上へ戻る

au版ニッカン★バトル

記事検索

比嘉から金星の西田凌佑「記録は狙いたい」日本選手最速世界奪取へ色気

元世界王者比嘉から金星の報奨金で100万円を手にした西田(右)と武市トレーナー

プロ4戦目でWBOアジアパシフィック・バンタム級王座を奪取した西田凌佑(24=六島)が26日、大阪市内のジムでオンラインでの凱旋(がいせん)会見を行った。24日に沖縄コンベンションセンターで行われた試合で、元WBC世界フライ級王者の比嘉大吾(25=Ambition)を判定で下した。

西田は「うれしい気持ちでいっぱいです。比嘉選手は元世界王者でしんどい試合でした。実感はまだありません」。指導する武市トレーナーは圧倒的不利の戦前予想に対し、「みなさんが思っている以上にあっと言わせる」と話していたが、「想定した中で12ラウンドを終えられた」と宣言通りの番狂わせを誇った。

この勝利で世界ランク入りも確実にした。陣営は「チャンスがあればいつでも、どこでもやります」とし、世界ランクに入った段階で各団体の王者に対戦オファーを出す意向。次の5戦目で世界王座奪取となれば、3階級を制した田中恒成(畑中)に並ぶ日本選手最速となる。近大時代の恩師、名城信男監督は8戦目での世界奪取。西田は「記録は狙いたいです」と色気を見せた。

西田と武市トレーナーにそれぞれ、ジムから100万円の報奨金が贈られた。それだけの価値がある金星。西田は「(世界王者は)最終的な目標だが、決まった試合を1つずつクリアしていきたい」と謙虚に話した。新型コロナウイルスの影響もあり、今後の予定は未定となっている。

◆西田凌佑(にしだ・りょうすけ)1996年(平8)8月7日、奈良県香芝市出身。香芝中では陸上部、王寺工からボクシングを始める。同校3年時、国体フライ級少年の部で優勝。近大をへて19年10月にプロデビュー。戦績は4勝(1KO)無敗。身長170センチの左ボクサー。

関連するニュースを読む

元世界王者比嘉大吾が故郷マッチで王座陥落 プロ4戦目の挑戦者に敗れる

比嘉大吾(2018年2月4日撮影)

<ボクシング:WBOアジア・パシフィック・バンタム級タイトルマッチ12回戦>◇24日◇沖縄コンベンションセンター

WBOアジア・パシフィック・バンタム級王者比嘉大吾(25=Ambition)が凱旋(がいせん)試合で初防衛に失敗した。

プロ4戦目でタイトル初挑戦となった挑戦者の同級5位西田凌佑(24=六島)に0-3(111-117×2、110-118)の判定負けを喫し、王座陥落した。

身長差9センチも上の長身サウスポー西田に対し、比嘉は重心を低くしながら強打を狙った。しかしテクニックある挑戦者の左ストレートなどを被弾。何度も前に出て右ストレートを打ち込んで激しく攻めたものの、終盤に疲労で動きが落ちて逆に西田に攻め込まれるシーンもあり、まさかの判定負けとなった。

比嘉は昨年の大みそかに同王座を奪取。WBC世界フライ級王者時代の18年2月以来、約3年2カ月ぶりとなる故郷沖縄での防衛戦だった。

関連するニュースを読む

ボクシング比嘉大吾、故郷沖縄の防衛戦でKO宣言 WBOアジア太平洋王者

計量パス後、オンラインで取材に答える王者WBOアジア・パシフィック・バンタム級王者比嘉大吾(右)と挑戦者の同級5位西田凌佑

ボクシングのWBOアジア・パシフィック・バンタム級王者比嘉大吾(25=Ambition)が約3年2カ月ぶりの凱旋(がいせん)試合でKO防衛を誓った。

24日、沖縄コンベンションセンターで同級5位西田凌佑(24=六島)との初防衛戦を控え、23日には沖縄県内で前日計量に臨んだ。西田と顔を合わせ、両者ともにリミットの53・5キロでクリアした。

故郷沖縄での試合はWBC世界フライ級王者時代の18年2月の2度目の防衛戦(沖縄県立武道館)以来となる。21日に沖縄に入り、22日にも沖縄で調整したという比嘉は「しっかり今までやってきたことを全部出せば、自然とKOにつながると思う。倒す姿を見せたいと思うので、全力を出して倒しきれたらと思います」と決意を新たにした。

世界バンタム級戦線は5月29日に米国でWBC世界同級タイトル戦(王者ノルディーヌ・ウバーリ-挑戦者ノニト・ドネア)、6月19日にも米国でWBAスーパー・IBF世界同級タイトル戦(王者井上尚弥-挑戦者マイケル・ダスマリナス)と防衛戦が組まれている。比嘉は「やっぱり世界王者のバンタム級は名前のある強い選手が多いので、そこに食い込めたら。自分は目の前の試合をクリアして、目指していけたら」と西田戦に集中していた。

一方、プロ4戦目で王座初挑戦となる西田は「予想では自分が不利な状況で比嘉選手がKOで勝つと思われているが、練習したことを出して勝ちたい」と下馬評を覆す覚悟を示した。もともとスーパーバンタム級を主戦場とし、今回は1階級下でのタイトル挑戦。身長も161センチの比嘉に対し、170センチのサウスポーというテクニシャンの西田は「身長差はだいぶあるなと感じたので、それを生かした戦い方で。リーチと距離を生かして勝ちたい」と静かに闘志を燃やした。

関連するニュースを読む

比嘉に挑む西田凌佑が会見「ベルト持って帰りたい」

4戦目で元世界王者比嘉に挑む西田(撮影・実藤健一)

元WBC世界フライ級王者で、WBPアジアパシフィック・バンタム級王者比嘉大吾に挑む日本スーパーバンタム級6位の西田凌佑(24=六島)が29日、大阪市内の所属ジムで会見した。

近大ボクシング部出身の西田はプロで3戦無敗(1KO)。4戦目でビッグマッチに挑む。「4戦目でもらえたチャンス。しかも相手は比嘉選手でモチベーションは上がっている。しっかり練習してベルトを持って帰りたい」と意気込みを示した。

関連するニュースを読む

比嘉大吾4・24故郷沖縄でWBOアジア王座防衛戦

地元凱旋となるWBOアジア・パシフィック・バンタム級王座の初防衛戦に向けてオンラインで会見した元WBC世界フライ級王者比嘉

ボクシングの元WBC世界フライ級王者で現WBOアジア・パシフィック・バンタム級王者の比嘉大吾(25=Ambition)が4月24日、沖縄・宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで日本スーパーバンタム級6位西田凌佑(24=六島)との初防衛戦に臨むと26日、発表された。

18年2月の世界戦以来約3年2カ月ぶりの故郷沖縄での凱旋(がいせん)試合となる。比嘉は「試合できることを感謝しつつ、自分の仕事をして喜んでもらえたら。前回は世界タイトルで、今回も地域タイトルで試合ができてうれしい」と声をはずませた。

対戦相手となる西田は身長170センチの左ボクサーファイター。プロ3勝(1KO)ながらも昨年12月には元日本バンタム級王者大森将平(ウォズ)を完勝で判定勝ちするなど勢いに乗っている。自身よりも9センチ身長の高い相手でもあるため「いつもの中に入っていくボクシングをやっていきたいと思います」と接近戦からの強打で仕留める構えをみせた。

今年2月にはスパーリング大会LEGENDで現WBAスーパー、IBF世界バンタム級王者井上尚弥(27=大橋)と実戦形式で対戦。「いい経験できたかなと思う。なかなかできることじゃないので」と刺激を受けていた様子だった。

関連するニュースを読む

デビュー3戦目の西田凌佑が金星 元王者を判定圧倒

<プロボクシング:ノンタイトル戦>◇19日◇エディオンアリーナ大阪第2競技場

デビュー3戦目の西田凌佑(24=六島)が、元日本バンタム級王者大森将平(27=ウォズ)を判定3-0で下す金星をあげた。

契約56・0キロ8回戦で対戦。立ち上がりから果敢に攻めた西田が、圧倒的にジャッジの指示を得た。「負けたくないと練習から頑張ってきた。結果が出てよかった」と笑顔を見せた。

奈良・王寺工高で14年度の国体フライ級で優勝。近大に進み、全日本でベスト8とアマチュアでキャリアを積んだ。とはいえ、相手はプロ25戦目=21勝(16KO)3敗(試合前)とキャリアは桁違い。その中で冷静に試合を運び、勝ちきった。

来年の目標には「日本王者になりたい」と力強く掲げた。

関連するニュースを読む