上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

黒い血流した小悪魔ブリスが悪霊から離脱?「楽しいことは始まったばかり」

ブランコに乗って登場し、不敵な笑みをみせたアレクサ・ブリス(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇12日(日本時間13日)◇米フロリダ州タンパ・イングリングセンター

「小悪魔」アレクサ・ブリスが「ザ・フィーンド(悪霊)」ブレイ・ワイアットの洗脳から離脱したような意味深な発言を展開した。

ブランコに乗ったブリスは、11日のレッスルマニア37大会第2日、ワイアット-ランディ・オートン戦での自らの行動に言及。特大オルゴールボックスの上に姿をみせた際、黒い血に染まった姿をワイアットに公開。動揺したワイアットは隙を突かれ、オートンにRKOを食らって敗れていた。

「レッスルマニアは楽しかった~。なぜ、私があんなことをしたのかストーリーで説明してあげる」と前置きしたブリスは「ある日、少女はダークネスに助けられた。ダークネスは少女を守り、新しいことを教えて育てた。しかし、少女はダークネスが必要ないと気づいたのかも。分かっているのは彼女が本当に邪悪なものを解き放ったってこと。楽しいことはまだ始まったばかりよ」と解説した。

さらに新たな友達として不気味なパペットを紹介し、不敵に笑っていた。

関連するニュースを読む

オートンが小悪魔ブリスの“呪術”介入で黒い吐血

「小悪魔」ブリスの呪術を受け、黒い血を吐くオートン(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇8日(日本時間9日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

「毒蛇」ランディ・オートンが特級呪術師となった「小悪魔」アレクサ・ブリスの呪術介入で吐血した。

AJスタイルズとのシングル戦で、ブリスの呪術を受けて黒い血を吐き、大ダメージの中、相手必殺のフェノメナル・フォアアームに沈んだ。

バックステージで「アレクサやフィーンド(ブレイ・ワイアット)に呪われてオートンの頭に声が響くだって。くだらない」とオモスとともにばかにしていたAJスタイルズに対し、オートンが姿をみせて舌戦を展開。さらに「ばかにしているんじゃない。お前が弱いだけだ」と言われたオートンは我慢の限界に達した。「リングでどれだけ俺が『弱い』のか。わからしてやる」と対戦を要求した。 メインイベントで組まれたAJスタイルズとのシングル戦。カーフ・クラッシャーで捕まえられながらも、エレベイテッドDDTを成功させてトドメを刺そうとすると、敵セコンドのオモスのサポートでAJスタイルズの一時退散を許した。すると大型ビジョンに不気味な音色のオルゴールを回すブリスが姿をみせてマッチの火を消すと、リングコーナーに火柱がのぼった。突然、オートンは苦しみだし、黒い血を吐いて倒れ込んだ。何とか立ち上がるとAJスタイルズのフェノメナル・フォアアームを浴びて3カウントを許した。特級呪術師の技とも言えるブリスの不気味な呪術介入で、オートンは屈辱の黒星を喫していた。

ビジョンに登場した「小悪魔}ブリスをにらみつけるオートン(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

エッジが因縁オートンを撃破 ブリス登場で流れ一変

オートン(下)を馬乗りになって殴るエッジ(C) 2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

<WWE:ロウ大会>◇1日(日本時間2日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

1月31日のPPV大会ロイヤルランブルで開催された30人出場時差式バトルロイヤル(RR)戦を制したエッジが、メインイベントで因縁の「毒蛇」ランディ・オートンを撃破した。

試合前、オートンから「俺は以前、エッジはもう復帰できないと言ったのに、お前がRR戦に出場したからうそつきになったじゃないか。今日の試合は慈悲や同情はない。だから(4月の年間最大の祭典)レッスルマニアでは、お前の(世界)王座戦はないぞ」と理不尽に非難された。するとエッジは「俺はレッスルマニアで王座を取り戻さなければならない。もうこれを終わらせる」と因縁決着を宣言し、リングに向かった。

エッジは即座にクロスボディやビックブーツで襲いかかった。オートンのパワースラムなどで反撃を受けると、ショルダータックルでオートンを防護壁にたたきつけた。手段を選ばないオートンにサミング攻撃を受けた後、場外戦では解説席に投げ飛ばされ、エレベイテッドDDTまで決められるピンチに陥った。

しかし突然、オートンと因縁が続く「黒い小悪魔」アレクサ・ブリスの登場でオートンが動揺。口から血を流しながらコーナーに座るブリスの姿に動きの止まったオートンに対し、エッジが鋭いスピアーで押し倒し、そのまま3カウントを奪取。前夜のRR戦優勝に続き、オートンとの因縁シングル戦でも白星を挙げた。この日は、WWEヘビー級王座かWWEユニバーサル王座のどちらに挑戦するかを選択しなかったもが、4月10、11日開催のレッスルマニア37大会(米タンパ)でのタイトル戦を見据えていた。

オートン(後方)にスピアーを成功させたエッジ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.
口から出血しながらオートン(手前)の目前に登場した「小悪魔」ブリス(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

アスカが王座陥落を免れる オートン乱入で無効試合

アレクサ・ブリス(後方)に首を絞められるロウ女子王者アスカ(c)2021WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:ロウ大会>◇25日(日本時間26日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

「毒蛇」ランディ・オートンの乱入で、ロウ女子王者アスカが何とか王座陥落のピンチを免れた。前週のノンタイトル戦でフォール負けを喫してきた「小悪魔」アレクサ・ブリスとの防衛戦がメインで組まれた。

「フィーンド(悪霊)」ブレイ・ワイアットに洗脳され「新しいおもちゃを身に着けるチャンスだわ」と意気込んできたブリスに対し、アスカは序盤から投げ飛ばし、ミサイルキックを放つなどエンジン全開。突如、木馬に乗って遊んだり、チンロックを決めてきたブリスの幻惑攻撃に苦しめられたものの、ヒップアタックやスープレックスの連続攻撃で応戦した。すると会場が暗転し、突然泣いていたブリスが暗闇から「黒い小悪魔」に変貌して目前に登場すると、アスカは背後を取られ、最後にマンディブル・クローを浴びてしまった。

王座陥落のピンチとなったが、ブリスの背後には顔にやけどを負ったオートンが乱入。2週前にファイアボールを投げつけきた小悪魔をRKOで大の字にしてしまい、無効試合になったようだ。

シャーロット・フレアーとWWE女子タッグ王座を保持するアスカ(C)2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連するニュースを読む

アスカ初遭遇の悪霊パワーに屈す ブリスに敗戦

感情の起伏が激しく、情緒不安定なアレクサ・ブリス(右)におびえるアスカ(C)2021WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:ロウ大会>◇18日(日本時間19日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

2冠(ロウ女子、WWE女子タッグ)王者アスカが、初遭遇の悪霊パワーに圧倒された。メインイベントで「フィーンド(悪霊)」ブレイ・ワイアットに洗脳中のアレクサ・ブリスとシングル激突し、まさかのフォール負けを喫した。

バックハンドブローからヒザ攻撃、シャイニング・ウィザードで攻め込み、2冠王者らしく優位に試合を進めていたはずが、技が効いていないかのようにブリスに笑われてしまった。すると突然、リングが暗転し、暗闇からブラックの衣装と口紅に変わった「黒い小悪魔」のブリスが目の前に登場。強烈なキックはかわされ、コーナーではフィーンドのように逆さづりになって威嚇された。マンディブル・クローは何とか回避し、裏拳やハイキックで局面打開を狙ったが、最後はシスター・アビゲイルを浴びて3カウントを許した。

ピンフォール負けとなったアスカを横目に、ブリスは元の姿に突然、戻るとフィーンドが憑依(ひょうい)しているかのように「レット・ミー・イン(中に入れろ)」と叫んでいた。

ブリスとの対戦前、アスカは「アレクサもフィーンドも恐れていない」と意を決し、ブリスのコーナー「アレクサズ・プレイグラウンド」に登場。31日のPPV大会で組まれる女子ロイヤルランブル戦(30人による時間差バトルロイヤル)出場を発表したブリスから「アスカはロウ女子王者だから、レッスルマニアで対戦するかもね」と王座挑戦をほのめかされた。

不気味なブリスに戸惑いながらもアスカは「とても光栄。あなたのファンなのよ」と言いながらワイアットのセリフをモノマネしたり、ダンスを踊って暗い空気を変えようとしたが、ブリスに「もう十分よ。止めて」と怒られたり、すぐに「こんなはずじゃなかった」と情緒不安定な態度を示されて困惑。アスカが「フィーンドはまだここにいるよ」とランディ・オートンに火葬されたワイアットに触れて慰める「彼の名前を口にするな」と再び激怒されるなど、最初から最後までブリスに翻弄(ほんろう)されっぱなしだった。

ブランコに乗ったアレクサ・ブリス(右)に翻弄(ほんろう)されたアスカ(C)2021WWE,Inc.AllRightsReserved.
アレクサ・ブリス(右)のシスター・アビゲイルを浴びるアスカ(C)2021WWE,Inc.AllRightsReserved.

関連するニュースを読む

オートンがガソリンかぶったブリスの前でマッチ点火

ガソリンをかぶったブリス(右)と向き合うランディ・オートン(C)2020WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:ロウ大会>◇28日(日本時間29日)◇米フロリダ州セントピーターズバーグ

「毒蛇」ランディ・オートンが、ガソリンをかぶった「小悪魔」アレクサ・ブリスの前でマッチに火をつけた。20日のPPV大会TLCで「ザ・フィーンド(悪霊)」ブレイ・ワイアットに火を放ったが、今度はワイアットに洗脳されたブリスにも火を向けた。

先にブランコに乗りながら姿を現したブリスが「『彼』が戻ってくるの楽しみ。『彼』はハルク・ホーガンが登場する次週のレジェンドナイトか、それともオートンがプレイグラウンドに来るのを待ってるのかな?」とワイアットの復帰を待ちわびていると、オートンが仕掛けた。

会場ビジョンに映し出されたワイアットの世界「ファイアフライ・ファンハウス」に姿を現したオートンは「本当にフィーンドが戻ってくると思っているのか? 戻ってきたとしてもお前以外に何も残ってないぞ」と言いながら次々と破壊行為に及んだ。怒って宣戦布告してきたブリスにリングへと呼び出されたオートン。目の前でギフト箱から取り出したガソリンをリングにまいたブリスから「『彼』にしたことと同じことをして」と要求。さらにガソリンをかぶった小悪魔に「ガッツがないのね。クソ野郎」とののしられた。

すると、オートンは覚悟を決めたように「俺は人が苦しむ姿が見たいんだ。フィーンドに会いたいなら火を付けてやる」と宣言。直後に会場が暗転すると、オートンはマッチに火をつけていた。

関連するニュースを読む

小悪魔ブリス、心理戦仕掛け元盟友クロスを沈める

気持ち悪いほどの笑顔でニッキー・クロス(下)をフォールするアレクサ・ブリス(C)2020WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:ロウ大会>◇23日(日本時間24日)◇米フロリダ州オーランド

「ザ・フィーンド」ブレイ・ワイアットに洗脳された“小悪魔”アレクサ・ブリスが元盟友までも心理戦で陥れた。

タッグを組んでいたニッキー・クロスをシングル戦で撃破した。

人気ホラーコーナー「ファイアフライ・ファンハウス」に登場したワイアットから「フレンドシップは良いものではない。今日の相手ニッキーのように」と言われたアレクサは、リングでクロスに「何が問題なんだ?」と叫ばれながらクローズライン(ラリアット)やストンプ連打で攻め込まれた。不敵に笑っていたブリスは強烈なクロスボディを浴びると、突然泣きだしてリングに崩れ落ちた。

ブリスは「ごめんなさい」と泣きながらクロスに抱きつくと、再び態度が急変。油断したクロスをシスター・アビゲイルで沈めてしまった。まるでホラームービーのような心理戦を仕掛け、元盟を撃破したブリスは笑いながらフォールし、笑顔でリングを立ち去っていた。

ブレイ・ワイアット(左)と並ぶアレクサ・ブリス(C)2020WWE,Inc.AllRightsReserved.

関連するニュースを読む

小悪魔ブリスの暴走止まらず 洗脳で悪霊オーラ全開

ワイアットに洗脳され、暴走を続ける「小悪魔」アレクサ・ブリス(左)。右はWWEヘビー級王者オートン(C)2020WWE,Inc.AllRightsReserved.

<WWE:ロウ大会>◇2日(日本時間3日)◇米フロリダ州オーランド・アムウェイセンター

元ロウ、スマックダウン両女子王者の「小悪魔」アレクサ・ブリスの暴走が止まらない。

人気女子選手が元WWEユニバーサル王者の「悪霊」ブレイ“フィーンド”ワイアットに洗脳されて悪霊オーラ全開の存在に変身。この日もオープニングに登場したWWEヘビー級王者ランディ・オートンの目前に姿を見せ「『彼』はここにくるかもよ」とワイアットの登場を匂わせ、心理戦を仕掛けた。

またワイアットの人気コーナー「ファイアフライ・ファンハウス」にも登場。ワイアットに左手で顔を覆われた後、ドロドロした長い舌を出して怖がらせた。美女レスラーが恐怖の怪奇派へと突き進んでいる。

関連するニュースを読む

小悪魔ブリスら5月19日MITB出場へ WWE

女子MITBラダー戦出場者に決まった4選手。左からブルック、ナタリア、ブリス、ナオミ(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:ロウ大会>◇29日(日本時間30日)◇ケンタッキー州レキシントン・ラップ・アリーナ

5月19日のPPV大会マネー・イン・ザ・バンク(MITB=コネティカット州ハートフォード・XLセンター)恒例となる、天井に吊るされた王座挑戦権利証入りのアタッシュケースを奪い合うMITBラダー戦の男女一部出場者が発表された。

小悪魔キャラの元女子王者アレクサ・ブリスが受け持つコーナー「モーメント・オブ・ブリス」で発表された。ナタリア、デイナ・ブルック、ナオミ、そしてブリス自らも出場すること発表すると会場は大盛り上がり。試合用のシューズを履いていないブリスは、いきなりナオミに前哨戦の提案を受けて渋々と受諾。靴ひもがほどけて試合に集中できず、ナオミの開脚ムーンサルトを浴びて3カウントを奪われてしまった。

また合わせて男子MITBラダー戦出場者も発表され、ブラウン・ストローマン、リコシェ、ドリュー・マッキンタイア、バロン・コービンに決定。舌戦を展開した4人はストローマン、リコシェ組-マッキンタイア、コービン組のタッグ戦で激突した。マッキンタイアに殴られて仲間割れしたコービンに対して、ストローマンがランニング・パワースラム、リコシェもシューティングスタープレスをさく裂させ、勝利を飾った。

急きょ決まったナオミ(上)とのシングル戦に敗れたブリス(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

関連するニュースを読む