上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

若隆景流血も朝乃山に勝利 宇良肩すかしで3連勝/3日目写真特集

<大相撲夏場所>◇3日目◇11日◇東京・両国国技館

東前頭筆頭の若隆景が大関に連勝した。朝乃山と対戦。立ち合い変化を見せて大関得意の右四つを許しながら、土俵際で粘って、左上手を引きつけて寄り切った。若隆景は鼻の付近から出血する激闘だった。朝乃山は連敗となった。大関陣では照ノ富士がただ1人、3連勝とした。

三役以上では高安と御嶽海が力強い相撲で初日から3連勝を飾った。

3日目の取組を写真で振り返ります。

十両

宇良(3勝0敗)肩すかし千代ノ皇(1勝2敗)

千代ノ皇(左)を肩すかしで破る宇良(撮影・鈴木正人)

宇良(左)は肩すかしで千代ノ皇を破る(撮影・小沢裕)

千代ノ皇(左)を肩すかしで破り、ひっくり返る宇良(撮影・河田真司)


炎鵬(0勝3敗)押し出し徳勝龍(3勝0敗)

徳勝龍(右)に足で攻める炎鵬(撮影・鈴木正人)

徳勝龍(右)に足で攻める炎鵬(撮影・鈴木正人)

徳勝龍(手前)に押し出しで敗れる炎鵬(撮影・鈴木正人)

幕内

石浦(1勝2敗)押し出し天空海(1勝2敗)

石浦(左)を押し出しで破る天空海(撮影・河田真司)


魁聖(1勝2敗)送り倒し千代丸(2勝1敗)

★魁聖 立ち合い、まわしが取れなかった。足が滑ってダメでした。

魁聖(右)を送り倒しで破る千代丸(撮影・河田真司)


明瀬山(1勝2敗)寄り切り千代大龍(3勝0敗)

千代大龍(左)は寄り切りで明瀬山を破る(撮影・小沢裕)

明瀬山(下)を寄り切りで破った千代大龍(撮影・鈴木正人)


大奄美(1勝2敗)寄り切り隠岐の海(1勝2敗)

大奄美(右)を寄り切りで破る隠岐の海(撮影・河田真司)


琴ノ若(1勝2敗)小手投げ千代翔馬(1勝2敗)

☆琴ノ若 内容は悪かったけど、(初日が出て)気持ちの面でも変わってくると思う。バタバタせず、冷静に対応できた。いい内容で勝ちたい。

千代翔馬(右)を小手投げで破る琴ノ若(撮影・鈴木正人)


琴恵光(2勝1敗)はたき込み照強(1勝2敗)

琴恵光は照強(手前)をはたき込みで破る(撮影・小沢裕)


志摩ノ海(1勝2敗)突き落とし輝(0勝3敗)

☆志摩ノ海 起こされたけどしっかり我慢して、土俵際で踏ん張れた。思い切りやっていたが硬さもあった。気負わないでやろうと思った結果。

志摩ノ海(右)は輝を突き落としで破る(撮影・小沢裕)


玉鷲(3勝0敗)小手投げ遠藤(2勝1敗)

遠藤(左)を小手投げで破る玉鷲(撮影・河田真司)


栃ノ心(1勝2敗)押し出し宝富士(2勝1敗)

☆宝富士 (この日まで無観客開催)静かだと集中できている気がする。明日からお客さんも入るので集中していきたい。自分らしい相撲を取れるように精いっぱい取りたい。

栃ノ心(奥)を押し出しで破る宝富士(撮影・河田真司)


剣翔(1勝2敗)寄り切り逸ノ城(2勝1敗)

☆剣翔 待ったがあってびっくりしたが、もろ手でいくのは決めていたので、うまくいってよかった。

逸ノ城(右)を寄り切りで破る剣翔(撮影・河田真司)


豊昇龍(1勝2敗)寄り切り阿武咲(3勝0敗)

豊昇龍(左)を寄り切りで破る阿武咲(撮影・鈴木正人)


英乃海(2勝1敗)寄り倒し妙義龍(0勝3敗)

☆英乃海 妙義龍関が早く前みつを取ってきたのでチャンスと思ってまわしを取った。(4日目から有観客開催となることいについて)僕は無観客よりお客さんが入った方が力が出る。

妙義龍(左)を寄り倒しで破る英乃海(撮影・鈴木正人)


御嶽海(3勝0敗)押し出し千代の国(0勝3敗)

☆御嶽海 前に出ることだけを意識したので、うまく中に入れたなと思います。(3連勝は)気持ちいいですね。この気持ちいいまま残りもいきたいですね。

千代の国(右)を押し出しで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)


霧馬山(0勝3敗)押し倒し隆の勝(2勝1敗)

霧馬山(右)を押し倒しで破る隆の勝(撮影・河田真司)


高安(3勝0敗)押し倒し明生(1勝2敗)

明生(手前)を押し倒しで破る高安(撮影・鈴木正人)


北勝富士(0勝3敗)押し出し貴景勝(2勝1敗)

貴景勝(手前)に押し出しで敗れる北勝富士(撮影・河田真司)


朝乃山(1勝2敗)寄り倒し若隆景(2勝1敗)

1分相撲の末

朝乃山(左)を寄り倒しで破る若隆景(撮影・河田真司)

若隆景(左)は寄り倒しで朝乃山を破る。右奥は正代(撮影・小沢裕)

朝乃山を寄り倒しで破り、鼻から流血させる若隆景(撮影・河田真司)

流血した顔で懸賞金を手にする若隆景(撮影・小沢裕)


翔猿(1勝2敗)上手投げ照ノ富士(3勝0敗)

翔猿(右)を上手投げで破る照ノ富士(撮影・河田真司)


正代(2勝1敗)突き落とし大栄翔(1勝2敗)

物言いがつくも協議の末軍配どおり

土俵際で堪える大栄翔(手前)と正代(撮影・河田真司)

大栄翔との結びの一番で物言いがつき、協議結果を待つ正代(後方右)(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

炎鵬の右肘が…“業師対決”は宇良が極め出し/2日目写真特集

<大相撲夏場所>◇2日目◇10日◇東京・両国国技館

初日はそろって白星を飾った4大関が、2日目にして早くも崩れた。 朝乃山は明生押し出され、かど番の大関正代も、若隆景の低い攻めに防戦一方で寄り切られた。 結びで貴景勝も、幕内優勝2回の実力者、小結御嶽海に押し倒された。3大関に土がついた。 大関に復帰した照ノ富士だけが北勝富士を送り出し、初日から2連勝を飾った。 十両で注目の「業師対決」は宇良が炎鵬をきめ出し、初日から2連勝とした。

2日目の取組を写真で振り返ります。

十両

炎鵬(0勝2敗)極め出し宇良(2勝0敗)

宇良(左)はきめ出しで炎鵬を破る(撮影・小沢裕)

宇良(右)に右肘をきめられる炎鵬(撮影・河野匠)

宇良にきめ出しで敗れ腕を押さえ土俵を引き揚げる炎鵬(撮影・鈴木正人)

幕内

石浦(1勝1敗)送り出し千代丸(1勝1敗)

千代丸(右)を送り出しで破る石浦(撮影・鈴木正人)


天空海(0勝2敗)叩き込み千代大龍(2勝0敗)

天空海(手前)をはたき込む千代大龍(撮影・河野匠)


魁聖(1勝1敗)送り出し大奄美(1勝1敗)

☆大奄美 勝ててよかったッス。胸を合わせたらおしまいと思っていたんで。まずは勝ち越しが目標です。

魁聖(左)を送り出しで破る大奄美(撮影・鈴木正人)


琴恵光(1勝1敗)寄り切り明瀬山(1勝1敗)

☆明瀬山 (0勝2敗の琴恵光を寄り切り)変な突き落としとかあるが、我慢できたのがよかった。攻められたけど、残って1番とれたことはよかった。

琴恵光(左)を寄り切る明瀬山(撮影・河野匠)


琴ノ若(0勝2敗)上手投げ隠岐の海(2勝0敗)

琴ノ若(右)を上手投げで破る隠岐の海(撮影・河野匠)


千代翔馬(1勝1敗)押し出し照強(1勝1敗)

照強(左)を押し出しで破る千代翔馬(撮影・鈴木正人)


志摩ノ海(0勝2敗)押し出し玉鷲(2勝0敗)

志摩ノ海(右)を押し出しで破る玉鷲(撮影・鈴木正人)


輝(0勝2敗)叩き込み遠藤(2勝0敗)

輝(左)をはたき込みで破る遠藤(撮影・鈴木正人)

輝(左)をはたき込みで破る遠藤(撮影・鈴木正人)


栃ノ心(1勝1敗)寄り切り剣翔(0勝2敗)

剣翔(手前)を寄り切りで破る栃ノ心(撮影・鈴木正人)


宝富士(1勝1敗)下手出し投げ逸ノ城(2勝0敗)

☆逸ノ城 我慢しようと思っていた。我慢できてよかったです。自分の形ではなくて残すことしかできなかったが、最後にうまく決まった。

宝富士(下)を下手出し投げで破った逸ノ城(撮影・河野匠)


豊昇龍(1勝1敗)押し出し英乃海(1勝1敗)

☆英乃海 今日は良かったと思う。勝っても負けても自分の形になれるように取れればなと思います。

豊昇龍(左)を押し出しで破る英乃海(撮影・鈴木正人)


阿武咲(2勝0敗)引き落とし妙義龍(0勝2敗)

妙義龍(手前)を引き落とす阿武咲(撮影・河野匠)


霧馬山(0勝2敗)寄り倒し大栄翔(1勝1敗)

☆大栄翔 (四つに組む展開となり)内容は本当に悪いので、修正していかないとダメ。突き押し相撲なので、しっかり突いていかないといけない。(初土俵から連続700回出場)知らなかった。そう聞くとそんなに長い回数なんだなと思いますし、これからもケガなく取っていきたい。

大栄翔(手前)に寄り倒される霧馬山(撮影・河野匠)


高安(2勝0敗)突き倒し千代の国(0勝2敗)

☆高安 押したり引いたりだったので内容はボチボチ。いい相撲内容を目指して明日からも取り組みたい。内容にこだわれば結果もついてくると思うので。

千代の国(左)を突き倒す高安(撮影・河野匠)

千代の国(左)を突き倒す高安(撮影・河野匠)


翔猿(1勝1敗)押し出し隆の勝(1勝1敗)

隆の勝(右)を押し出しで破る翔猿(撮影・鈴木正人)

隆の勝(手前)を押し出す翔猿(撮影・河野匠)


朝乃山(1勝1敗)押し出し明生(1勝1敗)

★朝乃山 踏み込んでいったんだけど押した時に両脇が空いて、体が伸びきったので投げを食らってしまった。明日から切り替えて、今日みたいな前に出る相撲で土俵際をしっかり決めたい。

明生(左)に押し出される朝乃山(撮影・河野匠)

明生(左)に押し出される朝乃山(撮影・河野匠)

明生に敗れがっくりと引き揚げる朝乃山(撮影・河野匠)


北勝富士(0勝2敗)送り出し照ノ富士(2勝0敗)

北勝富士(手前)を送り出す照ノ富士(撮影・河野匠)


正代(1勝1敗)寄り切り若隆景(1勝1敗)

☆若隆景 (大関正代を先場所に続いて破り)下から攻めようと思っていた。よかったと思う。連合(稽古)でも稽古をつけてもらった。そういう感触は持っていた。

若隆景(右)に寄り切られる正代(撮影・河野匠)


御嶽海(2勝0敗)押し倒し貴景勝(1勝1敗)

★貴景勝 (相撲内容は)あまり覚えていないが、明日から集中してやります。気持ちだと思うんで、(体調面は)どっちにしろやるしかないんで。一生懸命やるだけです。

貴景勝(左)を押し倒しで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)

御嶽海(左)に敗れぼうぜんとする貴景勝(撮影・河野匠)

懸賞金の束を手に土俵を引き揚げる御嶽海(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

大関陣早くも崩れかど番大関正代ら3大関に土、照ノ富士2連勝 2日目

明生(左)に押し出される朝乃山(撮影・河野匠)

<大相撲夏場所>◇2日目◇10日◇東京・両国国技館

初日はそろって白星を飾った4大関が、2日目にして早くも崩れた。

朝乃山は立ち合い、右からおっつけて一気に出ていくが、明生に右からすくわれて土俵際で体勢を逆転されると、そのまま押し出された。かど番の大関正代も、若隆景の低い攻めに防戦一方で寄り切られた。

結びで貴景勝も、幕内優勝2回の実力者、小結御嶽海に押し倒された。3大関に土がついた。

大関に復帰した照ノ富士だけが北勝富士を送り出し、初日から2連勝を飾った。

十両で注目の「業師対決」は宇良が炎鵬をきめ出し、初日から2連勝とした。

若隆景(右)に寄り切られる正代(撮影・河野匠)
貴景勝(左)を押し倒しで破る御嶽海(撮影・鈴木正人)
北勝富士(手前)を送り出す照ノ富士(撮影・河野匠)
炎鵬(左)をきめ出しで破る宇良(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

宇良が炎鵬との業師対決に連勝「絶対に逃さない気持ちだった」

宇良(左)はきめ出しで炎鵬を破る(撮影・小沢裕)

〈大相撲夏場所〉◇2日目◇10日◇東京・両国国技館

西十両2枚目の宇良(28=木瀬)が、東十両筆頭・炎鵬との業師対決に2連勝した。

「完全に流れは負けてましたね」と宇良。立ち合い、左を差されて一気に土俵際まで追い詰められ、体ものけぞるピンチに陥った。そこから何とか残し、差された右を抱えて投げを打ち、きめ出した。炎鵬は右肘を抱えるようにうずくまった。宇良は勝負を決めた場面を「ここで逃したらダメだと。絶対に逃さない気持ちだった」と振り返った。

先場所に続く注目の一番だったが、今回は無観客。「お客さんも入ってなかったので、前とは違って落ち着いてとれた」と話す一方で、「しんどいですね。意識するというより、当たるといやな相手とは思う。何をしてくるか分からない」と言った。

幕内復帰が見えてきた番付で、2連勝と好発進を決めた。難敵を突破し「残りも自信を持って一番一番、相撲をとっていきたい」と意気込みを新たにした。

炎鵬(左)をきめ出しで破る宇良(撮影・鈴木正人)
炎鵬(右)を激しく攻める宇良(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

幕内返り咲き狙う炎鵬は千代ノ皇 宇良は東龍 初日十両取組

炎鵬(21年3月撮影)

日本相撲協会審判部は7日、東京・両国国技館で取組編成会議を開き、大相撲夏場所(9日初日、東京・両国国技館)の初日と2日目の取組を決めた。

3月の春場所を3日目から途中休場し右膝を手術した横綱白鵬(36=宮城野)は、かねて師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)が示唆していた通り、休場届を提出。6場所連続休場が決まった。年6場所制となった58年以降で、横綱として6場所連続休場は3番目の長さとなった(最長は稀勢の里の8場所連続)。これにより出場する番付最上位は、今場所から4人になった大関陣となった。

十両以上の休場は白鵬の他、平幕の碧山(34=春日野)、竜電(30=高田川)、翠富士(24=伊勢ケ浜)の4人で、28人の十両で休場力士はおらず、14番が組まれた。

その十両で注目は4場所ぶりの幕内返り咲きを狙う炎鵬(26=宮城野)。東前頭筆頭の最上位で、勝ち越せば昨年11月場所以来の幕内復帰は確実だ。初日は西筆頭の千代ノ皇(九重)と対戦する。また、こちらも17年九州場所以来の再入幕を目指す宇良(28=木瀬)も、西十両2枚目の好位置につけておりファンの期待は高まる。初日は東龍(玉ノ井)と対戦する。

初日の十両取組は以下の通り(左が東)。

武将山 -王  鵬

大翔鵬 -錦  木

千代の海-錦富士 

東白龍 -貴健斗 

千代鳳 -水戸龍 

若元春 -美ノ海 

一山本 -旭大星 

常幸龍 -旭秀鵬 

松鳳山 -佐田の海

琴勝峰 -貴源治 

豊  山-大翔丸 

東  龍-宇  良

徳勝龍 -白鷹山 

炎  鵬-千代ノ皇

関連するニュースを読む

照ノ富士が大関復帰、炎鵬は東十両筆頭に 幕内十両一覧/夏場所新番付

春場所を制し優勝インタビューで笑顔を見せる照ノ富士(2021年3月28日撮影)

日本相撲協会は26日、大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。十両以上の番付は以下の通り。

<東>  <西>

 【横  綱】

白  鵬

 【大  関】

朝乃山     貴景勝

正  代    照ノ富士

 【関  脇】  

高  安    隆の勝

 【小  結】

御嶽海     大栄翔

 【前  頭】  

若隆景  <1>  北勝富士

明  生 <2>  翔  猿

碧  山 <3>  千代の国

霧馬山  <4>  妙義龍

豊昇龍  <5>  阿武咲

英乃海  <6>  逸ノ城

栃ノ心  <7>  宝富士

剣  翔 <8>  遠  藤

志摩ノ海 <9>  輝  

玉  鷲 <10>  照  強

琴ノ若  <11>  千代翔馬

琴恵光  <12>  隠岐の海

明瀬山  <13>  大奄美

竜  電 <14>  千代大龍

魁  聖 <15>  翠富士

石  浦 <16>  千代丸

天空海  <17>

 【十  両】  

炎  鵬 <1>  千代ノ皇

徳勝龍  <2>  宇  良

白鷹山  <3>  東  龍

豊  山 <4>  大翔丸

琴勝峰  <5>  貴源治

松鳳山  <6>  佐田の海

常幸龍  <7>  旭秀鵬

一山本  <8>  旭大星

若元春  <9>  美ノ海

千代鳳  <10>  水戸龍

東白龍  <11>  貴健斗

千代の海 <12>  錦富士

大翔鵬  <13>  錦  木

武将山  <14>  王  鵬

春場所8日目、宇良(右)と対戦する炎鵬(2021年3月21日撮影)

関連するニュースを読む

10勝若隆景&明生は新三役ならず、先場所三役全員勝ち越し/夏場所新番付

若隆景(左)と明生

日本相撲協会は26日、大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)の新番付を発表した。

先場所は三役が全員、勝ち越し。西前頭2枚目で10勝した若隆景(26=荒汐)、東前頭3枚目でやはり10勝を挙げた明生(25=立浪)は番付運に泣かされる格好で、それぞれ東前頭筆頭と同2枚目にとどまった。この夏場所で新三役昇進に挑戦する。同じく東前頭2枚目で9勝を挙げた北勝富士(28=八角)も西前頭筆頭で、昨年春場所以来の三役復帰を目指す。

今場所も入幕の新顔はなく、返り入幕は3人。石浦(31=宮城野)は4場所ぶり、千代丸(30=九重)は5場所ぶり、天空海(30=立浪)は2場所ぶりの、それぞれ返り入幕を果たした。

初めて関取の座をつかむ新十両昇進も不在。大翔鵬(26=追手風)が4場所ぶり、元横綱大鵬の孫にあたる王鵬(21=大嶽)は2場所ぶりに十両復帰となった。昨年九州場所以来の幕内復帰を目指す炎鵬(26=宮城野)は東十両筆頭、17年九州場所以来の返り入幕を狙う宇良(28=木瀬)は西十両2枚目につけた。

大相撲夏場所は、5月7日予定の取組編成会議で初日と2日目の対戦相手が決定。9日の初日を迎える。

関連するニュースを読む

幕内復帰確実の石浦が7番で4勝3敗「楽しい場所にしたい」

夏場所に向けた合同稽古で関取衆との申し合いに参加する石浦(左)(代表撮影)

大相撲夏場所(5月9日初日、東京・両国国技館)に向けた計4日間の合同稽古の最終日が両国国技館内の相撲教習所で行われ、来場所の幕内復帰を確実にしている十両石浦(31=宮城野)は関取衆との申し合いで計7番で4勝3敗だった。

前日21日の稽古中に左手首を痛め、稽古を外れる場面もあった。「手首を前から痛めていたけど、昨日はちょっとひどくなった」。この日は「番数は取れない」と計7番にとどめたが、計4日間の合同稽古を振り返って「体が最初は全然だめだったけど、感触はよかった」と振り返った。

先場所は東十両2枚目で9勝を挙げ、昨年秋場所以来の幕内復帰を確実としており「楽しい場所にしたい」と意気込む。175センチの自身と同じ小兵の翔猿や翠富士が活躍中。「みんなタイプも違う。自分も負けていられないですね。そのうち炎鵬と宇良もまた上がってくるでしょうし」と対抗意識を燃やした。

関連するニュースを読む

海老ぞりに空中戦!朝乃山敗れる/14日目写真特集

<大相撲春場所>◇14日目◇27日◇東京・両国国技館

関脇照ノ富士(29=伊勢ケ浜)が2桁白星に到達し、17年秋場所以来の大関復帰に大きく前進した。大関正代を一方的に寄り切り。大関昇進目安は「三役で3場所33勝」だが、これで計34勝となり好アピールとなった。2敗で単独トップだった小結高安が敗れたため、3敗で並んだ。現行のかど番制度となった1969年名古屋場所以降では史上初となる、大関復帰と幕内優勝の同時実現に挑む。

14日目の熱戦を写真で振り返ります。

【幕内】

照ノ富士(11勝3敗)寄り切り朝乃山(9勝5敗)

朝乃山(手前)を攻める照ノ富士(撮影・鈴木正人)

朝乃山(左)を寄り切りで破る照ノ富士(撮影・鈴木正人)

寄り切りで敗れた朝乃山(左)を、じっと見つめる照ノ富士(撮影・河田真司)

寄り切りで敗れた朝乃山(左)を、じっと見つめる照ノ富士(撮影・河田真司)

☆照ノ富士「冷静にやれたと思うので良かったかなと思う。必死に前に出ることしか考えていなかった。(大関復帰は確実だが)終わってからなので、とりあえず明日頑張ります。」

正代(7勝7敗)押し出し貴景勝(10勝4敗)

正代(左)を攻める貴景勝(撮影・河田真司)

貴景勝は正代(左)を押し出しで破る(撮影・小沢裕)

正代を押し出しで破り勝ち名乗りを受ける貴景勝(撮影・鈴木正人)

☆貴景勝「内容は覚えていないタイプなんで。集中してやるだけなんで。それはできたかなと思う。(千秋楽に優勝の可能性も)明日勝たないと意味ない。一生懸命やるだけです。」

★正代「勢いで負けました。ちょっと押し込めるぐらい相手に圧力をかけたかったが、自分が受ける形になってしまった。(千秋楽は)けがしないように最後の一番取り切れたらいいかなと思う。いまさら相撲が変わる訳じゃない。最後の一番を気持ちよく締めくくれたらいいかなと思う。」

碧山(10勝4敗)小手投げ若隆景(9勝5敗)

☆碧山「中に入れないように手前に置いた。(優勝争いの意識は)何も考えていない。1番だけ相撲を取って終わって、それだけ明日。いい相撲を取れば結果がつながってくる。」

★若隆景「中途半端に差したのがよくないのと、足がついていっていなかった。あと1番、思い切ってやるだけですね。」


明瀬山(7勝7敗)寄り切り琴恵光(8勝6敗)

明瀬山(後方)を寄り切りで破る琴恵光(撮影・鈴木正人)

☆琴恵光「落ち着いてとれました。イメージとしては押していって中に入る。自分から攻める流れができた。体がうまく反応してよかった。(勝ち越しは)うれしいです。」

翠富士(4勝10敗)極め出し剣翔(9勝5敗)

☆剣翔「中に入られたけど落ち着いていけた。ああしよう、こうしようと考える余裕があった。(9勝目に)いい相撲ではないが、白星が来場所につながれば。少しでも番付が上がれば思い切った相撲がとれる。」

★翠富士「(場所前に負傷した)腰は全然治らないですね。場所後に手術も考えています。まずは明日勝って来場所のことを考えたい。何をしてでも勝つぐらいの気持ちで頑張りたい。」

千代大龍(5勝9敗)寄り切り魁聖(8勝6敗)

☆魁聖「半身になったから長かった。何とか残って寄り切れてよかったです。(勝ち越しは)久しぶりなんでうれしいですね。」

照強(7勝7敗)突き落とし輝(5勝9敗)

輝(右)を突き落としで破る照強(撮影・河田真司)

輝(下)を突き落としで破る照強(撮影・河田真司)


千代翔馬(7勝7敗)寄り切り琴勝峰(1勝5敗8休)

☆千代翔馬「勝てて良かった。前半良くて後半で5連敗したけど、(連敗を止めた)昨日の白星が大きかった。明日の一番に集中して頑張りたいです。」

北勝富士(9勝5敗)寄り切り竜電(6勝8敗)

北勝富士(左)は竜電を寄り切りで破る(撮影・小沢裕)


宝富士(3勝11敗)寄り切り隠岐の海(3勝11敗)

志摩ノ海(4勝10敗)突き出し阿武咲(4勝10敗)

志摩ノ海(右)を突き押しで攻める阿武咲(撮影・小沢裕)

志摩ノ海(手前)を突き出しで破る阿武咲(撮影・鈴木正人)

☆阿武咲「思い切っていけたんでよかったです。自分より小さくてやりづらさはあったが、いろいろ考えても勝たないと意味ないんで。」

高安(10勝4敗)首ひねり翔猿(9勝5敗)

高安(左)を首ひねりで破る翔猿(撮影・河田真司)

翔猿(右)は高安を首ひねりで破る(撮影・小沢裕)

高安(右)を首ひねりで破った翔猿(撮影・鈴木正人)

物言いが付き、土俵下で協議結果を待つ高安(左)(撮影・河田真司)

翔猿に首ひねりで敗れ、浮かない表情で引き揚げる高安(撮影・河田真司)

☆翔猿「攻めていったけど途中、相手の形になってやばいなと思った。粘れて勝ってよかったです。(最後は)覚えてないです。体が動きました。」

霧馬山(6勝8敗)上手投げ大栄翔(7勝7敗)

大栄翔(右)を上手投げで破る霧馬山(撮影・河田真司)


妙義龍(6勝8敗)押し出し御嶽海(7勝7敗)

逸ノ城(7勝7敗)寄り切り隆の勝(7勝7敗)

☆隆の勝「久しぶりにいい相撲がとれたと思います。連敗が続いていると気持ち的にも落ちる。(7勝7敗で千秋楽)ここまでもってこれたんで、自分らしい相撲をとりたいと思います。」

【序ノ口】

若藤岡(4勝3敗)上手投げ宇瑠寅(3勝4敗)

宇瑠寅(左)を上手投げで破る若藤岡(撮影・河田真司)

宇瑠寅(左)を上手投げで破る若藤岡(撮影・河田真司)

宇瑠寅(左)を上手投げで破る若藤岡(撮影・河田真司)

宇瑠寅(左)を上手投げで破る若藤岡(撮影・河田真司)

【幕下】

大鵬の孫・夢道鵬が勝ち越し

夢道鵬(4勝3敗)寄り切り隠岐の富士(3勝4敗)

隠岐の富士(手前)を攻める夢道鵬(撮影・鈴木正人)

隠岐の富士を寄り切りで破り、勝ち名乗りを受ける夢道鵬(撮影・河田真司)

【十両】

炎鵬(8勝6敗)寄り倒し常幸龍(9勝5敗)

常幸龍(左)に寄り倒しで敗れる炎鵬(撮影・河田真司)

炎鵬(左)は常幸龍に寄り倒しで敗れる(撮影・小沢裕)

常幸龍(上)に寄り倒しで敗れる炎鵬(撮影・河田真司)

常幸龍(右)に寄り倒しで敗れた炎鵬(撮影・鈴木正人)


千代丸(9勝5敗)寄り倒し貴源治(10勝4敗)

千代丸(手前)を寄り倒しで破った貴源治(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

炎鵬が十両第1号の勝ち越し「捨て身だった」

佐田の海(左)に後ろまわしをつかまれ土俵際へ追い込まれた炎鵬は逆転のうっちゃりで破る(撮影・小沢裕)

<大相撲春場所>◇11日目◇24日◇東京・両国国技館

人気小兵の東十両4枚目炎鵬(26=宮城野)が、大逆転のうっちゃりで十両第1号の勝ち越しを決めた。

西十両4枚目佐田の海との一番。立ち合いは左を差すように潜り込んだが果たせず、差し手争いから右四つに組み止められた。絶体絶命の土俵際。右はすくい投げ、左は首ひねりで逆転のうっちゃりを決めた。物言いがついたものの、行司軍配通り。「立ち合い失敗して、そこから立て直すことができずに相撲内容は負けていた。捨て身だったのでどうなったか分からなかった。感覚的には決まったというか、相手が先に落ちるのが見えた」と振り返った。

今場所8勝は全て違う決まり手で勝利しており“業師”ぶりを存分に発揮している。「いつもだったら負けている相撲を勝ちにできている。土俵際諦めなければ何かが起こる」。勝ち越しは昨年初場所以来で、十両での優勝争いでもトップを走るが「久しぶりの勝ち越しで少しホッとしている。あと4日間成長を見せられるように、ここからが勝負になってくる」と意気込んだ。

横綱鶴竜が引退して年寄「鶴竜」を襲名した。炎鵬も昨年春場所で1度対戦があり、一方的に押し倒された。「(鶴竜とは)1回だけだけど対戦するチャンスがあって、本当にこんなに強いんだなと、自分の弱さを感じたのを覚えている。もう1回やって挑戦したかったが、その経験を忘れずにやりたい」と話した。

佐田の海をうっちゃりで破った炎鵬(撮影・丹羽敏通)

関連するニュースを読む

高安が初V前進、照ノ富士敗れる/10日目写真特集

<大相撲春場所>◇10日目◇23日◇東京・両国国技館

小結高安が悲願の初優勝に大前進した。過去6勝6敗だった大関貴景勝との一番は激しい突き合いの後、互いに頭をつけて膠着(こうちゃく)状態。2分を超える大相撲となったが、貴景勝が蹴返しにいったタイミングで左を差して組み止めた高安が、最後は上手投げで勝利し、9勝1敗とした。

2敗で追っていた関脇照ノ富士、平幕の千代の国がともに敗れて、高安は2差をつけて終盤戦に臨む優位な流れとなった。

波乱の波は収まらず、10日目にして2敗勢も消えた。高安を追う3敗勢は大関朝乃山、照ノ富士、翔猿、千代の国の4人に絞られた。

10日目の取組模様を写真で振り返ります。

十両

炎鵬押し倒し千代の海

千代の海(右)に押し倒しで敗れた炎鵬(撮影・河田真司)

幕内

豊山引き落とし石浦

★豊山「攻めてたんで、最後もっと詰めたかった。流れはよかったんで、明日につながると思う。相撲内容はよくなってきたんであと5日、全部出し切って終わりたい」

豊山(右)を引き落としで破った石浦(撮影・丹羽敏通)


照強きめ出し大奄美

大奄美は照強(左)をきめ出しで破る(撮影・小沢裕)


琴恵光押し出し碧山

碧山は琴恵光(左)を押し出しで破る(撮影・小沢裕)


翠富士押し倒し英乃海

翠富士(右)を押し倒しで破る英乃海(撮影・河田真司)


剣翔小手投げ竜電

☆剣翔「立ち合いしっかり当たれてよかったが、腰が上がってしまった。思い切り振ったら、かかってくれてよかった。集中してあと5日、全勝するつもりで頑張ります」

剣翔(左)は小手投げで竜電を破る(撮影・小沢裕)


魁聖下手投げ豊昇龍

魁聖(左)を下手投げで破る豊昇龍(撮影・河田真司)


千代翔馬小股すくい翔猿

千代翔馬(左)の左足を掴む翔猿(撮影・河田真司)

千代翔馬(左)を小股すくいで破る翔猿(撮影・河田真司)

千代翔馬(左)を小股すくいで破る翔猿(撮影・河田真司)


栃ノ心下手投げ明瀬山

栃ノ心(左)を下手投げで破る明瀬山(撮影・河田真司)


千代大龍はたき込み

☆千代大龍「星から見たらお互い元気のない同士だったんで。1発当たって横から攻めようと、いい相撲じゃなかったけど勝てたんで。懸賞も7本ついたし」

輝(右)をはたき込みで破る千代大龍(撮影・河田真司)


琴ノ若はたき込み逸ノ城

★琴ノ若「前に攻めて反応できたけど、最後に足が出なかった。修正してまた明日から。攻めている相撲もあるんで、残りで出し切れればと思っている」

琴ノ若(奥)をはたき込みで破る逸ノ城(撮影・河田真司)


千代の国押し倒し隠岐の海

千代の国を押し倒しで破った隠岐の海(撮影・丹羽敏通)


霧馬山外がけ玉鷲

霧馬山は玉鷲(下)を外がけで破る(撮影・小沢裕)


明生不戦勝遠藤

遠藤休場のため、明生の不戦勝(撮影・河田真司)

遠藤休場のため、明生の不戦勝(撮影・河田真司)


宝富士寄り倒し若隆景

☆若隆景「下から前に出られたのでよかった。先に攻める意識がいい方向につながっている」

宝富士(左)を寄り倒しで破る若隆景(撮影・河田真司)


北勝富士押し出し大栄翔

北勝富士(右)を押し出しで破った大栄翔(撮影・丹羽敏通)


阿武咲寄り切り御嶽海

阿武咲(右)を寄り切りで破った御嶽海(撮影・丹羽敏通)


照ノ富士突き落とし志摩ノ海

☆志摩ノ海「今日は(照ノ富士が)右を差してくるイメージだったので、左を固めて、それだけに集中した。我慢だったと思う。頭を下げて、脇を締めて我慢できたのがよかった」

志摩ノ海(左)は照ノ富士を突き落としで破る(撮影・小沢裕)

志摩ノ海(手前)に突き落としで敗れた照ノ富士(撮影・丹羽敏通)

志摩ノ海に突き落としで敗れ、しばらく土俵に座り込む照ノ富士(撮影・河田真司)


貴景勝上手投げ高安

★貴景勝「しっかり勝たなきゃダメなので、負けたってことはだめなところがあったから負けた。明日に向けて準備していくしかない」

貴景勝(左)を両手で張る高安(撮影・河田真司)

貴景勝(左)を上手投げで破る高安(撮影・河田真司)

1敗を死守し懸賞金を手にする高安(撮影・小沢裕)


隆の勝すくい投げ朝乃山

★隆の勝「手が伸びて良かったけど、次の動きが遅かった。差しても勝てないと思っていたので、思い切りいこうと思った」

隆の勝(手前)をすくい投げで破る朝乃山(撮影・河田真司)


正代肩すかし妙義龍

☆正代「土俵際ちょっと押し切れなかった。切り替えて、肩すかしにいきました。ちょっと星が伸びていないので、ここから終盤戦最後まで集中を切らさないように落ち着いていけたら」

妙義龍(左)を肩すかしで破る正代(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

宇良11日目から再出場 炎鵬戦で左ふくらはぎ負傷

宇良(2021年3月19日撮影)

<大相撲春場所>◇10日目◇23日◇東京・両国国技館

日本相撲協会は23日、春場所11日目の取組を発表し、左ふくらはぎの負傷のため9日目から休場していた東十両7枚目宇良(28=木瀬)が再出場することが決まった。

対戦相手は7勝3敗と好調の東十両3枚目千代丸。8日目までに6勝を挙げている宇良は、残り5日間で勝ち越しを懸ける。

宇良は8日目の炎鵬戦で左ふくらはぎを負傷し、春場所9日目の22日、日本相撲協会に「左腓腹部肉離れにより3月場所の休場を要する」との診断書を提出して休場した。

同日に報道陣の電話取材に応じた師匠の木瀬親方(元前頭肥後ノ海)は「1、2日くらい様子を見ないといけない。両膝をやっているので、ちょっとした力の入れ具合で炎症を起こす。用心して、膝の状態も見て決める」と話していた。過去に負傷した左膝が炎症を起こしている可能性があるとしたが、重症ではなく、11日目以降で再出場させる意向を示していた。

関連するニュースを読む

炎鵬3敗目、十両V争いで千代丸らに並ばれる

炎鵬(左)は千代の海に押し倒しで敗れる(撮影・小沢裕)

<大相撲春場所>◇10日目◇23日◇東京・両国国技館

幕内復帰を目指す人気小兵の東十両4枚目炎鵬(26=宮城野)が、勝ち越しへ足踏みした。

東十両12枚目千代の海に押し倒されて3敗目。相手の突きを下からあてがい間合いを取ったものの、強烈なのど輪を食らって背中から倒れた。

十両の優勝争いで先頭を走っていたが、7勝3敗で千代丸らに並ばれた。

千代の海(上)に押し倒しで敗れた炎鵬(撮影・丹羽敏通)

関連するニュースを読む

24年ぶり大技決めた炎鵬「何起こった」十両V視野

天空海(右)を勢いよく攻める炎鵬(撮影・河田真司)

<大相撲春場所>◇9日目◇22日◇東京・両国国技館

幕内復帰を目指す人気小兵の東十両4枚目炎鵬(26=宮城野)が、十両では24年ぶりとなる大技「つり落とし」を決めた。

自身より66キロ重い西十両筆頭の天空海を持ち上げ、豪快にたたきつけた。7勝目を挙げて勝ち越しに王手。十両では、1997年(平9)春場所3日目に舞の海が決めて以来の決まり手で国技館内を沸かせた。幕内の優勝争いは、小結高安が勝ち越し第1号となり、1敗でトップを守った。

   ◇   ◇   ◇

炎鵬が、また魅せた。懐に潜って右前まわしをつかみ、深い位置で取った左下手で振ると、相手を左肩に乗せた。168センチ、98キロの小兵が182センチ、164キロの巨漢を持ち上げ、土俵にたたきつける。多彩な技を駆使する炎鵬でも「何が起こったのか分からなかった」と未知の体勢だった。「相手のおなかしか見えなかった。つられたことしかないので、つるのは初めての体験。気持ち良かった」。5歳で相撲を始めて20年超。稽古場でも決めたことのない大技を繰り出し「ひとつ引き出しが増えた」と満足げだった。

“人気小兵対決”に敗れた悔しさが、1日たっても収まらなかった。前日8日目に幕内経験者の業師、宇良に敗戦。土俵際までもつれたが、相手の圧力に屈した。「悔しい。昨日帰ってから悔しさがひしひしと込み上げてきた」。鬱憤(うっぷん)を晴らすような一番で仕切り直した。

1場所での幕内復帰を目指した1月の初場所前に、同部屋の横綱白鵬が新型コロナウイルスに感染。濃厚接触の可能性があるとして休場を余儀なくされたが、気持ちを整理する時間になった。「気持ちが楽になった。十両から出直して、また幕内に上がれるように。昔の自分を超えられるように稽古してきた」。

2敗を守って単独トップに浮上。初の十両優勝が視界に入ってきた。「終わってみて、そうなれれば」。ファンが待つ幕内の土俵を目指す26歳は、色気をちらつかせた。【佐藤礼征】

◆つり落とし つり上げた相手を土俵外に運ばず、土俵の中で落として倒す技。相手を後ろから抱え上げて、土俵の中か外で落とした場合もつり落としになる。十両では97年春場所3日目に舞の海が智乃花に決めて以来。幕内では17年初場所初日に嘉風が千代翔馬に決めたのが最後。決まり手が68手に制定された55年5月以降、十両以上では35回目の登場となった。「東北の暴れん坊」の異名をとった元関脇陸奥嵐が最多6回。

天空海(右)を持ち上げ土俵際に追い込む炎鵬(撮影・河田真司)
天空海(後方)を吊り落としで破る炎鵬(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む

高安首位1差で照ノ富士と千代の国/9日目写真特集

<大相撲春場所>◇9日目◇22日◇東京・両国国技館

大関復帰に挑戦する関脇照ノ富士が、平幕の妙義龍を下して大関昇進目安の「三役で3場所33勝」まで残り2勝とした。

中に入られてもろ差しを許したが、両腕を抱えてきめ出し。7勝2敗として勝ち越しに王手をかけた。前日8日目は小結高安との1敗対決に敗れて優勝争いから1歩後退。連敗は許さず、大関復帰へ再加速する。

1敗で単独先頭を走っている高安は、平幕の阿武咲を下して勝ち越し第1号となった。左差しは果たせなかったが、右のいなしから崩してはたき込み。悲願の初優勝に向けて、1敗を守った。

3大関はこの日も明暗が分かれた。

朝乃山は志摩ノ海を寄り切って6勝目を挙げたが、続いて土俵に上がった正代が先場所優勝の小結大栄翔に押し出されて5敗目を喫した。結びでかど番の貴景勝が小結御嶽海を下して締めたが、初日から9日間連続で3大関安泰とはならなかった。

平幕で唯一2敗を守っていた千代の国は、関脇経験者の玉鷲を破って勝ち越しに王手をかけた。1差でトップを追走する。

優勝争いは高安が1敗でトップを維持。2敗の照ノ富士、千代の国が1差でつき、朝乃山、貴景勝ら6人の3敗勢が追走する。

9日目の取組模様を写真で振り返ります。

幕下

天王山押し出し阿炎

天王山(手前)を攻める阿炎(撮影・河田真司)

十両

炎鵬吊り落とし天空海

天空海(右)を吊り落としで破る炎鵬(撮影・河田真司)

天空海(右)を吊り落としで破る炎鵬(撮影・河田真司)

天空海(右)を吊り落としで破る炎鵬(撮影・河田真司)

幕内

大翔丸寄り切り英乃海

☆英乃海「(体は)動いていると思います。気分はもちろん、いいです。(疲れは)いつも疲れてるんで大丈夫です」

大翔丸(右)を寄り切りで破る英乃海(撮影・野上伸悟)


琴恵光はたき込み剣翔

☆剣翔「立ち合い当たって押し込めた。悪くないです」

琴恵光(左)をはたき込みで破る剣翔(撮影・河田真司)


照強肩透かし千代翔馬

千代翔馬(右)を肩すかしで破る照強(撮影・河田真司)


明瀬山寄り切り碧山

☆碧山「まわしは取らない方がいいけど、前に出てたからよかった。連敗が続いて落ち込んでいたから、今日で気持ち切り替えられると思う」

明瀬山(右)を寄り切りで破る碧山(撮影・鈴木正人)


千代大龍突き出し豊山

☆豊山「立ち合い、当たり負けしないで踏み込めたからよかったと思う。引いたらやられる。向こうが仕掛けてくる前に出し切りたいと思っていった」

千代大龍(右)を突き出しで破る豊山(撮影・河田真司)


翠富士かいなひねり大奄美

☆翠富士「全然勝った感覚がなかった。ちょっとラッキーな勝ち。内容的にはあまり良くなかった。(ここまで4勝5敗)本当はもっと勝ちたかったけど、思ったより勝てている。できる限り勝てるように努力している」

大奄美(左)をかいなひねりで破る翠富士(撮影・野上伸悟)


魁聖引き落とし

輝(右)を引き落としで破る魁聖(撮影・野上伸悟)


栃ノ心寄り切り竜電

栃ノ心(右)を寄り切りで破る竜電(撮影・野上伸悟)


豊昇龍下手投げ逸ノ城

☆豊昇龍「差されないようにと思って、動いていこうかなという感じで取った。動きもいいし、調子も悪くない。最後まで頑張ろうと思っている」

逸ノ城(下)を下手投げで破った豊昇龍(撮影・野上伸悟)


玉鷲引き落とし千代の国

☆千代の国「ほんと咄嗟で。(前日黒星からの切り替えは)変わらずですけど。そうですね、ハイ。(優勝争いは)いやいや全くです。(先場所休場中の稽古は)家が狭いんで寝室で。一応ノルマにいれてます。相撲をとれることはうれしいことですね。(三役復帰は)それは日々の積み重ねと思っているんで」

玉鷲(手前)を引き落としで破る千代の国(撮影・鈴木正人)

玉鷲を引き落としで破った千代の国は、土俵上を回る新型コロナウイルス感染拡大防止を呼びかける懸賞旗スタイルの告知旗を見つめるながら土俵下で待機する(撮影・河田真司)


翔猿引き落とし隠岐の海

☆翔猿「自分から攻めることができてよかった。楽に勝とうとせず、自分から攻めているのがいい」

隠岐の海(右)を引き落としで破る翔猿(撮影・野上伸悟)


遠藤寄り切り琴ノ若

琴ノ若(右)を攻める遠藤(撮影・鈴木正人)


明生突き出し若隆景

☆若隆景「向こうも動きがいいんで、動き負けしないようにいった。内容はいいと思います」

明生(左)を攻める若隆景(撮影・鈴木正人)


宝富士送り出し北勝富士

宝富士(右)を送り出しで破る北勝富士(撮影・河田真司)


高安はたき込み阿武咲

☆高安「やはり上を目指して取り組んできましたので、結果を出したい一心ですね。集中して、自分のいい相撲を取りたいです」

★阿武咲「しっかり圧力を伝えられず、手が伸びなかった。自分の力がなかっただけです。切り替えて明日また頑張ります」

阿武咲(左)を攻める高安(撮影・河田真司)

阿武咲(左)をはたき込みで破る高安(撮影・鈴木正人)

阿武咲(手前)をはたき込みで破る高安。後方左は照ノ富士(撮影・野上伸悟)


霧馬山押し出し隆の勝

☆3敗で踏みとどまった関脇隆の勝「前に攻められたのでよかったと思う。これをきっかけに白星を重ねていければと思う」

霧馬山(右)を押し出しで破る隆の勝(撮影・鈴木正人)


照ノ富士きめ出し妙義龍

妙義龍(右)を攻める照ノ富士(撮影・鈴木正人)

懸賞金の束を受け取る照ノ富士(撮影・鈴木正人)


志摩ノ海寄り切り朝乃山

☆朝乃山「右を差して自分の形になって前に出た。自分の相撲だと思います。残りも今日みたいに前に出る相撲をとっていきたい」

志摩ノ海(右)を寄り切りで破る朝乃山(撮影・鈴木正人)


正代押し出し大栄翔

☆大関連破で3連勝の大栄翔「相撲はよくなってきたと思う。(連敗中は)どこか悪い部分もあったかもしれないが、自分の実力の問題。この調子で最後までいきたい」

★正代「立ち合いで相手に勢いに乗せないように組み止めたかったんですけどね…。自分の方が下がってしまった。全体的に今日は相手の相撲でした」

正代(左)を勢いよく攻める大栄翔(撮影・河田真司)

正代(右)を押し出しで破った大栄翔(撮影・野上伸悟)


貴景勝押し出し御嶽海

☆貴景勝「(取組は)覚えてないですけど、一生懸命やるしかないんで。1日1日、一生懸命やる。準備からやりきるだけ。明日も集中してやります」

御嶽海(右)を押し出しで破る貴景勝(撮影・野上伸悟)

御嶽海(右)を押し出しで破った貴景勝(撮影・野上伸悟)

関連するニュースを読む

炎鵬つり落とし決めた!66キロ重い天空海持ち上げ

天空海(右)を持ち上げる炎鵬(撮影・河田真司)

<大相撲春場所>◇9日目◇22日◇東京・両国国技館

幕内復帰を目指す人気力士の東十両4枚目炎鵬(26=宮城野)が、大技「つり落とし」を決めて勝ち越しに王手をかけた。

168センチ、98キロの炎鵬が、自身より66キロ重い182センチ、164キロの西十両筆頭天空海を持ち上げた。立ち合い左に変わりながら上手を取りにきた相手に対し、炎鵬は懐に潜り込んで右前まわし、左は深めの下手。相手を振りながら、肩に乗せるように相手をつった。「何も見えなかった。相手のおなかしか見えなかった」。豪快につり落としを決めると、館内は大きな拍手に包まれた。

つり落としは幕内では17年初場所初日に嘉風が千代翔馬相手に決めているが、十両では97年春場所3日目に舞の海が智乃花に決めて以来、24年ぶりとなった。

20年を超える自身の相撲歴の中でも、つり落としを決めるのは初めてという。「稽古でも1回もない。何が起こったのか分からなかった。とりあえず気持ち良かった。持ち上げたつもりはない。天空海関が飛んだというか、そこに自分が合わせた? なんて言うんですかね、自分でもよく分からない。飛んだのが分かったので、そこに乗っけるような感じ」。初めての感触だった。

前日8日目は東十両7枚目宇良との“人気小兵対決”に敗れたものの、ファンの期待に応える熱戦を繰り広げた。「昨日帰ってからも悔しさがひしひしと込み上げてきた」。一方で取組中に宇良が左ふくらはぎを負傷し、9日目から休場。炎鵬は「場所に来てから知って、気持ち的にもびっくりした。大きなけがじゃないことを願っています」と無事を祈る。宇良の分も土俵を盛り上げたい気持ちがあるかと問われると「いやいや、自分のできることを土俵でできたら」と謙虚に語った。

天空海(右)を持ち上げる炎鵬(撮影・河田真司)
天空海(右)を持ち上げる炎鵬(撮影・河田真司)
天空海(右)をつり落としで破る炎鵬(撮影・河田真司)
天空海(右)をつり落としで破る炎鵬(撮影・河田真司)
天空海(右)をつり落としで破る炎鵬(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

宇良休場に木瀬親方「2日位様子見る」再出場意向も

炎鵬(手前)を押し倒しで破った宇良(2021年3月21日撮影)

<大相撲春場所>◇9日目◇22日◇東京・両国国技館

左ふくらはぎの負傷で春場所9日目の22日から休場した東十両7枚目宇良(28=木瀬)について、師匠の木瀬親方(元前頭肥後ノ海)が、弟子のけがの状態を説明した。

報道陣の電話取材に応じ「1、2日くらい様子を見ないといけない。両膝をやっているので、ちょっとした力の入れ具合で炎症を起こす。用心して、膝の状態も見て決める」と話した。今場所は8日目を終えて6勝2敗と好調。過去に負傷した左膝が炎症を起こしている可能性があるというが、重症ではなく、11日目以降で再出場させる意向を示した。

宇良はこの日、日本相撲協会に「左腓腹部肉離れにより3月場所の休場を要する」との診断書を提出して休場した。8日目は東十両4枚目炎鵬との“人気小兵対決”を制したが、土俵際でもつれた際に左足を負傷した。

診断書では負傷箇所は左ふくらはぎとなっているが、師匠によると宇良本人は「(左足が)全体的に痛い」と話しているという。普段の歩行など私生活に支障はない痛みで、最も痛みを感じるのはそんきょをしたとき。過去に手術を受けたのは右足だが「それをかばって反対の足にくるのが怖い」と大事を取った。

テレビ電話越しで会話した宇良の様子は「顔を見たらケロッとしている」と、表情は明るいという。

土俵際で炎鵬(左)を攻める宇良(2021年3月21日撮影)

関連するニュースを読む

宇良が休場、炎鵬に勝った一戦で「左腓腹部肉離れ」

炎鵬(右)を押し倒しで破る宇良。審判は竹縄親方(2021年3月21日撮影)

<大相撲春場所>◇9日目◇22日◇東京・両国国技館

人気力士で関取復帰3場所目の東十両7枚目宇良(28=木瀬)が春場所9日目の22日、日本相撲協会に「左腓腹部肉離れにより3月場所の休場を要する」との診断書を提出して休場した。休場は19年秋場所以来で12度目。今場所は8日目を終えて6勝2敗と好調だった。

前日8日目は東十両4枚目炎鵬との“人気小兵対決”を制したが、相手を押し倒した勢いで土俵下に転落。審判員の竹縄親方(元関脇栃乃洋)と激突する形になった。その後は何事もなく立ち上がったものの、診断書によるとこの取組で左足を負傷したという。

部屋付きの稲川親方(元小結普天王)によると、宇良は前日8日目の取組後は部屋に戻って患部を冷やして治療。稲川親方は宇良に「無理するな」と伝えたが、宇良は「様子を見て出たい気持ちがある」と、回復状況によっては再出場する意向を示しているという。

宇良はアクロバティックな取り口で注目を集め、自己最高位だった東前頭4枚目の17年名古屋場所では横綱日馬富士を破って初金星を獲得するなど活躍していたが、同年秋場所で右膝を負傷。6場所連続休場から18年秋場所に東三段目91枚目で復帰するも、19年初場所で今度は左膝を痛めて再び5場所連続の長期休場に見舞われた。

その後は不屈の精神力でリハビリを重ね、19年九州場所に西序二段106枚目で土俵に戻ってきた。昨年九州場所で16場所ぶりに関取復帰。2場所連続で勝ち越し、返り入幕が視野に入ってきたところだった。

9日目の対戦相手、白鷹山は不戦勝。今場所の十両以上の休場者は白鵬、鶴竜の両横綱、平幕の琴勝峰に続いて4人目となった。

炎鵬を押し倒しで破り、勝ち名乗りを受ける宇良(2021年3月21日撮影)

関連するニュースを読む

朝乃山、激しいのど輪に天見上げ…/8日目写真特集

<大相撲春場所>◇8日目◇21日◇東京・両国国技館

小結高安が関脇照ノ富士と大関経験者同士の1敗対決を制し、単独トップに立った。

立ち合い、右からおっつけながら左を差し込んだ高安が右もねじ入れてもろ差し。右からの下手投げで崩し、そのまま体を寄せて寄り切った。過去11勝7敗と合口は悪くなかった相手に完勝。大混戦の場所で最初の大一番を乗り越えた。

大関朝乃山は大栄翔に敗れ、連敗で3敗に後退。2敗勢もこの日に敗れた照ノ富士、千代の国の2人だけと混迷を深めてきた。

十両の宇良と炎鵬の注目の業師対決は、宇良が物言いがつく際どい相撲を押し倒しで制した。

8日目の取組模様を写真で振り返ります。

幕内

大栄翔(3勝5敗)押し倒し朝乃山(5勝3敗)

☆大栄翔「しっかり当たれて自分の力を伝えられた。その後の攻めが良かった。いい相撲が一番出ると気持ち的に優位になる。そういう面では自信にもなる。しっかりここから乗っていけるように、1日1日集中していけたらいい」

朝乃山を押し出しで破る大栄翔(撮影・野上伸悟)

土俵際で朝乃山(左)をのど輪で追い込む大栄翔(撮影・河田真司)

大栄翔に押し倒しで敗れ、土俵下の立川親方(左)にぶつかる朝乃山(撮影・河田真司)

大栄翔(手前)に押し倒しで敗れた朝乃山(撮影・鈴木正人)


貴景勝(5勝3敗)押し出し妙義龍(5勝3敗)

☆貴景勝「今日は今日、また一生懸命やるだけ。また明日も集中してやれればと思っている。(引かない意識があったかという問いに)感覚に任せてやっている。そういう気持ちが出ていたかも分からない。(後半戦に向けて)まだ残り半分あるので、ここまでの成績は関係ない。また明日から集中してやっていきたい」

貴景勝(右)に押し出しで敗れる妙義龍(撮影・河田真司)


正代(4勝4敗)寄り切り霧馬山(3勝5敗)

☆正代「左が入って組み止めたので、何とか攻められた。まだまだバタバタしているので、落ち着いて取れるようにしたい。(3大関安泰がないが)後半の疲れもたまってくると思うので、まずはけががないように相撲を取れたらと思う」

霧馬山(右)の突っ張りを耐える正代(撮影・野上伸悟)

霧馬山(手前左)を寄り切りで破る正代(撮影・鈴木正人)


明生(5勝3敗)押し出し隆の勝(5勝3敗)

隆の勝(手前)のど輪をこらえる明生(撮影・野上伸悟)


照ノ富士(6勝2敗)寄り切り高安(7勝1敗)

☆高安「しっかり当たって前に出ようと思っていた。立ち合いもよかったし右も深く入った。後はじっくり相撲が取れました。(単独首位に立ち)また明日の相撲に集中して、気は抜かないでやりたい。明日もいい内容で取っていきたい」

照ノ富士(左)を押し出しで破った高安(撮影・野上伸悟)


宝富士(1勝7敗)押し出し御嶽海(4勝4敗)

若隆景(4勝4敗)押し出し阿武咲(2勝6敗)

☆若隆景「先に攻められたので良かった。勝っているときはいい相撲を取れていると思う」

阿武咲(左)を押し出しで破る若隆景(撮影・河田真司)


北勝富士(5勝3敗)勇み足志摩ノ海(2勝6敗)

☆志摩ノ海(物言いがつき北勝富士の勇み足で白星を挙げ)「負けたなと思って、また明日から頑張ろうと思ったていたら物言いがついた。あれ? と。全然何が起こったか分からなかった」

★北勝富士(勇み足で3敗目)「詰めが甘かった。俵で滑ってしまった。最後きっちり土俵際を決めるのを見直して頑張ります」

北勝富士(右)の勇み足で志摩ノ海の白星(撮影・鈴木正人)


琴ノ若(3勝5敗)肩透かし隠岐の海(2勝6敗)

隠岐の海(右)を肩すかしで破る琴ノ若(撮影・鈴木正人)


遠藤(4勝4敗)押し出し輝(3勝5敗)

千代の国(6勝2敗)小手投げ逸ノ城(5勝3敗)

★千代の国「ダメですね。突き放していきたかった。(星の意識は)それは特にないです。(後半戦へ)変わらず1日一番なので、集中して頑張る」


玉鷲(5勝3敗)突き出し豊昇龍(4勝4敗)

豊昇龍(右)を攻める玉鷲(撮影・鈴木正人)


栃ノ心(3勝5敗)引き落とし翠富士(3勝5敗)

照強(5勝3敗)押し出し翔猿(5勝3敗)

★翔猿「ちょっと見ていってしまった。(最後は)予想外でした。引き続き集中して頑張るだけです」

翔猿(右)を攻める照強(撮影・鈴木正人)


英乃海(4勝4敗)寄り切り竜電(3勝5敗)

★英乃海「差し負けた。左をしつこく差された。前みつを取られるが嫌すぎて、腰が引けてしまった」


千代大龍(4勝4敗)叩き込み琴恵光(5勝3敗)

琴恵光(左)をはたき込みで破る千代大龍(撮影・河田真司)


剣翔(3勝5敗)突き落とし碧山(4勝4敗)

明瀬山(4勝4敗)寄り切り大奄美(4勝4敗)

☆大奄美「左上手がとれてよかったです。まだ自分の相撲がとれていない。自分の相撲がとれるよう頑張りたい」

★明瀬山(相手の大奄美は)「もともと苦手の力士。(前半戦を終えて)後半しっかり相撲を取れるように準備していく」


豊山(3勝5敗)押し倒し千代翔馬(5勝3敗)

☆豊山(千代翔馬が)「何をしてくるか分からない相手なので、前に圧力をかけうようと思った。(後半戦へ)前半の分も挽回できるように集中して頑張りたい」

千代翔馬(右)を押し倒しで破った豊山(撮影・鈴木正人)


魁聖(4勝4敗)上手投げ千代ノ皇(5勝3敗)

魁聖(左)を上手投げで破る千代ノ皇(撮影・河田真司)

十両

炎鵬(6勝2敗)押し倒し宇良(6勝2敗)

土俵際で炎鵬(左)を攻める宇良(撮影・河田真司)

土俵際で炎鵬(左)を攻める宇良(撮影・河田真司)

炎鵬(左)を押し倒しで破る宇良(撮影・河田真司)

炎鵬(左)を押し倒しで破る宇良(撮影・河田真司)

炎鵬(左)を押し倒しで破る宇良(撮影・河田真司)

炎鵬(奥)を押し倒し、白房下の竹縄親方に飛び込む宇良(撮影・河田真司)

炎鵬(奥)を押し倒し、白房下の竹縄親方に飛び込む宇良(撮影・河田真司)

炎鵬(右)を押し倒しで破る宇良。審判は竹縄親方(撮影・鈴木正人)

炎鵬(右)を押し倒しで破る宇良。審判は竹縄親方(撮影・鈴木正人)

炎鵬との取組で物言いが付き協議する審判団を見つめる宇良(左)(撮影・鈴木正人)

宇良に押し倒され、険しい表情を浮かべる炎鵬(撮影・河田真司)

序二段

松木(0勝4敗)上手投げ華吹(1勝3敗)

松木(下)を上手投げで破る華吹(撮影・河田真司)

松木を上手投げで破り、勝ち名乗りを受ける華吹(撮影・河田真司)

関連するニュースを読む

高安が照ノ富士破って単独首位 朝乃山連敗で3敗

照ノ富士(左)を押し出しで破った高安撮影・野上伸悟)

<大相撲春場所>◇8日日◇21日◇東京・両国国技館

小結高安が関脇照ノ富士と大関経験者同士の1敗対決を制し、単独トップに立った。立ち合い、右からおっつけながら左を差し込んだ高安が右もねじ入れてもろ差し。右からの下手投げで崩し、そのまま体を寄せて寄り切った。過去11勝7敗と合口は悪くなかった相手に完勝。大混戦の場所で最初の大一番を乗り越えた。

大関朝乃山は大栄翔に敗れ、連敗で3敗に後退。2敗勢もこの日に敗れた照ノ富士、千代の国の2人だけと混迷を深めてきた。

十両の宇良と炎鵬の注目の業師対決は、宇良が物言いがつく際どい相撲を押し倒しで制した。

土俵際で朝乃山(左)をのど輪で追い込む大栄翔(撮影・河田真司)
懸賞金の束を手に土俵を引き揚げる貴景勝(撮影・鈴木正人)

関連するニュースを読む