上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

漫画で花咲かせた琴剣さん、人懐っこい姿忘れられず

結婚式の引出物で配られた琴剣さんのマンガ入り大皿

大相撲の元力士で、日本相撲協会公認の漫画家でもある琴剣淳弥(ことつるぎ・じゅんや、本名・宮田登=みやた・のぼる)さんが26日、千葉県習志野市の病院で死去した。60歳だった。葬儀・告別式は30日午前9時から千葉県船橋市北本町1の3の11、セレモ船橋駅北口ホールで。喪主は妻鈴代(すずよ)さん。

◇  ◇  ◇

琴剣さんの所属していた佐渡ケ嶽部屋では、朝稽古取材のあと、必ず「ちゃんこを食べていきなさい」と当時の佐渡ケ嶽親方(元横綱琴櫻)やマネジャーから声をかけられた。「食べないと、今後は取材させないよ」と半ば強制的にちゃんこ場に座らせられた。

おいしかった。そのちゃんこをつくっていたのが、当時ちゃんこ長だった琴剣さんだった。気さくで人懐っこくて、すぐに仲良くなった。「ボク、漫画が好きなんです」と部屋の風景や力士の日常生活などを描いたものを見せられた。プロ顔負けの腕だった。

「もったいないですね。うちにも描いてくれませんか」とお願いして、日刊スポーツの紙面に使わせてもらった。86年秋場所で引退すると、高田馬場にあった、佐渡ケ嶽部屋の先輩が経営するちゃんこ店で修業を始めた。琴剣さんの紹介でよく通い、いつも名物の豚の角煮をサービスしてもらった。「桝田さん、ありがとうございます」。店に行くたびに満面の笑みで頭を下げた人懐っこい姿が忘れられない。

引退後に結婚した鈴代夫人とその後ちゃんこ店を開き、夫人の勧めでまた漫画を描き始めた。その後の活躍は、テレビや雑誌、新聞などで拝見させていただいた。相撲の最高位は三段目46枚目と関取にはなれなかったが、大好きな漫画で人生の花を咲かせた。「結婚したんです」と送ってくれた記念の大皿が、今でもわが家にある。お祝い事のあるときに使わせてもらっています。剣さん、安らかに-。【桝田朗】

元琴剣の宮田登さん(1987年撮影)

関連するニュースを読む

琴剣さん60歳死去、元力士で相撲協会公認の漫画家

元琴剣の宮田登さん(1987年撮影)

大相撲の元力士で、日本相撲協会公認の漫画家でもある琴剣淳弥(ことつるぎ・じゅんや、本名・宮田登=みやた・のぼる)さんが26日、千葉県習志野市の病院で死去した。60歳だった。

葬儀・告別式は30日午前9時から千葉県船橋市北本町1の3の11、セレモ船橋駅北口ホールで。喪主は妻鈴代(すずよ)さん

関連するニュースを読む

初の角界映画「相撲道」境川と高田川に半年密着

10月30日公開の大相撲ドキュメンタリー映画「相撲道」のポスター(2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会提供)

大相撲のドキュメンタリー映画「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」が10月30日から公開されることが31日、分かった。東京・墨田区のTOHOシネマズ錦糸町で10月30日から、中野区のポレポレ東中野で同月31日で始まり、ほかに全国で順次公開される。制作会社によると、過去には初代若乃花など特定の力士に焦点をあてたドキュメンタリー映画はあるものの、大相撲全体をとらえる映画は初めて。俳優の遠藤憲一がナレーションを務める。

18年12月から19年6月の半年間、元大関豪栄道(現武隈親方)らが在籍する境川部屋と、前頭竜電らが在籍する高田川部屋に密着した。朝稽古や独特な相撲部屋での日常生活、本場所での激闘などを歴史、文化のさまざまな角度からひもとく。相撲漫画家の琴剣淳弥さん(60)もコーディネートプロデューサーとして作品に加わり、劇中画を描き、自身も本編に登場する。

メガホンを取ったのは「マツコの知らない世界」をはじめ長年テレビの演出家として活躍し、本作が映画初監督作品となる坂田栄治氏。坂田氏は「映画完成直後、新型ウイルスにより世界は変わり、大相撲の風景も変わりました。あの数カ月間、力士たちの激闘と観客の大声援を両国国技館で撮影できたのは偶然の奇跡。大迫力の大相撲の感動と、力士たちのドラマをぜひ劇場で体感してほしいです」とコメントした。

武隈親方は「相撲は、裸一つでぶつかり合う、シンプルでわかりやすい究極の闘いです。それが人の心を揺さぶり、奮い立たせてくれるのだと思います。若い世代にも、日本の伝統を守っている力士の姿を、劇場で見てほしいです」と呼びかけた。

竜電は「長期間の密着は初めての経験でした。所作の美しさ、力士の個性あふれる着物姿、武器を持たず自分の体だけで勝負する、語り尽くせない相撲の魅力を、相撲ファンはじめ、まだ相撲を知らない方や子どもたちに、映画を通じて感じてほしいです」と話した。

琴剣さんは「大相撲を体験した者としてお薦めできる映画。相撲界の“伝統”“厳しさ”の映像美そして音響の106分。この映画を見終わったあと、きっとあなたも国技館へ行きたくなっているでしょう」とコメントした。

10月30日公開の大相撲ドキュメンタリー映画「相撲道」で特集された幕内力士の竜電(2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会提供)
10月30日公開の大相撲ドキュメンタリー映画「相撲道」で特集された元大関豪栄道の武隈親方(2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会提供)

関連するニュースを読む

日本相撲協会が広島市に義援金1000万

土砂災害の被害を受けた広島市の西藤副市長(右)に、義援金1000万円の目録を贈る尾車巡業部長(元大関琴風)

 日本相撲協会は25日、広島市で行われた秋巡業で、8月に土砂災害に遭った同市に復興支援の義援金1000万円を贈った。土俵上で、尾車巡業部長(元大関琴風)が西藤公司副市長に目録を贈呈した。また、協会公認の相撲漫画家の琴剣氏が書き、横綱や大関のサインが入った絵も寄贈した。

 勢(28=伊勢ノ海)豊ノ島(31=時津風)ら4力士が慰問したことも含めて、尾車巡業部長は「災害が起こったとき、中止になる可能性もあった。その中で予定通り開催できたのだから、被災地を素通りしたくなかった。相撲場で触れ合うのも大事だが、会場の中だけでなく、被災地も大事。少しでも復興のお役に立ててもらえたら」と話した。

関連するニュースを読む

大砂嵐 金太郎化粧まわし

込山正秀町長(中央)から金太郎の化粧まわしを寄贈された大砂嵐(右)

 エジプト出身の大砂嵐(22=大嶽)が夏場所(5月11日初日、両国国技館)から「金太郎」の化粧まわしを締めて土俵入りすることが決まった。寄贈元は「金太郎生誕の地」とされる静岡・小山町。8日、都内の大嶽部屋を訪れた込山正秀町長から手渡され、「自分の(しこ名の下の)名前でもあるし、とてもかわいい」と笑顔で話した。

 大砂嵐金太郎のしこ名は、相撲でクマを倒すほど強かったという童話「金太郎」に出てくる主人公にあやかって、大嶽親方(元十両大竜)が名付けた。そのしこ名に縁を感じた込山町長が発起人となり、2月から町民らから寄付金を募って制作。12年の町制施行100周年記念のシンボルデザインを入れたまわしを贈った同町長は「町ぐるみで応援していきたい。早く横綱になって」と激励した。

 大砂嵐は春場所は初日から7連勝し、右内転筋を痛めて途中休場しながら再出場して千秋楽に勝ち越しを決めた。夏場所は自己最高位を更新するのは確実で、大きく勝ち越せば朝青龍らに並ぶ外国人力士最速の新三役も見えてくる。場所前の5月3日には小山町で行われる「金太郎春まつり」にゲスト参加し、化粧まわしを初披露する予定。「金太郎みたいに強くなる」と決意を新たにした。【鎌田直秀】

 ◆ユニークな化粧まわし 化粧まわしにはさまざまな絵が描かれている。稀勢の里はご当地グッズとしても人気のハローキティ。山口県下関市出身の豊響は名産のふぐのイラスト。豊ノ島はアンパンマンの作者、故やなせたかし氏が地元高知をイメージして描いたクジラ。千代大龍はゆでたまご氏のキン肉マン、勢は高須クリニックから贈られた毎日かあさんの西原理恵子氏のイラスト。大砂嵐も相撲漫画家琴剣氏に自身がピラミッド前で仕切る姿を描いてもらっている。

関連するニュースを読む

大砂嵐が関取「大鵬道場」教え宿る

ガッツポーズする大砂嵐

 角界初のアフリカ出身関取が誕生した。エジプト出身の大砂嵐(21=大嶽)が十両に昇進することが、29日に行われた名古屋場所(7月7日初日、愛知県体育館)の番付編成会議で決定。所要8場所での新十両は外国出身としては歴代最速タイ。青狼(せいろう、24)琴弥山(ことみせん、29)遠藤(22)の新十両、芳東(36)の再十両昇進も発表された。

 髪の長さも日本語も、そして相撲の強さもまだまだ成長中。エジプト出身の大砂嵐が、関取としての出発地点に立った。「親方ありがとうございます。毎日厳しい稽古頑張ります。横綱になります」。感謝の言葉で決意表明した。

 運命的だった。この日は1月に死去した大鵬さんの誕生日でもあった。大嶽親方(元十両大竜)からは「オヤジの誕生日に、大砂嵐の昇進決定。導いてくれたんだぞ」と激励を受けた。大鵬さんからは1日四股500回、てっぽう1000回を課されていた。「今はまだ300回くらいしかできない。突っ張って、腰を下ろしてが自分の相撲スタイル。強い心も鍛えます」。「大鵬道場」の教えが、しっかりと宿っている。

 期待は高まるばかり。大嶽親方から、現役時代に使用していた羽織のひもが託された。呼び出しの吾郎から、稽古で使用する白まわし。大阪大竜後援会からは化粧まわしが贈られる。デザインは相撲絵師琴剣さんが描く、ピラミッドの前で相撲を取る大砂嵐の姿だ。

 夜には大鵬さん誕生日会が開催。仏前に手を合わせた。「大砂嵐昇進パーティー」も兼ねた。幕下優勝祝いとして、大鵬さんデザインのカップセットを贈ってくれた芳子夫人からは「最高の誕生日プレゼントです」と涙で感謝された。

 大砂嵐のしこ名。「砂嵐」はピラミッドから700メートルの実家で考えたもの。「大」は、大嶽部屋、大嶽親方、大鵬さんから受け継いだ。アフリカから横綱を目指して来日した21歳は、大きな期待を負っている。名古屋場所3日目からはイスラム信仰の断食「ラマダン」も始まる。「どんなつらいことも大丈夫。相撲が好きだから。強くなる。心も、相撲も。よろしくお願いいたします」。一番好きな日本語で締めた。【鎌田直秀】

 ◆大砂嵐金太郎(おおすなあらし・きんたろう)本名・アブデルラフマン・シャーラン。1992年2月10日、エジプト生まれ。16歳から相撲を始め、08年世界ジュニア選手権無差別級3位。11年同大会重量級3位。同年9月来日。12年春場所初土俵。同夏場所で序ノ口優勝。13年夏場所幕下優勝。得意は、突き、押し投げ。家族は両親と弟。189センチ、142キロ。

関連するニュースを読む

貴親方が協力!相撲の歴史を漫画で紹介

 日本相撲協会が子供への普及の一環として、相撲の歴史を漫画で紹介する本を制作していることが19日、分かった。9月までに完成させ、秋場所の来場者への無料配布も計画している。

 新弟子を教育する相撲教習所の教官を26年間も務める大山親方(元幕内大飛)が監修し、元三段目力士で漫画家の琴剣さんが漫画を担当。大山親方は「力士がなぜしこを踏むのか、などを分かりやすく説明したい」と話す。相撲教習所長の貴乃花親方(元横綱)も協力しており「相撲のすそ野を広げることにつながり、とても素晴らしい。この国の相撲道という文化を、特に子供たちに理解してもらいたい」と後押しした。

 タイトルは「相撲の歴史と文化」。大山親方によれば現役力士にも配布する予定で、外国出身力士には母国語に翻訳するという。

関連するニュースを読む