上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

京太郎KO勝ち「少しでも思いを届けていけるよう」

ヘビー級 京太郎対実方宏介 2回、KO勝ちした京太郎(撮影・丹羽敏通)

<K-1:ケイズフェスタ4Day2>◇28日◇日本武道館

10年ぶり参戦の京太郎(34=チーム京太郎)が実方宏介(23=真樹ジムAICHI)に2回25秒でKO勝ちした。

前日会見で「蹴ったら痛いので、蹴りは出さない」と言っていた言葉はどこへやら…。いきなり相手の足めがけてローキックを仕掛けていった。それでも1回は様子を見たのか、それ以降は積極的な攻撃を見せず、慎重な立ち上がり。ところが2回、ゴングが鳴るといきなり距離を詰め、右ストレートを顔面に打ち込んだ。実方は足元から崩れ落ちた。その後立ち上がったが、再び顔面にパンチをさく裂させ、KO。頼もしいファイターが舞い戻ってきた。

「強くなりたいとか格闘技を好きだと思ったことも1回もない」「K1に出たら芸能人と結婚できる」。復帰後からさまざまなビッグマウスで周囲を惑わせてきたが、話題性だけで復帰したわけではない。勝利後マイクを取った京太郎は「コロナで本当に大変な方もいらっしゃる中、マスクをしながら熱い視線で応援してくださり、本当にありがとうございました。そういう方のおかげで僕たちは成り立っている。そんな人に少しでも思いを届けていけるように」と力強く叫んだ。

10年にはピーター・アーツをKO、ジェロム・レ・バンナにも勝利するなど輝かしい実績を持つ。11年に転向したボクシングでは日本ヘビー級王者にも輝いた。K-1の歴史を知る最強の男がK-1ヘビー級界に再び旋風を巻き起こす。

ヘビー級 京太郎対実方宏介 2回、京太郎(右)のパンチが決まって崩れ落ちる実方宏介(撮影・丹羽敏通)

関連するニュースを読む

K1復帰の京太郎がマリオの衣装で「クッパを倒す」

前日計量をパスしポーズを取る京太郎(左)と実方(撮影・鈴木みどり)

28日に行われるK-1の祭典、ケイズフェスタ4大会 Day2(日本武道館、日刊スポーツ新聞社後援)の前日計量が27日都内で行われ、10年ぶりにK-1に復帰する京太郎(34=チーム京太郎)が105・4キロで1発クリアした。

計量ではアニメ・北斗の拳のケンシロウ風の格好で、会見ではマリオの衣装を身にまとい登場。自分のスマホからゲームのスーパーマリオの音楽を流し「クッパを倒す。それしかありません」と意味不明? なコメントで笑いを誘った。

10年にはピーター・アーツをKO、ジェロム・レ・バンナにも勝利するなど輝かしい実績を持つ。11年にボクシングに転向。日本ヘビー級王者にも輝いた。昨年ボクシングを引退し、K-1参戦を決めた。12日の公開練習では蹴りに不安を感じたのか「試合では蹴らない」と話していた。3日前に10年前の自身の映像をチェックし「強かったので練習しなくてもいいのかな」と余裕を見せた。さらに「(蹴りの)練習はしていない。蹴らないってことでいきましょう」と改めて強調した。

相手の実方は117キロと体重差で10キロ以上。相手とは「怖かったので」と目を合わせなかったが「もう少し痩せていて欲しかった」。パンチだけで倒すにはかなりのパワーが必要となるが、笑みを浮かべながら会場を後にした京太郎は、久しぶりのK-1のリングでどんなパフォーマンスを見せるのか、注目が集まる。

前日計量をパスしポーズを取る京太郎(左)と実方(撮影・鈴木みどり)
フォトセッションでポーズを決める、前列左から3人目からK-Jee、武尊、中村K-1プロデューサー、レオナ・ペタス、シナ・カリミアン、後列左から城戸、愛鷹、京太郎、実方、ANIMAL☆KOJI、松下(撮影・鈴木みどり)
会見前にポーズを取る京太郎(撮影・鈴木みどり)
前日計量をパスしポーズを取る京太郎(撮影・鈴木みどり)

関連するニュースを読む

K1復帰の藤本京太郎「出たら芸能人と結婚できる」

K-1復帰会見に臨んだ京太郎(撮影・吉池彰)

プロボクシング前日本ヘビー級王者の藤本京太郎(34)の、10年ぶりのK-1復帰が決まった。リングネームは京太郎で、対戦相手は未定だが、来年1月24日、東京・代々木第1体育館で開催の「ケイズフェスタ4」に参戦する。K-1実行委員会が17日、都内で発表した。

京太郎は新型コロナウイルス感染拡大の影響でボクシングの試合ができない状況に陥り、12日に日本ボクシングコミッション(JBC)へ引退届を提出した。K-1では09年に日本人初のヘビー級王者となっており、ゆかりの深いリング。この日、ド派手な服装で会見した京太郎は「K-1に遊びに来たが、遊びも真剣にやらないと勝てない」と言うと「K-1に出たら、芸能人と結婚できるというので楽しみにしている」と取材陣を煙に巻いた。

そして、自身のコロナ対策について質問がおよぶと「人付き合いが苦手なので、1人で家に居てテレビの情報を見ている」とする一方、今回のK-1復帰の真意について「10年後に格闘技のプロを目指す子どもたちの選択肢を広げたい」とボクシングで現在認められていない総合格闘技との二刀流解禁に向け、先駆者となる覚悟も見せていた。

K-1のリングに復帰する京太郎(撮影・吉池彰)

関連するニュースを読む

藤本京太郎がボクサー引退 総合格闘技に復帰

藤本京太郎(17年11月撮影)

ボクシング前日本ヘビー級王者藤本京太郎(34=角海老宝石)がボクサーを引退し、K-1などの総合格闘技に復帰する。11月12日付でライセンスを返上したと、日本ボクシングコミッションが12日に発表した。将来のボクサー復帰の可能性は残している。

藤本は「新型コロナウイルス感染症の昨今の情勢により、海外遠征や外国人選手招へいは現実難しく、国内における試合ではヘビー級選手も不足し、試合が成立しない状況。また、日本プロボクシング業界での現行ルールでは二刀流で競技を続けることが不可能な状況。これらを鑑み、1度ライセンス返上とし、再び総合格闘技(K-1など)へ挑戦することとなった」とコメントした。

「後に国内外問わずプロボクシング業界で試合となった際には、改めてライセンスを取得し、プロボクサー復帰とする」とし、今後に情勢が改善された場合はボクサーに復帰するとした。国内ルールでは現在、他のプロスポーツに関与もしくは従事を禁止している。「今回の決断・行動によりルール改定がなされ、選手不足で試合開催に影響が出ている階級(軽量級・中重量級)およびプロボクシング業界のさらなる活性化につながれば幸いです」ともコメントした。業界では昨年から藤本の考え同様に二刀流に門戸を開く方向性を示したが、進展はしていない。

藤本は09年にK-1で日本人初となる重量級の世界王者となった。11年にボクシングに転向してプロデビュー。13年に復活した日本ヘビー級王座の2代目王者となった。17年には東洋太平洋、WBOアジア太平洋王座も獲得した。通算21勝(13KO)2敗。

関連するニュースを読む

王者藤本が前日計量「成長見せたい」2日京太郎祭り

計量を終えた藤本京太郎(右)とアダム・ラブロック(撮影・河合香)

 ボクシング日本ヘビー級王者藤本京太郎(30=角海老宝石)のノンタイトル8回戦の前日計量が、1日に都内で行われた。藤本は105キロ、相手のアダム・ラブロック(33=オーストラリア)はスニーカーをはいたままで97・5キロだった。

 今回はビザ関係でパートナーが来日できず、藤本はスパーリングがまったく出来なかった。「バシバシ走ったし、練習はよくして減量もした。なんとかなるでしょう」という。相手のビデオは3日前に見ただけ。関係者7人を引き連れた一行に「いつも怖そうな相手。今回は応援の人数も多いが旅行気分でしょ」。サイズにも差があるだけに、ホッとした表情も見せた。

 今回は「京太郎祭り」と題し、初めて新宿フェイスが会場となった。キック時代の8年前に1度リングに上がった。「リングも会場も狭いが、成長を見せたい。次も決まっているので」と意欲的。次戦は12月6日に後楽園ホールで、WBOアジアパシフィックタイトル挑戦を計画している。同団体の東洋太平洋王座にあたるもので、藤本は現在8位にランクインしている。

関連するニュースを読む

藤本京太郎8・2ノンタイトル戦、相手はアーサか

8月にノンタイトル8回戦出場を発表した藤本京太郎(撮影・河合香)

 ボクシングの日本ヘビー級王者藤本京太郎(29=角海老宝石)のノンタイトル戦が、15日に都内で発表された。

 8月2日に新宿フェイスで、熊本地震チャリティー2016京太郎祭りとして開催される。8回戦で対戦相手は3人と交渉中で、ヒットマンの異名を持つサモアンファイターのアラパテ・アーサが有力となっている。

 藤本は4月以来の試合になる。13年に2代目の日本王者となって3度防衛も、国内には相手がいないためにノンタイトル戦が続いている。新宿フェイスでは2度目の試合となるが「狭かった印象だけ。夏は暑くて嫌いだから、早く終わらせて休みたい」と早期KOを狙う。萩森マネジャーは秋に東洋レベルのタイトル戦をもくろんでいる。藤本は「もう1、2本をベルトもらって箔(はく)を付けたい。東洋を突き抜けて、引退までに世界挑戦したい」と話した。

 当日は40歳で国内男子最年長の佐々木基樹(帝拳)が、スーパーライト級8回戦でセミとなる。2月に2年9カ月ぶりで復帰し、日本同級8位岡崎祐也(中内)を相手に王座返り咲きへ日本ランク入りを狙う。スーパーバンタム級の世界ランカー小国以載(角海老宝石)は、世界前哨戦を期して8回戦に臨む。また、ヘビー級4回戦トーナメント準決勝2試合もあり、KOラウンドにより10万円から1万円の賞金マッチとなる。決勝は10月18日の予定。

関連するニュースを読む

藤本京太郎3回KO勝ち「もっと強くならなければ」

<プロボクシング:ヘビー級ノンタイトル8回戦>◇21日◇東京・後楽園ホール

 プロボクシングの日本ヘビー級王者藤本京太郎(29=角海老宝石)が、ガルシア(メキシコ)とのノンタイトル8回戦を行い、KO勝ちした。3回に右ストレートで倒すと、再開直後の連打で試合を終わらせた。

 WBCの世界ランクで15位に入っており「世界の強豪とやるにはもっと強くならなければならない」と気を引き締めていた。国内のヘビー級は8月に選手不足からランカーが不在となり、藤本は防衛戦が組めない状態が続いている。

関連するニュースを読む

藤本京太郎3回KO勝ちも内容不満「もっと強く」

<プロボクシング:ヘビー級ノンタイトル8回戦>◇21日◇東京・後楽園ホール◇観衆934人

 日本ヘビー級王者・藤本京太郎(29=角海老宝石)が、無冠戦でデビッド・トーレス・ガルシア(27=メキシコ)と対戦した。3回に右ストレートで倒すと、再開直後の連打で2度目のダウンを奪い、そのままKO勝ちした。

 一方的な展開も、内容には不満のようで「世界の強豪とやるにはもっと強くならなければならない。頑張っていきたい」と気を引き締めていた。

 陣営の萩森マネジャーは、WBCの世界ランクで15位に入る藤本について「夢物語だが、世界タイトルマッチをやらせたい」とコメントした。国内のヘビー級は8月に選手不足からランカーが不在となり、藤本は防衛戦が組めない状態が続いている。

関連するニュースを読む

挑戦者の石田「水ガブ飲み作戦」で計量1発パス

日本ヘビー級タイトルマッチの前日計量で体重計に乗る挑戦者の石田順裕(撮影・木村有三)

 ボクシングの元WBA世界ウエルター級暫定王者で日本ヘビー級1位の石田順裕(39=グリーンツダ)が「水ガブ飲み作戦」で計量を1発パスした。日本ヘビー級王者の藤本京太郎(28=角海老宝石)に挑むタイトルマッチは、30日に東京・後楽園ホールで行われる。29日は都内の日本ボクシングコミッションで前日計量が行われ、石田は93・2キロ、藤本は101・4キロでパスした。

 石田が、ひと安心した。ヘビー級の下限90・7キロを2・5キロ上回り、計量を切り抜けた。2年前まではミドル級(72・5キロ以下)で戦っていただけに、当時より20キロ近く増えた体をキープすることが、試合前の最重要課題だった。通常のボクサーとは対極の課題を何とかクリア。「体重がリミット(90・7キロ)くらいだったので、直前に水を2リットルくらいガブ飲みしてきたんです」と明かして、笑みを浮かべた。

 前日28日の会見では、陣営の本石会長が「元日本ヘビー級チャンピオン」と書き込んだ手作りベルトを藤本陣営に渡して挑発したが、この日は真剣モードに突入。「大きな相手と練習してきたので(藤本は)小さく感じた。同じ相手に2回負けたくない。気合入れて行きます」。昨年同日のノンタイトル8回戦で敗れた藤本へのリベンジに、燃えていた。

関連するニュースを読む

王者京太郎「倒しにいく」 30日日本ヘビー級戦

前日計量を1発クリアした日本ヘビー級王者の藤本京太郎(右)と同級1位石田順裕

 ボクシングの日本ヘビー級王者、藤本京太郎(28=角海老宝石)が、主役の重責を勝利で果たす。

 同級1位で元WBA世界ウエルター級暫定王者の石田順裕(39=グリーンツダ)の挑戦を受ける3度目防衛戦は、30日に東京・後楽園ホールで行われる。29日は都内の日本ボクシングコミッションで前日計量が行われ、藤本は101・4キロ、石田は93・2キロでクリアした。

 前日28日の会見では石田陣営から「元日本ヘビー級チャンピオン」と書かれた手作りベルトを渡される屈辱を受けた藤本だが、この日は平然と計量をこなし「いつもより少し軽いかな。いい感じで調整できている」と状態の良さに自信をみせた。昨年同日にノンタイトル8回戦で対決し、判定勝ちしている相手との再戦。「全力でぶつかっていきたい。挑戦者の気持ちでやります。倒しにいきたい」ときっぱり。当日同会場では、同じ角海老宝石ジム勢が出場する日本タイトルマッチが計3試合行われる。そのトリを飾るだけに「メーンが勝てば、興行も締まる。ジムのためにもしっかり勝ちたい」と、主役の心構えを示した。

関連するニュースを読む

日本ヘビー級王者京太郎に屈辱の手作りベルト

手作りベルトを持つ挑戦者の石田(左)と、挑発に顔をしかめる藤本(撮影・木村有三)

 ボクシングの日本ヘビー級王者、藤本京太郎(28=角海老宝石)が、最大級の屈辱を受けた。同級1位で元WBA世界ウエルター級暫定王者の石田順裕(39=グリーンツダ)と対戦する3度目防衛戦は、30日に東京・後楽園ホールで行われる。28日は都内の角海老宝石ジムで両陣営そろって会見があり、グリーンツダジムの本石昌也会長(39)から手作りベルトを贈られた。

 その特製ベルトには「元日本ヘビー級チャンピオン 藤本京太郎くん」と屈辱的文字が書かれていたが、藤本は苦行に耐えるように目をつむってじっと我慢。それでも、口元は怒りでゆがんでいた。終了後、足早に会見場を離れた王者は「ボーッとすると記憶がなくなるんです。(会見は)聞いてなかった。見てないので」と、ベルトについては口を閉ざした。

 昨年も同じ4月30日にノンタイトル8回戦で石田と対戦し、3-0の判定で勝利している。今回は、敗者が勝者の腰にチャンピオンベルトを巻くことも内定している。これ以上、屈辱を味わうわけにはいかない藤本は「そうは、ならない。なるわけには、いかない」と語気を強めた。

関連するニュースを読む

京太郎、挑戦者に5万キロカロリーのケーキで挑発

 ボクシングの日本ヘビー級王者藤本京太郎(28=角海老宝石)がホワイトデーの14日、4月30日に挑戦を受ける石田順裕に5万キロカロリーの特製ケーキを送り、挑発した。

 バレンタインデーにチョコレートなどを送りつける挑発を受けた石田陣営へのお返し。萩森マネジャーは「敗れた選手は、自らの手で、ベルトを王者の腰に巻き、右手を高々と上げて欲しい」と要望書を出したことも明かした。両者は昨年4月にノンタイトル戦を行い、藤本が判定で勝利している。

関連するニュースを読む

石井慧ボクシング石田と異種格闘技スパー

ボクシング日本ヘビー級1位石田(左)とスパーリングをこなした石井慧(撮影・木村有三)

 北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストで総合格闘家の石井慧(28)が19日、大阪市内のグリーンツダジムで“異種格闘技スパー”に臨んだ。

 ボクシングの元WBA世界スーパーウエルター級暫定王者で日本ヘビー級1位の石田順裕(39)と今月3度目のスパーリングを行い、5回計15分間で汗を流した。

 4月30日に日本ヘビー級王者・藤本京太郎(28)に挑む石田に対し、左のボディーやフックを打ち込む場面もあった。石井は1回からヘッドギアなしで臨んだが、それに付き合うように石田も2回からヘッドギアを外し、互いに熱く打ち合った。

 石井は石田について「すべてがうまい。パンチが速いし、コンビネーションで打ってくる」と評し、石田も「体の力がすごい。特に組んだ時はすごい。日本人にはなかなかいないレベルだし、すごくありがたい」と練習相手として感謝していた。

 石井は今月中にもう1度、石田とのスパーをこなし、来月には拠点を置くオランダに戻る予定。今後については「UFCに出るために試合をこなしていきたい。ロシアと米国で試合(総合格闘技)のオファーはもらっている。毎日少しでも課題を見つけて強くなりたい」と話した。

関連するニュースを読む

石田順裕が藤本京太郎をチョコで挑発

 元WBA世界スーパーウエルター級暫定王者の石田順裕(39=グリーンツダ)が13日、日本ヘビー級王者の藤本京太郎(28=角海老宝石)に「爆笑挑発」を仕掛けた。4月30日に東京・後楽園ホールで藤本に挑む日本ヘビー級1位の石田は、昨年同日のノンタイトル戦で敗れたリベンジへ「自信は100%。TKOが一番いい形」と力強く語った。

 大阪市内での会見には、バレンタインデー用のチョコレートを用意。「去年も藤本くんに渡したけど、お返しがない。でも、今年も渡します」とニヤリ。さらに、練習パートナーには体重60キロの15歳少年を指名。「名前が同じ京太郎なんです。試合対策は彼で十分」と、ジョーク交じりに日本王者を挑発した。

関連するニュースを読む

雪辱戦の石田順裕は王者藤本眼中になし

対戦相手の藤本京太郎へバレンタインデーのチョコレートを用意した石田順裕(撮影・木村有三)

 元WBA世界スーパーウエルター級暫定王者で日本ヘビー級1位の石田順裕(39=グリーンツダ)が13日、日本ヘビー級王者の藤本京太郎(28=角海老宝石)に挑むタイトルマッチ(4月30日、東京・後楽園ホール)へ向けて、大阪市内のジムで会見を開いた。

 今年8月には40歳になる石田だが年齢については「考えてない」ときっぱり。藤本とは昨年も同じ4月30日にノンタイトル戦を行い、判定負けしているが、その後2連勝してヘビー級階級にも慣れた今回は「動けるようになった」とリベンジ勝利を狙っている。

 「最終目標はクリクリチコチコなんで」と、WBA、IBF、WBO世界ヘビー級統一王者のウラジーミル・クリチコ(38=ウクライナ)の名前をほのめかすなど、自信満々だった。

関連するニュースを読む

京太郎KOならず判定勝ち「狙いすぎた」

<プロボクシング:ヘビー級ノンタイトル8回戦>◇18日◇東京・後楽園ホール

 日本ヘビー級王者藤本京太郎(28=角海老宝石)が、KOできずに判定勝ちに終わった。

 同じキックボクサー上がりのラドビ・ラデフ(34=フランス)と対戦。初回から攻勢で危なげない試合。右ストレートに左ボディなどで攻めたが決定打を奪えず逃げ切られた。

 「KOしたいと狙いすぎた。最低の試合。全部が自分が悪く、なめていた。次のことも何も言えない」とうなだれた。次戦は海外の話もあるが、来年4月に同級2位石田と再戦で初のタイトル戦が濃厚となっている。

関連するニュースを読む

ヘビー級京太郎、9・10に竹原とV2戦

2度目の防衛戦が決まった日本ヘビー級王者・藤本(右)と挑戦者の竹原

 ボクシングの角海老宝石ジムは3日、日本ヘビー級王者・藤本京太郎(28=角海老)が9月10日に東京・後楽園ホールで同級1位・竹原虎辰(35=緑)と2度目の防衛戦を行うと発表した。両者は13年11月以来の再戦。前回判定で勝利している藤本は「次へのステップとなる一戦。最近良い試合が出来ていないので、先を見据えられるボクシングをしたい」と闘志を燃やした。陣営は12年の大みそかにKO負けした東洋太平洋同級王者ソロモン・ハウモノとの再戦も、今後のプランの1つとした。

関連するニュースを読む

石田が日本ヘビー級2位にランクイン

 日本ボクシングコミッションは29日、都内でランキング委員会を開き、元WBA世界スーパーウエルター級暫定王者・石田順裕(38=グリーンツダ)が日本ヘビー級2位にランク入りしたと発表した。石田は昨年12月にミドル級からヘビー級へ転級を希望したが、今年1月の同委員会では、試合実績がないことなどを理由に見送られた。4月に、僅差の判定負けながらも日本ヘビー級王者・藤本京太郎とノンタイトル戦で対戦。試合内容も含め、ランキング入りをアピールしていた。

関連するニュースを読む

石田順裕は日本ヘビー級2位に

 日本ボクシングコミッション(JBC)は29日のランキング委員会で、元世界ボクシング協会(WBA)スーパーウエルター級暫定王者の石田順裕(グリーンツダ)を日本ヘビー級2位に入れた。

 38歳の石田はミドル級から4階級上のヘビー級に異例の転級を希望していた。

 JBCが健康状態などの報告を義務付けた上で、石田は先月30日に日本ヘビー級王者の藤本京太郎(協栄)とノンタイトル8回戦を闘い、小差の判定で敗れていた。

 石田は再戦を希望している。

関連するニュースを読む

38歳の石田順裕が現役続行を表明

 元WBA世界スーパーウエルター級暫定王者石田順裕(38=グリーンツダ)が25日、大阪市内で会見し現役続行を表明した。4月のノンタイトル8回戦で日本ヘビー級王者藤本京太郎に敗れ、その再戦も希望した。

関連するニュースを読む