上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

元関脇・琴勇輝が引退 「膝が限界」手術後は満足な稽古できず

立ち合い前に「ホウッ」と気合を入れる琴勇輝(2015年3月撮影)

日本相撲協会は14日、元関脇琴勇輝(30=佐渡ケ嶽)の引退と年寄「君ケ浜」襲名を承認した。

電話取材に応じた師匠の佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若)は「膝を手術して四股が踏めず、稽古が思うようにできなくなっていた。加えて番付も落ちてしまった。それが一番。本人からも『膝が限界です』と言われた」と引退を決断した理由を明かした。

琴勇輝は昨年10月に左膝の内視鏡手術を受け、同年11月場所を全休。十両に陥落した1月の初場所では4勝11敗と負け越して、3月の春場所では西幕下筆頭まで番付を落とした。1場所での関取復帰を目指していたが、手術した膝の状況が悪く、春場所を全休。佐渡ケ嶽親方は「膝を治療しながらすぐじゃなくてもいい、焦らなくてもいいからやれることをやろう、という風には声を掛けたんですけど。なかなか難しかったです」と話した。

香川・小豆島町出身の琴勇輝は、08年春場所で初土俵を踏み、11年秋場所で新十両。13年初場所で新入幕を果たし、東前頭筆頭だった16年春場所では横綱日馬富士から初金星を獲得するなど12勝を挙げ、翌夏場所で新三役となる新関脇の座をつかんだ。立ち合いからもろ手突きで一気に押し出す相撲が魅力のほか、一時は立ち合いの直前に「ホウッ」と気合のこもった声を発することでも注目を浴びていた。通算480勝430敗70休。金星1個、殊勲賞1回受賞だった。

今後は君ケ浜親方として、後進の指導に当たる。佐渡ケ嶽親方は「部屋にも突き押し相撲の力士がいる。そういう力士たちに押し相撲の基本を教えて欲しい。何が必要なのか教えて欲しい」と期待を込めた。

白鵬の前で「ホウッ!」とほえる琴勇輝(2016年撮影)

関連するニュースを読む

元関脇の琴勇輝引退、立ち合い直前気合の「ホウッ」注目 年寄君ケ浜を襲名

琴勇輝(2021年1月撮影)

日本相撲協会は14日、元関脇琴勇輝(30=佐渡ケ嶽)の引退と年寄「君ケ浜」襲名を承認した。西幕下筆頭だった春場所は全休していた。

香川・小豆島町出身の琴勇輝は、08年春場所で初土俵を踏み、11年秋場所で新十両。13年初場所で新入幕を果たし、東前頭筆頭だった16年春場所では横綱日馬富士から初金星を獲得するなど12勝を挙げ、翌夏場所で新三役となる新関脇の座をつかんだ。立ち合いからもろ手突きで一気に押し出す相撲が魅力のほか、一時は立ち合いの直前に「ホウッ」と気合のこもった声を発することでも注目を浴びていた。

一方で両肘と両膝のケガにも苦しんできた。休場した20年初場所では「両変形性肘関節症により手術を予定」との診断書を提出。同年10月には左膝の内視鏡手術を受けていた。西十両9枚目だった1月の初場所では4勝11敗と負け越し、11年秋場所の新十両昇進以来守り続けた関取の地位を失った。通算480勝430敗70休。金星1個、殊勲賞1回受賞。

関連するニュースを読む

ユーチューバー転身の元幕下富栄、目指すものは…

ユーチューバーに転身した富栄

大相撲の元幕下富栄(28=伊勢ケ浜)が引退し、ユーチューバーに転身した。現役時の最高位は東幕下6枚目。関取の座にはあと1歩届かなかったが、横綱日馬富士、大関照ノ富士らの付け人を務めるなど、部屋の関取衆を陰で支えてきた。体重100キロを超える体格ながらバック転ができる異色の男に、今後の活動などについて聞いた。【取材・構成=佐々木一郎】

  ◇  ◇

-3月31日に引退が正式発表されました。引退を決めた理由は何ですか

「股関節と腰の痛みがとてもつらく、激しい稽古についていくことが難しくなりました。治療院に何カ所も通い、手術も2回受けたのですが痛みは改善されませんでした。担当医の診断も参考にし、悔しい決断ではありましたが、この状況で番付を上げるのは厳しいと判断し、それならば次のスタートを早く切りたいという気持ちが次第に強くなり引退を決断しました」

-引退に際し、部屋の力士たちの反応は

「兄弟子からは『まだ若いんだから早まるな』とか『お前は絶対関取になると思ったのに残念だ』と悔やんでもらい、後輩から『冨田さんみたいな優しくて面白い人がいなくなって悲しいです』とうれしいことも言ってもらえました。『痛がってたのは稽古をサボるための演技じゃなかったんですね』と言われた時は思わず笑いました。つらいことがあっても『ここでやめてたまるか』と何度も自分で自分に言い聞かせて13年間やってきましたが、今回は『よし辞めよう』と思うと心がスッと軽くなりました」

-これまで伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)のほか、安壮富士、日馬富士、安美錦(現在は安治川親方)、宝富士、照ノ富士の付け人を務めてきました。

「一番印象に残ってることがあります。去年、腰のヘルニアの手術を受けた3週間後、悔しかった僕は無理して稽古場に下りて相撲をとって序二段に電車道で吹っ飛ばされました。その際、新たに足首をケガしてしまい、悔しさの勢いで安美錦関に『もうこの体では強くなれないのでやめようと思います、お世話になりました』と言ったのですが、何も言ってもらえませんでした。普段は優しく、食事や飲みに連れていってもらい、かわいがってもらっていました。稽古場でぜんそくの発作がでたり、過呼吸になっている時に稽古を中断して深呼吸を指示してくれたり、勝てなくて泣いてる時に『家族のために命懸けて頑張るんじゃなかったのか! 悔しかったら死ぬ気で行け』と心を奮い立たせるような言葉をかけていただいたのですが、その時の僕は心が強くなく、優しい言葉を欲していたようで、少し突き放されたような気持ちになりました。けがに立ち向かって復活を繰り返して頑張られた方なのであの厳しいまなざしの意味が今はとても理解できます。つらく厳しくても逃げずに努力することの大切さを教えていただきました」

-ほかの関取衆の反応は

「同じ兵庫から、互いに中卒で入門してきた照強関に『関取まであとちょっとやったのに残念やな』と悲しそうに言われた時は、一緒に頑張って稽古してきた仲だったので泣きそうになりました。照ノ富士関からは『お前の人生だからやりたいようにやった方がいい』と背中を押してもらいました。僕が16歳の時初めてできた後輩が大卒で入門してきた宝富士関で、よく回転ずしを食べに連れていったのですがあっという間に関取に上がったので、当時は喜びとともに寂しさがありました。それからは立場が変わり、高級なすしをごちそうしてもらうようになったのですが、そこ以外は変わらず慕ってくれているので力士の中で一番応援しています。そのたーたん(宝富士)からは『寂しくなりますね、また絶対飯行きましょう』と言われたので、その時までに僕は芸能界で出世して、昔みたいに僕が高級なすしをごちそうしたいと思ってます。僕より2カ月先に大卒で入門したお兄ちゃん的存在でタニマチでもある大好きな誉富士関(現在は楯山親方)からは『自由になるのはいいけど、人様に迷惑かけることだけ絶対はするなよ。お前はやりかねない』と冗談を言われ、『そんなわけないだろ』とツッコみたくなりました(笑い)。おかみさんからは『その小さい体(168センチ、120キロ)でそこまで上がれたってことは本当にすごいことなんだよ。とみーならどこにいってもきっと成功するから自信持ちな、今日まで頑張ってきたことは決して無駄じゃないよ、いつでも困ったら助けてあげるから連絡してね』と、とても優しい言葉をかけていただきました。伊勢ケ浜親方からは『お前の分も頑張ってくれる強くなりそうな新弟子を探して来てくれ』とお願いされたので第2の富栄にふさわしい子を早速探しているところです。一番長く付け人を務めて、大変世話になった横綱の日馬富士関に電話したら『よく決断したな、偉いぞ』と言われユーチューブをやることを伝えると『お前は昔から人を笑顔にする事が得意だから向いてるよ、何かあれば力になるから言えよ』と心強い言葉をいただけました」

-相撲界での一番の思い出は

「三段目に落ちた場所の稽古総見で、強くなりたい一心で関取衆の申し合いに参加して当時十両の宇良関と相撲をとった時に、国技館満員の大歓声を初めて浴びて感動したことです」

-相撲界で学んだこと、プラスになったことは

「忍耐力がつき、上下関係の気遣いができるようになりました。鍛え上げた体が良いキャラになりました。普通なら会えない有名な方と会う機会がいっぱいありました。病気にかかりにくい体になりました。応援してくれる温かい方々にたくさん出会えました。頑張ってきたことが自信になりました」

-この体でバック転をしたり、照ノ富士関のボイスパーカッションに合わせてラップを披露したり、物まねで笑わせたりと、芸達者でした。ユーチューバー転身を決めた理由は

「元々やってみたいと思ってる時に、メンバーからの提案があったからです。チャンネル名は『ブヒブヒパーリー』で、自分は富栄(とみさかえ)の名前でやっていきます」

-どういう動画を上げていきますか

「力士がやったらおもしろそうなことをして相撲を知らない人でも楽しめるもの。名前の通りパリピ企画をベースにする方向です」

-今後の目標は

「チャンネル登録者数を1万人くらいに増やして、幅広く好まれるチャンネルにしたいです。ブヒブヒパーリーとしては収益より有名になるのが一番の目標です。個人としての目標は、鍛えた身体と運動神経を生かしてアクション俳優や、キャラで芸能タレントになり、ドラマや映画などの作品に関わり人の記憶に残る存在になりたいです。1年後にはユーチューブも芸能活動もうまくいって、大相撲で頑張ってきたこと、このタイミングでやめたことが良かったと思えるようにしたいです」

-最後に

「僕の人生、たくさんの温かい方々に支えてもらえたから今の自分があると思っています。これからも力を貸してくれる人や応援してくれる方への感謝の気持ちは決して忘れずに、全力で頑張っていこうと思いますので応援よろしくお願い致します!」

ユーチューバーに転身した富栄
ユーチューバーに転身した富栄

関連するニュースを読む

横綱鶴竜の引退を発表 年寄「鶴竜」を襲名

鶴竜

日本相撲協会は24日、横綱鶴竜(35=陸奥)の引退と、年寄「鶴竜」の襲名を承認したことを発表した。

昨年7月場所から腰痛などの影響で休場が続いており、同年11月場所後には横綱審議委員会から白鵬とともに「注意」の決議を下された。

再起を期した今場所だったが、場所前の9日に左足太ももを負傷して休場。11日に報道陣の電話取材に応じた師匠の陸奥親方(元大関霧島)によると、鶴竜本人は現役続行の意思を強く示していたという。

モンゴル出身で01年九州場所で初土俵を踏み、05年九州場所で新十両昇進。06年九州場所で新入幕、09年夏場所で新三役と番付を上げ、12年夏場所に大関昇進を果たした。

14年初場所に14勝1敗の成績を残して優勝次点、翌春場所に14勝1敗で初優勝を果たし、場所後に第71代横綱に。史上最多の優勝回数を誇る白鵬や、第70代横綱日馬富士、第72代横綱稀勢の里らとしのぎを削り、6度の幕内優勝を果たした。

一方で横綱昇進後はけがとの戦いが続き、19年名古屋場所の優勝を最後に賜杯から遠ざかっていた。昨年12月には日本国籍を取得し、親方として協会に残る資格を得ていた。

関連するニュースを読む

元荒鷲が断髪式「やっと再出発ができた」

鶴竜(右上)からはさみを入れてもらう元荒鷲のエレヘバヤル・ドゥルゴゥーン氏(代表撮影)

大相撲の元前頭で昨年1月に引退した元荒鷲のエレヘバヤル・ドゥルゴゥーン氏(34)が23日、東京・両国国技館で延期となっていた断髪式を行った。

当初は昨年5月に開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を受けて延期となっていた。断髪式には師匠の峰崎親方(元前頭三杉磯)、先代師匠の花籠親方(元関脇大寿山)、同じモンゴル出身の横綱鶴竜、元横綱日馬富士、同じ二所ノ関一門の親方衆、関取衆ら335人の関係者が出席した。

両国国技館での断髪式開催は昨年2月の押尾川親方(元関脇豪風)以来で、コロナ禍では初めてだった。はさみを入れる関係者は土俵に上がる時だけマスクを外すものの、土俵に上がる前にアルコール消毒を徹底。密を避けるため、観客席から土俵までの導線も細かく管理されるなどの感染対策が施された。

相撲協会関係者を含めて約140人がはさみを入れたが、元荒鷲の強い要望で、関係者以外でも希望すればはさみを入れられた。当然、多くの来場客が手を挙げることになり、午後3時30分に終了するはずだった断髪式は、予定より約1時間遅い午後4時39分に終わった。元荒鷲は来場者から希望者を募った理由について「こういう状況の中でも来てくれたので、何としても最後にはさみを入れていただきたいなと思っていた。それで良かったと思う」と、笑顔で説明した。

最後は師匠の峰崎親方がとめばさみを入れて、大銀杏(おおいちょう)に別れを告げた。「気持ちも肩の力も抜けますね。軽くなるし。やれることを全部やり切ったので、そういう(寂しい)気持ちはなかった。これでやっと再出発ができたんじゃないか」と表情は晴れやかだった。

コロナ禍で開催が危ぶまれていた。「不安を感じていた。何事もなく終わるのが前提だった」と本音を吐露。峰崎親方も「半信半疑でやってきた。昨年くらいからいけるんじゃないかという感覚になってきた。協会との話し合いで、対策を万全にして、ご覧の通り、寒いんですけどね。換気をしながら、お客さんにも迷惑をかけますが…」。開催までの苦労がにじんだ。

入門時の師匠で元荒磯親方の山中武氏(元小結二子岳)もはさみを入れてくれた。「(最後に会ったのは)もう1年前くらい。去年引退を発表してあいさつに伺ったのでそれぶり。元気でしたね」。02年11月場所でともに初土俵を踏んだ同期の鳴戸親方(元大関琴欧洲)は、鶴竜とともに花束を贈呈してくれた。「びっくりした。うれしかった」。鶴竜には初顔だった17年初場所6日目で金星を挙げ、同場所8日目には横綱白鵬からも金星を獲得。白鵬との対戦はこれが最初で最後だった。記憶にも記録にも残る場所だった。

今後の進路は未定だが、日本に住み続けるつもりだ。「今まで学んだことを生かして自分にできることを精いっぱいやりたい」と、新たな道を探っている。【佐藤礼征】

夫人のプレブダシ・ヤンジンラムさん(左)からキスされる元荒鷲のエレヘバヤル・ドゥルゴゥーン氏(代表撮影)

関連するニュースを読む

大栄翔、初日から3日連続大関撃破は昭和以降3人目

立ち会い後に強烈な突き押しで正代(右)を攻める大栄翔(撮影・小沢裕)

<大相撲初場所>◇3日目◇12日◇東京・両国国技館

西前頭筆頭の大栄翔が、3日連続の大関撃破を果たした。かど番で初日から連勝中の正代を、突き出しで破った。朝乃山(初日)、貴景勝(2日目)に続く撃破で、平幕力士の初日から3日連続大関撃破は昭和以降3人目の快挙。

◆平幕力士の3日連続大関撃破 昭和以降では大栄翔が18人目。初日から3日連続撃破は、08年九州場所の西前頭2枚目若の里(初日から琴欧洲、琴光喜、魁皇)、19年初場所の西前頭2枚目北勝富士(同栃ノ心、豪栄道、高安)に続いて3人目。平幕の4日連続撃破は、10年夏場所の西前頭2枚目栃ノ心(2日目から日馬富士、琴欧洲、琴光喜、魁皇)のみ。

正代(左)を突き出しで破る大栄翔(撮影・菅敏)

関連するニュースを読む

八角理事長、3連勝大栄翔&阿武咲の対戦見てみたい

立ち会い後に強烈な突き押しで正代(右)を攻める大栄翔(撮影・小沢裕)

<大相撲初場所>◇3日目◇12日◇東京・両国国技館

3大関総崩れの一方で、きっぷのいい押し相撲の大栄翔(27=追手風)と阿武咲(24=阿武松)が、ともに3連勝。早くも役力士の全勝が消えた今場所の、台風の目になりそうな平幕コンビに、協会トップの八角理事長(元横綱北勝海)は「乗っている時の2人の対戦が見たいね。立ち合いで、どんな当たりをするのか見てみたい」と興味津々の様子で期待した。

大栄翔は3大関撃破、阿武咲も2関脇と1小結と役力士に全勝。阿武咲については「この3日間、初日から最高の相撲を取っている。去年の相撲教習所での(合同)稽古も全部行った。その意気込みがうれしい。やる気が結果に出ている。立ち合いで迷わず持って行けるという自信がついている」と褒めた。一方の大栄翔についても「調子がいいから(正代より)先に動いている。ここまでは負けて元々と思い切って行けた。三役との対戦があるが(今後も)気持ち的に受け身にならないように」と期待。「2人とも立ち合いの思い切りがいい。変にまとまっていない」と期待を寄せた。

◆平幕力士の3日連続大関撃破 昭和以降では大栄翔が18人目。初日から3日連続撃破は、08年九州場所の西前頭2枚目若の里(初日から琴欧洲、琴光喜、魁皇)、19年初場所の西前頭2枚目北勝富士(同栃ノ心、豪栄道、高安)に続いて3人目。平幕の4日連続撃破は、10年夏場所の西前頭2枚目栃ノ心(2日目から日馬富士、琴欧洲、琴光喜、魁皇)のみ。

阿武咲(左)は隆の勝を引き落としで破り、初日から3連勝を飾る(撮影・小沢裕)

関連するニュースを読む

元小結臥牙丸が引退、ジョージア出身05年初土俵

臥牙丸(17年5月撮影)

日本相撲協会は大相撲11月場所10日目の17日、元小結臥牙丸(33=木瀬)の引退を発表した。

ジョージア出身の臥牙丸は、05年九州場所で初土俵を踏み、12年初場所で新三役に昇進。15年夏場所では日馬富士から金星を挙げるなどしたが、昨今は両膝の負傷などにより番付を落としていた。

今年の春場所から3場所連続全休で、序二段に番付を落とした今場所も初日から休場していた。

関連するニュースを読む

琴奨菊引退 通算出場回数現役1位/記録アラカルト

大きく反り返る琴奨菊のルーティンワーク“琴バウアー”でファンを喜ばせた(16年初場所)

<大相撲11月場所>◇7日目◇14日◇東京・両国国技館

元大関で現役最年長関取の西十両3枚目琴奨菊(36=佐渡ケ嶽)が、引退を決意したことが大相撲11月場所7日目の14日、分かった。

15年ぶりに十両に転落した今場所は、6日目終了時点で1勝5敗と振るわず、この日に休場届を提出した。日本相撲協会理事会の承認を経て、年寄「秀ノ山」を襲名する見通し。

<琴奨菊記録アラカルト>

▽通算出場回数 現役1位の1496回。

▽幕内出場回数 現役1位、史上6位の1332回。

▽幕内在位場所数 現役2位、史上7位の92場所。幕内連続在位は史上4位の91場所。関取在位は97場所。

▽通算勝利数 現役2位の828勝。

▽幕内勝利数 現役2位、史上6位の718勝。

▽関取最年長 36歳9カ月。

▽金星 大関陥落後に日馬富士、稀勢の里、白鵬を破り金星3個獲得。

11月場所6日目の13日、千代ノ皇(右)に寄り切りで敗れる琴奨菊

関連するニュースを読む

新入幕の天空海「まだ30歳」日馬富士の言葉胸に

天空海(撮影・河田真司)     

大相撲11月場所(8日初日、東京・両国国技館)に新入幕で臨む天空海(29=立浪)が2日、電話取材に応じ、年齢は気にせずに土俵に上がることを誓った。11月場所前の6日に30歳の誕生日を迎える。節目の年齢となるが「歳は関係ないと自分でも思っている。『もう30』じゃなくて『まだ30』」と意識を持っているという。

きっかけは元横綱日馬富士との出会いだ。入門してまだ2、3年目だった頃、出稽古先で日馬富士と会ったという。当時はまだ三段目だったため、日馬富士に胸を出してもらった記憶はないが「お前はどうやれ、こういけというのはあった。いい相撲の時にほめられたのがうれしかった」と指導を受けたという。

その数年後、27歳を迎える2017年の時だった。巡業先のエレベーターで日馬富士と鉢合わせした際に「横綱は覚えてくれていないと思ったら『お前、何歳になったんだ?』と言われました」と声を掛けられたという。その際に「もう27歳になりました、と答えたら『まだ27歳だ』と言われました。その時に、やっぱり『まだ27』と思うのが大事なんだなと考えました」と当時、30歳を超えても第一線で戦っていた横綱の言葉が胸に響いたという。

だからこそ、30歳を目前に新入幕を果たしたが「ようやくスタートライン。(入門して)10年かけてようやく立てるので、これからも立てるようにいきたい」とハツラツとした気持ちを持って土俵に上がる。この日の朝稽古では、幕内の明生と豊昇龍との申し合い稽古で30番ほど相撲を取ったという。「今日はもうバチバチに3人で。毎日ガチンコです。みんなばっちりです」と話すように、連日熱のこもった稽古で本場所に向けて仕上げている。

関連するニュースを読む

ちゃんこの味付けで大げんか/過去の不祥事引退力士

87年12月、失踪事件で廃業となり会見する双羽黒

日本相撲協会は6日、東京・両国国技館で理事会を開き、4日までに引退届を提出していた阿炎(26=錣山)について、引退届を未受理とし、出場停止3場所および5カ月50%の報酬減額の懲戒処分を決定し、本人に通知したことを発表した。

◆不祥事やトラブルで引退、廃業した力士

▽双羽黒(元横綱) ちゃんこの味付けをめぐり87年12月に師匠の立浪親方(元関脇安念山)と大げんか。仲裁に入ったおかみさんを突き飛ばし部屋を飛び出す。同親方は協会へ廃業届を提出。4日後の臨時理事会で双羽黒の廃業が決議。

▽朝青龍(元横綱) 10年初場所中に都内で泥酔して一般男性に暴行。示談になったが協会から翌2月に引退勧告を受け、引退届を提出。

▽琴光喜 10年5月に発覚した野球賭博問題で、大嶽親方(当時、元関脇貴闘力)とともに解雇処分。

▽日馬富士(元横綱) 17年10月の秋巡業中に鳥取市内で同じモンゴル出身の貴ノ岩の頭部を殴打。同年九州場所後、責任を取って処分決定前に引退届を提出。

▽貴ノ岩(元前頭) 18年12月の冬巡業中に付け人の頬を平手と拳で4、5発殴打。同日付で引退届が受理される。

▽貴ノ富士(元十両) 19年秋場所前に2度目の付け人への暴力と差別的発言が発覚。場所後、協会から自主的な引退を促されたが、1度は受け入れず、2週間後に代理人弁護士を通じて引退届を提出。

90年2月、元双羽黒はバンバン・ビガロ戦でド派手に登場
元貴ノ岩(中央)にはさみを入れ、あいさつを交わす元横綱日馬富士のダーワニャム・ビャンバドルジ氏(19年2月2日撮影)

関連するニュースを読む

宇良の連勝18で止まる 湘南乃海に敗れ「悔しい」

湘南乃海(右)に突き落としで敗れた宇良(左)(撮影・丹羽敏通)

<大相撲7月場所>◇7日目◇25日◇東京・両国国技館

東幕下19枚目の宇良(28=木瀬)は、湘南乃海(高田川)に敗れ、序二段だった昨年11月の九州場所七番相撲から続いていた連勝が「18」で止まり、勝ち越しもお預けとなった。

20センチ近く大きな190センチ超の相手に、立ち合いで下に潜り込もうとしたが距離を取られた。まわしを取られまいと動き続けたが、距離を詰められないまま突き落とされた。

元横綱日馬富士から金星を挙げた経験もあるが、2度目の大ケガで序二段まで番付を落として以降、順調に白星を重ねてきた中での黒星で3勝1敗となった。「負けたのは悔しいけど、この位置は相手もみんな強い。連勝とかは意識したことがない。一喜一憂しないようにしてやりたい」と、切り替えていた。さらに「前に出る気持ちを忘れないように攻めないと、またケガしてしまうので、そこだけは気を付けてやっていきたい」と、自らに言い聞かせるようにして話した。

湘南乃海(左)に突き落としで敗れる宇良(撮影・河田真司)
湘南乃海に敗れ土俵から引き揚げる宇良(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

優しく不器用で愛された元栃煌山、きっといい親方に

リモート引退会見に出席した元栃煌山

大相撲の元関脇栃煌山が引退し、年寄「清見潟」を襲名した。不器用だが、魅力にあふれた力士だった。

運動神経は鈍い。体は硬い。高知県安芸市出身。小2で相撲を始めた。相手が怖くて「あっちいけ!」とか「さわるな!」と声を出しながら相撲を取った。稽古を初めて見に行った両親があきれるほどだった。サッカーのPKでは、ボールが止まっているのに空振りした。

幕内力士は、運動能力にすぐれたアスリートの集まりだ。平均体重160キロにもかかわらず、その多くが自在に自らの肉体を操り、俊敏性にも富む。そんな中、栃煌山が戦ってこられたのは、なぜか? ある時聞くと、こう答えた。

「相撲は反復して覚える。体にしみつけばやれるんです」

とにかく根気強い。中学横綱になり、高校は名門・明徳義塾で鍛えられた。角界入りしてからも、センスがないことを自覚して、努力を繰り返した。

入門直後の栃煌山らしいエピソードがある。ちゃんこ番で、初めて米とぎを命じられた時のこと。「とぎ汁が透明になるまでやるんだぞ」と言われ、全力で40分も続けた。すると米は粉々になり、いつもの半分しか炊けなかったという。

生命線は、鋭い立ち合い。低く当たってからもろ差しか、右四つになって寄り切る。これしかなかった。技は少なく、劣勢になると、しのぐ動きはあまりない。だから、あっけない負けもあるが、はまれば横綱も倒す。金星は6個(白鵬、日馬富士、鶴竜から1個ずつ、稀勢の里から3個)。昭和以降10位となる三役在位25場所。三賞は殊勲賞、敢闘賞、技能賞を各2度ずつ獲得した。本場所中、全体の稽古が終わっても1人土俵に残り、若い衆を相手に立ち合いの形を納得いくまで繰り返してきた。春日野部屋でのいつもの光景が、本場所での下支えになっていた。

立ち合い変化は、めったにしなかった。負けると、支度部屋ではほとんど話さなかった。取組前、必ずユンケルを1本飲む。入場前の花道では必ず、緊張してえづいた。稽古熱心で裏表がないから、勝つと付け人が本気で喜んだ。

栃煌山。十両に上がる時に本名の影山から改名した。春日野親方(元関脇栃乃和歌)から「考えておいてください」と依頼された母の雪絵さんが、しこ名を考えた。読みは「とちおうやま」ではなく、あえて「とちおうざん」にした。やさしい性格に、もっと強さを加えたかったのだという。

分け隔てなく、誰からも好かれる性格は少年時代から変わらない。雪絵さんは中学時代のことが忘れられない。同学年に1人、不登校の子がいたが、影山少年にだけは心を開いていたという。卒業時、校長からこう言われた。「教師の立場ながら、この子の存在がありがたかった。こういう子は、最近では珍しい。やさしい、いい子っていうのとは違うオーラを持っている子やった。私だけでなく、教員全員がそう思っています」。

勝負の世界に入っても、やや天然な性格は周囲から愛され、現役生活をまっとうした。

コロナ禍にあり、15日の引退会見はオンラインだった。どんな思いで稽古してきたのか聞かれると、こう答えた。

「器用な相撲は取れなかった。しっかり課題を持って体にしみこませるように常に稽古をしていた。なかなか最後、上の番付に上がることができなかったけど、自分のやってきたことに間違いはなかったと思う」

きっと、いい親方になる。【佐々木一郎】

15年9月、秋場所で稀勢の里(手前)を寄り切り全勝対決を制した栃煌山

関連するニュースを読む

栃ノ心、平幕初4連続大関撃破/夏場所プレイバック

大相撲夏場所5日目 魁皇(右)を寄り切る栃ノ心(2010年5月13日撮影)

コロナ禍により大相撲夏場所が中止になり、本場所開催まで待ち遠しい日々が続きます。そんな中、日刊スポーツでは「大相撲夏場所プレイバック」と題し、初日予定だった24日から15日間、平成以降の夏場所の名勝負や歴史的出来事、話題などを各日ごとにお届けします。5日目は、平幕初の連続撃破です。

<大相撲夏場所プレイバック>◇5日目◇10年5月13日◇東京・両国国技館

ジョージア出身の怪力が、快挙を成し遂げた。西前頭2枚目の栃ノ心が、4連勝していた大関魁皇を止めた。2日目から日馬富士、琴欧洲、琴光喜を下し、08年九州場所の豊ノ島以来9人目となる平幕の4大関撃破。さらに平幕の4日連続大関撃破は、史上初の快挙となった。

得意の右四つに持ち込み、寄り切りで魁皇を破った。「あの体勢になったら、もう負けないですよ」。この日の朝稽古。最後に春日野親方(元関脇栃乃和歌)から呼ばれ、4日連続はたき込みで勝った魁皇への対策を伝授された。頭を下げ過ぎずに強く当たり、得意とする形に持ち込んだ。

初土俵は06年の3月。入門時に190センチ、129キロだった体格は、192センチ、157キロ、ももの太さは90センチ以上に成長した。09年6月にはジョージアからの要請で母国に戻り、約1カ月の軍事訓練を受けた。銃も撃った。だが「こっち(相撲の稽古)の方が大変」というほど、当時5人の関取衆がいる春日野部屋の厳しい環境で強くなった。

「これまで上位にいた時は1回も3役に上がっていない。負けてもいいから、いい相撲を取りたい」と意気込み、戦った残りの10日間。千秋楽に勝ち越しを決め、自身2度目の敢闘賞を受賞。そして翌名古屋場所で悲願の新小結に昇進した。

関連するニュースを読む

ソソルフー白鵬杯初優勝 憧れ日馬富士と対面で興奮

白鵬杯の中学生個人で優勝したソソルフー

大相撲の横綱白鵬が主催する第10回白鵬杯(世界少年相撲大会)が2日、東京・両国国技館で行われ、モンゴル出身のアルタンゲレル・ソソルフー(15=鳥取西中)が中学生個人の部を制した。

決勝ではバヤルボルドとのモンゴル対決に勝利した。小4から出場していた同大会。中学生個人の部を海外代表選手として初めて優勝し「うれしい。中学最後の大会だったので良かった」と、屈託のない笑みを見せた。

小さい頃からテレビで観戦していた大相撲の世界にあこがれ、中1から相撲留学した。小さい頃のあこがれは元横綱の朝青龍や日馬富士。この日、会場に日馬富士が訪れており「日馬富士関の相撲を目指していたので、見てうれしかった」と興奮気味に話した。日本に来て3年足らずだが、報道陣の取材にも丁寧な日本語で対応。来日時は日本の上下関係に苦労したが「今は大丈夫」と頼もしかった。

普段は高校相撲の強豪で、4月に進学予定の鳥取城北高で稽古を重ねている。175センチ、93キロ。中1から体重は40キロ増え、身長はこの1年で14センチ伸びた。「(将来的には)185センチ、体重は130キロくらいになりたい」と理想を掲げた。「城北で3年間頑張って大相撲に入りたい」と、高卒での角界入りを宣言。「みんなが目指している関取、横綱になりたい」と目を輝かせた。

第10回白鵬杯の開会式で、記念撮影に納まる横綱白鵬と長男真羽人君(前列右から4人目)と相撲少年たち(撮影・柴田隆二)

関連するニュースを読む

白鵬“3横綱そろい踏み”も「スーツ似合ってきた」

第10回白鵬杯で記念撮影に納まる、左から元横綱日馬富士、横綱白鵬、荒磯親方(元横綱稀勢の里)(撮影・柴田隆二)

横綱白鵬(34=宮城野)が自ら主催し、第10回の記念大会を迎えた白鵬杯(世界少年相撲大会)が2日、東京・両国国技館で世界から13カ国・地域の小・中学生約1100人を集めて開催された。

午前8時に開会式が行われ昼休みの時間には、元横綱日馬富士と荒磯親方(元横綱稀勢の里)も会場に姿を見せ、集まった選手、観客にあいさつした。

“3横綱そろい踏み”に白鵬は「勝って当たり前の、横綱になった人でないと分からない世界。久しぶりに2人と会って緊張した」と言いつつ、着物を着用しない2人の姿を見て「かっこいい。だんだんスーツが似合ってきた」と笑った。

荒磯親方も両国国技館を使った、高校生の全国大会開催を模索している。親方として「強い力士を育てるのが一番の恩返しだと思う」と、今は部屋付きの荒磯親方に期待。また「違う形で戦えれば。ぜひ(自分が)強いチームを作って『稀勢の里杯』に参加したい」と、新たな夢をかき立てていた。

関連するニュースを読む

元日馬富士「けがしない力士育てて」荒磯親方に期待

元日馬富士に話しかけられる元横綱稀勢の里の荒磯親方(撮影・鈴木正人)

1月の初場所中に引退した大相撲の元横綱稀勢の里の荒磯親方(33)が「力士の象徴」という、まげと別れを告げた。

   ◇   ◇   ◇

第70代横綱日馬富士のダワーニャム・ビャンバドルジ氏も、かつてのライバルの晴れ姿を見ようとモンゴルから駆け付けた。

断髪式ではさみを入れて「始まりもあれば終わりもある」と神妙な面持ちで話した。新入幕は同じ04年九州場所。左大胸筋のけがは、17年春場所の日馬富士戦で負ったものだった。親方として後進の指導に当たる荒磯親方に「しっかりとした育成をして、けがをしない力士を育ててほしい」と期待を寄せた。

関連するニュースを読む

安美錦「家族が力に」すっかり変わった人生観/連載1

13年6月 結婚指輪を披露する絵莉夫人と安美錦

大相撲の最年長関取、安美錦(40=伊勢ケ浜)が現役を引退し、年寄「安治川」を襲名した。いかにして歴代1位の関取在位117場所にたどり着いたのか。その横顔を3回にわたって紹介する。1回目は、結婚で変わった人生観に迫る。

◇  ◇  ◇

安美錦が結婚したのは13年4月。34歳の時だった。前年12月、日馬富士横綱昇進披露パーティーで後援者から紹介された。交際2カ月未満の初場所後に求婚し、2月に婚約発表した。

当時、結婚を喜びながらも、相撲と結び付けられることを嫌った。「結婚したから勝ったとか負けたとか言われたくない。関係ないから。現役でいるうちは、相撲については好き勝手にわがままにやらせてもらう」とまで言っていた。

ところが…。妻絵莉さんの献身により、少しずつ考え方が変わっていった。

「自宅に炊飯器もなかったらしいよ」と言う妻が料理を学び、アスリートフードマイスターの資格を取得。自宅での食事には10品目以上が並んだ。地方場所になると、定期的に食事をチルドパックで送ってくれた。一緒に闘ってくれていることを実感した。

独身時代の安美錦は、女性にもてた。外食が多く、好きなものを好きなだけ食べた。栄養バランスなんて気にしなかった。若いうちはそれでよかった。

結婚後、野菜を食べることが増え、1年もしないうちにその効果を目の当たりにした。朝の目覚めがよくなり、血液検査の数値がことごとく良化した。

以来、節目の勝利、節目の記録を達成するたび、妻や家族への感謝を口にするようになった。結婚してから初の金星、結婚後初の三役…、「結婚後最初の○○」にこだわるようになった。

3年前の5月にアキレス腱(けん)を断裂してからは、回復のためになる病院、治療院などを聞き付けては妻の運転で全国を回った。巡業や地方に行っては、テレビ電話で話す子供の顔が癒やしになった。

「いろいろあった。アキレス腱を切ってからは、嫁さんは特に大変だった。だから結果を出すしかないと思ってやっていた」

結婚前、仕事と家庭を切り離すつもりだった男は、すっかり考え方を変えていた。

「変わったね。土俵に立つのは自分だけど、それを支えてくれた。何回もけがをして、こんだけやってくれた。子供が3人生まれて、子育てだけでも手いっぱいなはずなのに、俺のことにも手をまわしてくれた。一緒に闘っていた。むしろ、妻は土俵に上がっていない分、自分よりも苦しかったと思う。嫁さんは自分が勝った負けたじゃないから。俺よりつらい思いをしたんだろうな。(考えは)変わりました。こんなに力になるんだな、家族が、子供が」

記録にも記憶にも残る安美錦。人間の幅を広げた末に、この場所にたどり着いた。【佐々木一郎】

13年6月 結婚披露宴でケーキ入刀を行う安美錦と絵莉夫人

関連するニュースを読む

白鵬に懲戒処分 17年厳重注意より重い「けん責」

神妙な面持ちで臨時理事会の部屋へ向かう白鵬(撮影・河田真司)

大相撲の横綱白鵬(34=宮城野)が「けん責」の懲戒処分を受けた。日本相撲協会は24日、都内のホテルで臨時理事会を開き、3月の春場所千秋楽の優勝インタビューで、白鵬が観衆を促して三本締めを行った問題について話し合った。白鵬は17年九州場所千秋楽でも、観衆とともに万歳三唱を行って厳重注意を受けており、今回はより重い懲戒処分となった。この日の理事会の最後に出席した白鵬は、八角理事長(元横綱北勝海)から「何か言いたいことは」と聞かれたが「何もありません」と、素直に聞き入れていたという。

理事会に数分間出席後は報道陣の前に現れず、無言でホテルを後にした。今回の処分は、問題を調査したコンプライアンス委員会から16日に八角理事長が答申を受け、その意見に理事会も賛同する形で決まった。

そもそも本場所は、千秋楽の表彰式後に神送りの儀式を行い終了する。その前に白鵬が勝手に手締めをしたことが、コンプライアンス規定の違反行為「土俵上の礼儀、作法を欠くなど、相撲道の伝統と秩序を損なう行為」に該当すると、問題視された。万歳三唱に続く勝手な振る舞いだが、芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると「お客さんを喜ばせたいと思って、とっさにやった。万歳はダメだが三本締めはいいと思っていた」という趣旨の説明を前回までの3度の“呼び出し”の中で行い、繰り返しの認識はなかったという。

白鵬に続き、時間差で理事会に呼ばれた師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)には「3カ月間、10%減額」の報酬減額処分が通達された。白鵬よりも重い処分となったことについて、芝田山部長は「指導が不十分だったことは明らか。理事会を軽視したと言わざるを得ない」と、万歳三唱の際も理事会で厳重注意を受けたが、改善されなかったことが重く取られたと説明。師匠も素直に受け入れたが、報道陣には無言だった。

◆白鵬前回の注意処分 暴行問題の渦中にあった17年11月の九州場所千秋楽の優勝インタビューで「日馬富士関と貴ノ岩関を再びこの土俵に上げてあげたいなと思います」と発した上、観客に万歳三唱を促した。また同場所11日目の嘉風戦に敗れた後、立ち合い不成立を執拗(しつよう)にアピールした行為も合わせ、11月30日の理事会で福岡から東京に呼び出され、師匠とともに厳重注意された。

17年11月、優勝インタビューでファンと一緒にバンザイする白鵬
3月24日、春場所千秋楽で自ら音頭を取り三本締めする白鵬

関連するニュースを読む

日本相撲協会の処分は7項目 厳重注意は該当せず

神妙な面持ちで臨時理事会の行われている部屋へ入る横綱白鵬(撮影・河田真司)

日本相撲協会は24日、都内のホテルで臨時理事会を開き、3月の春場所千秋楽での優勝インタビュー時に観客を促して三本締めを行った横綱白鵬(34=宮城野)に「けん責」の処分を科した。

日本相撲協会の処分は賞罰規定の第3章「懲戒」に定められている。親方、力士ら協会員の処分は軽い順にけん責(将来を戒める)、報酬減額、出場停止、業務停止(協会事業への従事を停止)、降格、引退勧告、解雇の7項目。

最近の重い懲戒処分は15年10月、マネジャーの男性を暴行して傷害罪で起訴された熊ケ谷親方(元十両金親)が解雇となった例がある。また、17年11月に引退した元横綱日馬富士、今年2月に引退した鳴戸部屋の三段目力士は、その後の理事会で引退勧告相当と判断された。旧規定で最も重い除名は、公益財団法人移行後の現行規定からなくなった。厳重注意は懲戒に該当しない。

関連するニュースを読む