上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

K1王者大雅「レベルの違いみせる」皇治戦KO宣言

18日の皇治戦に向け、激しいミット打ちを公開した大雅(右)(撮影・藤中栄二)

 K-1世界スーパーフェザー級王者・大雅(20=TRY HARD GYM)が9日、神奈川・相模原市の所属ジムで練習を公開した。

 6月18日のK-1 WGPさいたまスーパーアリーナ大会(日刊スポーツ新聞社ほか後援)で、皇治(28=SFK)と同級スーパーファイト3分3回の対戦を控える。

 2月の世界王座奪取後、初めての試合となる大雅は「瞬発力が上がっていると思う。ボクシングの技術も上がっていると思う」と、横浜市内の大橋ボクシングジムで練習していることを明かした。

 所属ジムでの練習後に大橋ジムに足を運ぶ練習量をこなしており「1日3回の練習をしている。自分の中ではボクシングの感覚もつかめているし、試合がたのしみです」と笑顔。

 大橋ジムでは細野悟や原隆二らを担当する佐久間史朗トレーナーの指導を受けており「気合を入れてもらっています」と心身ともに充実した練習をしている。

 今年4月の対戦カード発表会見では同席した皇治から何度も挑発を受け、一触即発ムードが漂った。「30歳近くの人が20歳を挑発してくるなんて。自分が小学生に挑発するのと同じですからね」と苦笑した大雅は「全然、相手にしていない。でも試合が決まったので、レベルの違いをみせてKOしたい」と意気込んでいた。

 ◆大雅(たいが)1996年(平8)8月14日、神奈川・愛川町生まれ。小学2年で空手をはじめ、同5年からボクシング練習も開始。16歳だった12年11月、Krushでプロデビューし、55キロ級王座を獲得。14年からK-1に参戦。16年4月、60キロ日本代表決定トーナメントに優勝。同9月のスーパーフェザー級世界最強決定トーナメント準優勝。兄はK-1ファイターのHIROYA(25)。愛称はハイパーノヴァ(超新星)。166センチ、60キロ。

18日「K―1WGP」さいたまスーパーアリーナ大会に向けて気合十分の大雅(撮影・藤中栄二)

関連するニュースを読む

細野悟1-2判定で接戦落とし世界挑戦権を逃す

3回、バロス(左)に左フックを食らう細野(撮影・下田雄一)

<プロボクシング:IBF世界フェザー級王座挑戦者決定戦12回戦>◇3日◇東京・後楽園ホール

 ボクシングのIBF世界フェザー級王座挑戦者決定戦は3日、東京・後楽園ホールで行われ、同級4位細野悟(32=大橋)は同3位ジョナタン・バロス(アルゼンチン)に1-2の判定で敗れ、挑戦権獲得を逃した。

 序盤から距離を詰め、右の強打でぐらつかせる場面も作ったが、試合巧者のバロスに的確にポイントを奪われ、接戦を落とした。4度目の世界挑戦はならず「相手の小さなパンチに反応できなかった」。今後については「まだ分からない」と話すにとどめた。細野は世界戦以外で初めての敗戦で、戦績は32勝(21KO)3敗1分けとなった。

関連するニュースを読む

細野悟が世界挑戦権獲得ならず、1-2判定負け

3回、バロス(左)に左フックを食らう細野(撮影・下田雄一)

<プロボクシング:IBF世界フェザー級王座挑戦者決定戦12回戦>◇3日◇東京・後楽園ホール

 同級4位細野悟(32=大橋)は、同3位ジョナタン・バロス(32=アルゼンチン)に1-2の判定(115-113、112-116、111-117)で敗れ、挑戦権獲得を逃した。積極的に距離を詰め、右の強打でぐらつかせる場面も作ったが、ラウンドごとにスタイルを変え、小さなパンチを当ててくる試合巧者のバロスを最後まで攻略できなかった。

 細野は10年にWBAスーパーバンタム級王座、11年に同フェザー級王座に挑戦も、連敗。14年にWBAフェザー級王座に再挑戦したが、3回負傷引き分けで王座獲得を逃していた。4度目の世界挑戦はならず「相手の小さなパンチに反応出来なかった。カウンター狙いにきているのも分かっていたが、距離がつかめなかった。相手の方がうまかった」と悔しがった。

 大橋秀行会長は「見せ場も作ったが、採点はしょうがない。完敗だった」と話した。

 細野は世界戦以外で初めての敗戦で、戦績は32勝(21KO)3敗1分けとなった。

関連するニュースを読む

細野悟が前日計量パス 王者の前で今夕挑戦者決定戦

 ボクシングのIBF世界フェザー級4位細野悟(32=大橋)が、王者の前で挑戦権をつかみ取る。

 同級王座挑戦者決定戦(東京・後楽園ホール)の前日計量が2日、都内で行われ、対戦する同3位バロス(アルゼンチン)とともにリミットの57・1キロで1回でパスした。視察のため来日中の王者セルビー(英国)も計量会場に姿を見せ、勝者と次戦で対戦すると明言。4度目の世界挑戦を目指す細野は「調子はめちゃくちゃ良い。かみ合うタイプだと思うし、攻め倒したい。死に物狂いで勝ちにいく」と闘志を燃やした。

関連するニュースを読む

細野悟が計量一発パス「攻め倒せるように楽しんで」

計量をクリアした細野(左)とバロス(右)。中央は視察に訪れた同級王者セルビー(撮影・奥山将志)

 ボクシングのIBF世界フェザー級王座挑戦者決定戦(3日、東京・後楽園ホール)の前日計量が2日、都内の日本ボクシングコミッションで行われ、同級4位細野悟(32=大橋)、同3位ヨナタン・バロス(32=アルゼンチン)は、ともにリミットの57・1キロで一発パスした。

 勝者が挑戦権を得る同級王者リー・セルビー(29=英国)も視察のため来日中で、計量会場に姿を見せた。

 過去3度の世界挑戦経験を持つ細野は「調子はすごく良い。攻め倒せるように、楽しんで戦いたい」と闘志を燃やした。元WBA同級王者のバロスは「接近戦でのボディーに注意したい。将来的には1階級上でも世界王者になりたい」と意気込みを語った。

 セルビーは、次戦でこの試合の勝者と対戦すると明言し「両選手ともにすばらしいボクサーだ。戦うことを想定して、試合を見たい」と話した。

関連するニュースを読む

細野悟4度目世界挑戦へ10・3背水の挑戦者決定戦

ジムワークを行う細野

 ボクシングのIBF世界フェザー級4位細野悟(32=大橋)が4度目の世界挑戦を引き寄せる。

 10月3日のIBF同級挑戦者決定戦(後楽園ホール)に向け22日、横浜市内のジムでミット打ちなどのメニューを消化した。過去3度の世界戦は2敗1分けも、プロ32戦で勝利を逃したのはその3試合のみ。背水の陣で挑む一戦に「次負けたら終わりだと思ってやってきた。何としてもここを勝って、チャンスをつかみたい」と力を込めた。対戦相手の同3位バロス(アルゼンチン)は40勝(22KO)4敗1分けの実績を持つ元WBA王者。「バズーカ」の異名を持つ強打者は「出てくるし、かみ合うタイプ。自分にはテクニックはない。鍛えてきたパンチを思いっきりぶち込みます」と拳を握った。

関連するニュースを読む

細野悟が10・3ヨナタン・バロスと世界挑戦決定戦

 ボクシングの大橋ジムは7日、日本フェザー級王者でIBF同級4位の細野悟(大橋)が10月3日に後楽園ホールで同級3位のヨナタン・バロス(アルゼンチン)とのIBF同級挑戦者決定戦に臨むと発表した。

関連するニュースを読む

細野悟、下田に判定勝ち「気持ちで負けなかった」

下田に判定勝ちで防衛し勝ち名乗りを受ける日本フェザー級王者の細野(右)(撮影・江口和貴)

<プロボクシング:日本フェザー級タイトルマッチ10回戦>◇29日◇東京・有明コロシアム

 王者の細野悟(大橋)が同級1位で元世界ボクシング協会(WBA)スーパーバンタム級王者の下田昭文(帝拳)に2-1で判定勝ちした。

 所属ジムの大橋秀行会長が位置付けた「世界挑戦者決定戦」をものにし、3度世界王座奪取に失敗している32歳の細野は「必ず世界王者になりたい。後は会長に任せる」と述べた。

 この日は打ち合いを制し「気持ちで負けなかった」と勝因を話した。下田は「前半はコントロールできたと思ったが…」と肩を落とした。

関連するニュースを読む

細野悟が12月29日に1位下田昭文と5度目防衛戦

対戦が決まった細野(右)と下田

 プロボクシングの大橋ジムは30日、日本フェザー級王者の細野悟(31=大橋)が、井上尚弥らのダブル世界戦(12月29日、東京・有明コロシアム)で、同級1位の下田昭文(31=帝拳)と5度目の防衛戦を行うと発表した。

 3度の世界挑戦経験を持つ細野と、元WBA世界スーパーバンタム級王者下田が生き残りをかけて激突する好カード。細野が「勝たないと次はない。強くてうまい相手だし、試合が楽しみでしょうがない」と言えば、下田は「勝てば国内最強を証明できるし、世界ランクも手に入る。願ってもないチャンス」。

関連するニュースを読む

フェザー級王者細野悟、下田昭文と12・29防衛戦

日本フェザー級王者細野悟(右)と挑戦者の下田昭文(撮影・奥山将志)

 プロボクシングの大橋ジムは30日、日本フェザー級王者細野悟(31=大橋)が12月29日に東京・有明コロシアムで、同級1位の下田昭文(31=帝拳)と5度目の防衛戦を行うと発表した。両者は横浜市内で会見。

 3度の世界王座挑戦経験を持つ細野は「この試合に勝たないと次はない。強くてうまい相手だし、楽しみでしょうがない」とコメント。

 元WBA世界スーパーバンタム級王者の下田は「勝てば国内最強を証明できるし、世界ランクも手に入る。自分にとっては願ってもないチャンス。1ラウンド目からしっかり崩して、圧倒的に勝ちたい」と2階級制覇への足がかりとする構えだ。

関連するニュースを読む

細野悟風邪に負けず防衛も「自覚足りない」大橋会長

渡辺(左)に右フックを浴びせる細野(撮影・中島郁夫)

<プロボクシング:日本フェザー級タイトルマッチ10回戦>◇22日◇東京・後楽園ホール 

 王者・細野悟(31=大橋)が、苦しみながらも4度目の防衛に成功した。同級3位・渡辺卓也(青木)と対戦。5回終了時までポイントでリードを許す展開も、左ボディーからのコンビネーションを中心に反撃し、逆転で勝利をつかんだ。

 試合後の控室で、数日前から風邪をひいていたことを明かすと「終盤はゴングが鳴ったら倒れてもいいと思って戦った。とにかく勝ててほっとしている」と振り返った。

 陣営の大橋秀行会長は「このコンディションで良く勝ったと言ってやりたいが、プロとしての自覚が足りない」と猛省を促した。

関連するニュースを読む

細野悟3度目防衛もKO逃し反省「詰めが甘かった」

<プロボクシング:日本フェザー級タイトルマッチ10回戦>◇20日◇東京・後楽園ホール

 王者・細野悟(31=大橋)が、同級11位大坪タツヤ(26=T&T)を3-0の判定で下し、3度目の防衛を果たした。

 左右のボディーでペースをつかむと、7回にはロープ際の連打で、あと1歩のところまで追い込んだ。ジャッジが最大8ポイントの差をつける圧勝も、KOを逃し「一発当たれば倒せると思ったが、詰めが甘かった」と反省した。大橋秀行会長は「不完全燃焼な内容。これでは恥ずかしくて世界とは言えない」と厳しかった。

関連するニュースを読む

細野が判定で福原を下し2度目の防衛に成功

<プロボクシング:日本フェザー級タイトルマッチ10回戦>◇5日◇東京・後楽園ホール◇観衆1642人

 王者・細野悟(31=大橋)が、同級1位の福原力也(36=ワタナベ)を3-0の判定勝ちで下し、2度目の防衛に成功した。

 4回にカウンターの左フックで流れをつかむと、ラウンド終盤に左ボディーでダウンを奪取。その後も攻め続けたが、有効打は奪えず、KOは逃した。「ダウンを奪ってからうまくいかなかった。情けない。攻め際での駆け引きが出来なかった」と反省しきりだった。大橋秀行会長も「負けた気分。これで世界なんて到底言えない」と厳しかった。

関連するニュースを読む

王者細野「打ち合いに」福原「集大成だと思って」

計量をクリアした日本フェザー級王者細野(左)と同級1位の福原

 ボクシングの日本フェザー級タイトルマッチ10回戦(東京・後楽園ホール)の前日計量が4日、都内の日本ボクシングコミッションで行われた。

 2度目の防衛戦となる王者・細野悟(31=大橋)、挑戦者の同級1位・福原力也(36=ワタナベ)はともにリミットの57・1キロでパスした。細野は「コンディションはばっちり。打ち合いに持って行って倒したい」とコメント。福原は「集大成だと思って戦いたい」と話した。両者は12年10月に対戦経験があり、細野が7回TKO勝ちしている。

関連するニュースを読む

細野6回終了TKOで初防衛成功

<プロボクシング:日本フェザー級タイトルマッチ10回戦>◇23日◇東京・後楽園ホール

 王者・細野悟(30=大橋)が6回終了TKOで同級2位・関豪介(角海老宝石)を下し、初防衛に成功した。序盤は相手の変則的な攻撃に苦戦も、4回に左ボディーからの連打で流れを奪取。その後は一方的に攻め込み、6回終了時にレフェリーが試合をストップした。「上を見ているので内容は30点ぐらい。世界戦のチャンスを頂けるようにこれからも頑張るだけです」と話した。

関連するニュースを読む

細野TKOで初防衛も自己採点「30点」

<プロボクシング:日本フェザー級タイトルマッチ10回戦>◇23日◇東京・後楽園ホール

 4月に王座に返り咲いた同級王者・細野悟(30=大橋)が6回終了TKOで同級2位・関豪介(角海老宝石)を下し、初防衛に成功した。

 序盤は相手の変則的な攻撃に苦戦も、4回に左ボディーからの連打で流れを奪取。その後は一方的に攻め込み、6回終了時にレフェリーが試合をストップした。

 「上を見ているので内容は30点ぐらい。とりあえず勝てて良かった」と自己採点は厳しかった。大橋秀行会長は「いい出来だったと思う。中盤から終盤に強いのが細野の持ち味」と話した。

関連するニュースを読む

細野悟が10回TKOで新王者

緒方(手前)を攻める細野(撮影・野上伸悟)

<プロボクシング:日本フェザー級王座決定戦10回戦>◇6日◇東京・大田区総合体育館

 日本フェザー級1位の細野悟(大橋)が10回34秒で同2位の緒方勇希(角海老宝石)に勝ち、新王者となった。序盤は細かいパンチを受け、5回終了時点ではポイントでリードを許す苦しい展開。後半は「バズーカ」の異名をとる強烈パンチを浴びせた。「こんなにパンチをもらってはダメ。スタートダッシュできるかが課題」。世界挑戦は過去3度失敗しているが「次こそは絶対とりたい」と誓った。

関連するニュースを読む

井上尚弥 最速プロ6戦目で世界挑戦

世界挑戦へ気合を入れる井上尚(左)と八重樫(撮影・小沢裕)

 WBCのダブル世界戦(日刊スポーツ新聞社後援)が4月6日、東京・大田区総合体育館で開催されることが13日、発表された。

 東洋太平洋ライトフライ級王者・井上尚弥(20=大橋)がプロ6戦目でWBC世界同級王者アドリアン・エルナンデス(メキシコ)に挑戦することが決定。6戦目の世界挑戦は日本最速で、王座奪取となれば井岡一翔(井岡)の7戦目を抜く日本最速記録となる。またWBC世界フライ級王者・八重樫東(30=大橋)が同級8位オデイロン・サレタ(メキシコ)と3度目の防衛戦に臨む。

 同興行では井上尚弥の弟拓真(大橋)が世界ランカーとプロ2戦目を予定。細野悟(大橋)-緒方勇希(角海老宝石)による日本フェザー級王座決定戦、スーパーフライ級8回戦で、松本亮(大橋)が、世界挑戦経験のある日本同級11位・久高寛之(仲里)と対戦する。また元世界2階級制覇王者のWBC世界フライ級1位ローマン・ゴンサレス(帝拳)も出場するという豪華カードがそろった。

関連するニュースを読む

細野ドロー 世界王座失敗/ボクシング

負傷引き分けの判定に不満そうな細野(AP)

<プロボクシング:WBA世界フェザー級タイトルマッチ12回戦>◇14日(日本時間15日未明)◇ジャカルタ

 WBA世界フェザー級6位で挑戦者の細野悟(29=大橋)はスーパーチャンピオンのクリス・ジョン(インドネシア)と対戦したが、王者がバッティングで額を深く切ったため3回負傷引き分けとなり王座奪取はならなかった。大一番を前に「ぶんぶん振って、1発でも当たれば」とKOを狙ったが、積極性が裏目に出た。大橋秀行会長は「あのまま続けていたら勝てた試合だった」と悔しさをにじませた。

関連するニュースを読む

細野3度目の挑戦も奪取失敗/ボクシング

<プロボクシング:WBAスーパー世界フェザー級タイトルマッチ12回戦>◇14日(日本時間15日未明)◇ジャカルタ

 WBAスーパー世界フェザー級6位の細野悟(29=大橋)は3回負傷引き分けで王座奪取に失敗した。50戦無敗の同級スーパー王者クリス・ジョン(33=インドネシア)に挑戦。1回から左ボディーを軸に攻め続け、ジャブ主体のジョンと互角に渡り合った。2回に左目上をカットしたジョンの攻勢に、細野も反撃に出た。

 3回に入って打ち合いの展開となったが、細野の頭が王者の眉間に直撃する偶然のバッティング。ジョンの右まゆ上からの出血が止まらず、レフェリーが試合を止めた。3回2分12秒、負傷引き分けとなり、ジョンの18度目の防衛が成功する結果となった。11年大みそかのカバジェロ戦の判定負け以来、3度目の世界挑戦となった細野は「次こそは絶対に世界を取る、という気持ちでいきます。敵地は判定で勝てない。何発も打ち込んでいきます」と臨んだアウェー戦だったが、不本意な形で世界ベルト獲得を逃した。

 王座防衛となったジョンは48勝(22KO)無敗3分け、細野は23勝(17KO)2敗1分けとなった。

関連するニュースを読む