上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

待乳山親方定年退職 チケット担当手売りからネットまで「若貴すごかった」

待乳山親方(2010年5月16日撮影)

大相撲の待乳山(まつちやま)親方(元小結播竜山)が4日に70歳の誕生日を迎え、日本相撲協会を定年退職した。三保ケ関部屋に入門し、15歳で初土俵を踏んでから55年。「この業界にずっとお世話になって、肩の荷が下りたというか、やり遂げたという感じですね。一言で55年と言いますが、こんなにやったのかと。いろんなことがありました」と振り返った。

現役時代の最高位は小結。横綱北の湖、大関北天佑とともに三保ケ関部屋をもり立て、北の湖の土俵入りの際は露払いなどを務めた。33歳で引退後は、部屋付き親方として後進の指導に当たってきた。

相撲界での一番の思い出には、病気で苦しんだ時期を挙げた。「昭和53年は上り調子で、一番いい時の54年に肝炎にかかった。体がやせ細り、黄疸(おうだん)が出て目も黄色くなった。体重は140キロ以上あったのに、25キロくらいやせましたからね。部屋の関取衆も、ばたばた倒れた」。1979年春場所ごろから三保ケ関部屋で流行性A型肝炎がまん延し、幡竜山ら10人以上が入院。名古屋場所は医師の許可を得て強行出場したものの連敗し、3日目から休場。その3場所後、幕下に陥落し、そこから1年かけて幕内に復帰した。

「今でも思い出すけど、病院の窓から外を見て、表を歩いている人がうらやましかった。もうダメかと思ったけど、そこから復活して幕内に戻ったんです」。どん底の時に励ましてくれた女性がのちの妻で、「ミス着物」にも選ばれたことがある真知子さんだった。

引退後は、長期間にわたってチケット担当として国技館の入場券売り場に詰めた。現金での手売りのみだった時代から始まり、カード払いや、チケットぴあなどネットを介した販売に移行する時期をすべて経験した。

今では考えられないが、1マスで4人が座れるチケットを売ることが、当時のデジタル化では難題だったという。「例えば、あるマス席を売る時、1つの席にチケットが4枚ある。コンピューターでは、これがダブルブッキングになってしまってできないんです。そういう面で苦労しました」。

チケットが売れる時も、売れない時も経験した。「若貴の時は、勢いがすごかった。手売りの時代です。売り出しの日は、国技館のエントランスに売り場を設置すると、お客さんがばーっと並ぶ。通路の下から上まで人が来ました」。15日間分が、わずか1日で売り切れた時代だった。

今はコロナ禍にあり、観客の上限を設けておきながらも、チケットが余る日は珍しくない。待乳山親方は「コロナが収まっても、すぐに(客足が)戻るわけではない。一からまたやり直しになると思う。心配ですよ」と今後を案じた。

今後については「ゆっくり考えたこともなかったですけどね。人生の区切り。のんびりしようとかと思うけど、さみしい面もありますよ」。まずは9日から始まる夏場所を、テレビで見ながら楽しむという。【佐々木一郎】

◆播竜山孝晴(ばんりゅうやま・たかはる)本名・田口孝晴。1951年(昭26)5月4日生まれ、兵庫県出身。三保ケ関部屋に入門し、1966年11月初土俵、74年7月新十両、75年3月新入幕。敢闘賞1回、十両優勝4回。引退後は、部屋付き親方に。三保ケ関部屋閉鎖後は、春日野部屋へ転籍した。

関連するニュースを読む

SD追放ダニエル・ブライアンがWWEとの契約失効、退団は否定

ダニエル・ブライアン(2013年7月4日撮影)

WWEグランドスラム達成者で「イエス男」の異名を持つ人気スター選手、ダニエル・ブライアン(39)がWWEとの契約切れを迎えたと4日(日本時間5日)、米専門サイトのレスリング・オブザーバーが報じた。

4月30日でWWEとの契約が失効したと伝えたもの。WWE側は「彼が新しい契約にサインすることを強く求めている」と説明し、退団は否定しているという。ブライアンは10年に一時的な契約失効期間を除き、09年からWWEとの契約が続いている。15~18年までは脳振とうを起こした影響でレスラーとして引退し、スマックダウン(SD)のGMを務めていた。

WWEとの契約期限だった4月30日、ブライアンは米フロリダ州タンパ・イングリングセンターで開催されたSD大会に出場。「負けたらSD追放」の条件がついたWWEユニバーサル王座戦に挑み、王者ローマン・レインズ(35)のギロチン(前方首絞め)で失神負けを喫し、SD追放が決定していた。

関連するニュースを読む

タイソンが元王者ルイスと対戦意向「9月だ」19年ぶりリベンジなるか

マイク・タイソン

ボクシングの元世界ヘビー級統一王者マイク・タイソン(54=米国)が今年9月、元3団体統一ヘビー級王者レノックス・ルイス(55=英国)とのエキシビション戦に臨む意向を示した。

28日、米ロサンゼルスでTMZスポーツの取材を受け「オレはレノックス・ルイスと戦うつもり。『9月だ』」とキッパリ。ルイス陣営と交渉している事実を口にした。

両者は現役時代も02年6月に対戦済みで、タイソンは8回KO負けを喫している。エキシビション戦とはいえ、正式に決まれば19年ぶりのリベンジマッチとなる。昨年11月、元世界4階級制覇王者ロイ・ジョーンズJr.(52)とのエキシビション戦で約15年ぶりのリングに立って以来の実戦となる。

一方、ルイスは04年に世界王者のまま現役を引退している。しかし今年初めのTMZスポーツの取材に対し、昨年11月のタイソン復帰に触発され、「大衆がそれを期待するならば交渉するだろう」とタイソンとの再戦を基本線にリング復帰に前向きな姿勢を示していた。

レノックス・ルイス

関連するニュースを読む

井岡一翔「身に覚えない」大麻疑惑報道否定 警視庁からの聞き取りは認める

20年12月、WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで田中をTKOで破りチャンピオンベルトを腰にポーズをとる井岡

ボクシング4階級制覇王者のWBO世界スーパーフライ級王者井岡一翔(32=Ambition)が、ドーピング検査で大麻成分が検出されたとの報道に対し、使用を否定した。昨年12月に都内で2度目の防衛に成功した際、大麻など禁止薬物が検出されていたと、週刊新潮のニュースサイト「デイリー新潮」などが26日に報じた。井岡サイドは警視庁から大麻検出への聞き取りがあったことは認めたが、捜査は終了したと伝えられたとし、禁止薬物の摂取を否定した。

井岡は日刊スポーツの取材に対し、弁護士を通じて文書で回答した。ドーピング検査結果については「警察から大麻成分が検出されたことは聞いた」という。警視庁による聞き取りがあったことも認めたが「大麻を摂取したことはない」と述べたとしている。

「心当たりがあるものとして、CBDオイルを使用していたという事実を伝えた。数日後に、警察から捜査は終了したと伝えられた」とも回答した。一部で塗ったり摂取したりすることで、コンディション維持につながるという見方もあるCBDオイルとは、大麻草に含まれる天然に存在する成分のうちのカンナビジオール(CBD)を抽出したもの。他にも禁止薬物の成分が検出されたと報じられているが「検出された事実の確認はしていない。もちろん、身に覚えのない事実」。いずれも意図的摂取は否定している。

試合を管理して検査を実施した日本ボクシングコミッション(JBC)からは、検査結果の開示は受けていないという。「これまで10年間、何度もドーピング検査を受け、これまでと同様に今回も臨み、なぜ、今回に限り、不正薬物が検出されたのか、疑念しかない」とも回答した。

これに対してJBC執行理事の浦谷信彰倫理委員会委員長は「回答することはない。記者会見の予定はない」と取材に応じなかった。その後、職員を通じて「明日(27日)か明後日(28日)プレスリリースを出す」とコメントするにとどめた。井岡サイドは「一連のJBCの動きは、適正手続きを大きく逸脱したもの」と主張している。

試合は日本人選手による初の複数階級制覇王者同士の対決だった。初の4階級制覇王者の井岡が、元3階級制覇王者田中恒成(畑中)を8回TKO。完勝でV2と格の違いを見せつけ、年間表彰で技能賞と年最高試合賞を受賞している。

▼フラッシュ(光文社)5月11日・18日号の報道 「日本ボクシングコミッション(JBC)の闇 井岡一翔の疑惑の尿が消えた!」との記事で、井岡の尿から「大麻」や「覚醒剤または合成麻薬の摂取が疑われる物質が検出されたと聞きました」との関係者のコメントを伝えている。また、JBCのドーピング検査に用いる検体の扱いや、疑惑への対応に問題があるとも報じている。

◆井岡一翔(いおか・かずと)1989年(平元)3月24日、大阪生まれ。11年に当時日本最速7戦目でWBC世界ミニマム級王座、12年にWBAライトフライ級、15年にWBAフライ級王座を獲得し3階級制覇。17年に1度引退したが、18年に復帰。19年にWBOスーパーフライ級王座を獲得し、日本初の4階級制覇達成。164センチの右ボクサーファイター。

20年12月、WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで田中(手前)をTKOで破り喜ぶ井岡

関連するニュースを読む

18年間「皆勤賞」の玉鷲が現役2位の673勝/夏場所新番付

玉鷲(2021年3月25日撮影)

日本相撲協会は26日、大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。現役力士の今場所達成可能な歴代10傑入りなどの記録は以下の通り(在位したことで達成済みも含む)。

【通算勝利数】

先場所、3日目から休場したものの2勝を上積みした横綱白鵬(35=宮城野)が、1172勝で歴代トップに君臨。今場所は既に休場を“表明”しており、7月の名古屋場所で更新できるか。現役2位の785勝だった横綱鶴竜(現鶴竜親方)が引退したため、現在の現役2位は玉鷲(36=片男波)の673勝。歴代10位で860勝の元関脇寺尾(現錣山親方)までは、あと187勝で、歴代10傑入りは苦しいか…。ちなみに現役3位は、西序二段94枚目の50歳力士・華吹(立浪)の670勝。単純比較は出来ないが、元横綱朝青龍の669勝を1つ上回る立派な記録だ。

【幕内在位場所数】

先場所で白鵬が、旭天鵬(元関脇=現友綱親方)を抜き歴代単独2位の100場所となり、今場所が101場所目。歴代1位の元大関魁皇(現浅香山親方)の107場所まで、あと1年、現役を続ければ並ぶ。なお、新入幕からの幕内連続在位は先場所、史上初の100場所となり、これも101場所に更新した。

【幕内出場回数】

白鵬が歴代8位の1265回だが、今場所は休場する方向で上積みは来場所以降になる。7月の名古屋場所で皆勤すれば、9月の秋場所初日に、歴代7位の安芸乃島(元関脇=現高田川親方)に並ぶ。歴代1位は、元関脇旭天鵬(現友綱親方)の1470回。

【幕内勝利数】

白鵬が1078勝で、2位の魁皇に199勝もの差をつけ歴代トップ。現役2位は玉鷲の490勝、3位は栃ノ心(33=春日野)の488勝。

【通算連続出場】

初土俵以来、無休の「鉄人記録」。歴代7位に1331回の玉鷲が入っている。04年春場所の序ノ口デビューから足かけ18年の「皆勤賞」だ。歴代6位の寺尾まで、あと28回。2場所皆勤で5位に浮上する。ちなみに1位は元関脇青葉城の1630回。

【金星獲得】

現役力士で歴代10傑(9個で三根山ら5人)入りは不在だが、ただ1人、現在8個で西前頭6枚目の逸ノ城(28=湊)に10傑入りのチャンスがあった。だが、白鵬休場で横綱戦はなし。横綱がいなければ獲得できないものだが、7個の北勝富士(28=八角)や遠藤(30=追手風)にも今後、10傑入りのチャンスがありそうだ。

関連するニュースを読む

白鵬が8年8カ月ぶり一人横綱、照ノ富士昇格で4大関に/夏場所新番付

横綱白鵬(2021年3月15日撮影)

日本相撲協会は26日、大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。

横綱は、鶴竜(現鶴竜親方)が引退したため白鵬(36=宮城野)だけとなった。番付上の一人横綱は12年秋場所の白鵬以来、8年8カ月ぶり。優勝制度が制定された1909年(明42)夏場所以降、一人横綱は宮城山、玉錦、大鵬、北の富士、千代の富士、北勝海、曙、朝青龍、白鵬と9人いるが、一人横綱経験者が再度、一人横綱になるのは初めてとなった。

大関は、照ノ富士(29=伊勢ケ浜)が再昇進したことで、19年名古屋場所(豪栄道、高安、貴景勝、栃ノ心)以来の4大関となった。照ノ富士は17年秋場所以来、21場所ぶりの復帰。大関復帰は19年九州場所の貴景勝以来、昭和以降では11人目(栃東が2回あるため12回目)。平幕陥落後の大関復帰は77年春場所の魁傑以来で、序二段陥落後の大関復帰は史上初めて。東の序列2番目の正代(29=時津風)は今年初場所以来、2度目のかど番で臨む。

三役陣は4人。先場所、小結だった高安(30=田子ノ浦)が、7場所ぶりの関脇に復帰した(三役は4場所連続)。西の関脇は、新三役から4場所連続で隆の勝(26=常盤山)。小結は西から東に回った御嶽海(28=出羽海)が3場所連続(三役は6場所連続)、西は先場所に続き大栄翔(27=追手風)が就いた。

大相撲夏場所は、5月7日予定の取組編成会議で初日と2日目の対戦相手が決定。9日の初日を迎える。

関連するニュースを読む

照ノ富士が横綱へ思い「しばらく誕生していない。大関4人で盛り上げを」

夏場所の番付発表で大関に復帰し、リモートでの会見に臨む照ノ富士

大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)の番付が26日、発表された。春場所を12勝3敗で3度目の幕内優勝を飾り、17年秋場所以来21場所ぶりに大関に復帰した照ノ富士(29=伊勢ケ浜)が会見に臨み、最高位横綱への思いを強く明かした。

「もう次の場所に頑張っていかないとという気持ちだけです」と話し、「やらなくてはいけない。そういう気持ちでやっています」と決意表明した。

横綱鶴竜が引退し、白鵬も右膝の手術で夏場所の休場は確定的。照ノ富士が復帰した4大関が、番付的に最上位となる。

照ノ富士は「横綱、大関は協会の看板力士で責任もある。ちゃんと対応して、ちゃんとした結果を残さないといけない」と話し、「横綱に上がるためには優勝に準ずる成績を残していかないといけない立場。毎場所、そこに絡んで優勝を目指していきたい」と力強く語った。

その意味では朝乃山、貴景勝、正代と大関陣で、最高位を目指す戦いのスタートともなる。照ノ富士は「自分のことは自分のこと。他人はいろいろあるだろうし」と話しつつ、「しばらく横綱も誕生していないし、大関4人で盛り上げられたらと思います」と綱とり争いの幕開けを意識した。

関連するニュースを読む

朝鬼神克忠が朝鬼神閻魔、嶺刃常乃助は峰刃幾叉丸に改名/夏場所新番付

初場所の両国国技館(2021年1月10日撮影)

日本相撲協会は26日、大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。番付降下、改名、引退などの力士、年寄など協会関係者は以下の通り。

【降下】

<幕内から十両>

豊山(27=時津風)東前頭15枚目→東十両4枚目

琴勝峰(21=佐渡ケ嶽)西前頭11枚目→東十両5枚目

<十両から幕下>

矢後(26=尾車)西十両10枚目→西幕下筆頭

【改名<1>】(しこ名の上の部分)

<幕下>

中園→島津海(しまづうみ=二所ノ関)

津志田→時乃平(ときのひら=時津風)

大天馬→北勝丸(ほくとまる=八角)

<三段目>

琴粂→琴羽黒(ことはぐろ=佐渡ケ嶽)

嶺刃→峰刃(みねやいば=錣山)

横江→剛士丸(ごうしまる=武蔵川)

琴伊藤→琴拓也(ことたくや=佐渡ケ嶽)

佐々木→北勝栄(ほくとさかえ=八角)

琴進→琴大進(ことだいしん=佐渡ケ嶽)

若松永→透輝の里(ときのさと=西岩)

<序二段>

舛乃山→舛ノ山(ますのやま=常盤山)

中田→北勝岩(ほくといわ=八角)

琴長濱→琴大河(ことたいが=佐渡ケ嶽)

福井→北勝八雲(ほくとやぐも=八角)

札野→北勝大(ほくとひろ=八角)

秋山→北勝空(ほくとそら=八角)

松岡→北勝真(ほくとしん=八角)

青乃潮→北勝潮(ほくとしお=八角)

<序ノ口>

石坂→藤雄峰(ふじゆうほう=藤島)

【改名<2>】(しこ名の下の部分も含める)

朝鬼神克忠→朝鬼神閻魔(あさきしん・えんま=高砂)

嶺刃常乃助→峰刃幾叉丸(みねやいば・きしゃまる=錣山)

横江黎→剛士丸黎明(ごうしまる・れいめい=武蔵川)

琴粂貞→琴羽黒貞晴(ことはぐろ・さだはる=佐渡ケ嶽)

琴伊藤暉→琴拓也暉紘(ことたくや・あきひろ=佐渡ケ嶽)

琴進洸希→琴大進光輝(ことだいしん・こうき)

琴長濱大河→琴大河誠哉(ことたいが・せいや)

朝玉勢一嗣磨→朝玉勢大幸(あさぎょくせい・たいこう=高砂)

若松永輝透→透輝の里大(ときのさと・だい)

【改名<3>】(年寄)

錣山矩幸→錣山瑛一(しころやま・えいいち)

【引退】

舛東欧(常盤山)光源治、大勇人(以上、峰崎)斗城丸(宮城野)華王錦(東関)綾風、宙風(以上、尾車)富栄、勇富士、八百ツ富士(以上、伊勢ケ浜)播磨灘(尾上)琴今川(佐渡ケ嶽)大翔鶴(追手風)玉の星(片男波)清水(武蔵川)太田(山響)久之虎(出羽海)霧乃龍(陸奥)煌(朝日山)東照錦(錦戸)

【退職(年寄)】

時津風正博(元前頭時津海、退職勧告処分)

千賀ノ浦靖仁(元関脇舛田山=契約満了)

【停年退職(床山)】

床淀

関連するニュースを読む

11周年天龍プロジェクト再始動 娘の嶋田紋奈氏「誇り持って進んでいく」

天龍プロジェクト新木場大会 6人タッグで勝利後、バックステージでポーズを取る、左から真霜拳號、越中詩郎、AKIRA(撮影・松熊洋介)

<天龍プロジェクト SURVIVE THE REVOLUTION>◇25日◇新木場1stRING◇無観客

今月19日に11周年を迎えた天龍プロジェクトが再始動した。

昨年11月の天龍源一郎引退5周年記念大会以来の開催は、東京都の緊急事態宣言により、無観客となった。同団体代表で、天龍の娘でもある嶋田紋奈氏は「15年までと同様、小さな所帯ではありますが、志を高く持って、伝承文化というプロレスを重んじ、誇りを持って進んでいく」と決意を語った。

島田氏からいい知らせが届けられた。3月から体調を崩して入院中の天龍が、来週にも退院予定だという。「しっかりと治療に励み退院となった。今後は天龍プロジェクトの大会を盛り上げてくれると思う」とレジェンドの復活を待ち望む。

今後は月2回ペースで興行を行っていく。インターナショナルジュニアヘビーのベルトも復活させる。「シングルのベルトは8選手によるトーナメントで争いたいと思っている。参加したい選手はぜひ」と呼び掛けた。試合後にはすでに数選手が参戦表明。嶋田氏は「天龍からは、プロレスラーに戦いの場を1つでも多く与えられるようにと言われている。ジャイアント馬場さんのいう明るく、楽しく、激しいプロレスを基本に、天龍色にアレンジした大会にしていきたい」と語った。

21年最初の大会が無観客となってしまったが「お客さんには迷惑をかけてしまったが、こういう困難に立ち向かうことが、天龍プロジェクトらしい姿だと思う」と前を向いた。来週には天龍が戻ってくる。「選手たちの覚悟を見ている人たちに届けることができた。この試合を(天龍に)真っ先に見せて、良かったと言ってもらいたいし、今後もいい試合を見せていきたい」。ようやく21年のスタートを切った天龍プロジェクト。次の大会は5月12日。順調にいけば、11日に緊急事態宣言が解除される。レジェンドが復活し、パワーアップした天プロが熱い試合を観客の前で披露する。【松熊洋介】

天龍プロジェクト新木場大会 進祐哉にヒップアタックを決める越中詩郎(撮影・松熊洋介)
天龍プロジェクト新木場大会 大会終了後、取材に応じる天龍プロジェクト嶋田紋奈代表(撮影・松熊洋介)

関連するニュースを読む

寺地拳四朗に敗れた久田哲也が引退表明「やり切って負けたので悔いはない」

8回、寺地拳四朗(右)に左ストレー打つ久田哲也(撮影・和賀正仁)

<プロボクシング:WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ12回戦>◇24日◇エディオンアリーナ大阪

王者寺地拳四朗(29=BMB)に0-3の判定負けを喫した挑戦者の同級1位久田哲也(36=ハラダ)が現役引退を表明した。

19年10月、WBA世界同級スーパー王者京口紘人(ワタナベ)に判定負け以来、約1年6カ月ぶりとなるリングで、2戦連続の世界挑戦だったが、またもベルトをつかむことはできなかった。

これでプロ11敗目となった36歳は、試合後に「やり切って負けたので悔いはない。引退します。世界を取れなかったので悔いはないとは言えないが、やり切りました」とグローブを外す決意を示した。

昨年12月に食道がんのため79歳で亡くなったハラダジム先代会長の原田実雄さんの墓前に王座奪取を報告できなかったことに「ベルトを届けられなくて…会長、ごめんなさい」と謝った。会場には淳子夫人と3人の愛娘も応援に駆けつけていた。久田は「支えてくれた妻、応援してくれた子供にありがとうと言いたい。19歳から17年間、42戦しました。丈夫な体に生んでくれた両親にも感謝したい」と口にしていた。

判定で久田哲也(左)を破り拳を握る寺地拳四朗(撮影・和賀正仁)

関連するニュースを読む

押尾川親方が新たな部屋創設 部屋には学生向けシェアハウスなど検討

新たに部屋を建てる場所で記念撮影をする押尾川親方(押尾川親方提供)

大相撲の押尾川親方(41=元関脇豪風)が東京・墨田区内に新たに相撲部屋を興すことが22日、分かった。

同親方は19年初場所中に現役引退し、尾車部屋の部屋付き親方として後進の指導にあたっている。来年4月に師匠の尾車親方(元大関琴風)が日本相撲協会の定年となる65歳を迎えるため、東京・江東区の尾車部屋とは別地に部屋を構えることになった。

電話取材に応じた押尾川親方は「師匠の来年4月の誕生日と定年をお祝いしてからなので、独立という形になる」と話した。新しい部屋には、尾車部屋所属の力士が転籍する見通し。名跡の交換は今後の話し合いになるため、「尾車部屋」「押尾川部屋」のどちらになるのかは未定という。

新たな部屋は東京スカイツリーにほど近く、来春に完成予定だ。押尾川親方は「稽古場は厳しく、稽古が終わって土俵を離れたらチームワークのある部屋にしたい」と抱負を口にした。力士への指導については「今の時代はきつい言葉を言ってやらせる時代ではない。自分も師匠になるにあたって、指導をもっと勉強していかないといけません。言われてやるのではなく、自主性は最大の武器になります。稽古場で力士がそのように取り組めるようにしたい」と話した。

部屋は6階建ての予定。1~3階が相撲部屋で、4~6階はワンルームマンションや学生向けのシェアハウスなどにすることを検討中だという。「近くに、情報経営イノベーション専門職大学と千葉大学(墨田サテライトキャンパス)ができた。同年代の人たちと交流を持ってもらいたいと思っています」と地域の人との交流も視野に入れた。

また、自身の経験を生かして、部屋にはあえてトレーニングルームを作らず、近くのジムを積極的に活用していく。「ジムはメンテナンスがしっかりしており、最新の器具もある。自転車ですぐのところにいろんなジムがある。そういう細かいところも考えて、場所を選びました。稽古場には、ダンベルなど最低限のものは置きます」。現役時代、トレーニング法にもこだわって戦い抜いてきた押尾川親方らしく、1年後に向けて構想を練っている。

新たに部屋を建てる場所で記念撮影をする押尾川親方(押尾川親方提供)

関連するニュースを読む

阿武咲が合同稽古皆勤「現状維持はない」角度にこだわりさらなる向上模索

夏場所に向けた合同稽古で関取衆との申し合いに参加した阿武咲(右)(代表撮影)

大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)に向けた合同稽古の最終日が両国国技館内の相撲教習所で行われ、平幕の阿武咲(24=阿武松)が計4日間を皆勤した。

最終日は小結御嶽海や平幕の若隆景らと計14番相撲を取って9勝5敗だった。合同稽古の“常連”となっている阿武咲は「先場所大負けしたので今場所に懸ける思いもありますし、そこは(いい稽古が)できたと思う」と振り返った。

西前頭筆頭に就き18年初場所以来3年ぶりの返り三役を目指した先場所は、4勝11敗と苦しんだ。現在の修正点は、相手に当たる「角度」という。「どこで爆発させるか、圧力を。タイミングだったり距離だったり、そういうところを(今回の合同稽古で)つかめたので良かった」。仕切り線の立ち位置なども常に模索している。「引退するまで常に上を目指してやっていかないと先はないと思っているので、現状維持はないという感じです」と話した。

夏場所に向けた合同稽古で関取衆との申し合いに参加した阿武咲(右)(代表撮影)
夏場所に向けた合同稽古で関取衆との申し合いに参加した阿武咲(右)(代表撮影)

関連するニュースを読む

プロレスと格闘技「道」追求もいまだ届かぬ境地/タイガーマスクの40年3

初代タイガーマスクこと佐山サトル(2007年4月26日撮影)

「タイガーマスク」佐山サトル(63)は、プロレスだけでなく、格闘技にも力を注いできた。23日にデビュー40周年を迎える初代タイガーマスクの記念大会「ストロングスタイルプロレス」(22日、後楽園ホール)に向け、佐山が日刊スポーツの取材に応じた。「タイガーマスクの40年」と題した連載最終回(全3回)は、格闘技の世界へ。

衝撃的なデビューから2年がたった。3年目に突入した83年も、タイガーマスク人気は衰える気配はなかった。試合をこなし、イベントに顔を出し、殺到するマスコミ取材に対応する…。プロレスラーとして誰もが羨望(せんぼう)する地位を築いた。リング上のパフォーマンスも円熟味を増していた。しかし、25歳になった佐山は、そんな現状に物足りなさを感じていた。

78年5月のデビュー戦後間もなく、新日本に新設するマーシャル・アーツ部門の「第1号選手にする」と指名された。以来ずっと、佐山は格闘家になるための練習を続けていた。実は「18歳くらいから格闘技を取り入れようと考えていた」という。メキシコ、英国での海外修行中も、自室に自腹で購入したサンドバッグを備え付けた。タイガーマスクになってからも、毎朝の走り込みを欠かさず、イメージトレーニングも続けていた。

83年6月12日、タイガーマスクは突然赤いパンタロンを履いてリングに登場した。メキシコシティーでのフィッシュマンとのWWF世界ジュニアヘビー級王座決定戦で、マーシャル・アーツで着用するコスチュームをまとった。得意の4次元殺法も駆使したが、それ以上に蹴り技で相手を圧倒した。負傷により1度手放した王座を奪回するとともに、格闘技への情熱をリングの上でアピールした。

心の中に閉じ込めていた欲求をリング上で解放したことで、佐山は腹の底から沸き上がる格闘技への情熱を抑えることができなくなった。フィッシュマン戦から国内シリーズが開幕する同7月1日までの半月間で引退の意志を固めた。同シリーズでもパンタロンをはいて戦い続けた。ファイトスタイルも格闘家に近くなっていた。佐山の心は完全にタイガーマスクから離れていた。

83年8月、新日本に契約解除を告げ、引退を表明した。84年2月、タイガージムを設立して新しい形を模索。ジム開設から2年後の86年6月、ついに理想とする格闘技「シューティング(現・修斗)」の記念すべき第1回大会を開催した。グローブやリングなど、考えたルールは60項目にもなったという。ジムでは技術を教え、選手を育てた。「プロレスラーは、寝技はやっているが、打撃も含め、総合的なものをやっていこうと新しい競技を作った」。

プロレス界で革命を起こした男が、格闘技というリングで先駆者になった。「プロレスと格闘技は融合しない」という理論は今も変わりはない。「格闘技の世界では1回負けることは許されない。選手は命を懸けて勝つための練習をやって、リングに上がっている」。プロレスと格闘技をへてたどり着いたのは「プロレス最強」。プロレスラーは格闘家としての強さを備えた上で、ファンを喜ばせるテクニックを身につけていなければならないという。

22日の大会で、リングに上がる愛弟子のスーパータイガーは、格闘家からプロレスに転向した。自身の精神論に一番近いと考える。「まだプロレスに慣れていないところがある。体で表現できていないというか。そこがしっかりしてくれば、分かってくると思う」と愛弟子の成長に期待する。

いずれは礼儀を重んじ相撲、柔道のような「道」を作りたいと考えている。「シューティングも武道にしたくて修斗という(漢字の)名前にした」。天覧試合をやろうと計画したこともあった。技術は教えられても、精神的な部分は現在も模索中だ。自身もまだその境地にたどり着いてないという。「精神を統一して、不動心で試合に臨む。そのためにはメンタル、人格、平静心を鍛えていかないと。できていないファイターも多い。弟子たちには話したりしているが、なかなか伝えきれていない」。

プロレスを守り、格闘技の選手を育てる。2つの魂を持ちながら佐山はこれからも「道」を追及し続ける。(おわり)【松熊洋介】

スーパー・タイガーと初代タイガーマスクこと佐山サトル(2017年11月24日撮影)
「タイガージム」をオープンさせ写真に納まる初代タイガーマスク(1984年2月撮影)

関連するニュースを読む

猪木、小鉄…プロレス道たたき込まれた/タイガーマスクの40年2

笑顔を見せるアントニオ猪木(右)と初代タイガーマスク(2011年1月17日撮影)

「タイガーマスク」佐山サトル(63)には、プロレス道の魂が宿る。

23日にデビュー40周年を迎える初代タイガーマスクの記念大会「ストロングスタイルプロレス」(22日、後楽園ホール)に向け、佐山が日刊スポーツの取材に応じた。「タイガーマスクの40年」と題した連載第2回(全3回)は、佐山とアントニオ猪木。

佐山の原点は、アントニオ猪木(78)にあった。76年5月デビュー後、猪木の付き人を2年間務めた。そのプロレス道は「基本をしっかり身に付けた上で、リング上で表現する。ナチュラルにみせることができるのが昭和のプロレス」と明かす。観客は持っている食べ物を食べ忘れるほど引き込まれた。佐山自身もかつて、都内にある猪木酒場(昨年閉店)で観戦時、「最初はにらみ合ってばかりで、地味な展開のように思えたが、いつの間にか引き込まれて最後まで見てしまった。これが猪木さんの天才的なところ」と話すほどだ。

その魅力は、圧倒的な練習量と地道な基本の積み重ねがあった。試合がない時は常に練習。「寝技のスパーリングばかりしていた」。当時は練習公開され、ファンの厳しい目にさらされることもあった。本番でつまらない試合をするとヤジが飛んできた。練習での猪木は厳しかったという。「サボるといつもみんな怒られていた。自分は(練習が)結構ちゃんとやっていたのであまりなかったけど(笑い)」。闘魂注入のビンタは、受けたことはない。「目の前で(人が)張り手を受けている姿を見てきたので、やられたいとは思わないよ」と語った。

先輩たちも猪木イズムを継承して厳しかった。故・山本小鉄さんには礼儀を教わった。半年に1回来日する故・カール・ゴッチさんからは服装やマナーをしつけられた。「麺を食べる時、音を出すなと言われた。忠実に守ってきたから、今でも音を出してすすれない」と笑顔で振り返る。

猪木とは昨年行われた同窓会で対談の機会があったが、自身の体調が良くなかったため、実現しなかった。今年に入って入院している猪木の姿をユーチューブで見て「また会いたくなった」と心配な表情を見せた。ただ、「プロレスラーはみんな体が強い。猪木さんのことだから、つくっているかもしれないよ」と笑い飛ばした。

佐山には、猪木ら厳しい先輩たちに教わったプロレス道の魂が宿る。現在は礼儀と基本を重視し、表現できるレスラーを育てている。

プロレスから新たな世界へ。「タイガーマスク」として衝撃的なデビューから2年がたち、3年目に突入した83年。佐山は大きな決断を下す。(続く=第3回は格闘技の世界へ)【松熊洋介】

◆佐山サトル(さやま・さとる) 1957年(昭32)11月27日、山口県生まれ。小学校で格闘技に興味を持ち、高3時にはレスリングで国体出場。75年7月新日本プロレスに入門し、76年5月デビュー。山本小鉄、アントニオ猪木の付け人を務める。その後メキシコ遠征から帰国し、81年タイガーマスクとしてデビュー。83年8月に一時引退。84年スーパータイガーに改名し、UWFで現役復帰。85年に脱退、格闘技「シューティング」(後の修斗)を設立。94年新日本で4年ぶりにリング復帰。99年には掣圏真陰流を設立した。

初代タイガーマスクデビュー40周年記念大会に向けてインタビューに応じた佐山サトル(撮影・松熊洋介)
新日本入門以降、アントニオ猪木とUFO創設などで密接に関わる
84年、手を合わせるUWFのメンバー
84年、前田日明と対戦
04年、3代目(中央)4代目タイガーマスク(右)と
07年、小林邦昭と対戦
16年、アレクサンダー大塚と対戦
18年、新間氏(右)とダイナマイト・キッドさんを追悼する
タイガーマスクのライバル、ダイナマイト・キッド
20年、新間寿氏と長期休養中にあいさつ

関連するニュースを読む

「一代年寄」に物言い「白鵬」襲名へ厳しい見解、存在意義を見いだせず

「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の山内委員長(左から2人目)から提言書を受け取った後、会見する八角理事長(右端)ら(代表撮影)

大相撲の「一代年寄」に物言いがついた。

日本相撲協会に設置された「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の第11回会合が19日、東京・両国国技館で行われ、山内昌之委員長(東大名誉教授)が、協会の八角理事長(元横綱北勝海)に提言書を提出。功績顕著な横綱に対し一代限りで襲名を認めていた「一代年寄」について、存在意義を示すものを見いだされないなどと問題提起した。史上最多44度の優勝を誇る横綱白鵬(36=宮城野)にとって、一代年寄「白鵬」襲名へ厳しい見解が示された。

    ◇    ◇    ◇

一代年寄の親方は今後、誕生しないかもしれない。約2年間にわたって開催されてきた有識者会議の会合が最終回を迎え、山内委員長から八角理事長に約50ページに及ぶ提言書が提出された。多国籍化した角界が目指す方向性などについて指摘される中、一代年寄について問題提起された。

提言書は「一代年寄は当該横綱一代限りの特例のため、その部屋の弟子らによる継承襲名は認められない。その横綱の力と技の相撲ぶりが名乗りの部屋名とともには後世に継承されないことを意味する」と論じた。過去に一代年寄を襲名したのは、大鵬、北の湖、貴乃花の3横綱のみ。3人とも部屋を興したが、死去や退職などにより3部屋とも消滅している。所属していた力士らは他の部屋への転籍を余儀なくされた。

また、現在の協会の定款に根拠となる規定はないなどとして、存在意義を示すものは見いだされないとも論じた。山内委員長は「(一代年寄を)『廃止』と理解されては困る。廃止ではなく、制度そのものが本来なかった。協会のどこにも規定がない」と説明。提言書によると一代年寄は、1969年に現役だった横綱大鵬に、内弟子集めを例外的に認めて「横綱大鵬」と「年寄大鵬」を並立させる工夫として生み出されたものだという。加えて、弟子への継承が認められていないこともあり、提言書では「大相撲の師資相承の伝統から外れたいわば『異形』の資格」と論じた。

一代年寄について進言を受けた八角理事長は「そういう場面があれば理事会で審議していく」と話した。提言書に強制力はないが、協会が今後、一代年寄を認めない可能性が出てきた。認められなければ、横綱白鵬は引退後、一代年寄「白鵬親方」として協会に残ることができず、親方名跡取得の道を模索しなければならない。横綱は引退後5年間、力士名の親方として協会に残れるが、白鵬は年寄「間垣」を取得する方向で調整中。一代年寄取得に興味を示していた時期もあったが、厳しい見解が示される形となった。

◆一代年寄 日本相撲協会に以前から登録された105の年寄名跡のほかに、著しい貢献のあった横綱の功績をたたえて贈られる名跡。幕内優勝20回が目安とされ、個人一代限りにおいて年寄として待遇される。過去の権利取得者は4人。

▽大鵬 69年9月に一代年寄「大鵬」を贈られた。71年5月に引退し、同年12月に二所ノ関部屋から独立。史上初の一代年寄。2013年に72歳で死去。

▽北の湖 85年1月に引退して一代年寄「北の湖」となり、同年12月に三保ケ関部屋から独立。2015年に62歳で死去。

▽千代の富士(辞退) 89年9月に理事会で提案されたが本人が辞退。91年夏場所限りで引退し年寄「陣幕」を経て「九重」を継承。2016年に61歳で死去。

▽貴乃花 03年初場所中に引退して一代年寄「貴乃花」を襲名。04年2月に二子山部屋を継承し、部屋名を変更。2018年に退職。

<横綱比較>

▽大鵬 第48代横綱。優勝32回。通算872勝182敗136休

▽北の湖 第55代横綱。優勝24回。通算951勝350敗107休

▽千代の富士 第58代横綱。優勝31回。1045勝437敗159休

▽貴乃花 第65代横綱。優勝22回。通算794勝262敗201休

▽白鵬 第69代横綱。優勝44回。1172勝247敗223休

◆大相撲の継承発展を考える有識者会議 八角理事長(元横綱北勝海)の諮問機関。17年に起きた元横綱日馬富士による傷害事件など不祥事が続き、暴力問題再発防止検討委員会から外国出身力士に対する指導方法などについて外部有識者による協議を要請され、19年に創設された。委員はプロ野球ソフトバンクホークスの王貞治会長や俳優の紺野美沙子ら8人で構成。19年6月から議論を重ねてきた。

「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の山内委員長(右)から提言書を受け取る八角理事長(代表撮影)

関連するニュースを読む

白鵬の一代年寄襲名は厳しく、横綱大鵬への特例で定款に規定なしと説明

「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の山内委員長(右)から提言書を受け取る八角理事長(代表撮影)

日本相撲協会は19日、東京・両国国技館で「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の第11回会合を開いた。

同会の山内昌之委員長が、協会の八角理事長(元横綱北勝海)に提言書を提出した。

約50ページに及ぶ提言書は、外国出身力士に大相撲の伝統文化を理解させるため、師匠の指導力や協会のガバナンス(統治)の重要性を指摘した。外国出身力士が多く活躍している現状を踏まえ、外国出身力士に対し「日本文化になじむ『入日本化』を促す」ことなどを進言。協会ガバナンスの向上を目指し、女性の外部理事登用も提言した。

また、功績顕著な横綱に対し一代限りで襲名を認めていた「一代年寄」についても言及した。提言書では「一代年寄は当該横綱一代限りの特例のため、その部屋の弟子らによる継承襲名は認められない。つまり、その横綱の力と技の相撲ぶりが名乗りの部屋名とともには後世に継承されないことを意味する。これは他の芸能・芸道には類例がなく、大相撲の師質相承の伝統からも外れたいわば異形の『資格』である」(一部抜粋)と論じた。

さらに一代年寄については、現在の協会の定款に根拠となる規定はないなどとして、一代年寄の存在意義を示すものは見いだされないとも論じた。山内委員長は「『廃止』と理解されては困る。廃止ではなく、制度そのものが本来なかった。協会のどこにも規定がない。横綱大鵬に対して工夫されたもので、それがある種の制度として考えられた」などと説明。提言書によると、一代年寄は1969年(昭44)に現役だった横綱大鵬に、内弟子集めを例外的に認めて「横綱大鵬」と「年寄大鵬」を並立させる工夫として生み出されたという。

一代年寄について進言を受けた八角理事長は「そういう場面があれば理事会で審議していきたいと思います」と話した。協会が提言書を受け、今後は一代年寄を認めないとなれば、横綱白鵬は「白鵬親方」として5年を超えて協会に残ることはできず、年寄名跡取得の道を模索することとなる。

同会議は八角理事長の諮問機関。元横綱日馬富士による傷害事件など不祥事が続き、暴力問題再発防止検討委員会から外国出身力士に対する指導法などについて外部有識者による協議を要請され、19年に創設した。委員にはプロ野球ソフトバンクの王貞治球団会長ら8人で構成。19年6月から議論を重ねてきた。

◆一代年寄 日本相撲協会に以前から登録された105の年寄名跡のほかに、著しい貢献のあった横綱の功績をたたえて贈られる名跡。幕内優勝20回が目安とされ、個人一代限りにおいて年寄として待遇される。過去の権利取得者は4人。

▽大鵬 69年9月に一代年寄「大鵬」を贈られた。71年5月に引退し、同年12月に二所ノ関部屋から独立。史上初の一代年寄。2013年に72歳で死去。

▽北の湖 85年1月に引退して一代年寄「北の湖」となり、同年12月に三保ケ関部屋から独立。2015年に62歳で死去。

▽千代の富士(辞退) 89年9月に理事会で提案されたが本人が辞退。91年夏場所限りで引退し年寄「陣幕」を経て「九重」を継承。2016年に61歳で死去。

▽貴乃花 03年初場所中に引退して一代年寄「貴乃花」を襲名。04年2月に二子山部屋を継承し、部屋名を変更。2018年に退職。

◆大相撲の継承発展を考える有識者会議 八角理事長(元横綱北勝海)の諮問機関。17年に起きた元横綱日馬富士による傷害事件など不祥事が続き、暴力問題再発防止検討委員会から外国出身力士に対する指導方法などについて外部有識者による協議を要請され、19年に創設された。委員はプロ野球ソフトバンクホークスの王貞治会長や俳優の紺野美沙子さんら8人で構成。19年6月から議論を重ねてきた。

「大相撲の継承発展を考える有識者会議」の山内委員長(左から2人目)から提言書を受け取った後、会見する八角理事長(右端)ら(代表撮影)

関連するニュースを読む

静かな会場に落胆…実は引き込まれていた観客/タイガーマスクの40年1

84年2月、「タイガージム」を開設

佐山サトル(63)が、1年半ぶりにリングに上がる。23日にデビュー40周年を迎える初代タイガーマスクの記念大会「ストロングスタイルプロレス」(22日、後楽園ホール)に向け、佐山が、日刊スポーツの取材に応じた。「タイガーマスクの40年」と題して、3回にわたって連載する。第1回はタイガーマスク誕生秘話。

衝撃デビューから40年。あの初代タイガーマスクがリングに戻ってくる。40周年記念大会第1弾で、昨年9月以来となるリング登壇に意欲を見せる。「リングには上がれるがコーナーポストは無理かな」とジョーク交じりに笑顔を見せた。

15年に狭心症と診断されて心臓を手術。16年に復帰するも再び体調を崩し、リングからは離れていた。その後自力で歩行できるまでに回復し、昨年からは公の場にも登場。体調について「寒い時は少し悪いが暖かくなると大丈夫」とガッツポーズをつくってみせた。

81年4月23日。新日本プロレスの蔵前国技館大会でタイガーマスクはデビューした。虎の覆面をかぶった身長173センチの小柄な男は、リングに革命をもたらした。「4次元殺法」と呼ばれた華麗な空中技で、血なまぐさいマットを華やかな舞台へと変えた。

もともとタイガーマスクは1試合限定の予定だった。テレビ朝日で放送開始したアニメ「タイガーマスク2世」の番組宣伝を兼ねたタイアップ企画だった。その主役に佐山が抜てきされた。アントニオ猪木や当時営業部長だった新間寿氏の指名だった。佐山は、当時サミー・リーとして英国で絶大な人気を誇っていた。最初は「帰れないと断った」。すると新間氏から「猪木の顔をつぶさないでくれ」と言われ、1試合で英国に戻るつもりで帰国した。

「期待されている」と思って受け入れたが、違っていた。用意されたマスクとマントは、シーツのような薄っぺらな生地で一夜漬けで作製したような代物だった。ファンからのヤジも聞こえ、予想外の反応に戸惑った。

このデビュー戦は「伝説の一戦」といわれる。ダイナマイト・キッドとの9分29秒の激闘は、それほど衝撃的だった。見たこともない飛び技と、切れ味鋭い打撃。美しいフォームのソバットを繰り出し、ジャーマンスープレックス・ホールドで勝利した。試合後の会場は、静寂に包まれた。総立ちで拍手が起こっていた英国と違った。「ウケなかった。すぐに英国に帰ろう」とそそくさとリングから引き揚げた。実は佐山のファイトに会場が引き込まれていたからだった。周囲はたった1試合で激変した。ファンから次戦の問い合わせが殺到。新日本は2週間後に2戦目を組んだ。

タイガーマスクの時代は2年4カ月と短い。なのにプロレス史に強烈な印象を残した。それは空中殺法が華麗だったからではない。圧倒的に強かったから。シングル、タッグ合わせて通算387戦で敗戦はわずか11試合。しかもシングルマッチは165戦してダイナマイト・キッドに反則負けした1敗のみ。残るタッグでの10敗も、タッグパートナーがフォールされただけだ。初代タイガーマスクは1度もフォール負けしていない。

現在はプロレスラーと格闘家の育成に励む。83年の引退後には「18歳の時から考えていた」と格闘技「シューティング(現・修斗)」を作った。人格、平静心を鍛え、礼儀を重んじる佐山の魂を受け継ぐ選手たちがリングで躍動している。

佐山は新日本プロレスに誘ってくれた新間氏との縁を「数奇な人生」と振り返る。「タイガーマスクになれと言われたし、付き合ううちに考え方も一緒だと分かった。人間の本当の優しさを持っている人」。タイガーマスク人生を作り上げてくれた恩師と、温かく見守り続けるファンのために、リング上の元気な姿で恩返しする。(続く=第2回は「佐山サトルとアントニオ猪木」)【松熊洋介】

◆佐山サトル(さやま・さとる) 1957年(昭32)11月27日、山口県生まれ。小学校で格闘技に興味を持ち、高3時にはレスリングで国体出場。75年7月新日本プロレスに入門し、76年5月デビュー。山本小鉄、アントニオ猪木の付け人を務める。その後メキシコ遠征から帰国し、81年タイガーマスクとしてデビュー。83年8月に一時引退。84年スーパータイガーに改名し、UWFで現役復帰。85年に脱退、格闘技「シューティング」(後の修斗)を設立。94年新日本で4年ぶりにリング復帰。99年には掣圏真陰流を設立した。

<タイガーマスクアラカルト>

◆技 デビュー戦から毎試合のように高度な新技を披露した。有名な後ろ回し蹴りローリングソバット、バック宙しながら相手を蹴るサマーソルトキック、コーナーポストからの旋回式ボディープレス…。1試合で複数の新たな必殺技を決めることもあった。そのほとんどがオリジナル技だった。

◆歴代タイガーマスク 初代の佐山は83年に一時引退し、UWFでスーパータイガーに改名。84年8月に故・三沢光晴さんが2代目としてデビューし、90年まで務める。92年に金本浩二が3代目。佐山の教えを受けた4代目は、95年7月にデビューし、現在も新日本プロレスのリングに立つ。

◆ライバル 

ダイナマイト・キッド 「それまで対戦した中で一番強かった」と明かす。82年8月、WWFジュニアヘビー級王座をかけた蔵前国技館大会では、試合開始と同時にハイペースで技を応酬。リング上から場外へ投げ捨てるブレーンバスターで反撃し、サイドスープレックスの体勢から、受け身の取れない変形パイルドライバー。鼻血を出したキッドに、旋回式ボディープレスを浴びせ3カウントを奪った。

「暗闇の虎」ことブラックタイガー 82年5月に、相手の必殺技であるツームストン・パイルドライバーを逆に仕掛け、ラウディング・ボディープレスで勝利した。

メキシコ修業時代から一緒だった小林邦昭と数々の激闘を繰り広げた。82年10月の初対決からマスクを引き剥がされるなど、WWFジュニアヘビー級のベルトを懸けて何度も戦った。

84年7月23日、UWFのリングに「ザ・タイガー」としてデビューしたタイガーマスクに頭突きを浴びせる藤原喜明
初代タイガーマスクこと佐山聡(2020年11月5日撮影)

関連するニュースを読む

元年俸120円Jリーガー安彦考真が格闘家デビュー戦でKO勝ち

「EXECUTIVE FIGHT 武士道」格闘家デビュー戦を白星で飾りポーズを決める安彦考真(撮影・小沢裕)

<EXECUTIVE FIGHT~武士道~>◇16日◇東京・八芳園

夢のRIZIN出場へ好スタートを切った。元年俸120円Jリーガーで、昨年から格闘家に転向した安彦考真(43)が、デビュー戦(2分×2回)で勝利を飾った。

安彦はサンボマスターの曲に乗って勢いよくリングに上がった。リングアナに名前を呼ばれると大きく右手を挙げた。相手はタイガーマスク姿で登場した会社役員の佐々木司(38)。1回から「練習してきた」という左の前蹴りを多用し、相手のボディにダメージを与え続け、ダウンを奪った。2回もコーナーに追い込み右、左と強烈なパンチを浴びせ続け、2度のダウンを奪い、KO勝ち。自信のあるスタミナで圧倒した。

勝利後、佐々木と笑顔で握手をした安彦は「タイガーマスク、むちゃくちゃ強かった。40歳で全部捨てて、Jリーガーを目指した。点は取れなかったけど、3年間やり遂げた。格闘技ではみんなウエルカムで受け入れてくれた」と力強く語った。

40歳でJリーグに、43歳で格闘技に挑戦した。自分だけでなく見ている人たちにメッセージを届けたい。「人生をかけて戦うことで40歳になってもまだやれるんだ、ということを思ってくれたら」と覚悟を持って挑んだ。J3水戸では年俸0円で契約。「ほとんど収入はなかった」。1カ月2万円の寮で生活し、昼食は寮の白飯を容器に入れて練習場に持って行くなどして、毎日を過ごした。スポンサーを自分で探し、1年後にようやくまとめて払うことができた。現在も自分で“営業”し、支えてくれる人たちとの付き合いを大事にする。「格闘技はサッカーと違って、ファンに対する向き合い方が違うと思う。品評会みたいなもので、お客さんがいて成り立つし、自分のパフォーマンスを評価してくださいという感じで評価を委ねる。ファイトマネーはいらないと思っている」。先月には若手アーティストの展覧会に行き、メッセージ性の強い作品を目の当たりにして、自分の生き様と重ね合わせた。

目標とする大みそかのRIZIN出場の可能性が見えてきた。試合を観戦した広報の笹原氏からは「いつかリングに上がることを期待している」とエールをもらった。安彦は「このままRIZINに向かいたいと思います。お願いしても出られる大会ではないので、僕にお願いしてください」と笹原氏に頭を下げた。「格闘技は本当に楽しい」。さらなる成長を重ね、大みそかのリングまで突き進む。【松熊洋介】

◆安彦考真(あびこ・たかまさ)1978年(昭53)2月1日、神奈川県生まれ。高校3年時に単身ブラジルへ渡り、19歳で地元クラブとプロ契約を結ぶも開幕直前のけがもあり、帰国。03年に引退するも17年夏に39歳で再びプロ入りを志し、18年3月に練習生を経てJ2水戸と40歳でプロ契約。19年にJ3YS横浜に移籍。同年開幕戦の鳥取戦に41歳1カ月9日で途中出場し、ジーコの持つJリーグ最年長初出場記録(40歳2カ月13日)を更新。20年限りで現役を引退した。

「EXECUTIVE FIGHT 武士道」2R、格闘家デビューした安彦考真(左)は佐々木司にKO勝ちを収める(撮影・小沢裕)
「EXECUTIVE FIGHT 武士道」で格闘家デビューした安彦考真(左)は佐々木司にキックを放つ(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

元前頭里山の佐ノ山親方が年寄「千賀ノ浦」継承、襲名 先代は元関脇舛田山

佐ノ山親方

日本相撲協会は16日、佐ノ山親方(元前頭里山)が16日付で年寄「千賀ノ浦」を継承、襲名したことを発表した。

元里山は18年九州場所限りで引退し、その後は尾上部屋付きの親方として後進の指導にあたっていた。

先代千賀ノ浦親方の元関脇舛田山は10日に70歳の誕生日を迎え、協会の再雇用制度を終えていた。

関連するニュースを読む

御嶽海、東洋大後輩萩野公介に東京五輪金メダルの夢託す「大きな刺激を」

若い衆の稽古を見つめる御嶽海(代表撮影)

小結御嶽海(28=出羽海)が後輩に、2大会連続五輪金メダルの夢を託した。

御嶽海は16日、大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)に向けた朝稽古後、報道対応。先の競泳日本選手権の男子200メートル個人メドレーで東京五輪代表の座をつかんだ、16年リオデジャネイロ五輪金メダリストで、東洋大の後輩にあたる萩野公介に「五輪で金メダルを取って、自分に大きな刺激を与えてくれることを楽しみにしている」と期待を込めた。

ライバルの瀬戸に0秒02差と競り負けながら代表に選出された、かわいい後輩とはレース後に電話で言葉を交わし「0秒02差の僅差でも五輪に出られることになって良かったな、頑張って、と伝えた」と御嶽海。5月に萩野が、御嶽海の故郷・長野にある高地トレーニング用プール(東御市)で合宿することを聞くと「食材を差し入れする」と約束したそうだ。

東洋大卒業後も、たまに食事に行く間柄だが、コロナ禍とあって、その機会を奪われたままだ。それでも萩野が休養中に「プロの道を選んだ者の責任として、遠回りをしたとしても、やり続けることが大事」とアドバイスしたという。肝臓の数値異常で入院するなど一時は引退もよぎった後輩は、今大会では五輪連覇のかかった400メートル個人メドレーを回避。その決断に「種目を絞って出場したことが良かった」と話し「水泳から距離を置いて分かったこともあったと思う。苦しい時期があるのはセンス、能力があるからこそ」と心中をおもんぱかった。

この日の稽古は約2時間。四股、てっぽう、すり足などの基礎運動と、土俵内では幕下以下の2人に胸を出した。2度の優勝で次期大関候補の期待を背負いながら、朝乃山、正代、そして復帰した照ノ富士(29=伊勢ケ浜)に大関の座を奪われた。そんな現状にも「勢いがあって一気に2歩、3歩と進んでいる関取がいたとしても、今の自分は1歩ずつ着実に進むことが大切だと思っているし、進んでいる実感もある」と意に介さない。後輩の復活劇に自分を重ね合わせるように、角界の看板力士を目指す。

四股を踏む御嶽海(代表撮影)

関連するニュースを読む