取ろうということで、自分の流れで相撲が取れている」

★豊山「立ち合いがすべてだった。動き自体は悪くないんで、大事なところをしっかりやりたい。とにかく勝ち越さないといけない。期待してくれている人たちを裏切り続けているんで、ピリッとした相撲をとらないといけない」

豊山(下)を突き落としで破る琴恵光(撮影・鈴木みどり)


大奄美(1勝1敗)寄り切り英乃海(2勝0敗)

☆英乃海「がっぷり組まずにとろうと思っていた。その通りにいけてよかった。(2連勝は)もちろん気分いいです。この調子で考えた相撲をとっていければ」

大奄美(右)を寄り切りで破る英乃海(撮影・河田真司)


魁聖(1勝1敗)送り出し天空海(1勝1敗)

天空海(左)を送り出しで破る魁聖(撮影・河田真司)

幕内土俵入り

幕内土俵入りする、左から照ノ富士、貴景勝、正代(撮影・河田真司)

十両

千代丸(1勝1敗)引き落とし炎鵬(2勝0敗)

千代丸(左)を攻める炎鵬(撮影・鈴木正人)

千代丸(手前)を引き落としで破った炎鵬(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

徳勝龍が東十両筆頭、勢は東幕下筆頭/新番付

勢(2021年1月16日撮影)

日本相撲協会は1日、新型コロナウイルス感染防止の観点から、通常の大阪から東京開催に変更した大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。番付降下、改名、引退などの力士、年寄など協会関係者は以下の通り。

【降下】

<幕内から十両>

徳勝龍(34=木瀬)東前頭8枚目→東十両筆頭

天空海(30=立浪)東前頭13枚目→西十両筆頭

佐田の海(33=境川)東前頭17枚目→西十両4枚目 

<十両から幕下>

勢(34=伊勢ノ海)東十両13枚目→東幕下筆頭

琴勇輝(29=佐渡ケ嶽)西十両9枚目→西幕下筆頭

王鵬(21=大嶽)西十両11枚目→東幕下2枚目

竜虎(22=尾上)東十両14枚目→西幕下4枚目

【改名<1>】(しこ名の上の部分)

<幕下>

伊藤→嶺刃(みねやいば=錣山)

<序二段>

黎大→黎大丸(れおんまる=式秀)

佐藤桜→二本松(にほんまつ)

葉梨→美浦ノ湖(みほのうみ=武蔵川)

谷口→隆の龍(たかのりゅう=田子ノ浦)

【改名<2>】(しこ名の下の部分も含める)

朝天舞晴多→朝天舞精多(あさてんまい・せいた=高砂)

伊藤周→嶺刃常乃助(みねやいば・じょうのすけ=錣山)

大成道大志→大成道喜悌(だいせいどう・よしとも=木瀬)

【引退】

露草、己竜山(大嶽)琴隼、琴貫鐵、琴大村(佐渡ケ嶽)城雄力(山響)宗像、星飛(藤島)禧集院(木瀬)高見劉(東関)栃佐藤(春日野)剛秦龍(式秀)北東龍(玉ノ井)渉利(立浪)

関連するニュースを読む

宇良はクルリ、霧馬山まわしが…/14日目写真特集

<大相撲初場所>◇14日目◇23日◇東京・両国国技館

西前頭筆頭大栄翔が、単独首位に立って初優勝に王手をかけた。過去6勝8敗と合口の悪い玉鷲相手に、得意とする強烈な突き押しで勝負。土俵際に追い込むも、玉鷲の押しに引いてしまった。土俵際に追い込まれる形となったが、慌てることなくはたき込みではわせた。自己最多の12勝目を挙げた。

結びの一番前に登場した大関正代は、関脇照ノ富士と白熱した取組を披露。何度も土俵際に追い込み、照ノ富士の体勢を何度も崩したが、あと1歩及ばず。最後は照ノ富士のはたき込みに屈した。3敗に後退し、1差で大栄翔を追いかける展開となった。

大関復帰を目指す照ノ富士は、10勝目を挙げて2場所連続の2桁白星。春場所での大関とりに向けて、足固めを作った。結びの一番では、大関朝乃山が明生を下して10勝目を挙げた。

14日目の熱戦を写真で振り返ります。

幕内

朝乃山(10勝4敗)突き落とし明生(8勝6敗)

明生(左)を突き落としで破る朝乃山(撮影・河田真司)


照ノ富士(10勝4敗)叩き込み正代(11勝3敗)

★正代「何度か土俵際でチャンスがあったが、そこで決めきれなかった。最後はスタミナ負けというか、足から崩れてしまった。まだまだ課題はいっぱいある。終わったことなので引きずらないようにできたらいい。(千秋楽は1差)とりあえずあと2番取るくらいの気持ちで、ここで集中を切らさないようにしたい。(優勝を逃した昨年初場所も14日目に幕尻優勝の徳勝龍に黒星)初場所の14日目は鬼門ですね」

正代(後方)の攻めを耐える照ノ富士(撮影・鈴木正人)

正代(右)をはたき込みで破る照ノ富士(撮影・河田真司)

照ノ富士に敗れ3敗目を喫し、険しい表情で土俵から引き揚げる正代(撮影・河田真司)


隠岐の海(7勝7敗)叩き込み隆の勝(8勝6敗)

☆隆の勝「落ち着いて回り込めたかなと思う。危なかった。今場所そんなに気持ちが落ちることなく白星が先行できていた。余裕があった。(勝ち越しは)自信になる。うれしく思います」

正代(右)をはたき込みで破る照ノ富士(撮影・河田真司)


遠藤(6勝8敗)寄り切り御嶽海(8勝6敗)

翠富士(左)を寄りきりで破る遠藤(撮影・鈴木正人)


高 安(9勝5敗)寄り切り輝(5勝9敗)

輝(左)を寄り切りで破る高安(撮影・河田真司)


玉鷲(5勝9敗)叩き込み大栄翔(12勝2敗)

☆大栄翔「今日も立ち合いが良かった。前に出られて良かった。(結果ははたき込みでの勝利だが)前には出られている。流れの中のはたき。そこは自分の中では大丈夫。(優勝争いの重圧)いい感じの緊張感でやれている。その中で取るのは大変なことだけど頑張っていきたい。(千秋楽へ)あした最後なので思い切り自分の相撲を取ることが一番。気持ちを強く持って、自分の相撲を取りきりたい。変にかたくなって負けてしまうことは後悔が残る。取るなら思い切り自分の相撲を取った方が悔いはない」

玉鷲(手前)をはたき込みで破る大栄翔(撮影・河田真司)

玉鷲(右)をはたき込みで破る大栄翔(撮影・鈴木正人)

玉鷲をはたき込みで破り、勝ち名乗りを受ける大栄翔(撮影・河田真司)


北勝富士(6勝8敗)押し出し碧山(5勝9敗)

☆北勝富士「本当に負け越して吹っ切れた。本来の動きができるようになった。しっかり前に圧力をかけて、我慢して我慢して取れた」

碧山(左)を押し出しで破る北勝富士(撮影・鈴木正人)


宝富士(9勝5敗)寄り切り逸ノ城(9勝5敗)

宝富士(奥)に寄り切りで敗れる逸ノ城(撮影・河田真司)


志摩ノ海(8勝6敗)寄り切り阿武咲(8勝6敗)

★阿武咲「気持ちでは思い切って先手、先手でいきたかったが、低さ負けですかね」

阿武咲(左)を寄り切りで破る志摩ノ海(撮影・河田真司)


琴勝峰(1勝13敗うっちゃり照強(6勝8敗)

琴勝峰(奥)をうっちゃりで破る照強(撮影・河田真司)

琴勝峰(左)をうっちゃりで破る照強(撮影・河田真司)

琴勝峰(左)をうっちゃりで破る照強(撮影・河田真司)


栃ノ心(4勝10敗)寄り切り明瀬山(9勝5敗)

☆明瀬山「胸借りるつもりで思い切り当たりました。相手はずっと幕内張って、優勝経験して、大関にもなったんで格上じゃないですか。ダメだったらしょうがないと目いっぱい、いきました」

栃ノ心(右)を寄り切りで破る明瀬山(撮影・河田真司)


竜電(4勝10敗)小手投げ天空海(5勝9敗)

☆天空海「圧力がちょっとは伝わったかな。差されても落ち着いて考えて動けた。(千秋楽は幕内に)残るとか残れないは関係なく、いい相撲をとりたい」

竜電(左)を小手投げで破る天空海(撮影・河田真司)


豊昇龍(9勝5敗)送り出し翔猿(6勝8敗)

翔猿(左)を送り出しで破る豊昇龍(撮影・河田真司)


翠富士(8勝6敗)押し出し霧馬山(8勝6敗)

☆霧馬山「(まわし待ったもあり)長かったですね。我慢してとって勝ってよかった」

霧馬山(右)のまわしが外れ、締め直す行司の式守勘太夫(撮影・河田真司)

霧馬山(中央)のまわしを締めあげる式守勘太夫(撮影・鈴木正人)

翠富士(右)を押し出しで破る霧馬山(撮影・河田真司)


徳勝龍(3勝11敗)押し出し佐田の海(5勝9敗)

☆徳勝龍「(9連敗から脱出し)調子が悪いなら調子が悪いなりにやらないとダメ。気持ちだけは切れないように、強い気持ちを持ってどんどんやるしかないという感じだった」

佐田の海(右)を押し出しで破る徳勝龍(撮影・鈴木正人)


琴恵光(6勝8敗)寄り切り妙義龍(7勝7敗)

妙義龍(左)は寄り切りで琴恵光を破る=(撮影・小沢裕)


豊山(7勝7敗)押し倒し琴ノ若(10勝4敗)

☆琴ノ若「休まず動いたのがよかった。(2桁10勝目は)一番一番しっかり力を出し切ることだけを考えてやっている。その中でしっかり体が動いたのが、少しずつつながったのかなと思う」

★豊山「止まったところが全てだった。止まる前に勝負を決めたかった。あと一番なので全部出し切って終わりたいと思う」

豊山(左)を押し倒しで破る琴ノ若(撮影・河田真司)

十両

東龍(6勝8敗)押し出し宇良(10勝4敗)

宇良(左)は居反り狙いのような体勢で東龍の下に潜り込む(撮影・小沢裕)

東龍(左)に居反りを仕掛ける宇良(撮影・鈴木正人)

東龍(奥)を攻める宇良(撮影・河田真司)

東龍(左)を押し出しで破る宇良(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

大栄翔初黒星、叩き込みにバッタリ/9日目写真特集

<大相撲初場所>◇9日目◇18日◇東京・両国国技館

全勝力士が消えた。初日から8連勝で単独トップを走ってきた西前頭筆頭の大栄翔は、宝富士のはたき込みに敗れ、初黒星を喫した。

大関正代は玉鷲を押し出し、7勝目でかど番脱出に王手をかけた。ただ1人2敗を守って、大栄翔に1差と迫った。大関貴景勝は遠藤に引き落とされて7敗目。綱とり場所が一転、負け越しのピンチとなった。大関朝乃山は高安を寄り切って3連勝で6勝目。3敗力士は朝乃山ら10人と混戦になってきた。

9日目の熱戦を写真で振り返ります。


朝乃山(6勝3敗)寄り切り高 安(5勝4敗)

☆朝乃山「自分の形になったので、引きつけて足を運べたと思います。右四つになっても負けている相撲もある。落ち着いてとれたと思います」

高安(右)を寄り切りで破る朝乃山(撮影・河田真司)


貴景勝(2勝7敗)引き落とし遠 藤(5勝4敗)

★貴景勝「勝たなきゃ意味ないんで。(取り口は)勉強していかないといけない。(7敗目に)1日一番で頑張るしかない」

☆遠藤「今できることを精いっぱいやるだけでした。明日からも、明日できることを精いっぱいやるだけです」

貴景勝(右)を引き落としで破る遠藤(撮影・中島郁夫)

貴景勝(左)は遠藤に引き落としで敗れる(撮影・小沢裕)

遠藤(左)に引き落としで敗れた貴景勝(撮影・河田真司)

遠藤に引き落としで敗れ、土俵下で浮かない表情を見せる貴景勝(撮影・河田真司)


玉 鷲(5勝4敗)押し出し正 代(7勝2敗)

☆正代「体がよく反応できたので、おっつけながら相手の腕をはねあげられたのはよかった。まだ優勝争いとか、そういうのは気にしていないので、何とも言えないですけど、星が離れないように維持できたらなと思います」

玉鷲(左)を押し出しで破る正代(撮影・河田真司)

玉鷲を押し出しで破り、懸賞金の束を手に土俵から引き揚げる正代(撮影・河田真司)


照ノ富士(6勝3敗)寄り切り竜 電(3勝6敗)

☆照ノ富士「落ち着いてとれたんでよかったです。思い通りの相撲ではないけれど、勝ったからよかった」

竜電(左)を寄り切りで破る照ノ富士(撮影・河田真司)


輝(4勝5敗)小手投げ隆の勝(5勝4敗)

☆輝「前に出る意識はあった。自分の強い体勢を崩さない、土俵際の詰めをしっかりやることが大事かな」

隆の勝(下)を小手投げで破る輝(撮影・中島郁夫)


北勝富士(2勝7敗)押し出し御嶽海(4勝5敗)

☆御嶽海「少し立ち遅れましたが、良かったと思います。当たってすぐに前に出ること、引かないことを意識してやりました」

★北勝富士「2歩目、3歩目が出てくれない。いい時は自然に出るが、出ない時は考えすぎている。まだ終わってないんで戻せるようにやっていきたい」

御嶽海(左)は北勝富士を押し出しで破る(撮影・小沢裕)


宝富士(5勝4敗)叩き込み大栄翔(8勝1敗)

★大栄翔「あまりに勝ち急ぎました。攻めは良かったと思うんですが、無理に攻めすぎました。ショックを受けていたら15日間取れないので、しっかり切り替えていきたいと思います」

☆宝富士「(全勝の大栄翔を止め)昨日(8日目)ふがいない相撲だったんで立ち合いから集中していけたのがよかった。自分なりに踏み込めた」

大栄翔(手前)ののど輪に耐える宝富士(撮影・河田真司)

宝富士(右)は大栄翔をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)

宝富士(右)にはたき込みで敗れる大栄翔(撮影・河田真司)

大栄翔(右)をはたき込みで破る宝富士(撮影・中島郁夫)

1敗を喫し花道を引き揚げる大栄翔(撮影・小沢裕)


琴勝峰(0勝9敗)押し出し阿武咲(6勝3敗)

☆阿武咲「終始、落ち着いて相撲が取れてよかったです。体力は全然大丈夫です」

琴勝峰(左)を押し出しで破る阿武咲(撮影・河田真司)


栃ノ心(3勝6敗)上手出し投げ明 生(6勝3敗)

☆栃ノ心「中に入れないよう突き放していった。何とか勝ててよかった」

明生(下)を突き落としで破る栃ノ心(撮影・中島郁夫)


徳勝龍(2勝7敗)突き落とし隠岐の海(5勝4敗)

徳勝龍(右)を突き落としで破る隠岐の海(撮影・河田真司)


天空海(1勝8敗)叩き込み翔 猿(4勝5敗)

天空海(左)をはたき込みで破る翔猿(撮影・中島郁夫)


逸ノ城(6勝3敗)寄り切り霧馬山(6勝3敗)

霧馬山(右)を寄り切りで破る逸ノ城(撮影・中島郁夫)


琴ノ若(6勝3敗)突き落とし妙義龍(5勝4敗)

☆琴ノ若「内容はよくないが、しっかり構えて相撲がとれた。星数より明日また、切り替えていい相撲をとれるようにしたい」

琴ノ若は妙義龍(右)を突き落としで破る(撮影・小沢裕)


志摩ノ海(6勝3敗)押し出し佐田の海(4勝5敗)

☆志摩ノ海「師匠(木瀬親方)に言われていることが土俵で出せてよかった。土俵際のはたきに残れるのは、いい稽古ができているからだと思う」

佐田の海(左)を押し出しで破る志摩ノ海(撮影・河田真司)


明瀬山(6勝3敗)押し倒し碧 山(5勝4敗)

★明瀬山「小手、きめられましたね。(振られて)足が流れた感じ。(3連敗にメンタルは)大丈夫ですよ」

碧山は明瀬山(左)を押し倒しで破る(撮影・小沢裕)


翠富士(5勝4敗)押し出し琴恵光(3勝6敗)

★翠富士「もろ差し狙いでいったが差せず、癖で肩すかしにいった。前に出ればよかった。うまくやられたッスね」

☆琴恵光「受けることなく自分の相撲でいけた。(翠富士の肩すかしは)頭にあったけど体がうまく反応しました。落ち着いて取れました」

琴恵光(左)は翠富士を押し出しで破る(撮影・小沢裕)


豊昇龍(4勝5敗)突き落とし照 強(3勝6敗)

☆豊昇龍「朝、師匠(立浪親方)から「立ち合いに気をつけていけ」と言われて、立ち合いに気をつけていった。落ち着いてたんでよかったと思います」

豊昇龍(左)を照強を突き落としで破る(撮影・小沢裕)


豊 山(6勝3敗)寄り切り松鳳山(3勝6敗)

☆豊山「立ち合いで先手を取られてしまった。張られて体がフワフワして、気づいたら土俵際にいた。何かしたというより、しがみついていた。終わったら勝っていた感じですね」

豊山(右)は寄り切りで松鳳山を破る(撮影・小沢裕)

松鳳山(右)を寄り切りで破った豊山(撮影・河田真司)

十両

剣翔(9勝0敗)押し出し宇良(6勝3敗)

剣翔(左)に押し出しで敗れる宇良(撮影・河田真司)

剣翔に押し出しで敗れ、険しい表情を浮かべる宇良(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

阿武咲飛んだ…押し出され升席まで/7日目写真特集

<大相撲初場所>◇7日目◇16日◇東京・両国国技館

西前頭筆頭の大栄翔(27=追手風)が、初日から7連勝とした。

関脇隆の勝に何もさせず、一直線に押し出し。出場している役力士、3大関2関脇2小結を総なめにした。6日目まで負けなしだった西前頭16枚目の明瀬山は、東前頭12枚目の逸ノ城に引き落とされ、今場所初黒星を喫した。大関正代は西前頭3枚目の阿武咲を押し出して1敗をキープ。6日目まで1敗だった明生は遠藤、琴ノ若は翠富士にそれぞれ敗れ、2敗に後退した。優勝争いは、勝ちっ放しの大栄翔を、1敗の正代、明瀬山、2敗の明生、霧馬山、逸ノ城、翠富士、琴ノ若が追う展開となった。

7日目の熱戦を写真で振り返ります。

幕内

貴景勝(2勝5敗)押し出し栃ノ心(2勝5敗)

☆貴景勝「調子がいい、調子が悪いとはあまり決めないようにしている。あまり考えずに、できることは準備。そこを怠ったらダメなんで、しっかり準備していきたいです」

貴景勝(右)は栃ノ心を押し出しで破る(撮影・柴田隆二)

土俵に一礼する貴景勝(撮影・中島郁夫)


阿武咲(4勝3敗)押し出し正 代(6勝1敗)

★阿武咲「下からグイグイこられて、(体が)浮いちゃいましたね。体の状態は悪くないんで、明日から一番一番集中して頑張りたいです」

正代(上)は阿武咲を押し出しで破る(撮影・柴田隆二)

正代(上)は阿武咲を押し出しで破る(撮影・柴田隆二)

正代に押し出しで敗れ、升席まで飛んでいった阿武咲(撮影・中島郁夫)


朝乃山(4勝3敗)寄り倒し琴勝峰(0勝7敗)

☆朝乃山「期待の若手と聞いていますし、自分は受けるつもりで土俵に立ちました。相撲を取れば、先に自分が攻めていけてよかった」

琴勝峰(右)を寄り倒しで破る朝乃山(撮影・中島郁夫)

朝乃山(右)は琴勝峰を寄り倒しで破る(撮影・柴田隆二)


照ノ富士(4勝3敗)寄り切り御嶽海(2勝5敗)

☆照ノ富士「立ち合いに勝って(まわしを)取れたんでよかったです。大関になるには、内容も大事なんで、(まわしを)取ったら安心というか…。今日は良かったです」

御嶽海(右)を寄り切りで破る照ノ富士(撮影・中島郁夫)

御嶽海(右)を寄り切りで破る照ノ富士(撮影・鈴木正人)


大栄翔(7勝0敗)押し出し隆の勝(4勝3敗)

取り組み前に気合が入る大栄翔(撮影・柴田隆二)

大栄翔(右)は隆の勝を押し出しで破る(撮影・柴田隆二)

隆の勝(右)を攻める大栄翔(撮影・鈴木正人)


高 安(4勝3敗)突き落とし北勝富士(2勝5敗)

☆高安「しっかり腰を落として相撲を取ることができてよかったです。立ち合いもよかった。そのあとの流れも」

★北勝富士「肩に力が入りすぎている。上半身と下半身のバランス。修正できることをして、集中していきたい」

高安(左)は北勝富士を突き落としで破る(撮影・柴田隆二)


宝富士(4勝3敗)上手投げ玉 鷲(4勝3敗)

☆宝富士「自分から攻めて攻めていったんで、内容もよかったんじゃないですか」

玉鷲(右)を上手投げで破る宝富士(撮影・中島郁夫)


遠 藤(4勝3敗)寄り切り明 生(5勝2敗)

遠藤(右)に寄り切りで敗れる明生(撮影・鈴木正人)


翔 猿(2勝5敗)押し出し隠岐の海(4勝3敗)

☆翔猿「前に出られてよかったです。久々に元気出ました」

翔猿(右)は隠岐の海を押し出しで破る(撮影・柴田隆二)


竜 電(2勝5敗)上手出し投げ徳勝龍(2勝5敗)

竜電(右)は徳勝龍を上手出し投げで破る(撮影・柴田隆二)


妙義龍(4勝3敗)寄り切り輝(3勝4敗)

☆妙義龍(輝は)「あんまり得意なタイプではない。今日は強引に出た感があるけど、ああいう流れになった」

輝(右)を寄り切りで破る妙義龍(撮影・中島郁夫)


碧 山(4勝3敗)突き落とし霧馬山(5勝2敗)

☆霧馬山「最後まで我慢できてよかった。体はよく動いている」

碧山(左)を突き落としで破る霧馬山(撮影・中島郁夫)


志摩ノ海(4勝3敗)突き落とし天空海(1勝6敗)

★天空海「ちょっとバタバタしてしまっている。地に足をつけるよう、明日から頑張りたい」

天空海(左)を突き落としで破る志摩ノ海(撮影・中島郁夫)


豊昇龍(2勝5敗)上手投げ琴恵光(2勝5敗)

☆豊昇龍「相撲は思った通り完璧じゃなかった。相手も強い。(おじの朝青龍がSNSでゲキを飛ばす)ツイッターを見て「やっぱりそう(朝青龍の言う通り)だな」と思って。気持ちを入れ替えて頑張りました」

琴恵光(下)を上手投げで破る豊昇龍(撮影・中島郁夫)


逸ノ城(5勝2敗)引き落とし明瀬山(6勝1敗)

★明瀬山(初黒星は)「特には気にしていない。うれしいですよ。いい成績だと思います」

逸ノ城(後方)に引き落としで敗れる明瀬山(撮影・鈴木正人)

逸ノ城(左)に引き落としで敗れた明瀬山(撮影・鈴木正人)


豊 山(4勝3敗)とったり照 強(3勝4敗)

豊山(右)をとったりで破る照強(撮影・中島郁夫)


琴ノ若(5勝2敗)肩透かし翠富士(5勝2敗)

★琴ノ若「つかまえたかったけど先に動かれて、相手のペースになってしまった。しっかり引きずらないように切り替えていきたい」

琴ノ若(手前)を肩すかしで破る翠富士(撮影・鈴木正人)

翠富士に肩すかしで敗れた琴ノ若(撮影・鈴木正人)


佐田の海(3勝4敗)押し出し美ノ海(4勝3敗)

佐田の海(左)を押し出しで破る美ノ海(撮影・中島郁夫)

十両

宇良(5勝2敗)とったり矢後(3勝4敗)

矢後(手前)をとったりで破る宇良(撮影・鈴木正人)

矢後(手前)をとったりで破る宇良(撮影・鈴木正人)

矢後(手前)をとったりで破る宇良(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

12月感染の天空海 変則立ち合いも黒星「工夫して」

天空海(手前)をすくい投げで破る豊山(撮影・菅敏)

<大相撲初場所>◇3日目◇12日◇東京・両国国技館

東前頭13枚目天空海(30=立浪)が、工夫を凝らした立ち合いをするも不発となった。

東前頭15枚目豊山(27=時津風)の突進に対して、左に動きながら右足で蹴手繰りを狙ったが不発。豊山の突き押しに負けじと応戦するも、すくい投げで敗れた。「流れで足が取れたらいいかなと思ったけど届かなかった」と頭をかいた。

昨年12月に新型コロナウイルスに感染した。重症には至らずに順調に回復したが、本格的に稽古を再開できたのは、本場所初日の1週間前からだったという。相撲を取る稽古でも、相手は幕下以下の若い衆が中心。「まだ完全に復活はできていない」と万全ではない中で土俵に上がっている。だからこそ「工夫してやっている感じ」と、この日の立ち合いだった。

豊山にすくい投げで敗れた天空海(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

天空海が21年初白星、12月にコロナ感染も回復

照強(左)を引き落としで破る天空海(撮影・河田真司)

<大相撲初場所>◇2日目◇11日◇東京・両国国技館

東前頭13枚目天空海(30=立浪)が待望の21年初白星を挙げた。小兵の照強に潜り込まれたが、反応よく引き落としを決めた。

昨年12月上旬に新型コロナに感染するも、順調に回復して出場。「いつも通りです」と相撲勘は鈍っていない。周囲の応援や支えに感謝しつつ「出来るだけ早く白星を先行させたい。ここから星を伸ばしていきたい」と恩返しを誓った。

照強(右)を引き落としで破った天空海(撮影・菅敏)

関連するニュースを読む