上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

山中慎介がMVPなど「3冠」 ボクシング年間表彰

年間MVP選出を受けガッツポーズで立ち上がる山中。左から井上、1人おいて小国(撮影・下田雄一)

 16年のボクシング年間表彰式が10日に都内で行われ、WBC世界バンタム級王者山中慎介(34=帝拳)が最優秀選手賞、KO賞、年間戦最高試合賞(世界戦)の「3冠」に輝いた。

 最優秀選手賞の発表がされた瞬間に左拳を掲げた山中。昨年9月に7回TKOで11度目の防衛に成功したアンセルモ・モレノ(パナマ)戦でKO賞、最高試合に選ばれ、「大変うれしく思います。自分自身も価値ある勝利だったと思う。17年に向けても勢いをつけられた」。3月2日にカルロス・カールソンを迎える12度目の防衛戦(東京・両国国技館)への大きな弾みにもなった。

 各賞は以下の通り。

▼最優秀選手賞 山中慎介

▼技能賞 井上尚弥

▼殊勲賞 小国以載

▼努力・敢闘賞 石本康隆

▼KO賞 山中慎介、井岡一翔

▼新鋭賞 比嘉大吾

▼年間最高試合賞(世界戦) 山中慎介-アンセルモ・モレノ

▼年間最高試合賞(世界戦以外) 亀海喜寛-ヘスス・ソト・カラス

▼女子最優秀選手賞 藤岡奈穂子

▼女子年間最高試合 藤岡奈穂子-真藤ゴー

▼優秀選手賞 高山勝成、田口良一、田中恒成、八重樫東、井岡一翔、河野公平、井上尚弥、カルロス・クアドラス、山中慎介、小国以載、長谷川穂積、ホルヘ・リナレス

▼特別功労賞 長谷川穂積

▼特別賞 木村悠、池原シーサー久美子、安藤麻里、原田政彦、故金子繁治、故酒井忠康

ベルトを肩にファイティングポーズする、左から井上、山中、小国(撮影・下田雄一)

関連するニュースを読む

池原シーサー久美子が引退表明「子どもも欲しいし」

 世界ボクシング機構(WBO)女子ミニフライ級王者の池原シーサー久美子(32=フュチュール)が13日、現役引退を表明した。

 東京・後楽園ホールで行われた女子ダブル世界戦の前に引退式に臨み「子どもも欲しいし、けがもしっかり治したい。子どもが生まれてパワーがあればママさんボクサーも考えるが、まず一区切り」と述べた。

 アマチュア時代の2008、10年に世界選手権出場。12年にプロデビューし、14年9月に同級王座に就き、4度の防衛に成功した。

関連するニュースを読む

池原シーサー久美子V4&出花崇太郎との結婚も発表

池原は夫の出花にお姫様だっこされ笑顔を見せる(撮影・河野匠)

<プロボクシング:WBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇21日◇東京・後楽園ホール

 プロボクシングのWBO世界女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦は21日、東京・後楽園ホールで行われ、王者池原シーサー久美子(31=フュチュール)が4度目の防衛を果たした。挑戦者の江畑佳代子(40=ワタナベ)の圧力に苦しんだが、相手の打ち終わりに的確にパンチを浴びせ、2-1の判定で勝利を収めた。池原は9勝(3KO)1敗2分けとした。

 池原は試合後のインタビューで、柔道元日本代表で格闘家の出花崇太郎(32)と結婚していたことを明かした。リング下で、約12年間の交際を実らせた夫に抱きかかえられると、満面の笑みを浮かべた。「勝って報告しようと決めていたが、それがプレッシャーになった」。接戦となった試合については「警戒しすぎて、守りに入ってしまった。どんどん強い相手と戦っていきたい」と話した。

関連するニュースを読む

池原シーサー久美子V4 格闘家出花との結婚も発表

4度目の防衛を果たした池原は夫の出花さんにお姫様だっこされ笑顔を見せる(撮影・河野匠)

<プロボクシング:WBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇21日◇東京・後楽園ホール

 王者・池原シーサー久美子(31=フュチュール)が挑戦者の江畑佳代子(40=ワタナベ)を2-1の判定(96-94、96-94、94-96)で下し、4度目の防衛を果たした。

 序盤から江畑の圧力に苦しんだが、打ち終わりに強打を集めるなど、有効打で上回り、接戦を制した。

 試合後のインタビューでは、柔道元日本代表で格闘家の出花崇太郎(32)と結婚していたことをサプライズ発表。「勝って報告しようと決めていたが、それがプレッシャーになった。これからも夫婦そろって頑張っていきたい」と話した。

 池原は戦績を9勝(3KO)1敗2分けとした。

関連するニュースを読む

40歳の江畑佳代子が5度目の世界挑戦 21日後楽園

ポーズを決める左から宮尾、古川、江畑

 ワタナベジムが8日、40歳の江畑佳代子が5度目の世界挑戦すると発表した。

 21日に東京・後楽園ホールで、WBO女子世界ミニフライ級王者池原シーサー久美子(31)と昨年5月に負傷判定負け以来の再戦。「やめようと思ったが、おつぼねとしてもう少し現役を。まだのびしろある」と悲願を期す。また、元WBA世界ライトミニマム級王者宮尾綾香(33)が、より実戦練習の充実のために大橋ジムから移籍も発表した。

関連するニュースを読む

江畑佳代子「執念で勝つ」池原シーサー久美子に挑戦

左から宮尾綾香、古川夢乃歌、江畑佳代子、箕輪綾子、後藤あゆみ

 ワタナベジム女子5選手が8日、都内のジムで会見した。40歳の江畑佳代子は21日に東京・後楽園ホールで5度目の世界挑戦する。WBO世界ミニフライ級王者池原シーサー久美子(31=フュチュール)と昨年5月で負傷判定負け以来の再戦となる。前回は1-2の僅差で「ベストバウト。1度は辞めようと思ったが、お局としてもう少し現役を続けたい。5度目はありえないことだが、まだのびしろはある。執念で勝ちたい」と悲願を期した。

 元WBAライトミニマム級王者宮尾綾香(33)は、より実戦練習の充実のために大橋ジムから移籍を発表した。「前からよく練習に来ていた。江畑さんらたくさんの女子がいて、対人練習が充実している」と、すでに8月からワタナベジムで練習している。心機一転、WBCアトム級王者小関桃(34)との統一戦で失った王座奪回を目指す。

 アマで全日本7連覇した箕輪綾子(28)は21日に6回戦でプロデビュー戦に臨む。リオ五輪代表を逃しての転向。宇都宮にある実家で生花店を手伝いながら2時間かけて通勤する。「ミニフライ級からライト級までいける。ベルトはいくつでもとりたい」と、最大9階級制覇を豪語。10月9日に韓国でプロ第2戦を予定している。

 8月にWBAライトミニマム級新王者となった古川夢乃歌(22)は、日体大4年生で「ネットラジオに出ました」と初々しい。11年ミス府中の東洋太平洋スーパーバンタム級1位後藤あゆみ(28)は21日に無傷の5連勝を狙う。「これに勝てばA級になる。高野さんに挑戦したい」と、モデルの王者高野人母美(29)への挑戦で長身ビジュアル対決を熱望した。

関連するニュースを読む

池原が3度目防衛「先生として負けられなかった」

タイトル防衛に成功した池原(撮影・中島郁夫)

<プロボクシング:WBO世界女子ミニフライ級タイトルマッチ10回戦>◇11日◇東京・後楽園ホール

 ミニフライ級王者池原シーサー久美子(30=フュチュール)は判定勝ちで3度目の防衛に成功した。

 池原は判定勝ちにも「完投」を喜んだ。的確にパンチを当てて4~6ポイント差の3-0も「前半から当たって倒そうとし過ぎた」と反省。過去2度の防衛戦はいずれも負傷で、1回引き分けと7回2-1の判定。「10回戦って勝てた。ホッとした」と笑み。ジムで教える子供6人が9月に同じ後楽園ホールで優勝した。「先生として負けられなかった」と今度は涙。次戦は来年ミャンマーで防衛戦開催を計画している。

関連するニュースを読む

池原が3度目の防衛 高野はKO負けで王座奪取失敗

ベルムデス(右)の右ストレートを浴びる高野(撮影・中島郁夫)

<プロボクシング:WBO女子ダブル世界戦各10回戦>◇11日◇、東京・後楽園ホール

 ミニフライ級王者の池原シーサー久美子(フュチュール)が神田桃子(勝又)に3-0で判定勝ちし、3度目の防衛に成功した。ジャッジは2人が97-93、残る1人は98-92と採点した。

 モデルとしても活動する高野人母美(協栄)はスーパーフライ級王者のダニエラ・ベルムデス(アルゼンチン)に4回KO負けし、世界初挑戦で王座奪取に失敗した。

 戦績は31歳の池原が11戦8勝(3KO)1敗2分け、29歳の神田が11戦6勝(3KO)5敗。28歳の高野は10戦8勝(5KO)2敗、ベルムデスは23戦18勝(6KO)3敗2分け。

関連するニュースを読む

神田桃子が世界王座初挑戦「全力でベルト奪いたい」

世界初挑戦の神田桃子(左)は得意の漫画で高野人母美(右)の似顔絵を披露

 WBO女子世界ミニフライ級王者池原シーサー久美子(30=フュチュール)が、V3戦で東洋太平洋アトム級王者神田桃子(28=勝又)の挑戦を受ける。

 11月11日に東京・後楽園ホールで対戦することが、17日に都内の協栄ジムで発表された。

 世界初挑戦となる神田だけが会見に出席した。もともとは虚弱体質で、16歳の時に母に勧められてボクササイズを始めた。これがきっかけでボクサーになった。昨年ジムを移籍して初の世界戦のチャンスを得た。「ボクシングを始めて13年目になる。全力でベルト奪いたい」と話した。メーンでは高野人母美(28=協栄)がWBOスーパーフライ級王座挑戦と女子ダブル世界戦となる。

関連するニュースを読む

内山が歴代2位タイのV10、田口はTKO初防衛

10度目防衛に成功した内山(撮影・たえ見朱実)

<プロボクシング:世界タイトルマッチ>◇6日◇東京・大田区総合体育館

 WBAスーパーフェザー級スーパー王者の内山高志(ワタナベ)が同級7位のジョムトーン・チューワッタナ(タイ)を2回1分15秒TKOで下し、日本歴代2位に並ぶ10度目の防衛に成功した。

 WBAライトフライ級王者の田口良一(ワタナベ)は同級14位のクワンタイ・シスモーゼン(タイ)に8回36秒TKO勝ちで初防衛した。戦績は内山が24戦23勝(19KO)1分け、田口は25戦22勝(9KO)2敗1分け。

 WBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ10回戦は、王者の池原シーサー久美子(フュチュール)が挑戦者の江畑佳代子(ワタナベ)を7回負傷判定で下し、2度目の防衛を果たした。

関連するニュースを読む

WBA王者内山高志&田口良一が5・6防衛戦

ベルトを肩にファイティングポーズをとる内山(左)と田口(撮影・下田雄一)

 ボクシングのワタナベジムは20日、5月6日に東京・大田区総合体育館で世界戦を開催すると発表した。

 WBA世界スーパーフェザー級王者内山高志(35=ワタナベ)は同級10位ジョムトーン・チューワッタナ(25=タイ)と、WBA世界ライトフライ級王者田口良一(28=ワタナベ)は同級15位クワンタイ・シスモーゼン(30=タイ)と防衛戦を行う。

 両王者は都内で会見。10度目の防衛戦となる内山は「テクニックのある強敵。気を抜かずに戦いたい」。昨年大みそかに王座を奪取し、初防衛戦となる田口は「以前よりも強くなった姿を見せたい。先手で攻めるスタイルを貫いていきたい」と意気込みを口にした。

 また、WBO女子世界ライトフライ級王者池原シーサー久美子(フュチュール)が江畑佳代子(ワタナベ)と2度目の防衛戦を行うことも発表された。

関連するニュースを読む

45歳の池山直が国内最年長防衛記録を更新

<プロボクシング:WBO女子ダブル世界戦各10回戦>◇2月28日◇大阪市・アゼリア大正ホール

 アトム級は王者で45歳5カ月の池山直(フュチュール)が2度目の防衛を果たし、男女を通じて自らが持つ国内最年長防衛記録を更新した。

 21歳年下の挑戦者ノル・グロ(フィリピン)に3-0の大差判定勝ちを収めた。ミニフライ級は池原シーサー久美子(30=フュチュール)が、ジョゼベル・パガデュアン(フィリピン)に1回終了負傷引き分けで初防衛した。

関連するニュースを読む

45歳5カ月池山が最年長防衛 WBO女子

2度目の防衛で、国内最年長防衛記録を更新したWBO女子アトム級王者の池山直(共同)

<プロボクシング:WBO女子ダブル世界戦各10回戦>◇28日◇大阪市・アゼリア大正ホール

 アトム級は王者で45歳5カ月の池山直(フュチュール)が2度目の防衛を果たし、男女を通じて自らが持つ国内最年長防衛記録を更新した。

 21歳年下の挑戦者、ノル・グロ(フィリピン)を手数で圧倒し、3-0で大差の判定勝ちを収めた。池山の戦績は10戦8勝(1KO)2敗。

 ミニフライ級は30歳の池原シーサー久美子(フュチュール)がジョゼベル・パガデュアン(フィリピン)に1回終了負傷引き分けで初防衛した。偶然のバッティングで池原が額を切り、試合続行不可能と判断された。池原の戦績は9戦6勝(3KO)1敗2分け。

関連するニュースを読む

池山と池原が2月に防衛戦

 フュチュールジムは26日、WBO世界女子アトム級王者の池山直が、ノル・グロ(フィリピン)と、同ミニフライ級王者の池原シーサー久美子が、ジョゼベル・パガデュアン(フィリピン)と、2月28日に大阪市のアゼリア大正ホールで防衛戦を行うと発表した。

 池山は2度目、池原は初防衛戦となる。

関連するニュースを読む