上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

兄は元世界王者…山中菫デビュー連勝も「反省多い」

2連勝の山中菫(右)は応援に駆けつけた元世界王者の兄・竜也とポーズ(撮影・実藤健一)

<プロボクシング:女子ノンタイトル戦>◇4日◇大阪・堺市産業振興センター

元WBO世界ミニマム級王者山中竜也(26)の妹、菫(19=真正)が、プロデビュー2連勝を飾った。

アトム級4回戦で山田夏牙(24=セレス)と対戦。サウスポー同士、テクニカルな一戦となったが、山中が判定2-0で制した。試合後は「反省が多い。練習してきたことが出せなかった」と渋い表情。一方で応援に駆けつけた元世界王者の兄は「動きはよかった。センスは高い」と評価した。

兄の影響を受け、相生学院高校でボクシングを始めた。しかし、兄は18年7月の2度目の防衛戦で敗れた際、硬膜下血腫を患い、引退となった。それにショックを受け、一時はボクシングから遠ざかったが、再びリングへの道を選択した。

順調にプロの道を歩み出したが、志は高い。「今のままでは全然ダメ。来てくれるお客さんに喜んでもらえる試合がしたい」とプロ魂を口にした。

関連するニュースを読む