上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

MIO「攻撃的なスタイルを目標」K1女子の武尊を目指す

23日のK-1大田区大会で菅原美優との女子アトム級注目対決に臨むMIO(C)K-1

K-1女子の武尊を目指す-。元シュートボクシング日本女子ミニマム級王者でK-1女子アトム級のMIO(26)が同門のエース、スーパーフェザー級王者武尊(29=ともにK-1ジムSAGAMI-ONO KREST)さながらの攻撃的ファイトを誓った。23日のK-1大田区大会(東京・大田区総合体育館・日刊スポーツ新聞社後援)で菅原美優(21=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)との同級3分3回の注目対決を控える。

MIOは「女子同士が倒しちゃうという、ギャップのある試合がしたい。(所属の)KRESTらしさを女子の試合で体現していけたらと思います。やっぱりパンチが好きなので、フィニッシュはパンチでいきたいですし、武尊選手のように攻撃的なスタイルを目標としています」と注目女子対決のテーマを掲げた。同門のエースの名前を挙げながら「女子の武尊」を目指す。

今年3月のケイズフェスタ4大会Day2からの連続参戦ながらも「前回の試合が終わって、そのまま追い込みに入ったので、ずっと追い込めていて体調はいいです。すごく充実した毎日を送っています」と充実した表情。同大会メインで武尊がKrushスーパーフェザー級王者レオナ・ペタスを激しい打ち合いの末、2回KO撃破した試合を挙げ「やっぱり試合は気持ち、魂の戦いだなと思いました。今回の菅原戦は、対戦相手のタイプとしても武尊選手の戦い方がマッチするものだったので、マネできるところはマネしたいなと思います」と刺激も受けている。

現Krush女子アトム級王者でもある菅原との対戦発表の反響も大きいという。MIOは「菅原選手は華があって、今かなり波に乗ってる子だし、このまま私がやられちゃうと、そのままいい波に乗ってガーンと行っちゃうと思うので、意地でも止めたいと思います」と対抗心むき出し。シュートボクシング女子軽量級のエースとして活躍後、19年8月からK-1参戦。20年9月の高梨“Knuckle”美穂とのK-1初戦こそ判定負けを喫したものの、3月には元ボクシングWBO女子世界ミニフライ級王者山田真子からパンチで2度のダウンを奪って勝利した。MIOは「次もしっかり自分の動きを出して勝てたら『K-1の戦い方に慣れた』と言えると思います」と気持ちを高揚させていた。

所属ジムの渡辺雅和代表(左)のミットを狙い撃ちするMIO(C)K-1
真剣な表情で所属ジムの渡辺雅和代表(左)が持つミットを打ち抜いたMIO(C)K-1

関連するニュースを読む

K1大注目の1戦! MIOと菅原美優は互いにリスペクト 女子アトム級

ファン待望の1戦が決まったMIO(左)と菅原美優(撮影・吉池彰)

K-1で大注目の1戦が決まった。MIO(26)と菅原美優(21)が5月23日、東京・大田区総合体育館で開催の日刊スポーツ新聞社後援「K-1 WORLD GP 2021」で、女子アトム級(45キロ)スーパー・ファイトを行うもので、主催のK-1実行委員会が17日、都内で発表した。

2人はともに3月のケイズフェスタ4で、無敗の相手からダウンを奪って判定勝ちし、実力を見せた。菅原はDay1(21日、東京ガーデンシアター)のアトム級でNOZOMI(16)に、MIOはDay2(28日、日本武道館)の女子46キロ契約で山田真子(26)に、それぞれ初黒星をつけた。MIOは同試合の一夜明け会見で「菅原さんは華があって、倒したい1人」と話していたが、早くもその希望に応える1戦が組まれた。

会見の冒頭、菅原が「キャリアがすごく上の選手に挑む形の試合は、なかなかなかった」と言えば、MIOは「勢いに乗っている選手を倒したい」と互いに相手をリスペクトした。そして、ともに目指すK-1のベルト獲得に向けて、MIOは「私が先に行く。しっかりこの試合で自分の強さを証明する」と宣言した。菅原は所属ジムの先輩であるK-1女子フライ級王者の名を挙げ、「KANAさんといっしょにK-1女子を背負って行きたいと言ったので、大事な試合。倒しにいくと倒されそうなので、今回は勝ちにこだわりたい」と必勝を誓った。

会見で笑顔を見せる菅原美優(撮影・吉池彰)
会見でKO勝利を誓うMIO(撮影・吉池彰)

関連するニュースを読む

MIO勝利一夜明け K1新階級ベルト獲得宣言

試合一夜明け会見で笑顔を見せるMIO(撮影・吉池彰)

K-1期待の女子ファイターMIO(25)が29日、K-1新階級のベルト獲得を宣言した。ケイズフェスタ4Day2(28日、日本武道館、日刊スポーツ新聞社後援)の女子46キロ契約スーパーファイトで、山田真子(26)に判定勝ち。この日は都内での一夜明け会見に臨み、今後の目標に向け、やる気を見せた。

これまで48キロ(ミニマム級)が主戦場だったが、28日の勝利で45キロ(アトム級)も視野に入ってきた。昨年9月はミニマム級でのK-1初リングで、高梨knuckle美穂(27)に判定負け。今回は元プロボクシング世界王者山田から2度のダウンを奪ってのK-1初勝利を飾った。

今後については、48キロで高梨にリベンジを目指す一方、45キロで菅原美優(21)とやりたい気持ちもある。「菅原さんは華があって、倒したい1人になっている」というMIO。28日に45・6キロでリングに上がった試合で、「いろんな方から今までで一番動きが良かったと言われた」。自身でもそのことは実感しているようで、ファンの期待する菅原戦が今後、現実味を帯びてきた。

MIOとの対戦が待たれる菅原美優(3月22日撮影)

関連するニュースを読む

MIOがK1初勝利、元ボクシング世界王者に判定

MIO対山田真子 判定勝ちしたMIO(左)(撮影・丹羽敏通)

<K-1:ケイズフェスタ4Day2>◇28日◇日本武道館

女子46キロ契約スーパーファイトは、初代シュートボクシング日本女子ミニマム級王者のMIO(25)が、元プロボクシングWBO女子ミニフライ級王者の山田真子(26)に3-0で判定勝ちした。

MIOがK-1初勝利を挙げた。38勝4敗の戦歴を引っさげて昨年9月、K-1リングに登場したが、高梨knuckle美穂に判定負け。今回は元プロボクシング世界王者から2度のダウンを奪い、見事なフルマークでの勝利となった。

「K-1で初勝利を飾ることができ、安心したのとうれしい気持ちでいっぱい」とMIOは安堵(あんど)の笑みを浮かべた。ここまで10戦負けなしの相手について「近い距離のテクニックがうまい」と評したMIOは、所属ジムでの練習で「強気に行く」スタイルを体にたたき込んだ。結果は「女子高生以来7年ぶりにダウンも取れた。次は高梨選手に絶対リベンジする」と笑った。

今後の目標はK-1女子新階級のベルト獲得。「自分は48キロ(ミニマム級)しかやってこなかったが、45、46キロもありかと思う」と、この日の出来に、アトム級(45キロ)にも狙いをつけていた。

MIO対山田真子 3回、パンチを打ち込むMIO(左)(撮影・丹羽敏通)
MIO対山田真子 2回、ダウンを奪ったMIO(左)(撮影・丹羽敏通)

関連するニュースを読む

山田真子が引退届 他の格闘技転向検討

 日本ボクシングコミッション(JBC)は8日、2月に世界ボクシング機構(WBO)女子ミニフライ級王座に就いた山田真子(20=博多協栄)が5月31日付で引退届を提出したと発表した。JBCはヒアリングを実施した上で受理した。関係者によると他の格闘技への転向を検討しているという。山田は19歳で臨んだ2月の世界戦で判定勝ちし、日本女子選手初の10代世界王者となった。

関連するニュースを読む

WBO王者の山田が引退届、格闘技転向か

 日本ボクシングコミッション(JBC)は8日、2月に世界ボクシング機構(WBO)女子ミニフライ級王座に就いた山田真子(20=博多協栄)が5月31日付で引退届を提出したと発表した。

 JBCはヒアリングを実施した上で受理した。関係者によると他の格闘技への転向を検討しているという。

 山田は19歳で臨んだ2月の世界戦で判定勝ちし、日本女子選手初の10代世界王者となった。

関連するニュースを読む

19歳山田真子がWBO日本女子初王者

 世界ボクシング機構(WBO)女子ミニフライ級タイトルマッチが9日、韓国の春川で行われ、挑戦者で19歳の山田真子(博多協栄)が2-1の判定で王者のホン・ソヨン(韓国)を破り、新チャンピオンとなった。

 日本ボクシングコミッション(JBC)が昨年4月に加盟したWBOで日本女子初の王者。JBCの女子公認後、日本女子選手が10代で世界タイトルを奪取したのも初めてとなった。

関連するニュースを読む

山田真子が3-0判定勝ち/ボクシング

判定勝ちに舌を出して照れるWBC世界女子アトム級12位の山田(撮影・菊川光一)

<青少年育成チャリティーボクシング>◇21日◇福岡・九電記念体育館

 メーンの8回戦に登場したWBC世界女子アトム級12位の山田真子(19=博多協栄)は、WBC世界女子バンタム級24位のチャマゴーン・シットサイトーン(23=タイ)を下した。

 初のサウスポーに苦戦したが、持ち前のフットワークをいかしフルラウンドの末、3-0の判定勝ち。来年2月9日、韓国で行われるWBO世界女子ミニフライ級王者、ホン・ソヨン(26=韓国)とのタイトルマッチへ弾みをつけた。ホンは2度防衛の強豪。だが山田は「絶対、勝って糸島(出身の福岡・糸島市)にベルトを持って帰りたい。今まで支えてくれた皆さんに恩返ししたい」と意気込んだ。