上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

「癒やしの正統派キレイなお姉さん」K1ガールズ新メンバー5人目川瀬もえ

2021年の「K-1 GIRLS」に初めて起用された川瀬もえ(C)K-1

K-1実行委員会では、このほど「K-1 WORLD GP」に華を添える「K-1 GIRLS」の新メンバー6人を決定。公式サイト(https://www.k-1.co.jp/)で12日から6日間連続で1人ずつ発表している。

16日発表の5人目は川瀬もえ。初の「K-1 GIRLS」起用となる。プロフィルは以下の通り。

◆氏名 川瀬もえ Kawase Moe かわせ・もえ

◆キャッチコピー 癒やしの正統派 キレイなお姉さん

◆身長 167cm

◆生年月日 1993年12月30日

◆スリーサイズ B87/W60/H84

◆出身地 京都府

◆Twitter https://twitter.com/moekawase

◆Instagram https://instagram.com/kawasemoe

◆動画メッセージ https://youtu.be/B-ytWl_eIqw

関連するニュースを読む

三垣壮絶撃ち合いで10回KO/ボクシング

<プロボクシング:東洋太平洋ライト級タイトルマッチ12回戦>◇2日◇東京・後楽園ホール◇1300人

 東洋太平洋ライト級タイトルマッチ12回戦は2日、東京・後楽園ホールで行われ、王者の三垣龍次(29=M・T)が王座を死守した。3度目の防衛戦で同級3位川瀬昭二(29=松田)と対戦。序盤からの挑戦者の猛攻に対抗し、壮絶に打ち合いを展開すると10回、三垣が右ストレートで何とかダウンを奪って同回2分31秒、KO勝ちした。三垣は対戦を熱望される日本同級王者荒川仁人(29=八王子中屋)の名前を挙げ「ジムも自分も荒川選手とやりたい」と、王座統一戦の実現を希望した。

関連するニュースを読む

流血打ち合い!三垣がV3/ボクシング

<プロボクシング:東洋太平洋ライト級タイトルマッチ12回戦>◇2日◇東京・後楽園ホール◇1300人

 同級王者三垣竜次(29=MT)が3度目の防衛に成功した。挑戦者の同級3位川瀬昭二(29=松田)と序盤から打ち合いを展開。2人ともパンチで目の周辺をカット。壮絶に打ち合いながらも迎えた10回、三垣が右ストレートでダウンを奪取。そのまま同回2分31秒、KO勝ちとなった。

 これで4連続KO勝利となった三垣だが「相手の方が気持ちが強かった。一枚上でした」と相手をたたえた。防衛に成功した三垣は17勝(13KO)2敗、負けた川瀬は27勝(17KO)5敗5分けとなった。

関連するニュースを読む