上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

漫画で花咲かせた琴剣さん、人懐っこい姿忘れられず

結婚式の引出物で配られた琴剣さんのマンガ入り大皿

大相撲の元力士で、日本相撲協会公認の漫画家でもある琴剣淳弥(ことつるぎ・じゅんや、本名・宮田登=みやた・のぼる)さんが26日、千葉県習志野市の病院で死去した。60歳だった。葬儀・告別式は30日午前9時から千葉県船橋市北本町1の3の11、セレモ船橋駅北口ホールで。喪主は妻鈴代(すずよ)さん。

◇  ◇  ◇

琴剣さんの所属していた佐渡ケ嶽部屋では、朝稽古取材のあと、必ず「ちゃんこを食べていきなさい」と当時の佐渡ケ嶽親方(元横綱琴櫻)やマネジャーから声をかけられた。「食べないと、今後は取材させないよ」と半ば強制的にちゃんこ場に座らせられた。

おいしかった。そのちゃんこをつくっていたのが、当時ちゃんこ長だった琴剣さんだった。気さくで人懐っこくて、すぐに仲良くなった。「ボク、漫画が好きなんです」と部屋の風景や力士の日常生活などを描いたものを見せられた。プロ顔負けの腕だった。

「もったいないですね。うちにも描いてくれませんか」とお願いして、日刊スポーツの紙面に使わせてもらった。86年秋場所で引退すると、高田馬場にあった、佐渡ケ嶽部屋の先輩が経営するちゃんこ店で修業を始めた。琴剣さんの紹介でよく通い、いつも名物の豚の角煮をサービスしてもらった。「桝田さん、ありがとうございます」。店に行くたびに満面の笑みで頭を下げた人懐っこい姿が忘れられない。

引退後に結婚した鈴代夫人とその後ちゃんこ店を開き、夫人の勧めでまた漫画を描き始めた。その後の活躍は、テレビや雑誌、新聞などで拝見させていただいた。相撲の最高位は三段目46枚目と関取にはなれなかったが、大好きな漫画で人生の花を咲かせた。「結婚したんです」と送ってくれた記念の大皿が、今でもわが家にある。お祝い事のあるときに使わせてもらっています。剣さん、安らかに-。【桝田朗】

元琴剣の宮田登さん(1987年撮影)

関連するニュースを読む

琴剣さん60歳死去、元力士で相撲協会公認の漫画家

元琴剣の宮田登さん(1987年撮影)

大相撲の元力士で、日本相撲協会公認の漫画家でもある琴剣淳弥(ことつるぎ・じゅんや、本名・宮田登=みやた・のぼる)さんが26日、千葉県習志野市の病院で死去した。60歳だった。

葬儀・告別式は30日午前9時から千葉県船橋市北本町1の3の11、セレモ船橋駅北口ホールで。喪主は妻鈴代(すずよ)さん

関連するニュースを読む

元力士の芸人めっちゃオンライン相撲イベントに出演

元大相撲力士の芸人、めっちゃ(31)がオンライン相撲トークイベント「帰ってきた 抱きしめてツナイト」(11月7日午後8時)に初出演することになった。

元序二段安大ノ浪(あおのなみ)のめっちゃは今年7月、東京・武蔵小山の商店街で万引き犯を捕まえ、警察に引き渡すなど手柄を挙げたばかり。今回のイベントは、本業でのトーク力を生かす場になる。

めっちゃは「このメンバーを見るからに、最高に面白い相撲トークができそうで楽しみです! 来年に控えている安治川親方(元関脇安美錦)の断髪式の告知も忘れずに盛り上げたいと思います! マジどすこい!」と話している。

イベントの出演者はめっちゃのほか、阿部祐二(リポーター)、琴剣淳弥(元力士の相撲漫画家)、田名部生来(元AKB48)、キンボシ西田(相撲芸人)、竹内一馬(相撲情報誌TSUNA編集長)。イベントのチケット販売は10月1日から、問い合わせは以下まで。https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01f1cz117y2ff.html

関連するニュースを読む

初の角界映画「相撲道」境川と高田川に半年密着

10月30日公開の大相撲ドキュメンタリー映画「相撲道」のポスター(2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会提供)

大相撲のドキュメンタリー映画「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」が10月30日から公開されることが31日、分かった。東京・墨田区のTOHOシネマズ錦糸町で10月30日から、中野区のポレポレ東中野で同月31日で始まり、ほかに全国で順次公開される。制作会社によると、過去には初代若乃花など特定の力士に焦点をあてたドキュメンタリー映画はあるものの、大相撲全体をとらえる映画は初めて。俳優の遠藤憲一がナレーションを務める。

18年12月から19年6月の半年間、元大関豪栄道(現武隈親方)らが在籍する境川部屋と、前頭竜電らが在籍する高田川部屋に密着した。朝稽古や独特な相撲部屋での日常生活、本場所での激闘などを歴史、文化のさまざまな角度からひもとく。相撲漫画家の琴剣淳弥さん(60)もコーディネートプロデューサーとして作品に加わり、劇中画を描き、自身も本編に登場する。

メガホンを取ったのは「マツコの知らない世界」をはじめ長年テレビの演出家として活躍し、本作が映画初監督作品となる坂田栄治氏。坂田氏は「映画完成直後、新型ウイルスにより世界は変わり、大相撲の風景も変わりました。あの数カ月間、力士たちの激闘と観客の大声援を両国国技館で撮影できたのは偶然の奇跡。大迫力の大相撲の感動と、力士たちのドラマをぜひ劇場で体感してほしいです」とコメントした。

武隈親方は「相撲は、裸一つでぶつかり合う、シンプルでわかりやすい究極の闘いです。それが人の心を揺さぶり、奮い立たせてくれるのだと思います。若い世代にも、日本の伝統を守っている力士の姿を、劇場で見てほしいです」と呼びかけた。

竜電は「長期間の密着は初めての経験でした。所作の美しさ、力士の個性あふれる着物姿、武器を持たず自分の体だけで勝負する、語り尽くせない相撲の魅力を、相撲ファンはじめ、まだ相撲を知らない方や子どもたちに、映画を通じて感じてほしいです」と話した。

琴剣さんは「大相撲を体験した者としてお薦めできる映画。相撲界の“伝統”“厳しさ”の映像美そして音響の106分。この映画を見終わったあと、きっとあなたも国技館へ行きたくなっているでしょう」とコメントした。

10月30日公開の大相撲ドキュメンタリー映画「相撲道」で特集された幕内力士の竜電(2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会提供)
10月30日公開の大相撲ドキュメンタリー映画「相撲道」で特集された元大関豪栄道の武隈親方(2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会提供)

関連するニュースを読む

稀勢の里ジャポニカ学習帳を発売 相撲情報ページも

「横綱稀勢の里版」が発売されることになったジャポニカ学習帳

 大相撲の新横綱稀勢の里が、ジャポニカ学習帳になった。文具メーカーのショウワノートは28日、ジャポニカ学習帳「日本の伝統文化シリーズ」の相撲特別版として「横綱稀勢の里版」を春場所(3月12日初日、エディオンアリーナ大阪)に合わせて発売すると発表した。

 仕様はB5サイズ5ミリ方眼罫(300円)、A6サイズ自由帳、8ミリ横罫15行(それぞれ200円)の3種類。稀勢の里の絵は、元力士の琴剣淳弥氏が描いた。ノートの中には、相撲に関する情報をまとめた情報ページもついている。

 東京・両国国技館や書店などで販売される。

「横綱稀勢の里版」が発売されることになったジャポニカ学習帳

関連するニュースを読む