上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

RIZINカード発表 皇治ら4選手がワンナイト キックトーナメント

RIZIN29大会のキックトーナメント1回戦で対戦する皇治(左)と梅野源治(撮影・松熊洋介)

RIZINの榊原信行CEO(57)は30日、都内で会見を開き、5月30日RIZIN29大会(大阪・丸善インテックアリーナ)で4選手によるキックボクシングの「ワンナイト トーナメント」(61キロ、3分×3回)を開催することを発表した。抽選の結果、対戦カードは皇治(31=TEAM ONE)-梅野源治(32=PHOENIX)、白鳥大珠(25=TEAM TEPPEN)-高橋亮(25=真門ジム)となった。

今回のキックトーナメントは、皇治が榊原CEOに以前から提案していたもので、他の3人はSNS等で参戦表明して選出された。皇治は「ずっと言い続けたトーナメントが、開催されてうれしい。俺が中心で、この人たちは俺の脇役なので、しっかりそれを証明したい」と豪語した。対戦相手の梅野に関しては「昔はすごかったかもしれないが、彼もピークではないと思うし、今はただのひょっとこムエタイ」と話した。また前日のユーチューブで挑発を受けた白鳥については「ぴーちくぱーちく格好悪い。当日は俺が実力で黙らせてやる」と相手にしなかった。

同大会ではMMAルールでのバンタム級トーナメントも行われるが、1日でのキックトーナメント開催について榊原CEOは「総合中心の舞台の中で、キックボクシングがどういう感動を与えられるか。ファンの心をつかむような試合をして、今後の注目度を高めていける機会になれば」と4選手に期待を込めた。

また会見ではキックボクシングルールで行われるその他の追加カードも発表された。追加カードは以下の通り。

植山征紀(25=龍生塾ファントム道場)-泉丈成(24=誠至会)、山畑雄摩(26=NJKF将塾)-高橋聖人(23=真門ジム)

関連するニュースを読む

原口健飛が判定で白鳥大珠に完勝「やっと終わった」

白鳥(右)に飛び膝蹴りを見舞う原口(撮影•滝沢徹郎)

<RISE横浜大会>◇28日◇横浜アリーナ

DEAD OR ALIVE 2020トーナメント覇者の原口健飛(22=FASCINATE FIGHT TEAM)が、同19年覇者の白鳥大珠(24=TEAM TEPPEN)に3-0で判定勝ちを収めた。19年から続いたライバル2人のストーリーに終止符が打たれ「やっと終わった。でもちょっと寂しい」と胸の内を吐露した。さらに「ここまで強くしてもらってありがとう。ごはん食べに行きたいんで、よろしくお願いします」とリングを去る白鳥に語りかけた。

ミスした方が負けというハイレベルな戦いの中、王者のディフェンスが光った。白鳥のスピードある攻撃をことごとく退け、ヒットさせなかった。攻撃では2Rに2回のダウンを奪い、その後も優位に試合を進めた。

2週間前の公開練習では「40%くらい」だった仕上がりを当日100%にしっかり持ってきた。20戦の経験から疲労を抜くことの大事さを覚えた。体重を毎日チェックし「何日で疲労が抜けるとか、減量してからの動きや息が上がる状況を自分で把握している」と自分の体と向き合い、トレーニングを続けてきた。

昨年10月の「DEAD-」では決勝で当たるかと思われたが、白鳥が準決勝で敗退。今大会は当初、それぞれ外国人選手との対戦が決まっていたが、緊急事態宣言延長による入国困難で、カード変更。思わぬ形での新旧王者対決に戸惑いもあった。「早すぎる。実績作ってから挑戦してこい」と思ったこともあった。それでもRISE伊藤代表から直々に変更を告げられ「今活躍できているのは伊藤代表のおかげ。こんな(緊急事態の)時に応えないチャンピオンはいない」と承諾。白鳥に対しても「正直国内で1番強い。立場は上でもずっと追い掛けていた人」と正直な気持ちを明かした。

普段から自信の発言が見られるが、実は少し怖がりな部分も持つ。「これまでで1番のプレッシャー。恐怖や不安もあったし、1人で泣いた日もあった」と明かした。12日の公開練習では「めちゃくちゃびびっている」と話し、前日計量でも「過去一びびっている」と不安を吐露。19年3月のマルティネス戦で、外国人に恐怖を感じ、フィジカルを徹底的に鍛え始めた。下半身を強化し、蹴る瞬間のトップスピードがアップ。「フィジカルで勝っていれば、相手もびびると思って」。さらに「(白鳥は)男前で、顔も身長も負けている。男として完璧。唯一勝っているのがフィジカル」と鋼の肉体で白鳥を圧倒した。

「運命だと感じる。20年で王者となって第1章が終わった。21年は追い掛けていた白鳥を倒して第2章を始めたい」。因縁の対決を制し、王者の意地を見せた原口が、21年好スタートを切った。【松熊洋介】

攻め合う白鳥(左)と原口(撮影•滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

原口VS白鳥RISE追加カード コロナ禍で実現

RISE ELDORADO2021で対戦する原口健飛(左)と白鳥大珠(撮影・松熊洋介)

今月28日に横浜アリーナで行われる立技格闘技「RISE ELDORADO2021」(横浜アリーナ)の追加カード発表会見が4日、都内で行われ、原口健飛(22=FASCINATEF FIGHT TEAM)が白鳥大珠(24=TEAM TEPPEN)と対戦することが決定した。両選手はそれぞれ外国人選手との対戦が決まっていたが、緊急事態宣言延長により、入国困難になったため、カード変更となった。

待ち望んでいた対決が思わぬ形で実現した。昨年10月のDEAD OR ALIVEトーナメントで両者の対戦が期待されていたが、白鳥が準決勝で敗退し、実現せず。同大会で優勝した原口は「ちょっと早すぎるかなと思ったけど、こんな状況の時に応えないチャンピオンはいない」と承諾した。もともと対戦の意志を示しており、実現しない状況にイライラが募っていた。それでも「実績作ってから挑戦してこいと言ったこともあったけど、ファイターとして強いし、立場は上でもずっと追い掛けていた人」と実力を認めた上で、受けて立つ。

挑戦する白鳥も「ここでやるタイミングではない」と迷ったが、コロナ禍の状況も考え、決断。「挑戦者なので相手を選んでいたら終わり。チャンスでしかないので全力で倒しにいく」と闘志を見せた。RISEの伊藤隆代表は「どうしようか迷ったが、お客さんを納得させるためにはこのカードしかない。大会を盛り上げようという2人の心意気に感謝している」と胸の内を明かした。

同大会では世界フェザー級王者の那須川天心とISKAムエタイ世界バンタム級王者の志朗との対戦カードも組まれている。原口対白鳥の対戦決定で、同大会の注目度がさらに増した。

この日発表されたその他のカードは以下の通り。後日残り数試合が追加で発表される予定。

寺山日葵(20=TEAM TEPPEN)-田淵涼香(20=拳聖塾)

梅野源治(32=PHONENIX)-ノラシン・スペチアーレジム(33=タイ)

平塚大土(27=チームドラゴン)-YA-MAN(24=TARGET SHIBUYA)

力哉(24=BK GYM)-大森隆之介(21=EX ARES)

岡部晃志(25=NEXT STEP GYM)-星憂雅(19=IDEAL GYM)

関連するニュースを読む

RISE追加カード、空手家田淵涼香VS寺山日葵

RISE ELDORADO2021で対戦する田淵涼香(右)と寺山日葵(撮影・松熊洋介)

今月28日に行われる立技格闘技「RISE ELDORADO2021」の追加カード発表会見が4日、都内で行われ、空手家の田淵涼香(20=拳聖塾)がGIRLS POWER QUEEN of QUEENS2020王者の寺山日葵(20=TEAM TEPPEN)に挑戦することが決まった。

昨年12月の発表では、寺山はアイーダ・ルークサイコンディンと対戦予定だったが、緊急事態宣言延長により、入国が困難になり、カード変更となった。寺山からの“逆指名”を受けた田淵は空手の練習着で登場し「格上の選手なので胸を借りるつもりでやりたい」と力強く語った。

昨年12月にRISE初参戦し、QUEENフライ級暫定王者の小林愛三にダウンを奪うなどして判定勝利。空手では顔面への打撃がないことが不利とされていたが、逆境を跳ね返した。「たまたま当たっただけ」と謙遜したが、会場で見ていた寺山は「顔面パンチは慣れていないと思っていたけどすごかった」と認めるほどだった。

小林に勝利したことで「すごく反響があった」と一気に注目度がアップした。この時も対戦予定だった選手のケガによる代役出場だった。2戦連続で巡ってきた王者との対戦に「チャンピオンに挑戦できることなどなかなかないこと。寺山選手、ありがとうございます」と感謝した。

3歳のころから兄2人と空手を始めた。「よくケンカをして負けていた」。弱かったメンタルを強化するため毎日練習に打ち込んだ。全日本極真連合会などジュニア大会で優勝を重ね、18年からキックボクシングと両立。4戦4勝3KO。これまで「負けたらどうしよう」と弱気だった挑戦が、小林を破ったことで自信がついた。田淵を指導する徳広隆最高師範も「有名になっててんぐになっていなかった。道場の道は道徳の道。あいさつや目配り、気配りがしっかりできている」と太鼓判を押す。RISE伊藤隆代表も「台風の目になる」と期待を寄せる田淵がRISEに再び旋風を巻き起こす。

発表されたその他のカードは以下の通り。

原口健飛(22=FASCINATEF FIGHT TEAM)-白鳥大珠(24=TEAM TEPPEN)

梅野源治(32=PHONENIX)-ノラシン・スペチアーレジム(33=タイ)

平塚大土(27=チームドラゴン)-YA-MAN(24=TARGET SHIBUYA)

力哉(24=BK GYM)-大森隆之介(21=EX ARES)

岡部晃志(25=NEXT STEP GYM)-星憂雅(19=IDEAL GYM)

関連するニュースを読む

白鳥大珠「かなり強豪、さすがRISE」再起戦決定

再起戦の相手ヌンラーンレックの写真を手にポーズをとる白鳥大珠

キックボクシングのRISEは27日、2月28日の横浜アリーナ大会の追加決定カードを発表した。19年RISEワールドシリーズ61キロ級トーナメント覇者白鳥大珠(24)は、20年ムエタイ年間表彰でMVPを獲得したヌンラーンレック・ジットムアンノン(25=タイ)と対戦することが決まった。昨年10月のDEAD OR ALIVEトーナメントで直樹に額をカットされてTKO(ドクターストップ)負けを喫し、まさかの1回戦敗退となって以来の再起戦。白鳥は「ボクは今回再起戦で、かなりの強豪を当てられ、さすがRISEと思いました。軽い相手とは思っていなくてやりがいある相手。ここを倒せば、ボクに期待感を持ってもらえるかな」と決意を口にした。

今月には、K-1の3階級制覇王者武尊(29)とスパーリングしたことを自らのユーチューブ公式チャンネルで報告。会見でも刺激を受けたことを明かし「プレッシャー、圧力がものすごかった。あとはK-1を背負うメンタルの部分。業界のトップに立つ人間とはこういう人だなとメンタルの話をして得たことはデカイです」と触発されたという。白鳥は「ここでしっかり勝って、またRISEで上にのぼりつめたいと思います」と21年初戦勝利で、新たなスタートを切る意気込みを示していた。

白鳥-ヌンラーンレック戦とともに、第2代ウエルター級王者“ブラックパンサー”ベイノア(25)-憂也(28)戦、小出龍哉(24)-奥平将太(18)戦、元西武投手でキックボクサーに転向した相内誠(26)-デリゲルムルン拳信王(31=モンゴル)戦も追加カードとして発表された。

2・28RISE横浜アリーナ大会の対戦相手が決まった3選手。左から相内、白鳥、ベイノア

関連するニュースを読む

キック那須川出場RISEは5000人以下で開催

2月28日のRISE横浜アリーナ大会で組まれる那須川天心-志朗戦

キックボクシング界の「神童」那須川天心-志朗戦などが組まれた2月28日のRISE横浜アリーナ大会の大会概要が26日までに発表された。緊急事態宣言の発出に伴い、観客は5000人以下、午後8時までの終了を予定するイベントとして開催する。30日からチケットの一般販売がスタートする。

同大会では那須川-志朗の再戦をはじめ、原口健飛-ペットパノムルン・キャットムーカオ戦、寺山日葵-アイーダ・ルークサイコンディン戦が決定済み。キックボクサーに転向した元プロ野球西武の相内誠や第5代RISEライト級王者白鳥大珠らの参戦が決定している。

関連するニュースを読む

白鳥大珠ヒザ蹴りでTKO勝ち、K1との対抗戦熱望

大雅(左)に膝蹴りを見舞う白鳥(撮影・滝沢徹郎)

<RIZIN20>◇31日◇さいたまスーパーアリーナ

那須川天心と同じTEPPENジムの白鳥大珠が、元K-1スーパーフェザー級王者大雅を2回TKOで破った。

9月、大阪で行われたRIZIN19大会で、ダウンの奪い合いの末判定勝ちした試合の決着戦。2回に左ヒザ蹴りを浴びせ、出血を誘いレフェリーストップ勝ち。19年はRISEの世界トーナメントを制すなど大躍進で「勝ったが内容は満足していない。来年は世界トーナメント優勝は当たり前。K-1と対抗戦をやりたい」と抱負を語った。

トロフィーを手にポーズを決める白鳥(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む

那須川「楽しみ」来年RISEワールドSの詳細発表

那須川天心(2019年6月撮影)

立ち技打撃格闘技イベントRISEが25日に都内で会見を開き、来年開催するワールドシリーズの詳細を発表した。

55キロ級はアジア圏内のトーナメントを実施。優勝者が19年58キロ級トーナメント王者の那須川天心(21)と来秋開催予定のファイナルラウンドで対戦する。

会見に欠席した那須川はビデオメッセージで「どんな選手が勝ち上がってくるか楽しみ」とコメントした。63キロ級は世界各国8選手のトーナメントを行う。19年61キロ級を制した白鳥大珠(23)は「2階級制覇できるのは僕だけ。今からすごいワクワク」と意気込みを語った。

関連するニュースを読む

白鳥大珠が那須川天心の前で判定勝ち「内容に反省」

右フックでダウンを奪う白鳥大珠(右)(撮影・上田博志)

<RIZIN19>◇12日◇エディオンアリーナ大阪◇キック3分3回62キロ契約

RISEワールドシリーズ61キロ級トーナメント優勝者白鳥大珠(23)が、元K-1GPスーパーフェザー級王者大雅(23)を3-0判定で破った。

“神童”那須川天心がリングサイドで見守った日本キック界のホープ同士の対戦は、ダウンの奪い合いになった。白鳥はボクシング経験に裏打ちされたパンチで主導権を握り、1回に左フックで、2回に右ストレートなどで計3度のダウンを奪取。しかし、3回には逆にオーバーハンドの左を食い、ダウンを奪われて、防戦一方の展開となったが、逃げ切った。

白鳥は「大雅選手は思った通り強かった。内容に反省はありますが、結果的に会場が盛り上がったのは良かったと思います」。3回はともに笑顔で殴り合うシーンがあった。「お互いにわかり合ってるような感じがあって」という。「今年は後は大みそか。いいカードを組んでいただきたいです。最強を目指します」。モデルも務めるイケメンは、貪欲だ。

大雅に右キックを見舞う白鳥大珠(右)(撮影・上田博志)

関連するニュースを読む

38戦無敗の那須川「世界に出て」2団体背負う覚悟

志朗(左)に判定勝ちした那須川(撮影・中島郁夫)

<RISE:ワールドシリーズ2019>◇16日◇幕張メッセ・イベントホール

キックボクシング界の神童、那須川天心(21)が世界の頂点に立った。

58キロ以下級トーナメント決勝で、志朗(26)に3-0判定勝ちで優勝。試合後はK-1ワールドGPスーパーフェザー級王者武尊(28)へ、夢の対決を呼び掛けた。61キロ以下級は白鳥大珠(23)が優勝した。

   ◇   ◇   ◇

決定打こそなかったが、ヒリヒリするような攻防で、那須川の積極性が光った。鋭い左のパンチで志朗を押し込み、2回にはホールディングで志朗の警告を誘った。3回には、右パンチの直後に胴回し回転蹴りで宙を舞った。派手なKOこそなかったが、高度な攻防戦を3-0判定で制した。

「初めて、考えた試合。この立場になった、冷静に試合をしないと、と。まずは最低限勝つことができた」と淡々と話した。キック、総合とこれで38戦無敗(メイウェザー戦はエキシビション)。RISE、RIZINと団体を背負う王者となったことで、勢いだけでない絶対王者へと進化した。

キックボクシング界の神童から目指すは世界。「日本だけに収まらず、世界に出て自分の存在を知らしめたい」。近い将来への目標を掲げるが、その前にどうしても戦い、倒したい相手がK-1の武尊だ。「(どちらが強いか)あれだけ騒がれて、お互いやる気があるのにやれないのはおかしい。今はそんな時代じゃない」と改めて対戦を呼び掛けた。RISEの伊藤代表は「マッチメークの賞味期限はあと半年。今年だと年末。ニュートラルな場所でできたら最高」と話した。【桝田朗】

記念撮影する那須川(撮影・中島郁夫)
志朗(右)に左ストレートを浴びせる那須川(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む

キックボクサー白鳥大珠「打ち合っちゃおうかな」

会見で意気込みを語る白鳥(撮影・山崎安昭)

イケメンキックボクサーとして注目を集める白鳥大珠(23)が9日、都内で行われたRISEワールドシリーズ世界トーナメント61キロ級1回戦(10日、大田区総合体育館)の前日計量と会見に臨んだ。

1回戦の相手は元ボクサーで現在中国最大の格闘技団体「クンルンファイト」を主戦場とするへクター・サンチアゴ(25=ブラジル)。優勝候補と目されるサンチアゴを「非常にアグレッシブでいいファイター」と警戒し、「明日はきれいな試合とか考えず、打ち合っちゃおうかなと思ってます」と激戦を予告した。

前日計量をパスしてガッツポーズの白鳥(撮影・山崎安昭)

関連するニュースを読む

白鳥大珠RIZIN初勝利も反省「ねらいすぎた」

白鳥対ウザ強 3回、ウザ強(左)に膝蹴りを見舞う白鳥(撮影・滝沢徹郎)

<RIZIN:やれんのか!>◇31日◇さいたまスーパーアリーナ

メインのボクシング・エキシビションマッチでメイウェザーと戦う那須川天心(20)と同じテッペンジムの白鳥大珠(22)が、RIZIN初勝利を挙げた。

大学生キックボクサーのウザ強ヨシヤ(22=日大)と壮絶なダウン合戦を展開。2回に左フックからヒザ蹴りを入れて1回目のダウンを奪うと、さらに左ヒザで2度目のダウンを奪った。しかし、3回にウザ強のカウンターパンチで逆にダウン。それでも奮起して、飛び膝蹴りで3回1分43秒、KO勝ちした。白鳥は「念願だった大みそかのRIZINに出場できてうれしかった。自分としては反省ばかり。もっと、きれいにスマートに倒そうとねらいすぎてしまった」と試合を振り返った。ともに練習する那須川の試合について「メイウェザーは自分にとっても雲の上の存在。ファンのみんなも、メイウェザーもびっくりさせてほしい」とエールを送った。

白鳥対ウザ強 2回、ウザ強(左)にパンチを見舞う白鳥(撮影・滝沢徹郎)

関連するニュースを読む